最新閲覧日:

現在の企業ににて提供していた保守メンテナンスの事業を
社内ベンチャーによる別会社化することを予定しております。
しかしながら、既存契約が残るため、新会社へ委託することを計画しております。

現在(発注の流れ)
1.Z社(お客様) → A社(既会社) 1000万円 保守メンテテナンス委託

変更後(発注の流れ)
1.Z社(お客様) → A社(既会社) 1000万円 保守メンテテナンス委託
2.A社(既会社) → B社(新会社)  980万円 保守メンテテナンス再委託
3.B社(新会社) → A社(既会社)  40万円 技術者派遣

条件
A社(既会社)と B社(新会社)においては、資本関係は予定しておらず、役員構成も別予定です。

ここで、問題なのですが、一部社員は、A社(既会社)からB社(新会社)への派遣契約を予定しているのですが、その場合、A社(既会社)の派遣契約の売上金は二重売上となってしまうますでしょうか。
もしくは、このような場合の対応策があれば教えて頂けないでしょうか。
A社(既会社) → B社(新会社)への発注の時点で、労務費を除いた分をB社(新会社)へ
の発注も考えたのですが、生産管理上なかなか難しいのが現状です。


法律的に問題がないことを念のため確認しておきたく、教えて頂けないでしょうか。

A 回答 (3件)

No2 です。



なるほど、顧客が問題ないなら、あとは実態があるかどうかですね。

1.Z社(お客様) → A社(既会社) 1000万円 保守メンテテナンス委託
2.A社(既会社) → B社(新会社)  980万円 保守メンテテナンス再委託

これが、2%の管理費をもらうに値する何かをやっている(請求代行? 1次受けの窓口? 品質の保証?)なら、正当。単なるスルー取引なら、保守的には、手数料だけを売り上げにするのがいいかと。マークアップXXX割以下は、売上の割増と捉えられないよう、そうする企業も多いです。

3.B社(新会社) → A社(既会社)  40万円 技術者派遣

これは、正当な技術を提供することへの対価なので、問題ないと思います。
    • good
    • 0

商取引上は問題ないと思います。

メンテナンスを再委託することと、B社に技術者を派遣することは、つながりがないので。

ただ、既存契約のお客様は、普通は納得しません。

・ 保守メンテナンスはA社だから頼んだのでは?
・ 再委託は不可になってはいませんか?
・ 仮に再委託可でも、B社の技術者は、A社からの派遣だとすると、そもそもB社には技術がない?
・ 技術がないところに再委託するって、ありえない?

と考えるのが普通です。ベンチャーが、しっかりとした技術をもち、責任もってメンテナンスをするなら、既存の契約を、同条件で、新委託会社に引き継げばいい。
もちろん、解約されるリスクはありますが。でも、質問のスキームも、解約リスクはあるので、同じじゃないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧なコメントありがとうございます。
顧客説明は済んでいるのですが、一部顧客様においては既存契約が切れるタイミングを
もって変更するため、A社からの再委託という形を予定しております。
また、保守メンテナンス事業の社員はB社への移籍予定なのですが、1年生社員に関しては、
B社への派遣を予定しております。

その際の売上額が二重計上に見えてしまうことが会計的に問題ではないかと考えております。

お礼日時:2016/02/02 20:24

二重計上ではありませんが、内容次第ではおかしな商取引と言えます。


保守メンテナンス業務を、一部はA社内で派遣技術者が担当し、残りをB社に再委託していると考えると不自然ではありません。(金額的に1000万円受注で980万円発注は不自然で950万円以下にはすべきでしょうが)
上記ではなく、派遣技術者がB社に再委託された業務を遂行しているとなるとこれは問題でしょう。架空発注(派遣実態のない派遣契約)とみなされることでしょう。この場合でも派遣技術者が100パーセント再委託された業務を行っているならともかく、多少手伝う程度なら判りませんよね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QまずAさんより 自賠責を頼まれ 現金で¥28780受けとりました。 普通預金から B保険会社に¥26

まずAさんより 自賠責を頼まれ
現金で¥28780受けとりました。

普通預金から
B保険会社に¥26810振り込みました。

28780から
1646はうちの売り上げ手数料
324はB保険会社が振込手数料を負担してくれた分です。

その324はどのように仕訳したらいいでしょうか?

28780を今 
借方を現金28780  貸方を預り金28780
にしています。

明日になったら銀行の通帳に
B会社へ送金
26810円
手数料324円と出ます。

うちが振り込んだら26810円の
勘定科目は何に
324円は何にしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

[空欄] とは、「この欄には何も書かない」という意味。

QJAN発注とは

小売業で行うJAN発注とはどのような発注なのでしょうか?

Aベストアンサー

商品についているバーコードをJANコードと呼びますが、それを発注端末で読み込んで発注する方法のことだと思います。
商品棚に陳列されている商品を使って発注できるので台帳などから探す手間がないのがメリットですが、欠品していたら発注できないほか、間違った場所に陳列されていると元の場所にいつまでたっても商品が入らないというデメリットもあります。

Qシステム保守収入の期首戻し

私の会社でお客様に導入したシステムの保守運用があります。
多くのお客様がおり、毎月収入のマクロで傾向をみておりましたが、四半期ごとに、マイナス収入がはいっています。
社内で確認すると、期首戻しがされているということですが、この期首戻しの意味と具体的なケースがわからず、困っております。
保守契約の収入は、年間一括、四半期、毎月と様々なケースがあります。

例えば、下記のような収入傾向があり、7,10,1月が凹んでいます。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月
120 100 300 30 110 400 -15  10  450 -12

財務の知識がなく周りにもわかる人間がおりません。
ぜひ、解説をお願いしたいとおもっております。

何卒、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3月決算でしょうか。そうだとして、簡便的なやり方を採用しつつ、四半期で調整しているのだと思います。


原則は、保守の契約期間に渡り、契約額を按分して収益計上します。例えば、年間契約で契約額が120でしたら、毎月10ずつ収益計上するのが原則です。


ただ、簡便的なやり方で、入金月などに一括計上してしまう方法があります。例えば同じ年間契約で、契約期間は4月~翌年3月であるところ、入金が翌年3月でしたら、3月に収益を120計上する方法です。この簡便的なやり方では、そのままですと4月~翌年2月には収益が計上されません。

しかし、四半期決算をおこなっている場合、原則に沿った収益を四半期ごとに計上する必要があります。そのため、6月には30、9月には(4月からの累計で)60、12月には(同)90の収益を計上する必要が出てきます。

簡便的なやり方をしつつ、四半期決算にも対応するには、大きくふたつの方法があります。
①四半期ごとに30の収益を計上する。(30ずつ計上する方法と、6月に30計上、9月は30マイナスして60計上、12月は60マイナスして90計上、翌年3月は90マイナスして120計上する方法とがあります。)
②6月に30計上して7月にマイナス30を計上、9月に60計上して10月にマイナス60を計上、12月に90計上して翌年1月にマイナス90を計上、翌年3月に120を計上する。(損益は単年度ごとですから、翌年4月のマイナス計上はありません。)


御社では、簡便的なやり方で、保守契約ごとに②の対応をしているのだと思います。月別契約別で実際に計上している収益の額と、四半期末翌月のマイナス計上額とを、一覧表などでご確認なさることをお勧めします。


なお、保守契約は継続的契約であるため、原則どおり収益を計上する場合、まだ入金されていないぶんは「未収収益」に、入金されて翌月以降に収益計上するぶんは「前受収益」に計上することになります。「前受金」ではありません。

3月決算でしょうか。そうだとして、簡便的なやり方を採用しつつ、四半期で調整しているのだと思います。


原則は、保守の契約期間に渡り、契約額を按分して収益計上します。例えば、年間契約で契約額が120でしたら、毎月10ずつ収益計上するのが原則です。


ただ、簡便的なやり方で、入金月などに一括計上してしまう方法があります。例えば同じ年間契約で、契約期間は4月~翌年3月であるところ、入金が翌年3月でしたら、3月に収益を120計上する方法です。この簡便的なやり方では、そのままですと4月~翌年2月には...続きを読む

Q購買システム(見積・発注・検収)を捜しています。

 購買業務(間接材)の効率化・見える化・ガバナンス強化を考えています。
今のフローは 依頼部署の担当者からメールで依頼を受け、
私がメールで複数のサプライヤに見積依頼し、安値の業者に発注します。
検収は依頼部署の担当者まかせ、支払は私がサプライヤからの請求書に基づき
出金伝票を起票します。
 購入依頼、発注の際のガバナンスが利いていない、サプライヤとのやり取りが
煩雑で担当者の経験に頼っている。
何をいくらでどこから買ったのかが記録されいない等の問題があります。
 パッケージソフトで上記の問題が解決できるものがあれば、
おすすめのものをお教えください。
 

Aベストアンサー

一般的な購買システム(見積・発注・検収)システムであれば、市販のパッケージソフトで対応できると思います。

私がちょっとタッチしていたOBCの奉行シリーズにある蔵奉行が仕入在庫管理業務向けです。ただし、私は蔵奉行の導入にはタッチしたことないので、自信を持ってお勧めとはいえませんが・・・
価格は、スタンドアローン(1台運用)か複数PCでマルチユーザ対応か?によって、30万~100万以上まで価格が変わります。

ただ、会社によっては、業務のやり方が違いますし、日本独特の商習慣ってのもあったりして、パッケージですべての業務に対応できるか?となると難しいかもしれません。
オーダでカスタマイズってやり方があるかもしれませんが、それはパッケージソフトの「安い」ってメリットを大きく損なうと思うので、お勧めできません。

たとえば、ネットで”仕入パッケージ”とキーワードを入れて検索すれば、いくつもソフトがヒットすると思います。その中で選んでみるのもいいかもしれません。
一般的には、導入に営業やSEがタッチするとなると、150万くらいが最低予算になるのでは?などと思います。

最近では、自社にマシンを持たず、ネットで使うクラウドという形態もありますので、そういう選択肢もあるかもしれません。(ネットが停止すると、システムが使えなくなりますが・・・)


ちなみに、最近タッチしている見積・販売・仕入・在庫管理等のパッケージソフトは、パッケージといいながらも、マニュアルが無かったんですね。「なんでパッケージソフトなのにマニュアルが無いのですか?」と質問したら、「会社によって業務のやり方が大きく変わります。このパッケージは、そういう要望に応じて大きくカスタマイズができるものです。だから、マニュアルは作れないんです。マニュアルは自社で作ってください。」なんて答えが返ってきました。
このパッケージソフトは、担当者の決済権限金額や仕入れ先の与信限度額などを事前設定しておくと、それを超える場合は、承認が必要だと警告が出るようになっていました。
ただ、このパッケージソフトがお幾らなのか、私は知りません・・・

一般的な購買システム(見積・発注・検収)システムであれば、市販のパッケージソフトで対応できると思います。

私がちょっとタッチしていたOBCの奉行シリーズにある蔵奉行が仕入在庫管理業務向けです。ただし、私は蔵奉行の導入にはタッチしたことないので、自信を持ってお勧めとはいえませんが・・・
価格は、スタンドアローン(1台運用)か複数PCでマルチユーザ対応か?によって、30万~100万以上まで価格が変わります。

ただ、会社によっては、業務のやり方が違いますし、日本独特の商習慣っての...続きを読む

Q契約書を交わしていなかったが既に着手していた編集の仕事。わけあって別の業者に発注することになったが

公的機関の担当の部署から、冊子の編集デザイン・印刷製本を当社に依頼するということで、先に編集用の原稿や資料を頂戴していました。
その後、訳あって(その部署の長が、個人的に当社を嫌った)、当社ではなく、別の業者に発注することになったので、先に渡していた原稿関係一式を返還せよとのこと。その時点では、まだ契約書を交わしておらず、(いつも業務を先行し、納品がすんでから契約書を作成することもあったので、この時もそのつもりでした)資料一式を返還しました。しかし、編集作業は既に開始しており、こんな身勝手な発注キャンセルって法的にどうなんだろうと思いました。
なんだか、スッキリしないので、どなたか、法的なことはもちろん、気持ちの持ちようや、今後の態度の取り方等も含め、お考えなどをご教示いただけたらと思います。

Aベストアンサー

あなたの手元に資料があったということは、
事実上、業務の委託があったことは間違いないので、
契約書がなかろうが、その業務に関して一定の請求を起こすことは可能でしょう。

法的にいえば、相手方がアウトです。

とはいえ、それを相手がすんなり飲むかどうかはまた別問題ですね。
あなたの会社的にも、それを飲ませていいかも別問題ですし。

ふたつの視点から考えましょう。

ひとつはその公的機関と会社との関係。
お尋ねのようなケースはまあよくあることではあります。
会社同士の関係であれば、トータルで利益が出ればいいので、
また次回以降の受注でリカバーすればいいわけです。
相手方部署の長はあなたの会社を嫌ったかもしれませんが、
少なくとも相手方担当者は嫌っているわけではないでしょうから、
いつか今回のトラブルをリカバーしてくれるのではないでしょうか。

あとはあなたの社内の問題ですね。
社内的には、公的機関担当部署の勇み足であったという側面は間違いなくあるので、
今回、どういう経緯で受注し(先方上司の好みを知らずになぜウチに発注したか)、
どういう経緯で失注したのか(先方上司はなぜウチを嫌うのか)など、
それについて詳しく聞かせてもらう場を作ってもらったらいかがでしょう。

また、その部署の担当者もしくは責任者と、
先方の部署の経費で会食の場を持ってもらってそれで手打ちとか、
そのような機会を設けていただけるといいですね。

あなたの手元に資料があったということは、
事実上、業務の委託があったことは間違いないので、
契約書がなかろうが、その業務に関して一定の請求を起こすことは可能でしょう。

法的にいえば、相手方がアウトです。

とはいえ、それを相手がすんなり飲むかどうかはまた別問題ですね。
あなたの会社的にも、それを飲ませていいかも別問題ですし。

ふたつの視点から考えましょう。

ひとつはその公的機関と会社との関係。
お尋ねのようなケースはまあよくあることではあります。
会社同士の関係であれば、トータル...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報