現在の企業ににて提供していた保守メンテナンスの事業を
社内ベンチャーによる別会社化することを予定しております。
しかしながら、既存契約が残るため、新会社へ委託することを計画しております。

現在(発注の流れ)
1.Z社(お客様) → A社(既会社) 1000万円 保守メンテテナンス委託

変更後(発注の流れ)
1.Z社(お客様) → A社(既会社) 1000万円 保守メンテテナンス委託
2.A社(既会社) → B社(新会社)  980万円 保守メンテテナンス再委託
3.B社(新会社) → A社(既会社)  40万円 技術者派遣

条件
A社(既会社)と B社(新会社)においては、資本関係は予定しておらず、役員構成も別予定です。

ここで、問題なのですが、一部社員は、A社(既会社)からB社(新会社)への派遣契約を予定しているのですが、その場合、A社(既会社)の派遣契約の売上金は二重売上となってしまうますでしょうか。
もしくは、このような場合の対応策があれば教えて頂けないでしょうか。
A社(既会社) → B社(新会社)への発注の時点で、労務費を除いた分をB社(新会社)へ
の発注も考えたのですが、生産管理上なかなか難しいのが現状です。


法律的に問題がないことを念のため確認しておきたく、教えて頂けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No2 です。



なるほど、顧客が問題ないなら、あとは実態があるかどうかですね。

1.Z社(お客様) → A社(既会社) 1000万円 保守メンテテナンス委託
2.A社(既会社) → B社(新会社)  980万円 保守メンテテナンス再委託

これが、2%の管理費をもらうに値する何かをやっている(請求代行? 1次受けの窓口? 品質の保証?)なら、正当。単なるスルー取引なら、保守的には、手数料だけを売り上げにするのがいいかと。マークアップXXX割以下は、売上の割増と捉えられないよう、そうする企業も多いです。

3.B社(新会社) → A社(既会社)  40万円 技術者派遣

これは、正当な技術を提供することへの対価なので、問題ないと思います。
    • good
    • 0

商取引上は問題ないと思います。

メンテナンスを再委託することと、B社に技術者を派遣することは、つながりがないので。

ただ、既存契約のお客様は、普通は納得しません。

・ 保守メンテナンスはA社だから頼んだのでは?
・ 再委託は不可になってはいませんか?
・ 仮に再委託可でも、B社の技術者は、A社からの派遣だとすると、そもそもB社には技術がない?
・ 技術がないところに再委託するって、ありえない?

と考えるのが普通です。ベンチャーが、しっかりとした技術をもち、責任もってメンテナンスをするなら、既存の契約を、同条件で、新委託会社に引き継げばいい。
もちろん、解約されるリスクはありますが。でも、質問のスキームも、解約リスクはあるので、同じじゃないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧なコメントありがとうございます。
顧客説明は済んでいるのですが、一部顧客様においては既存契約が切れるタイミングを
もって変更するため、A社からの再委託という形を予定しております。
また、保守メンテナンス事業の社員はB社への移籍予定なのですが、1年生社員に関しては、
B社への派遣を予定しております。

その際の売上額が二重計上に見えてしまうことが会計的に問題ではないかと考えております。

お礼日時:2016/02/02 20:24

二重計上ではありませんが、内容次第ではおかしな商取引と言えます。


保守メンテナンス業務を、一部はA社内で派遣技術者が担当し、残りをB社に再委託していると考えると不自然ではありません。(金額的に1000万円受注で980万円発注は不自然で950万円以下にはすべきでしょうが)
上記ではなく、派遣技術者がB社に再委託された業務を遂行しているとなるとこれは問題でしょう。架空発注(派遣実態のない派遣契約)とみなされることでしょう。この場合でも派遣技術者が100パーセント再委託された業務を行っているならともかく、多少手伝う程度なら判りませんよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA社にB社が51%、C社が29%、D社が20%出資すると

BSとPLとCFLOWの話ですが、

子会社の立場:A社

親会社の立場:B社が51%(連結対象)、
       C社が29%(持分対象)、
       D社が20%(持分対象)出資すると
質問1:
B社のBSにはA社のバランスシートが100%表現されるのでしょうか、ではPLは51%分だけ反映されるのでしょうか?
CASHFLOWには何がどの程度反映されますか

質問2:
C社やD社のBSにはA社のバランスシートには何が反映されるのでしょうか? 出資の有価証券の価値ですか? では持分利益は? それからPLやCFLOWには何か反映されますか?

Aベストアンサー

#1です。

 利益の計上では有りません。
 株の配当金です。

Q飲食費の折半(A社、B社、得意先)

A社、B社、得意先(2名)の計4名で食事会を行いました。
支払金額は、合計で3万円で、A社、B社で折半しました。

1万5千円÷4名=3,750円/人

仕訳
会議費 1万5千円 / 現金 1万5千円
上記の仕訳を行い、損金として処理しました。
折半でも「飲食費5,000円以下が損金算入」が認められますか?
それとも総飲食代が対象ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

5,000円基準の判定は、飲食店に支払った総額を頭数で割った額、言い換えると飲食店が受け取った額を頭数で割った額でおこないます。

したがって、お書きのケースでは、残念ながら損金不算入となります。

QA社から受取手形をA社の支払にあててもいいですか?

先月、A社振り出しの約束手形を受け取ったのですが、今月末A社以外に支払でまわせるところがなく困っています。普通に支払にあてても 良いものでしょうか?

Aベストアンサー

A社が了解すれば可能です。

実務的には貴社のA社受取手形と買掛金の相殺という処理になるともわれます。

その場合は手形と交換にA社から領収書を受け取れば良いでしょう。

受取手形は比較的安全な債権ですがリスクゼロというわけではありません。相殺してしまえば、その後の債務が消滅し一方手形のリスクもゼロになるので、異例ですが実務としては悪くないと思います。

先方との話し合い次第ですね。

Q関数でのご質問 AとBを合わせてA~Bと表示したい

今飲食店でシフトを作成してるんですが・・・・

A10:00
B18:00
を合わせて 10:00~18:00と表示したいんですが
どんな関数を使えばいいでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

2回投稿したようになってしまってごめんなさい。
時間の表示が25:00のようになることもあるのでしたらC1セルに入力する式は次のようにするのがよいでしょう。

=IF(COUNT(A1:B1)=2,TEXT(A1,"[h]:mm")&"~"&TEXT(B1,"[h]:mm"),"")

時間のhを[h]にします。そうしない場合に25:00は1:00と表示されます。次の日の1:00ということになりますので。

QA会社とB会社から社会保険料を引かれることになりました。

A会社とB会社から社会保険料を引かれることになりました。
源泉徴収税額を見ていますが・・・。
A会社で新規社保加入(代表取締役)
B会社で社保加入済。扶養控除申告書提出していました(取締役)
これからは、A会社へ扶養控除申告書提出で社保ひいて甲欄表をみる。
B会社は社保引かないところで乙欄で見る。
これで正しいか?教えてください。

Aベストアンサー

 A会社:社保引いて甲欄。
 B会社:社保引いて乙欄(実際に社会保険料が差し引かれているのであれば)。
 です。
 
 源泉徴収税額自体は基本的に社会保険とは別の法律で規定されており、別制度です。ですから、B会社で社会保険に加入しているのが適当かどうか等で判断するのではなく、あくまでも実際に差し引かれた社会保険料を控除した額が徴収対象額になります。

 ただ、少し気になるのは扶養控除申告書を2か所に提出されていることです。同時に2か所以上の勤務先に提出することはできませんので、どちらかを取り下げることになります。あるいは取り下げることができずに年を越してしまった場合は、確定申告して対処するしかないでしょう。

 また、社会保険料も二重に支払う必要はありません。2社の報酬を合算して社会保険料を算定し、各社の報酬月額に応じて案分してそれぞれ徴収されることになります。ただし、これは2社とも社会保険の加入資格を満たす場合です。質問者さんの詳しい状況が分からないので社会保険については明確な判断は出来かねます。申し訳ありませんが、お近くの社労士さん等にお尋ねください。

 A会社:社保引いて甲欄。
 B会社:社保引いて乙欄(実際に社会保険料が差し引かれているのであれば)。
 です。
 
 源泉徴収税額自体は基本的に社会保険とは別の法律で規定されており、別制度です。ですから、B会社で社会保険に加入しているのが適当かどうか等で判断するのではなく、あくまでも実際に差し引かれた社会保険料を控除した額が徴収対象額になります。

 ただ、少し気になるのは扶養控除申告書を2か所に提出されていることです。同時に2か所以上の勤務先に提出することはできませんので、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報