現在の企業ににて提供していた保守メンテナンスの事業を
社内ベンチャーによる別会社化することを予定しております。
しかしながら、既存契約が残るため、新会社へ委託することを計画しております。

現在(発注の流れ)
1.Z社(お客様) → A社(既会社) 1000万円 保守メンテテナンス委託

変更後(発注の流れ)
1.Z社(お客様) → A社(既会社) 1000万円 保守メンテテナンス委託
2.A社(既会社) → B社(新会社)  980万円 保守メンテテナンス再委託
3.B社(新会社) → A社(既会社)  40万円 技術者派遣

条件
A社(既会社)と B社(新会社)においては、資本関係は予定しておらず、役員構成も別予定です。

ここで、問題なのですが、一部社員は、A社(既会社)からB社(新会社)への派遣契約を予定しているのですが、その場合、A社(既会社)の派遣契約の売上金は二重売上となってしまうますでしょうか。
もしくは、このような場合の対応策があれば教えて頂けないでしょうか。
A社(既会社) → B社(新会社)への発注の時点で、労務費を除いた分をB社(新会社)へ
の発注も考えたのですが、生産管理上なかなか難しいのが現状です。


法律的に問題がないことを念のため確認しておきたく、教えて頂けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No2 です。



なるほど、顧客が問題ないなら、あとは実態があるかどうかですね。

1.Z社(お客様) → A社(既会社) 1000万円 保守メンテテナンス委託
2.A社(既会社) → B社(新会社)  980万円 保守メンテテナンス再委託

これが、2%の管理費をもらうに値する何かをやっている(請求代行? 1次受けの窓口? 品質の保証?)なら、正当。単なるスルー取引なら、保守的には、手数料だけを売り上げにするのがいいかと。マークアップXXX割以下は、売上の割増と捉えられないよう、そうする企業も多いです。

3.B社(新会社) → A社(既会社)  40万円 技術者派遣

これは、正当な技術を提供することへの対価なので、問題ないと思います。
    • good
    • 0

商取引上は問題ないと思います。

メンテナンスを再委託することと、B社に技術者を派遣することは、つながりがないので。

ただ、既存契約のお客様は、普通は納得しません。

・ 保守メンテナンスはA社だから頼んだのでは?
・ 再委託は不可になってはいませんか?
・ 仮に再委託可でも、B社の技術者は、A社からの派遣だとすると、そもそもB社には技術がない?
・ 技術がないところに再委託するって、ありえない?

と考えるのが普通です。ベンチャーが、しっかりとした技術をもち、責任もってメンテナンスをするなら、既存の契約を、同条件で、新委託会社に引き継げばいい。
もちろん、解約されるリスクはありますが。でも、質問のスキームも、解約リスクはあるので、同じじゃないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧なコメントありがとうございます。
顧客説明は済んでいるのですが、一部顧客様においては既存契約が切れるタイミングを
もって変更するため、A社からの再委託という形を予定しております。
また、保守メンテナンス事業の社員はB社への移籍予定なのですが、1年生社員に関しては、
B社への派遣を予定しております。

その際の売上額が二重計上に見えてしまうことが会計的に問題ではないかと考えております。

お礼日時:2016/02/02 20:24

二重計上ではありませんが、内容次第ではおかしな商取引と言えます。


保守メンテナンス業務を、一部はA社内で派遣技術者が担当し、残りをB社に再委託していると考えると不自然ではありません。(金額的に1000万円受注で980万円発注は不自然で950万円以下にはすべきでしょうが)
上記ではなく、派遣技術者がB社に再委託された業務を遂行しているとなるとこれは問題でしょう。架空発注(派遣実態のない派遣契約)とみなされることでしょう。この場合でも派遣技術者が100パーセント再委託された業務を行っているならともかく、多少手伝う程度なら判りませんよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上をあげるため…

友人のバイト先の売店(普通のコンビニの半分くらいのスペース)での話ですが、売上をあげるために、レジでいちいち20、30円の物でもいいから「こちらも一緒にいかがですか?」と声をかけるよう指示されたそうです。

私はいちいちそんな声をかけられたら ウザイなぁ…と返って敬遠してしまいそうに感じたのですが、みなさんはどう思いますか?

売上アップになると思いますか?

Aベストアンサー

アルバイトではありますが、色々な商品の販売業務を経験した者です。

似たような販売方法を指示されたことも何度かありますが…

僕の考えを述べます。

その場の売上には繋がることもあるでしょうが、いちいちそんなことを言われるようでは客足は遠退き、結果的に売上減に繋がると僕は考えています。

特典や割引とかがついていたり、新商品でカウンターにポップを出してる商品とかならまだ勧めやすいし抵抗ないんだけど、そんなもん全くない商品を勧めるのは自分が客の時でも鬱陶しいし、販売側の立場でもやりたくありません。

逆に言えば、そのような場合、どういった販売手法をするべきかをお店がスタッフに教育すべきかも知れませんね。

Q妻を事業主にして売上を計上できる?

夫が昨年4月に機械加工の事業を個人で開業しました。
私(妻)は青色専従者で事務員として給料を取っています。

5月からの8か月間で、1000万円以上の売り上げがあり、
利益も出ています。節税のため法人化も考えますが、
決算申告の簡便さなどから個人事業でもいいのではとも思います。

それで、妻も事業主になって売上を分けるという節税方法があると
ききますが、例えば事務代行の委託を受ける形にするなどすれば、
夫の事業の売上を1000万円以下に計上できるものでしょうか?

どうかよろしく御回答を頂けますよう、お願い致します。

Aベストアンサー

あなたが事業主になるということは、旦那さんの専従者にはなれないと思います。また、生計を一にする親族に支払った費用は費用として認められないですし、貰った側も収入に計上しなくて良いことになっています。

単純な事業分割は、すでに税法で認められるような状態ではないと思います。

個人事業の事業主の人格は一つです。しかしどちらかか双方が法人化した場合には、経営者の個人の人格と法人の人格は異なりますので、ある程度の条件を整備することで事業の分割なども可能だと思います。

私自身、兄と経営する法人を2社に分割をし、さらに私自身が個人事業主としています。便利な反面、経理などはそれぞれ明確にしないといけませんし、税務調査をまだ受けたことが無いので多少びくびくしています。

法人化による役員報酬などで調整した方が安全だと思います。
1000万円以上ですと、消費税の申告も考慮しないといけませんので、顧問税理士をつけて、しっかりと事業計画を作られることをお勧めします。

Q上場にあたって業績予測精度をあげるには?

上場準備に入った企業のものです。

四半期開示で重要なのは「できなかった言い訳」ではなく
「どうやって当初目標を達成するのか」のロジカルな説明
であると考えていますが、残念ながら売上・利益とも大幅に予算からずれ込んでしまうのが現状です。

セオリーとしてはERPパッケージの導入が有効なのでしょうが、大企業病の特質か、「ウチの業務は特殊だから」という言い訳がまかり通り、ERP導入時の「仕事をベストプラクティスにあわせる」という鉄則がかなり高いハードルになっています。

「システムが精度を上げてくれるのではない!一人一人が予算必達のコミットをすれば自然と精度は上がる」という
正論も良くわかりますし、風土面での改革、BPR実施が重要なのも理解しているつもりです。

ただ、このままではIR戦略が立てらず、ステイクホルダーから見放されるのではないかという危惧を感じています。

どういったステップで解決していくべきか、ヒントになるような情報がありましたらぜひご教示ください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

企業の慢性的業績悪化事業部門や中小企業の建て直しを数多く手掛けてきました経験からご回答申し上げます。

上場前の企業においては業績が最大の関心事であることはよく分かります。
しかしながら、先に挙げました問題事業部門や企業においてそこの事業計画を見せてもらい共通することは、「事業計画書」の中身として「業績計画」しかなく毎期毎期業績計画未達成の症状が続くのは当然の状況です。

立て直しのポイントをかいつまんで申し上げますと・・・
(1)目標とする「業績目標」と「業績計画」を策定、その業績を達成させるための「施策計画」を策定
 →「業績計画」と「施策計画」は表裏一体で関連付けられることになる。この二つの計画を合わせたものが「事業計画」である
(2)『施策計画』は取組む「施策テーマ」とその期に取組むテーマ毎の「実施項目」及び実施項目に対する「ゴール目標値」・取り組みが上手く行っているか否かの「管理項目」により計画が策定される
 →「ゴール目標値」は評価・計測可能な数値目標化することが望ましいが、数値化できない場合は「出来上がりの姿」を示す
(3)上に述べる「事業計画」は全社のものを策定した後、それを受けて各部門の事業計画に関連付けて落とし込み、経営者・各部門長間の整合を計った後に其々の立場でこの事業計画に従いマネジメントを行ってゆく
(4)上記事業計画は、事業環境が変化する中において立てられるので、別途策定される「経営方針」「経営戦略」を反映して策定されることになる
 →このことから事業計画は中期(3年位)と短期(1~半年)を策定する

以上のことから・・・
>残念ながら売上・利益とも大幅に予算からずれ込んでしまうのが現状です。
この状況が起きるのは、業績と表裏一体となる「施策計画」の策定の仕方とそのマネジメントの仕方に問題があるかもしれません。
業績の数字は、事業を行った結果の数字でしかありませんので、業績管理=結果管理となってしまい、いつまでたっても計画未達成の状況が続きます。「施策計画」に基づくプロセス管理をシッカリ行えば、業績計画との乖離要因も的確につかめて有効な手が打てることになります。
この管理を推進してゆくことにより、BPR対応すべき部分がどこにあるのかも必然的に見えてきます。

ERP導入は、以前はベストプラクティス・モデルとして「この靴に足を合わせなさい、全てが上手くゆきます・・」的な捕らえられ方をされていましたが、本質は上記の「施策計画」で言う「管理項目」において「何をどのように管理してゆくのか?」が明確になれば、その対象とする業務や管理項目について部分導入を図ればよいのです。
改善すべき対象によってはSCMモデルとかSFAモデルとか様々なベストプラクティスモデルがありますので、当該企業の実情おいてERP導入がベストであるとは一概に言えません。

少し長くなりましたが、補足質問があればどうぞ・・・

企業の慢性的業績悪化事業部門や中小企業の建て直しを数多く手掛けてきました経験からご回答申し上げます。

上場前の企業においては業績が最大の関心事であることはよく分かります。
しかしながら、先に挙げました問題事業部門や企業においてそこの事業計画を見せてもらい共通することは、「事業計画書」の中身として「業績計画」しかなく毎期毎期業績計画未達成の症状が続くのは当然の状況です。

立て直しのポイントをかいつまんで申し上げますと・・・
(1)目標とする「業績目標」と「業績計画」を策定、...続きを読む

Q寄付を目的とする社内自販機の売上を現金で留保は会計上問題はないでしょうか。

社内に自販機を設置しました。低金額設定ですがその自販機での売上を現金で留保し、決算時に寄付をしたいと話がありました。当然、自販機業者からは毎月締めには振込みか現金かでまだ考えております。現金で留保するということは如何様にも・・・。と、個人的にはあまり良い印象を持てません。
また、業者から口座へ振込があり寄付するときにも口座での内容が残り管理上も管理し易いと思うのですが・・・。
目的は「寄付し、社会貢献したいという思いです。」そこがブレなければ・・と、考えますが・・・。
一番、最良な処理はどのようにしたら良いでしょうか。

Aベストアンサー

雑収入として計上します

寄付をした段階で「寄付金」として処理すればいいです。

Q「~してあげる」‘‘あげる’’の使い方

美容院で最後セットしてもらう時「ワックスをつけてあげるといいよ」と毎回言われ‘‘つけてあげる’’??という使い方に疑問を感じていました。

結婚して半年の夫が頻繁にこのような言葉を使うのです。
(付き合っていた時はそんなに言いませんでした)

・雑巾で床を拭いてあげる
・タコを塩で揉んであげる
・油で揚げてあげる
・湿気をとってあげる
・片栗粉を入れてあげる
・水で薄めてあげる
・木を切ってあげる
等など…

人に対して自分がする事なら「~してあげる」と言うのは
わかるのだけど、上記のような使い方はおかしいのではないのでしょうか?

みなさんどう思いますか?
意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この場合の「あげる」は補助動詞ですね。
動詞の連用形に接続助詞「て」の付いた形に付き、主語で表される行為の送り手が、他人のためにすることを、送り手の側から表します。
「友達に本を貸してあげる」「お宅まで送っあげましょう」
「…てやる」と異なり、受け手に対する軽い敬意がこめられています。目上に対してはもっと丁寧に「さしあげる」を用います。

つまりkuryoさんが感じたように、人に対して自分がする事なら「~してあげる」と言うのは敬意を込めた表現ですが、上記のような「モノ」に対しての使い方はおかしいです。

Q税務調査にて売上の計上時期のズレを指摘されました。

はじめまして。
先日、税務調査にて売上の計上時期のズレを指摘されました。
分からない事がありましたので質問させて頂きます。よろしくお願いします。

うちは、個人事業で20日締め翌月25日払いです。(売上入金、従業員給料)
12月20日で締め切をしました売上が1月25日に入金ですので
1月分の売上としていました。
これを前期の売上とすると言われ、3年分の修正申告をしなさいと言われました。
15年分は、14年12月売上から15年12月までの13ヶ月分です。
職員に14年12月分は14年にするのではと聞きましたら
今回は3年分をするので、全期分にしたいのなら全期直さなければならないとの事でした。 ちなみに13年度開業です。

結果は、売上の計上時期間違いだけで過去3年分の追徴課税をしなければならなくなりました。

そこで、疑問に思ったのですが
従業員の給料も12月分が1月支払いなので
前期にすることは出来ないものかと思いました。

分かりづらい文章ですいませんが
アドバイス等がありましたらお願いします。
失礼します。

はじめまして。
先日、税務調査にて売上の計上時期のズレを指摘されました。
分からない事がありましたので質問させて頂きます。よろしくお願いします。

うちは、個人事業で20日締め翌月25日払いです。(売上入金、従業員給料)
12月20日で締め切をしました売上が1月25日に入金ですので
1月分の売上としていました。
これを前期の売上とすると言われ、3年分の修正申告をしなさいと言われました。
15年分は、14年12月売上から15年12月までの13ヶ月分です。
職員に14年12月分...続きを読む

Aベストアンサー

まず、売上についてですが、基本的に発生主義により計上すべき事となります。
(但し、青色申告の小規模事業者で、事前に現金主義により申告する事について届け出た者を除きます。)

ですから、12月20日締めのものはもちろんの事、細かく言えば、12/21~31の間に売上があった場合にも、計上すべき事となります。

ですから、税務署から指摘された通りですが、以下の部分は違います。

>15年分は、14年12月売上から15年12月までの13ヶ月分です。
>職員に14年12月分は14年にするのではと聞きましたら
>今回は3年分をするので、全期分にしたいのなら全期直さなければならないとの事でした。 ちなみに13年度開業です。

14年12月分は、14年分ですから、その分は15年分から控除しないと正しい計算ではなくなってしまいます。
なおかつ、除斥期間というものがあり、税務署側からは3年間しか処分できない事となっています。
(但し、故意で悪質な場合に限っては最大7年間)
http://www.ntc.nta.go.jp/kouhon/tuusoku/pdf/07.pdf#page=3

ですから、14年分については、税務署側からは更正できませんので、納税者を言い包めて15年分にそのまま含ませて修正申告させるケースは多いと思います。
(修正申告してしまえば、納税者が自主的に申告した事となりますので、正しい計算でなかったとしても、覆す事は不可能です)

ですから、これはあくまでも平成14年分であることを主張して、平成15年分からは減額すべき事となります。
(全期について直さなければならないと言っても、故意で悪質でない限りは、3年間しか税務署は更正できませんので、平成14年分については何もできない訳ですから)

給料についてですが、お書きになられている通り、12月20日で締めて確定したものであれば、1月が支給日であっても未払計上は可能です。
(ただ、通常は当月の20日締め25日払いという所が多いとは思いますので、締め日と支払日について給与規定等で定めていれば、その提示を求められる可能性はあるものと思います。)

この場合も、平成14年12月分は平成14年分にしかなりませんので、平成15年分からは控除しなければならない事となります。

ですから、給料についても正しく申告しなおすのであれば、当然未払分は見てもらえるはずのものと思いますので、強く主張すべきものと思います。
(支払日基準というのは、もらった個人側での話で、支払う側は債務が確定していれば当然未払計上できますし、現実にそのように処理されている所は多いです)

ただ、結果的にそれを認めると、税務署側としては、追徴税額が随分減ってしまう事となると思いますので、それ以外の否認材料を探す可能性がありますので、むしろその額が大きくなればやぶへびになる可能性もあるものと思います。
(もちろん、他には何も否認される自信があれば、そのまま主張されたら良いと思いますが)

まず、売上についてですが、基本的に発生主義により計上すべき事となります。
(但し、青色申告の小規模事業者で、事前に現金主義により申告する事について届け出た者を除きます。)

ですから、12月20日締めのものはもちろんの事、細かく言えば、12/21~31の間に売上があった場合にも、計上すべき事となります。

ですから、税務署から指摘された通りですが、以下の部分は違います。

>15年分は、14年12月売上から15年12月までの13ヶ月分です。
>職員に14年12月分は14年...続きを読む

Q暇だったので甥姪のお年玉について調べてたんですが、なぜあげる必要があるのですか? あと兄弟が子供産ん

暇だったので甥姪のお年玉について調べてたんですが、なぜあげる必要があるのですか?
あと兄弟が子供産んだからってなぜ出産祝い出す人がいるのが理解できません。
あげたくない
ちょうどこの記事見つけました
ほとんど会わない姪や甥、お年玉はいくらあげる?「本当はあげたくないけど、5,000円なら恥ずかしくない」
ならあげなくてよくないですか?なぜあげる必要がある?
疑問です
兄弟の子供にあげるのはお金の無駄なのになぜあげる?意味がわかりません

Aベストアンサー

子どもの頃、おじさんおばさん(親の兄弟)からもらったことはないの?
なければ、そういう習慣のない一族なんだということで、なしでいいです。
もらっていたら、あげましょう。
こういうのは下の世代につないでいくものです。

Q海外加工における 二重売上げ、二重計上について

はじめて利用させて頂きます。
似たような質問もございましたが、知識なく判断できない部分もありましたので、
ご質問させていただきます。

現在、貿易商社に勤めているのですが、ある社員が、海外に水産原料を運び、
加工後、日本に輸入、販売する商売を行っております。
下記の取引の流れで、二重売上げ、計上になっていると思うのですが、
どなたかお知恵を拝借させていただけませんでしょうか?

フロー
1)A国のAA社より原料を購入(T/T決済)
  ↓
2)B国のBB社へ原料を販売。 
  販売金額200、数量200
  ↓
3)B国のBB社にて切り身に加工。 
  加工代金50、数量150(製造ロスにて-50)
  ↓
4)B国のBB社から切り身製品を日本へ購入(T/T決済)。 
  仕入金額250、数量150
  ↓
5)日本にて切り身製品を販売。
  販売金額300、数量150

2)の段階で、BB社との取引は委託加工契約となっているので、BB社より入金は無いのですが、
社内にて原料販売の売上伝票をBB社へ計上しております。
4)の段階で、当社がBB社より仕入れる際、委託加工代金のみ請求され、
T/T支払を行っております。乙中には使用した原料分の金額200も提示し、
委託加工分の金額50とあわせ(=250)、日本で通関を行っております。
社内伝票上で、2)の販売金額200と、4)の仕入金額250のうち200を、
売掛と買掛の相殺ということで処理しております。

この場合、実際にBB社より当社へ振込みが行われるのではないので、BB社へ
社内的に計上している売上伝票が、二重になっていると思います。
銀国に対しては、BB社への売上げも加味し、資金調達の交渉を行っております。
10年ほどこのような計上をし続けており、確信犯的に売上げの水増しをおこなっている
のではないかと思うのですが。これは正常な経理なのでしょうか?
また、違法性があった場合、どんな処分となるでしょうか。

お手数ですが、お知恵をお貸し願えませんでしょうか。

はじめて利用させて頂きます。
似たような質問もございましたが、知識なく判断できない部分もありましたので、
ご質問させていただきます。

現在、貿易商社に勤めているのですが、ある社員が、海外に水産原料を運び、
加工後、日本に輸入、販売する商売を行っております。
下記の取引の流れで、二重売上げ、計上になっていると思うのですが、
どなたかお知恵を拝借させていただけませんでしょうか?

フロー
1)A国のAA社より原料を購入(T/T決済)
  ↓
2)B国のBB社へ原料を販売。 
  販売金額200、数量200
 ...続きを読む

Aベストアンサー

BB社とは加工委託だけの契約でしたら、材料売上が二重計上になっています。上場会社でしたら認められない処理です。
質問内容からすると、BB社に売ったとされる材料の所有権は、質問者さんの会社にあるように思われます。BB社へは利益無しで材料を渡しているとすれば、売上と仕入が同額で二重計上になっているので、その分だけ売上総利益率が低くなっています。

1)仕入/現預金 200
2)3)仕訳無し
4)仕入/現預金 150 です。
期末日に加工が終了していない材料がBB社にあれば、棚卸に計上します。

御社が上場会社でないのでしたら、売上に計上することによって、棚卸計上を避けているのかとも思われます。
また期末時点での上記の棚卸額が充分に小さいのであれば、期中は御社の従来通りの処理をしていて、決算時にだけ 売上/仕入 の仕訳で二重計上を取り消すだけでも良いと思います。

Q「やってあげる」はどういう意味?

私は人から「○○してあげる」と言われると不快を感じます。

もってきてあげる、いってあげる、みてあげる、など、こちらからお願いしたことでそう返事されると『恩着せがましい』と思いながらも我慢できるのですが、先日人に物をあげたときにもらってあげると言われました。いらないから迷惑したのかと思ったのですが、ちゃっかりもって帰りました。

いったい やってあげる はどういう意味で使うのでしょうか?私の観念が間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

「あげる」「やる」は、以下のような意味・用法があります。他にも多様な意味・用法がありますが、質問内容に関係のあるものだけ列挙します。(参考:広辞苑)

----------------------
■あげる
(a)(本来は「与える」「やる」の相手を敬った言い方)
    物を渡す場合の丁寧表現。「君にあげよう」
(b)動詞の連用形+て(で)+「あげる」の形で、
    その動作を他にしてやる意の丁寧表現。
    「教えてあげる」「本を読んであげる」

■やる
(a)(身分が同等以下の者に)与える。
    「これを君にやろう」「猿に餌をやる」
(b)動詞の連用形+て(で)+「やる」の形で、
    同等以下の者のために労を執り、恩恵を与える意を表す。
    「読んでやろう」
(c)自ら物事を行う。する。
    「勉強をやる」「ちょっと一杯やろう」「やるだけのことはやった」
----------------------

本来「あげる」は(a)のように相手を敬った謙譲語でしたが、現代では敬意がほとんど薄れて、むしろ「やる」の(a)のように、たんなる丁寧語として用いられています。「犬に餌をあげる」「花に水をあげる」「わが子にお小遣いをあげる」等の、しばしば槍玉に上げられる用法です。

この結果、「~てあげる」が、「やる」の(b)の「同等以下の者のために労を執り、恩恵を与える意」の印象を与え、押し付けがましさ・不快感を覚えさせるのだと思います。

なお、「やってあげる」は「やってやる」と同意ですが、最初の「やって」は、「やる」の(c)の用法でしょう(「見てみる」と同類?)。
ぞんざいな言葉が重なるので、二重に不快感を覚えるのではないでしょうか。

同等以下の相手にはせめて「してあげる」、目上の相手には「してさしあげる」のほうがよいでしょう。
若い女の子がオジサンに向かって「○○して あ・げ・る(はあと)」などと言うのは、例外的に許される範囲です。(笑)

「あげる」「やる」は、以下のような意味・用法があります。他にも多様な意味・用法がありますが、質問内容に関係のあるものだけ列挙します。(参考:広辞苑)

----------------------
■あげる
(a)(本来は「与える」「やる」の相手を敬った言い方)
    物を渡す場合の丁寧表現。「君にあげよう」
(b)動詞の連用形+て(で)+「あげる」の形で、
    その動作を他にしてやる意の丁寧表現。
    「教えてあげる」「本を読んであげる」

■やる
(a)(身分が同等以下の者に)与え...続きを読む

Q売上額が変動する不動産賃貸の売上計上日

現在不動産事業における売上高を計上するルールを作成しているのですが、
ひとつどうしようかと困っている事例があります。

賃料が実績に応じて変動する賃貸による売上
(たとえばコインパーキングや、商業テナントなど)
は、
1)いつ(どのタイミングで)
2)いくら
売上を計上するのでしょうか?

一番手っ取り早いのは、テナントから売上報告を待って、その報告を基に売上を計上することだと思いますが、
これだと金額は正確かもしれませんが、意図的に売上計上を遅らせることが可能になってしまい、不都合かと思うのです。

どなたかご教示いただけないでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。

>テナントから売上報告が来ない場合は、ひたすらテナントに報告を催促するしかないのでしょうか?

これは会計や税務の問題ではありませんね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング