人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

外国企業から仕事をもらい、2015年1月27日に370ユーロの入金がありました。
【外貨預金】口座にです。
この日のTTMは133.21ユーロでした。
税務署に2014年に、「外貨預金としての収入は、外貨口座に入金された日のTTMを基準として仮に円換算して付ける」と聞き、そう記帳していたので、今年も(370e×133.21=49287円)なので
  【外貨預金/売上】
   49287円
として記帳しました。

この370ユーロを、2015年2月24日に円に変えたところ、【普通預金】に49983円が入りました。
2月24日のTTMは134.82ユーロだったため、為替差益が出てしまったのです。
  【普通預金/外貨預金】
   49983円
  【為替差益/外貨預金】
   696円
としようかと思ったのですが、勘定科目に「為替差益」はありませんでした。(ていうか上の記帳何かがあっていないですよね。)

一応、「収益」にあたる勘定科目を増やすことはできます。
「損益計算書」の「繰入額等」の中の「34 貸倒引当金」の下に「35」が開いているので、ここを「為替差益」にすることはできます。
しかし、そうやって記帳してみたところ、696円は、「43 青色申告特別控除前の所得額」に足されず、むしろ引かれてしまいました。(青色申告用のソフトでやってみたところ、引かれて計算されてしまった。)
「1 売上」は増えなかったのはいいですが、「43」が減ってしまっていいのでしょうか。
(そして、これは「繰入額等」でいいのか疑問でもあります。)

私は、2014年に税務署さんに聞いて、「外貨預金」という勘定科目を作って記帳したので、2015年もこの勘定科目を使わなければなりません。
その年は為替差損しか出なかったので、「費用」の勘定科目で為替差損を処理して問題ありませんでした。しかし今年は為替差益が出てしまいました。

調べてみると、「為替差益は雑収入であって、事業収入の収益ではない」というようなことが書かれています。

①私の場合、「為替の取引をして収入を得る人」ではなく、あくまでプログラミングなどの「仕事」をして報酬を外貨でもらい、その外貨を円転したために出る「為替差益」なのですが、その場合も「雑収入」でしょうか?

また、前年の記帳と合わせるため【外貨預金】という「資産」の勘定科目は使わなければならないので、必ず
  1月27日【外貨預金/売上】49287円
は記帳しなければなりません。

そして、実際円転した2月24日に普通預金口座には「49983円」が入ったので、
差額の696円をどうしても記帳しなければなりません。
②この場合は、どう記帳すればいいのでしょうか?

ふと、事業用の普通口座に利息がついたとき「事業主借」を利用して処理するのを参考に、【事業主借】で処理しようかとも思ったのですが、だとしても実際どのように記帳すればいいのか分からず、ご助言を頂きたく存じます。

(「外貨入金日にTTMで記帳する」のではなく「円転した日に、その額で記帳する」のならシンプルなのですが、それはだめらしいし、何より前年に「外貨入金日にTTMで記帳する」で記帳してしまったので、そろえなくてはいけません。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>税務署に2014年に…



税金は和暦で「平成△年」と表記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

>税務署に2014年に、「外貨預金としての収入は…

それは、外貨で預金をしてその利息や為替差益を得ることを目的としている場合の話です。

>外国企業から仕事をもらい…

仕事の対価としてもらっている以上、税法でいう外貨預金ではありません。
あくまでも事業上の「売上」が、たまたま国外の預金口座に入金されただけです。

>「損益計算書」の「繰入額等」の中の「34 貸倒引当金」の下に…

いやいやそんなところは関係ありません。
2ページの「月別売上 (収入) 金額・・・」欄の下から 2行目、「雑収入」です。

>一応、「収益」にあたる勘定科目を増やすことはできます…

2月24日
【普通預金 696円/為替差益/雑収入 696円】

>調べてみると、「為替差益は雑収入であって、事業収入の収益ではない…

「雑収入」は、あくまでも事業収入のうちです。
前記したことがらはこの考え方によっています。

事業収入の収益ではないとするなら、雑収入ではなく「雑所得」です。
これなら、
2月24日
【普通預金 696円/為替差益/事業主借 696円】
であり、「確定申告書 B」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
の (ク) および (7) 欄に記載することになります。

>事業用の普通口座に利息がついたとき「事業主借」を利用して…

預金の利子は、源泉分離課税で所得税を支払い済みなので、確定申告書には記入する必要がありません。
おたずねの件とはちょっと違います。

まあとにかく、事業上のお金が動く過程で生じた収入ですから、事業上の「雑収入」と考えるのが素直だと思いますけどね。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いろいろ勘違いしていたようで、申し訳ありません。

①2ページ目の雑収入のところに書くということ、よく分かりました。

ただ、
【普通預金 696円/為替差益/雑収入 696円】
とありますが、するとやはり【為替差益】という科目を作ることになりますよね。
前述したように私のソフトで「収益」として増やせそうな場所は35か36なのですが、それはどちらも違うようです。

【為替差益】という科目は、どこに作るものでしょうか。

②また、上の仕分けは、
【為替差益/雑収入】 696円
【普通預金/為替差益】 696円
の2行の仕分けするという意味にとって大丈夫でしょうか。

何度もすみません。よろしくお願い申し上げます。

お礼日時:2016/03/03 12:54

No.2です。



青色申告用のソフトを使っておられるのですね。それなら回答を書き変えます。↓

~~~~~~~~~~~~~~


まず、

【為替差益/外貨預金】696円

この仕訳が違っています。

【外貨預金/売上】696円

として下さい。青色申告用のソフトでは、収入金額は、売上であろうが、銀行利息であろうが、雑収入であろう、為替差益であろうが何であろうが、すべて「売上(収入。雑収入含む)」で一括りだからです。

そうすれば、「696円は、「43 青色申告特別控除前の所得額」に足されず、むしろ引かれてしまいました。」というような事は起きないはずです。

>①私の場合、「為替の取引をして収入を得る人」ではなく、あくまでプログラミングなどの「仕事」をして報酬を外貨でもらい、その外貨を円転したために出る「為替差益」なのですが、その場合も「雑収入」でしょうか?

会計としては、どのような理由、原因で生じた為替差益であれ、「為替差益」は営業外収益の区分に計上します。科目は、「為替差益」はベストですが、なければ「雑収入」でも良い。

しかし、あなたは個人事業主であり、しかも青色申告ソフトを使っているので、上記のような回答になりました。青色申告のソフトは、「売上」以外の収入や収益を表わす科目を設定できないのではないでしょうか。



>②この場合は、どう記帳すればいいのでしょうか?

〔借方〕外貨預金696/〔貸方〕売上696

と仕訳して記帳すればOKです。


>(「外貨入金日にTTMで記帳する」のではなく「円転した日に、その額で記帳する」のならシンプルなのですが、それはだめらしいし、何より前年に「外貨入金日にTTMで記帳する」で記帳してしまったので、そろえなくてはいけません。)

1.外貨入金日に、その日のTTMで仕訳、記帳する。そして、
2.円転した日に、その日のTTMで仕訳、記帳する。ただし、為替差益は「売上(収入。雑収入含む)」に計上する・・

で、OKです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
補足:

いや、ひょっとすると、「売上」科目に補助科目を作れるようになっているならば、補助科目として「為替差益」を作れますから、いちどソフトのマニュアルを調べて見て下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。おっしゃる通りソフトのマニュアルを見ると「売上」科目に補助科目を使えました、「雑収入」のみでしたが。

【外貨預金/売上】にし、補助項目で「雑収入」を使うと、2ページ目の月ごとの集計の一番下にある「雑収入」に反映された形で記帳できました。為替差益であることが書き込めないのが難点ですが、上下の記帳を見れば後で自分で分かるでしょうし、手で書き添えて置こうと思いました。

お礼日時:2016/03/03 23:20

>するとやはり【為替差益】という科目を作ることに…



いやいや、真ん中は摘要欄です。

【普通預金 100円/阿倍商店/売掛金 100円】
【消耗品費 50円/ボールペン/現金 50円】
の「阿倍商店」や「ボールペン」と同じです。

>前述したように私のソフトで「収益」として増やせそうな…

どんなソフトか存じませんが、個人事業用なら「雑収入」があるでしょう。
法人用を使っているなら、「営業外収入」などです。

>の2行の仕分けするという意味にとって大丈夫でしょうか…

1行の仕訳で済むものを、わざわざむつかしくする必要ないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

摘要欄でしたか!
ありがとうございます。よくわかりました。

お礼日時:2016/03/03 22:09

まず、



【為替差益/外貨預金】696円

この仕訳が違っています。貸借が反対です。

【外貨預金/為替差益】696円

として下さい。

そうすれば、「696円は、「43 青色申告特別控除前の所得額」に足されず、むしろ引かれてしまいました。」というような事は起きないはずです。

>①私の場合、「為替の取引をして収入を得る人」ではなく、あくまでプログラミングなどの「仕事」をして報酬を外貨でもらい、その外貨を円転したために出る「為替差益」なのですが、その場合も「雑収入」でしょうか?

はい。というか、どのような理由、原因で生じた為替差益であれ、「為替差益」は営業外収益の区分に計上して下さい。

雑収入も営業外収益ですが、「為替差益」という科目を新設するのであれば、営業外収益の区分に作りましょう。「繰入額等」の中に作るのは誤りです。

>②この場合は、どう記帳すればいいのでしょうか?

〔借方〕外貨預金696/〔貸方〕為替差益696

と仕訳すればOKです。

>(「外貨入金日にTTMで記帳する」のではなく「円転した日に、その額で記帳する」のならシンプルなのですが、それはだめらしいし、何より前年に「外貨入金日にTTMで記帳する」で記帳してしまったので、そろえなくてはいけません。)

「外貨入金日に、その日のTTMで仕訳、記帳する。」そして「円転した日に、その日のTTMで仕訳、記帳する」・・が正解です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり事業がらみで出た為替差益は、個人ではなく事業の収益になるんですね。
とても分かりやすくありがとうございます。

わたしのソフトには「営業外収益」の区分にあらたな科目を作るやり方がなかったのですが、#1の方のおっしゃるように「雑収入」(ただし2ページ目の月別の集計の一番下にある「雑収入」欄に額が反映され「1 収益」にも額が足される方式)で処理できそうです。

お礼日時:2016/03/03 22:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q為替差損益の仕訳

売掛金が615,000円あり、海外から普通預金の口座へ銀行の手数料1500円を差し引いた610,700円の入金がありました。
2800円の為替差損益が発生すると思いますが、このときの仕訳の方法はどのようになるのでしょうか?

普通預金 612,200円 / 売掛金 615,000円
為替差損益 2,800円 / 
支払手数料 1,500円 / 普通預金 1,500円 

このような仕訳で間違いないでしょうか
また勘定科目は為替差損益という科目を設ける必要があるのでしょうか?
以前に為替差損益でプラスになったときは雑収入に計上しましたが、
今回はマイナスなので、雑費に計上するか雑収入にマイナスとして
計上するかわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

〔借方〕普通預金 610,700/〔貸方〕売掛金 615,000
〔借方〕為替差損  2,800/
〔借方〕為替手数料 1,500/

※年間に発生する為替差損が少額なら、為替差損⇒雑損 でOKです。
※年間に発生する為替手数料が少額なら、為替手数料⇒支払手数料 でOKです。
※「為替差益」を設けるときは「為替差損」も設ける方がいいです。

為替差損益がプラスのときは為替差益又は雑収入をプラス計上、マイナスのときは為替差益又は雑収入をマイナス計上、というやり方は企業会計のあるべき姿に反します。マイナスのときは為替差損又は雑損をプラス計上して下さい。

Q弥生青色申告で為替差損益の勘定科目追加はどこに作る

(昨日質問し画像を添付も見れずその後追加コメントも入れられなくなってしまったので再度
同じ質問を投稿する事になりました。)

弥生の青色申告を使用していますが,為替差損、為替差益を使った仕訳をする必要が出て
仕訳の仕方はわかったのですが、いざソフトで入力しようとしたら勘定科目がないので
追加しようと思いましたが、貸借科目、損益科目のタブが有りますがどちらのどの場所に
追加していいのかわかりません。
どなたかご教授下さい。
よろしくお願いします。

**画像添付では見れないとの事でしたので外部に写真を置くサイトのURLを書きます。
http://photozou.jp/photo/photo_only/2405167/122219505

使用中のソフトで出てくる科目?の画面です。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは、個人事業の会計ソフトだったのですね。

先ず、損益科目のタブです。


次に、

(1)「為替差益」は、[収入金額]の区分に追加して下さい。「雑収入」の上の場所が良いです。

(2)「為替差損」は、[経費]の区分に追加して下さい。空いている場所があるはずですから、どこでも良い。

Q外貨で事業所得を得ている場合の記帳/確定申告

自営業で外貨にて事業所得を得ることになりました。
外貨預金に外貨のまま入金されます。
レートの良い時を見計らって円に換金しようと思っています。
外貨のまま寝かせておくのは年度をまたがる可能性があります
その場合売り上げとして計上するのはいつになるでしょうか。

請求書を発行した日にTTBにて円換算して売り上げ額とする、のでしょうか?しかし外貨所得分については当方から請求書を発行しないシステムですので特に明瞭な日付がありません。それだったら仕事完了時付近の為替レートが少しでも安い時に円換算すれば売り上げを少なく計上できてしまいますよね?それは違法になりますか。

また、円に換金したときに生じる為替差益については、円に換金した日に収入(雑所得?)として申告するのでしょうか。反対に損益がでた場合はどうなりますか?
預貯金で得た金利分は事業主借で処理できると思うのですが、この為替差益についても利益の場合は事業主借、損益の場合は事業主貸、ではいけないでしょうか。

長文すみません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>その場合売り上げとして計上するのはいつになるでしょうか。

会計としては、発生主義で売上計上するのが正しいです。輸出商品を出荷した日付か、または通関日付で売上計上します。いったん決めたら同じやり方で通すことが大切です。税務においても同じ考え方のはずです。

売上代金(外貨)が入金した日付で売上計上する方法もあります。これを現金主義といいます。現金主義で記帳して確定申告するには、事前に税務署へ現金主義の届出をしなくてはなりません。

>仕事完了時付近の為替レートが少しでも安い時に円換算すれば売り上げを少なく計上できてしまいますよね?

売り上げを少なく計上する事ができたとしても、入金した売上代金の外貨を円換算するときに為替差益が発生しますから、決算の利益は同じ事です。

>円に換金したときに生じる為替差益については、円に換金した日に収入(雑所得?)として申告するのでしょうか。反対に損益がでた場合はどうなりますか?

為替差益は損益計算書の為替差益または雑収入として、為替差損は損益計算書の為替差損または雑損失として計上するという考え方が良いと思います。

>預貯金で得た金利分は事業主借で処理できると思うのですが、この為替差益についても利益の場合は事業主借、損益の場合は事業主貸、ではいけないでしょうか。

OKです。

>その場合売り上げとして計上するのはいつになるでしょうか。

会計としては、発生主義で売上計上するのが正しいです。輸出商品を出荷した日付か、または通関日付で売上計上します。いったん決めたら同じやり方で通すことが大切です。税務においても同じ考え方のはずです。

売上代金(外貨)が入金した日付で売上計上する方法もあります。これを現金主義といいます。現金主義で記帳して確定申告するには、事前に税務署へ現金主義の届出をしなくてはなりません。

>仕事完了時付近の為替レートが少しでも...続きを読む

Q為替差損(個人事業主)

個人事業をしています。

下記の場合どのような仕訳をすればいいのでしょうか?
外貨預金していた残高が
240万円→200万円となった場合

弥生会計07R2を使用しているのですが
営業外費用→為替差損を作成し

為替差損400,000   預金400,000

と仕訳すればいいのでしょうか?

その際営業外費用→為替差損を作成方法が分かりません。
設定の科目設定から普段は作成するのですが
現時点での弥生には営業外費用がないので
どのように作れば良いのかわからないのです。
ご存知の方おられましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

個人事業なら原価とそれ以外の費用・損失を区分すればいいのであって、会社と違って営業費用か営業外費用かを厳格に区分する必要はないでしょう。
それはそれとして、あなたの事業が海外取引をしているなどで外貨預金を持つ必然性があるような状況でない限り、その損失は事業の損失とは認められないでしょう。事業の資金を事業目的外で運用したのなら、運用に持ち出した時点で事業主貸となると考えられます。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q法人税・消費税修正申告納付の仕訳

税務監査が入り、前期分の法人税及び消費税の修正申告を
納付しなければならなくなりました。
処理後の仕訳の方法を教えていただけますでしょうか?

修正申告分法人税納付
法人税充当額 / 預金

修正申告分消費税納付
未払消費税 / 預金
それとも、租税公課など他の科目がよいでしょうか?

Aベストアンサー

消費税については、消費税に関する経理方法が税抜経理か税込経理かで取扱いが異なります。
税込経理の場合には回答No.1の方の回答にあるとおり損金経理を行うことになりますが、税抜経理の場合には、No.2の方が書いてあるとおり、その修正税額の発生原因に沿った計上が必要になります。
計上方法がわからなければ税務調査を担当した税務職員に確認すべきです。
税務調査で指摘があったときには、それについて今期はどのように経理すべきか、また今後同じようなことが発生した場合にどのように処理すべきかを徹底的に確認し、誤りをなくすことが必要です。

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q事務所の更新の仕訳

個人事務所(青色申告)ですが、家賃の更新代金の仕訳について教えて下さい。
〔更新料10,000円、消費税5,000円〕

尚、毎月の家賃の支払では消費税込みで仕訳をしています。
→ (地代家賃)15,000 (普通預金)15,000

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

賃貸借契約に係る更新料については、資産を賃借するための権利金等として、税法上の繰延資産に該当しますので、資産計上した上で、5年間(又は賃貸借期間が5年未満の場合はその賃貸借期間)にわたって償却していく事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/5460.htm

ただ、会計上の繰延資産は、商法上の繰延資産に限られるため、表示上は、投資その他の資産の区分の中の「長期前払費用」として、計上する事となります。
(長期前払費用)262,500 (普通預金)262,500

あっ、個人でしたね、それであれば、そこまで貸借対照表の区分にこだわる必要もないので、「繰延資産」や「更新料」といった感じで内容がわかれば良いとは思います。
例えば、次のような感じ

(更新料)262,500 (普通預金)262,500

そして、償却する期間に渡って、毎決算時に減価償却費に計上していく事となります。

仮に更新にかかる賃貸借期間が3年として、10月に支出した場合

<今年>

262,500円×3(10~12月までの月数)/36=21,875円

(減価償却費)21,875 (更新料)21,875

<2年目、3年目>

262,500円×12/36=87,500円

(減価償却費)87,500 (更新料)87,500

<4年目>

262,500円-(21,875円+87,500円×2)=65,625円

(減価償却費)65,625 (更新料)65,625



それと消費税の件は、金額の桁の問題だったのですね、失礼しました。

賃貸借契約に係る更新料については、資産を賃借するための権利金等として、税法上の繰延資産に該当しますので、資産計上した上で、5年間(又は賃貸借期間が5年未満の場合はその賃貸借期間)にわたって償却していく事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/5460.htm

ただ、会計上の繰延資産は、商法上の繰延資産に限られるため、表示上は、投資その他の資産の区分の中の「長期前払費用」として、計上する事となります。
(長期前払費用)262,500 (普通預金)262,500

あっ、個人でしたね、それで...続きを読む

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。


人気Q&Aランキング