普通、急加速や急減速するとガソリンを多く消費すると
いわれてますけど、それは一体どうしてなんでしょうか?
同じマニュアルに乗ってる友達に「ニュートラルに入れてブレーキ踏む
なら、急減速しても大丈夫」と言われましたけど、それは本当なんで
しょうか?
よければお答えください。

A 回答 (3件)

急加速時には、エンジンの回転数がかなり高いところまであがる事になりますが、エンジンには燃費消費率の良い回転域と出力を大きくするため燃費は悪くなる回転域があります。

また、スロットルを大きく開けた状態では、空燃比(空気と燃料の混合の割合)も燃料が多い側に移行します。これは、大きな出力を得る場合には論理空燃比よりも燃料の割合が多い状態のほうが出力が大きく取れるためです。このような状態では当然ながら燃費は悪化します。

急減速については、最近の燃料噴射式エンジンではアクセルを離した状態でエンジン回転数が有る程度以上に高い場合は、燃料の噴射がカットされるので、エンジンブレーキを使用している場合は燃料が出ていない状態にはなりますが、急減速すると言うことは、減速する前までにアクセルを踏んで走っている距離が長くなると言うことで、これも当然ながら燃費の悪化につながります。クラッチを踏んで・・・とのことですが、これは、エンジンブレーキを使わないと言うことになり、ブレーキにより多くの負担をかけることになり、ブレーキの寿命に影響しますので決して経済的とはいえませんし、先ほどに書きましたが、エンジンブレーキ時には噴射されないはずの燃料が、クラッチを切りアイドリング状態ではアイドリングを維持するための燃料の噴射が行われるため、燃費が良くなるとは考えにくいです。

いずれにせよ、急加速・急減速は安全面、経済面、車両自体にかける負担など、どれをとっても良いことがないでしょう。止むを得ない危険回避の場合などはいたし方ありませんが、可能な限り避けるべき運転方法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅れてすみません。詳しく教えてくださって感謝感謝です!
やはり、「急」なのは避けたほうがいいですね。
回答ありがとうございました(^^

お礼日時:2001/06/27 01:41

>普通、急加速や急減速するとガソリンを多く消費すると


>いわれてますけど、それは一体どうしてなんでしょうか?
無駄な動きが多くなるんだから当然でしょう。
同じ速度でず~っとはしって、減速、加速はスムーズにやるのが
基本。

>「ニュートラルに入れてブレーキ踏む
>なら、急減速しても大丈夫」
何が大丈夫なんだか?危険だからやめましょう。
    • good
    • 0

急加速…


アクセルを踏むとスロットルが開いて、多量のガソリンが気化器に流れ込みます。

急減速…
急制動がかかると、駆動系が負荷を感じて(上り坂にさしかかった時と同じ)自動的にスロットルを開いて、やはり多量のガソリンが流れ込みます。

ニュートラルに入れてブレーキを…
ブレーキパッドに負担がかかるし、走行中にミッションを切るとエンジンブレーキが効かなくなり、車の挙動を制御できなくなって危険なので、やめましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅れてすみません。上り坂でも同じように負荷がかかるんですね~。
勉強になりました!
回答ありがとうございました(^^

お礼日時:2001/06/27 01:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QG について

ある項目の内容で、カーブでおおむね0.3G以上0.4G未満の横加速を生じた場合、0.4G以上の横加速を生じた場合。また、急ブレーキの際にもおおむね0.4Gを超える強い減速度を生ずる場合・・・という内容がありました。0.3Gがどの程度なのか0.4Gがどの程度なのかよくわかりません。具体的にどんな感じなのか教えてください。

Aベストアンサー

意味的には回答1にある通りですが、その具体例について。

順番が前後しますが、まず「急ブレーキ時の加速度」について

地上の重力加速度は 9.8メートル毎秒毎秒 です。
これは、「1秒ごとに、速度が9.8メートル毎秒ずつ増えていく」という加速度です。
0.4Gの急ブレーキは、この0.4倍ですから、加速度は3.9メートル毎秒毎秒です。
時速40キロメートルは秒速11メートル(40キロメートル/3600秒)ですので、
0.4Gで減速すると、2.8秒で速度0になります。(11/3.9=2.8)
この時、減速し始めてから止まるまでの距離は、「初速度×時間÷2」で計算できます。11×2.8÷2=15メートル。

時速60キロメートルの場合は、同様の計算をすると、止まるまで4.2秒かかり、それまでに35メートル進むことになります。
0.4Gとは、そのぐらいの加速度ということです。

次に、カーブでの横方向の加速度について。
この加速度の元になるのは「遠心力」です。
遠心力による加速度は「速度×速度÷半径」で求まります。
ここから逆に、速度から半径を求める式にすると、
「半径=速度×速度÷加速度」
となります。

これに当てはめて計算すると、
時速40kmの場合、
周回半径=42メートルで横加速度0.3Gになる
周回半径=31メートルで横加速度0.4Gになる

時速60kmの場合、
周回半径=94メートルで横加速度0.3Gになる
周回半径=71メートルで横加速度0.4Gになる

ということになります。

意味的には回答1にある通りですが、その具体例について。

順番が前後しますが、まず「急ブレーキ時の加速度」について

地上の重力加速度は 9.8メートル毎秒毎秒 です。
これは、「1秒ごとに、速度が9.8メートル毎秒ずつ増えていく」という加速度です。
0.4Gの急ブレーキは、この0.4倍ですから、加速度は3.9メートル毎秒毎秒です。
時速40キロメートルは秒速11メートル(40キロメートル/3600秒)ですので、
0.4Gで減速すると、2.8秒で速度0になります。(11/3.9=2.8)
この時、減速し始めてから止まるまでの...続きを読む

Q加速中に突然減速してしまう

H7年式のワゴンRのターボ車に乗っています。
アクセルを踏んで加速をしていると、突然、急ブレーキをかけたように減速してしまいます。2速と3速でしかこの現象は起こりません。
また、常時起こるわけではないので、修理に出したのですが原因が分からず、まだ直っていません。
どこが悪いんでしょうか?
どなたか、わかる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

エンジンのレヴリミッターが動作していのではないでしょうか?エンジンがパワーロスを起こす回転数はレッドゾーンに入っていないでしょうか?低いギアでしか起こらないことを考えても、可能性が多きいのでは?

また、修理に出されたとの事ですが、依頼先はどのような工場でしょうか?エンジン制御系統にトラブルが起きた場合、エンジンコントロールユニットがトラブルの起こった系統をコードとして記録しておく機能があります。ただし、この機能のうち幾つかの項目ではエンジンを止めてしまうと記録が消えてしまう物もあるので、できれば症状が発生した後に、エンジンを止めずにディーラーや電装整備工場に持ち込み、症状の説明およびコード保存のためエンジンを止めていない(本来なら、症状を聞いた時点でエンジンを止めてはならない事を修理する側が理解するはずですが、教育の行き届いていない人もいますので)事を説明して、ダイアグノシスコードの読み取りを実行してみては如何でしょうか?このコードの読み取りは車両や搭載されているエンジン毎に異なるので、カーショップや一般の整備工場では対応できない可能性もありますので、できるだけディーラーまたは電装整備工場へ持ち込んでください。

エンジンのレヴリミッターが動作していのではないでしょうか?エンジンがパワーロスを起こす回転数はレッドゾーンに入っていないでしょうか?低いギアでしか起こらないことを考えても、可能性が多きいのでは?

また、修理に出されたとの事ですが、依頼先はどのような工場でしょうか?エンジン制御系統にトラブルが起きた場合、エンジンコントロールユニットがトラブルの起こった系統をコードとして記録しておく機能があります。ただし、この機能のうち幾つかの項目ではエンジンを止めてしまうと記録が消えてし...続きを読む


人気Q&Aランキング