子供の頃あんなに欲しかった玩具にはもう興味ありません。

高いお金で買った装飾品は売ってしまいました。

芸術を続けています。賞も沢山とりました。だけど、何処でゴールか分らずに続けています。

女性と関係を持ちました。憧れた乳房に触れた瞬間、その後は模倣的に感じ、それが肉だという事をしりました。カエルがひっくり返ったような彼女の姿を遠くから見ていました。

今日も森に入って鳥の声や風の音を聴いてきました。美しい緑に魅せられて、こういう物が欲しかったのかな?
欲しいとは違うけど、そういう物と一緒にいたいのかな?と思いました。
僕が欲しいものはもう持っているのかと、そんな感じがしました。


あなたが本当に欲しいものはなんですか?変な質問でごめんなさい。

A 回答 (13件中1~10件)

取りあえず、息を止めてみて見てください。


今すぐに、そのままに、ずっと。
ゆっくりと、静かに。
意味はないのですから。
苦しくなっても、そのままに、ずっと。
求めるものはないのですから。
すると何だか、勢いのような何かが始まっていくのがわかって。
ゆっくりと、
でも、次第に溜まってきて、
どんどん苦しくなって。
何なのでしょうか。それは何でなのでしょうか。
苦しくて、苦しくて。呼吸を求める。
どこかで、生きようとしているようで。
「価値」そう言う誰かの評価や考えは別にしましても、空気は求めていることがわかります。
そのように生きているということのようです。
そこからが、始まりです。
こんな風に考えてしまうのですが、いかがでしょうか。
ご批判いただけましたら幸いです。
    • good
    • 1

分からなくはないです。



高校生くらいの事でしょうか、私は優れた人間になりたいと思っていました。徳を身に付けた人になりたいなと。当時思い描いていた善き人間の像は、自由であって、屈託なく、勇気も暑苦しくなく爽やかで、笑顔の素敵な、、、云々と言うものでした。悩みに対する答えを持っている人、そんな人になりたいと思っていました。

三十路に入った今は、悩みなんてあって当たり前、解けない悩みもあって当然、まともではいられなくても、それがフツー。
こんな調子です。

この、思春期の頃と三十路の頃の考え、見方のギャップが、経る年月というものなのかなと。

本当に欲しいものは、歳月によって廃れたり失われたりしないもの、そういう態度、ですかね。例えば諸行無常の世にあって、諸行無常で当たり前、それを苦に思わないような精神性、そんなものが欲しいですかね。一方で、時の重みを蔑ろにしたくないという思いもありますから、複雑ですね(ー ー;)
しかし、このような難しい問いに答えてみれば、今の自分が如何に頭だけでものを考えているかが分かって、いい勉強になりました。

探す答えは、頭の外にあるんだなと、今は思ってます。
    • good
    • 1

あらゆる知識と経験の総てが欲しいです。

    • good
    • 0

平々凡々でも唯一純粋な存在になること。


ものは好くも悪くも形や色を変えていってしまう。
ないものに救いを求めているような強欲なのかもしれません。
    • good
    • 0

例えば宇宙空間に浮かんでいる地球が一つ消滅したとして、


宇宙は困るでしょうか?
太陽も月も何か地球との関係で多少影響を受けるでしょうが
「想う」ことはないといいきります。

いくら宇宙的に地球が変態な存在だと永遠に自己主張してきても
空振りに終わるはず。
宇宙には自己主張するような主客対立がないのです。
主客対立が崩壊すると欲しいものを誰が持っていようがお構い無しです。

人生の総体は「何かする」ことより
「何か想われる」ことを目指しているのだと想います。

私は寂しさを嫌います。
怖がって欲しがってませんが、
欲しくないといえば愛じゃなかったになりますし、

悲しさよりも古く、深い奥底からの迎えに来てくれる人と喜びあうこと。
未来の影。

    • good
    • 0

自分に自信があり、信念に忠実な人は、他人も尊ぶと思う。


そんな人ばかりの社会。

あなたも、美しい心が欲しいのではないですか?
    • good
    • 0

欲しいモノが欲しい。


満ち足りた人の贅沢ですね。

とまあ、これは別にして。

夜、一人で布団に仰向けに寝ます。
そして、自分にささやきかけます。

俺は、今日、死ぬ。

それを繰り返していると、本当にその気に
なります。

そうすると、本当に自分が欲しいモノが見えて
きます。

ワタシは怖いので一度しかやったことが
ありませんが、欲しいモノを見つけることが
出来ました。
    • good
    • 0

「死んだら人は星になる」と子供の頃、聞きました。



誰もが惑星を一つ持つということです。
星の王子様ならば、他人に遭えないかもしれません。
相手がいなければ、争いも無いでしょう。
空に輝く星は、古の人の姿なんだと思いますよ。
私の欲しい物は、「人は星の王子様になる」という物語です。
    • good
    • 0

自身が何処から来て何処へ行くのかという、生命の永遠性への確信です。

    • good
    • 1

歳をとらない薬ください。

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング