仕事が覚えられません。日勤から夜勤になり身体がまだ慣れていないのにパワハラを受け50種類以上覚えろとプレッシャーをかけられています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

根性、気合い、負けん気がたりません!人のせいにするな!努力もたりません!必死で頑張れ!今やらないと!

    • good
    • 1

交代勤務性睡眠障害の主な原因は、体内時計が狂ってしまうことです。

これは、ジェット機で海外旅行したときに起こる時差ぼけが、夜勤や交代勤務のときに毎回起こっているのと同じです。

仕事の時間に合わせて眠ったり目覚めたりしていると、外界の明暗リズムと睡眠・覚醒リズムがずれてしまいます。人間は何万年も前から太陽の動きを合わせた生活をしてきているので、遺伝子のレベルで明暗リズムと睡眠・覚醒リズムがリンクしています。これを急に変えようとすれば、体のどこかに無理が生じるのは当然のことです。

また、睡眠・覚醒のリズムは意識的に変えられても、体温やホルモン分泌など他の生体リズムは外界の明暗リズムに合ったままです。すると、目覚めているときに体温が上がらず、必要なホルモンの血中濃度も十分でないため、元気よく働くことができません。逆に、体温が上がって眠りにくい時間帯に眠らないといけないので、睡眠時間が短くなり熟睡感も悪くなります。

交代勤務や夜勤による睡眠障害を予防するためには、体内時計の狂いを最小限にし、さらに夜間勤務により蓄積した睡眠不足を、できるだけ早く解消することが大切です。

交代勤務のローテーションの組み方には、大きく分けて「正循環」と「逆循環」の2つの方法があります。正循環は日勤→夕勤→夜勤と、勤務が次第に遅い時間帯になる方法です。逆循環では、夜勤→夕勤→日勤と勤務時間帯が繰り上がってきます。

人間の体内時計は、24時間より少し長く約25時間です。このため、正循環は適応しやすく、逆循環では心身の不調が増えやすくなります。できることなら職場全体として、正循環でローテーションするように、勤務体制を組み直してみてください。

日勤や夜勤が続く日数にも、工夫が必要です。勤務時間帯が短い周期で変わる「ファースト・ローテーション」は、夜勤の連続日数を減らす効果があります。しかし、短い周期で睡眠時刻を調整しなければならず、夜勤後の休日が十分に確保しにくくなるため、次の日勤では時差ぼけ状態になりやすい傾向があります
    • good
    • 1

覚えられない=頭の中でうまく整理できていない ことかとおもいます。


こういう場合は、焦らないで専念したほうがいいとおもいます。

そんなに、いっぺんに覚えられなくてもいいんじゃないの?
    • good
    • 0

「仕事」は、頭で覚えるモノじゃない。


身体で覚えるモノ。
それもわからないでプレッシャーをかけるカイシャは、そもそも人を雇う資格がない。
    • good
    • 0

覚えなくてもいいんですよ。

よくメモを取ったりわかった振りをしている人よりよっぽど成長を感じます。身体で覚えましょう。あなたが出来ない事は他の誰かがします。あなたのできる事をやっているうちに勝手に身につけます。世の中そんな出来る人間が沢山いるとは思えません。パワハラも被害妄想にならないよう、あなたの為のものと受け止めてください。悩むのは大いに結構。ただ逃げないでください。同じ事を繰り返しますよ。
    • good
    • 1

それ、パワーハラスメントとは言わないような気がする。


業務上必要なことを覚えなさいということではないのだろうか?

なんとかモチベーションを上げて覚えてみようという気になろう。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報