あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

2級の障害者手帳を持っている精神障碍者です。

NISAを利用して株を始めようか検討しているのですが、
障害者の優遇措置を使うとNISAを使うメリットはあまりなかったりしますか?
教えてください宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>2級の障害者手帳を持っている…



それは分かりましたけど、株のほかに収入源はあるのですか。

>障害者の優遇措置を使うとNISAを使うメリットはあまり…

ふつうに働いていて所得税もいくらか発生しているのなら、株の利益に 20% の税金がかかるので、NISAを使うメリットは十分あります。

一方、株のほかは無職無収入なら、株の利益に対しても各種の「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
が反映されます。

所得控除は個々人によって該当するものが異なりますが、ご質問文だけで分かる範囲でも、
・基礎控除 38万
・障害者控除 (特別障害者) 40万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1160.htm
の合計 78万円があります。

したがって、株の利益が 78万円までなら、NISAを使わなくても所得税は発生しないことになります。

自分で健康保険や年金、あるいは生命保険を払っているとか、扶養家族がいるとかなら、所得控除の合計がもっと増えますので、株の利益がそれらを上回るまで税金の心配は要りません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

株取引では障害者優遇制度はありませんので、NISAを利用することをお勧めします。


ただ、個人的には、最近、NISAは利用していません。それは、損益通算ができないからです。買った後、値下がりすると、長期塩漬け状態になってしまいます。
    • good
    • 2

株式投資では障害者に対する優遇措置というのは直接何かあるのでしょうか。


株式投資に限らず、税制上の優遇等があってそれが関連してくるということでしょうか。

その有無に関わらず、NISAは売却益や配当等が非課税になるというメリットはありますから、
利用するのがよいと思われます。

但し、NISAを使ったからといって利益があがるとは限らず、当然、損失が出る可能性もあります。
で、損失が出ても、それがNISAの口座のものであったら、他の利益と相殺して税金を節約
するような対応はできません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害年金受給者が株投資で利益が出た場合の処理

前回質問しましたが、再度の質問です。
私は、障害年金2級の手当が支給されています。

株の利益が出た場合、下記の処置が取られるようですが、譲渡税はどう考えるのですか?
●全額支給停止
462万1000円に扶養親族等1人につき38万円を加算した額以上であったとき
加給年金部分(配偶者等分に相当)も支給停止
●半額支給停止
360万4000円に扶養親族等1人につき38万円を加算した額以上であるとき
加給年金部分(同上)は支給される

この金額は税引前の金額ですか。それとも税引後(譲渡税+地方税=20.315%)の金額ですか。

この質問に対して、ベストアンサーは税引後かつ証券会社の手数料などの引き去り後の金額になり、かつ社会保険料控除、医療費控除できると回答を頂きました。

今回の質問は、社会保険料、医療費控除のことですが、私は妻との2人暮らしです。
社会保険料とは、国民年金掛金、国民健康保険掛金、ですか? 医療費は全て領収書を
取ってありますので大丈夫です。個人で掛けている生命保険料は、控除の対象ですか?
他に控除対象となるものはありますか?

青色申告が必要になってくると思いますが、税務署に行けば良いか、年金機構に行けば
良いか教えて下さい。国民年金払込証明書が届いていますが、どうすれば良いのですか?


証券会社からは、「特定口座年間取引報告書」(源泉徴収有り)12/31付けで発行されていますが、これについては、私は何もしないで良いのですよね?
宜しくお願いします。

前回質問しましたが、再度の質問です。
私は、障害年金2級の手当が支給されています。

株の利益が出た場合、下記の処置が取られるようですが、譲渡税はどう考えるのですか?
●全額支給停止
462万1000円に扶養親族等1人につき38万円を加算した額以上であったとき
加給年金部分(配偶者等分に相当)も支給停止
●半額支給停止
360万4000円に扶養親族等1人につき38万円を加算した額以上であるとき
加給年金部分(同上)は支給される

この金額は税引前の金額ですか。それとも税引後(...続きを読む

Aベストアンサー

Moryouyouです。

>年金コードを確認したところ、
>年金コード1350です。

ひととおりあちこち確認しましたが、
年金コード1350ですと、
障害厚生年金、及び障害基礎年金を
所得制限なしで受給されている(はず)
です。

下記の後半のQA
http://www.hachisu-sr-office.com/syougainennkinn-syougainennkinngaku.html

所得制限の話はどこで聞かれたのでしょう?
とり越し苦労であれば、よかったのですが。
A^^;)

ご参考
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3225

Q障害者の株式取引

障害者年金を受給している人が株式取引をして所得を得た場合、支給停止となる場合があるでしょうか?株式取引による所得額の制限はあるでしょうか?教えて下さい。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

no.5さんの書いているとおり、発症が20歳前の障害基礎年金(無拠出型と言います。)だけは、障害年金の半額支給停止・全額支給停止の所得額が決まっています。額は扶養者がいるか子供がいるかで変わってきますので、区役所の年金課か社会保険事務所に確認してみましょう。

それ以外の障害年金は所得制限はありません。

あ~~~、それに引っかかるくらい株で儲かればいいんですがね~。
私は統合失調症で障害年金をもらいながら株をやってます。なかなかうまくいきません・・・orz

年金カテゴリーで質問すれば、額も回答が得られるかもしれません。

Q障害年金の更新は何年置きですか?

うつ病で障害年金2級を受けて6年になります。
2年に1回診断書を提出して更新していますが、
5年に1回という人もいます。この違いは
どのような理由から来る物なのですか?

Aベストアンサー

遅くなりましてもうしわけありません。
友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。
1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。
補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか?
2つ目はNO2の方と同じでした。
つまりその病気と程度によるということです。
この二つが主な原因として考えられるとの話だったのですが。

鬱病だとして5年に一回の更新は現実的にあったとしたらかなりずさんなんだそうです。
ここら辺をここに書くべきかどうか迷いました。
というのも、医者との信頼関係や、治療の妨げになる可能性があるからなんですけど。
三つ目の可能性です。
つまり彼女の話では、5年に一度の申請で済んでいる人は、医者の治療方針で鬱病と説明しているが、実際には別の病気なのではないかと思われる。という話でした。
例えば鬱病でも株で大もうけすることは現実的にできなくもない話です。
5年というスパンだと長すぎるので、その間に株で大もうけして長者番付に載ったとしましょう。
そうしたら年金は不正受給にあたります。
あくまで障害者年金は障害が理由で健常者のように働けない人を助けるものですし、来年から若干法律が変わるのですが、(障害者自立支援法というものです)障害者の自立支援には繋がらないからです。
5年のスパンだということは例えば(あくまで例えばですが)重度の統合失調症で予後は悪化もしくは現状維持と診断書に書かれているような場合はありえない話ではない。とのことでした。
この三つ目に関してですが、社会福祉士を目指している友人からお願いがあるそうです。
治療の妨げになる場合があるので、絶対にその5年に一回の更新者にはこのことを黙っていて欲しいということでした。
騙されていると知れば、当然医者との信頼関係は悪くなり、よくなるものもよくならない可能性が高いからです。
私からもどうぞ宜しくお願いいたします。

それではお互い寛解状態に入ることができますように。ご回復を祈って・・・・。

遅くなりましてもうしわけありません。
友人がつかまったので、話を詳しく聞いてみました。
1つに、地方自治体の問題があります。
地方自治体によって多少の差があるのだそうです。
例えば、高知県では更新の際に所得証明書は必要ありません。しかし私のいる北海道では所得証明書の提出を求められます。それと同じで、更新期間にもばらつきがあります。
補足説明を求める時間がなかったのですが、その5年に一回の提出で済んでいる人というのは同じ都道府県の人でしょうか?
2つ目はNO2の方と同じでした。...続きを読む

Q障害年金は所得としてみられるんですか?所得税を払わなくてはいけないんで

障害年金は所得としてみられるんですか?所得税を払わなくてはいけないんでしょうか?
あと、障害年金もらえるようになると国民年金が全額免除となりますが、60才になって、年金をもらえるようになると、免除になった期間、半額しか年金もらえない というのは本当ですか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

障害年金も所得です。働かずに得られる不労所得です。
但し、福祉的な観点から非課税なので、所得税はかかりません。
非課税所得といいます。

年金は、障害年金と遺族年金が非課税所得になります。
老齢年金は課税されます(課税所得)。

障害年金(1・2級のときだけ)をもらってる人は、国民年金保険料が全額免除です。
法定免除といいます。法定免除を受ける・受けないは任意です。
国民年金第1号被保険者(第2号・第3号以外の人)だけが対象です。
厚生年金保険に入っている国民年金第2号被保険者の人や、配偶者から扶養されている国民年金第3号被保険者の人は、障害年金をもらってても対象外です。

全額免除を受けた期間は、あとから追納で保険料を納めないと、その期間の分は2分の1(平成21年3月までは3分の1)しか保険料を納めていないことになるので、その分だけ将来の老齢年金(厳密には老齢基礎年金。60歳からではなくて、65歳からです。)が減ります(免除を受けた期間に相当する部分の額が、2分の1または3分の1になってしまう。老齢年金全体が2分の1や3分の1になるのではない。)。

以上は、基本中の基本です。
障害年金ははっきり言って永遠に受けられるように保証されたものではなくて、更新時の診断書次第では支給停止です。
老後のことを考えたら、老齢年金を受けられるように、法定免除なぞを受けずにちゃんと国民年金保険料を納めたほうがいいと思います。

障害年金も所得です。働かずに得られる不労所得です。
但し、福祉的な観点から非課税なので、所得税はかかりません。
非課税所得といいます。

年金は、障害年金と遺族年金が非課税所得になります。
老齢年金は課税されます(課税所得)。

障害年金(1・2級のときだけ)をもらってる人は、国民年金保険料が全額免除です。
法定免除といいます。法定免除を受ける・受けないは任意です。
国民年金第1号被保険者(第2号・第3号以外の人)だけが対象です。
厚生年金保険に入っている国民年金第2号被...続きを読む

Q知的障害者名義の預金の取り扱いについて

16歳になる私の次男は自閉症で、養護学校高等部(現在は支援校とかに名称が変わりました)2年生です。
以前に比べ、最近落ち着いてきて、一人で外に飛び出すことはなくなりましたが(小中学生のころ高速道路を走って大騒動になったこともあります)、相変わらず、特徴的な奇声や奇行があります。
高等学校卒業後、引き受けてくれる授産所も限られていると思います。

ところで、この子供の将来のためにと幼児のころから漠然と考え、次男名義にした郵便貯金にこつこつためた額が900万円近くになりました。先日19歳の上京している長男名義の通帳を、別の口座に移すとき、本人確認など、とても面倒でした。(未成年ということで本人不在でもできましたが…)

もし、次男が成人した後、次男名義の預金の扱いはどうなるのか、この際知っておきたいのです。
積み立てた両親でも、その預金を資産運用などで、自由にならなくなるのでしょうか?
相続税などがかかるのでしょうか?
またこのような、将来経済的自立が不可能な子どもに親が元気なうちにしてやれる、何かいい方法があれば、ぜひアドバイスください。

ほかに何か注意することがあれば、ぜひご教授ください。

16歳になる私の次男は自閉症で、養護学校高等部(現在は支援校とかに名称が変わりました)2年生です。
以前に比べ、最近落ち着いてきて、一人で外に飛び出すことはなくなりましたが(小中学生のころ高速道路を走って大騒動になったこともあります)、相変わらず、特徴的な奇声や奇行があります。
高等学校卒業後、引き受けてくれる授産所も限られていると思います。

ところで、この子供の将来のためにと幼児のころから漠然と考え、次男名義にした郵便貯金にこつこつためた額が900万円近くになりました。先...続きを読む

Aベストアンサー

>次男名義にした郵便貯金にこつこつためた額が900万円近くになりました…

判子も通帳も親が管理しているのですね。
それなら、それはあくまでも親の財産です。
今そのまま子供に自由に使わせたりすると、税法上の贈与となり、贈与税の申告納付が必用になってきます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4429.htm

毎年少しずつの積立であったとしても、毎年続けていたのでは一度にまとめて贈与されたものと解釈されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm#q1

>積み立てた両親でも、その預金を資産運用などで…

子供名犠打貯金してきたのは錯誤であったとして、直ちに親の名前に戻すことです。
税務署も鬼ではありませんから、間違いは間違いと認めてすぐあらためれば、贈与税がかかったりしません。

>またこのような、将来経済的自立が不可能な子どもに親が元気なうちにしてやれる…

親子間には扶養義務があり、生活に必用な金品を最小限の範囲で渡すことは、税法上の贈与ではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm

その都度必用なお金を出してやればよいのです。
一度に何百万ものお金をまとめて渡すと、扶養義務の範囲を超えていると見なされます。
ご注意ください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>次男名義にした郵便貯金にこつこつためた額が900万円近くになりました…

判子も通帳も親が管理しているのですね。
それなら、それはあくまでも親の財産です。
今そのまま子供に自由に使わせたりすると、税法上の贈与となり、贈与税の申告納付が必用になってきます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4429.htm

毎年少しずつの積立であったとしても、毎年続けていたのでは一度にまとめて贈与されたものと解釈されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm#q1

>積み立てた両親で...続きを読む

Q障害基礎年金受給者ですが、家を買えますか。

ほとんど働く事がかなわない私の将来の為に親が「家を買っては」(私の名義でです)と言ってくれています。不動産を所有する事で年金が貰えなくなる、というような事があるのでしょうか。よろしくお教え下さい。

Aベストアンサー

あなたは障害基礎年金2級(20歳前障害)で、障害の程度は「永久固定(診断書提出不要)」です。
厚生年金保険の被保険者だった期間が5年ほどあった、ということですから、65歳以降の年金は、以下の組み合わせからどれか1つを選択することになります。

1 障害基礎年金
2 障害基礎年金 + 老齢厚生年金
3 老齢基礎年金 + 老齢厚生年金

障害基礎年金はわかりますね?
老齢厚生年金は、これまでの厚生年金保険の被保険者期間などが反映されるものなので、このままではごくごくわずかな額に過ぎなくなる、というのが実態です。

問題は、老齢基礎年金。
満額(40年間きっちり国民年金保険料を納めたとき)のときに、障害基礎年金2級と同額になります。
未納や免除があったときには、特に、免除分を追納(あとから納めること)しない限り、老齢基礎年金の額は減ります(全額免除を受けた期間の分だけ、2分の1で計算されます)。

いま、どこにも働いていないのであれば、国民年金第1号被保険者といって、障害基礎年金1・2級を受給する第1号被保険者であれば、国民年金保険料が全額免除(法定免除)になっているはずです。
また、このとき、納めたくても通常の方法では納めることはできず、追納(免除された分をあとから納めること)の手続きをしなければなりません。
追納は、本来納めるべき月から10年以内であれば可能です。
但し、過去2年を超える昔の月の分を追納しようとすると、加算金(利息に相当するもの)も添えた額を納めなくてはならなくなります。

もし、永久固定でないのであれば、上で書いた「2」の組み合わせが65歳以降も保障されるとは限らず、支給停止に至れば老後の生活が成り立たなくなります。
したがって、そのようなときには、「3」の老齢基礎年金をできるだけ満額(障害基礎年金2級の額と同額)に近づけるためにも、上述した「追納」が望まれます。

しかし、あなたは永久固定なのですから、そのまま追納しなくとも、「2」の組み合わせを選択すれば、最も高額を確保できます。
というより、事実上、これしか選択肢がありません。
これ以外の組み合わせはみな、受給額が「2」を下回ってしまいます。

その他、親御さんに「心身障害者扶養保険」(公的な制度です)に加入していただき、あなたの将来の出費に備えていただいたほうが良いでしょう。
不動産投資の対象となる家を購入する、という考え方以外に、月々の年金のようなものを障害年金以外にも確保できるようにしておく、という親御さんの考え方が重要だと思います。
詳しいことは、下記のURLを参照して下さい。

http://hp.wam.go.jp/guide/fuyou/outline/tabid/245/Default.aspx

また、特定贈与信託といって、税法上の特別障害者(身体障害者1・2級、精神障害者1級、重度知的障害者)を持つ親御さんを対象とした制度もあります。
財産を、自分の死後、子どもに残すための特別なしくみ(残した財産を年金の形で子どもに与えることができるようになる)です。

http://www.mizuho-tb.co.jp/souzoku/tokutei_zouyo.html

このように、結構いろいろなしくみで「親の死後の障害者の暮らしを支える」ということができます。
親御さんともども、そういったことをもうちょっと知ったほうが良いかもしれません。
任意後見制度や法定後見など、精神障害者等の財産や権利を守るしくみも知っておいたほうが良いと思います。
 

あなたは障害基礎年金2級(20歳前障害)で、障害の程度は「永久固定(診断書提出不要)」です。
厚生年金保険の被保険者だった期間が5年ほどあった、ということですから、65歳以降の年金は、以下の組み合わせからどれか1つを選択することになります。

1 障害基礎年金
2 障害基礎年金 + 老齢厚生年金
3 老齢基礎年金 + 老齢厚生年金

障害基礎年金はわかりますね?
老齢厚生年金は、これまでの厚生年金保険の被保険者期間などが反映されるものなので、このままではごくごくわずかな額に過ぎなくな...続きを読む

Q株式の名義変更について

株主優待券の関係で、父から私に4000株の株式を名義変更をしようと思っております。

所有株式数による発行枚数は以下の通りです。
1000株~4000株までは1000株につき、1枚発行。
4001株~9999株までは4枚+超過分2000株毎に1枚発行。
10000株~999999株までは7枚+超過分4000株毎に1枚発行

父は航空会社勤務で、自社の持ち株会で購入。所有株式数は2万株~3万株だそうです。(正確な株式数は父も知らず・・・)
会社の口座?にも数千株あるはず?!と言っていますが、
私も父も意味がよくわかっておりません。
証券会社は○興コー○○○○だったと思います。

私はネット証券(ka○.com,イー○レード)と証券会社(SMBC○○○○証券)に計3つの特定口座を所有しております。

対象の株価は1株約350円で、4000株だと約140万円になってしまい、110万円を超える為、贈与税がかかるとの認識です。
贈与税がかかるのは嫌なので、2000株ずつを2年にわけて名義変更が一番良い方法でしょうか。
なお、当面、というか今のところ現金化するつもりはありません。

ka○.comは贈与により取得した株式の取得費を特定口座へ入庫するのは法的には可能だが取り扱いをしていない旨が記載されておりました。(意味がよくわからない)

父と私がそれぞれどのような手続きをすればよいのかをご教授いただけますでしょうか?
わたしの3つのうち、どこに入庫するのが一番良いでしょうか?
また、他に最良の方法があればご教示願います。
よろしくお願いいたします。

株主優待券の関係で、父から私に4000株の株式を名義変更をしようと思っております。

所有株式数による発行枚数は以下の通りです。
1000株~4000株までは1000株につき、1枚発行。
4001株~9999株までは4枚+超過分2000株毎に1枚発行。
10000株~999999株までは7枚+超過分4000株毎に1枚発行

父は航空会社勤務で、自社の持ち株会で購入。所有株式数は2万株~3万株だそうです。(正確な株式数は父も知らず・・・)
会社の口座?にも数千株あるはず?!と言っていますが、
私も父も意味がよくわかっておりま...続きを読む

Aベストアンサー

長文大変失礼いたします。
・結論:やるべきこと
お父様=持株会からの引き出し手続
jinroxさん=名義書換手続と特定口座預け入れ手続。

・注意点
1.お父様が持株会から引き出す際に、「引出精算書」など(名称は各会社によって若干違います)を取ること。それに今までの取得の平均単価が記されていますので、取得価格の根拠に出来ます。(日付・価格・印など用件は満たす必要があります)

2.名義変更は、銘柄ごとに決まっている窓口の信託銀行で出来ます。ご質問の銘柄の場合は住友信託です。その際もちろん贈与に関する手続が必要です。

3.あなたへの名義書換を終え、証券会社の特定口座に入れます。その際の取得価格は1で述べた「精算書」を使います。一般的にはその時に贈与に関する書類も必要となります。カ○ドットのように取扱いをしていないケースもあるようですが私の勤務する証券会社では可能です。

4.精算書にある平均取得価格がみなし取得価格よりも低い場合は無理に特定口座に入れると不利になる恐れがあります。ちなみにご質問の銘柄のみなし価格は238円です。

5.特定口座に入れずに一般口座に置く場合でも、平成22年末までの売却であれば、みなし価格を取得価格として採用できます。(逆に言えばみなしを使いたいなら一般口座。特定でのみなし採用は昨年末で締切となってます。)

5.贈与税に関しては、仰るとおり4千株ですと110万を超えそうですので2年に分けてやってもいいでしょう。本日6/14現在では339円ですが、やるタイミングによってはより安い値段を採用できる可能性もありますので、考慮してください。贈与した日以外に、当月・前月・前々月の平均値などの最安値を使えます。
http://www.smbc-friend.co.jp/info/tax/jojokabusikizoyo.html

6.「2千株づつ2年に分けてやるのが一番良いか」はわかりません。一括でやっちゃった方が良いかもしれませんが事後的にしかわかりません。株価が今後上昇する可能性もありますので。ちなみに本日終値で計算した贈与税は、2万5千円くらいですね。
(339*4,000-1,100,000)*0.1=25,600
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4408.htm

※まずお父様の会社の持株会にそのような精算書が発行できるかを確認し、また預入れ予定の証券会社の特定口座の取扱い(贈与時などの取扱い)を尋ねてください。
以上で対処出来ない場合は他の方法もなくもないですが、その折にはまた質問立ててください。私の出来る範囲でお力になります。

長文大変失礼いたします。
・結論:やるべきこと
お父様=持株会からの引き出し手続
jinroxさん=名義書換手続と特定口座預け入れ手続。

・注意点
1.お父様が持株会から引き出す際に、「引出精算書」など(名称は各会社によって若干違います)を取ること。それに今までの取得の平均単価が記されていますので、取得価格の根拠に出来ます。(日付・価格・印など用件は満たす必要があります)

2.名義変更は、銘柄ごとに決まっている窓口の信託銀行で出来ます。ご質問の銘柄の場合は住友信託です。その...続きを読む

Q初診が未成年の場合、年金に加入していなくても20歳から障害年金は支給されるのでしょうか?

17歳の時、心療内科に通い始めた者です。現在18歳です。
お医者様によると、私はうつ病、もしくは双極性障害らしいです。
最近アルバイトを始めたのですが、病気のせいか、仕事に支障が出ることが多いです。
例えば、気力が全く湧かず仕事が覚えられない、などです。(もちろん健常な方でも大変な苦労をされて働かれているのだと思います)
将来社会人になった時、厳しい社会で働いていけるか心配になりました。
そこで、うつ病でも障害年金が頂けることを知りました。
万が一病状が悪化した場合、復帰の足がかりになればいいなと思います。
ですが、私は未成年で年金に加入していないので受給要件を満たしていないのかと疑問です。が、受給要件には「20歳前傷病」というものもあるそうです。
ということは、障害が認められれば、私でも20歳から(もしくはそれ以前から)障害年金を頂けるのでしょうか?
障害年金に詳しい方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

厚生年金保険の被保険者ではない20歳前に初診日があり、
障害認定日(初診日から1年6か月が経った日)の時点で
年金法でいう1~2級の障害状態(手帳の等級とは全く別)ならば、
国民年金保険料の納付(20歳以降の義務)の有無にかかわらず、
20歳より、障害基礎年金の受給権が発生します。

★ 「障害認定日」に関する注意事項
初診日から1年6か月が経った日のことですが、
20歳前にその日が到達した場合は、
20歳になったその日が「障害認定日」となります。
また、初診日が20歳前でも、障害認定日が20歳過ぎのときは、
当然、20歳過ぎのその日が障害認定日となり、
受給権の発生は20歳直後ではなく、
その障害認定日以降になります。

★ 障害認定日時点で年金法でいう1~2級でない場合の注意事項
この場合は、受給権が発生しません。
その後悪化して1~2級に該当するまで、受給の請求ができません。
(当然、それまでの間は支給もされません。)

上記による障害基礎年金のことを
「20歳前傷病による無拠出型障害基礎年金」といいます。
通常の障害基礎年金(保険料納付が前提となるもの)とは違って、
あくまでも「特例的なもの」です。
そのため、受給する障害者本人には一定の所得要件があり、
ある1年間(1月~12月)の所得の額が制限額を超えると、
翌年の8月分から翌々年の7月分までの1年間、
障害基礎年金の支給が、全額または半額、停止されます。

なお、精神疾患による障害基礎年金は「有期認定」で、
2~3年に1回ずつ、再認定が繰り返されます。
病状快復(就労が可能になることも含む)により障害が軽快すれば、
障害等級が下がって受給額が減ったり、
あるいは、受給そのものができなくなります。
(受給権そのものはなくならず、悪化すれば再びもらえます。)

障害基礎年金を受給している人の場合、
厚生年金保険に加入せず、自ら国民年金保険料を支払う場合は、
国民年金保険料の納付の全額免除を受けることができます。
これを「法定免除」と言います(手続きが必要)。
なお、どこかに就職して厚生年金保険に加入すると、
その時点で、法定免除を受けることはできなくなります。

一方、20歳前に初診日がある場合でも、
その初診日が厚生年金保険の被保険者期間中であったときは
上述には該当せず、障害厚生年金になります。
たとえば、高卒で就職して厚生年金保険の被保険者になり、
そのあと、20歳になる前に障害を負った、というケースです。
その場合は、それまでの厚生年金保険の被保険者期間などが問われ、
上述の「20歳前傷病‥‥」とは見ません。
この違いには注意して下さい。

障害基礎年金における精神疾患の認定は、
国民年金・厚生年金保険障害認定基準によりますが、
非常に厳しいものがあります。
ただ単に「うつ病」である、というだけではダメです。

一般に、
1)労務不能であって生活範囲が自室内に限られ、
2)生活習慣が大きく乱れており、感情のコントロールが不可能、
3)自傷行動や他傷行動、著しい思考停止が見られる
などの状態が該当し、
その状態が少なくとも6か月以上継続していなければなりません。

以上のとおり、それほど甘いものではありません‥‥。
障害基礎年金の受給を考えてゆくことはもちろんかまいませんが、
それ以前に病気の治療を優先させてみて下さい。お大事に。

厚生年金保険の被保険者ではない20歳前に初診日があり、
障害認定日(初診日から1年6か月が経った日)の時点で
年金法でいう1~2級の障害状態(手帳の等級とは全く別)ならば、
国民年金保険料の納付(20歳以降の義務)の有無にかかわらず、
20歳より、障害基礎年金の受給権が発生します。

★ 「障害認定日」に関する注意事項
初診日から1年6か月が経った日のことですが、
20歳前にその日が到達した場合は、
20歳になったその日が「障害認定日」となります。
また、初診日が20歳前で...続きを読む

Q障害年金をもらっています。株式の売却益の税金について教えてください

障害年金を年約60万円いただいています。
それ以外に収入はありません。父の扶養に入っています。

今回初めての株で利益が約23万円出ました。

会社員の場合、雑所得が20万円までなら申告しなくてよい(無税)と
国税局のホームページで見ました。

私の場合はどうなのでしょうか?

23万円全て税金がかかるのでしょうか?それとも3万円だけですか?

もし、今後損することになったらどうなのでしょうか?

国税局のホームページには私のようなケースは想定していないようなのでお教えください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>会社員の場合、雑所得が20万円までなら申告しなくてよい…

かなり不正確ですが、あなたは会社員ではないとのことですから、ふれないでおきます。

>今回初めての株で利益が約23万円出ました…

取引方法は何でしょうか。
(1) 特定口座源泉徴収あり・・・確定申告不要
(2) 特定口座源泉徴収なし・・・年末までにもっとも受かれば確定申告必用
(3) 一般口座・・・年末までにもっとも受かれば確定申告必用
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1463.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1476.htm

(2) (3) で確定申告が必要になるのは、大晦日までの 1年分を集計して、譲渡益が「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
の額の合計額を超えるときです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

平たく言えば、健康保険や年金などを自分で払っているのでなければ、「基礎控除」の 38万円を上回る利益があったときです。
裏を返せば、38万以下ならほぼ無条件でだまっていて良いと言うことです。

>それ以外に収入はありません。父の扶養に入っています…

譲渡益が 38万円を超え、確定申告をする場合は、控除対象扶養者でいられなくなりますのでご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
ただし、(1) の特定口座源泉徴収ありなら、何百万円儲けても申告の必要はありません。

>もし、今後損することになったらどうなのでしょうか…

確定申告をすれば、翌年以降 3年間のうちの黒字と相殺することができます。
前年が確定申告してあれば、前年分と相殺して、前年に納めた税金を還付してもらうこともできます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1465.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>会社員の場合、雑所得が20万円までなら申告しなくてよい…

かなり不正確ですが、あなたは会社員ではないとのことですから、ふれないでおきます。

>今回初めての株で利益が約23万円出ました…

取引方法は何でしょうか。
(1) 特定口座源泉徴収あり・・・確定申告不要
(2) 特定口座源泉徴収なし・・・年末までにもっとも受かれば確定申告必用
(3) 一般口座・・・年末までにもっとも受かれば確定申告必用
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1463.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/147...続きを読む

Q障害年金2級(精神)受給中で、働いている方。何時間位働いてますか?良か

障害年金2級(精神)受給中で、働いている方。何時間位働いてますか?良かったら職種も教えて欲しいです。また、障害年金に詳しい方、年金受給に響くのか教えて下さい。ケースワーカーさんに聞いてみましたが、はっきりした答えが得られなかったので、お願いします。現在、調子は良くない日もありますが、働きたいと思ってます。

Aベストアンサー

私は(精神)障害年金2級で年金をもらいながら週5で6時間で働いています。
職種はサービス業です。
仕事内容はレジの補助です。
障害年金2級をとるのは、かなり状態が悪くないと取れません。
回答者さんの場合、働く意欲がある場合とるのに難しいかもしれません。
一番良いのは申請が通ってから働くのがベストです。
一度2級を取れれば、体調がよくなり働いても年金はもらえます。
ただし期間があり(だいたい2年間)働けるまで回復していれば次は3級に降格するでしょう


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング