ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

はじめての投稿になります。

この度副業で仕事を頂いたのですが、
請求書をPDFで作成するときのファイル名の付け方はルールがありますでしょうか?
以下のサイトを参考にして作成してものの、
封筒などについては、詳細が書かれていますが、
PDFについてはちょっとわかりませんでした。

https://freelance.levtech.jp/guide/detail/16/

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

特にルールはありませんよ。


でもファイル名に作成した日付とその日何番目に作成したかの通番、相手先名くらい入れておくと、後から検索しやすいかと。

「20160617-01とーるん様.pdf」など
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「請求書」のファイル名について

請求書が綴じてあるファイルのタイトルについての質問です。
請求書は、こちらから発行する請求書と
協力会社などから受ける請求書がありますが、
各々別のファイルに保管しております。
そこでファイルの背表紙に何と書いたらよろしいでしょうか?

 請 請
 求 求
 書 書

と二つ並んでいたらどちらか分からないので
アドバイスをお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

発行分に関しては

「請求書/発行分」

受ける請求書に関しては

「請求書/受領分(○○会社)」

と言う風にしてみてはどうですか?
この他に年度や月の表示もあった方が後から探す時に見やすいかと思います。

Q月末締めの請求書を送るタイミングについておしえてください。

月末締めの請求書を送るタイミングについておしえてください。
月末締めで請求書を送る場合、その月の末日までに請求書を送るのが普通でしょうか?
翌月になってからでもよい場合、翌月の何日頃までに送るのが一般的ですか?

例えば、5月末締めの場合、
「5月31日必着」や「6月1週目くらいまでOK」などのご意見が欲しいです。

相手会社から特にルール指定がない場合の一般的なご意見をお願いします。

個人事業を営んでいますが、毎月納品確認がギリギリになるものあり、
翌月の月初になってしまいます…。これは失礼なことでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>月末締めで請求書を送る場合、その月の末日までに請求書を送るのが…

月末締めの意味は、月の末日の取引分まで記載すると言うことです。
したがって末日に送るというのは事実上不可能です。

>翌月になってからでもよい場合、翌月の何日頃までに送るのが…

月末の翌日以降、請求書ができ次第なるべく早くということです。
個人事業レベルなら最大 1週間もあればじゅうぶんできるかと思いますけど。

Q「ご発注ありがとうございます」は失礼?

ご発注ありがとうございます。

この文章は不適切でしょうか。
とある受注で、この文章を顧客に対して使用した同僚がいます。
この同僚と私の上司に、Aさんという者がいます。
Aさんは「ご発注は間違い、ご注文が正しい」と、
事務所内で影で揶揄しています。

私は別におかしいとは思いませんでしたし、
フレーズでググっても相当数ヒットします。
それに、この上司は日本の大学を出ておらず、
米国の大学しか出ていません。
そして、遵守を「そんしゅ」と読んだり、
文書で「貴社」ではなく「御社」と記したりするので、
この上司の指摘を疑ってしまうわけです。

ご発注ありがとうございます。

は誤りでしょうか。

Aベストアンサー

お呼びでしょうか。

>ご発注頂き…ならば別に問題ないと思います。

丁寧の「ご」+相手の行為である「発注」+するを丁寧にして「頂き」でいいかと。
まあよりよいとするなら「して頂き」か「賜り」でしょうけど。

>「ご発注は間違い、ご注文が正しい」
の部分についてのみ言うならば、これはどちらでもその後の言い回しさえおかしくなければ何も問題ないと思います。
私でもどちらも使うと思いますが、前の方の「誤発注」のイメージがやはりありますので、使いづらいのは確かでしょう。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q旧姓、ペンネームなどで仕事をされている方へ質問です。

現在、主婦業のかたわら、イラストやデザインの仕事などをチョコチョコ請け負っています。

この先少しずつ仕事を請け負う量を増やしていこうと思い、色々な理由から名刺を旧姓で作ろうと考えています。

こういった場合、旧姓やペンネームで仕事されている方はどこまでその名前を使っていますか?

○名刺
○請求書
○通帳
○領収書 ...など

申告はもちろん本名ですが、名刺以外は申告に絡んでくるので、結局ほとんどは本名じゃないとだめなのかなぁ。そうするとまた、名刺と請求書の名前が違うのもややこしいなぁ。なんて考えております。

この他にも、本名以外の名前を使う上での注意点などありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

すみません、1のものです。

追記ですが、本名と旧姓をつかいわけている事は今までは結構面倒でした。(時々どっちだったか?なんて間違えてしまうし/笑)
しかし、今はすっかり慣れて、今まではいちいち、請求書と名刺の名前が違います、、、などとクライアントや仕入先に説明していましたが、最近は特になんの説明もせず、契約書の署名も、請求書も渡した名刺と違う本名を記入しています。

変な話ですが、通常旧姓は一生変わらないものなので、私は事務所の名前にも入れてしまっています。友人にもそういう方が多いです。

なので、momomoll さんの場合も、ご自分のご意志次第だと思いますよ*
もちろん、名前をきっちり統一してしまったらスッキリするかも、、。実は私も時々本名にしちゃおうかな?なんて迷う時もあります。

Q税込5万円の請求書を作成したいと思っています。

税込5万円の請求書を作成したいと思っています。

ところが、
(1)本体価格を47,619円にすると、消費税が2,380円で、合計49,999円
(2)本体価格を47,620円にすると、消費税が2,381円で、合計50,001円
となってしまいます。

この場合、請求書の表記はどのようにすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

本体価格 47,619円4銭76厘1毛  消費税 2,380円95銭23厘9毛

合計 50,000円 請求致し申す


・・・・・・


なんてね。

もともと税込み5万なのだから、端数が出るのは当たり前

どちらかを切り上げどちらかを切り下げて5万にしておけばいいのです。

個別の請求で1円程度の端数表示にあまりこだわる必要なし。

納付消費税=仮受消費税-仮払消費税

と、決算期間における会社全体の取引額での計算が求められますから。

Q請求書の番号のふりかた

今までは個々に番号を振っていた為、統一されておらず整理をしたいと思ってます。
そこで管理番号の振り方を思案中です。

まず、発行する書類は以下です。
●見積書
●受注書
●出荷指示書
●請求書

上記のナンバーリングは、それぞれがリンクするように1番最初に出す見積書の発行日付を固定し、その日に発行した番号の続き番号、あとは各書類の種別で発行しようと思います。

1月1日に1枚目の発行した見積書ならば、
  20120101-01-A
  ※日付を西暦からで、次に-01-はその日の1枚目、Aは見積書の意味。
受注書の番号は、
  20120101-01-B
  ※Bは受注書の意味。受注が例え1月1日に貰わなくても、頭の日付箇所は固定。


ここまでは大丈夫と思いますが、
請求書は、これらの幾つかの分を月締めで請求書を出す際、番号振り方がまとまりません。

方向としては、個々に注文を受けたものを、請求書で出したときに、見積書とリンクをしたいです。

番号を振る際に、請求書から遡って見積書を見直すときがあります。
それをスムーズに後追いできるように、見積書発行番号、出荷指示書番号などと請求書発行番号が分かりやすいようにしたいです。

良いご提案をお願いいたします。

今までは個々に番号を振っていた為、統一されておらず整理をしたいと思ってます。
そこで管理番号の振り方を思案中です。

まず、発行する書類は以下です。
●見積書
●受注書
●出荷指示書
●請求書

上記のナンバーリングは、それぞれがリンクするように1番最初に出す見積書の発行日付を固定し、その日に発行した番号の続き番号、あとは各書類の種別で発行しようと思います。

1月1日に1枚目の発行した見積書ならば、
  20120101-01-A
  ※日付を西暦からで、次に-01-はその日の1枚目、Aは見積書の意味。
受注書...続きを読む

Aベストアンサー

説明不足で申し訳ありません。
>例えば、月の第一週は、1234 よりの連番で、月の第二週は、頭を2にしての連番です。
について、私は次のように発番しています。

「1」234の最初の1は、月の第1週とし、第2週は、「2」235などのように、頭を2にしています。
後の下3桁は、「いいあんばい」です。(できるだけ意味を持たせないようにしていますが・・・)

またまた、余談ですが、私の場合、Ans 1. に加えて、発番の一部に、請求した地域もコード化しています。

このようなにすることにより、
(1) どのような作業を行ったのか
(2) どの地域で作業を行ったのか
(3) いつ発番(つまり、発生)したのか
請求書などの番号で、明確にできています。(2011年より、私は、採用し実施しています)

尚、あくまでも私自身、細々と個人事業主としての活動で、質問者さまの的にあっていなかったら、ゴメンなさいね。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「精一杯がんばります」を言い換えると?

クライアントから、かなり難しい案件を任されました。
しかし、今後につながる大切な仕事なので、良い結果を出すために全力を尽くしたいと思います。

そこで、その旨を伝えるべく、返信のメールを出す段になって、はたと困りました。

ビジネス文書なので、もちろん「精一杯がんばります」とは書けません。
「鋭意努力します」なども考えたのですが、仕事はそもそも一生懸命するのが当たり前なので、「がんばる」とか「努力する」とかいう言葉は使わない方がいいですよね。
「尽力」などは、自分のことにはあまり使わないし、傲慢な感じ(押し付けがましい感じ)がすると思います。

そこで、質問です。
謙虚な感じは残しつつ、全力で取り組むことをアピールするのに、ぴったりな表現はないでしょうか。
皆様のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

「○○様(貴社?)のご期待に添えますよう、社員一同全力をもって取り組んでまいりたいと考えております。」

というかんじではいかがでしょうか?

Qその日程で大丈夫!と取引先に返事したい

急いでます。宜しくお願いいたします。

取引先(お客様)からいただいた
打ち合わせ日時の案内メールに対して
「その日、その時間で大丈夫です。」と返事をしたいのですが
どうやって書いていいのかわからなくて困ってます。

不在の上司のかわりにメールをするので
ちゃんとした、失礼のない文面にしたいのですが・・・

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

メール返信の形で、

ご連絡を誠に有難うございます。
下記承知いたしました。
それでは○月○日○時にお伺いさせて頂きます。

で良いのでは?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報