アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

税理士さんの中には、資金調達のサポートをされている税理士さんもいらっしゃるようです。
税理士さんの業務内容に『金融機関と連携を取り、融資の交渉をします、』と、書かれている税理士さんもいらっしゃいますが、銀行とどんな交渉をされているのでしょう?

質問者からの補足コメント

  • 銀行と交渉をして、融資が実行された場合は、融資額の5%が報酬だそうです。

      補足日時:2016/07/28 16:02

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

銀行員です。



最初に答え「税理士はロクに交渉をしません」
税理士がやることは、借主に対してアドバイスをすることです。
こういう税負担を軽減できるから、こういう風に銀行員に言った方がいいよ。とか。
基本的に交渉はしません。

銀行員も税理士を交渉相手と認めません。
銀行が知りたいことは
いくら必要なのか? いつ必要なのか?
何に使うのか? いくらなら返済は可能か?
返せなかった場合どうするのか?
など
こういったことを知りたいし、交渉しなくてはいけないのですが、借主と話たら全部分かるんですよね。
そういってたわけで、税理士を仲介するような借り手はほとんどいないし、相談を受けたらやめたほうがいいとアドバイスします。

ちなみに
銀行はデータ主義です。データ主義なのですが、根っこの根っこは人間を見て判断します。
理解しがたいかもしれませんが、その人の熱意などを見て感じ取って貸したりします。
いや、本当に、やる気と将来を感じたら、現状明らかにダメだったとしても、資金をだします。
交渉を税理士に任せる人を、少なくとも私ならマイナス要素で考えます。

なんか、言いたいことだけ言ったような気がしますが、
とにかく、税理士はおよそ交渉らしい交渉をしません。過度な期待はしないほうがいいでしょう。
    • good
    • 0

質問にあるように税理士さんの業務内容であって、税理士の業務ではないのです。


税理士である一個人が経営コンサルタント的にということなのでしょうね。

ですので、税理士として社会的評価のある先生が事業内容や資金繰りの説明を事業主に代わって行うというぐらいでしょう。

悪く言えば、そのような交渉を代理で行うことは、法的に認められた行為ではないため、金融機関がそれを聞かなければならないものではありません。さらにいえば、事業主の意立会いや追認がなければ、税理士が言ったことを融資の審査に入れることも問題なのです。

税理士試験や税理士に必要とされる知識に融資審査などの分野は全く含まれていません。ですので、その税理士次第ということではありますが、税理士の職務上、税理士自身の経験や学習などによって、税理士業務とは別に提供するサービスということでしょう。ただ、一般の人以上に勉強しているからそのようなサービス・業務を提供するわけですから、融資の審査項目や審査に有利に働くような説明や事業計画などの策定にも関与してくれるはずです。当然不勉強な素人の融資申し込みに比べてスムーズかつ有利な審査となるでしょうね。

TKC全国会などに加入している税理士向けに、TKC全国会が一部の金融機関などと連携して対応しているというものもあるようです。そのほかの団体との連携もあります。単にこのような連携にプラスアルファで交渉資料の作成や交渉時の立会のみを提供している税理士もいることでしょうね。

私の見た感じでは、税理士の先生で融資関係まで関与することは少なく、公認会計士兼税理士となるような先生が融資や事業計画などの婚s奈留的なことに関与していることが多く感じますね。公認会計士の資格制度上、経営コンサルできるかもしれない資格試験ですし、監査法人等の勤務実績からも言えることでしょう。そのため、公認会計士が独立のために無試験で税理士登録し、税務や会計の業務を提供しつつ、経営コンサルの部分としての融資などの業務を行うのでしょう。
税理士の業務ではなく、公認会計士の業務としてであれば資格者の業務として扱えることでしょうね。税理士が扱うときには税理士資格を持った一個人が専門家が関与というだけでしかありませんがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2016/08/03 16:18

大したことはやってないですよ。



税理士の本来の仕事は、
・税務代理
・税務書類の作成
・税務相談
・これに付随する業務等 です。

金融機関と「交渉」するのは税理士本来の業務ではないし、また銀行側から見たら税理士だから何か特別に配慮しなければいけないという事情もありません。まして守秘義務の問題もあるから、税理士単独と話をするのは嫌がるでしょう。

その税理士が、日頃その銀行と深い取引関係にあるとか、その銀行に影響力を持っているというなら別ですが、そうでないならその「交渉力」に過度の期待をかけるべきではないでしょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローン金利は銀行ごとに違うのですか?

住宅ローン金利は銀行ごとに違うのですか?


私は、住宅ローンを都市銀行で組んでいます。

知人は地方銀行で組んでいて、互いに変動金利の為、金利見直し月の際

私は変更なしだったのに対し、知人は金利が上っていたそうです。

やはり、都市銀行と違って地方銀行は金利の上がりが多いのでしょうか?

また、地方銀行でも銀行の大小によって違ってくるのでしょうか?

知人は、これから先が心配だと言っていました。

どなたかその辺に詳しい方、教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資なら、銀行は窓口として代理業務を行っているだけなので金利等は銀行によって変わることはありません。
銀行自身による融資(プロパー)の場合は、顧客の銀行への貢献度(取引実績)や信用度により審査基準や金利、最大融資金額等が異なってきます。
つまり銀行によってそれぞれ異なるということで、利用者はもっとも有利な金融機関を選択することが重要になります。
銀行、信用金庫、農協等々、審査は通り易いが金利が高い、金利は低いが審査が通らない等いろいろあります。

Q開業資金調達について

日本の起業家が一番多く行っている資金調達の方法はなんですか?どこから資金を調達しているのでしょうか?
銀行?公的機関?
それとも投資家?
アメリカでは個人投資家からの調達が多いらしいですが日本もそうなのでしょうか?

Aベストアンサー

物の販売等の起業の資金調達については通常、国民生活金融公庫等の公的機関からの調達が殆どです。しかし、IT業界では特殊な機能を持った物を開発した者には投資家が出資する場合もあります。また、証券投資、不動産投資の場合は優秀な人材には海外の投資家が出資し、運用資金も提供しているケースもあり、様々です。株式、不動産については数千億円の資金を調達できるケースもあります。

Q新生銀行の夏のボーナス特別金利キャンペーンはありますか?

新生銀行の「夏のボーナス特別金利キャンペーン」というのが
ありましたらその時期を教えて下さい。

あるとすれば、昨年のキャンペーン期間はいつでしたか?

下記サイトのように、既にキャンペーンを行ってますが
http://www.shinseibank.com/campaign/0805yen/index.html
「夏のボーナス」にターゲットを絞ったキャンペーンはないのでしょうか?

今年7月から振込手数料無料回数が1回となるらしく
200万円の定期預金で、無料回数を5回にするのが目的で
どうせなら金利のいい時期の方がいいかと思いまして...
 

Aベストアンサー

>昨年の何らかのキャンペーンはもっと金利が
>よかったと思うのですが...

他ネットバンクなどでも、大概金利が下がっています。去年より全体的に金利が低下傾向なのです。

そして、手数料サービスが変更(改悪?)されたように新生銀行もそう簡単に顧客にお金をばら撒けない状況ということもありそうです。

Q連帯保証人について 主人が住宅ローンの金利の引き下げ交渉に銀行に行きました。 先程、銀行から電話

連帯保証人について


主人が住宅ローンの金利の引き下げ交渉に銀行に行きました。
先程、銀行から電話があり明日、夫婦揃って来て下さい、と言われたそうです。

妻である私が連帯保証人になっているのですが、恥ずかしながら、私には主人に内緒で借金があります。

銀行から主人に言われてしまうのでは?とビクビクしています。

借金をしたのは子供の学校関係のためにしましたが、どうしても主人に借金のことは言えず今まで来ています。

連帯保証人である私のことは銀行から主人に伝えられますか?

Aベストアンサー

銀行員です。

銀行から借入のことが、ご主人さまに伝えられることはないです。
いま秘密順守が非常に厳しい時代です。銀行員がチラッとでも言う事はないでしょう。
安心してください。

「夫婦で来店してください」の真意は、話の進行によって変わるので測りかねますが、恐らく金利引下の書類に保証人の印鑑が必要だからです。もし印鑑を持ってきてくれ、と言われていないなら、単なる話だけです。

それでも、どうしても不安だというならば、銀行に行く前に先手を打って、銀行員に「借入のこと秘密にしてちょうだいね」と一言いえば、銀行員の口は死ぬほど固くなるので、こういう保険かけてもいいですね。ちなみに、住宅ローンのある銀行ではなく、他の銀行にローンがある場合は、そもそもそういう心配をしなくても大丈夫です。

金利引下げが上手くいくことをお祈りします。

Q銀行で外貨両替の際の外貨はどこから仕入れるのでしょうか?

 トリビア的質問で恐縮です。
 最近円高が進み、海外旅行や取りあえず外貨に両替するために、銀行で長い行列が出来ています。私も少しUSドルに替えましたが、その際、銀行員に「USドルはどこで仕入れするのか?」と質問したところ、「親会社(親銀行)から運んでくる」とのことでしたが、再度、「親銀行はどこで仕入れするのか?」と質問したところ、「分かりません」とのことでした。
 そこで、質問ですが、
(1)USドルやオーストラリアドルは、どこで仕入れるのでしょうか?
(2)今の様に円高が進む時期では、仕入れ値が売値より高くなり銀行が損をする様な傾向があると思うのですが、どの様に価格設定をしているのでしょうか?
 以上2点を教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 為替は、数字を計算し帳簿に載せます。実際に紙幣が動くわけではありません。一般に金融機関はそれぞれの国の中央銀行に口座を持っていて、(大手の銀行では、他国の中央銀行や一般銀行にも口座を持っているのが普通です。)外国為替による送金などは、この口座の間の数字で決済します。実際に紙幣が動くことはありません。=通貨交換の手数料が安い。

 ところが、個人が旅行などに行く場合、トラベラーズチェックを使えば紙幣は移動しませんが(だから、トラベラーズチェックは、紙幣より手数料が安い。)、空港で出発する時に円紙幣をドル紙幣に換えることもあります。
 逆に外国人が日本にドル紙幣を持ってきて、空港で円紙幣に両替する時もあります。

 外国から持ち込まれるドル紙幣と、外国に持っていくドル紙幣の数が同じなら、基本的に問題は少ないのですが、現在は日本に旅行に来る外国人が使うお金よりも、外国に旅行に行く日本人が海外で使うお金のほうがかなり多い状況です。
 また、日本人は外国人より為替や小切手の利用が少なくて現金の利用が多いので、常にドル紙幣がたりなくなります。
 アメリカドル紙幣を発行できるのはアメリカ連邦準備銀行(=アメリカの日銀のようなもの)だけなので、アメリカから運んでくるしかありません。

1)一般に行われる実際の手段としては、
 日本の銀行は東京外国為替市場(後で説明します。)で、円をドルに換え、そのドルをアメリカにある自分の銀行の支店に送金(現金は動きません。帳簿上の数字だけです。)します。
 アメリカの支店では、その送られてきた数字上のドルを、アメリカの銀行に数字上で支払い、実際の紙幣を受け取って(数が足りなければ、アメリカ連邦準備銀行の支店に取りに行きます。)、日本に空輸します。

 日銀がこのようにして入手したドル紙幣を持っている場合もあり、銀行各社も自行やほかの銀行がアメリカから以前空輸したドル紙幣をある程度の額を持っていますので、足りないときは日本国内で相互に融通します。

 現金の場合、この紙幣取扱い手間がばかにならないので、交換レートがかなり悪いのです。
 (一般に3円かかります。外国為替市場の為替レートが1ドル=100円=中値なら、1ドル売ると97円しか円がもらえないし、1ドル買う時には103円かかります。)

2)外国為替市場(銀行同士や企業が相互に帳簿上でお金を交換するシステムのことで、昼間だけ運用されます。東京外国為替市場という場所や建物はありません。)で通貨を交換した時点で価格が決定します。
 一度円からドルになってしまえば、紙幣でも帳簿上であっても、常にドルはドルですから為替変動の影響はありません。

 為替は、数字を計算し帳簿に載せます。実際に紙幣が動くわけではありません。一般に金融機関はそれぞれの国の中央銀行に口座を持っていて、(大手の銀行では、他国の中央銀行や一般銀行にも口座を持っているのが普通です。)外国為替による送金などは、この口座の間の数字で決済します。実際に紙幣が動くことはありません。=通貨交換の手数料が安い。

 ところが、個人が旅行などに行く場合、トラベラーズチェックを使えば紙幣は移動しませんが(だから、トラベラーズチェックは、紙幣より手数料が安い。)...続きを読む

Q債務超過でも資金調達できるの?

債務超過でも、事業資金の借入はできるのでしょうか?
知り合いの社長さんから質問されましたが、私には借入の経験がまだないので、サイトで調べると債務超過でも今後の事業の展開が見込める事業所であれば、事業資金の借入は可能になった。と言う記載がありました。
実際には、どうなんでしょう。債務超過で事業資金を借り入れた経験のある方の回答をお願い致します。

Aベストアンサー

会社の規模や経営内容、債務超過の内容が不明なので何とも言えません。
従来の借入金が正常返済中で営業利益が黒字なら借入可能だと思いますが、
担保がなければ保証協会付き融資か公庫での融資となりますので審査結果次第です。
あと将来性のある商品や技術があればそれを担保に融資する金融機関もあるでしょう。

Q過去の銀行の定期金利の動向を調べる方法

過去の銀行の定期金利の動向を調べる方法を教えてください。何行かHPを探したけどなかったので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金融機関に勤務している者です。
定期預金は、預入金額と預入期間によって金利設定が違いますから、それらを限定しないと難しいかもしれません。

例えば、「中央ろうきん」の「定期預金(スーパー型)5年」ならば、
http://chuo.rokin.com/tameru/kakutei_yokin_k.html
↑こんなカンジです。

Q非上場企業の資金調達

非上場企業は銀行融資や社債発行だけで資金調達できるものなのでしょうか?

また、VCや親会社から借入れ、以外で
主にどんな資金調達方法を使用するのでしょうか?

Aベストアンサー

非上場企業の社債発行は需要が少ないため例外を除き不可能でしょう。ほとんど融資に頼っているのが現状だと思われます。

それ以外の資金調達としては、以下の支援機関及びエンジェルから、融資、新株の引き受け、債務保証などの支援を受けられます。

<政府系金融機関>
国民金融公庫、中小企業金融公庫、商工組合中央金庫、日本政策投資銀行

<その他機関>
ベンチャー企業総合支援センター、中小企業総合事業団、中小企業投資育成株式会社、ベンチャー財団

Q沖縄の銀行の金利はなぜ高め?

沖縄の銀行の金利はなぜ高め?

全国の銀行の定期預金の金利を比較していると、沖縄の銀行の金利はちょっと高めのようです。

ネット銀行であれば、人件費や店舗代が抑えられるとのことで、金利が高いのは理解できますが、沖縄の銀行に関しては理由が分かりません。

沖縄ということで税負担が安いのでしょうか?
また、所得水準が低いことが関係しているのでしょうか?

Aベストアンサー

貯金の獲得競争らしいです。
2010/02/19 <沖縄タイムス>
沖縄3行 預金獲得に熱 貯蓄志向追い風

参考URL:http://www.teiki.jpn.org/news/detaile_20100219.html

Q新生銀行の住宅ローン、電話での交渉について

新生銀行の住宅ローンを契約しようとしている者です。

長期固定ローンを選択する場合、新生銀行では融資実行日ではなく、電話で「契約」する時の金利が選択できるのです。

担当者の方に、「11月の金利が下がったので、11月の契約はいかがでしょうか」とご丁寧に連絡があったので、急いで11月29日に契約しました。
これまですべて電話のみでの対応でした。今後も窓口に行くことはなく、送られてきた契約書や書類にサインして送り返すだけで融資が実行されます。

そしたら12月の金利が0.1%下がったので、まだ契約書にはサインしてないからなんとか12月の金利を適用させてくれないかと電話したところ「できません」「変更するには、現在の契約を電話でキャンセルして、必要書類を一からまたそろえて、審査を通さないと出来ない」という返答。

大金なので0.1%でもかなり違ってくるのでなんとかお願いできないかと思っているのですが。。。まだ契約書にサインはしてないし。。。

このような経験のあった方、いらっしゃいますか?
またどのように言えば変えてくれるかもとアドバイスなどありましたらよろしくお願いします。

新生銀行の住宅ローンを契約しようとしている者です。

長期固定ローンを選択する場合、新生銀行では融資実行日ではなく、電話で「契約」する時の金利が選択できるのです。

担当者の方に、「11月の金利が下がったので、11月の契約はいかがでしょうか」とご丁寧に連絡があったので、急いで11月29日に契約しました。
これまですべて電話のみでの対応でした。今後も窓口に行くことはなく、送られてきた契約書や書類にサインして送り返すだけで融資が実行されます。

そしたら12月の金利が0.1%下が...続きを読む

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

逆はよくあったんですけれどね。
「金利が上がりそうだから、金銭消費貸借契約や融資実行を前倒しにするようお客さまと相談する」とか「金利が下がりそうだから、金銭消費貸借契約や融資実行を翌月にできないかお客さまと相談する(業者にとっては入金が先送りになり、業者の資金繰り関係にも影響するため、業者とも相談が必要)」ということは。

『(金銭)消費貸借契約』自体は『要物契約』なんですけれど、金利の設定をどのように行うか…については別の話になります。
『金利の設定』ですから、実際に『契約の対象物』の授受の必要もなく(授受する『物』が存在しませんし)、「契約当事者の意思表示の合致だけで」成立する『諾成契約』となり、『諾成契約』は「口約束でも契約が成立」するんです。
ましてや、ご質問者さまも「長期固定ローンを選択する場合、新生銀行では融資実行日ではなく、電話で『契約』する時の金利が選択できるのです。」ということをご存知で、そのうえで、「電話で『契約』する時点の金利を適用することを選択した」ということになります。
契約書への署名捺印は、残念ながら『関係ありません。』

ですから、現在の『申し込み』を一旦取り消し(=辞退)して、再度『申し込み』を行う…ということになってしまうと思います。
そして、再度新生銀行へ申し込むにしても、別の金融機関へ申し込むにしても、手間は殆ど変わりません。
一旦提出していただいた申込書類は返却しませんので(これはどの金融機関でも同じです。私の勤務先でもそうです)、新生銀行の「必要書類を一からまた揃えて」という言い分も間違ってはいません。
また、申し込みがある程度前に行われていれば、公的証明書類は規定上の『期限切れ』ということもありますしね。

ただ、11月29日ならば、12月に住宅ローンの金利が全般的に『下がるであろう』ことは「予想の範囲内だった」と思います。
住宅ローンの『変動金利型』や『固定金利選択型のうち固定金利期間が短いもの』の金利は『短期プライムレート』が基準となります。
『固定金利型』や『固定金利選択型のうち固定金利期間が長いもの』の金利は『10年物国債』の動向を見れば、どうなるだろうか…という判断がつきます(絶対とは言いきれませんが)。
こちら↓のサイトは、『長期金利』の推移を示しているページなのですが、
http://www.bb.jbts.co.jp/market/index_kinri.html
これを見れば、11月に『長期金利』がどんどん下がっていることがお分かりいただけると思います。
この状況を見て「12月は(住宅ローン金利も)更に下げざるを得ないんじゃないかなぁ…。」と思わないようでは、金融機関の人間として(少なくとも『金利』というものが何らかの形で係わる部署の人間として)どうかと思います。

新生銀行の担当者は、それを知ってか知らずか…。
『知って』いながら11月29日に契約をさせたとなれば「ちょっと不親切」。
『知らず』だとしたら、銀行の住宅ローン担当者としては勉強不足が過ぎると思います。
そう考えると、借りる側としては「(銀行が)組織として『少しでも金利が高いうちに契約をさせてしまえ。』という姿勢でいたのでは?」という疑念も沸くでしょうね(当然に、高い金利で契約していただいた方が、銀行は『儲かります』からね)。

もちろん、契約内容についての『判断』は、申込者が自身の責任で行っていただかなければなりません。
お客さまの側も、住宅ローンを申し込まれたのならば、『市場(金利)の動向』には留意していていただきたいとは思います。
それが借り手の『責任』だと思います。
ご質問者さまも、ご自身の『判断材料』を持たないばかりに、銀行の担当者が言うことを鵜呑みにされてしまわれた訳でしょう?
万が一にも担当者に『悪意』があっても、見抜く目を持たなければ「されるがまま」になってしまいますよ。
そうならないためにも、ご自身で『判断材料』を手に入れてください。
『少しでも有利に借りたい』のならば、借りる側もそれなりに勉強することが必要ではないでしょうか。

住宅ローン審査経験者です。

逆はよくあったんですけれどね。
「金利が上がりそうだから、金銭消費貸借契約や融資実行を前倒しにするようお客さまと相談する」とか「金利が下がりそうだから、金銭消費貸借契約や融資実行を翌月にできないかお客さまと相談する(業者にとっては入金が先送りになり、業者の資金繰り関係にも影響するため、業者とも相談が必要)」ということは。

『(金銭)消費貸借契約』自体は『要物契約』なんですけれど、金利の設定をどのように行うか…については別の話になります。
『金...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報