着火剤ばかり消費してなかなか火が安定しません・・・

A 回答 (6件)

1. 空気の流れを作ること。

 熱気で空気が上昇することを利用すると、あおがなくても全体に着火することができる。 そのような火おこしみたいなものもあるし、大きな空き缶とかでも代用できる。 炭を煙突のような形に積み上げると似たような効果を得ることもできる。 

2. 固い備長炭とかはつきにくい。 オガ炭のような安いものを下のほうに利用すると、点火しやすい。

3. トーチみたいなもので下から火をつけたほうが早い。

着火剤は特に必要ないけど、使うならその上に炭を積み上げ、着火剤が燃えているときに炎が上に積んだ炭に届くようにする。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。

お礼日時:2016/08/26 11:59

木炭が湿っているなら天日干しをしてから使います。


空気の入口が必要です。炭火が安定するまでコンロの下窓を開けてウチワで送風します。こうぢて、炭から炭に着火させます。空気は下から入り込むようにセッティングします。
    • good
    • 0

火が燃える3つの条件


①熱 ②酸素 ③燃えるものがある

この3つの条件に合うように炭なり、まきを組みます。
私も面倒なので最近は着火剤を使いますが、以前はガスであぶって火種を作って、下記の要領で火釜を作っていました。
質問者様は着荷剤を使われるようなので、着火剤を中心に熱がこもるようにコンパクトに。
酸素が入りやすく抜けやすいように、具体的には円錐形の形に。
着火剤に付いた火が届くところに炭(薪)を立てて(立てかけて)組みます。
最初は火種を作るために細いものや、立てかけられるような形のものを選びます。
火が弱いようなら、空気がなるべく下から上に抜けるようにあおぎ(吹き込み)ます。
火種ができたあとも上記のことを念頭に、火釜を広げながらも立体的に組むような意識で炭(薪)をくべていきます。
まぁ、安定した火釜ができてしまえば適当に放り込んでも火が付くかもしれませんが。
    • good
    • 0

炭を筒状にに積み上げて、その中央に着火剤を入れて点火します



    • good
    • 0

本来、着火剤を使えば着く筈なんですが、着火剤の上に三角垂のように炭を立て、空気を入れるようにして内輪で扇げば着くと思います。

新聞紙を1枚ぐらい入れてもいいですが、直ぐに燃えて飛んでいくので丸めて飛ばないようにしておきましょう。炭も最初は選んで筋の多いものにして、火種を作るようにしましょう。最初からゴツいのには着きにくいです。
    • good
    • 0

最初は炭を山盛りにしていたほうが、火が付きやすいと思いますよ。

全体が燃え出したら山を崩します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめの着火剤を教えてください。

こんばんは。おすすめの着火剤を教えていただきたく質問させていただきました。よろしくお願いします。

先日2回ほど庭でバーベキューをしたところ、火おこしの際に白い煙がモクモク出てしまいました。ご近所にご迷惑をかけてしまったかな・・・と思い、もう庭ではバーベキューは無理かなと残念に思っていました。何とか煙が出ない方法はないかと、教えてgooで過去の質問を調べていたところ、私は着火剤にチャコールブリケットを使用していたので、そのせいで煙がモクモク出たようだと判明しました。しかし、着火剤は液状のものが煙が少なくてお勧め、という方がいれば、液状はよくない、バーナーは炭が爆ぜたりして危険、など・・・いろいろな意見があり、結局のところどんな着火剤が適しているのか決めかねています・・・。

煙が少なく、おすすめの着火剤がありましたらぜひ教えてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プロに教えてもらった、お悩みが一発で解決する着火剤がありますが、中々ホームセンターやアウトドア専門店でも置いている所は少ないのでネットで買うと良いと思います。

その名は防水ファイヤーライターhttp://review.rakuten.co.jp/rd/2_190756_334681_0/ 

のレビューを読んでもらっても分かりますが、ひとかけらにマッチで火を着ければ10分程度は強い炎が出ますから、その上に薪でも炭でも並べておくだけで、道具も紙みなにも要りません。団扇さえ必要ありません、魔法のような着火剤です。
燃え方によって積み方を少し移動する程度で、確実に着火しますし煙殆ども出ません。

液体系は危険が伴いますが、これは安全で持ち運びに保管にも小さくて便利です。家では3パック程度をまとめ買いしますが、1度に1個のと用ですから半年以上はあります。

他の着火剤とは次元の違いか有ります。

プロに勧められて以来、これ以外の着火剤は不要になりました。

Q火を使わない夕食

1泊2日でカヤッキングに行きますが、岸辺にテントで一泊します。
初日の昼食、夕食、二日目の朝食、昼食を持参しなければならないのですが、テント、寝袋などを含めた全ての荷物をカヤックに積んでこがなければならないため、できれば荷物を少なくしたいと思っています。
その後に別の場所に一週間宿泊するための衣類などの入った旅行バックも持参していますので、できればコンロや鍋を持参せずに、火を使わないものをと思っています。
朝食、昼食はサンドイッチですませようと思っていますが、夕食のメニューに困っています。事前に調理したものを冷凍しておいて自然解凍でもおいしく食べられるものなど、何かアイデアがありましたら、是非よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず荷物をコンパクトにするという目的だけなら、私ならコンロは持っていきます。なべは別になくても問題ありません。シェラカップひとつあればお湯は作れますし、缶詰を開けて直接火にかけることもできます。温かい食事のメリットは大きいです。他の理由で持参したくないというのであれば、おいしいはある程度犠牲にしなくてはなりません。行動食としては、すぐれたものがたくさんあるのですが、私はナッツ類と甘めのクッキーがあればいいと思います。自然解凍でおいしく食べられるものといえばカニかチーズケーキあたりを思い浮かべますが食事としてはおいしいといえるかどうか。フリーズドライのビシソワーズというのもあります。冷たい牛乳で戻ります。おいしいけれどこれだけ食べても食事としてはどうでしょうか。屋外で、特に寒いときは、温かい=おいしい、と私は思います。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/asuzacfoods/6682/

Q火のおこし方について

先日女友達6人でキャンプに行ったのですが、炭に火をつけるのにかなり苦戦してしまいました(>_<)!あれはうまくつけるコツなんてものはあるのですか?今後の参考の為にも教えていただきたいです☆ちなみに着火剤は固形の物を使用しました!

Aベストアンサー

こんばんは。
私も女性ですが 最初慣れるまで炭に火をいこすのに非常に難儀したのを覚えています。
 
スムーズに火をいこすにはコツがあります。

(1) 【最初は燃えやすいものから順に燃やしていき、最後に炭に着火するようにするのが一つ目のコツです。】
順番に言えば
ねじった新聞紙(ねじる事でゆっくり燃えます。)・よく乾いた木の葉→(割り箸大の)小枝→ちょっと太めの小枝→炭
(※最初に新聞紙に火を付けたのは正解ですよ!)


(2) 【物は燃えるときに空気を必要としますので、枝や炭を燃やすときは適度に空気の通り道を造るのが二つ目のコツです。】
燃やす物は小枝でも炭でもキチキチに並べず、適度に空間を開けて立てかけるように置くと燃えやすくなります。
 
私的にはイゲタに組むよりも中心に向けて円錐(エンスイ)を作るように立てかける方が燃えやすいような気がします。(火は下から上に燃え上がる性質を持つ為)
ですので(1)で述べた燃えやすい物から順に中心に置き、外側に向かって小枝や炭などの燃えにくいモノを置いていくイメージでいこすのが良いのではないかと思います。

(3) 【ウチワなどで鬼ほど風を送ります】
あとは、モノが燃える為に必要な空気をウチワなどで送ってやるようにします。
 
◎上記のように燃えやすいモノから順に巧く火を付けていき、炭に一度火が起こればあとはなかなか消える事は無いでしょう^^
 
【番外編】
炭は一度 炎がボウボウになるほど燃やします。
ひとしきり燃えた後の炭は 炎が鎮まり赤くなります。
これを“オキ”と言い、適度に炭をくべれば長い間暖かさを保ちながらなかなか消える事がありません。
普通はこの“オキ”をまず作り、少し広げてから調理に使ったりします。
炎が欲しい時は 追加で炭をくべてうちわで扇ぎ炎を作ります。


他に ホームセンターやアウトドアショップでは、着火剤やバーナーなど 炭に火を付けやすくする道具が売られています。
固形の着火剤も良いですが、ゼリー状のモノのほうが火がつきやすいと友人は言っていましたよ。
こういったモノを巧く活用するのも良いかも知れません。
今度は巧く火が起きると良いですね~^^

こんばんは。
私も女性ですが 最初慣れるまで炭に火をいこすのに非常に難儀したのを覚えています。
 
スムーズに火をいこすにはコツがあります。

(1) 【最初は燃えやすいものから順に燃やしていき、最後に炭に着火するようにするのが一つ目のコツです。】
順番に言えば
ねじった新聞紙(ねじる事でゆっくり燃えます。)・よく乾いた木の葉→(割り箸大の)小枝→ちょっと太めの小枝→炭
(※最初に新聞紙に火を付けたのは正解ですよ!)


(2) 【物は燃えるときに空気を必要としますので、枝や炭を燃やすと...続きを読む

Q火おこし器ってどうですか?

お庭に、レンガでBBQコンロを作ったので、「ダッチオーブン」を使って料理を作りたいのです。やはり、女性でも簡単に火をおこしたいので、便利かな?なんて、思っています。
ちなみに「豆炭」を使います。

(1) やはり、「火おこし器」って便利ですか?特に、いらないですか?
(2) オススメの「火おこし器」を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。お庭でBBQコンロなんていいですね。

さて、ご質問にお答えいたします。
(1) 火熾し器は便利です。
(2) おススメの火熾し器は・・・条件によって、変わります。

火熾し器として私が頭に思い浮かぶものとして、前ご回答者様がご回答されているものとダブりますが、
a.鍋の下に穴が開いていてコンロ上に載せ、火を熾すもの
b.筒状の筐体を持ち、下に下火を持たせ煙突効果をもたらせて火を熾すもの
c.火熾しバーナー
d.送風機
の以上、4点あります。
それぞれの特徴として、
a.家庭内で簡単に火を熾すことを主体とした製品と見ます。
火熾しされる炭の量が少々少なめで、ダッチオーブンの上火(強)を使用するものなら、足りない恐れ。カセットコンロにはカセットガスが高温になったときのガス遮断安全装置がついているものもありますが、炭自体が高温になっている場合、カセット爆発の危険性はあります。ので、家庭でご使用されて、庭で炭火を熾していて忘れてた・・・などとならないような配慮が必要です。とはいっても、失敗のない火熾し器ですので、使い勝手はいいです。野外では、ガソリン2バーナーなどで火熾ししたりします。
b.上述のとおり、煙突効果をねらい火を熾す道具です。
理論として、下から熱せられた空気が上に昇り新鮮な空気を下方から吸気することで、酸素の循環を狙うと共に、その熱せられた空気によって上部の炭を熱することでさらに火が強くなります。よく、煙突を上に長くすると薪ストーブがよく燃えるのと同じ原理です。
よって、製品自体に機能としてのメーカ格差はほぼないと言えます。ホームセンターなどでは、きわめて簡単な(煙突を切り出したような)もので、600円前後?(記憶により定かではありません)ものもあります。但し、今後の使用頻度により耐久性があるものを選んだほうが無難かもしれません。熾きになるまで、20分~30分前後の自然放置が必要です。
c.野外BBQレストランでも使用されるとおり、扱いが簡単で、比較的平面状に広げた炭に着火が可能です。ただ、熾きになるまでの時間がかかり、食べた後で置き炭になった・・・などもあります。また、きわめて少ない量・・・卓上コンロの着火などにも威力を発揮します。(b.は少ない量だと、効果が半減します)
友人はキャンプでコールマンガソリン2バーナーのジェネレータプレヒートにも使用していましたので、これには便利だなと思いました。(プレヒートを終わらせているので追加ポンピングが不要)
d.うちわに代表されるものです。(うちわというと語弊があるかな?)
http://www.naturum.co.jp/item/item.asp?item=29621
をご参照下さい。これについては、一点集中にて連続で空気を送り込み
ます。火熾し始めや炭を追加したあとなどに使い、ちょっと火力が弱いときに一気に燃え上がらすのに便利です。電池も長時間使用可能です。

どれもすべていいものですが、ご家庭でとなると、b.かc.をお勧めします。
ロッジのキッチンダッチを使用している場合には、強くb.の
http://www.naturum.co.jp/item/442471.html?itemrank=1
を勧めたいとことです。理由は、この製品をダッチの上に載せ上火として使用できるからです。料理として、上火は欠かせません。

私は少々硬めのプラスチックケースに6kgの黒炭(豆炭は高価なので)、火熾し道具一式を入れキャンプ場に忘れ物なくもって行きます。
他の道具として便利なのは、
火消しつぼ・・・いらなくなったお菓子の鉄缶でOK
溶接用皮手・・・100円前後のホームセンターのものでOK
火バサミ・・・小さいトングなどが形状としても使いやすい
ジェルタイプ着火剤・・・新聞紙は灰が厄介なので
です。
着火が簡単な豆炭ならあまり必要ないかもしれませんが、コストパフォーマンスで黒炭の使用を考えるとなるとこれらはあったほうがいいです。

最後に・・・裏技として扇風機で送風火熾しもありですけどね。

こんにちは。お庭でBBQコンロなんていいですね。

さて、ご質問にお答えいたします。
(1) 火熾し器は便利です。
(2) おススメの火熾し器は・・・条件によって、変わります。

火熾し器として私が頭に思い浮かぶものとして、前ご回答者様がご回答されているものとダブりますが、
a.鍋の下に穴が開いていてコンロ上に載せ、火を熾すもの
b.筒状の筐体を持ち、下に下火を持たせ煙突効果をもたらせて火を熾すもの
c.火熾しバーナー
d.送風機
の以上、4点あります。
それぞれの特徴として、
a....続きを読む

Qバーベキューする時の火の起こし方

家族や友達同士でバーベキューやキャンプに行くとき,上手く火が起こせなくて困っています.いつも,新聞紙や枯れ葉といった燃焼物を大量に使用し,炭に火が移るまで待っています.しかし,上手く炭を組み立てると燃焼物を極力使わずに火を起こすことができると聞きました.そこで,炭の組み立て方を始めとした上手な火の起こし方を教えて頂きたく思います.

現時点で想定している状況は,以下の2つです.
1.バーベキューコンロで,炭とマッチやライターを使い火を起こす.
2.キャンプ場に設置されているコンクリート製のかまどで,薪とマッチやライターを使い火を起こす.

火の起こし方に関する情報でしたら,火の付け方・燃焼のコツ,バーベキューに持って行くと便利な物,キャンプ場にあって火を起こす際に流用できる物,等々皆様がお持ちの知識やアイデアを教えて頂きたく思います.

宜しくお願いします.

Aベストアンサー

>バーベキューする時の火の起こし方

                ↓

用意する物または現地で集めて利用可能な物
その中で、必要な要素として
「火付きの良い(燃え易い)物+火持ちの(火力&燃焼時間)良い物+着火道具」を用意し、揃った中で組み合わせを考えて火熾しをする。

◇火付きの良い物
新聞紙を野球ボール状に丸めた物・枯葉(松の葉があれば油分があり最高)・枯れ枝・ススキ等の枯れ枝や葉・板切れ(割り箸やカマボコ板含む)・わら

◇火持ちの(火力&燃焼時間)良い物
楢炭・備長炭・薪・丸太

◇着火道具
ライター・マッチ・チャッカーマン・ガスバーナー・ヒチ輪・煙突


(1)最初に火付きの良い物に、着火道具を使い→BBQコンロや石組みの中、ヒチ輪の何れかで燃やす。
<安易に、ガソリンや灯油の利用は、危険でありお薦めしません。>

(2)次に火持ちの良い物(火力の強い物)を組立(火の回りや風通し)燃やす。

(3)火力調節は、上記の燃えてる物の量と高さ、風の送り方で行う。


(4)火の熾し方では、用意出来れば、ヒチ輪が便利です。
ヒチ輪で炭や木材に火を付けてからBBQコンロへ移せば一発で解決です。

野外で、現地調達と工夫による場合には、松ぼっくり、ススキ、わら、枯葉や枝と積み上げた時の煙突(茶筒やブリキ缶で作る)、どうしても無い場合は炭や木材で上昇気流の逃げ道(煙道=煙突)を組み合わせ、工夫が、野外での火熾しには、大変、重宝&ポイントであります。


BBQは参加者のチームワークが決め手であり、楽しく、コミニケーション&飲みにケーションも盛り上がります。
そんな時に、躓き易いのが火熾しです→主催者や大人のリーダーシップ&活躍が試され、企画運営の成否の決め手ともなります。


libra007c様に於かれましては、是非、皆様方からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、BBQやキャンプの機会には、安全安心に心行くまで楽しまれますよう、祈念申し上げております。

>バーベキューする時の火の起こし方

                ↓

用意する物または現地で集めて利用可能な物
その中で、必要な要素として
「火付きの良い(燃え易い)物+火持ちの(火力&燃焼時間)良い物+着火道具」を用意し、揃った中で組み合わせを考えて火熾しをする。

◇火付きの良い物
新聞紙を野球ボール状に丸めた物・枯葉(松の葉があれば油分があり最高)・枯れ枝・ススキ等の枯れ枝や葉・板切れ(割り箸やカマボコ板含む)・わら

◇火持ちの(火力&燃焼時間)良い物
楢炭・備...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報