ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

銀河系は、何処の周りを公転しているのですか?
銀河系の公転速度は何キロですか?

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    科学者は、いろいろ仮説を立てます。
    数十年以上経て、その仮説が正しかった事が立証される事も、科学の世界では普通にあります。
    今分かっている事のみで答える事は、新事実を秘めた可能性を否定する事であります。
    銀河全体が回転している事は、スケールが大き過ぎて着いて行けませんか…。
    では

      補足日時:2016/08/07 14:02

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

2回目ですね、



私たちが所属する天の川銀河系(以下「銀河系」)は、アンドロメダ銀河をはじめ大小およそ50個ほどの銀河で、局部銀河群を構成しています。このなかでずばぬけておおきいのは、アンドロメダ銀河、銀河系、さんかく座銀河ですが、いずれかが中心でまわっているということはありません。

ただし、局部銀河群は現時点では重力的に釣り合った状態ではなく、銀河系とアンドロメダ銀河は、秒速約122kmで接近しており、約40億年後には両銀河は合体し、新しい巨大な楕円銀河になるといわれています。

局部銀河群(wiki)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%80%E9%83%A8 …

さらに局部銀河群は、近くにあるおとめ座銀河団に影響されており、かっては吸収されるとされていたのですが、最近は宇宙が加速度膨張していることから、最終的には吸収されないという説が有力になっています。

銀河の周りを公転している矮小銀河、球状星団のような小さいものをのぞくと、もっと巨大なスケールでの公転運動はないようですね。現在まで宇宙の大局構造のシミュレーションがスパコンを使用しておこなわれていますが、公転ということは現れていないようです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう

そうなんですか

お礼日時:2016/08/11 15:35

>宇宙のどっかに中心があって



そもそも、そのような中心は存在しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

・・・。

最初にビッグバンが起きた場所が中心で、そこから大きく広がって現在の宇宙が出来上がってると考えられますが…!

お礼日時:2016/08/07 11:53

公転していません。


よって質問は無意味。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

・・・。

宇宙のどっかに中心があって、その周りを多くの銀河が公転していると想像してます。
今の科学では、解明出来てないという事ですね❗️

お礼日時:2016/08/07 11:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽も公転してるの?

ものには重力があり、地球は太陽に、月は地球に引き尽きられているということはよく聞きます。

では太陽も公転しているのでしょうか?何かの重力によって決まった軌道があるんでしょうか?
まさか宇宙の中を浮遊しているわけじゃあないでしょうし。(もしそうなら太陽のそばを離れられない地球も、漂流してることになるし)
どの星もどこかの星の重力を受けているとは思うのですが、太陽系自体もどこかの星の周りをまわっているのですか?それともじっとしてるのでしょうか?
恒星は、重力同士がつりあってバランスよくいつも同じような配置になっているのでしょうか?

考えてるとわけがわからなくなってしまいます。

また、彗星ってありますが、あればどうして独自の決まった軌道なのですか?

wかりやすく教えていただくとありがたいです。

Aベストアンサー

太陽は直径10万光年の銀河系の中心から約28,000光年の位置で、一周
約2億2600万年で公転してます。決まった軌道かというとバルジといわれる
中心部だけでなく広く恒星が分布しており、引力の計算が膨大で観測も
百万分の一周もしてないので、一周で同じ位置になるかはわかりません。
周りの星も動いており、数万年単位では星座も形が変わります。
(参考URL に10万年後の北斗七星などあります。)
銀河系同士も近づくものがあったり遠ざかるものがあります。

彗星の軌道は、独自の決まった軌道というより、太陽に近いものは、太陽系
誕生の時か誕生から今までに構成物質がほとんど大きな惑星に吸収されたの
ではないでしょうか。太陽系のはずれにあるものが重力のバランスを崩し太陽に
落ちてきたものでしょう。その中ではずれに戻るときに木星や海王星に捕まり
数十年の周期の軌道になったものがよく知られています。有名なハレー彗星は、
ニュートンに教えられたハレーが軌道計算して、周期76年とわかった海王星族
です。

参考URL:http://www2.synapse.ne.jp/haya/cosmsurf/

太陽は直径10万光年の銀河系の中心から約28,000光年の位置で、一周
約2億2600万年で公転してます。決まった軌道かというとバルジといわれる
中心部だけでなく広く恒星が分布しており、引力の計算が膨大で観測も
百万分の一周もしてないので、一周で同じ位置になるかはわかりません。
周りの星も動いており、数万年単位では星座も形が変わります。
(参考URL に10万年後の北斗七星などあります。)
銀河系同士も近づくものがあったり遠ざかるものがあります。

彗星の軌道は、独自の決まった軌道というより...続きを読む

Q地球の自転、公転の速度

地球の自転、公転の速度を教えてください。
それと光の速さについても教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 光速を算出するのは少し物理学的な手法が必要ですが、自転公転の速度は(概算でよければ)小学生でも計算できます。

【自転】
 地球一周を赤道上で計るとおよそ4万kmくらいなので、これを24時間で割り算して
 4万(km)÷24(時間)=1666(km/h)
 ちょっと実感がわかない数字なので秒速に直してみると、およそ500m/sくらい(?

【公転】
 これを求めるためには地球が描く軌道の距離が必要です。地球は楕円を描いて太陽を回っていますが、ほぼ円に近いとして。公転距離=2πr×天文単位。
 天文単位は地球では1で、1天文単位=149576960kmと求められているので、公転距離はおよそ939819740kmです。これを365日で割って・・・260万km/day。
 全く実感がわかない数字になったので時速と秒速に直しておきます。時速=10万km/h 秒速=30km/s

 参考URLが時速だけは計算してくれています。今PCの電卓を起動してカタカタやってたんですけど、思ったより無茶苦茶に早いですね。

【光速】
 Maxwell(1831~1879)という物理学者が、理論的に光の速度を導き出したことは有名な史実です。光は、携帯電話やラジオに使われる電磁波(電波)の仲間で、これら電磁波は波長が違っても速度は全て同じ、およそ秒速30万km/sです。電話してても僕らの声が相手に遅れずに届くのも電磁波の速さのお陰?
 上に地球一周の長さ(4万km)を出しましたが、これによると光は1秒で地球を7周半する計算になります。公転自転もべらぼーに早かったですが、さすがに光にはかないません。

 全く話が横道にそれるようですが、かのアインシュタインの相対性理論は「光より速いものは存在しない」ことを前提にした理論であること、また現代の多くの物理学者もアインシュタイン同様「光より速いものは存在しない」と考えていることを付け加えておきます。

 何年生かは存じ上げませんが、そんな些細な疑問がすぐに直結するほど科学(理科)が身近に存在することを知ってもらえたら嬉しく思います。

参考URL:http://www.expocenter.or.jp/shiori/ugoki/ugoki3/ugoki3.html

 光速を算出するのは少し物理学的な手法が必要ですが、自転公転の速度は(概算でよければ)小学生でも計算できます。

【自転】
 地球一周を赤道上で計るとおよそ4万kmくらいなので、これを24時間で割り算して
 4万(km)÷24(時間)=1666(km/h)
 ちょっと実感がわかない数字なので秒速に直してみると、およそ500m/sくらい(?

【公転】
 これを求めるためには地球が描く軌道の距離が必要です。地球は楕円を描いて太陽を回っていますが、ほぼ円に近いとして。公転距離=2πr×天文単位。
 天文...続きを読む

Q宇宙の中心はどこ?

現在、宇宙はすごい速度で膨張しているといわれていますが、どこを基準にして膨張しているのでしょうか、ビッグバーンがおきたのは、現在の宇宙のどの
へんなのでしうか?
関連の本によると、風船が膨らむように、宇宙がふくらんでいて、とくに中心はないとかいてありましたが
風船が膨らむのは空気の取り入れ口を中心に膨らんでいるとおもうのですが。
過去に同じ投稿があったか検索しましたが、わからなかったので質問します。

Aベストアンサー

 よく風船が例に出ますよね。ただし、風船を立体として捉えるのではなく、風船の表面だけを見てください。

 たとえば、風船の表面の数カ所にマジックで印を付けます。風船をふくらませると、それぞれの印がお互いにほぼ均一に離れていって、特に中心というのはないはずです。
 あるいは、球の表面を考えてください。立体としての球の中心はありますが、面(2次元)の世界として、球の表面に中心はありますか? ありませんよね?

 宇宙のとらえ方はきわめて概念的・論理的なものです。そのまま形にすることはできないので、単純化して2次元(面の世界)のモデルとしてよく例えられるのが、風船の表面です。

Q太陽は自転していますか?

地球は自転しながら公転していますが・・

太陽は不動のままですか・・

それとも自転はしていますか・・?

Aベストアンサー

太陽は自転していますよ。
黒点って知ってますか? 太陽の表面に観測される黒い斑点のことなのですが、しばらく観測を続けていると、こいつが動くわけですよ。
そこで人々は、太陽は自転していることに気がついたわけです。

しかも黒点は、太陽の中心近くにあるときは比較的、丸く見えるのに対し、太陽の端にあるときは、つぶれて見えるんですよ。
そこで、太陽の形(それまで、球形なのか“せんべい”みたいな円盤型なのか議論がなされてました)は球体であることも発見したわけです。

Q四次元というのはどんな世界ですか?

そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?
三次元の世界とは縦横高さのある空間の世界だと思います。
これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?
我々の世界にも時間があるので、四次元といってもいいのでしょうか?
それとも四次元とは時間とは無関係の世界なのでしょうか?
あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタインでした。
 彼は、リーマンという数学者が作った、
曲がった空間の幾何学(現在リーマン
幾何学と呼ばれています)を使い、4次元の
空間が歪むという状態と、重力や光の運動を
あわせて説明したんです。これが相対性理論。

>これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?

 物理学的にはそうです。

 相対性理論の話に関連付けて説明するとこんな感じです。
例えば、下敷きの板のような平面的なもの(数学的には
これを2次元空間と言ったりします)を曲げると
いう動作を考えてみて下さい。下敷きに絵が書いて
あったとして、曲げながらそれを真上から見て
いると、絵は歪んで見えます。平面的に見て
いても下敷きという2次元空間が歪んでいる
ことが感じ取れます。
 2次元的(縦と横しかない)な存在である下敷きが
歪むには、それ以外の方向(この場合だと高さ方向
ですが)が必要です。

 19世紀に、電気や磁気の研究をしていた学者たちが、
今は小学校でもやる砂鉄の実験(紙の上に砂鉄をばら撒いて
下から磁石をあてると、砂鉄が模様を描くというやつです)
を電磁石でやっていたときに、これは空間の歪みが
原因ではないかと直感したんです。
 電磁石の強さを変えると、砂鉄の模様が変化します。
これを砂鉄が動いたと考えず、砂鉄が存在して
いる空間の歪みが変化したのでは?と考えたんです。

 3次元の空間がもう1つ別な方向に曲がる。
その方向とは時間という方向だということを
証明したのが、相対性理論だったんです。


>あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

 4つ目の方向である時間は、存在していても
その方向に、人間が自由には移動する方法は
現在ありません。時間方向を自由に動ける機械と
いうのは、タイムマシーンのことなんですが。

 日常生活を考えてみたとき、縦、横といった
方向は割りと自由に動けます。1時間ちょっと
歩けば4kmくらい楽に移動できますが、
道路の真中で、ここから高さ方向に
4km移動しろと言われたら、人力だけでは
まず無理でしょう。
 飛行機やロケットといった道具が必要と
なります。
 時間方向というのは、このように存在していても
現在のところ自由に移動できない方向なんです。

 例えば、人間がエレベーターの床のような
平面的な世界に生きているとしましょう。

 この場合、高さ方向を時間と考えて下さい。

 エレベーターは勝手に下降しているんです。
この状態が、人間の運動と関係なく、時間が
経過していく仕組みです。

 人間もほんの少し、ジャンプして高さ
方向の移動に変化をつけることができます。

 同様に時間もほんの少しなら変化をつける
ことができます。

 エレベーターの中で、ジャンプすると
ほんの少し下降を遅らせることができる
ように、時間もほんの少し遅らせることは
できるんです。




 

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタイン...続きを読む

Q衛星の衛星

太陽の周りに惑星がまわり、惑星のまわりに衛星がまわっていますが、衛星の周りを回る子衛星(太陽から見るとひ孫)が発見されたという話は聞いたことがありません。これは力学的にありえないのでしょうか。自然にある衛星は孫止まりというのは、太陽系に限らず、すべての星でそうなのでしょうか?

Aベストアンサー

衛星の周りを回る子衛星ができる確率は力学的に非常に小さいと考えられます。

たとえば地球付近で太陽に衝突しないで運動する物体は30Km/s程度のスピードを持っていなければなりません。
これが衛星になるには何らかの原因で惑星や衛星に捕まえられるほどその付近でスピードが落ちていなければなりません。
惑星は引力が十分大きいので補足できる物体がまれにあったでしょうが、
衛星の場合ははるかに質量が小さいので補足できるような低速になる物体は無かったと思えます。
たとえば、地球の大気をかすめて極端に減速された物体がたまたま月に捕そくされる軌道に入り
さらに月近辺で他の物体の引力で軌道を変えられることがあるなら子衛星ができるかもしれません。

Qなぜ太陽系の軌道面が銀河面と傾いているのでしょうか。

 最近、国立天文台の4次元デジタル宇宙ビューワーを見て初めて気が付いたのですが、太陽系の地球を含めた8惑星の軌道面が、天の川銀河の銀河面に対して大きく傾いていることを知りました。(考えてみれば、夜空の天の川が黄道面に対して傾いていることから、すぐ分かりそうなものでしたが。)
  http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/

 その後、調べてみると傾きは約60度とのこと。(http://blog.goo.ne.jp/mk1_1978/e/fd79b2aa201ae8d3d6d6c994e004658a)

 そこでお尋ねしたいのですが、太陽系の軌道面が銀河面に対して傾きを持っているのは何故なのでしょうか。
 また、銀河内の他の恒星系の軌道面は、銀河面に対してどのような傾きを持っているのでしょうか。

 これまでは漠然と傾きがないようなイメージを抱いていて、銀河の回転運動が太陽系の軌道面に直接影響を与えたのではないかと思っていました。

 参考になるURLでも結構ですので、ご紹介いただけると助かります。

 最近、国立天文台の4次元デジタル宇宙ビューワーを見て初めて気が付いたのですが、太陽系の地球を含めた8惑星の軌道面が、天の川銀河の銀河面に対して大きく傾いていることを知りました。(考えてみれば、夜空の天の川が黄道面に対して傾いていることから、すぐ分かりそうなものでしたが。)
  http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/

 その後、調べてみると傾きは約60度とのこと。(http://blog.goo.ne.jp/mk1_1978/e/fd79b2aa201ae8d3d6d6c994e004658a)

 そこでお尋ねしたいのですが、太...続きを読む

Aベストアンサー

逆の発想で考えれば、銀河円盤面と太陽系円盤面が同一面である必然性はなく、それぞれが角度をもっているのが自然の姿なのではないでしょうか。他にも惑星を従えた恒星は沢山あると考えられます。みんなめいめいバラバラのランダムな軌道円盤面で公転していると考えた方が自然なように思われます。天の川が60度の傾きで天空に横たわっている風情は本当にいいものです。全く答えになっていなくて、ごめんなさい。

Qわかればいいのですが… 11次元について

 ずーと前にNHKで 宇宙は11次元で構成されている。
とありました。4次元までは  x y zと時間という
ことで理解できますが、11次元って?
 番組では そこまで触れませんでした。
10次元説と11次元説があって、11次元が証明されて、
宇宙の構成、誕生の謎に近づいたって言ってましたが
全く意味不明。
 どなたか簡単に説明できませんか?

Aベストアンサー

以前同じような質問に答え質問者の方にも
ご満足頂いたようなので、以下の参考URL
の私の回答(No.5)などもご参考にして頂ければ
幸いです。

>11次元って?
 
5次元以上は具体的に何か分かっていません。
今のところ11次元の空間が存在すると仮定して計算
するとうまく行くという段階です。

 5次元以上についてはいろいろな憶測が
飛び交っているといった状態ですが、粒子の
衝突実験で生まれる高いエネルギー状態を
説明できる超弦理論が、11次元を仮定すると
丁度いいということは、宇宙は11次元で誕生し、
今5次元以上は人間の観測にかかりにくい程
小さくなっているだけという可能性があるという
ことです。

>宇宙の構成、誕生の謎に近づいたって言ってましたが
全く意味不明。

 少なくても宇宙が生まれたばかりのころは
11次元で、今5次元以上は消えてしまったか、
人間の観測にかかり難いほど小さくなっている。?

 超弦理論に適切な次元が確定できるとすれば、それは
宇宙が生まれたときの次元を決定できる可能性が
あるということで、また1歩、宇宙誕生の謎に
近づけたということです。

>10次元説と11次元説があって、11次元が証明されて

 正確には11次元の空間に10次元の振動が
存在していると考えると、1番すっきりすると
いうことが分かってきたということです。

 11次元、つまり11個の方向があるのに
振動は10次元、つまり11個中10個の
方向にしか振動しない理由ですが、
残りの1つが時間軸のためで、もしこの
時間軸方向の振動を考えると、それは
過去と未来を行ったり来たりする波の
ようなものが存在すると言っているのと
同じで、この波を利用すれば、過去と
未来との間で通信ができてしまう。
 これでは超弦理論が相対性理論と矛盾する
超光速理論になってしまう。

 超弦理論が有力とされながらもなか認められ難い
理由の1つが、この超光速理論的要素をもっている
ことなのです。


 長くなりましたが、こんな説明で如何でしょうか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=401515

以前同じような質問に答え質問者の方にも
ご満足頂いたようなので、以下の参考URL
の私の回答(No.5)などもご参考にして頂ければ
幸いです。

>11次元って?
 
5次元以上は具体的に何か分かっていません。
今のところ11次元の空間が存在すると仮定して計算
するとうまく行くという段階です。

 5次元以上についてはいろいろな憶測が
飛び交っているといった状態ですが、粒子の
衝突実験で生まれる高いエネルギー状態を
説明できる超弦理論が、11次元を仮定すると
丁度いいということは...続きを読む

Q木星の上に着陸?

木星はヘリウムや水素などのガスが主成分と聞きますが、当然地球のような地表面というものが存在しないわけですね。
ここに探査機が着陸しようとするとどうなるのですか。
どこまでも中心に向かって落ちてゆくのでしょうか。それとも、どこかで釣り合いがとれて動かなくなるのですか。

Aベストアンサー

>木星はヘリウムや水素などのガスが主成分と聞きますが、当然地球のような地表面というものが存在しないわけですね。

 ヘリウムや水素が密度の低いガスという状態を
保っているのは、地球上の温度、重力の条件の
ものとでの話です。

 私が小学生4年のとき、学研の科学図鑑に
こんなことが書いてありました。
「太陽は水素やヘリウムというガスでできている。
だからもし太陽が燃えていなったら、ロケットで
そこを突き抜けても気がつかないだろう・・・」

 私、これは何か可笑しい、絶対に変だと強い
印象を受けていたので、調べていました。
直ぐに万有引力から来る密度を考慮しないで
考えるとこんなおかしな話になると分かり、
さらに、燃えていない太陽とは、具体的には
木星や土星のことと分かりました。
 中学、高校と物質の3態(気体、液体、固体)
とそと物理的意味が分かりましたから、
理屈の上では、地球の地表のような硬い部分が
存在していると想像できましたが、確信が持てません
でした。

 ですから、94年のシューメーカー・レビー第9彗星の木星衝突は私にとって非常に印象深いものであり、
長年の疑問が一気にはれた瞬間だったわけです。

 木星に衝突した彗星は見事に大爆発を起こし、
木星表面に長期間その痕が残りました。
 
>地球のような地表面というものが存在しないわけですね。

 岩盤は存在しませんが、低温と強い重力、さらに
下のほうには高い圧力により、超流動を起こす
高密度金属状態のヘリウムの地表が存在しています。

>ここに探査機が着陸しようとするとどうなるのですか。

 木星表面の高い圧力に耐えられたとして、
着陸直後から、超流動現象により探査機は
液体ヘリウムの膜に包まれるため
沈みはしないものの、アンテナが使用不能になり
地球との通信ができなくなるでしょう。
 

参考URL:http://www2.crl.go.jp/ka/TNPJP/nineplanets/sl9.htmlmo

>木星はヘリウムや水素などのガスが主成分と聞きますが、当然地球のような地表面というものが存在しないわけですね。

 ヘリウムや水素が密度の低いガスという状態を
保っているのは、地球上の温度、重力の条件の
ものとでの話です。

 私が小学生4年のとき、学研の科学図鑑に
こんなことが書いてありました。
「太陽は水素やヘリウムというガスでできている。
だからもし太陽が燃えていなったら、ロケットで
そこを突き抜けても気がつかないだろう・・・」

 私、これは何か可笑しい、絶対に変...続きを読む

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報