地球が西から東へ自転しているのはわかります。
地球を北極の方から見ると、太陽の周りを時計と反対まわりに公転しているのもわかります。
しかし、「地球は西から東へ公転している」という意味がわかりません。
例えば、北を上にして、太陽の方から地球を見ると、地球は右から左へ公転しているように見えますよね。
ここでいう、右は東になるのではないでしょうか?
ならば、「東から西へ」ということになるのではないでしょうか?
しかし、反対側(地球の真夜中側)から見ると、左から右へ動いていますから、西から東へ動いているように見えます。

どこを基準にして、「西から東」と考えれば良いのかわかりません。
よろしくお願い致します。

A 回答 (6件)

「北極」「南極」はあっても、「西極」「東極」はありません。


なぜなら、自転の軸の両端を北極と南極とし、それと直交
する=自転による「日の昇る方向=自転している先」を東とし、
沈む方向を西としたからです。
この「反時計回り=西から東」という定義を太陽系全体に拡張
するならば、「東に向かって公転している」と言えるわけです。
(当初の「日の昇る方向」ではなくなってますが)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/20 23:01

さまざまな天体の運動を理解するときに、自分自身を地球上に置く場合と、宇宙空間に置く場合があって、これを明確にしないと理解に苦しむばかりか、かえって混乱をきたしてしまいます。



質問者さんは、北極の方から見たり、ま夜中の方から見た地球の動きを模索していますよね。
つまり宇宙空間から地球を観察しているわけです。この場合東西南北という方位は存在しません。

宇宙空間に西や東を持ち込むと、混乱が始まります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/20 23:01

>太陽の真上(地球での北)を北と考える感じでしょうか?



地軸は傾いていますので、太陽の真上=地球での北 ではありません。
地球の公転面の垂線方向で考えるべきでしょう。
 天の赤道と黄道が一致しない事(傾いて交差している事)を考えてください。
 天の北極、ではなく、黄緯+90度のイチを基にすべきです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/20 23:01

厳密ではない解釈でしょうが、


地球の自転と公転は同じ方向で、北極から見ればどちらも反時計回りですね。
この反時計回りの回転を「西から東へ」と見なすことができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私もそう思ったのですが・・・。
やはりそうですかね。

お礼日時:2012/11/05 11:47

自転によって生じる見掛けの動きが日周運動、公転によって生じる見掛けの動きが年周運動、ですから、いわゆる黄道12星座(ま、星占いをイメージしてもらえれば・・・)の中を太陽が移動して行く様子をイメージしたらぁ?



と、思います(^^)/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/11/05 11:46

>どこを基準にして、「西から東」と考えれば良いのかわかりません。



回答)↓の条件を満たす位置
1:地球の公転軌道平面上
2:公転軌道より外
3:太陽と地球を結ぶ線の延長線上

↑の場所で、北を上にして地球をみた場合、地球は西→東へ動いています。
(南を上にしても結局同じですが)
この場合、基準点も移動していますが、
そもそも、基準点自体に、固定された定点という意味はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
太陽の真上(地球での北)を北と考える感じでしょうか?

お礼日時:2012/11/04 11:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球深部探査船「ちきゅう」のマントル層到達

 海洋研究開発機構所属の地球深部探査船「ちきゅう」は、海洋底下の上部マントル物質の採取を、重要な目標の一つに掲げて建造されたと記憶しております。
 しかし、建造完成から5年も経過したというのに、私がニュースを見逃したのか、今の処、マントル物質の採取に成功したという話を耳にした事は御座いません。
 果たして、地球深部探査船「ちきゅう」は、2012年8月14日現在までの時点において、上部マントル層までの掘削に成功して、マントル物質のサンプルコアを採取する事が出来ているのでしょうか、それとも未だ、マントル層までには到達していないのでしょうか?
 もし、未だ、マントル層までには到達していない場合には、マントル物質のサンプルコアを採取するのは、いつ頃となる予定なのでしょうか?

【参考URL】
 JAMSTEC 独立行政法人海洋研究開発機構 > 地球深部探査センター(CDEX) > 地球深部探査船「ちきゅう」
  http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/index.html

Aベストアンサー

現段階においては、次期統合国際深海掘削計画(IODP)の一環としての予定に留まっているようです。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu5/siryo/__icsFiles/afieldfile/2012/05/08/1320652_03.pdf

Q地球の自転はなぜ西から東へ回転しているのですか?

上の通りなのですが、どうしてでしょうか?また、他の天体も左回りなのでしょうか?こんな、変な質問ですが、ご教授して頂けませんか?

Aベストアンサー

東西,左右ではわかりにくいのですが、「なぜ公転と同じ向きに自転しているのか?」ということでしょうか?

太陽系がたくさんの塵やガスが集まってできたとき、その分布のよって各部分の速度が違ってきます。 中心に質量が集中していると中心に近いほど速くなり、球状分布に近いと中心から遠いほど速くなります。 各惑星の回転方向はNo.4 Josquinさんのおっしゃるように渦によって決まると思われます。 このことから、太陽系はガス雲の中に太陽が突っ込んでできたのではなく、均一のガス雲がゆっくり集まってでき、太陽も惑星も年齢がほぼ同じと考えられました。

金星が逆回転していることには、分布のムラとか遊星衝突とかいろんな説があります。(地球に対して共鳴封塞がかかっていることから、「古代地球人が作った人工の惑星だ」なんて説もあるくらい) 原因はわかりませんが、いろいろ調べてみるのも面白いでしょう。(「ヴィナス戦記」というマンガでは、金星に彗星が衝突して環境が劇的に変わるところから始まるのですが、金星の回転が逆ということに気づいていないので大いにツッコミましたが)

ちなみに、銀河の回転速度は中心部の近傍では中心からの距離に比例し、それより外ではほぼ一定(220km/s)になります。(理科年表の銀河系の項を参照)

東西,左右ではわかりにくいのですが、「なぜ公転と同じ向きに自転しているのか?」ということでしょうか?

太陽系がたくさんの塵やガスが集まってできたとき、その分布のよって各部分の速度が違ってきます。 中心に質量が集中していると中心に近いほど速くなり、球状分布に近いと中心から遠いほど速くなります。 各惑星の回転方向はNo.4 Josquinさんのおっしゃるように渦によって決まると思われます。 このことから、太陽系はガス雲の中に太陽が突っ込んでできたのではなく、均一のガス雲がゆっくり集まっ...続きを読む

Q地球と地面はなぜ「ち」と「じ」?

知り合いの外国人に説明を求められています。
「ち」も「し」も濁点を付けた時の読み方(「ぢ」、「じ」)は一緒ですよね。
それで、「地球」は「ちきゅう」と「地」の字を「ち」と書くのに、「地面」は「地」の字を「じ」と書き、「ぢめん」とは書きせんよね。
これがなぜかを説明できる方、いましたらお願いします。

Aベストアンサー

同じ疑問を持った方からの質問をみつけました。

おもしろいですね。

今まで私は気になっていませんでした。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s446.htm

Q天体の移動 西から東?東から西?

こんにちは。
センター試験の勉強をしているのですが、天体の移動でなかなか前に進みません。

(1)太陽の自転は東から西
(2)太陽の年周運動は西から東
(3)惑星の視運動は順行なら西から東、逆行なら東から西
(4)毎日同じ時刻に特定の星座を観察すると、徐々に西へ移動
(5)黄道が南から北へ横切れば春分点
(6)黄道が北から南に横切れば秋分点

覚えればもちろん済む話ですが、それぞれの特徴がない分なかなか覚えられません。
一番教えていただきたいことは、覚え方。ですが、
いい覚え方があればそれを、
そうではなくて身の回りの森羅万象から論理的に導ける方法があればそれを、

教えていただければありがたいです。回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

 太陽系を離れて、見ると簡単です。そして自分がそこにいれば、どう見えるかを考えればよい。
 それを覚えようとするから混乱する。そんなのでなやんでどうする。

 そもそも太陽系の生い立ちから考えると、すべての天体は太陽系の北側から見ると、すべて左回りですよね。
(1) 地球から見ると太陽の公転周期は25(赤道)-28日(極)なので、地球にたつわれわれから見るとその表面は地球の東から西へ移動して見える。
(2) 地球は太陽の周囲を一年かけて一周するので背景の天球を基準にすると天球上を西から東に移動している
(3) これも(2)と同じ
(4)時刻は太陽の位置で決まるので、その分地球は公転軌道上を左に進んでいるので(2)と同じく
(5)これは文章が違う
 黄道と天の赤道の交点が春分点秋分点なので、太陽が通過する方向は(2)のとおり、それを通過するときが春分であり秋分。

 以上、覚える必要なんてまったくない、理解すればよいだけ。まったくもって覚える必要なんてないですよ。

 よく誤解されているけど、天球の回転--天動説--は、間違ってはいない。天動説では天体の運動を簡単に、正確に説明できないというだけで、視点(座標)を地上におけば--すべての運動は相対的なのでどこを基準にしても良いはず--、そのように観察される。地球も天もどこも静止なんてしていない(^^)

 太陽系を離れて、見ると簡単です。そして自分がそこにいれば、どう見えるかを考えればよい。
 それを覚えようとするから混乱する。そんなのでなやんでどうする。

 そもそも太陽系の生い立ちから考えると、すべての天体は太陽系の北側から見ると、すべて左回りですよね。
(1) 地球から見ると太陽の公転周期は25(赤道)-28日(極)なので、地球にたつわれわれから見るとその表面は地球の東から西へ移動して見える。
(2) 地球は太陽の周囲を一年かけて一周するので背景の天球を基準にすると天球上を西から東に...続きを読む

QラグランジュL2から地球を見ると・・・

はじめまして。私現在仕事の関係で、SFのイラストを描くことになったのですが、その内容が「ラグランジュL2点にある宇宙建造物と、地球をカメラで撮っている」というものだったのですが、
L2が月の裏側にある以上地球をカメラにおさめた場合必ず月も絵に入る、もしくは地球に月がかぶって見えてくるのではないかと思うのですが実際のところどうなるのでしょうか?イラストの発注者がSFに疎く、私もその点考証するほど詳しくありません。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご助力お願いしたいのですが。

Aベストアンサー

ちょうどL2の位置の場合には、月の視直径が3.2度程度、地球の視直径が1.6度程度で隠れてしまうことになります。(月-地球を38.4万kmで計算)
#月-地球間の距離は35万km~40万km程度まで変化します

地球から見る月は0.5度程度ですから、かなり大きな月ですね。

>ラグランジュそのものではなく、その点を中心とする軌道上におくことになります。
本当にL2に基地(住居)を造るとしたら、地球が見えない位置を選ぶはずはないので、上記の仮定で書かれたら良いのではないでしょうか。
#地球が見えない位置の場合は、月を経由しないと通信もできない・・・

ところで、L2って、地球-月のL2だけではなく、太陽-地球のL2も
ありますが、そちらではないですよね。

Q[季節]-北半球と南半球を説明して頂けないでしょうか。自転と公転→地球と太陽の位置関係から「季節」を説明・整理下さい

[季節]-北半球と南半球。小中学校「社会科」世界地理では、☆太陽の見かけ状の運動による、北回帰線ー赤道ー南回帰線と説明学習した記憶があります
 これだけで、北半球と南半球とが季節が異なる、オーストラリアのクリスマス(12/25)が
真夏(暑い)など理解できます。余談ですが、オーストラリアのクリスマス休暇は“2週間”とのこと。その心は、夏季休暇でも在るとのことです。
 中学・高校の「理科」天体(物理学)では、地球の自転と公転を前提に、学習されます。※前段と後段の、知識・教科内容を統一して整合性のある理解をしたいのですが。説明・整理して頂けませんでしょうか。天文(天体)についてなど、日頃考える必要性が無く、学びっ放しにしておいてしまったので、どうかご教授願えませんでしょうか。また、北半球を脅かす台風、ハリケーン、サイクロンなどについて、南半球での被害・報道を聞いた記憶がありません。これも、自転と公転との関係からご説明頂けませんでしょうか。同じく排水口の渦も、台風と同じく時計回りになる、と記憶しておりますが。南半球ではどうなるのでしょうか。これも、自転と公転との関係からご説明頂けませんでしょうか。こんな基本的知識を今頃になって、質問する自分に驚いております
 「無知であることに、無知(=気づきもしなかった)だった」からと結論付けて、それを自覚できるようにようやくなったのだ、と自省しております。
  小中高の教員の先生、または、ご専門・ご専攻の学生・院生の方、その他
ご説明して頂ける教養人の皆様、何とぞ宜しくお願い致します。

[季節]-北半球と南半球。小中学校「社会科」世界地理では、☆太陽の見かけ状の運動による、北回帰線ー赤道ー南回帰線と説明学習した記憶があります
 これだけで、北半球と南半球とが季節が異なる、オーストラリアのクリスマス(12/25)が
真夏(暑い)など理解できます。余談ですが、オーストラリアのクリスマス休暇は“2週間”とのこと。その心は、夏季休暇でも在るとのことです。
 中学・高校の「理科」天体(物理学)では、地球の自転と公転を前提に、学習されます。※前段と後段の、知識・教科内容を統一して整合...続きを読む

Aベストアンサー

地球に季節があるのは、地球が23.4度傾いて自転しているのが原因です。地球儀はこの角度で斜めにとりつけてありますね。もし真っ直ぐ立っていたり真横になって回っていたら季節はありません。
季節は4つありますので、公転を90度ずつ4つに分けましょう。公転は、○を太陽、/を地球地軸の傾きとして、次の3通りに分けることができます。
1.地軸が太陽側に倒れている  /  ○
2.地軸が太陽と反対側に倒れている  ○  / 
3.1.と2.の中間
1.が日本の夏、2.が冬でです。地球儀をこのような形に配置して自転させると、1.は昼が長く夜が短い、また、また太陽高度は高くなることがわかります。太陽が真上方向にあって昼が長ければ、日差しを多く受けるのでよく温まるわけですね。2.および南半球はこの反対なので当然冬です。3.が春もしくは秋ということですね。
1.3.2.3.1.3.という順番に公転していますので、春夏秋冬が常に一定の順で回ってきます。

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/resource/tenmon/space/earth/earth05.html
http://www.zoshindo.co.jp/Rjiten/kisetu.htm

↓のサイトご覧ください。オーストラリアにも台風のようなものがありますね。これはウィリー・ ウィリー (Willy-Willy)と呼ばれているようです。インド洋のサイクロンも南半球でも発生しています。要するに南・北に関わらず発生しています。

再度↓の写真。日本の台風は左巻き(左手でグーをゆるめに作った形)ですが、オーストラリアのは右手のグーを手の平を上にして作った形になります。これは地球自転に由来する「コリオリの力(転向力)」による現象です。
真ん中が高くなってる大きな回転円盤を考えます。今、その真ん中に立っているひとPが、円盤の側でじっと立っている人Qにボールるを転がすとしました。ボールは真っ直ぐQさんの方へ転がってきました。しかし、これをPさんの方から見るとどうだったでしょうか。ボールはPさんの後ろへ後ろへと曲がりながら落ちたように見えたはずです。超簡単にいうとこれが「コリオリの力」の説明です。

さて、排水溝の渦。いわゆる北半球と南では、渦が反対に巻くというのは100%都市伝説です。「コリオリの力」は台風くらい大きなものでないと作用しません。排水溝の渦は北でも南でも、右にも左にも渦を巻きます。偶然なのです。排水溝の形状、水のちょっとした揺れ具合などで決まります。
オーストラリアあたりで、観光客相手に反対渦巻きを実演している人がいますね。そこで、彼のやることの反対をやって見せれば左巻き渦となって、彼は面目を失うはずです。

参考URL:http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/news/2005/INGRID/GOE905031204.WILLY+INGRID.0.1024x768.jpg

地球に季節があるのは、地球が23.4度傾いて自転しているのが原因です。地球儀はこの角度で斜めにとりつけてありますね。もし真っ直ぐ立っていたり真横になって回っていたら季節はありません。
季節は4つありますので、公転を90度ずつ4つに分けましょう。公転は、○を太陽、/を地球地軸の傾きとして、次の3通りに分けることができます。
1.地軸が太陽側に倒れている  /  ○
2.地軸が太陽と反対側に倒れている  ○  / 
3.1.と2.の中間
1.が日本の夏、2.が冬でです。地球儀をこのよう...続きを読む

Q奇跡の地球物語・・・犬を紹介したDVD

奇跡の地球物語・・・犬を紹介したDVD

テレビ朝日系で4月25日放送の「奇跡の地球物語」は犬を特集した回でした。この番組中に、DVDからの抜粋映像が流れましたが、画面左下にDVDパッケージとタイトル等が映っていましたが、よく観えませんでした。この映像のDVDのタイトル等を教えてください。「・・・~イヌ 角川書店から発売中」というのはなんとか観えましたが、すべて確認できませんでした。DVDパッケージにはハスキー犬のようなイラストがありました。教えてください。

Aベストアンサー

こちらではないでしょうか?↓

The Ultimate Guide イヌ
http://www.kadokawa-cc.com/product_info.php?products_id=81

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB-Ultimate-Guide-%E3%82%A4%E3%83%8C-DVD/dp/B00007MCID

参考URL:http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=21407/

Q地球の自転と公転

素朴な疑問なんですが、
1.地球およびその他の惑星はなぜ自転するんでしょう。自転しない天体はあるんでしょうか。自転の方向はみな同じ方向なんでしょうか。同一ならそれはなぜでしょうか。
2.また、同様に地球およびその他の天体はなぜ公転するのでしょうか。公転の方向はみな同じなんでしょうか。同一ならそれはなぜでしょうか。
お分かりの方、いらっしゃれば回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

慣性の法則で、惑星同士の重力や衝突により加えられたエネルギーがそのまま動いているのでは。
自転方向は変化したのではないかという説もあるようです。
はくちょう座X-1(ブラックホール)は自転していないとか。

参考URL:http://373news.com/nie/040508.htm

Q地球の自転公転について

地球は反時計回りに自転しながら太陽の周りを反時計回りに公転しています。

1.茶色の机の上にこのイラストを置き、普通に見ると軸は左下から右上です。
机の逆側から見ると軸だけ逆転します。

2.それでは、透明な机の上にこのイラストを置き、公転の向きだけ見ると反時計回りです。
机の下に潜り込み上を見ると、”時計回り”になっていますよね。

ここで、よく問題になるのは 1 ですよね。解答に”軸だけ逆”などとかかれていますよね。
しかし、2だと公転も逆です。

ここまでは間違いはありませんよね?(解答お願いします)

そして、 2 のような問題はでるのでしょうか?
2は真上と真下から見たとして考えています。

よって、軸の向きはただの棒です。

解答お願いします。

Aベストアンサー

回転する向きを時計回り、反時計回りというのは、回転するものをみる方向を決めないと言えません。
台風や環状線、独楽などなら、暗黙の了解事項で上から下にある回転の状況を見て云います。
夜空のようなものなら、下から上にある回転の状況を見て云います。
 
軸の傾きでなくても、電信柱などでも同じですが、暗黙の了解事項で水平面に対する傾斜角度を云うのであれば、見る方向は関係ありません。真上から見ても、真下から見ても、水平面状のどの方向から軸を見ても、見え方の傾きとは関係なく、角度を云います。
 
「地球は反時計回りに自転しながら太陽の周りを反時計回りに公転しています」と云うのであれば、それは見る方向を何か前提にしているだけです。

Q地球の自転 、公転について

地球の自転 、公転について
地球についての図鑑をもっているんですが、地球の自転周期をみてみたら0.9973日(23時間56分)とかいてありました。公転周期をみてみたら1.00004年(365.26)とかいてありました。
一日は4分短くなっているし、一年は365日より多くなっています。なぜでしょう?

Aベストアンサー

他の方がすでに回答しているので蛇足でしかないかもしれませんが回答いたします。

自転が0.9973日であれば、365回転すると何日になるでしょう。

365日に少し足りませんね。


では、365×4=1460回転すると何日になるでしょう。
365日の時に比べ差が開きましたね。

ではもう1回転加えましょう。
その結果を4で割りましょう。


分かりましたね。

私たちが使っている暦では1日が365日です。
そして4年に一度の閏年には2月29日が入って366日です。
これが1回転加えた理由です。

つまり答えとしては、
地球の自転を基に1日を定めている。
しかし、1日には少し足りないので閏年として1日増やして調節している。
その結果年平均をとると1年が365年より多くなっているということです。


閏年では1日増やしますが、
他にも1秒増やすこともあるんですよ。

私たち人間は日の出日の入りや、日の高さなどをもとに
1日や1年などを定めました。

しかし、太陽はそんなことに関わらずに活動しますし、
地球の活動もわずかですが日々変化しています。


時間の単位について、
例えば1秒はどんなふうに定義されたか、
何を基に1秒としているか、
など調べてみると面白いと思いますよ。


他にも長さの単位であるメートル等もお薦めです。

他の方がすでに回答しているので蛇足でしかないかもしれませんが回答いたします。

自転が0.9973日であれば、365回転すると何日になるでしょう。

365日に少し足りませんね。


では、365×4=1460回転すると何日になるでしょう。
365日の時に比べ差が開きましたね。

ではもう1回転加えましょう。
その結果を4で割りましょう。


分かりましたね。

私たちが使っている暦では1日が365日です。
そして4年に一度の閏年には2月29日が入って366日です。
これが1回転加えた理由です。

つまり答えとしては、
地...続きを読む


人気Q&Aランキング