私は、日中の突然の睡眠に悩まされています。
病院で精密検査を行った結果、「睡眠障がいではないが、痙攣等の症状が出ていないが、てんかんを発症している可能性が高い」という結果でした。
日中、突然眠ってしまったときに、単なる居眠り?意識を失っている?の見分ける方法?判断方法?ありませんか?

突然の睡眠は、机に向かってパソコンをしているときや、机上勉強しているときに発症します。
睡眠時間は、毎日7~8時間寝ています。
年齢:20歳
性別:男性
ブルーライトカット加工眼鏡を装着しています。

質問者からの補足コメント

  • 病院の睡眠の検査は、入院にて行い、夜間の睡眠検査、日中の睡眠検査、脳波検査を行いました。
    脳波検査で異常がみつかり、同じ病院の神経内科にて脳波の再検査を実施して、てんかんの症状が確認されてない。と言われました❗

      補足日時:2016/09/17 08:01

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

てんかんと言われてしまうと、心配ですね。


てんかん発作は、一般的にイメージされるような、全身を痙攣させたり眼球が上転(白目をむく)するというものばかりではありません。
急に話をしていたかと思ったら無口になったという程度のものから、目を閉じて居眠りのように見えるもの、バタンと倒れてしまうものなど、症状は人それぞれ違います。

てんかんというのはかなり専門性を求められるので、一度てんかん専門の医療機関での精密検査を受けた方がよいと思います。
また、「病院で精密検査を行った結果」というのがどこまでの精密検査かわかりませんが、睡眠障害を調べるにも簡易的なアプノモニターから、詳しく調べるポリソムノグラフィまであります。
本当に夜間の無呼吸がないかどうかと同時に、てんかんについての精密検査をお勧めします。
場合によっては、脳血管の走行を調べる必要もあるかもしれません。

日中の突然の眠気というのは、仕事のパフォーマンスを下げるだけでなく、思わぬ事故に発展することもあります。
ご自身で心配と思うのであれば、大事に至る前にしっかり調べた方がよいと思います。


お役に立てれば幸いです。
お大事に。
    • good
    • 0

専門家紹介

子どもの健康と病気の情報サイトで、子どもさんの病気について気に留めておいてほしい、大切なことを皆様にお伝えしています。
病気については、しっかりとした知識をもっておくことが大切です。
教えて!gooにおいても、お役にたてるよう、専門家として皆様の疑問にお答えしていこうと思っております。
子どもの健康と病気の情報サイト(子どもマルシェ) https://cmedicalcenter.net/child/
体の不調の原因・症状・解消法(からだマルシェ) https://cmedicalcenter.net/survey/

詳しくはこちら

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

《fkesh》こと【fkesh】です。

韓国籍ですが・・・それは困りましたね・・・たぶん統失患者ですね。カメラで撮るといいよ。診察券ある?キムチは並盛にしておけよ。寝すぎだぞ。寝ては食べでは135キロになるぞ。ありがとうございました。相談に乗るよ.いつでも空き缶回収があるけどな。
    • good
    • 0

てんかんなら薬を服用することで治ります。

居眠りなら気持ちの問題と、睡眠の質でしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • てんかんの基礎知識|分類・症状・原因・治療・対処法

    てんかんとはどんな病気か  てんかんは大脳の病気です。発作的に繰り返し、自律的に大脳が異常に興奮する状態をてんかんと呼びます。  そのため、1回きりの発作や熱性けいれんは、てんかんとは呼びません。また、交通事故からの回復期(ほぼ事故後1週間以内)に限って起こる発作や、脳の手術や脳炎の急性期に起こる発作も、てんかんとは呼びません。  脳が急性期から回復し、安定してからも繰り返し発作的に異常に興奮する...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽度のてんかんと障害者手帳

30才。男性です。
5年前からてんかんを患い、現在は投薬のみです。
睡眠中に2度ほど唇や舌を噛んで出血したり失禁したり
短期の入院と投薬で現在に至っています。
この2年程度は全く症状は出ていません。

最初は仕事中に少しフラッとして事故を起こし入院→退職でした。
この時はてんかんかただの疲れからくる睡魔かは分かっていません。
前職を退職後にようやく契約社員として再就職した会社でも
てんかん持ちを報告後に関係の有無は分かりませんが急に打ち切られました。

それからまた2年、もうかなりの会社に面接に行っているのですが
面接時にてんかん持ちという事実と今までの流れを隠さず伝えてるためか
軒並み蹴られてしまい、全く決まりません。
中には「てんかん」と聞いただけで「何で来てるの?」といわれた事も。
極々軽いてんかんですし現在は2年間、薬を飲めば発作は出ていないので
上手く経歴をごまかせば良いとも言われたのですが
それは流石に詐称に当たると思うのでできません・・・。

思い切って障害者としての就職申請を、とも考えているのですが
幾つか疑問というか心配な点があります。
・この程度の軽度のてんかんで障害者手帳の申請は可能でしょうか?
・障害者手帳を持ち「障害者としての就職」の現状はどのような感じでしょうか?
・障害者手帳の申請での「デメリット」を教えてください

もし障害者手帳があると、ある程度の公共福祉サービスの割引等
メリットはあると聞いていますが、それ以上に現在の自分のてんかんの程度だと
デメリットの方が大きいような気がします・・・。
しかしあまりに仕事が決まらないので何かきっかけが、という気持ちもあります。

お知恵をお貸しください。よろしくお願い致します。

30才。男性です。
5年前からてんかんを患い、現在は投薬のみです。
睡眠中に2度ほど唇や舌を噛んで出血したり失禁したり
短期の入院と投薬で現在に至っています。
この2年程度は全く症状は出ていません。

最初は仕事中に少しフラッとして事故を起こし入院→退職でした。
この時はてんかんかただの疲れからくる睡魔かは分かっていません。
前職を退職後にようやく契約社員として再就職した会社でも
てんかん持ちを報告後に関係の有無は分かりませんが急に打ち切られました。

それからまた2年、もう...続きを読む

Aベストアンサー

「てんかん」は「うつ病」より採用が難しいと思われます
理由は、「てんかん」は発作を起こした際、事故を回避できず
会社にとっては、労災対象になる可能性がある人の採用は、
極力避けたいところだからです

2年間発作を起こしておらず、医師からも就業可能と言われているので
あれば、面接の際「持病はありますか?」と聞かれない限り
あえて開示する必要は無いかと思います
ただし車両の運転等、危険のある職業は避けましょう

障害者手帳が通るかどうかは医師にご相談ください
障害者手帳をもっていても、職場に通知されることはありません
税控除を受ける場合は、会社の年末控除申請で障害者の申請をせず
2月の個人所得申告の際、税務署に申告することができます
各種公的サービスが優遇される、携帯電話代が半額になるなど
利点があります

Q光過敏性てんかん児と水面のキラキラ

3年生の息子が『光過敏性てんかん』と診断されました。
学校生活においては、ビデオやスライド視聴の際には気をつけるくらいで普通に生活して良いとの事。
プールについて、水面のキラキラした反射光は影響ないか質問したところ、「水面の光で発作は起きないでしょう。あまり聞いたことがない。」と言われました。
でも、いろいろ調べていると、木漏れ日や水面の光で発作を起こす人もいると言う記述もいくつかありました。
これから始まるプール授業が心配です。
てんかん自体が多種にわたるので判断が難しいとは思いますが、何かご存知の方いらっしゃいませんか?

ちなみに息子の場合は、パソコンやゲームのディスプレイを見ていた後に発作が起きたこと、脳波の検査で発行後波形が乱れたことから診断が下されました。

Aベストアンサー

>ある時から急にてんかん発作を起こすようになると言うことはあるのですか?

■人の一生のうち、てんかん発作を起こしやすい年齢があります。一つは2歳以下で、これは出生時の異常や熱性痙攣(熱性痙攣はてんかんではないのですが)です。もうひとつは学童期で小学校の中学年から中学校にかけてです。大脳の発達が盛んな時期です。

■ですから「小学校になっててんかんが始まった」ということはよくあります。脳の成長時期にてんかんが一時的に出てしまう方は、脳が成熟する思春期後半には発作は無くなり、薬も飲まなくてよくなることも多いです。

■原因は神経細胞の「チャンネル」といって、車のエンジンで言えば燃料をエンジンに吹き込むバルブのような部分が開きやすくなって、発火をしやすいような状態です。この性質は確かに先天的・遺伝的な要素はあるのですが、単純に「親から子へ」というものでもありません。ましてや、食べ物とか育て方とかとは関連はありません。

■学童期に始まったてんかんには個人差はあるものの、7割くらいは、診断までに1-2回の発作はおこすものの、薬を飲めば発作は無くなり、概ね学童期まで(遅くても高校卒業まで)には薬もやめられる「良性」のものです。このタイプのてんかんは脳波で「光過敏性」を示すものもあります。

■大人になっても「薬をやめると発作がおきてしまう」という方は全体の2割弱くらいで、そのような場合も薬を飲んでいれば、発作は起きず、日常生活の多くは通常通り可能です。全体の1割以下の方が、薬を飲んでいても、1年に1回とか、数年に1回とかで発作がおきてしまう、というものです。

■息子さんがどのようなタイプのてんかんか、将来的に薬がやめられそうなタイプなのか、そうでないのか、については、ある程度は脳波の具合で予測がつきます。

■多くの検査方法がある現代でも、てんかんの診断や治療の良し悪しは「医者が脳波がどれだけ正しく判読できるか」にかかっています。でも、上記のように7割の方はいいかげんな治療でも成長していくに従って何となく治ってしまうので、医者が脳波を判読できなくてもバレなくて済んでいるところもあるのです。

■けれども、「薬を飲んでも発作がおさまらない」「(特に学童期に)薬の副作用がある(眠気やふらつき)」「薬を飲み始めてから発作が1度も起きずに何年もすぎていないのに“一生薬をのまなくてはいけない”と断言された」など、の場合は「わかっていない医者」である可能性があります。その場合、その医師が小児神経やてんかんの専門なのかどうかは、確かめておく必要はあるでしょう。

>ある時から急にてんかん発作を起こすようになると言うことはあるのですか?

■人の一生のうち、てんかん発作を起こしやすい年齢があります。一つは2歳以下で、これは出生時の異常や熱性痙攣(熱性痙攣はてんかんではないのですが)です。もうひとつは学童期で小学校の中学年から中学校にかけてです。大脳の発達が盛んな時期です。

■ですから「小学校になっててんかんが始まった」ということはよくあります。脳の成長時期にてんかんが一時的に出てしまう方は、脳が成熟する思春期後半には発作は無くなり、...続きを読む


人気Q&Aランキング