アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

以前、変形労働時間制の時間外の計算方法に関して質問したものです。
先日は1週間単位での計算方法を質問させて頂いたのですが
それをもとに一ヶ月単位で計算してみました。
ですが、曖昧な部分があり質問させていただきたいです。

添付画像のように計算しているのですが、こちらあっていますでしょうか。

前提条件として、今年の六月の暦をもとに計算しています。
変形労働時間制ですので本来所定労働時間に変化がなければならないのですが
考えやすいように、所定労働時間を一律一日7.5時間、一週37.5時間で計算しています。

手順としては
①日曜日を週の始まりとするため端数週の労働時間は40÷7×日数で設定しています。
  6/1~6/4は22.85時間   6/26~6/30は28.57時間
②まず一日毎の8時間を越える時間を法定外時間外労働として算出
③週の総労働時間から一日毎の法定外時間外労働を除き、そこからさらに週の労働時間を
 こえたものを週の法定外時間外労働として算出
④すべての週を同じように計算
⑤5週目は週の労働時間が28.57時間のため、30日の4.57時間までが法定内
 それ以降の3.43時間を週の法定時間外としている
⑥月の労働時間は7.5×22=165時間
⑦法定内時間外労働は週の時間外労働にならない部分のみ算出して0.5×20=10時間
⑧3日の1.15時間と30日の3.43時間は時間外なので月の労働時間から差し引く

165-1.15-3.43+10-171.4=-0.98

のためこの月は月の法定時間外労働は出ない

よって一日毎と週毎の法定時間外労働時間を合算し、6月の時間外労働時間は 29.58時間


という形で計算を行っています。

根本から間違っていたら申し訳ありません。

よろしくお願いいたします。

「一ヶ月単位の変形労働時間制の時間外労働時」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • No.1様への補足です。

    今再度計算してみたところ、計算があわなくなってしまいました。

    月の総労働時間が計算してみたところ201時間となり
    201時間ー(23.15+5)=172.85時間

    ですので

    172.85-171.42=1.43時間

    月の時間外は28.15+1.43=29.58時間

    という結果になりました。

    もしかしたら根本的にどこかおかしいのかもしれませんが
    どこが間違っているかご指摘いただけるとありがたいです。

      補足日時:2016/11/02 10:47

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ん~、どこで計算違いしてるのだろう?



2)日において、8時間をこえた時間
→計5時間

3)丸7日ある週において、40時間超えた時間(ただし上2)で時間外とした時間は除外)
第2週→3時間
第3週→3時間
第4週→8時間

3-2)端数週の第1週(暦日数4日)において、法定22.85時間と所定22.5時間の長いほうである、法定22.85時間をこえた、7.15時間(=30-22.85)

3-3)端数週の第5週(〃5日)法定28.57時間、所定30時間、長い方の所定30時間こえた、2時間(=32-30)

→週枠を超えた時間外労働 計23.15時間(=14+7.15+2.0)

4)月総労働時間196時間のうち、時間外としなかったのは、167.85時間(=196-(5+23.15))、よって月枠法定171.42時間におさまる。

(再掲)ついでにこの月時間外労働
日5時間
週23.15時間
月0時間

計28.15時間
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が大変遅くなってしまい申し訳ありません。

おそらく計算違いとなってしまったのが3-3)の端数週第5週だと思います。
法定と所定で長い方を計算するところを法定の28.57時間で計算していました。

ここを正して計算しましたら、回答者様と同じ計算になりました。

わざわざ所定内を別枠としてとらえて、最後に足すような計算をしていましたが
単純に時間外としなかった部分で差し引けばよかったのですね。

計算方法としてはこれで間違いないという認識でよろしかったでしょうか。

お礼日時:2016/11/02 10:11

貴殿のいわれるとおり、月間総労働時間は、196でなく、201時間ですね。

あとはあってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またもお返事遅くなってしまい申し訳ありません。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今後これをもとに計算をしていこうと思います。

No.1の方をベストアンサーにさせていただきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2016/11/04 09:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1ヵ月単位の変形労働時間制での1週の考え方について

よろしくお願いします。
1ヵ月単位の変形労働時間制での時間外割増の判定について、日→週→月の順に、判定することは分かったのですが、
この週について、特に決めがなければ「日→土とする」と言う説明が多いようですが、
(1)月初めの週(日曜から始まらない)とか、月末の週(土曜で終わらない)とかは1週間に満たないこと  が、普通と思いますが、
1.この週についても40時間(44時間)を越えるかを見るのですか。
2.それとも、実際の日数で日割り(40時間/7日×3日間とか)して、その時間を越えるかを見るので   しょうか。
3.いろいろなサイトを拝見すると、翌月初の土曜日まで含め、1週間として判定すると言う説明もある  ようですが、だとすると、翌月初の土曜日が来るまで、割増は確定しないことになるのですか。     また、その場合、翌月初の土曜日までに発生した、週計算による割増は、今月中に払うことになる  のでしょうか。

Aベストアンサー

特例事業で44時間とできるのは、9人以下の事業場(企業全体ではない)です。パートを含め10人以上いると、週40時間です。

> 端数の日が3日間ある月(29,30.31日)の週の法定労働時間は40時間なら17.1時間(40時間/7日×3日)、44時間なら18.9時間と考えるのでしょうか。

その通りですが、18.8と切り捨て考えてください。


> 週でみると3日間の定められた所定労働時間の合計は17時間なので、このお客さんの場合、週の法定労働時間は44時間で、3日間だと18時間を超えていないので18時間と比較。実労働時間は20時間(5+5+7+29日の3時間)になるので、20-18時間で2時間は法定時間外となる。と言う事でしょうか。

週の44時間を3日で換算した18.8時間でしょう。

20-18.8=1.2時間が、
(最終)週における法定時間外労働となります。


> 週での判定はしないで、月枠で判定する、と言う考えもあるのかな、とも思うのですが。

これはガセです。端数日週の週枠判定を省略できません。


> (定められた各日の所定労働時間の一か月の合計)/(月により28,29,30,31日のどれか)×7日間
> (この場合、小数点以下の端数は切り捨てですか)

週平均40時間算出式であってます。切捨てすると、肝心の40時間のはみ出しか否かの判定ができませんが。

特例事業で44時間とできるのは、9人以下の事業場(企業全体ではない)です。パートを含め10人以上いると、週40時間です。

> 端数の日が3日間ある月(29,30.31日)の週の法定労働時間は40時間なら17.1時間(40時間/7日×3日)、44時間なら18.9時間と考えるのでしょうか。

その通りですが、18.8と切り捨て考えてください。


> 週でみると3日間の定められた所定労働時間の合計は17時間なので、このお客さんの場合、週の法定労働時間は44時間で、3日間だと18時間を超えていないので18時間と比較。実労働時間...続きを読む

Q変形労働制の有給休暇の考え方について

1か月単位の変形労働制が先月から始まっているのですが、有給休暇の考え方が日計算なのか時間計算なのか良くわかりません。法的にはどのようになっているのかアドバイスいただきたいのですがお願いします。また有給休暇とは勤務日となっている所を休む代わりにその分の給与を保証する事だと思うのですが、変動労働制になった場合、あらかじめ勤務日が決まっているわけではないので事前に有給休暇申請をするということが有給休暇に当てはまるのでしょうか?

現在以前の勤務規約で有給休暇が何日か残っています。以前は日勤制で月の土日の数が公休。それ以外は有給休暇で対応するとなっていました。
今回会変動労働制になった場合日勤務の考えではなく一日8時時間の所定労働時間を基準とした考え方に変わったことで有給休暇1日というとらえ方ではなくなると思うのですが、
有給休暇を取る場合は、1日分を8時間で実質労働時間にプラスして考えるのでしょうか?と会社側に質問したところ、実質労働時間が一か月の所定労働時間を満たしてない場合は足りない分を有給休暇(時間有給)で補うが、実質労働時間が所定労働時間を上回ってる場合は有給休暇を単に一日分消費したことになるだけで+1日分の8時間を実質労働時間に加算して給与計算されるということではない。
と言われました。

先月の実際の状況を説明します。

1月は31日なので9日が公休となる月ですが、実質の休みは正月休み(有給)を1日とり10日の休みを取っています。
しかし実質の労働時間は所定の177時間を超えて198時間でした。
所定労働時間を上回っているので有給休暇申請をしなくてもクリアだと思うのですが、
会社側は9日の休み以上の休みは有給休暇扱いになります。でも所定労働時間を上回っているので
有給休暇1日分の8時間を加算することもできないといわれました。

なんだか労働時間が少ない人の方が有給休暇を1日8時間としてプラスされるのに、労働時間が多い人は単に有給休暇を捨てる(マイナス)ことになるのではないでしょうか?

アドバイスよろしくお願いします。

1か月単位の変形労働制が先月から始まっているのですが、有給休暇の考え方が日計算なのか時間計算なのか良くわかりません。法的にはどのようになっているのかアドバイスいただきたいのですがお願いします。また有給休暇とは勤務日となっている所を休む代わりにその分の給与を保証する事だと思うのですが、変動労働制になった場合、あらかじめ勤務日が決まっているわけではないので事前に有給休暇申請をするということが有給休暇に当てはまるのでしょうか?

現在以前の勤務規約で有給休暇が何日か残っています...続きを読む

Aベストアンサー

まず、ご質問の本質とはずれますが、肝心な点にふれておきます。

> 休日10日(公休9日+有給休暇1日)

「休日」と「休暇」、おなじ休みに見えても、まったく次元のちがう概念です。「休日」は、使用者が労働者に与えなければならない義務。「休日」でない日が「労働日」となります。対して「休暇」は、その「労働日」の中から労働者が休みたいといえる権利です。水と油、使用者責めの休業手当と労働者有責の遅刻早退と同様、しっかりした切り分け理解が必要です。

それをふまえたうえで、#5補足についてふれておいでである、支払賃金につてい問題はなく、時間数の積み上げの疑問、として回答します。

> <有給休暇を1日8時間として加算されて>所定労働時間の満額の給与となります。

不足分について、休んでもいないのに「休暇」として年休所持日数1日減じて、所定労働時間+8時間加算することがあれば、それは大問題です。休暇日にやすんでいたのでしたら、問題ありません。

対して質問者さんのケースで休暇をとりつつ、所定の勤務時数(ここに休暇日の8時間加算されている※初めに書いた休日休暇の切り分け)を満たしているのですから、何の問題もありません。

まず、ご質問の本質とはずれますが、肝心な点にふれておきます。

> 休日10日(公休9日+有給休暇1日)

「休日」と「休暇」、おなじ休みに見えても、まったく次元のちがう概念です。「休日」は、使用者が労働者に与えなければならない義務。「休日」でない日が「労働日」となります。対して「休暇」は、その「労働日」の中から労働者が休みたいといえる権利です。水と油、使用者責めの休業手当と労働者有責の遅刻早退と同様、しっかりした切り分け理解が必要です。

それをふまえたうえで、#5補足について...続きを読む

Q1ヶ月単位の変形労働時間制における必要休日数について

当社では1ヶ月単位の変形労働時間制を採用しています。

1ヶ月の総労働時間の上限は
1ヶ月が31日の月は、(31÷7×40)で177時間、
30日の月では、(30÷7×40)で171時間、
ということで、この上限を守らなくてはならないことは理解しています。

ただ、『必要な休日数』という考え方がどうも理解できません。

例えば、1カ月が31日の月で、1日の所定時間が7.5時間の場合、
177(時間)÷7.5(時間)=23.6(日)、31日-23日=8日の休日が必要、と書かれていたのですが、
先ほどの総労働時間の上限を守っていれば、(上限を超えたとしても割増を払えば、)休日数については考慮しなくて大丈夫、というものではないのでしょうか?
8日与える必要がある、という考え方がどうしても理解できません。。

例えば、週1日休日(4週4日休日)の原則は変形労働を採用していても守らなければならない、とかであれば分かるのですが・・。

何か考え方の誤解をしているようであれば、ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

補足を読みました。

> 休日が8日未満になったとしてもその分の休日労働手当を払っていれば問題ない

すでに回答した
> 時間外労働にあたれば時間外割増賃金、法定休日労働にあたれば休日割増賃金を支払えばいい…36協定…就業規則…
とおりです。法はこれ以上のことを求めていません。

QWORDでA4文書2ページ原稿をA3文書一枚にするには?

WORD文書をこれまでA4でばかり作り、A3にするには2枚並べてコピーするなどしていたのですが、A4の2ページをA3スタイルに切り替える方法なんてないでしょうか?

Aベストアンサー

 私もよくA4で文書を作成し、2枚ずつA3にプリントアウトしています。
 ファイル→印刷 を開いて、右下の拡大/縮小の項目を、

 1枚あたりのページ数→2ぺーじ
 用紙サイズの指定→A3

 で大丈夫だと思います。

 では、再見!!

Q定時が7.5時間はなぜなのか?

一般事務のOLです。
労働基準法で定められている一日の最高労働時間は8時間だと思いますが
定時が9:30~18:00(休憩1時間)で7.5時間です。

月給制なので7.5時間働こうが8時間働こうが会社が支払うお給料は変らないと思うのですが
なぜ8時間MAXで働かせないのでしょうか?

我々労働者としては同じ給料なら少ない時間のほうがいいですが、
会社としては同じ給料なら法律にひっかからないくらい目いっぱい働かせたほうが得ではないですか?

ちなみに残業は仕事自体が発生しない為、ほとんどなしです。
毎日定時に帰れます。
ごくたまに残業が発生しますが
7.5時間以上の定時を越すのでしっかり手当がつきます。

もし労働時間が7.5時間から8時間労働になってもその30分でやることはあります。

何かご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

専門家ではないのでうまく伝えることが出来るか不安ですし、法律には無知であることを前提で読んで頂きたいと思います。

弊社の場合も1日7.5時間労働です。以前は8時間労働でしたが・・・何故変更になったか?と言うと、周40時間労働という決まりからです。

週40時間といっても毎週40時間で抑えなければいけないという事ではないそうです。1年を通しての平均が週40時間であれば良いそうです。

1日8時間で計算すると年間の可動日数が260日ぐらいになるようで、盆正月とGWなどの連休と完全週休2日制にしなくてはいけないようです。

1日7.5時間とすると15日ぐらい稼働日数が増え、閑散期には週休2日、繁盛期には日曜・祭日のみとする事が出来るようで、弊社の場合は変更となりました。


lokijuhさんの会社でもそのような経緯や状況があるのではないでしょうか?余は何らかの事情で稼働日数を増やしたいという事ではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報