親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

女子大生です

人間が地球の食物連鎖の頂点に立っている現在ですが、
温暖化や環境破壊など、人間の活動によって自然が損なわれている気がします
人口も工業化以来どんどん増えていますし、
戦争、経済、事故などなど、嫌なニュースが毎日耳に入ってきます

人間と自然が調和し幸福になれれば良いのですが、
それは理想に過ぎないのです

そこで、最近良く考えるのですが、
人間がいない方が地球にとって幸せなのではないかと思うのです
また、人間にとっても嫌なことが多い世の中ですし、
人間自身にとっても悩み多き苦しい人生を送るのは苦痛ですよね

極論だと思いますし、不可能なことだと思いますが、
人間がいない方が地球にとっても幸せですし、人間自身にとっても幸せではないでしょうか?

私は死にたくはありませんが、
積極的に生きることも少し不安なのです
皆さんはこんなこと考えたりしませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (34件中1~10件)

人間がいない方が地球にとっても幸せですし、


人間自身にとっても幸せではないでしょうか?
   ↑
言わずもがなですが、地球に幸せも不幸せも
ありません。

幸不幸というのは概念です。
存在するのは人間の頭の中だけです。
だから、人間不在の世界に幸不幸など
存在しません。




皆さんはこんなこと考えたりしませんか?
  ↑
幸不幸で考えるのは、女性らしくて良いですね♪

ワタシなどは、人間は地球にとっては寄生虫
なんだろうな、と思っています。

環境を破壊し、争い、人間は何処へ行くのか。

人間が人間を創れるようになったら、そのとき
人間は神になります。

神への長い道かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね、幸せという概念が存在しなくなりますよね
ありがとうございました

お礼日時:2016/12/10 14:36

はい。


辛い時期もあったけど、
いまは楽しい。
氷河期もいつかは終わり、間氷期に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか
良い人生送られていますね

お礼日時:2016/12/05 15:37

> 数千年単位で豊かにゆったりできるんですか?



たとえば琵琶湖が温泉だとすれば、数十億人が満員電車よりは、ゆったり入れるそうです。

従い、超高層住宅でも建てて、食糧も工業的に生産する等すれば、理論的には、日本の面積だけでも、相当な人口が豊かにゆったり生活することは、全くの夢物語ではないとは思います。

数十億年後には、地球に生物が棲息することは出来ません。
また、最近の宇宙科学では、地球以外に生物が棲息する可能性は、非常に低いとされています。

すなわち、地球から生物が居なくなれば、全宇宙から生物が消滅してしまうかも知れません。
もし人類が滅びたら、「自然の調和」も、いずれは消滅してしまう可能性が高いワケです。

現時点では、人類のみが、それを防げる可能性がある生命体で。
その使命を帯びて、人類は誕生したのでは?なんてことも思いますが、その使命を果たすため、現在は地球を利用しているんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなのですか
日本はそんなに余裕があるとは思ってはいなかったので意外でした
ありがとうございました

お礼日時:2016/12/02 13:58

四国88ヶ所参りしなさい。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

人生観、価値観が何か変わりますかね?

お礼日時:2016/12/02 13:58

思慮深いものの問い。

刹那主義の小鬼でなければ誰しも抱くでしょう。
未来を見つめること、自分を見つめること。

積極的に死にたくは無いが、生に執着があるわけでない。
つまり挑戦ができる良い状態。

私は人間とひとくくりにされるものではない。構成員でもない。
宇宙、地球、時間、自身、まったく把握できる代物ではない。認識は自由。

理想を抱けたものは持ち続ければ良い。
それに対し弱みを見せると小鬼に場を与えるだけです。
(小鬼か暇人か、低い質を正す目的の超少数しかこんなところにはいない)。

革新的なものや理想は必ず、少数派、ニュータイプとして生まれ弾圧される運命にある。
オールドタイプはじきに数だけの存在となり力を失くす。
実るまで力を繋げていくしかない。

少なくとも人間の殆どは能力が低い。
28則に言われるように2割のものを考えることが出来た人間で
8割の人間を養っている(支配者も結局養われている)。実際はもっと極端でしょう。
そんなものなど捨て置けば良い。協力してやらなければ自滅する。

一個以上の力を大した努力もせずにありつけ、
それなりの生活にありつける世界がそこにはある。
けれどもそれは崩壊し続けている。

過去への固執、現在の自堕落、未来への挑戦。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそうですね
ありがとうございました

お礼日時:2016/12/02 13:59

こんばんは。



20代半ば系男子です。

なかなか
深い悩みですね(´ω`)


優しさがあり、
とてもいい問題意識のある方だなーと思いました。

ただ、少しだけネガティブに偏った思想も入っているので
極論の答えしか出ないので、勘違いされやすいかも知れませんね(笑)

ネガティブな
ニュースが多いのは確かですが、人間基本的にはネガティブ機能が付いている生き物です。

さらに、
ポジティブなニュースより、
ネガティブなニュース、
話題などの方がインパクトがあったりとテレビ側の思惑も入っての番組制作です。

やれ不倫だ、殺人だ!
などネガティブなニュースが多いので、
気持ちがネガティブになるのも確かですが、
感覚的には、

森の中に入って、
「なんだ、この世界には木しか無いのか。」
と言っているのに近いような気もします。

さらに、
色んな説がありますが、

進化してきたと捉えるなら、
たまたま、知能を伸ばしてきたのが人間(人類)だった。

のかも知れません。
そして、

体、身体的な変化を遂げた今も、
人間は未熟なので、手探りで生きている状態なのかも知れません。

成長段階の途中である。
と僕は思っています。

最近でこそ、
環境問題に目を向け始めましたが、

それまでは、
事の重要性がわからなかった。と言えます。

それに気づいた人類は、
これではだめだ!
と環境に目を向け、自然、と人間のバランスを保とうとしている、考え始めている段階に思えます。

まだ、
少数かも知れませんが、
未来はどうなっているか分からないわけです。


人間も、動物なわけで、
食物連鎖の真っ只中で戦っていた時代があると思っています。

人間も、
他の動物や虫と同じで
どうやったら身を守れるのか?

安全な暮らしが出来るのか?

虫なら擬態。
小動物なら、外敵から身を守るために巣と言われる隠れ家を作って身を守ります。

人間もそんな時代があったのでは無いでしょうか?

いかにリスクを減らせるかを我々の先輩方が動物として求めて言った結果、今の我々が存在しています。

でも、している事は、動物と同じです。

呼吸をし、

子孫繁栄、

ナワバリ(コミュニケーション等)

巣を作る(家を作る)

そのレベルがほかの動物より発展しているだけと言う考え方も出来ます。

今までは、
人類発展のために
ナワバリを増やし、子孫を残すために、安心安全に過ごすために進歩してきました。


そして現在は、
共存という言葉がテーマになっていたりします。

なので、
あなたが求めている時代も来ないとは限らないと思います。

なんども言いますが、
人間もまだまだ成長段階です。

あなたが、生まれ、歩けるようになって
読み書きできるようになって、環境の事まで考えられるようになったのと基本的には同じです。

絶滅した動物もいますが、
人類はまだその時ではない。

と言うことは、
地球と人類と言うより、

人類も地球の1部だと捉えることも出来るのでは無いでしょうか?


確かに、いつの時代も、
人類は悩まされています。

ですが、
動物も悩んでいるかも知れません。


アザラシは、
シャチにいじめ殺されることを悩んでいるかも知れませんし、

鮭なんて、

子供を産む前に、
強敵の熊が待っていたりするのです。

身ごもったまま、
狩られる。

こんな悩ましいことありません。
たとえ、
逃げ延びても、
産卵を終えると、すぐポックリ逝ってしまう。

こう考えると、
悩んでいるのは人間だけではないようにも思えます。




なので、今は主観で物事を捉えているので、

(ネガティブな頭で物事を捉えている。)
偏った考え方になっているのかも知れませんが、


違う観点から、物事を捉えられるようになると違った世界が見えるかも知れません。


本に顔を思いっきり近づけて見ると、一文字一文字はハッキリ見えますが、内容はさっぱり分からないと思います。

ですが、
少し顔を遠ざけ、見てみると、

さっきの文字が単語に、


単語が文章になっているのがわかり、

文章を読んで始めて、

その本の内容が理解でき、

面白いかどうかが判断できるのではないでしょうか?


参考までに。

僕自身も、
凄く考えさせられました。

とてもいい機会をありがとうございました^^

では。
ごきげんよう
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね
多様な観点からモノゴトを捉えることにしてみたいと思います
ありがとうございました

お礼日時:2016/12/02 14:01

人間がどうの地球がどうのと言ってますが、結局スレ主さんが悩んでいるのは以下のことでしょ? (↓)



>積極的に生きることも少し不安なのです

なるほどね、積極的に生きることに自信が持てないから、人類がどうしたとか地球がどうなるのとか、そんな浮き世離れした事柄につい拘泥してしまうと。。。つまりはそういうことですか。

まあ、スレ主さんが「いや、そんなことじゃないっ!」と否定するのは自由ですが、自身が本音に気が付いていないというのも珍しいことじゃないので。

で、はっきり言ってしまいますが、別に「積極的に生きる」必要なんか無いです。それどころか四六時中「積極的に」生きている人間なんか、ほとんどいないと思います。

言い換えれば、何事にも積極的に生きてその結果人生の勝利者になった者が一目置かれるのは、世の中の大半の人間が「そんなに積極的ではない」からです。誰しも「積極的」だったら、立志伝も成功談も価値がありませんから。

消極的に生きても良いじゃないですか。積極的になれない人間にだって、生きていく権利はあります。

私だって、ネット上ではゴーマンで偉そうなこと述べていますけど、実生活でのスタンスは消極的でネガティヴです(大笑)。ただ、あまりにも消極的で何もしないのでは生きていけませんので、やるべきことを「仕方なく」やっているだけです(再笑)。

あなたがいくら悩もうとも、それとは関係なく地球も人類も(少なくともあなたが生きている間は)存続していきます。とにかく「積極的に生きる者達」なんかは無視して、肩の力を抜いて、淡々と生きていけば良いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふふふ、その通りです
自分に自信が無く、これからの将来が不安なので、
このようなネガティブな気持ちになっているのです
自信があって、毎日楽しい!!みたいな人は、
地球が爆発なんてしてほしくないですもんね

核心を突く辺り、chandosさんは人生経験が豊富のようですね
人生楽しんでいますか?

お礼日時:2016/12/02 14:10

進化のある時点で人間があらわれた。


それは必然だった。
ならば、人間がいることは大自然や宇宙?の意思みたいなものじゃない?

ただ、それならいつかはいなくなる「必然」も出てくるでしょうね。

いなくてもいい、とかいうより、ほっといても滅びるんだと思います。

いつか、人間がいたことは地球のなつかしい思い出になるんじゃないかな?

せめていまを楽しむしかない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あるがまま今を楽しむということですね
生きるの楽しいですか?

お礼日時:2016/12/02 14:11

地球の声は聞けませんが、地球を大切にすることはこれから地球で生きて行く生物の地球を大切にすることに繋がると思います。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですよね
健全な環境が無いと、次世代の人たち困りますもんね

お礼日時:2016/12/02 14:12

自然が良いと考えるなら人間がいない方がより幸せなのかも、動物だけですと幸せの概念が無いかと、地球を壊してるのは人間ですから、悪なのかもしれません。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

人間がいない方がナチュラルな環境なのかもしれませんが、
動物には幸福という観念がないですよね

ただ、動物のように本能で生きている方が、
余計な心配をしないで楽なのかもしれません
動物は過去を悔いることはありませんし、
将来に不安を持ちませんよね

脳が発達しすぎると余計なことを考えすぎるようです
もっと違うこと考えれば、違う芽が出るかもしれませんが...

お礼日時:2016/12/02 14:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユダヤ人はどうして嫌われているのでしょうか?

映画「ホテル・ニュー・ハンプシャー」で、
「このホテルにユダヤ人がいるんじゃあるまいな」という
発言がありました。
シェイクスピアの「ベニスの商人」もユダヤ人です。
チャップリンの初期の映画にもユダヤ人をばかにする人種差別的ギャグがあるそうです。
ヒットラーにも嫌われました。
どうしてユダヤ人は嫌われるのでしょうか?
イエス・キリストがユダヤ人なのですが、白人はそう思ってないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いくつかありますが・・・
ユダヤ教の中における考え方に「選民思想」があります。簡単に言えば自分たちが優勢人類だ、という代物なのですが・・・
これをもっている民族はたいがい他の民族と仲良く出来ません。
理由は簡単です。本来同等の立場であるにもかかわらず自分たちのほうが上であるという態度を取っているのですから、嫌われるのはある種当然といえましょう(この選民思想に近い思想を持っている民族はすべからく嫌われています。このごろは減りましたがまだそういったのを持っている日本人も同様です。気をつけたいものです)。

さらには独自コミュニティを形成してそれを崩そうとせず、あくまで頑なにユダヤであるということを固持してきました。
これは、キリスト教という緩やかなつながりでつながっていた西ヨーロッパ圏では、ユダヤという存在は異端という点がその場に存在しているようなものです。
日本でもそうですが・・・自身たちとは違う風貌、習慣を持つ人は少なからず煙たがられる傾向があります。
さらには、銀行業などの当時「卑しい」とされていた職業で設けていました。余所者に自身たちの金を吸い上げられるのですから、決して面白いわけはありません。

もう一つが、政治的要因。
政治で、国民の不満をそらす方法に、悪役をつくる、というのがあります。
簡単に言えば、こじつけでも「~が悪い」というのをつくれば、そこに国民の不満がいきますから、政府とかそういったお上に攻撃がこなくなります。
で、ユダヤはキリストを十字架送りにしたというのがありますから、非常に悪役に仕立てやすいのです。上に書いた民族的な特徴も仕立てやすい理由です。

大体、嫌われる、あるいは嫌われている人、民族には共通項があります。
1.お金にうるさい(理由はともあれお金をためる人全般)
2.異文化的である。または異文化の性質を強く持っている
3.異郷の地でがっぽり稼ぐ人
4.郷に入らば郷に従えを実践しない人
5.自分たちのほうが偉いと少なからず思っている人
などなど・・・
ただ、こうやって見るとわかるように、どこぞの民族も似たようなことをやっています(車をアメリカで売りまくって、ご当地の車会社から白い目で見られたりする国です。まあ、いまはあまりやらないのかな・・・?)。
結局、嫌われる民族か、そうでないかというのは、ある意味紙一重なところがあります。
ユダヤが嫌われているのは、これらを満たしてしまっているせいと、国を持たなかったという地政学的悲劇のためと考えています。

いくつかありますが・・・
ユダヤ教の中における考え方に「選民思想」があります。簡単に言えば自分たちが優勢人類だ、という代物なのですが・・・
これをもっている民族はたいがい他の民族と仲良く出来ません。
理由は簡単です。本来同等の立場であるにもかかわらず自分たちのほうが上であるという態度を取っているのですから、嫌われるのはある種当然といえましょう(この選民思想に近い思想を持っている民族はすべからく嫌われています。このごろは減りましたがまだそういったのを持っている日本人も同様で...続きを読む

Q「みんな死ねばいいのに」

気分が沈むと、人間が嫌いで仕方なくなります

誰でもいいから人を殺したくなります。

身近な人を殺している自分を想像してしまいます。

みんな死んで、人類など滅びてしまえと思います。


そして自分も死にたくなります。


ですが、しばらく(半日~3日くらい)すると落ち着いてきます。



皆さんの中にも似たような方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

それだと、私も、私の家族も死んでしまえと言うことですよね。

そう言われると、辛いですね…。
赤ちゃんでも「死んでしまえ!」なのでしょうか?

私は、
「みんな死んでしまえ!!」とは思ったことはないです。
でも、身近な人を二人、憎く思って、
「早く死んでしまえ!!」と思ったことがあります。殆ど呪いですね。
その時は、何も手に付かなくなったので、どちらも病院に行きました。
だいぶ気が収まってから行ったので(ストレス障害だとは言われましたが)、薬は出ませんでした。正常だと言うことですね。
でも、人を呪った話をしたら、薬が出たもしれないですね。
気が収まってからは、頭の中に詰まっていたのは、憎しみよりも悲しみでした。

どちらも殺したいとは思いませんでした。
ころっと死んでしまえばいいのにと思いました。
やはり自分の手を汚すのは嫌だし、殺人をして捕まるぐらいなら、自分が死んだ方がましだからです。そして、
「葬式になんか、絶対行ってやるもんか!!」と思いました。


殺人を犯す自分の姿まで想像できないのは、結局、私は死ぬのが怖いからだと思います。死ぬのが怖いから、殺人が出来ないのだと思います。
きっと質問者さんは死ぬことに、私ほどには抵抗がないのでしょう。

「みんな死ねばいいのに」というのは、結局、質問者さんが死にたいんですよね。
でも、一人で死ぬのは嫌なんですよね。
それは、孤独だからですよね。
一人で死んでいくのが嫌なんですよね。

では、一緒に死んでくれる人がいたら、死ねるのでしょうか?
そうはならないですよね?

世の中、全部が終わって欲しいんですよね。
自分が死んでも何もなかったように続く、世の中が許せないんですよね。
でも、自分が死んで何も変わらないように続く世の中は、頭の中の世界で、現実ではないですよ。
本当は自分が死ねば、世界なんか無くなります。
だって、自分はいないのだから、誰も生きていないのと同じです。
世界が無いのと同じです。
自分が死ねば、みんな死んだのと同じです。

だから、
「みんな死ねばいいのに」って考えるのは無駄なことです。
誰だっていつか死ぬから、質問者さんもいつか死にます。
別に自分の手を汚さなくとも、死ぬ日が来たら、質問者さんの記憶の中のみんなが死にます。自分を取り巻く世界が死にます。
気休めのようだけれど、あなたが観ていた世界は終わります。

それだと、私も、私の家族も死んでしまえと言うことですよね。

そう言われると、辛いですね…。
赤ちゃんでも「死んでしまえ!」なのでしょうか?

私は、
「みんな死んでしまえ!!」とは思ったことはないです。
でも、身近な人を二人、憎く思って、
「早く死んでしまえ!!」と思ったことがあります。殆ど呪いですね。
その時は、何も手に付かなくなったので、どちらも病院に行きました。
だいぶ気が収まってから行ったので(ストレス障害だとは言われましたが)、薬は出ませんでした。正常だと言うこと...続きを読む


人気Q&Aランキング