ドイツ語の語順がよく分かりません。

定型第2位は理解しているのですが、
前置詞を使った文の構造がサッパリ分かりません。

問題集を解いていたのですが、

1.彼は本棚から一冊の本を取る。
Er nimmt ein Buch vom Regel.

2.その母親はわが子のため火の中に入っていく。
Die Mutter geht für ihr Kind durch Feuer.

3.彼らは食事ときたくさんおしゃべりをする。
Sie plaudern beim Essen viel.

が答えとなっています。

なぜ、1は、 vom Regal ein Buchではないんでしょうか。日本語として並べて見た時にこちらのほうが自然な気がします。
並べ順は、「日本語通りに並べて、動詞を2番目に持ってくる」と聞いたので…
それに反して2、3のほうは、日本語の並びに似ているので、もうゴチャゴチャです。

あと、動詞と結びつきが強い目的語を文章の後置に置くらしいのですが、どれが目的語なのかよく分かりません。

詳しい方、是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

語順の話を詳しくしようと思ったらきりがありません。


ドイツ語を続けるのであれば、この先も語順の問題はずっとついてまわります。
文法説明でも、「ドイツ語は語順にうるさい」と書いてあるかと思えば、
「ドイツ語は、語順は比較的自由」などと正反対のことが書いてあります。

実際には、「守らなければいけない語順」、「特定の理由(強調など)で変えられる語順」、
「間違いではないが、こうした方がより自然という語順」、「自由に変えてかまわない語順」、
などいろいろあって、それらすべてのケースを網羅している文法書というのはまずないでしょう。

質問の文面から考えて、まだ初級の段階だと思うので、
あまり細かいことを言うとかえって混乱すると思います。
これらの文の語順がなぜこうなるのか、大体のことは書きますが、
感覚的に慣れていくというのも大事なので、
あまり理屈でばかり考えないようにしてください。

まず最初に、「日本語通りに並べる」という考え方はやめた方がよいでしょう。
確かに、日本語と似た語順になるケースはあるので、
便宜的に「日本語と同じように」という説明がわかりやすい場合もあるかもしれませんが、
もともと全く文法構造の違う言語なので、いつも「同じように」というわけにはいきません。
「日本語として並べてみる」という考え方は、とりあえずやめてください。
ドイツ語固有の語順を直接感じ取るようにすることです。

最初の文ですが、語順の前に一つ気になるのが「vom Regal」という表現です。
まちがいではありませんし、問題集の解答がそうなっているのでとりあえずそのままにしておきますが、
「本棚から取る」という場合は、「vom Regal」よりも「aus dem Regal」と言う方が多いと思います。

語順ですが、ここで問題となっているのは、
あくまでも主語Erが文頭に置かれた形において、
「ein Buch vom Regal」か「vom Regal ein Buch」か、ということなので、
Ein Buch nimmt er vom Regal.やVom Regal nimmt er ein Buch.のような「倒置」とは別の問題です。

問題集の出題文が「彼は本棚から一冊の本を取る」となっているので、
その語順のままでよいと考えたのだと思いますが、
先述のように、日本語とドイツ語では語順の規則は違います。
もし出題文が「彼は本を一冊本棚から取る」となっていたら、
最初から解答通りにEr nimmt ein Buch vom Regal.と書いていたということでしょうか。
日本語の場合、「本を一冊本棚から取る」、「本棚から本を一冊取る」、どちらも言え、
意味も同じですが、ドイツ語は少し違うのです。
出題文は単独のひとつの文なので、「本を棚から取る」という「行為」を客観的に述べているだけです。
そういう場合は、他動詞nehmenのあとに直接目的語のein Buchを置き、
「どこから」という付加的な情報はその後というのが基本的な語順です。
Er nimmt vom (aus dem) Regal ein Buch.という語順もあり得ますが、
ドイツ語文では、文末の語が意味的に重要になるので、
「本を棚から取る」という「行為」よりも、「取る本」そのものの方に焦点が合います。
(具体例については、今はまだ混乱のもとになる恐れがあるので控えます。)
問題集の出題文は単独の一文で、そういう意味にとることはできないので、
単純に行為だけを表す文が解答として正しいということです。

日本語の語順から考えることは出来ないということの説明のために、もう一つ例を出しておきます。
もしこの文のein Buchが代名詞esで置き換えられたらどうなるかということです。
日本語なら、「本棚からそれを取る」「それを本棚から取る」、どちらも可能ですが、
ドイツ語の場合はEr nimmt es vom Regal.で、Er nimmt vom Regal es.とは言えないのです。

2番目、3番目の文の語順については、それぞれ理由が違います。
ここでもやはり、「日本語の語順に即して考える」というのは適切ではありません。

2番目の文では、gehenは自動詞なので目的語はありません。単に「行く」という意味です。
そのあとに続く語は、2つの副詞句です。
このように複数の副詞句が続く場合、自然とされる語順がドイツ語にはあります。
この問題の場合は、偶然日本語の語順と一致していますが、
副詞句の数が増えてくると、日本語の原文をそのまま置き換えるわけにはいきません。
目安とされる語順は、「時間(いつ)」―「理由(なぜ)」―「様態(どのように)」―「場所(どこで)」。
2の文は、「理由」(für ihr Kind)と「場所」(durchs Feuer)だけですが、
もしこれに「時間」(jetzt)と「様態」(mit großem Mut)の副詞句を付け加えると、次のような語順になります。
Die Mutter geht ①jetzt ②für ihr Kind ③mit großem Mut ④durchs Feuer.
もちろん、この副詞句のどれか一つを文頭に出すことは可能ですが、
Die Mutterが文頭にある限りは上のようになります。
日本語の語順で考えるのではなく、ドイツ語で自然とされる語順で考えなければなりません。

それから、「動詞と結びつきが強い目的語を後置」とありますが、
これは「目的語」に限るものではなく、結びつきが強い「語」が後置されるということです。
よく出される例は、Deutsch lernenとかTennis spielenなどで、
動詞lernenやspielenは、その対象となるものを示す目的語と結びつきが強いので、
目的語が後置され、Ich lerne Deutsch heute.ではなくIch lerne heute Deutsch.となります。

3の文にも目的語はなく、beim Essenもvielもともに副詞(句)です。
ここでは、「viel plaudern(たくさんおしゃべりをする)」という表現が主体で、
beim Essenよりもvielの方が動詞との結びつきが強いということでしょう。
ただこの語順も、状況によっては入れ替わることがあります。
たとえば、長い語句ほど後置される、という傾向もドイツ語にはあるので、
もしbeimのあとにEssen以外の語が並んで長くなった場合は、
Sie plaudern viel beim Arbeiten, Essen, Spazieren…
のようになることもあります。

長くなってしまいましたが、まずは短い文で基本的な語順をそのまま覚えて、
感覚的に慣れてしまうのが一番です。
まだまだいろいろなケースがあり、どんな語順でも構わないという文もありますし、
書き言葉と生の会話の文でも違いがあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
ひたすら例文にあたろうと思います!

お礼日時:2016/12/17 11:30

Er nimmt ein Buch vom Regal


がよく使われる基本的な文章の作りなだけであって、実は他にも
Vom Regal nimmt er ein Buch

Ein Buch nimmt er vom Regal
とも言えます。
重要なのは定動詞(nimmt)が文頭から2番目の文肢の位置にある事です。
そして目的語には四つの種類があるのですが、本の文章の場合はwenかwasを使って質問文を作った場合、答えになる言葉です。
Was nimmt er vom Regal?
Ein Buch.
といった感じです。
この場合、目的語は文の最後に置かれていませんがそれはvom Regalが無くても文章として成り立つからです。
ドイツ語が難しい理由の一つに、たまにルールを守っていない文章なのに合っていることがあるからですね。
そこら辺はもう慣れです。
私もドイツに住んでいますが、学校で習っていても未だに分からないことだらけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なかなかややこしいんですね…
いろんな文章を読んで、感覚を磨こうと思います。
ありがとうございます!

お礼日時:2016/12/17 11:31

ドイツ語?



史上最難関語学
母音と子音の数が多すぎて、話すのも聞き取るのも難しいって話
おまけに変な語順だし。
解る人が凄すぎる....
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですよね…
なかなか難解で苦労しておりますw
ありがとうございます。

お礼日時:2016/12/17 11:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語の「ein」と「eins」の違い

ドイツ語について質問です。

「ein」と「eins」の違いはなんですか。

また、一番という単語はなにになるでしょうか。
「ein」や「eins」には含まれますか?

英語での例えの表記も教えていただくと助かります。

Aベストアンサー

eins は後ろに名詞をともなわないとき「一つ、一人、一時、一番」など

Eins, zwei, drei, vier... 一、二、三、四…(数えるとき)
Es ist eins. (=It is one.) 一時だ。
die Note eins (成績の)優・最上位(一番の成績)
eins von uns (=one of us) 我々のうちの一人

「1という数・1という数字」女性名詞扱いし大文字で書き始める

eine Eins(1個の1)
die Eins(その1の字)

また、単独で「(成績の)優」にも(=Note eins)

eine Eins geben 「優を与える」。これは複数形にもなりえます。drei Einsen haben 「優が三つある」

ein は後ろに名詞をともない、「一つの(アクセントをもつとき)」、不定冠詞(アクセントをもたないとき)
名詞の性・格により語尾変化します。

ein Mann 「一人の男・(ある)男」 one man / a man


「一番・最初」は序数詞 erst- (=first) を使い

Wer ist der erste? (=Who is the first?) 「誰が一番だ」
der erste Weltkrieg (= the first world war) 第一次世界大戦

上記のように eins /Eins を成績評価の一番に使うこともあります。

eins は後ろに名詞をともなわないとき「一つ、一人、一時、一番」など

Eins, zwei, drei, vier... 一、二、三、四…(数えるとき)
Es ist eins. (=It is one.) 一時だ。
die Note eins (成績の)優・最上位(一番の成績)
eins von uns (=one of us) 我々のうちの一人

「1という数・1という数字」女性名詞扱いし大文字で書き始める

eine Eins(1個の1)
die Eins(その1の字)

また、単独で「(成績の)優」にも(=Note eins)

eine Eins geben 「優を与える」。これは複数形にもなりえます。drei Eins...続きを読む

Qドイツ語 人に対する間接目的語が4格になる動詞

日本語で”~に(人に)間接目的語”+”~を(何かを):直接目的語”という動詞
(sagen、kaufen、raten、geben、schenken、empfehlenなど)で
”~に(人に)”の部分がDativではなくAkkusativになるものがあります。
Ich empfehle【dir】den Fisch.(○):君ににその魚を勧める
Ich bitte 【dir】 den Einkauf.(×):君にその買い物を頼む
Ich bitte 【dich】 um den Einkauf.(○)

日本語から考えてしまうと、どうしても”~に(人に)”の部分はDativだと思ってしまいます。
「fragenは目的語が”nach+Dativ”で、bittenは”um+Akkusativ”となり、単純なAkkusativの直接目的語がないから、”~に(人に)”の部分がAkkusativになるのか?」とドイツ人の先生に聞いたら、
「それは違う。申し訳ないけど、そういうものだと思って覚えて。」と言われました。
そしてsagenなどは必ず直接目的語を持つが、fragenとbittenは直接目的語を持たないこともあるので、とも言われました。
何となくわかったような気がしますが、スッキリとはしません。

どうしてAkkusativになるのか、日本人がわかるようなルールはあるのでしょうか?
それとも数が少ないから、単純にそういうものだと覚えるしかないのでしょうか?
またfragenやbitten以外に”~に(人に)”+”~を(何かを)”という意味をもつ動詞で、”~に(人に)”の部分がAkkusativになるものがあるのでしょうか?
ご存じの方がいらしたら教えてください。

日本語で”~に(人に)間接目的語”+”~を(何かを):直接目的語”という動詞
(sagen、kaufen、raten、geben、schenken、empfehlenなど)で
”~に(人に)”の部分がDativではなくAkkusativになるものがあります。
Ich empfehle【dir】den Fisch.(○):君ににその魚を勧める
Ich bitte 【dir】 den Einkauf.(×):君にその買い物を頼む
Ich bitte 【dich】 um den Einkauf.(○)

日本語から考えてしまうと、どうしても”~に(人に)”の部分はDativだと思ってしまいます。
「fragenは目的語が”nach+Dati...続きを読む

Aベストアンサー

日本語で「与格+対格」の授与動詞形式なるからといって外国語がその形式をとるとは限りません。日本語の「に」「を」が外国語の与格と対格に一致するとは限りません。こういうことは格変化を持つ言語(スラブ系なども)にはよくあることです。

その先生のおっしゃる通りで「~だから人が対格目的語になる」というような理由があるわけではありません。

>「fragenは目的語が”nach+Dativ”で、bittenは”um+Akkusativ”となり、単純なAkkusativの直接目的語がないから…」

これでは日本語の都合に当てはめようとしているように聞こえるかもしれません。nach+dat. や um+akk. は前置詞句であって動詞の目的語ではありません。前置詞句は自動詞にも他動詞にも付きます。当然他動詞なら対格目的語が必要です。「~を」と「~に」が必要だからではありません。

日本人が「人に物を頼む/人に物を尋ねる」と言うところをドイツ人は「物を求めて人をbittenする/物を求めて人をfragenする」と言うように発想が違うのです。

日本語の助詞と格が一致しない例としてよく引き合いに出されるのものに "helfen+与格" がありますが、これは「人に力を貸す」というように考えることができます。しかしこんなに簡単にいかない場合が多く btten, fragen に同じような納得いく説明を求めようと思ったら語根の深いところまで探り出し対格目的語をとる理由を探さないとなりません(あいにくその語源は存じません)。

「そういうものだと思って覚えて」は「とにかく覚えた方が速いよ」というより「説明しようとするとかえって混乱させかねない」と言いたいように思えます。

すっきりしないと思うより日本語との違いを楽しむくらいの気持ちの方が習得にはずっと有効だと思います。

日本語で「与格+対格」の授与動詞形式なるからといって外国語がその形式をとるとは限りません。日本語の「に」「を」が外国語の与格と対格に一致するとは限りません。こういうことは格変化を持つ言語(スラブ系なども)にはよくあることです。

その先生のおっしゃる通りで「~だから人が対格目的語になる」というような理由があるわけではありません。

>「fragenは目的語が”nach+Dativ”で、bittenは”um+Akkusativ”となり、単純なAkkusativの直接目的語がないから…」

これでは日本語の都合に当てはめよ...続きを読む

QEs geht mir gut. とMir geht es gut. について

ドイツ語でWie geht es Ihnen? と聞かれたら、Es geht mir gut. と答えるのが普通ですが、Mir geht es gut. と答えてもよいと教わりました。この場合、mirは3格なのに主語になっています。文法的にはこの文はどのように説明されるのでしょうか?

自分でも色々と調べてみたものの、ドイツ語の初心者なのでよくわかりませんでした。

ドイツ語に詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて頂きたいと存じます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

文法的には「3格目的語が語頭に来たことによる es geht の倒置」と説明されます。「定形二位の原則」と言い、主語以外の要素が文頭に置かれたとき SV が倒置し ○VS となり動詞が2番目の位置に来るようにします。

es を主語、3格や4格の人を目的語とする「非人称動詞」では人を文頭に立てた表現もよく行われます。

es friert mich「私は寒い」
es schwindelt mir「私はめまいがする」
= Mich friert (es)
= Mir schwindelt (es)

感情・感覚に関する動詞の場合 es が文頭にこないときは省略されることがあります。さらに発展して普通の動詞(人称動詞)のようになるものもあります。

ich schwindle
(これはすべてそうなるわけではないので注意してください。再帰動詞になるものや es を主語にする以外はできないものもありますので辞書で確かめてください)

Qドイツ語のbeimの使用について

ドイツ語で「~する際」というとき「beim+動詞の名詞形(と言いますか・・・)」を使うと思うのですが、
このbeimの後に動詞の現在形を置くことは不可能なんでしょうか?
また、「~~する際に」をドイツ語に訳すのに、他に良い表現をご存知でしたらお教えください。

Aベストアンサー

bei「~の際に」は基本的に与格の名詞とともに使います。

bei der Arbeit「仕事の際に」

また、動詞の不定詞を名詞化して(おっしゃっている「動詞の名詞形」というのはこのことです)使うこともできます。名詞化するので語頭は大文字、中性名詞扱いなので冠詞は dem、これが短縮されて beim となります。

beim Arbeiten

bei は前置詞、beim は前置詞+冠詞なので後に来るのは名詞に限ります。動詞の現在形や過去形は動詞でしかないのでこれらに続けることはできません。

動詞を使いたければ接続詞を使い、また内容に応じた主語も必要です。「~とき」の例としては

als er hier kam「彼がここに来たとき(過去の1回の動作)」
wenn er hir kommt「彼がここに来るとき(未来または現在)」
wenn er hier kam「彼がここに来たときはいつも(過去の繰り返された動作)」

Qドイツ語 Ein について 

ドイツ語の Ein についてです。
これがつく場合とつかない場合はどういうときでしょうか?
あと、つけるorつけないは、ドイツでどちらのほうがよく使われますか?

Aベストアンサー

こんにちは、ドイツに留学中のものです。

ドイツ語のeinですが、英語でいうとaに相当する不定冠詞と呼ばれるものです。 後ろにつく名詞の種類と格によって、男性名詞の場合:ein,einen,einem,eines. 女性〃の場合:eine,eine,einer,einer. 中性〃の場合:ein,ein,einem,eines. と変化します。

・意味合いとしては、原則として、数えられる名詞の前について、多数あるものうちの一つを表します(ひとつの…、ある…など)
・使い方としては、
(1)話の中で初めてその名詞が初めて出てくるとき。
 Dort steht ein Junge. Den Junge kenne ich.(あそこに一人の男の子が立っている。その子(=den Jungenのdenは定冠詞と呼ばれ英語のtheに当たります)を私は知っている。)
(2)一つのものを代表として選びだして一般概念を表す(~というものはどれでも…)
 Ein Kind will spielen. (子どもというのは遊びたがるものだ)
などが主だと思います。

・ご質問のeinが付く場合とつかない場合の違いですが、einがつかないのは主に次のような時です。
(1)einがつくはずだった名詞が複数形になったとき。
 Dort stehen Jungen.(上の例の複数形の文)
(2)職業・国籍などを表す名詞が述語になるとき。
 Ich bin Japaner.(私は日本人です)
(3)物質をあらわす名詞
 Der Ring ist aus Gold.(その指輪は金でできている)

・einをつける場合と付けない場合の頻度ですが、統計をとってないので判断できませんが、自分の発話を振り返ってみても、小説などで使い方(1)のように始めだけeinであとは定冠詞になることも踏まえても、einは定冠詞や冠詞なしに比べて比較的使用量は少ないのではないのでしょうか。(使用されないわけではありません、日常会話で頻繁に使われます。)

こんにちは、ドイツに留学中のものです。

ドイツ語のeinですが、英語でいうとaに相当する不定冠詞と呼ばれるものです。 後ろにつく名詞の種類と格によって、男性名詞の場合:ein,einen,einem,eines. 女性〃の場合:eine,eine,einer,einer. 中性〃の場合:ein,ein,einem,eines. と変化します。

・意味合いとしては、原則として、数えられる名詞の前について、多数あるものうちの一つを表します(ひとつの…、ある…など)
・使い方としては、
(1)話の中で初めてその名詞が初めて出てくるとき。
 Dort steh...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報