1.文明とはなにか?
2.文明が起こる必要性
3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
4.文明が起こった当時、交易はあったのか?


                          よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

百科事典でまず知識の概略をつかんだほうが良いテーマなように思えます。



>>1.文明とはなにか?
>>2.文明が起こる必要性
何か事典・辞書的なもので、【文明】の項は引いてみましたか?

>>3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
「文明論之概略」はもうお読みになりましたか? 岩波文庫から出ていますが。
同書での文明論の展開を理解するには、
(1)文明の発達に必要な条件は何か、また停滞させてしまう原因は何か
(2)文明発達の初段階
(3)西洋文明の部分的容認と批判
の点に注意して読み進んでみると良いと思います。
とくに(3)について、文明の交流とそれを阻害する権力の関係は、下の4.の交易の問題ともからんでくるので、それも併せて考察すべきです。

>>4.文明が起こった当時、交易はあったのか?
インダス文明でも、インド半島内だけではなく、バーレーン、メソポタミアなどとの海上交易路も確立したし、エジプト文明とナイル川の水上交通を基盤とした交易は切っても切り離せません。
だいたい、文明発祥の必須条件である農耕が、「その地域で消費される以上の収穫を得る」ことを特徴とするので、農耕と交易の始まりは不可分です。
文明以前、つまり採集・狩猟文化の段階でも、猟具などの交易圏は各地に存在します。
(縄文時代での環日本海の黒曜石交易は有名)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。1,2については調べてみました。3は読んだことが無いんですが「明治時代は文明が半開」と書いてあり1,2の文明とは微妙に違う気がしました。しかし、アドバイスのおかげで絞って読み込んで見ます。

お礼日時:2001/06/27 04:37

文明とは??



文明とは電灯のつくことではない。原爆を製造することでもない。文明とは人を殺さぬことである。(昭和25年、日本山妙法寺山主、藤井日達上人)

意図不明の回答になってしまって、本当に申し訳ございませんでした。
    • good
    • 0

非常に general な質問だと思います。


goingsteadyさんの御意見、観点、などはありますでしょうか?
どういう意図で御質問されているのですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文明とは??

1.文明とはなにか?
2.文明が起こる必要性
3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
4.文明が起こった当時、交易はあったのか?


                          よろしくお願いします。

Aベストアンサー

百科事典でまず知識の概略をつかんだほうが良いテーマなように思えます。

>>1.文明とはなにか?
>>2.文明が起こる必要性
何か事典・辞書的なもので、【文明】の項は引いてみましたか?

>>3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
「文明論之概略」はもうお読みになりましたか? 岩波文庫から出ていますが。
同書での文明論の展開を理解するには、
(1)文明の発達に必要な条件は何か、また停滞させてしまう原因は何か
(2)文明発達の初段階
(3)西洋文明の部分的容認と批判
の点に注意して読み進んでみると良いと思います。
とくに(3)について、文明の交流とそれを阻害する権力の関係は、下の4.の交易の問題ともからんでくるので、それも併せて考察すべきです。

>>4.文明が起こった当時、交易はあったのか?
インダス文明でも、インド半島内だけではなく、バーレーン、メソポタミアなどとの海上交易路も確立したし、エジプト文明とナイル川の水上交通を基盤とした交易は切っても切り離せません。
だいたい、文明発祥の必須条件である農耕が、「その地域で消費される以上の収穫を得る」ことを特徴とするので、農耕と交易の始まりは不可分です。
文明以前、つまり採集・狩猟文化の段階でも、猟具などの交易圏は各地に存在します。
(縄文時代での環日本海の黒曜石交易は有名)

百科事典でまず知識の概略をつかんだほうが良いテーマなように思えます。

>>1.文明とはなにか?
>>2.文明が起こる必要性
何か事典・辞書的なもので、【文明】の項は引いてみましたか?

>>3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
「文明論之概略」はもうお読みになりましたか? 岩波文庫から出ていますが。
同書での文明論の展開を理解するには、
(1)文明の発達に必要な条件は何か、また停滞させてしまう原因は何か
(2)文明発達の初段階
(3)西洋文明の部分的容認と批判
の点に注意して...続きを読む

Q福沢諭吉のアジアと日本での評価の違い

福沢諭吉に関する本を読んでいて福沢諭吉の評価の違いが昔の書体で難しく書かれていて理解することができません。知ってる人がいたらどうか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 特に甲申事変のことが要因ではないでしょうか?韓国では福沢諭吉は日本帝国主義者の一人としかとらえられていません。李氏朝鮮時代、福沢諭吉は金玉均を支援して李朝の改革を画策しようとしたことが嫌われている要因の一つだと思われます。

Q文明

アステカ文明、マヤ文明、世界的に知れ渡っている文明は数多くありますが、

世界に知られている日本での文明はありますか?

Aベストアンサー

日本の文明は、消滅することなしに今も、連続して3000年ほど続いているからです。アステカ、マヤのように消滅した文明で遺跡のみで、数少ない史料からその当時を研究するのが盛んなためです。

Q進化論VS創造論の決着は?

結局どうなんですか?一ヶ月前あたりにビートたけしさんとYOUさんが出ていた番組の中で、「木から下りたサルは二足歩行を始めさまざまな環境に行き進化を遂げ、今のヒトになっていった」(すごく略しました)というようなこと言っていたのですが、ということはヒトの祖先はサルだったということでよろしいのですか?

Aベストアンサー

進化論も、完璧ではなく穴だらけの理論ですが、地球上に生命が発生して人類になったという、人類が行き着いた唯一の科学的理論です。そのバリエーションはいくつかありますけど、どれも、決定的な理論確立には至ってません。

一方、創造論は「神が創った」で片つけてしまう、宗教上の理論というよりは、話であって、進化論の弱点や未完成な部分をつつくだけで、創造論として科学者を納得させる理論はその中には含まれてないといえます。

アメリカ(合衆国)のいくつかの州で、進化論と創造論の双方を教えるようになったのは、単にアメリカが、当時からのキリスト教的文化背景だけでなく、それ以上にそれだけ進化論自体も完成されていないとい発展途上の理論だということです。

それ以外の科学的理論は、ローマ法王庁のいう折衷理論以外ないということです。それすら、反対するガチガチのキリスト教徒もいます。

よって、日本では、特定の宗教の教義を教えることはできませんから、進化論だけを教えるという事になってしまいます。

特に日本の学生などからは、進化論にしてもビッグバンにしても、完璧な科学理論のような発言が随所に見られますが、科学を学べば学ぶほど、分からないことが出てきます。まして、人類がこの期間で森羅万象全てを極めたなんてのは、それこそ科学信仰です。それを謙虚に受け止め、さらに科学的姿勢を崩さずに追求するという姿勢は必要です。

蛇足ながら、宇宙人が人類を作った云々は、SFの世界で問題外です。

進化論も、完璧ではなく穴だらけの理論ですが、地球上に生命が発生して人類になったという、人類が行き着いた唯一の科学的理論です。そのバリエーションはいくつかありますけど、どれも、決定的な理論確立には至ってません。

一方、創造論は「神が創った」で片つけてしまう、宗教上の理論というよりは、話であって、進化論の弱点や未完成な部分をつつくだけで、創造論として科学者を納得させる理論はその中には含まれてないといえます。

アメリカ(合衆国)のいくつかの州で、進化論と創造論の双方を教える...続きを読む

Qなぜ、中国文明の甲骨文字だけが、漢字に変身し、現代まで使われることができた、のでしょうか?

4大古代文明に、文字が発明されました。
<エジプト文明には象形文字、メソポタミア文明にはくさび形文字、インダス文明にはインダス文字(未解読)、中国文明には甲骨文字(漢字のもと)がありました。>
これらの文明の中で、中国文明だけは、当時使われていた甲骨文字が進化し、漢字に変身し、現代まで使われています。他の3文明では、せっかく発明された文字が消滅してしまいました。
なぜ、中国文明の甲骨文字だけが、現代まで活躍することができた、のでしょうか?

Aベストアンサー

漢民族の数が多く、競合する文明も多数派の漢民族の文明に合わせたところがある。
たとえば金には女真文字という文字はあったが、王朝が変わるとすぐに廃れてしまった。

インダス文明は広まる前に滅んでしまった。

くさび形文字は2500年の歴史があり、しぶとく生き残ったともいえる。
実際、様々な言語の表記に使われていた。
しかし、紀元前5~6世紀頃に、セム系のアラム文字との覇権争いに破れてしまった。

なお、アラム文字は紀元前8世紀頃に、フェニキア文字から派生したもので、アラム語の表記に用いられた。
アラム語はアッシリア、新バビロニア、ペルシア帝国の公用語であり、ペルシア帝国が滅んだ後も、ヘブライ文字、シリア文字、などに、形を少しずつ変えながら、生き残っている。
フェニキア文字は紀元前2000年以前には書かれていたと推定されるので、その子孫であるアラム文字は、歴史の長さで決して漢字には負けていない。

最後の象形文字というかエジプト文字は少し複雑。
確かにエジプト語が広まらず、エジプト文字もコプト文字に伝わってくらいで、たいしたことは無い。
しかし、一説によると、原シナイ文字を介してセム系の文字に伝わるという。
もしこの仮説が正しければ、ギリシア文字やラテン文字、インドの文字にも関係することになる。
つまり、遺伝子は少し残っている可能性があるのだ。

漢民族の数が多く、競合する文明も多数派の漢民族の文明に合わせたところがある。
たとえば金には女真文字という文字はあったが、王朝が変わるとすぐに廃れてしまった。

インダス文明は広まる前に滅んでしまった。

くさび形文字は2500年の歴史があり、しぶとく生き残ったともいえる。
実際、様々な言語の表記に使われていた。
しかし、紀元前5~6世紀頃に、セム系のアラム文字との覇権争いに破れてしまった。

なお、アラム文字は紀元前8世紀頃に、フェニキア文字から派生したもので、アラム語の表記に用いら...続きを読む

Q三内丸山遺跡の交易品

三内丸山遺跡のサイトには、
「遠方からヒスイ、黒曜石、琥珀、アスファルトなどが舟を使って運ばれてきました。集落が大きくなる約5000年前から、他地域と活発に交流・交易がさらに行われるようになりました」
と説明されています。
これらの品々は物々交換されたと思うのですが、三内丸山が提供したモノは何でしょうか。
いわば、三内丸山の名産品だと思うのですが…。
よろしくお願いします。

三内丸山遺跡公式HP「縄文時代の扉を開く 交流・交易」
http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/jomon/index.html

Aベストアンサー

●技術の供与・交換を考えられないでしょうか。
○考えにくいですね。
 土器の製作はすでに一般的になっていますし、技術の供与では1度渡してしまえば相手方のものになってしまうので、2度目以降の交易が不成立になってしまいます。

Q独立した文明と栽培作物

 文明が独立して成立した南米・中米・揚子江流域では、それぞれジャガイモ・とうもろこし・米がその文明を支える主食として、野生種から品種改良され栽培作物となりました。

 その観点から見ると、黄河文明・インダス文明・メソポタミア文明・エジプト文明(栽培作物から見ると、文明のルーツは一緒のものが在るのか?)を支える栽培作物は何だったのでしょうか。

 もし、その文明を支えた作物が同じであるなら、何故そうなったかも含めて、教えてください。

Aベストアンサー

大麦は、メソポタミア文明発祥です。

小麦は、エジプト文明からですね。
特に、小麦はスペルト小麦という暑さ寒さにも平気で強靱な小麦があり、9000年前頃にはヨーロッパまで小麦栽培が伝播していたことが判明しています。

インダス文明は、メソポタミア文明の影響を受けているため、麦ですが、インダス文明が興った頃には小麦も大麦も普及していたため、どちらも最初から食べていました。

黄河文明は、最初が粟で、後に麦、揚子江文明と交わって米も混じり合い何でも食べるようになります。

ライ麦は、そもそもが小麦や大麦が育たない場所に育つ麦として、古来貧者の食事と考えられていたため、これが支えた文明はありません。

Q質問です!平安時代のことについて調べているのですが平安時代の風習で印象

質問です!平安時代のことについて調べているのですが平安時代の風習で印象に残っているものや
驚いたことって何ですか?是非教えてください!

Aベストアンサー

 女が家で待ち、有力な男が牛車に乗って「今日はこの子、明日はあの子」なんて時代・・・そのことは格別驚きもしませんが、そのときの風習がいまだに残っているのを知ったときですね。

 飲食業が入り口の両サイドに「盛り塩」をしているのはみたことがあるでしょうか?
あれは平安時代の女達が、自分の家の門口に塩を盛ると、牛車の牛がそれを舐めるそうです。
そうすると牛車はその場にとどまって動きません。男はその家に泊まるってことなんですね。

 これはなかなか子どもには説明できない色っぽい風習ですね。

Q古代文明発祥の国の現在

学生時代の歴史の時間で、古代文明について学びました。

エジプト文明、メソポタミア文明、インダス文明、それに黄河文明。

エジプト文明は現在のエジプト、メソポタミア文明はイラク、インダス文明はインド、それに黄河文明は当然、中国ですね。

ふと気がついたのですが、これら古代文明が発祥した国は、全て現在では発展途上国に分類されますよね。

先進諸国には欧米など比較的歴史が浅い国々がズラッと並んでいるように思います。  少なくとも紀元前から栄えていた国はありませんよね?

なぜ古代文明が栄えた国は、今、どれも (先進国に比べて) 貧しく遅れをとっているのでしょうか?

政治のカテが相応しいのかもしれませんが、宜しく教えて下さい。

Aベストアンサー

古代文明の栄えた中東に在住しており、エジプトも住んだことがあるので、興味深いご質問でした。

古代には、農業生産力の大きい国がすなわち強国・大国でした。特に四大文明といわれる地域は、大河があって、農業のための治水(洪水のコントロール)と灌漑が必要だったため早くから大きな政府が必要になり、古代に大きな統一国家ができたと、世界史で習いますね。
古代文明の栄えた地域、少なくとも私が見たエジプト(ナイル川流域、デルタ)とメソポタミア地方(今のイラクからシリア)は、今でも豊かな大農業地域です。

でも、18世紀に始まった産業革命で、農業よりも工業力が世界の強国になる条件となった途端、事情が変わりました。
産業革命はヨーロッパで始まったので、エジプトも中国もインドもイラクも出遅れてしまい、「豊かな地方」から「貧しい発展途上国」に転落してしまったのです。

1.人類の文明が、農業時代から工業時代に変わった。
2.近代工業(産業革命)が起こったのは、古代文明地域でなく欧州だった。

この2つが基本的な答えと思います。

Q土器の技術と文明の発展状況

遺跡から発掘される土器を見るとき
どこに注目すれば文明の発展状況を知る手がかりになるでしょうか?
例えば薄くて固い土器を作るのには高度な技術が必要とされるのでしょうか?
また幾何学的な文様が見られるときは合理的な社会システムが形成されていると予測するのは間違っていますか?
皆様の御意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

文明ですか。文明の定義を考えたことがないので、、、
ということで、文化的向上度という意味に解釈します。

>土器(略)どこに注目すれば文明の発展状況を知る手がかりに(略)

文化度を測る要素は、質問者もおわかりと思いますが、いくつかあるのだと思います。
その中で、あえて、土器だけでどの程度推し量ることが可能か、という質問かと思います。
素朴な感想ですと、土器を焼く技術の向上の中で、高温を作り出す「窯」の出現は画期の一つと思います。
高温を管理することは金属を加工する知識の蓄積に繋がっていると思います。
とはいえ、土器を焼く窯で鉄などを精製するわけでないですが、高温を体験・管理する経験は大きな刺激になったと思います。
では、土器焼成技術の発展の文化度がどうかというと、なかなか難しいことで、まずは、文化の発展段階をそれぞれに定義して、その中のどの段階に位置するのか、という作業が必要だと思います。
申し訳ないですが、私は文化発展段階の定義を知りません、、、

土器から文化的向上度を測るには、土器の組成の分化の方が目安になるかと思います。
器種が豊富になっていく度合いです。


>幾何学的な文様(略)合理的な社会システムが形成

文様をつける行為は、祈り(シャーマン的)のデザインの場合と、美的なデザインの場合があるのか思いますので、ご質問に相当する場合は、美的なデザインの文様と関係するのかもしれません。

文明ですか。文明の定義を考えたことがないので、、、
ということで、文化的向上度という意味に解釈します。

>土器(略)どこに注目すれば文明の発展状況を知る手がかりに(略)

文化度を測る要素は、質問者もおわかりと思いますが、いくつかあるのだと思います。
その中で、あえて、土器だけでどの程度推し量ることが可能か、という質問かと思います。
素朴な感想ですと、土器を焼く技術の向上の中で、高温を作り出す「窯」の出現は画期の一つと思います。
高温を管理することは金属を加工する知識の蓄...続きを読む


人気Q&Aランキング