夕立なども起こるようになり、雷の季節になりました。
雷といえば避雷針、今、この質問を書いている建物の上にもあります。
私は「避雷針からごく弱い電気が流れていて、それで雷を避けている」と聞いたことがあるのですが、みんなに聞くと「雷をその棒に落とさせて、電気を地面に流すのだ」と言う意見が圧倒的です。
雷と避雷針の本当のところの関係を教えてください。

A 回答 (2件)

避雷針は「そこに落とすことで雷を防ぐ」という意味も確かにありますが、本来


の目的は「雷が落ちないようにする」ことです。

避雷針は先端が鋭い針状になった金属の棒を、地下に埋設したループコイル型の
アースに接続しています。
雷雲が発生すると上空にある雷雲はマイナス、地表がプラスに帯電します。
このとき、避雷針の先端で「先端放電」という現象が起こり、空気中にプラスイ
オンを放出します。このプラスイオンで雷雲のマイナスイオンを中和してしまう
のです。また、中和に至らなくても空気中に大量のプラスイオンが存在している
ため、雷は拡散してしまうというわけです。
(「ファラデーケージ(静電気的シールド)」という原理です)

万が一、落雷した場合にはもちろん避雷針が電流を地下に逃がす役割をします。

こうして2重、3重の安全策を施しているのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。
雷が落ちないようにするから避雷針ということもわかりました。

お礼日時:2001/06/26 18:10

避雷針は、メッキをして導電性をよくした棒と地中板(アース)との間を導線で結んだものです。


雷が落ちやすい状態になると、雷雲と避雷針の間に突端放電が起き、導線を通じて電流を地中に逃がして累害をふせぎます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
ということは避雷針というのはあの棒全体を言うのではなく、棒の先端になる一部をいうのでしょうか?
よろしかったら教えてください。

お礼日時:2001/06/26 17:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋上のシート防水にブチルゴムのシートを貼ると劣化?

現在屋上に塩ビ系のシート防水が敷いてあります。ここにコンクリートブロックを置くにあたり、シート防水が傷つかないように、家にあるブチルゴムのシートをコンクリートブロックとシート防水の間にいれようと思います。

ここで質問ですが、ブチルゴムと塩ビ系の防水シートの相性はどうでしょうか?

ゴムとビニールやプラスチックをくっ付けるとどちらかが溶けたみたいになることがありますが、ブチルゴムと塩ビ系の防水シートの場合、長期的に防水を痛めることになるでしょうか?
可塑剤の移行とかが起こるのではないかと思うのですが・・

専門の方の見解をお待ちしています。

Aベストアンサー

こんにちわ。改修業者のものですが、質問について回答になるかはわかりませんが・・・・

<防水が傷つかないように、家にあるブチルゴムのシートをコンクリートブロックとシート防水の間に

 現在屋上防水層が塩ビ系のルーフィングシートとの事で、私たちも後置きの倉庫や各架台の下には、緩衝用及び保護の目的で置いたりしますが、ご質問のブチルシートで問題は無いと思います。

<ブチルゴムと塩ビ系の防水シートの相性

 これに関してはは確かに接着に関しての相性は良くありません。また、ご心配されている長期的に見て既存防水層を痛めるのではないか? これに関しては、通常の防水層の耐用年数(10年~15年)を考えても、及ぼす影響はごくごく少ないと思います。
 今回CBの下に敷かれるとのことですが、接着の必要性は無いと思いますが・・・・防水層の経年での伸縮はありますが、極端に集中的に荷重が掛らない場合は問題は無いです。防水層の上に一点集中的に荷重が掛る場合、常時、温度や湿度等で防水層が広範囲で伸縮を繰り返していますので、この伸縮の挙動が
止められる状態になりますので、物を置くことはお薦めではありませんが、置く場合は、質問者様の通りに緩衝材を敷くものです。

<可塑剤の移行とかが起こるのではないかと

 ブチルゴムは合成ゴムですので、各可塑剤等は当然使用してますが、先述のように、防水層の耐用年数から、判断すると、多少黒いシミが付着するでしょうが、本来の防水性能敵には心配ないものと御まわれます。回答になりましたかは自信がありませんが・・・・失礼致します。

こんにちわ。改修業者のものですが、質問について回答になるかはわかりませんが・・・・

<防水が傷つかないように、家にあるブチルゴムのシートをコンクリートブロックとシート防水の間に

 現在屋上防水層が塩ビ系のルーフィングシートとの事で、私たちも後置きの倉庫や各架台の下には、緩衝用及び保護の目的で置いたりしますが、ご質問のブチルシートで問題は無いと思います。

<ブチルゴムと塩ビ系の防水シートの相性

 これに関してはは確かに接着に関しての相性は良くありません。また、ご心配されてい...続きを読む

Q電気や雷について

 お聞きしたいのですが、電気(放電など)や雷が生じた場合、それを打ち消してしまうような力は存在しますか?
 物理などの知識はあまりないので、できれば分かり易く教えていただけますと嬉しいです。質問が的を得ていないようでしたら、逆に聞いていただければ助かります。どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

へいっ まいどっ  ^^

>>>
放電した時点ですでに電気でなくなっていると理解したのですが、違いますか?

そう考えて結構です。
雷であれば、雲から空気中を経由して、地面(あるいは地面の上に立っているもの)との間に電流が流れますが、
遠回りで電流が伝わり、最終的には電荷が中和されます。
それはかなり速いですから、「放電した時点で電気でなくなる」と考えてよいと思います。


>>>
また、雷による感電やそういったものは熱や光の中にまだ存在しているということですか?

いえ。
電気が熱や光に変わりました、ということです。
人が雷で感電したら死傷しますが、それは、電気としてのショックもありますけれども、大方の電気エネルギーは、人体の中で電流が熱に変わるという道をたどります。

Qシート防水の屋上に物入れを置きたいのですが

プレキャストコンクリート造りの戸建てで、屋上防水はゴムシート防水に遮熱トップコートを塗布しています。そこに少々重量(100kg程度)のあるRV-BOXのような箱を置きたいのですが、そこで質問です。
なるべく防水を長持ちさせたいのでその点からのご意見をいただきたいと思います。
1 置いてもゴムが切れたりすることはありませんか。
2 乾燥させておいた方がいいと聞いたのですが、直接置くよりもスノコかなにかで水はけを良くしておいた方がいいのでしょうか。ただ、スノコなどを置くと接地面が小さくなりますが悪い影響はありますか。
3 乾燥はしにくくなると思いますが、タイルや人工芝など紫外線を遮断するものを敷いた方がいいのでしょうか。

Aベストアンサー

直接はよくない。スノコで大丈夫ですが、紫外線よりもゴミや水が溜まって腐る方がダメージ大です(バクテリアの影響)。重量は問題ないでしょう。80キロ人間が片足立ちした方が設置面積当たりの荷重はあるでしょう。(ずっとそこにいませんけどね)(笑)。。。

Q雷の電気的特性について

掲題の件について、以下質問します。

(1)地面から突き出た導体の棒に落雷したとすると、電流は、棒⇒地面のルートで流れるはずです。
このとき、電圧は具体的にどこにかかっているのでしょうか(話を単純化して、雷を直流だと仮定すると、+と-はどこにかかっているのでしょうか?)

(2)導体の棒を、地面から十分な距離はなして、空中に浮かせたとき、この棒には落雷はしないのでしょうか?

(3) (2)の状態で、棒を円状につなぎ合わせたときではどうでしょうか?棒が円(ループ)になっているので、落雷で誘導電流?は流れないでしょうか?

Aベストアンサー

 空気の電気抵抗は非常に大きいため、雲の中で静電気が溜まっても、簡単には放電は起こりません。
 そのため、雲の中で生じた静電気は、徐々に雲の中に蓄積されて行き、それに伴って、雲と地面の間の電位差(電圧の差)も大きくなって行き、電位差が空気の絶縁の限界を超えると雲の中や、雲と地面との間で放電が起きます。
 これが雷です。

(1)雲と地面との間の電気抵抗を比較すると、導体の電気抵抗は非常に小さいため、地面に導体の棒を立てた所では、棒が無い場所と比べて、棒の上端の高さと同じ厚さを持つ空気の層の、電気抵抗の分だけ小さくなります。
 そのため、棒が立っている処では電流が流れ易くなりますから、棒が立っている処が真っ先に、空気の絶縁が破れて、落雷する訳です。
 オームの法則から解る様に、電流が流れている時に、電流の経路上の2点間に加わっている電圧の大きさの割合は、2点間の電気抵抗に比例します。
 落雷は、雲と地面との間で電流が流れる現象で、その間で最も電気抵抗が大きいのは空気の層であり、それに比べれば、棒の電気抵抗等無視出来ますから、電圧は主に、雲の中で静電気が蓄積した場所と、棒の上端の間に、加わります。

(2)導体の棒を空中に浮かせた場合でも、電流が棒を通って流れた方が、棒の長さと等しい厚さを持つ、空気の層の電気抵抗の分だけ、電流が流れる経路の電気抵抗が小さくなる事に変わりはありませんから、落雷は棒を通じて落ちる事になります。

(3)棒で作られた円の中で、「雲中の静電気が溜まっている部分」に最も近い部分と、地面に最も近い部分を通って、電流が、

雲→空気中→棒→空気中→地面

と流れた方が、通過しなければならない空気の層の厚さの合計が、最も薄くなりますから、その様な経路を通って落雷する事になります。

 空気の電気抵抗は非常に大きいため、雲の中で静電気が溜まっても、簡単には放電は起こりません。
 そのため、雲の中で生じた静電気は、徐々に雲の中に蓄積されて行き、それに伴って、雲と地面の間の電位差(電圧の差)も大きくなって行き、電位差が空気の絶縁の限界を超えると雲の中や、雲と地面との間で放電が起きます。
 これが雷です。

(1)雲と地面との間の電気抵抗を比較すると、導体の電気抵抗は非常に小さいため、地面に導体の棒を立てた所では、棒が無い場所と比べて、棒の上端の高さと同じ厚さを持つ...続きを読む

Q30年経過したシート防水のリフォームについて

鉄筋コンクリート構造の2階建て個人住宅の陸屋根部分の防水についてですが、現在シート防水をしてある状態ですが、穴があいています。
そこで工法についてですが、上から重ね張りでもいいのか、剥がしてからシート防水したほうがいいのでしょうか?
また、専門業者でないと施工できないものでしょうか?説明書かなにか見ながら施工するとか。たいがいのものは自分で出来ますがシート防水だけは専門性が高いので難しそうなカンジがします。

Aベストアンサー

ただ単に穴を塞げばいいのでしょうか?

でしたらコーキングだけでも対応できますし、もちろん重ね張りも出来ますが、30年間のシートの保護塗装などしていましたか?
コーキングは塗装の出来るものにしてください(シリコンは基本的に出来ませんよ)
なんで? シート保護用の塗装が出来なくなるため。
何もしていないと紫外線によりシート自体がぼろぼろで防水効果がなくなってきている場合もあります。
通常5年サイクル程度でシート保護塗装をメーカーは推奨しています。

また、穴が開いていた、切れている場合は、下地に漏水しています。シートがしっかり
くっ付いているかも疑問です。
触ってみてプカプカしてないか確認してください。
通常だめになったシートは全て撤去、またシートにするか、ウレタン防水、FRP防水等やり直しになります
30年からしてシート自体が駄目になっていると推測はされます。 

シート防水自体はさほど難しくはありませんが、
有識者のアドバイスの下作業をお勧めします。
仮に失敗した場合、材料代、やり直し、漏水でかなりの出費になりますよ。防水士の資格があるくらいですから。
ご参考までに。

ただ単に穴を塞げばいいのでしょうか?

でしたらコーキングだけでも対応できますし、もちろん重ね張りも出来ますが、30年間のシートの保護塗装などしていましたか?
コーキングは塗装の出来るものにしてください(シリコンは基本的に出来ませんよ)
なんで? シート保護用の塗装が出来なくなるため。
何もしていないと紫外線によりシート自体がぼろぼろで防水効果がなくなってきている場合もあります。
通常5年サイクル程度でシート保護塗装をメーカーは推奨しています。

また、穴が開いていた、切れて...続きを読む

Q避雷針と遮蔽角(保護角)

高電圧工学の本における避雷針の解説で、「架空地線(=避雷針)の遮蔽角(保護角)は、小さいほど安全率が高い」との説明を読みました。

しかし、私としては、「遮蔽角が大きい方が、大地においては安全な場所の範囲が広いのでは?」と思えてなりません。

私が“安全率”の解釈を間違えているのかもしれませんが、どうしても腑に落ちないため、“遮蔽角が小さいほど安全”であることの説明をしていただければ、と思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

避雷針はあくまでも予防処置です。避雷針の高さが高ければ高いほどその直下に近い位置を保護します。つまり、高さの差があればその高い方に落ちる可能性が高まります。

その反対に、高さの差が半分程度であれば、避雷針にかなり近い部位では保護される可能性が高いのですが、避雷針の高さ程度の距離まで離れると、効果が殆んど無くなります。つまり、角度が45度程度も離れると効果が小さいのです。

ここでいういわゆる防護確率は、避雷針に近づければ高い確率で保護できるし、離れれば保護される確率が小さくなるということを表しているだけなので、避雷針のトップからの角度は大きくなれば防護確率が小さくなるというのは正しい表現になるのです。安全を中心に考えると、少しでも高い避雷針を用意し、防護するものを小さい角度内に収めた方が、より安全であるという表現というわけです。でも、落雷の危険度はゼロではありません。小さくなるだけです。

Q陸屋根のシート防水の相場について。

コンクリート造陸屋根2階建て住宅です。現在、シート防水の軽歩行用が施工してあります。
最近、雨漏りするようになってきて、先日見積もりをとりました。
150平米 180万円でした。相場から比べて高いような気がします。そこで、現在5社競争見積もりを再度取る手配をしています。
ただ、何分知らない業者ばかりで、なめられっぱなし。
2件目の業者には、安い値段だと、当然安かろう悪かろうになりますよ。と横柄な言い方をするので、最初から悪い仕事をするなら頼みません。と言ったら黙りましたけど。多分この業者には怖くて頼めません。
明日、3件目の連絡を入れます。
最近はリフォーム詐欺など多いので、注意して業者選定していきたいと考えています。

一応私は建築業ですが、シート防水なんて経験ないし、いくらぐらいが相場なのか分かりません。それにシート防水の種類も。とりあえず、塩ビシート防水が一番最適じゃないかという話なので、その見積もりをとるようにしています。

Aベストアンサー

シート防水もピンキリで、値幅がかなりあります。
刊行物は見たでしょうか。建築施工単価などに価格が掲載されていますが、5,000円から10,000円くらいでしょうか。公表価格なので、60%~70%が実勢と思いますが。

平米当たり1万円を超えていますので、高いような気もしますが、既存の撤去費用やら納まり部のシーリング、金物の細工などがあるなら妥当な線かもしれません。仕様や条件によります。

で、どうするかですが、こんな手は如何でしょう。
1社目に仕様を決めさせ、カタログなりを提出させます。
2社目以降は「これと同じ仕様又は同等以上で見積もれ」とします。
最低でも撤去、新設、その他作業に区分した見積を出させます。
仕様が変わる場合は、変更したもののカタログなりも併せて出させます。
これくらいで、大体、比較できるかな、と思いますが・・・。
後、大事な要素は、きちんと説明できる業者か、信頼するに足る業者か、でしょうか。
ここらへんは、人を見る目の勝負でしか有りませんが。

Q夕立の初めと終わり

今日夕立に遭いました。
傘を持っていなかったので、雨宿りをしていて気になったのですが、夕立が始まって前半と後半では風の向きが逆になっていました。
これは、夕立の特有の現象なのでしょうか?それとも、夕立には直接関係のないものなのでしょうか?

もし、夕立に関係しているなら原理も教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

こんにちは。
それは「寒冷前線」と呼ばれる冷たい空気と温かい空気の境目の動き方によるのですが、風向きが変わる場合というのは、その境目(前線)に向けて両方から風が吹いてきており、冷たい空気に温かい空気の風が衝突してる事を意味します。
こういう場合、温かい空気は逃げ場がなくなり、激しく上に吹き上げて巨大な雲を作ります。
これが積乱雲ですが、こういう場合は積乱雲の発達が激しくなるので、激しい夕立ちとなります。

つまり夕立ち特有というわけではないのですが、そういう場合は激しい夕立ちが起こりやすいといえます。
今日は、静岡あたりでしたでしょうか、ものすごい大雨になって冠水したり、土砂崩れとか、激しい雷で家屋直撃のニュースが流れてましたね。

Q屋根のシート防水のメンテナンスについて質問です。

屋根やベランダがシート防水なのですが、基本劣化して張替えが必要なことは認識しております。

ただ、何かしらのメンテナンスを行うことで、寿命を延ばすことができれば対応を検討しております。

これら、屋根などに使われるシート防水のシート(ゴム?)。
これらをメンテナンスするにはどうしたらよいでしょうか?

何か、専用のメンテナンス用の塗膜塗料や保護用の塗料などがあるのでしょうか?
または、何かの油などを定期的に塗ればよいのでしょうか?

単純な発想、スウェードの皮製品にはミンクオイルなどを塗りますが、そういった感じで何かメンテナンスできることがあればお伺いしたく思います。

もちろん、全くの素人知識での質問なので、根本的に異なるメンテナンス方法がありましたら、ご教授いただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

シート防水でしたら、シートの上に塗るトップコートは施工されているでしょうか?
ウレタン塗料やフッ素塗料などがありシートの保護になりますので結果的に長寿命化が図れると思います。 ただ、トップコートを施工しない現場も多くあります。初期費用がかかることと、シートのつぎはぎ補修が難しくなりますので、雨漏れなどが起これば全面改修となります。

シートが健全であれば、既存シートを撤去せずに改修ができますので、こまごまと費用をかけて寿命を少し伸ばす策を講じるくらいなら、マンションの様に長期修繕計画を練って突然のトラブルや出費を抑えるようにしたほうがいいです。

Q避雷針があっても落雷する理由

国会議事堂のてつぺんに、避雷針があるにもかかわらず雷が落ちました。これはどういう理由でしょうか? 浜辺のような低い場所でも雷が落ちた例もあります。これも疑問です。

Aベストアンサー

雷が建築物を直撃すると、超高温・衝撃波などで建築物が破壊されたり発火したりするので、安全に地面まで逃がす役割を果たすのが避雷針です。よって避雷針は雷をそこに落としやすく(おびき寄せる)するためのものです。

稲妻は、高電離プラズマ(気体が超高エネルギー状態で電子と原子核が分離された状態)と考えられ、金属導体と同じように電気を通します。よって、金属の導線で地面まで雷を導いても、たまたま、違う箇所にプラズマが発生してしまえば、稲妻は導線に関係なく空中を通って行きます。その通路にコンクリートやガラスなどがあると、前記の事由などで破壊される場合があります。

>浜辺のような低い場所でも雷が落ちた例
雷は高い所に落ちるとは限りません。海上では海面に落ちますし、砂浜では砂浜に直接落ちることもあります。重要なのは、地面のどこからリーダーがスタートしたかです。高い所で、鋭利なものほど、リーダーがスタートしやすい条件が整っているので、高いところに落ちやすいのです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=306468

雷が建築物を直撃すると、超高温・衝撃波などで建築物が破壊されたり発火したりするので、安全に地面まで逃がす役割を果たすのが避雷針です。よって避雷針は雷をそこに落としやすく(おびき寄せる)するためのものです。

稲妻は、高電離プラズマ(気体が超高エネルギー状態で電子と原子核が分離された状態)と考えられ、金属導体と同じように電気を通します。よって、金属の導線で地面まで雷を導いても、たまたま、違う箇所にプラズマが発生してしまえば、稲妻は導線に関係なく空中を通って行きます。その通路...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報