【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

エンペラーとキングの違い

A 回答 (6件)

エンペラーはローマ時代の皇帝の呼び名です。

キングは同様に欧州での君主の呼び名です。

キングというのは国の支配者のことをいいます。国の支配者と言っても実はいくつか種類があるのですが、キングは国のオーナーそのものです。
他にはたとえばモナコ公国の王は大公:the Principality of Monaco と呼びます。なぜキングではないか、というとモナコ国王は王であると同時にフランス王の臣下だったからです。どこかの王の部下であればキングと呼ばれることはないのです。


しかし、モナコは今の大公の先祖が別の国から土地を買って自分の国として立ち上げたオーナーですから、君主であることは間違いなく、フランス王の配下でなければキングと呼ばれていたわけです。

エンペラーについてはローマ時代にさかのぼります。漢字の「皇帝」とは成り立ちが全く違います。
ちなみに「皇帝」は朝貢外交の宗主国で冊封側のことをいいます。中国は周辺国から朝貢をうけ、彼らに「中国皇帝」という一段高い位を認めさせる代わりに臣下としての王の地位を授けます。これを冊封関係というわけです。

エンペラーはローマの支配を独裁的に行った人物の呼び名ですがエンペラー、正確にはインペラトール:imperatorはその中の一つの名称でしかありません。
 もともとローマは王様を負いだして共和政になり、元老院という議会が首相のような役割の執政官2人を1年ごとに交代させながら運営し、戦争が起これば軍事指揮官:インペラトールを指名して対処していました。

 ところがローマの領地があまりにも大きくなったため共和政では判断が遅くなることから、ユリウス・カエサルが独裁的な指導者を生み出すために作りだされたのがエンペラーなのです。
 当時、エンペラーは実は正式な名称ではありませんでした。エンペラーとされる人は執政官・軍事指揮官・護民官・最高神祀官を一人で兼務して、死ぬまでその役職にあったことから俗にエンペラーと言われるようになったのです。

 この役職を得たのはカエサルの子孫で、初代エンペラーはアウグストス・カエサル、以降代々カエサルの名前を継ぐ(養子でよい)ことが条件になり、それがドイツ皇帝カイザーにつながっていきます。

 ローマ時代のエンペラーはローマ領地だけでなくローマに従うことをきめた国家(同盟都市国家)や国家には属さないいわば軍政をひいた状態の属州など様々な形態の国家を管理するものでした。この管理形態が皇帝と似ているためエンペラー=皇帝と訳されるわけです。

ですからキングと違って、民主的な仕組みが残っているのがエンペラーであるといえます。
    • good
    • 0

キングより偉いのがエンペラーです。



キングは、その領置のトップで、
領置ごとにキングがおります。

エンペラーは、そのキングの更に上の
存在で、複数の領置を支配します。

ちなみに、天皇はエンペラーと翻訳されて
います。

これでいくと、徳川将軍など、諸藩の
殿様がキング、ということになります。
    • good
    • 0

エンペラーは皇帝、国の長。


キングが王、地域の長。

家康がエンペラーで、藩主がキング、の関係
    • good
    • 0

ヒナが可愛いのがエンペラー、あんまり可愛くないのがキング。



という冗談はさておき、結構難しい質問です。

大雑把な理解としては、「帝国のトップがエンペラー、王国のトップがキング」で、
「帝国」とは複数の民族や地域にまたがる統治国家のことです。

例えば王国A、B、C、Dがあったとします。
王国Aが王国B、C、Dを侵略して、それぞれ支配下に置いたとしますよね。
このとき、Aは全然文化も風習も違うB、C、Dを支配下に置き、
AのキングはB、C、Dの王統よりも上位の存在としてエンペラーを名乗る。

そんなイメージで良いんじゃないでしょうか。


言葉としては、エンペラーは元々民主政ローマの軍の最高司令官(インペラトール)で、
彼らは戦争をするとき、本国から全面的な委任・命令権を与えられていました(インペリウム)。

ローマを帝政に移行させたのはユリウス・カエサルで、カエサルはローマ軍の最高司令官でした。
そして、カエサルは自分自身の持つ絶対命令権(インペリウム)を養子のアウグストゥスに引き継ぎました。
ここに、世襲制でインペリウムを持つ国家のトップが生まれ、徐々に「インペラトール」はインペリウムを持つ
軍の最高司令官の意味から、インペリウムを持つ国家元首に意味が変わってきます。

こうして帝政ローマが生まれるわけですが、ローマはそもそも民主政時代から、周辺国家と戦争をして属国化したり、
ローマ優位の同盟国を沢山持っていましたから、インペラトールはそれらの「王国」の元首(キング)に対して
上位に立つ存在になりました。


「皇帝」は中国の言葉で、最初に名乗ったのは文字通り秦の始皇帝です。
始皇帝も、魏、趙、斉、楚、燕、韓を滅ぼして、それらの王国を統べる存在となったので、
王たちの上に立つ存在として「皇帝」を名乗りました。
    • good
    • 2

エンパイアーを治めるのがエンペラー (女性ならエンプレス), キングダムを治めるのがキング (女性ならクイーン).

    • good
    • 0
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q謎の漢字

この画像の漢字について教えてください。

"auspicious : 縁起が良い、幸先が良い" と言う意味があるそうです。

Google文字入力の手書き文字入力ツールも試してみましたが、
該当しそうな漢字が思い浮かびません。

Aベストアンサー

賀 が
ですね、年賀状の賀

http://kakijun.jp/page/12210200.html

Q江戸時代の農民は貧しかった?

昔から疑問でした。
学校では農民は苦しい生活とか習いましたが、感覚と一致しないです。

貧乏で生活するだけで必死なら文化なんて生まれないんじゃないですかね?

各地の郷土料理。祭りもあるし?
死ぬ前に一度は伊勢参り?
茶屋だってあるし?

巡業だってあったでしょう?

村の寄り合い?に遅れたら駆けつけ3杯?お酒のんでるじゃないですか?

江戸で白米ばっか食べてた町民よりはよっぽどいい食事をしてたのでは?

そこそこ普通に生活してたんじゃないですか?

Aベストアンサー

救いようがない程の貧乏村はゼロではなかったでしょうが平均的な言い方をすれば普通に生活をしていたというのが小生の考えです。
きっかけは小生の生まれたところ。村高250石、殿様への年貢が200石、免(年貢率)は何と8割。ですが酷税に泣かされたといった悲惨な伝説はありません。寺も神社もあるし酒も飲んでいました。伊勢参りの記録は確認していませんが四国遍路の記録はあります。

なぜ免が異常に高いか
村高は豊臣秀吉が各地の領主に命じて調べさせたのが最初。しかし領主が役人を派遣して調査したのはごく少ないようで一般的にはやり方を説明して各村々にやらせ報告書を提出させた。これを「差出検地」といいます。村高が決まると年貢が決まる。村人は年貢は少なくしたい。ならば貧乏村にしてしまえ、というわけで過少申告した村があった。でもすぐにばれる。ばれると正しい年貢に増量されますが村高は訂正されなかったので免だけが異常に高くなった。
その後領主が変わるなどして再検地があると村高は訂正されることもあったようです。しかし小生の故郷は江戸時代を通じて領主の交代はなかったので再検地もなかったようです。

小生が知る範囲で最も重税なのは備中羽山村。村高58.5石、年貢が93.8石、免は160.3%(万治3年、1660年)。年貢の量が村高の1.6倍。年貢の常識論では有り得ない値。
この村、2年後には村高は128石余に増えている。農民の負担が増えた、村は苦しんだなどと言った史家先生がいたのではないかと思うが年貢の量は94.1石とほぼ変化なし。免が73.5%と何とか常識的な値に下がっているのだ。
史家の多くは村高基準で年貢制度を語っているようですがまちがい。年貢の絶対量を基準にしないと農民の負担はわからない。余計なことですが史家は算数ができないのかと疑いたくなることがよくある。

領主に納めた年貢の量を村の人口で割って1人あたりの年貢の量を調べたことがある。備中の20数か村でやったのですがどこの村も3斗5升から4斗とほぼ一定になった。小生の故郷も 年貢200石÷人口500人=0.4石 となる。村高や免の値とはほぼ無関係にこうなる。ただし宿場町や漁村は例外。さらに5才程度以下の子供は人口として数えられていないことがあるので要注意。上の羽山村は人口のデータが見つからないので計算できず。
1人あたり食糧が米1石、年貢0.4石、衣料費など雑費が最低1石必要と考えれば2.5石程度が1年間生活するために最低限必要な経費ということになる。村の数字の記録がどうであろうと1人あたり2.5石(米換算で)の生産があったということになる。当然冬の生産も含まれる。村高は夏の生産だけしか考えていないのでこのことも注意が必要。
逆に言えば人口がわかれば村の生産量が推定できるということになる。

農民はアワやヒエばかり食べていたか
年貢は土地(一般に田、畑、屋敷)に対してかかります。何を栽培しようと、逆に何も作らなくても年貢の額は変わりません(変えた領主もいたようですが)。米を作ろうとヒエを作ろうと年貢は変わりませんから誰でも最も高価な米を作ろうとしたはず。何故アワやヒエだったか、その理由は気候風土の問題で米が作れなかったのです。
関東地方などでは丘陵が多く水が乏しかったため水田は少なく、多くが畑。少ない水で育つ作物でないとダメだったのです。しかし畑の年貢も米で納めるのが基本。僅かに取れた米は全部年貢に。それでも足りないと他所から買ってきて年貢に充てました。それを見た、恐らく西日本出身の人が「米が食えない貧乏村」と言ったのでしょう。

救いようがない程の貧乏村はゼロではなかったでしょうが平均的な言い方をすれば普通に生活をしていたというのが小生の考えです。
きっかけは小生の生まれたところ。村高250石、殿様への年貢が200石、免(年貢率)は何と8割。ですが酷税に泣かされたといった悲惨な伝説はありません。寺も神社もあるし酒も飲んでいました。伊勢参りの記録は確認していませんが四国遍路の記録はあります。

なぜ免が異常に高いか
村高は豊臣秀吉が各地の領主に命じて調べさせたのが最初。しかし領主が役人を派遣して調査したのはごく少...続きを読む

Q男性に質問です。この太ももどう思いますか?

男性に質問です。この太ももどう思いますか?

Aベストアンサー

>男に質問つってんだろがwwwwwwwww

男が見てゲロ吐く程度の汚い足。

Q【公式の矛盾】全ての誤差は答えに集約される? オームの法則を例にするとオームの法則は3つのうち2つの

【公式の矛盾】全ての誤差は答えに集約される?

オームの法則を例にするとオームの法則は3つのうち2つの値が分かればもう1方の値がわかるという。

I=V/RのIには電線の抵抗分が含まれない。

一方の

R=V/Iは電線の抵抗分がRに含まれるので2つの答えは両方正しくない。

3つのうち2つを測定して求めたのなら残りの1つも測定すれば正しい値がわかる。

2つも測定してあと1つ測定するだけなのに2つの測定結果からもう1つの答えを求めると全部が正しくなくなる。

1万ぐらい測定があっての予測なら良いが3つのうちつのうち2つ求めたんならあと1つも測定しろよと思うのはおかしいことですか?

公式を使えば使うほど誤差が答えに含まれていく気がします。

公式だらけを使って難しい計算式で求めている物理学とか天文学とかって答えに誤差が大量に含まれているのでは?

超微細な調整をして計算している一方で公式を使うことで誤差が答えに集約されていくのは無視するのは都合が良すぎやしませんか?

Aベストアンサー

誤差を含めた上での公式でしょう?
物理の問題とかでも「ただし空気抵抗は無視する」みたいにわざわざ書いてますよね。

3つの内2つ測ってるからといってもう1つ測る必要性は無いでしょう。
4つならどうなんですか?5つなら?どうして3つの時だけ全部測れってことになるんですか?
その理屈なら100万あっても100万測ればいいじゃないですか。

公式とは、こういう風にみなして計算しても問題が無い。という式です。
既存の公式に問題があるというのであれば、新しい公式を発表すればいいでしょう。
それが正しいものであれば認めてもらえるはずです。

Qこの問題は答えが64なんですが なんやっても64になりません なので途中式を教えて下さい。 おねがい

この問題は答えが64なんですが
なんやっても64になりません
なので途中式を教えて下さい。
おねがいします

Aベストアンサー

皆さんが指摘しているように、自分の計算式を記載した方がいいでしょう!
与式=∮【x: ー1→3】(3x^2+7x+2)dx=[x^3+7x^2/2+2x](ー1→3)
=3^3ー(ー1)^3 +(7/2)・{3^2ー(ー1)^2} +2{3ー(ー1)}
=27ー(ー1)+(7/2)・(9ー1)+2・4
=28+7・8/2+8
=28+28+8 =56+8
=64
私のは、次数ごとに代入しました。自分の間違えないやり方で!!!

Qなぜ、日本の英語教育では「アブクド読み」を教えなかったの?

アルファベットの読み方についてです。
日本で育った日本人のほとんどは、学校で、ABCD・・をエイビシーデーと教わり覚えたと思います。

最近、たとえばNHKの英語番組などでも、
エイビシーデーはABCDの「名前」であって、「読み方(音)」ではない。読むときの音は「アブクド・・・」である。ただし、いくつかの例外はある。

といった解説をしています。
ネット上の英語教材でも、「日本人が英語が話せない理由、それはアルファベットのホントの読み方を知らないから」などというキャッチコピーを見かけます。

中学校での英語教育がいつ始まったのか知りませんが、どうして最初から「アブクド・・・」を教えなかったのか、不思議です。
教育内容は、英語専門家が集まって決めたと思います。専門家でさえもアブクド・・というアルファベットの「読み方」を知らなかったのでしょうか?

中一の時、
I am a boy. はなぜ、アイ エイム エイ ボーイ じゃないの? hatはなぜヘイティじゃないの?エイビーシーデーを一生懸命覚えたのはなんだったの? 
と疑問に思ったことを思い出しました。

最初から「読み方は、アブクド・・・」と教えてくれていたら、そんな疑問も抱かずに、スルっとマルっと英語を読めたかもしれないのに、と思います。

アルファベットの読み方についてです。
日本で育った日本人のほとんどは、学校で、ABCD・・をエイビシーデーと教わり覚えたと思います。

最近、たとえばNHKの英語番組などでも、
エイビシーデーはABCDの「名前」であって、「読み方(音)」ではない。読むときの音は「アブクド・・・」である。ただし、いくつかの例外はある。

といった解説をしています。
ネット上の英語教材でも、「日本人が英語が話せない理由、それはアルファベットのホントの読み方を知らないから」などというキャッチコピーを見...続きを読む

Aベストアンサー

私の想像でしかないのですが、フォニックスルールで単語を読めても意味は分かりません。既に耳で聞いて意味を知っているなら良いですが、そうでないとアルファベットの塊でしかないので、意味と読み方とセットで覚える仕組みなのかなと思います。

私は子供に英会話を教えていました。もちろん、このフォニックスルールも教えました。リスニング問題を解く前に、英語が苦手な子もいたので、あらかじめ情景など一緒に確認することがありましたが、ある時、登場人物の名前を読ませたら、4人のうち3人が外国人の名前、一人が日本人で「Hide」。これを、迷わずに「ハイド」と子どもたちが読んだときは、フォニックスルールの素晴らしさを実感しました。本当は「ヒデ」なのですが、ルールに則ると「ハイド」(英単語としても「隠す、隠れる」という意味がある)と読みます。

ただ、フォニックスを知っていても全ての英単語を読めるわけではありません。中学校でもフォニックスを教えるようになったと思うのですが、どうせ教えるならば発音記号の方が後々役に立つと思うのです。高校から使う辞書は発音記号しか載っていないので。今は電子辞書やネットで音声で調べられるので知らなくても良いかもしれませんが、それを言うとフォニックスもしなくても良いような...

どちらを教えるにしても、正確(それに近いもの)に発音して教えられる教師がどれほどいるのかが問題だと思います。

私の想像でしかないのですが、フォニックスルールで単語を読めても意味は分かりません。既に耳で聞いて意味を知っているなら良いですが、そうでないとアルファベットの塊でしかないので、意味と読み方とセットで覚える仕組みなのかなと思います。

私は子供に英会話を教えていました。もちろん、このフォニックスルールも教えました。リスニング問題を解く前に、英語が苦手な子もいたので、あらかじめ情景など一緒に確認することがありましたが、ある時、登場人物の名前を読ませたら、4人のうち3人が外国人の名前...続きを読む

Q月の欠け方で、日本の季節がわかるか

日本居ると四季があり、すぐに実感できますが、その感覚を封印するとして、

夜の月の
1.欠け方
2.大きさ
3.19時など一定時点の角度
4。方角

に依拠して、いまの季節(何月や上旬か下旬か)は、
複雑な計算なしにわかりますか?

Aベストアンサー

No.1続き
18年毎に動くから、2~3年では変わらないし、地球の公転面とのズレも僅か5°位だから、

冬は低く、夏は高い、で良いと思う。
あくまで比較の問題だケレド。

Q玉音放送で国民がなぜ天皇陛下の声を知っているのか

https://www.youtube.com/watch?v=YbdCWdRNgz4
このラジオ放送です。
ラジオだから音声だけで顔は見えないはずなのに何を根拠に天皇陛下だと判断したのでしょう。

Aベストアンサー

>ラジオだから音声だけで顔は見えないはずなのに何を根拠に天皇陛下だと判断したのでしょう

玉音放送の時点で「この声が天皇陛下だ」と思った人はほとんどいなかった、というのが真相です。

ただし、玉音放送がある、仕事の手を休め学校も中断して聞くように、という命令が事前に出ていたこと、放送内容が「日本はポツダム宣言を受け入れて降伏する」という内容だったことから、「天皇直々に話をされた可能性が高い」と思っただけです。

その後の新聞やラジオのニュース、降伏後の敗戦処理などの内容が伝わるにしたがって「あれは本当に天皇がしゃべったんだ」という認識が広まった、ということです。

Q日本では店員の方が礼を言います。また、三波春夫の唄う ”お客様は神様です” も、知れ渡っています。

日本では店員の方が礼を言います。また、三波春夫の歌う”お客様は神様です”も、知れ渡っています。
 日本人がこれらを受け入れることができた心情は、どのように涵養されたのでしょうか?
(私は、根拠はないのですが、江戸時代の近江商人や江戸商人によって育て上げられたのかな、と空想していますが)

Aベストアンサー

三波春夫さんの言う、「お客様は神様です。」については、1961年宮尾晋さんとの対談で生まれた言葉です。ここでいう、お客様は、金を払う人ではなくて、ファンのことですね。ですから買い物客とは少しニューアンスが違います。

そして、買い物客に礼を言う行為は、やはり、頭の低い大阪商人から始まったのではないでしょうか。
元来、近江商人は、かける経費に利益が少ないので、行商などが多くて、<近江商人が歩けば、ぺんぺん草も生えない。>と言われましたから、それほど全国を駆け巡ったのでしょうね。そして、彼らが日本全国の動向を伝える、マスコミの役割もしたと考えられます。
また江戸商人は、下級武士や地方農民が始めたのが広がって言ったので、それ程、商売にたけなくても、膨らむ江戸の町で利益は上がったと思います。
そうすると、比較的手広く売買をした、大阪商人は、次 来てもらわなくてはいけないし、顧客確保の四苦八苦したと思います。「まいど!!」と言う言葉も、大阪商人が使いますが。覚えていますよ!!
と言うことを言葉に出したのが、「毎度毎度ありがとうございます。」を縮めて、「マイド!!」と言いますね。そこからすると、ありがとうございますのお礼も、大阪商人から出て、近江商人を経て、江戸商人へ渡ったと考えれば、辻褄が合いますね。
そして、毎度という言葉も、今でも関西では、使われていますね。
ということではいかがですか。

三波春夫さんの言う、「お客様は神様です。」については、1961年宮尾晋さんとの対談で生まれた言葉です。ここでいう、お客様は、金を払う人ではなくて、ファンのことですね。ですから買い物客とは少しニューアンスが違います。

そして、買い物客に礼を言う行為は、やはり、頭の低い大阪商人から始まったのではないでしょうか。
元来、近江商人は、かける経費に利益が少ないので、行商などが多くて、<近江商人が歩けば、ぺんぺん草も生えない。>と言われましたから、それほど全国を駆け巡ったのでしょうね。...続きを読む

Qキングとエンペラーの違いは???

小学生の頃から解らずに、未だに悩んで(?)いることがあります。

それは「キング(king)」と「エンペラー(emperor)」の違いについて、です。

日本語訳では「キング」は「王」、「エンペラー」は「皇帝」と訳されますが、それ自体、明確な区分が解りません。

それでも「世界史」を見ると、「キング」と「エンペラー」の差は何となく解る気がします。

「キング」は世襲制で、あまり政治力を持たず、どちらかと言うと「象徴」的な存在。

それに対し「エンペラー」は権力を一手に握り、そして、世襲ではなく、「力ある者」が次の「エンペラーの座」に着く・・・。

私の感覚では、そんな感じなのですが、どうもハッキリ、スッキリしません。

それに、この判断方法でいくと日本の「天皇」は英語では「エンペラー」と訳されていますが、どちらかというと「キング」の方に近い存在だと思います。


どなたか、この「キング」と「エンペラー」の「差・違い」を明確に御説明出来る方はいらっしゃらないでしょうか?
積年の疑問です。


どうぞ宜しくお願い致します。

小学生の頃から解らずに、未だに悩んで(?)いることがあります。

それは「キング(king)」と「エンペラー(emperor)」の違いについて、です。

日本語訳では「キング」は「王」、「エンペラー」は「皇帝」と訳されますが、それ自体、明確な区分が解りません。

それでも「世界史」を見ると、「キング」と「エンペラー」の差は何となく解る気がします。

「キング」は世襲制で、あまり政治力を持たず、どちらかと言うと「象徴」的な存在。

それに対し「エンペラー」は権力を一手に握り、そして、世...続きを読む

Aベストアンサー

参考URLの過去質問をご覧ください。
自分も回答しています。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1194373


人気Q&Aランキング