個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

50mmマクロと100mmマクロを使い分けて
おられる方いらっしゃいますか?

当方は100mmマクロしか使ったことがありません。
周囲にも使い分けている人がいないので、
どのように使い分けておられるのか興味があります
50mmならスナップにも使えるだろうし、
手持ちで楽に撮影できるでしょうから。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

50ミリで人物となると、それこそ鼻の穴とかお口の中といった世界を撮影するのには最適かもしれませんね…。



マクロレンズで人物となると、90ミリや100ミリクラスが無難かと思われます。ただ、スナップとなれば、ピントの合う範囲が浅くなることあるかもしれませんが、まぁ使い慣れれば何とかなることと思われます。ポートレートやグラビアでは多投していました。

私は90ミリのマクロレンズを使っていた時期がありましたが、絞りを開放した時のボケ味は最高でしたよ…
    • good
    • 2

仕事で両方を使っていますが、一番の差は撮影距離の違いです。


私の場合は正確には60mmと85mmと105mmですが。

似たような回答は既に出ていますが、具体的には
50mmですとファインダーを覗きながら被写体の位置を動かす事ができます。
100mmでは(撮影倍率にもよりますが)ファインダーから目を離さないといけませんので
作業効率が著しく劣ります。
No.7さんの回答にもあるように「文献の複写」には50mmは(最適というより)必需品です。

花などを撮る場合でも、手で不要な物を画面から外したままレリーズすることもできますから
最適な画面整理ができて便利です。

逆に100mmではライティングがかなり自由になりますので
手前から反射板を使いたい場合などは有利です。
50mmではそのスペースがありません。
ですので「ブツ撮り」には100mmの出番が多いです。

そうした手順上の差とは別に、
合焦部分の前後のボケの具合も50mmと100mmとでは違ってきます。
もちろん、被写体の形状も焦点距離によって大きく変わります。
奥行き感(立体感)を出したい場合には100mmより50mmのほうがいいですし
圧縮感を求める場合は100mmのほうが有利です。

スナップなどの、本来とは違う用途にはどちらも向いていないと思います。
まず、ボケが汚いです。
マクロ域のボケが良くても一般撮影域では汚いものが多いです。
そもそもボケを無視した設計です(シャープさを優先すればボケは犠牲になります)から
ポートレートには向いていませんし、
スナップなどにも、あえてそれを使わなければいけない状況はありません。

それでも、特にレンズメーカーの製品には
一般撮影にも使用できるよう謳った製品も多くありますが
それらは殆どの場合、マクロレンズとしての描写性能は犠牲になっています。
撮影倍率などの数値には差がありませんが(ほとんどが等倍ですね)、
「像を歪ませずに精密描写」という本来の目的には程遠いものが多いです。

その辺りを充分に考慮した上で選択をされないと
無駄な買い物になりますからご注意を。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

自信ありますな

お礼日時:2004/08/17 13:41

補足、雑感など



50mmと100mmの違い
#4さんも書かれていますが、画角の違い(と、これによる、写った背景の大きさの違い)はありますね。
ただ、接写時には画角が狭くなるものも多く、接写時にどういう画角になるのかはレンズによっても違います。
(古典的なレンズ全体を動かすタイプだと近接撮影時に画角が狭まりますし、レンズ全長があまり変わらないタイプだと画角はそれほど狭くならない(実は焦点距離が短くなっていたりする、、)。)

撮影倍率
最近のマクロレンズは、大抵(50mmでも100mmでも)等倍撮影までできるように思います。

純正か、サードパーティーか
まあ、これは、好みかと。タムロンやシグマ、コシナ(フォクトレンダー)からも良いレンズは出ていますから。
ちなみに、私が今メインで使っているのはフォクトレンダーの125mmマクロです。バックのボケ方に癖が少なくて、使いやすく、重宝してます。(でも、結構重い、、)

その他、、、
かつては、「50mmは文献複写用に、100mmは花などの接写に合うような設計がされている」と言われていた時代もあったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フォクトレンダーの125mmって結構重いですよね。
キヤノンの100mmマクロも重い方ですが。
忙しいところありがとうございました。

お礼日時:2004/08/17 11:28

こんにちは、No4で回答したものです。

わたしも実はキャノンを使っています。。
レンズの件ですがやはり純正に限ります。
だだし、50ミリはUSMでないので、そこだけが問題であとはOKですよ。値段に比べてきれいに写るんで是非検討してみてください。それと、シグマが悪いということではありません。綺麗に写るとは思いますがやはりわたしとしては純正をお勧めしたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
SIGMAの旧モデルが中古であったので注文しました。
値段が手頃だったのと、100mmがキヤノンなので
比較してみたかった。これが購入動機です。

マクロレンズは、はまると楽しいですね。
先日ヘチマの花をアップで撮ったものを
弟に見せたところ、「ガミラスの花みたいだ」
と言われてしまいました。

dorado01さん。また何かありましたら
ご教授お願いいたします。いい写真を撮っていきましょう。

お礼日時:2004/08/17 11:17

ぜんぜん参考にならないのですが、なんか参加したくなったので、記入させていただきます。

僕はCONTAXを使用しているのですが、最近マクロプラナー100mmを買いました。ずーと評判は聞いていたのですが、高くてなかなか買えなかった代物です。
ポジの上がりを見てみて、うわーって感じがしました。
ちょっとお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

CONTAXですか!夢のまた夢です。Canonで精一杯です。
今度はマクロ・プラナーT60mmの
使用レポートを引っさげての乱入をお待ちしています。

お礼日時:2004/08/17 09:39

はじめまして。

わたしは50ミリと100ミリ両方持っています。50ミリと100ミリの違いを簡単にいうと、接写距離が違うということ。たしか50ミリの方が被写体までの距離が短いということ。つまり、近くまでよれるということです。。また、50ミリだと人間のぱっと見ることが出来る視野が調度50ミリの画角に相当するので、構図を考えるのにのにいい練習になりますよ。次に100ミリですが、最大撮影倍率が”1”ということです。。。つまりファインダーでみたままの大きさがフイルムにうつるということになります。ちなみに50ミリは0.5だとおもいます。。私を含めて人によって色いろな意見やレンズに対する捉え方が違うと思います。自分のイメージにあった、レンズを使うが一番だと思いますし、人の意見を丸呑みにすると、自分の個性というか感性がなくなります。。
あくまでも、意見は意見として捉えて、自分なりに消化して自分の世界を作ってください。ちなみに私は両方使って自分のイメージに合ったレンズを使うことにしてます。。
あまり、こだわらない方が良いと思います。
長くなって申し訳ありません。。よい写真を沢山撮ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
一度、使ってみようと思います。
ちょうど50mmのレンズを持っていないので。
ちなみにCan社とSig社のものならばどちらが
おすすめでですか?

お礼日時:2004/08/17 07:48

私の場合も、大抵は100mmマクロの方を使っています。


被写体との距離がちょうど手頃な感じになるので。

50mmマクロを使うのは、接写台を使って撮影するときくらいでしょうか。100mmだと引ききれないことが多いので、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

銀塩だと大抵100mmですよね。
デジタル一眼普及で50mmが売れているのでしょうか。
ヨドバシドットコムでは人気商品のようです。

お礼日時:2004/08/17 11:22

僕も100mmマクロしかないです。


というのは、ポートレート兼用に使っていますので。
50mmマクロとなれば、スナップ用としても使うという目的もあるでしょうが、

マクロレンズとして使う場合には、50mmの場合、近くによって撮れるものに使うと言うのが普通だと思います。

100mmの場合には、近くに寄ることが出来ないものを撮るときに使うのが普通でしょう。
例えば、花や昆虫ぐらいをマクロで撮るという使い方をすると思います。
    • good
    • 0

50mmマクロは、軽いので標準レンズ感覚で使用しています。

接写の時もそのまま被写体に寄れるので、便利です。
100mmマクロは、接写の時被写体までの距離が取れ、撮影し易いので使用しています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデジタル一眼にシネレンズをつけようとするのは何故で

デジタル一眼にシネレンズをつけようとするのは何故ですか?
シネレンズの方が良いものがあるということなのでしょうか?

カメラに詳しい方、教えてください

Aベストアンサー

> デジタル一眼にシネレンズをつけようとするのは何故ですか?
・カメラ本体価格の安さが一番の魅力でしょう。

ここ数年で、デジタル一眼レフの動画撮影機能が急速に向上し、一般的なビデオムービーを越える性能になりました。
そうすると、安価な一眼レフにムービー専用のシネレンズで撮影したいというニーズが生まれてくるわけです。

・35mmフルサイズのデジタル一眼レフはシネカメラ使用のオプションを付けても100万円程度。
・35mmフルサイズのデジタルシネカメラは、軽く一千万円を超えます。

> シネレンズの方が良いものがあるということなのでしょうか?
・スチルカメラ用のレンズとシネレンズは全く違います。
シネレンズに求められる性能は、映画館の巨大なスクリーンに数千倍、数万倍に拡大映写される事が絶対条件です。
レンズ自体の設計には一切の妥協が無く、その性能は、デジタル一眼レフカメラ用レンズよりも、遙かに高性能で最高峰。
デジタル一眼レフカメラ用レンズとは別次元の性能、特性を有しています。
当然ながら、プロ用機材ですから価格も大変高価になります。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100415_361381.html

> デジタル一眼にシネレンズをつけようとするのは何故ですか?
・カメラ本体価格の安さが一番の魅力でしょう。

ここ数年で、デジタル一眼レフの動画撮影機能が急速に向上し、一般的なビデオムービーを越える性能になりました。
そうすると、安価な一眼レフにムービー専用のシネレンズで撮影したいというニーズが生まれてくるわけです。

・35mmフルサイズのデジタル一眼レフはシネカメラ使用のオプションを付けても100万円程度。
・35mmフルサイズのデジタルシネカメラは、軽く一千万円を超えます。

...続きを読む

Qマクロレンズで手持ち撮影

D600にタムロン90mmマクロを使って花を撮影したいと思っているんですが
手持ちでのマクロ撮影はブレブレ過ぎて無理なんでしょうか?
やはり三脚は必須ですか?
出来れは三脚を使わずに撮りたいと思っております。

タムロンの新しい90mmマクロは手振れ補正が付いているのは知っていますが
値段が倍するのでお安く済ませたいなぁと思っています。

普段はD600にAi Nikkor 50mmf1.4sとタムロン28‐75mmf2.8を使用しております。

手持ち撮影は厳し過ぎるでしょうか?

Aベストアンサー

私は普通に手持ち撮影してますよ。
90mmではなく100mmと105mmで最短撮影距離での撮影もよく行います。
条件的には90mmより厳しいはず。もちろん手ぶれ補正はなし。


撮影意図(被写界深度等)などにもよりますが、手ブレが発生しないシャッター速度を選択すれば手ブレは防げます。
近接撮影では一般的な手ブレ防止の法則は当てはまらないはずなので色々と試してください。

光学ファインダーの一眼レフなら、慣れてくればファインダー像を見ていればブレそうなときはわかるようになります。



つまり、失敗から学びましょう!ということです。

QNikonの肌色再現はそんなにも酷いのですか?

質問失礼します。
以下のまとめサイトを見ていてこれはステマなんじゃ?と思ったのですが、(最終的にキャノンの宣伝だし)Nikonの肌色再現は本当にこんなにもひどいものですか?http://matome.naver.jp/m/odai/2137490225443752601

レンズや設定は同じもので撮り比べていないし、これはあまりにも酷く感じたのですが...

Nikonでもポートレートを撮られている写真家さんなどはいませんでしょうか?

Aベストアンサー

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入るCanon、ということですね。
実物より肌が綺麗に写るCanonの方が、撮られた人の側にしてみれば嬉しいのかもしれません。
ただ、それは「忠実に再現された色」というわけではないので、綺麗に撮れることを良し、とするか、忠実であることを良し、とするか、どちらが良いかは個人差あるでしょう。

まあ、例えば、人物を(実物以上に)より綺麗に撮りたいのであればCanon。
これは、広告やファッションなどの現場でのモデル撮影に向いているってことかもしれません。
Nikonの場合は、実物に対して忠実な再現力が高いと言うことなので、Nikonの場合はよりナチュラルで素朴な印象のポートレートになるかもしれません。
言い換えれば、Nikonはかなり、良くも悪くも「素人っぽく」見えるポートレート、Canonは良くも悪くもプロのカメラマンが撮ったみたいな「小綺麗に」見えるポートレート。
さらにもっと下衆っぽく例えると、Nikonは忠実な証明写真機、Canonは超高性能な画像補正が自動で行われるプリクラ、という感じ。

このNikonとCanonの違いは、どちらが優れているか、ということではなく、そもそも両社のカメラに対してユーザーが求めているものが異なるので、同じ土俵にあるようでいて、実はまったく同じ土俵では比べられないでしょうね。
ですので、Canonのような一見してナチュラルに見えるが実は高度に肌色を補正されている印象を好む写真家もいれば、画像補正を嫌う、または自分の手ですべて補正を行いたいからカメラは忠実な再現力があれば良い、と考える写真家はNikonを好む・・・という感じのように、撮りたい対象に合わせて、また撮りたい雰囲気(要するにカメラマンにおける「作風」)によって、異なるのです。

Nikonは、再現性を追い求め可能な限り現実に近づこうと苦心していますが、Canonは、現実とは異なったとしても人の目が見る理想を具現化しようと苦心しているのです。
Nikonの映す現実も、Canonの映す理想も、しかしどちらも、実際の現実とは異なり、写真は必ず嘘をつきます。

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入る...続きを読む

QKマウントのカメラにNikonマウントのレンズを付けたい

Kマウントのカメラ、Pentax K100Dに、今までNikonのデジカメで使っていたNikonマウントの魚眼レンズをマウントさせたいのですが、まず、サイズが合わないので付きませんでした。
もちろん電気的な接点が合わないので、マニュアルフォーカスになるというのは承知です。
検索してみるとアダプター?やマウント変換を使うと出来るそうなのですが、種類や、値段、いくつかある商品の中での違い、買ってはいけないメーカー、安くて品質上も問題ないお買い得製品、中古として出回っているのか、等の情報が分かりません。
2000円以内でしたら新宿付近で購入予定なのですが、何か良いものはございませんでしょうか?
詳しい方、教えていただけませんでしょうか、お願いします。

Aベストアンサー

当方が探した結果です。

(1)補正レンズ付き:エレフォトで売っています。
http://elefoto.hp.infoseek.co.jp/
レンズが入っているので高いです。

(2)補正レンズなし:
厚みがあるアダプタで、接写用リングのようなものと思われます。
フォトショップサイトウで扱っていましたが、品切れ。
http://www3.yomogi.or.jp/gadsaito/log2cam.html
時々ヤフオクに出ています。

(3)マウンタの付替え:
レンズ共用をあきらめるなら、また、レンズ・ボディの干渉をチェックしてから行うなら、良い方法と思います。
目下、ニコンのクズレンズでの試行を検討中。
次のサイトがとても参考になります。
http://www-esl2.isc.chubu.ac.jp/mun/camera/omoshiro/omoshiro20.html

ペンタックスとニコンは、フォーカスリングの回転方向が同じだったり、フランジバック長が似ていたりするので、両者を愛用する当方としても、よいアダプタがあってレンズを共用できると良いなあと思います。

実際に両者を合わせてみると、ニコンレンズのでっぱりが大きいため、ペンタボディに当たってしまいます(ニコン35mmF2の場合)。

以上、ご参考までに。

当方が探した結果です。

(1)補正レンズ付き:エレフォトで売っています。
http://elefoto.hp.infoseek.co.jp/
レンズが入っているので高いです。

(2)補正レンズなし:
厚みがあるアダプタで、接写用リングのようなものと思われます。
フォトショップサイトウで扱っていましたが、品切れ。
http://www3.yomogi.or.jp/gadsaito/log2cam.html
時々ヤフオクに出ています。

(3)マウンタの付替え:
レンズ共用をあきらめるなら、また、レンズ・ボディの干渉をチェックしてから行うなら、良い方...続きを読む

Qテレコンバージョンレンズについて

写真は全くの初心者なんですが、
最近、デジカメの一眼レフのカメラを買いました。

そこで質問なんですが、テレコンバージョンレンズというのをつけると、
写真はどのように撮れるんでしょうか?
くだらない質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

一眼レフ用のテレコンには、1.4と 2.0倍とがあります。装着すると
使用するレンズの焦点距離が、その倍率分大きくなり望遠の効果が得られます。
カメラメーカーの純正と、レンズメーカー製が市販されていますが、カメラの機種に合ったものが必要です。
テレコンは便利なレンズなのですが、注意すべき点があります・・一般的には1.4倍でF値が一段、2.0倍で2段暗くなるので、基のレンズがF値が大きいと、オートフォーカスが効かなくなる場合があります。
私はキヤノン20Dを使用していますが、AFの動作保証はF5.6まで なので、所有する両者純正テレコンを使う場合にも、使用するレンズのF値を考慮しています。
キヤノンの場合は、テレコンとズームレンズの組み合わせに制限が有りますから(取り付けられない)調べる事が必要です。
私はEF70-200mm F2.8L IS に装着していますが、2倍の場合は画質の低下があり非常用として使っています。 1.4倍は画質低下は殆ど見られず重宝しています。
いずれにしても、貴方のカメラ機種と所有レンズ、考慮しているテレコンメーカーと倍率を記載して質問をすると的確な回答が得られると思いますよ・・・。

一眼レフ用のテレコンには、1.4と 2.0倍とがあります。装着すると
使用するレンズの焦点距離が、その倍率分大きくなり望遠の効果が得られます。
カメラメーカーの純正と、レンズメーカー製が市販されていますが、カメラの機種に合ったものが必要です。
テレコンは便利なレンズなのですが、注意すべき点があります・・一般的には1.4倍でF値が一段、2.0倍で2段暗くなるので、基のレンズがF値が大きいと、オートフォーカスが効かなくなる場合があります。
私はキヤノン20Dを使用していますが、AFの動作保証はF5.6...続きを読む

Q単焦点レンズ F1.2って、どんな撮影や被写体に使うものなんですか?

単焦点レンズについて勉強中で、自分では30mmか50mm辺りのF1.4を購入したいのですが、ふと、難しいと言われてるF1.2の撮影ってどんな時に性能を発揮するのかな?と素朴な疑問です。

昔、CanonのEF50mmF1.2L USM のサンプル写真を見た時、赤ちゃんの肌が、とても綺麗で・・・・まあ、熟練のプロがライティング機材を揃えて最高の状態で撮ってる・・・・何て言われてしまうと身も蓋も無い回答だと思うのですが、撮影初心者の私には、書物や、先輩からの解説が全て。
触った事も、覗いた事も有りません。
と言う前に、Nikonユーザーです。
Nikonの単焦点にも、F1.2有りますが、明るいレンズに勝るもの無しと教えて貰っていたので、気に成ります。

F1.2ってどんな撮影に威力を発揮するんですか?

Aベストアンサー

No.4のyamameです

他の質問で単焦点の購入について問い合わせしていたので
翁心(老婆心と書くと差別用語になるし・・・男ですが翁の歳ではありませんよw)ながらネガティブコメントを書いてしまいました
他の方もネガティブな内容ばかりなでのポジティブな内容を少し書きましょう

>F1.2なんて、私如き素人が手にする物では無いと思いつつ、つい、好奇心が。
プロなら増感現像や覆い焼きなどの救済措置を持っているけれど、特に昔のアマの場合は、フィルム感度かレンズ位しか選択肢が無いのでどちらかと言うとアマ向けのレンズと言えるかも知れません。

舞台撮影にF1.2は、有り難いですね。当然演者が動いている時は、写すのは困難なので動きの間を撮る訳ですが、人間て止まっているようで結構動いているのでシャッター速度一段だけでも落としたくなります。
また、動き始めたら全てがパーですから極僅かな時間短縮が成否を決めたりします。こんな時に威力を発揮しますよ。

でも、今のデジなら高感度撮影が可能なのでもう過去の話でしょうかね・・・
それに最近は、撮影禁止が多い様なので主催者からの要望が無い限り55mmによる近距離撮影なんて困難なのであまり現実的な被写体ではないかもしれません。

P.S. 昔は、クリスマスにクリスチャンからシュトーレンを戴いて食べていました。良く焼いたシュトーレンは、日持ちするのでクリスマスに半分、年明けに半分頂いておりました。最近は、売ってるんですね。

No.4のyamameです

他の質問で単焦点の購入について問い合わせしていたので
翁心(老婆心と書くと差別用語になるし・・・男ですが翁の歳ではありませんよw)ながらネガティブコメントを書いてしまいました
他の方もネガティブな内容ばかりなでのポジティブな内容を少し書きましょう

>F1.2なんて、私如き素人が手にする物では無いと思いつつ、つい、好奇心が。
プロなら増感現像や覆い焼きなどの救済措置を持っているけれど、特に昔のアマの場合は、フィルム感度かレンズ位しか選択肢が無いのでどちらか...続きを読む

Q100mm と 50mm マクロの違い

100mm と 50mm の f2.8マクロレンズ があるとしますと
写り的には どんなに違うのでしょうか 
本体は α-100 です 
オークションで買おうと思案中ですが
どっちを買っていいか 悩んでいます
レンズに 詳しくないので よろしくお願いします

Aベストアンサー

100mmに比べ50mmは同じ大きさで被写体を撮影する場合1/2の距離に
接近する必要があります。
100mmに比べ50mmは同じ距離、同じf値での撮影では被写界深度が
深くなりピントの合う範囲が広くなります。
100mmに比べ50mmは同じ大きさで被写体を撮影する場合バックや前の
ボケ量が少なくボケの大きさが小さくなります。
100mmに比べ50mmは同じ大きさで被写体を撮影する場合 被写体に
遠近感が強く現れます、バックの写り込む範囲が広くなります。

Qレンズフィルターとレンズフードの併用について

閲覧いただきありがとうございます。

最近カメラを始め、現在はSONYのSEL55210というレンズを使用しています。
このレンズにレンズフィルター(ケンコー 49S サーキュラーPL)を使用したいと思っているのですが、レンズ付属のフード(ALC-SH115)と併用することはできますでしょうか。

PLフィルターを使うならば、フードは不必要であるという意見もネットで見かけましたが、ALC-SH115のデザインが好き(SONYのロゴが入っている)ことと、レンズとレンズ本体の保護目的でフードも付けたいと思った次第です。

もしフィルターとフードが干渉したりして併用できない、もしくはその可能性がある場合、何か上手く回避する方法やアイテムがあればご教授願います(アダプターや変換リングの類等)。

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

PLフィルターとレンズフードを併用することは可能です。
ただ、PLフィルターの偏光効果を調整するリングが回しづらくなります。
これはレンズフードの形や大きさでも異なるので、やってみて考えるしかないのですが、通常望遠レンズのフードは深いので、PLフィルターの操作には支障が出ることが多いです。
そのため、そういった形状のフードとPLフィルターをどうしても併用したい場合は、#1さんが書かれているように、レンズフードに加工を加える・汎用品で使えそうなものを探す、といった手段を採ることになります。

レンズフードは常時装着でも問題ありませんが、PLフィルターは露出倍数がかかる(シャッタースピードが遅くなる)こともあって、狙いもなく付けっ放しにしておくわけにはいきません。
そもそもPLフィルターは逆光では効果が無いので、PLフィルターの効果が期待できる状況では、レンズフードで遮断すべき余計な光の心配も相対的に少なくなると言えます。
ですから「PLフィルターを使うときだけレンズフードを外す」という考え方が成立します。
実際、これでほとんど問題になることはないはずです。

私の場合、PLフィルターを使うときはカメラが三脚に載っていることのほうが多いんです。
ですから手が空いていますので、ヤバイかなと感じたときは“ハレ切り”で対応したりします。
もっとも先に述べましたように、PLフィルターの効果が期待できる状況では、仮にフレア・ゴーストの類が出ても目くじらを立てるほどの悲惨な写真にはならないです。

アクセサリーの中でもレンズフードやフィルターは、要・不要論、利用方法、応用等、その人によって考え方が案外別れやすいアイテムです。
結局は実際に使用していく中で自分に合った使い方を見つけるのが何より、ということになるのでしょう。
楽しむつもりで、色々試されてみて下さい。

PLフィルターとレンズフードを併用することは可能です。
ただ、PLフィルターの偏光効果を調整するリングが回しづらくなります。
これはレンズフードの形や大きさでも異なるので、やってみて考えるしかないのですが、通常望遠レンズのフードは深いので、PLフィルターの操作には支障が出ることが多いです。
そのため、そういった形状のフードとPLフィルターをどうしても併用したい場合は、#1さんが書かれているように、レンズフードに加工を加える・汎用品で使えそうなものを探す、といった手段を採ることになりま...続きを読む

Q自分でフィルムを現像する方法

35mmのフィルムで撮った写真を自分で現像・プリントしたいと考えているのですが、薬品や機材はいくらぐらいするのでしょうか。また、暗室を作るのにはどうしたらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要りません。

保存タンク:薬品を保存するためのタンクです。専用のものがよさそうです。これも数百円程度、停止液は使い捨てなので、フィルム用に2つ在ればよいです。

計量カップ:得に専用のものでなくても、料理用などで十分です。ただし2Lまで量れるものが便利。薬品は粉末や濃縮状態のもの
が多いので、これで薄めます。これは1000円しないとです。

温度計:上記の薬品はお湯で溶かすことが多い上に、薬品の温度で現像などの時間が異なるため必須です。
100度まで計れるものであればなんでもいいです。

漏斗:これも何でもいいです。薬品をタンクに戻すときに使うだけ。いざとなればなくてもよいです。

ダークバック:これも暗室があれば不要です。明るいところで作業するためのもので、首の穴がない長袖シャツみたいなものです。

フィルムであればこれぐらいあればよいかと。


プリント
印画紙:これは必須です。必要に応じて購入してください。数千円単位ですが全紙サイズになると結構高いです。
表面にコーティングのないバライタ紙、コーティングありのRC紙があります。通常はRC紙でよいかと。

バット:薬品を入れてこれに印画紙を漬けます。現像、停止、定着、水洗の4つがあるといいです。

引き伸ばし機:スライド映写機のように。フィルムの画像を印画紙に焼き付けるものです。値段はばらばらで安くても3万円程度
はします。レンズとタイマーは別売りなのでさらに各1万円はプラスになります。
引き伸ばせるサイズとカラーへの対応で値段が異なります。高いものは数十万円しますね。

イーゼルマスク印画紙を綺麗に平面に固定するためのものです。相場は3000円前後でしょう

ピンセット:薬品に触れずにやるにはこれが必要。竹のものとプラスチックのものが在ります。数百円程度ですね。薬品が混ざら
ないように薬品ごとに用意してやるのが普通です。

各種薬品&ポリビン:フィルムとは薬品が違うので、プリント用に用意してやる必要があります。値段は大体同じです。停止液は同じです。

フォーカスルーペ:熟達した人には不要ですが、普通は必要です。引き伸ばしの際、ピントがちゃんと合っているか確認するため
のものです。安いやつで十分なので2千円程度です。

セーフライト:テレビとかのシーンに出てくる赤いやつです。モノクロの印画紙は赤色に反応しないので、これを使って作業します。
ないと暗くて難しいです。フィルムはしっかり赤色にも反応するのでフィルム現像のとき使うとフィルムが死にます。3000円程度です。

まあ、おそらくこのぐらいだと思います。

ただ、ここで述べているのはすべて「白黒フィルム」の現像とプリントの話です。

カラーは、それぞれの値段が高い上に、温度管理などが厳密なので非常に難しいです。素直にお店に出しましょう。

暗室ですが、一番よいのは風呂場ですね。光を遮断しやすい上に現像時に大量に必要な水が確保しやすいですから。

水洗のみ外でやるのであれば押入れでもいけます。
必要なのは、光を遮断すること、水があること、電気が使えることです。
ただし、現像液とかのにおいはかなりきついので、密閉すると危ないです。

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要り...続きを読む

Qマクロレンズとズームレンズの違いは!?

マクロレンズとズームレンズの違いは!?

ニコンのD60のダブルズームキット(「AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR」と「AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G」)を持っていますが、それを利用して花や昆虫類をズームして撮影しています。
しかし、実際は花や昆虫類の撮影を得意とするマクロレンズが数多く出回っています。例えば、「AF-S DX Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VR」とかのレンズがありますが、この違いがよく分かりません。
手持ちの標準レンズやズームレンズでも花や昆虫類の撮影は可能だが、マクロレンズは何のために使うものでしょうか。また、この違いは何でしょうか。

ちなみに広角レンズ、単焦点レンズ、望遠レンズ、魚眼レンズの仕組みは大体理解できますが、マクロレンズだけは理解できません。どのサイトを調べても、よく分かりません…。

Aベストアンサー

タムロンのSP AF70-200mmF2.8 Di LD[IF]Macroは簡易マクロ機能搭載という意味で通常のズームレンズよりも最短撮影距離が短いだけ。厳密にはマクロレンズではありません。最大撮影倍率は1:3.1となっています。
そういうレンズを「望遠マクロ」と呼んだりもします。
※Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VRは最短撮影距離0.286m、最大撮影倍率1:1。

最大撮影倍率というのは、最短撮影距離で撮影した場合にフィルム面やイメージセンサー面にて結像した映像が実際のモノに対してどの程度の大きさで写し出されるかという数字です。
1:1というのは等倍で、1:3は3分の1の大きさで写ります。

コンパクトタイプのデジカメで「1センチマクロ」と書かれている機種がありますが、この場合はレンズ先端から1センチの距離でピントを合わせられるという意味で、ワーキングディスタンスと呼ばれます。
一眼レフ用の交換レンズでの最短撮影距離というのはフィルム/イメージセンサー面からの距離となるので、レンズ先端から見ればもっと近いことになります。
カメラボディに「φ」に似ているマークがあると思いますが、そのマークの棒がセンサーのある位置になります。

光学レンズというのは色の成分によって屈折率が異なっているというのはご存じですか?
この性質のため一枚のレンズでは色が滲んでしまいます。被写体が近いほど色滲みは大きくなってしまいます。その為に凸レンズ/凹レンズや非球面レンズを組み合わせたりEDレンズを使用している訳です。「AF-S DX Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VR」の「ED」と言うのがその意味ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ED%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA

マクロレンズは接近して使用することが主目的のため、最短撮影距離付近で色滲みを最大限なくすように設計されているレンズです。

実際、昔のニコンのマクロレンズではこの設計のために遠景でピントを合わせることができなかったらしいです。キヤノンがEF100mmF2.8 MACROを出したばかりの頃はニコンを使っている人から「キヤノンはマクロレンズで遠くの風景にピントが合うのか」と驚かれたことがあります。

今はレンズ設計にコンピューターを使用してコンピューター上でシュミレーションができるため最短距離でも無限遠でも安定した画質を得られるレンズが短時間で作ることができます。18-200mmという高倍率ズームもコンピューター設計のおかげと言っても良いでしょう。

花のマクロ撮影では問題に思うことはないでしょうが、昆虫の場合近づきすぎると逃げられることがあります。
逃げられやすい昆虫を大きく写したい場合は等倍撮影が可能でワーキングディスタンスの長いレンズが便利です。そうすると85mmマクロでは最短撮影距離が短すぎるので蝶々などは慎重に近寄らないと逃げられてしまいます。180mmマクロレンズだともっと離れても等倍撮影が可能です。とは言ってもワーキングディスタンスで30センチほどですね。
それでも85mmマクロよりは長いでしょう。
と言うことで、SP AF70-200mm MACROのような簡易マクロレンズが重宝するケースもあります。が、あくまでも簡易マクロでありズームレンズなので近接撮影での画質は単焦点のマクロレンズと比べるとどうしても劣ってしまいます。

タムロンのSP AF70-200mmF2.8 Di LD[IF]Macroは簡易マクロ機能搭載という意味で通常のズームレンズよりも最短撮影距離が短いだけ。厳密にはマクロレンズではありません。最大撮影倍率は1:3.1となっています。
そういうレンズを「望遠マクロ」と呼んだりもします。
※Micro NIKKOR 85mm F3.5G ED VRは最短撮影距離0.286m、最大撮影倍率1:1。

最大撮影倍率というのは、最短撮影距離で撮影した場合にフィルム面やイメージセンサー面にて結像した映像が実際のモノに対してどの程度の大きさで写し出されるかと...続きを読む


人気Q&Aランキング