All men are created equal.
という例文を見たのですが、
equally
ではないのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • HAPPY

    皆さん、ベリーサーンクスです。

      補足日時:2017/03/20 14:00

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

equallyでも通じますが、ニュアンスは異なります。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同じ質問をしている人がいたのですね。・・・すみませんです。
そして、リンク先で見事な回答がなされていました。
サンクスです。

お礼日時:2017/03/20 15:01

質問者様のハンドルネームを拝見した上での蛇足を少々。


無味乾燥な英文法的解釈のみが必要であるのなら、結論は既に出ていましょう。
但しこれが彼の有名なアメリカ独立宣言書にある英語であるということが、極めて意味深長なのです。
アメリカ国家とは、一般的にはメイフラワー号に乗ったプロテスタント教徒が建国した、キリスト教国家であると考えられていますが、事実は異なっています。
本来反キリスト教国であるというのが歴史的事実であり、その大本はフリーメースンという秘密結社によって建国された国家です。当然トマス・ジェファーソンも然りです。

http://hukurou318.hatenablog.com/entry/2015/03/2 …

さて本題の All men are created equal.
に話を戻しますと、仮に equally と副詞であった場合、当然これは受身でありますから、創造したとする主体者が想起されることと相成ります。キリスト教国であれば、誰を指すのか明々白々です。
God created all men equally. 
あるいは All men are created equally by God.
と条件反射的に想起することでしょう。
これを敢えて暈かすために are created equal と動作主不詳の受身にして、創造主からの距離を図ろうとする意図が汲み取れるわけです。

こうした宗教的背景を視野に含めた場合「平等に創られているも、生まれ乍らに平等も違いがない」などとは軽々には断定できません。
外国語学習などという極めて高度な学問を嗜む以上は文化、芸術、宗教をも見据えた多面的な学習を心掛けますと、より奥深い理解が得られることは間違いありません。
巷に溢れる偏った英語バカ、英会話バカにだけは決してなることのないよう、老婆心から申し上げるものです。

どうです。この質問の英文だけは生涯忘れることが出来なくなったでしょう?

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=290410
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私はフリーメイソンである。
私の祖先は江戸時代、とある藩の家老だった。明治維新の時に話が来たとの言い伝えがある。日本のフリーメイソンは天皇系貴族と江戸幕府系用心と江戸大商人とのコンプレックスで非常に変なことになっている。
・・・嘘。

お礼日時:2017/03/20 15:16

まあ、平等に造られているも、生まれながらに平等だ


も違いはありません。

英語ではあくまでも are created が述語なので、
それでまとまるように訳せば「平等に」とならざるを得ない
それでも英語で形容詞であることが大切で、訳し方はどうでもいいのです。

She made me happy.
「幸せにする」という訳し方は好きではありませんが、
make を述語として訳せば「幸せにした」です。

そういう SVOC 的にとらえればいいだけのことです。

全体というより、
ただ men are equal で形容詞ということ。
    • good
    • 0

どちらでもいい部分はあるとは申し上げました。


形容詞・副詞が同形のものがある、ということも。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5188941.html

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1763330.html


こちらも参考にしてください。
    • good
    • 0

だから、そういう訳をするのが補語的、


それだけのこと。
だから、単純には SVOC の受身と思えばいいです。

SVC というのは、S =C という面だけを取り上げられますが、
もちろん、V という動詞が絡んでのこと。

だから、ここも補語と思えばいいし、
難しくは準補語です。

日本語訳はご自由に。
日本語訳で英語の理解が変わるものではありません。

補語だから形容詞、それだけのことです。

日本語には補語がないので、
She looks beautiful.
これも基本レベルではなぜ、副詞じゃないの?
ということになります。

日本語では英語の普通の補語でも副詞みたいになるので、
日本語だけではわかりません。

#2 の回答がすべてです。
    • good
    • 0

巷間に溢れる「全ての人間は平等に創られている」


という些か意訳気味の文体ではなく、下記の訳文においては、
「全ての人間は生まれながらにして平等である」
と、原文の持つ本義が的確明瞭に訳出されています。

https://americancenterjapan.com/aboutusa/transla …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いやぁ英語って本当に難しいものなんですね。

お礼日時:2017/03/20 13:59

ちょっと厳しいことを言いましたが、全体というのもわからなくもないです。



こういう準補語的な形容詞というのは、
主語の説明、S = C が成り立ちつつも、
ただの主語というのでなく、後にくる動詞も考慮しながらのこと。

We arrived safe and sound.
無事に着いた。

で、ただ主語の説明というより、
もちろん、着く、という動詞もかかわってのこと。

そういう動詞のことも考慮しつつ、という意味で全体、というのはいいかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

悲しいことですが英語の先生の説明はさっぱりわからんとです。
でも、
We arrived safe and sound.
って例文は覚えました。サンクスです。

お礼日時:2017/03/20 13:59

適当な御仁登場か。



それって、全体じゃなく、
結局、all men という主語が are equal てことでしょ?
全体というのなら
That SV みたいなものが主語ということになる。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9676086.html

こういう質問もありましたが、相手が悪いです。
    • good
    • 1

形容詞になっているということは、動詞 created 一語のみを修飾するのではなく、


All men (that) are created 全体に掛かるものと考えるのが自然です。
所謂 All men (that are) created (are) equal.
という着想で以って Thomas Jefferson は使用したものと推察できます。

We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal, that they are endowed by their Creator with certain unalienable Rights, that among these are Life, Liberty and the Pursuit of Happiness.

https://en.wikipedia.org/wiki/All_men_are_create …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

それだ!!

お礼日時:2017/03/20 13:56

さらに深く言うとどちらでもいいことも多いです。



fast のような単語が形容詞・副詞同形なのもこういう理由です。

He runs fast. とあれば、
動詞を修飾するのも、he という主語が fast というのも同じ。

試験で書いたらバツですが、
アメリカ口語では
She sings good.
と普通に言います。

ここまでくると、動詞を修飾するのと、
主語を説明するのと違いはなくなってきます。

あまり行き過ぎると副詞というものがわからなくなってきますが、
SVC とは説明しない動詞について、+形容詞
というパターンを知っておくことです。

最近は辞書でも
marry C としているものもあります。

念のため、create を見ると
create O C「O を C の状態になるように創造する」
というのが載っています。
今回の例はそれの受身ということになります。

こうなると、準補語でなく、完全な補語です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAll men are created equal

All men are created equal.

の equal は形容詞だと思いますが、とするとSVC文型と考えてよいでしょうか

Aベストアンサー

こんなのありましたよ。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1050342770

QMen are better at breaking up..............

NHKテレビ英会話講座より
Do yu think men are better at breaking up than women.
人間関係を断ち切るのは女性より男性の方がうまいと思うかい?

(質問)上記の文章が後一つ良く理解できません。[at]はなんで使われているのか?[be at]の熟語として考えるのか?よく解りません。同様の例文を添えて、教えて頂ければ有難いのですが、よろしくお願いいたします。  以上

Aベストアンサー

be good at 皆さんが書かれたように、「得意・上手である」というイディオムで、betterとしているのは「女性に比べて男性は」という比較のニュアンスを出すためです。

例: Women are better at remembering details (than men).

(男性と比べて)女性のほうが細かいことを覚えているのが得意である。

Qmen are from mars, women are from venus

タイトルの英語の本って日本語に訳されてますか?もしそうなら、なんてタイトルでしょうか?

Aベストアンサー

『ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」ルール 男は火星から、女は金星からやってきた』

知的生きかた文庫
ジョン グレイ (著), John Gray (原著), 大島 渚 (翻訳)
出版社: 三笠書房
ISBN: 4837971768
(文庫版と単行本あり)

これでしょうか?

QWhat are those flower growing...........?

NHKラジオ英会話講座の巻末にある和文英訳の問題より
問題:あなたの庭にあるあの花はなんという花ですか?
答え:What are those flower growing in your garden called?

(質問)[growing]と言う単語は思いつきませんでした。たぶん「生息している」「生えている」と言う感じで使われていると思いますが、地面に生えている草花木、等の植物には[growing]と添えるのがネイティブの当然の感覚でしょうか?また必須でしょうか?お伺いいたします。また似たような例がありましたら教えて下さい。よろしくお願いいたします。以上

Aベストアンサー

>地面に生えている草花木、等の植物には[growing]と添えるのがネイティブの当然の感覚でしょうか?

当然ではありません。「成長しつつある」「元気のいい」という意味を添えたいときに用います。
その庭に複数の種類の花があり、そのうちの今は既に咲き終わっている花やまだ双葉を出したばかりの花などではなく、今咲き誇っている花のことだよと言う場合などによく用います。また、花は1種類しかないことが分かっていても、「すごく咲き乱れていてきれいですね」というほめ言葉を感じさせたい場合にも用います。

>必須でしょうか?

もちろん、必須ではありません。したがって、御質問の英文は次の(1)のように言うことも可能です。
(1)What are those flowers in your garden called?
(1)は、御質問の英文と異なり、「成長しつつある」「元気のいい」という感じは表さずまた枯れた花や造花について言うのにも用いることができます。もちろん、ほめ言葉としては用いられません。単に名前を聞く言い方です。

>似たような例がありましたら教えて下さい。

「生息している」は、普通は、inhabit、liveで言います。
「生えている」は、普通は、be動詞で言います。例えば、次のようです。
(2)There is some grass in your garden.
(3)The trees are on the slope.
ただし、(2)、(3)も「成長しつつある」「元気のいい」という感じは表しません。

>地面に生えている草花木、等の植物には[growing]と添えるのがネイティブの当然の感覚でしょうか?

当然ではありません。「成長しつつある」「元気のいい」という意味を添えたいときに用います。
その庭に複数の種類の花があり、そのうちの今は既に咲き終わっている花やまだ双葉を出したばかりの花などではなく、今咲き誇っている花のことだよと言う場合などによく用います。また、花は1種類しかないことが分かっていても、「すごく咲き乱れていてきれいですね」というほめ言葉を感じさせたい場合にも用います...続きを読む

Q“You are b...b...big."

ある子ども用の絵本をぺらぺらめくっていましたら、突然体の大きな怪物に出会った子ヤギの口から出る次の台詞がありました。
“You are b...b...big. I’m small.”

この前半は実際にはどう言っているのでしょうか?2つの可能性を考えてみました。

仮にカタカナで書いてみると、次のどちらがより近いですか?
1.「ユーアービィッーーグ」 
(つまりbのつづりが3個あるが、最初の2つのbでは両唇は閉じたままで継続し、破裂しない。最後の3個目のところで初めて破裂する。)

2.「ユーアーブッ、ブッ、ビーッグ」
(つまりbのつづりが3個あるが、最初の2つのbでそれぞれ両唇は破裂するが その後に /ig/ の部分は続かず。最後の3個目のところで初めて/ig/ の部分は続きbigが完成する。)

Aベストアンサー

>「ビ...ィッグ」(”…” は無音を示します)という表記の方が私の意図する音により近いように思えてきました。ただし、”…” が無音と言ってもそれは声門を閉じてしまって「ビッ/グ」というのではなくなく、”…” はあくまで「閉じられた唇の内側(つまり、口腔)で加圧」された状態が続いているものです。

やっと分かりました。お手数をおかけしました。
「「ビ...ィッグ」(”…” は無音を示す)」なら、b...igと書くと思います。

>この表記が私の「2つの可能性」の1にあたるのかな、と思いますが、この理解でよろしいでしょうか?

「1にあたる」ということは「「ビ...ィッグ」(”…” は無音を示す)」ですが、bbbigはこのようには読めないと思います。

読めない理由は、次の(a)、(b)です。
(a)最初のbbを無視しないで読むなら、bは破裂音なのでb1文字が1つの音を表すため、bbなら「ブブ」、bbbなら「ブブブ」のように文字の数と同じ回数だけ音が出てしまうからです。
sobbedのようにbbを「ブ」1音で読む例はありますが、これは2つめのbを無視したのであり、bbが「ブ」1音だということではないと思います。
もっとも、御承知のように英語は綴りと発音は1対1に対応してはいないので、bbbだからと言って必ずしも「ブブブ」と読まなければならないということはないのですが、bbbigのように破裂音が単語の先頭に位置した場合はどうしても文字どおりに読もうとしてしまうと思います。

(b)もし最初のbbを無視するなら、bbbigはbigと同じであり、bigは「「ビ...ィッグ」(”…” は無音を示す)」とは読めないからです。「「ビ...ィッグ」(”…” は無音を示す)」と読ませるためには例えばb...igなどのように書かなければならないからです。

ただ、bbbigは、普通は、「読めない」「読み方が分からない」と感じられると思います。

>「ビ...ィッグ」(”…” は無音を示します)という表記の方が私の意図する音により近いように思えてきました。ただし、”…” が無音と言ってもそれは声門を閉じてしまって「ビッ/グ」というのではなくなく、”…” はあくまで「閉じられた唇の内側(つまり、口腔)で加圧」された状態が続いているものです。

やっと分かりました。お手数をおかけしました。
「「ビ...ィッグ」(”…” は無音を示す)」なら、b...igと書くと思います。

>この表記が私の「2つの可能性」の1にあたるのかな、と思いますが、この理解で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報