右の上下一番奥の歯、激痛がして神経を抜きました。

少しの間痛みは治まりましたが、

しばらくしたらじわじわと痛み出してきました。

歯医者で見て貰っていますが、そのあと何回見て貰っても

歯茎の腫れもないし「問題ない」としか

言ってくれません。

少しかみ合わせを調整したみたいですがずっと痛いです。

腕のいい医者で通っている方なんですが…・

どういう原因が考えられるでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 貰った薬(ポンタール)をのんでも効かないので家にあったロキソニンを飲む事にしました。

      補足日時:2017/03/20 12:33

A 回答 (2件)

神経を取った後でも歯は痛みが出る・痛みが続く場合があります。

この場合は、虫歯の感染が歯髄・神経の穴を通り越して周囲の歯根膜・歯槽骨にまで及び、いわゆる根尖性歯周組織炎へ移行したと考えられます。神経を取れば一時的に痛みは治まるのですが、神経が残っている状態よりも治療も難しく、それだけ期間・回数もかかりますし、かなりの時間 歯医者さんに行かなければならないでしょう。
通常は神経の穴を拡大し そこに消毒薬を入れる事を繰り返します。腫れてくる場合は抗生物質等の薬剤を飲むこともあるでしょう。

他にも原因として考えられるのは、歯牙の破折が有り歯が折れたり割れたりしている場合です。当然ながら噛むと激痛があり、噛み合わせの調整をしたり折れた部分を抜く事もあります。最悪は 歯その物を抜歯せざるを得ないこともあります。
さらに痛みが上下の歯にあった事から、虫歯では無く噛み合わせに原因があった「咬合性外傷」と呼ばれる疾患であった可能性も考えられます。治療は上記の場合に準じます。

さらに歯周病・歯槽膿漏の可能性 痛みの原因が歯では無い場合(骨の疾患や神経痛など) 顎関節症などの機能的な疾患 CRPSなどの特殊な疾患 鼻・喉等の口腔以外の疾患 その他腫瘍や嚢胞など
まぁ 言い出したらキリが無いくらい原因はあります。

可能性として高いのは 難治性の歯根膜炎になった可能性でしょう。
そうなると痛みがなかなか取れずに かなりの時間 通院しないとならない場合もあります。痛み止めの処方は当然ですが、長時間作用する鎮痛剤の服用も視野に入ってきます。
最終的には抜歯になる場合もありますが、まだ結論を出すには早すぎます。どうしても痛みが続く場合は根管治療の専門家を受診するべきでしょう。
最近ではなかなか痛みが取れない・通常の治療では治りづらい症例に対して様々な治療法が考えられています。
先制鎮痛法・ステロイドによる疼痛管理・3Mix等の抗菌剤の応用・レーザー高周波治療・ニューロパーシー性疼痛に対する心療内科的アプローチ・マイクロスコープによる根管治療・・・・等々。
自費になってしまうケースも多いのですが、担当医から根管治療の専門家を紹介してもらうべきでしょう。
根管治療の専門家はなかなか探しづらいですから、今の歯医者さんに紹介してもらうのがベストです。
    • good
    • 0

抜歯は、場所は小さくても、立派なオペレーション(手術)です。


術後の痛みは、人によりますが、痛みが長く続く人もいます。
ロキソニンとか痛み止めを処方してもらいましょう。
市販薬でも、ロキソニンは、売っています。
痛みは、やがて治ります。
もう暫く辛抱して下さい。
    • good
    • 0
  • 顎骨嚢胞<口・あごの病気>の症状や原因・診断と治療方法

     嚢胞とは組織内に生じた閉鎖した袋(嚢)状の構造物です。これは、袋そのもの(嚢胞壁)とそのなかを満たす液体、または半流動体とからできています。 ●歯根嚢胞(しこんのうほう) どんな病気か・原因は何か  歯根嚢胞は顎骨のなかに生じる嚢胞で最も頻度が高いものです。慢性に進行する歯根の先端部の炎症(根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん))によって生じる炎症性肉芽(にくげ)(歯根肉芽腫(にくげしゅ))のなかに、...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妹が看護師からの悪口で自殺。慰謝料はとれる?

妹はおなかの病気のせいで臭いがしてしまいます。
周りの人に臭くて申し訳ないんだと、常日頃から人を避けるようにしています。

その妹が体調を崩してしまい、一人で病院に行きました。熱もあって座っていることすらままならない状態で、臭いがいつもより酷かったみたいです。
なので妹は受付に「持病があって臭いもきつく、パニック障害もあるので、外か病院内に個室があればそこで待たせてもらってもいいですか?」と尋ねたそうです。受付の方はそれを聞いてカーテン付きの簡易ベットに妹を連れてったそうです。
個室ではなく、これでは他の人に迷惑をかけてしまうので、近くにいた看護師に「臭いと思うのですが、ここにいてもいいんですか?」と聞くと、「全然大丈夫ですよ(^^)」と言われたので、妹は安心して横になったそうです。


でも診察も終わって、またそこで横になって待たせて貰っていると、カーテンのすぐ近くの場所で先程の看護師達が、「臭い」「はやく帰ってほしい」「迷惑だ」など他にも色々酷いことを妹に聞こえるようにヒソヒソ話してたらしいです。
そこには小さな病院でしたので院長もいたみたいで、看護師達を黙らせるために咳払いしたみたいです。
とてもショックで悲しくて死にたくなったそうです。
今更ですが、妹は新しい土地でも病気のせいでうまくいかず、そんな中体調を崩して行った病院での出来事でした。
このことをきっかけに妹はつい先日自殺してしまいました。

こういう場合は慰謝料を請求できるのですか?ただ泣き寝入りするしかないのでしょうか?
こういうことに大変疎いので、どうか教えてください。

妹はおなかの病気のせいで臭いがしてしまいます。
周りの人に臭くて申し訳ないんだと、常日頃から人を避けるようにしています。

その妹が体調を崩してしまい、一人で病院に行きました。熱もあって座っていることすらままならない状態で、臭いがいつもより酷かったみたいです。
なので妹は受付に「持病があって臭いもきつく、パニック障害もあるので、外か病院内に個室があればそこで待たせてもらってもいいですか?」と尋ねたそうです。受付の方はそれを聞いてカーテン付きの簡易ベットに妹を連れてったそう...続きを読む

Aベストアンサー

証拠次第です。
妹さんの言い分だけで慰謝料を取れるなら、私も適当に理由を作ってアバタ様に慰謝料を請求できてしまいます。

看護師が悪口を言ったことだけではなく、悪口が妹さんに対して言われたのかも重要になります。

Q仕事終了後、何気に話しをしていたら 先輩に◯◯さんって最近歯科受診とかした?って聞かれました。あまり

仕事終了後、何気に話しをしていたら
先輩に◯◯さんって最近歯科受診とかした?って聞かれました。あまり気を止めず、検診は受けたいと思ってるんですけどなかなか〜と答えました。が、よくよく考えると口臭がしたのかな??とか心配になり…
前後の話題からかけ離れてる話題なので
これってやっぱり、遠回しに口臭を指摘されたことになるのでしょうか…

Aベストアンサー

そうかも知れないし、ちがうかもしれない
今度聞いてみたら?
私って口臭することある?って
自分では気付きにくいもの、教えてくれたら感謝です。

Qまだ調べてもらってないんですけど、もしかしたら、魚臭症かもしれません。私は少し臭うかなくらいだったと

まだ調べてもらってないんですけど、もしかしたら、魚臭症かもしれません。私は少し臭うかなくらいだったと思うのですが、他人からすると、物凄く臭うみたいです。文字通り、生臭いのかと思いますが、全然そんな匂いがしません。臭いって自分にはわからないといいますが、さすがに、その臭いはわかるのではないかと思いますが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

口臭は特に原因が無くても起こります。
朝起きた時にはほとんどの人が感じると言われ、生理的口臭と言います。
就寝前に歯を磨いても、唾液活性低下や、乾燥で細菌が繁殖しやすくなるのです。

対して虫歯や歯周病が原因となる口臭を病的口臭と呼びます。
まずは原因の除去を心がけて下さい。歯周病、虫歯等明らかな原因を治療し、口中を清潔に保つ事で改善されます。

また要因としては口呼吸、鼻炎やアレルギーで常に口の中が乾いていると口臭の原因になります。蓄膿症・扁桃腺炎・肺膿瘍・気管支拡張症等でも起こりえます。

胃が悪い場合も口臭は発現しますが相当の重傷でなければあり得ません。
むしろ、服用している内服薬の臭いが血液を介して肺循環を経てて口臭として現れます。

他には重度の糖尿病・肝疾患・尿毒症でも発生しますが、その場合は口臭を気にしている場合ではないでしょう。

さらに「生臭い」「魚のような臭い」と言われますが、「魚臭症」と呼ばれる特殊な疾患があります。
これは、一種の代謝障害・トリメチルアミン尿症に起因する物ですから、下記リンク先を参照してみてください。

http://www.gomiclinic.com/oldlog2/lg0317.html

下記のリンク先には舌や頬の運動で口臭を防ぐ方法も記載されています。

http://www.age.ne.jp/x/rie-d/kousyuu.htm

口臭は特に原因が無くても起こります。
朝起きた時にはほとんどの人が感じると言われ、生理的口臭と言います。
就寝前に歯を磨いても、唾液活性低下や、乾燥で細菌が繁殖しやすくなるのです。

対して虫歯や歯周病が原因となる口臭を病的口臭と呼びます。
まずは原因の除去を心がけて下さい。歯周病、虫歯等明らかな原因を治療し、口中を清潔に保つ事で改善されます。

また要因としては口呼吸、鼻炎やアレルギーで常に口の中が乾いていると口臭の原因になります。蓄膿症・扁桃腺炎・肺膿瘍・気管支拡張症等...続きを読む

Q歯医者で虫歯治療してしみるから、麻酔しました。 麻酔きれてから、歯茎が痛いです。 歯医者に電話したら

歯医者で虫歯治療してしみるから、麻酔しました。 麻酔きれてから、歯茎が痛いです。
歯医者に電話したら、麻酔したせいかもしれないからと、様子見るようにと言われました。
で歯肉炎にもなっていて痛いのかなって思ったりもします。
前回も虫歯治療してしみるから、麻酔打って麻酔きれてから歯茎が痛かったです。
麻酔打ったせいですか?

Aベストアンサー

おそらくそうだと思います。
痛み止めは処方されていませんか?
今晩は様子をみて、明日になっても痛みが引かない場合はもう一度受診しましょう。

お大事に

Q歯科医、治療途中だが変えたい

今膿が溜まっており、急性炎症があり、抗生剤とロキソニンの内服をしています。
昨日治療をした歯科医は、説明も分かりにくかった上、かなり痛くて恥ずかしくも手を挙げたところ頑張ってと応援されるだけ。
痛かったらすぐに麻酔打つからと言っていたのにその痛みをすぐ終えるならいいのですが15分くらいずっと耐えてました。

そして痛みを耐え続けた結果、結局膿が出ないと言われ明日また抜歯するから来てとのこと。

絶対麻酔が効いてなくても頑張ってと言い、勢いで抜きそうな歯科医だなと正直不信感しかありません…。
その上、炎症がある中で抜くなんて絶対痛いに決まってると思ってしまいます。
歯科衛生士の付いてくれたお姉さんも新人さんで、私がベットから起き上がった際に口腔内に溜まっていた唾液をめいいっぱい口元から零してしまい、その後にもう零させまいとしたのか吸引器を喉の奥の方に入れたりして思わず嗚咽してしまいました…。

通うの恥ずかしいし痛いしで、違う所に行きたいです…。
痛みは勿論ない方が嬉しいですし、多少の痛みがあっても頑張ってではなく、少し中断したりして優しく治療をして下さる先生のところに通いたいと思いました…。

ここまで悪化させてしまった自分も情けなくて…。
でも逆に患者に情けないと思わせてしまうのもどうなのかと色々悶々としてしまいます。

愚痴が長くなりましたが、明日予約した担当の歯科医に行くべきなのか、少しの希望をかけて違う歯科医に当たるべきなのか迷っています。
皆さんが私の立場であったらどちらに行きますか?

今膿が溜まっており、急性炎症があり、抗生剤とロキソニンの内服をしています。
昨日治療をした歯科医は、説明も分かりにくかった上、かなり痛くて恥ずかしくも手を挙げたところ頑張ってと応援されるだけ。
痛かったらすぐに麻酔打つからと言っていたのにその痛みをすぐ終えるならいいのですが15分くらいずっと耐えてました。

そして痛みを耐え続けた結果、結局膿が出ないと言われ明日また抜歯するから来てとのこと。

絶対麻酔が効いてなくても頑張ってと言い、勢いで抜きそうな歯科医だなと正直不信感し...続きを読む

Aベストアンサー

なんともはや・・・・(ーー;)歯科医師から見るとものすごく不思議な事なんですが、どう言う治療をして痛かったのでしょうか??神経を取る治療でしたら麻酔が効きにくい事はありますが、すでに神経が腐っていて感染が骨にまで及んでしまった場合は、まず膿を出すことが最優先になります。この場合 普通は麻酔を使いません・・・・使う必要が無いのです。腫れてきた部位を切開するのであれば麻酔を使いますが、膿が出ないような症例で麻酔を使う事は無いはずです。通常は虫歯の部位から穴を開け、神経の穴を針で拡大して行き、その穴から膿を出します。この針で拡大する操作には痛みを伴う事も多いのですが、それは歯を削る・神経に触る痛みではありません。感染している状態は歯根膜と呼ばれる組織が圧迫等の刺激で過敏に反応している状態で いわば周囲の骨が圧迫されている感覚なんです。通常の麻酔では この骨の感覚はマヒできないんです・・・・・よく親知らず等の抜歯の際に、麻酔が完全に効いているのに痛いと感じる人がいるのですが、その原因も同じなんです。骨全体をマヒできれば何も感じなくはなりますか・・・・全身麻酔に近くなりますねぇ~。まぁ、いわゆる典型的な急性期でしょうから、どこの歯医者に行っても同じ事だったと容易に推察できます。
こう言う場合に、最初の歯医者は損をすると良く言われる所以でもありまして、次に行く歯医者さんにはラッキーと言うわけです。特に急性期が過ぎれば急激に痛みが取れますし、麻酔などを使わなくても無痛的に治療できてしまいますし。まぁ、麻酔が効いていないというのは勘違いのような気がします。少なくとも膿が貯まっているのであれば、麻酔を使わない歯科医師の方が多いはず(切開は別)
通常は 根の先端部に膿がたまっているはずで、そこから神経の穴を通って膿を口の中に出すのですが、これがなかなか難しいのです。神経の穴は細く塞がっている場合も多く、針で少しずつ開けていくしかないわけで この治療中に痛み・圧迫痛があるんです。まぁ ごくたまに神経の一部が残っていてチクチクする事もありますが、その場合は膿は貯まりません。さらに 膿が出ないので根の先端を超えて骨の中まで針で刺してしまう場合もありますが・・・・・
いずれにしても、感染した根の先端には膿が貯まっていると仮定すれば、その部位へ麻酔を打つわけにはいきません。麻酔液といっしょに骨の中に感染・膿をばらまく事に成ってしまいますから、極力 普通の麻酔は使わない方が賢明なんです。

ただ気になるのは・・・・極端に症状が悪かった場合です。感染が歯の周囲から拡大して他の組織にまで広がってしまった場合です。主に下顎の親知らずの場合が多いのですが、「隙/げき」と呼ばれる部分にまで感染が広がると、緊急にそこから膿を出す必要があるのです。特に喉の奥・喉の下まで腫れた場合、直下には喉・気管が有り、肺や心臓にあっと言う間に膿が落ちてしまいます。そういう場合緊急手術が必要で なかなか膿を外部に出せない事も多いのです。そうなると 例え麻酔を使っても痛い事が甚だしい・・・・・患者さんを押さえつけてまで治療しないとならない場合もあり得ます。
また、そういう場合、原因となった歯は早急に抜歯する必要もあり、炎症がある中でもムリをして抜く必要もあるのです。まぁ、そういう重症例は一般歯科ではなく、大学病院・口腔外科等での処置になるはず。もっとも その歯科医師が そういう口腔外科の専門科であれば、普通の開業医でも行いますが(^o^;...

さて、以上の事により、転院はあまりお勧めできません。衛生士の件は まぁ仕方が無いとは言え、恥ずかしいのはむしろ歯科医師の側なんですよ・・・・・患者さんの痛みをとってやれなかった・辛い思いをさせてしまったと 歯科医師も衛生師も内心では・・・・・情けないと感じている事でしょう。転院したとして、次の歯医者さんが良いとは限りません。
前の歯医者さんならば、今度はできるだけ痛みを与えないように最初からあれこれ考えて治療するはずです。

ただ気になるのは 次に抜歯すると言う点・・・・・前述したように重症例である可能性も捨てきれません。ぜひ 今の歯科医師にその点を確認して見て下さい。
膿が出ないから安易に抜くと言うのであれば それこそ問題です。

なんともはや・・・・(ーー;)歯科医師から見るとものすごく不思議な事なんですが、どう言う治療をして痛かったのでしょうか??神経を取る治療でしたら麻酔が効きにくい事はありますが、すでに神経が腐っていて感染が骨にまで及んでしまった場合は、まず膿を出すことが最優先になります。この場合 普通は麻酔を使いません・・・・使う必要が無いのです。腫れてきた部位を切開するのであれば麻酔を使いますが、膿が出ないような症例で麻酔を使う事は無いはずです。通常は虫歯の部位から穴を開け、神経の穴を針で拡...続きを読む

Q神経を抜いたが鈍い痛みと違和感があります。

右下の奥歯(6番)の虫歯の治療をしました。神経を抜き、銀のクラウンを被せて、2ヶ月ほど前に治療は終わっています。
ところが神経を抜いたはずなのですが、いまだに鈍く痛くなるときがあるのです。
走ったりお酒を飲んだりして血流が良くなると、その歯の内部が熱くドックンドックンとなってる感じがします。
食事も柔らかい物は問題ないですが、ピーナッツやノド飴、氷などを噛むと中のほうがじわっと痛い感じがして、結局硬いものは左側で噛んでいます。
歯医者さんに伝えたところ、良くわからないので少し様子を見ましょうとのことでした。
神経を抜いても、全くの無感覚になるわけではないのでしょうか?あと、自然にこの感覚が消えることもあるのでしょうか…?
一度被せ物を取って診てもらいたい気もするのですが、治したばかりでまた外すのもやだな…と悩んでいます。
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 神経を取る(抜髄)といっても、歯の外側にある神経は残っています。通常は健康な状態で残ります。抜髄は活きている神経などを途中から切ってしまう処置なんです。
 切断面は薬品などで処理し、通常は神経組織が自然治癒して痛みを感じなくなるのですが、たまに治り難い傾向の人や、何らかの刺激が神経を刺激し続ける事があります。すると切断面付近に炎症が起きて、過敏になり、僅かな刺激でも痛みや不快症状を起こします。
 治療後2ヶ月を経ているので、単純な「治り難い体質」と考えるのは、そろそろ難しくなっていると思います。
 何らかの刺激が加わっていると考えて、再治療が必要かもしれません。症状の中に硬いものや冷たいもので痛むとあるので、歯根膜炎を起こしていると考えた方が確実と思われます。そこで、もう一度、念のために隣接する歯の確認も含めて再検査をして貰うのが最良の方法でしょう。

 ただ、現在は冠の2年間保証があって、作り直しは全て保険点数が無いのです。新しい冠の費用は全て医院もちになってしまい、その為、あまり手を付けたくないのが正直なところです。
 本来なら、根治の後、半月ほど様子を見てから冠をかぶせれば良いのでしょうが、社会的に出来る状況ではありません。

 そこで、まず、担当医と相談して消炎鎮痛剤の処方を出して貰えないか聞いてみて下さい。根充後の確認レントゲンで異常がない事が前提ですが、薬で切断面の炎症を抑えてしまう事が目的です。
 2ヶ月を経ていて、他の治療を行っていなければ初診扱いなので、新たな病名をつける事も出来ます。ただ、原因不明痛の病名は扱いが難しいので、その辺は担当医の判断に任せるしかありません。
 それで、痛みの軽減がない場合には再治療となります。根治費用は請求されますが、冠の費用は医院持ちとなります。(自費の強要は出来ません)
 もし、再治療に応じてくれないようなら、転医するしかないでしょう。その場合は新たに根治の費用と冠の費用が必要です。

 神経を取る(抜髄)といっても、歯の外側にある神経は残っています。通常は健康な状態で残ります。抜髄は活きている神経などを途中から切ってしまう処置なんです。
 切断面は薬品などで処理し、通常は神経組織が自然治癒して痛みを感じなくなるのですが、たまに治り難い傾向の人や、何らかの刺激が神経を刺激し続ける事があります。すると切断面付近に炎症が起きて、過敏になり、僅かな刺激でも痛みや不快症状を起こします。
 治療後2ヶ月を経ているので、単純な「治り難い体質」と考えるのは、そろそろ難...続きを読む

Q発達障害と人格障害のちがい

かなり極端な比較になってしまうと思いますが
「人格障害は人を騙すタイプが多く、発達障害は騙される人が多い」

このような印象を持っていますが実際の所どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

●人格障害(パーソナリティー障害)=ぱっと見、情緒不安定な人

A:奇妙な行動や発言が多く、風変わり(統合失調、妄想的)
B:ナルシスティックで演技的(自己愛性)
C :抑うつ的な行動や思考をもつ(強迫性)
D:サイコパス(反社会的、良心がない)

この中で1番目立つのはサイコパスです。ようするに犯罪者気質の人たちですね。
貴方の言う「騙すタイプ」がまさにそれです。

●発達障害(脳機能障害)=先天性だが知的障害を伴わないことが多い

ASD:自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群
ADHD:注意欠如多動性障害
LD:学習障害

こちらは脳の器質的な障害ですので
人格障害のように精神が病んでいるわけではありません。
コミュニケーションに躓くことが多いので「騙されやすいタイプ」だと思われがちですが
そこは障害の有無よりも障害を持つ方の性格にもよると思います。
また発達障害を持つ人の中には特殊な才能を持っている人もおり、
必ずしもその障害が悪いものばかりではありません。
そしてそれが社会的に生かされれば、それはもはや障害ではなく天才です。

Q根充後の痛みが続いています

神経を取り、根の治療中も全く問題はなかったのですが
土台を作って歯が入ってから噛むと痛みが出て鈍痛も続いたので
再治療してもらった歯がなかなか治らずにどの歯医者でも
抜歯と言われましたが、
現在通っている歯医者さんで根の治療を毎日のように行なってもらい、
治療も痛く治療が終ってからもものすごく痛かったのですが、
7回くらい根の治療をしていただいて、徐々に痛みが和らぐとともに
先生も「治ってきた」と言いました。
自分的にはまだ少しその時痛みがあって先生もちょっと膿みが出てると言っていましたが、多分なのですが細菌の検査(液体をかけ泡で
判断する検査?)のようなものをして
良かったようなので根充をすることになりました。
私的にはもう一回くらい薬を入れてもらいたかったのですが
先生は治ってるのにやっても仕方ないから根充すると言っていました。

根充してとても痛みが出ましたが、
先生が一日くらいで治まると言っていましたが、
一週間経った今も痛みは取れません。
土台を作ることになっていたのですが
2月まで様子を見ると言うことになりました。
また根の治療は出来るとは言いますが、あまりないことだと言って
先生の態度には消極的なものを感じました。

かなり大変だった根の治療だったと思いますので
根充後の痛みはだいぶ続くのでしょうか。
先生は三週間様子を見てどうするか決めるとおっしゃってますが
その期間で妥当でしょうか。
このまま様子を見れば治るものなのか、それとももう少し
根の治療をするべきだったのか分からなくなってしまっています。
先生は治ったのだから抜歯はしなくて済んだ、薬が吸収され
後は体力でどうなるかということをおしゃっていました。

根充してすぐの痛みより3日程で痛みは徐々に和らぎましたが
現在は常にある鈍痛と、歯をぎゅっと押さえたりすると痛いのと
骨に響く痛み(後頭部をトントン叩いたり激しい運動など)
で安定してしまって痛みが良くならないのでとても不安です。

長くなり、稚拙な文章ですがご回答いただければ幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。

神経を取り、根の治療中も全く問題はなかったのですが
土台を作って歯が入ってから噛むと痛みが出て鈍痛も続いたので
再治療してもらった歯がなかなか治らずにどの歯医者でも
抜歯と言われましたが、
現在通っている歯医者さんで根の治療を毎日のように行なってもらい、
治療も痛く治療が終ってからもものすごく痛かったのですが、
7回くらい根の治療をしていただいて、徐々に痛みが和らぐとともに
先生も「治ってきた」と言いました。
自分的にはまだ少しその時痛みがあって先生もちょっと膿みが出てる...続きを読む

Aベストアンサー

状況によって原因もこれからの経緯も大きく変ってしまうので、予想は難しいです。
特に治療に苦労した場合はその可能性も大です。

完全に原因が取り除かれていない場合もあります。この事を考慮して「また治療ができる」と言ったのではないでしょうか。
歯の根の治療は大きな神経組織に直接触れる処置です。だから痛みが出ないほうがおかしい。
歯医者は様々な方法を駆使して痛みが出ないようにしているのです。
その方法は原因によって処置法も様々なので、原因と処置が合わなければ痛みが残ります。

また、根の治療の最後は健全な神経の直前までクスリを入れるので、その圧力で痛みを出す事があります。
これは皮膚に傷を負ったときの痛みや、消毒薬を塗ると痛むのと同じ痛みです。この痛みは神経組織が変性して痛みを感じなくなるまで続きます。
皮膚の切り傷でも、クスリの塗りたては痛んでも時間とともに痛みが消えるように、根の治療でも次第に痛みが消えるのが通例です。
この場合、あまり処置を続けることはカサブタを剥がすのと同じで買ってよくないので、暫く時間を置いて経過を見ます。

その他様々な情報の分析のために経過を見るといったのでしょうから、もう少し言われたとおりにして見ましょう。
もし症状に変化があったらすぐに連絡しましょう。

状況によって原因もこれからの経緯も大きく変ってしまうので、予想は難しいです。
特に治療に苦労した場合はその可能性も大です。

完全に原因が取り除かれていない場合もあります。この事を考慮して「また治療ができる」と言ったのではないでしょうか。
歯の根の治療は大きな神経組織に直接触れる処置です。だから痛みが出ないほうがおかしい。
歯医者は様々な方法を駆使して痛みが出ないようにしているのです。
その方法は原因によって処置法も様々なので、原因と処置が合わなければ痛みが残ります。

...続きを読む

Q創価学会に入った人は必ず友人葬にするのでしょうか?

創価学会の人は必ず友人葬にするのでしょうか?
やっぱり創価学会に入信した人は友人葬を強要されるのですか?

葬儀に関してはどうして創価学会が香典を持って帰ってしまうなど
どうして事実と違う事を言う人がいるのでしょうか?

教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

学会員です。

★創価学会の人は必ず友人葬にするのでしょうか?

 喪主の洗脳度合いによります。
 会員名簿にあるだけで未活動の方は、しないかもしれません。
 私は、洗脳されていなかったので、亡くなった父の浄土宗で葬儀をする準備をしてました。

★やっぱり創価学会に入信した人は友人葬を強要されるのですか?

 されます。
 私が浄土宗で葬儀をする準備を進めていたら、突然創価学会の支部長から電話があり、すぐに断って創価学会葬専門の葬儀やさんに変えなさい!と命令されました。


★葬儀に関してはどうして創価学会が香典を持って帰ってしまうなど
 どうして事実と違う事を言う人がいるのでしょうか?

 私たちは犯罪行為には敏感で、絶対しないように教えられていますから、持ち帰りはしません。
 宗教洗脳されている喪主が「香典のすべてをお世話になった創価学会に寄付します」と申し出ることはあります。
 宗教洗脳者とはそうしたものです。
 その辺の不気味さへの、誹謗中傷です。

Q健康な歯を削られて銀の詰め物になりました 許せません

先日歯医者で
先生:「虫歯はなくなりましたので
次は型どりをします。」と言われ
後日何の型どり気になったので電話で聞きましたら
受付:「次回は歯のお掃除です。」と言われましたので
そのつもりで歯医者に行くと
先生:「プラスチックの詰め物は歯垢がたまりやすいので銀のものに変えます」と言われ、下の歯に銀の詰め物をしたことがなくどのようなものかわからなかったので
流されるように治療を終え口を変えてみると
とても悲しいものになっていました。

後日、電話で以前のプラスチックのものに戻してほしいと連絡をすると
衛生士:「プラスチックじゃなくて仮者だったよ?かぶせるものなら保険きくけど、詰め物は無理だよ?」と言われ先生に変わる(口調のきつめの方でおそらく穴を変えてから銀歯になるまでの仮詰めの状態しか見ていない様子)
先生:「プラスチックは子供の時にやった下敷きで髪の毛に静電気を起こすのと同じで
口の中で静電気がおきて菌が集まって虫歯になりやすいから保険外のものしかないです、またプラスチックに戻すにしてもまた削らないといけないし、、とにかく5万円で出来ますからお金を貯めてから考えてください」

レントゲンを見る限り穴は浅かったですし
銀の詰め物の為に虫歯になっていない歯を削られてしまったことが許せません。
私は24歳で接客業をしており、口を開けて笑う機会も多いので
お客様に銀の詰め物が見えていると思うと、怒りがこみあげてきます。

しかし、健康な歯を削られてしまった歯のために
5万円支払ってセラミックに変えるのも納得がいきません。

歯科医の言ってることがあやふやになる所や
セラミックしか方法がないと言い張る所から
歯科医のプライドで言ってるようにも思います。

この治療は必要だったのでしょうか?
この歯科医は正しい知識で
正しい判断だったのでしょうか?
また、穴が大きくなったことにより
再び違う歯科医院でプラスチックを詰めたとしたら
プラスチックが割れるリスクは高くなるのでしょうか?
その他大きくなってしまった穴にプラスチックを詰めるリスクを教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

先日歯医者で
先生:「虫歯はなくなりましたので
次は型どりをします。」と言われ
後日何の型どり気になったので電話で聞きましたら
受付:「次回は歯のお掃除です。」と言われましたので
そのつもりで歯医者に行くと
先生:「プラスチックの詰め物は歯垢がたまりやすいので銀のものに変えます」と言われ、下の歯に銀の詰め物をしたことがなくどのようなものかわからなかったので
流されるように治療を終え口を変えてみると
とても悲しいものになっていました。

後日、電話で以前のプラスチックのものに戻...続きを読む

Aベストアンサー

たとえ虫歯であっても患者の了解を得ずに治療すれば、それだけで違法行為です。保険医療では虫歯や病気を指摘しても、患者さんが治してくれと言わなければ治すことはできないのです。
「プラスチックの詰め物は歯垢がたまりやすいので銀のものに変えます」これは医療行為ではありません。虫歯ではありませんから、予防的処置で認められるのはせいぜい親知らずの抜歯だけです。
どうなるかわからないと言っても、歯医者には材料店などから説明用のパンフレットが配布されたり売っているはず。金属インレーなど常識的に掲載されていますから写真を見れば分かりますよ。質問に掲載したのと同じですから。要するにその歯医者はそういう努力をしていないだけです。

話が二転三転しているのはおかしいし、一方的に治療をするのもおかしい。でもそれを証明するのはなお難しいですね。
結局は弁護士に相談して賠償請求するしかありません。治療内容の了解を得ることは義務ですから、勝つ可能性は充分にあります。ただ医療裁判は長くかかるけど覚悟を持てばできないことではないでしょう。
最高裁判例でも治療の大きさなどによって説明の詳細が変化してもよいという事になっています。インレーだとかなり簡単な説明でもOKになる可能性もあります。充分ではないにしてもね。

後は、きちんと説明してくれる別の歯医者を周囲の人に聞いて、まずは相談からとしてやってもらうんですね。相談の段階で受け入れてくれる歯医者、十分に説明してくれる歯医者にしましょう。
基本的に絶対ではないけれど、詰めたばかり(およそ3-6か月以内)では冠にしても保険請求が通らない場合もあります。(県によっても違う)
だから下手すると削った後で自費を請求される可能性だってありますよ。
またそんな歯医者だと冠も金属にされる可能性も高い(樹脂を否定しているからね)しかし画像部位の歯なら保険で白い冠もできます。でも「保険はろくなものが入らない」なんて言ってる歯医者では保険の白い冠を今更導入できないのですよ。或いは導入してもいい加減な処置で壊させて自費じゃなきゃっていう歯医者もいます。
ウチではほぼ100%キャドカムという保険の白い材料に替えましたが、中には表面処理剤を同時購入していない歯医者が結構いると知りました。集会では脱落が多いと評判なのですがウチでは1件だけ。つまりきちんと処理をしないから外れるわけです。
さらにウチでは要望が有れば樹脂のインレーを入れます。これも壊れたのは数例だけ。新しい樹脂ではゼロです。昔はかなり弱い材料でしたが、今では改良されていて自費用材料に準じるくらいまでになっています。歯医者が嫌がるのは余りにも保険点数が低すぎるためです。だからやってくれる歯医者を探すのは少し困難かもしれないけど、そして総じて樹脂は金属に比べれば確かに物理的には弱いけど、絶対ダメではないので試す価値はあると思います。

なので私は、事前説明をきちんとしてくれる、まともな歯医者を見つけて直してもらう事をお勧めします。

リスクはかなり専門的な話になりますが・・
樹脂の強さはある程度厚みに比例します。つまり厚ければ硬いものをバリバリ食べなければ大丈夫。でも薄いと普通の食事でも折れやすいと考えてください。また樹脂を円柱にした場合、長軸(縦)方向には強いけど側面(横)から叩くと壊れやすいのです。だから上の歯が、樹脂と歯の境界部分に当たるようになると壊れやすく、分厚くすれば壊れにくくなるわけです。
ということで、上の歯がぶつかる部分をできるだけ自分の元々の歯の部分に造る。あるいは逆に樹脂の分厚い部分につける。角の部分には当てないという工夫をすれば壊れにくいものになるわけです。
それでも金属に比べれば樹脂は弱い。これは自費用材料でも全く同じです。
昔の材料では変色も大きかったし早かった。今でも自費を進めるために技と劣悪な材料を使う歯医者がいます。しかし最新の材料は天然の歯とさほど大きな差はありません。確実なのは自費ですが、保険でも十分価値はあります。

たとえ虫歯であっても患者の了解を得ずに治療すれば、それだけで違法行為です。保険医療では虫歯や病気を指摘しても、患者さんが治してくれと言わなければ治すことはできないのです。
「プラスチックの詰め物は歯垢がたまりやすいので銀のものに変えます」これは医療行為ではありません。虫歯ではありませんから、予防的処置で認められるのはせいぜい親知らずの抜歯だけです。
どうなるかわからないと言っても、歯医者には材料店などから説明用のパンフレットが配布されたり売っているはず。金属インレーなど常識...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報