Amazonで販売されてる商品について

私はある化粧品会社の物をスキンケア・化粧品共に使っています。
その会社の販売形態は各店舗での購入、自宅でエステをされている販売員さんからの購入、専用ホームページからの購入になっていると思います。
と言っても商業施設等には入っていなく、認知度の高い大手に比べれば小規模な会社になると思います。
販売員の方が「Amazonとかで会社とは関係のない人(会社?)が売ってる商品を買われると凄く困る」と仰ってたので検索してみると、物によっては40%OFF等で販売されていて驚きます。

不思議なのですが、Amazonで販売している方は一体どこから商品を仕入れているのでしょうか?
正規のルートでは一度に大量購入したからといって大幅な値下げなどはありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

売る 化粧品」に関するQ&A: 化粧品を売る人ってなんていいますか? ○○部員みたいな名前だった気がします ○○のところに当てはまる

A 回答 (3件)

化粧品業界のものです


ご質問のケースは

>自宅でエステをされている販売員さん

が、自らの在庫をamazonの店に横流ししているパターンではないかと思います

また、ブランドによってはファミリーセールなどを実施して在庫を捌くこともあるのですが、そういった機会に爆買いした製品をネットで値引き販売する専門業者もいます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

いろんなパターンがあるのですね・・・。

お礼日時:2017/04/07 15:43

ディスカウントストアと同じ


160円の飲料水が50円 仕切り(卸価格)よりやすい
現金が欲しい販売店が現金欲しさにたたき売り
倉庫管理や販売員がコッソリ売る。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2017/04/06 16:20

小規模な化粧品会社に莫大な基礎研究費や斬新な商品開発力や大規模な製造工場があるわけもなく、


多くは、海外の商品などから商社経由で輸入販売したり、国内製造でも大規模な工場に製造委託やライセンシーでOEM供給を受けて卸しているので、
完全新規のオリジナル商品の化粧品なんて大手以外にほとんどないのです。ほとんどがセミカスタムな外注商品に容器とラベルを替えて製造販売している。

だから、製造元、商社元には、同等品や試作サンプルがゴロゴロ在庫しており、工場には製造レシピが伝達されており、
ジェネリックとよばれるようなオリジナルコピー品が大量に存在するのです。
化粧品メーカーにブランドごとの関連会社が多いのはそのため。同じ商品に若干のカスタムを加え、ブランド付け替えて統一ラインナップを揃えたり、ブランドイメージを保つためにハイラインとセカンドラインを分けたりするから。同じブランドから全く違う商品なんて複数開発するわけないじゃない。

だから、卸から買ってる販売員さんは知らない会社名かもしれないけど、その会社をよく調べていくと、同じ住所の同じビルのフロア違いだったり近所のビルだったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

その会社の人間ではないので確実な事は言えませんが、何十年も歴史はある会社で、自社工場が私の住んでる近くにあるので工場見学させて頂いた事もあります(工場がそこだけだった様な、他に一ヶ所位あったような・・・うろ覚えです)

何にせよ会社に何らかの関わりがある方が行っているみたいですね・・・。

お礼日時:2017/04/06 16:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q訪問販売や不用品回収サービスなどを御断りする方法で有効なのはなんでしょうか。 訪問販売や不用品回収

訪問販売や不用品回収サービスなどを御断りする方法で有効なのはなんでしょうか。

訪問販売や不用品回収サービスの業者さんが訪問しに来られますが、我が家には80歳過ぎのおばあちゃんが一人で留守番する時間帯が長いため、出てしまうと変な業者に引っかかったら怖いので、「訪問販売・セールス御断りしております。」の張り紙を貼ることにしましたが、その方法は有効だと思われますか?詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

あとカメラをダミーでもいいので
門のところと
玄関内に付けてみては?
ライトぐらい付く方が本物っぽいし
チャイムが鳴ると家族に連絡がいきますぐらいの張り紙があると効果的かも

Q手作り化粧品の販売は、「調合サービス」なら可能?

こんにちは。

手作り化粧品を販売するのは薬事法違反なのでNGなのは知っているのですが、
お客様からの希望に応じて、
「調合して、調合サービスとして対価を得る」
のも、薬事法に抵触するのでしょうか?

例えば、お客様から、
「精製水 200cc,グリセリン 50cc、ローズヒップのアロマオイル2cc」を調合してくださいという
オーダーを受けて、調合し、
その原材料分+調合サービス料として、2000円いただく

という想定です。

ここで調合したものは、化粧水として使用できるのですが、受注者は、化粧水として販売するのではなく、ただの原材料調合サービスの提供、なんです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは雑貨ショップです。
まず結論から言えば無理です。
つまり薬事法に抵触するから調合サービスとして代価を受け取るという話ですよね。
名称を変えようが、用途は化粧水ですよね。
実質は同じですから抵触します。
混ぜる物質+混ぜる=化粧水なら無理ですね。
それにその調合サービスで2000円というのはどうしても不自然です。

じゃあどうするかなんですが、
精製水やグリセリン、アロマオイルだけを量り売りすることです。
例えば容器を売るときに化粧水レシピを付けてこれを付加価値として売ることは大丈夫です。
うちの店でもアロマオイルの用法としてお付けしています。
買ったものをどう使うかはお客様の自由ですから。
がんばってください。

Q購入した食品(加工品)をネットで販売しようと考えています。

食品(加工品)の転売でビジネスを始めようと考えています。

 例えばの話、スーパーで販売されているジャム等(の食品)を購入した後に、ネットで再販売(転売)する行為はなんらかの法律に触れるのでしょうか?
 販売元に許可を取らなくてもネットで販売することは可能なのでしょうか?
 購入した食品の再加工や開封は行いません。パッケージに関しても同様に元の購入時のままです。

また、食品衛生法に関する記述で「加工品を仕入れて販売する場合は許可をとる必要はありません。」(http://www.netdeoshigoto.com/lecture/chapter1_1_01.html)
との記述を見かけたのですが、食品を転売する行為のみに関しては食品衛生法には触れないという認識でよろしいのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ございませんが、ご回答のほどよろしくお願い致します。

#加工品の転売
#食品
#通販
#オンラインショッピング
#食品衛生法

Aベストアンサー

>例えばの話、スーパーで販売されているジャム等(の食品)を購入した後に、ネットで再販売(転売)する行為はなんらかの法律に触れるのでしょうか?

触れません

>販売元に許可を取らなくてもネットで販売することは可能なのでしょうか?

はい

> 購入した食品の再加工や開封は行いません。パッケージに関しても同様に元の購入時のままです。

で、売った商品で食中毒があったら、そのすべての責任をあなたは、取れますか?買った店に言っても応じてくれませんよ

>との記述を見かけたのですが、食品を転売する行為のみに関しては食品衛生法には触れないという認識でよろしいのでしょうか?

そこに書いてあることが理解できないのなら、辞めといた方がいいですよ


ネットの普及した今、転売して値を上げて売れば、すぐに売れなくなりますよ

Q商品で 普通一般販売とナノユニバースでは 何が違うの?? ナノユニバースコラボ商品なら限定。 ナノユ

商品で 普通一般販売とナノユニバースでは 何が違うの??
ナノユニバースコラボ商品なら限定。
ナノユニバース店舗て何??

Aベストアンサー

ナノは極端に小さくユニバースは宇宙なので、意味不明です。聞くのが一番

Qコンスタントな需要がある商品やサービスをネットで販売したいのですが、どんな商品やサービスが連想できますか

2度目の質問です。よろしくお願いします。
パソコンの販売、修理、教室の仕事を早期退職して、米、電気、ガス、水道、新聞のように日常コンスタントに需要がある商品やサービスをネットで供給したいのですが、どんな商品やサービスが連想できますか。

Aベストアンサー

失礼ながら、それは自分で考えないと。
「これがいいですよ」と言われて「じゃあ、それをしよう。でもその知識は全然ない。どうやって仕入れてどうやって売るの?」では多分成功しないでしょう。

ご自分でネットを使っていて、こういうサービスや商品はないのか、と思ったことはありませんか? あるけどどうしてこんなに不便なんだろう、と思ったことはありませんか? ご自分で思ったことをキッカケにして調べて行った方が、成功する確率は高くなると思います。

例えば出産や葬儀は、もうそれに密着した業界が確立されていて、ネットで入り込む余地があるのかどうか考えてみる必要がありますし、生鮮品のネット注文などはスーパーや生協でやっています。だったら、あの店でこれを買い、この店でこっちを買い、というのを1つのホームページでできたら便利かも、でもそんなの実際にできるだろうか、とか、色々考えるわけです。ご自分で思いついたことや興味の対象でないとなかなか続きません。まして事業としてやるならとことんやる覚悟が必要です。じっくり検討してみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報