土地を購入してその後に家を建てました。
土地の登記は完了しています。

間もなく家が完成します。
ハウスメーカーは、表示登記と保存登記は同日にはできないといいますが、
本当にそうなのでしょうか?

どうも怪しい気がします。司法書士殿の日当が2回かかりますもの。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

建物の表題登記は土地家屋調査士が申請代理人になります。

一方、所有権保存登記は司法書士が申請代理人になります。
 建物表題登記や土地分筆登記のような登記を表示の登記と言いますが、表示の登記は登記申請日ではなく、登記官が校合をした日が登記された日になります。一方、所有権保存登記や所有権移転登記のような登記を権利の登記といいますが、登記がされた日は登記申請日(受付の日と受付番号が登記される)になります。(実際に登記が完了するには数日かかりますが、法的には登記申請日に登記がされた形になります。)
 仮に本日、表題登記と所有権保存登記を出したととて、表題登記が4月20日付けで登記された場合、表題登記が4月20日付の登記なのに、所有権保存登記の登記日が4月14日となり日付けに矛盾が生じますので、所有権保存登記は取り下げせざるを得なくなります。
 ですから、ハウスメーカーの担当者の説明は正しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
理解できました。

宜しければお教えください。  
良く言われる登記の日というのは保存登記の登記日でしょうか?

お礼日時:2017/04/14 13:02

一昨年自宅の建て替えを行い、前の家の滅失登記を含め自分達で行いました。


表示登記と保存登記は同日には出来ません。

表題登記の申請を行い、申請内容の図面等に不備が無いことの確認がされると現場確認があります。申請をしてからここまで我が家の場合は7日。
で。現場確認の5日後、つまり申請から13日後に完了書の受け取り。

で。それを受けて保存登記の申請に必要な住宅用家屋証明書を市役所へもらいに行き、表出登記の完了書受け取りから2日後に保存登記の申請。

といった感じでした。
つまり表題登記を申請し、その後、法務局の職員さんが現場確認をし、それから事務処理を経て登記がされ完了書が発行される。
表題登記が出来て初めて保存登記の申請が出来る。
というわけです。

ちなみに保存登記の完了書受け取りは申請の6日後でした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地家屋調査士 登記の申請について

建物の登記の申請は建物所有者本人か土地家屋調査士でないと登記が出来ないとの事ですが、
土地家屋調査士というのは資格を持っている人が会社に一人いて、
その人が登記を作成して、その人の部下等別の人が登記を申請しに行くことは出来るのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

なんの申請もそうですが、
申請書や書類には、
資格を持っている人の名前が書類に記載されて印鑑が押されているだけす。所員(部下)がいれば書類作成だって所員がやります。
実際に窓口へ行く人は部下であることがほとんどです。部下がいなけりゃ自分で行くんですけどね。
申請が可能な資格を持っている人が在籍する「事務所」が代理人になれるということです。

Q調査士 土地・建物登記

何方か教えて下さい

土地家屋調査士の問題回答時に

申請人が申請前に死亡しに、相続人が申請する際
土地・非区分建物・区分建物の表題登記申請での
申請書記方法で添付書類に”相続証明書”と記入するか、しないか
下記の認識で問題ないか教えてくだいさい!
◎相続証明書以外の添付書類は記入


訂正や補足がありましたらお願いします

ーーーーーーー質問者の認識ーーーーーーーーーー
(1)土地表題登記申請の場合
申請書、添付書類に”相続証明書と記入する”

(2)区分表題登記申請の場合
申請書、添付書類に”相続証明書と記入する”

(3)非区分表題登記申請の場合
申請書、添付書類に”相続証明書と記入しない”
理由(添付書類中の所有権証明書と記入することでたりる為)

Aベストアンサー

(1)に関しては、相続証明書は記入しません。
(2)、(3)に関しては、おっしゃるとおりです。

これは、区分建物以外では相続人が表題部所有者となるわけで、相続証明書は所有権証明書に含まれるからです。

Q「表題登記」 と 「表示登記」 はどう違う?

今、宅建取引主任の受験勉強を独学でやっているのですが、登記に関する説明の中に登場する表題登記と表示登記の区別がつきません。

テキストによる独学なので先生に質問する事もできません。

今勉強しているテキストでは、「新築や埋め立てなどで、今まで存在していなかった不動産が出来た場合に登記するのが表題登記」 とあります。

その一方で、「表題部に記録される登記のが表示登記」 という説明があって、どこがどう違うのか分かりません。

また、ネットでこの二つをキーワードにして検索すると、「平成16年の法改正で、以前の表示登記という名称が今は表題登記に変わっただけ」 という解説もありました。 となると、これは全く同じものという事になるのですが ・・・

http://www.hyoudaitouki.com/registration.html

一体、この二つのどこがどう違うのか、全く同じものなのかお教え下さい。

Aベストアンサー

  昔は、登記簿上の1筆(個)の土地(建物)の同一性を明らかにし、
当該土地(建物)の物理的現況を示すに足りる事項を表示する登記の
ことを「表示の登記」と呼んでいました(これを(A)とします。)。

 また、その一方で、土地(建物)の変更(更正)登記と区別する意味で、
土地(建物)の表示に関して最初になされる登記のことを「表示の登記」
と呼ぶこともありました(これを(B)とします。)。

 このように、「表示の登記」と言う言葉は、2つの意味を持って、わかり
づらいところがありました。

 そこで、改正不動産登記法では、(A)については「表示に関する登記
(不動産登記法第2条3号)」とよび、上記(B)については、「表題登記
(同条20号)」と呼び名と改められました。

 テキストにある
> 「新築や埋め立てなどで、今まで存在していなかった不動産が出来
> た場合に登記するのが表題登記」 とあります。
この部分は、正しいですが、

>その一方で、「表題部に記録される登記のが表示登記」 という

この部分は、現在では「表題区に記録される登記が表示に関する登記」
と言うべきではないかと思います。

 

  昔は、登記簿上の1筆(個)の土地(建物)の同一性を明らかにし、
当該土地(建物)の物理的現況を示すに足りる事項を表示する登記の
ことを「表示の登記」と呼んでいました(これを(A)とします。)。

 また、その一方で、土地(建物)の変更(更正)登記と区別する意味で、
土地(建物)の表示に関して最初になされる登記のことを「表示の登記」
と呼ぶこともありました(これを(B)とします。)。

 このように、「表示の登記」と言う言葉は、2つの意味を持って、わかり
づらいところがありました...続きを読む

Q最近 資格をどうも誤解している人がいると思います。

最近 資格をどうも誤解している人がいると思います。

資格は取るのも大事ですが、それをどう生かすのが大事だと思います

社会にでてから、資格の重要性を肌みに感じる人をいると思います



特に 学生や20代のニートが考えるパラノイアは一種の病気です

まず、自分の方向性がしっかりしている人は、おのずと資格がいるのかいらない
のかわかるはずです。
働きもせず、納税もせず、5体満足で寄生して人生を送っている人は、もう病気だと思いますが
どうでしょう?

Aベストアンサー

その資格を生かせる人材かどうかを判断せずに、資格を持っているだけで採用を決めて来た、採用側に問題があると思います。
それが、「持っていれば安心」という感覚を生み出したのだと思います。

Q土地家屋試験問題

土地家屋試験の勉強初心者です
基本的なこととは思いますが
座標法による計算が解かりません
出来るだけ簡単に教えて欲しいです

点Aの座標x、yが
x:66.25 y:45.80 
で そこから
なぜ下記の値にあるのか教えて下さい
Xn+1-Xn-1:21.26

そもそもnに何を入れればよいか解かりません

Aベストアンサー

ANo.1さんの回答以上に大ヒントをあげます

積を求める計算ですが、考え方は小学生レベルです
設問に3点以上の座標値が記載されているでしょ?  三角形をイメージする事(底辺 × 高さ ÷ 2)ですね


>点Aの座標x、yがx:66.25 y:45.80
この座標値の一つ前&一つ後のX座標値は設問にありますね?

【例】
一つ前のX値 ☆☆☆
点A のX値 66.25
一つ後のX値 ▲▲▲

【Xn+1-Xn-1】
Xnとは点Aの事で66.25
Xn+1とは▲▲▲の事  
Xn-1とは☆☆☆の事

設問の数値で▲▲▲-☆☆☆=21.26になりませんか?

また、積を求めるためには21.26 × Y値45.80 となります
これが理解できれば電卓やPCが無くても筆算で計算が出来ますよ


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報