出来れば早急に教えてもらいたいのですが
同棲していたのですが、私が出張中に別れを切り出され、部屋から出て行けと言うのです。
部屋の名義は彼女の方なのですが、光熱費以外は私が払っていました。彼女の口座に振り込み引き落としです。
何分出張中なので動こうにも動けません、、
話そうにも一方的に何日までに部屋から出て行けと言うのです。
もうすでにその部屋は退去申請を出したらしく、名義変更、再契約はできませんと言われました。
部屋の電化製品、家具はほとんどが私が買い揃えたものです。
荷物をまとめれないならトランクルームに預けるとまで、その費用も私が払えと、、
部屋の契約者だからってそんな事できるのでしょうか?
出張から帰れば、住む所が無い状態になってしまうのです。
そんな事許されるのでしょうか?
法的にはどうなんでしょうか?
どなたか詳しい方、教えてもらえないでしょうか?
よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 何もしてませんよ、、、
    いきなりです。
    おそらく男ができたのかと
    近々に入籍まで考えてたのですが、、、
    部屋の物とか、勝手に持ち出してもいいのでしょうか?

      補足日時:2017/04/15 06:55

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

離婚で別居する時も、大抵そんなだよ。

相手の動きを止めて金をせしめる必要があるから。
権利契約関係が曖昧だから、同棲ってダメなのよ。
残念ながら契約上可能なので、後から損害請求裁判で争って回収することになります。
    • good
    • 1

法的に何の問題もありません。


正式な夫婦じゃないってそういう事です。

何をそんなに怒らせちゃったの?
慰謝料請求されないだけマシなんじゃないですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出来れば早急に教えてもらいたいのですが 同棲していたのですが、私が出張中に別れを切り出され、部屋から

出来れば早急に教えてもらいたいのですが
同棲していたのですが、私が出張中に別れを切り出され、部屋から出て行けと言うのです。
部屋の名義は彼女の方なのですが、光熱費以外は私が払っていました。彼女の口座に振り込み引き落としです。
何分出張中なので動こうにも動けません、、
話そうにも一方的に何日までに部屋から出て行けと言うのです。
もうすでにその部屋は退去申請を出したらしく、名義変更、再契約はできませんと言われました。
部屋の電化製品、家具はほとんどが私が買い揃えたものです。
荷物をまとめれないならトランクルームに預けるとまで、その費用も私が払えと、、
部屋の契約者だからってそんな事できるのでしょうか?
出張から帰れば、住む所が無い状態になってしまうのです。
そんな事許されるのでしょうか?
法的にはどうなんでしょうか?
どなたか詳しい方、教えてもらえないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヤバそうですね

Q名義書換料又は譲渡承諾料

借地権の譲渡に当たって名義書換料又は譲渡承諾料が必要とか言われますが、名義書換料は借地権が地上権の場合で譲渡承諾料は借地権が賃借権の場合なのでしょうか?

Aベストアンサー

 2番回答者です。補足質問を拝見しました。

 まず確認しますが、「譲渡」には必ず代金(交換品)の支払いが「必要」です。無償なら、譲渡とは言わず「贈与」なります。譲渡と贈与では税金そのた様々が変わってきます。

 本来の「必要」という言葉はそれほど重いものです。

 その使い方で言うと、譲渡や名義書換に譲渡承諾料や名義書換料は「必要」ではありません。気前のいい所有者なら「いいってことよ」と言って無償で応じてくれますから。

 ここで「必要」というのは、「きっと要求されるだろうね。支払いを拒否すれば、譲渡や名義書換も拒否されるだろうな」程度の、軽い意味あいですが、そういう前提の上での理解であれば、「補足質問の理解」でよいと思います。

 ただ、「名称」は法律で決まっているわけではありませんので、どういう使われ方をするかはわかりません。

 例えば、賃借権の譲渡を許可してもらえば(譲受人が自分の権利を守るつもりがなければ書き換えなくていいが、ふつうは守りたいので)名義書換が"必要"になるものですから、譲渡許可と名義書換はほぼ一体。

 譲渡承諾料に名義書換料を含めたり、逆に名義書換料に譲渡承諾料を含めたりして、請求されることもあるものと思われます。
 

 2番回答者です。補足質問を拝見しました。

 まず確認しますが、「譲渡」には必ず代金(交換品)の支払いが「必要」です。無償なら、譲渡とは言わず「贈与」なります。譲渡と贈与では税金そのた様々が変わってきます。

 本来の「必要」という言葉はそれほど重いものです。

 その使い方で言うと、譲渡や名義書換に譲渡承諾料や名義書換料は「必要」ではありません。気前のいい所有者なら「いいってことよ」と言って無償で応じてくれますから。

 ここで「必要」というのは、「きっと要求されるだろうね。支...続きを読む

Q不法な条件で購入してしまった農地の名義変更。

19年ほど前に農地(畑地)約300坪を友人の名前をお借りして購入しました。(現在も耕作中)
取引は、私と不動業者、司法書士、土地所有者、友人(上記の)で売買契約をしました。土地権利書は友人の名前ですが私がずっと保管してきました。売買契約書も買主は友人の名前になっています。 ただ立会人全員が購入するのがわたしだと認識しており、登記などの手数料は私の名前で司法書士が領収書を発行しています。(私が保管)
 当時は司法書士も入っているので、アウトローな取引とは全く認識していませんでした。現在は友人も私も高齢で誰の土地かわからないような(私が買って所有しているが私の名義ではない)土地を子供に引き継いでもらう事で困っています。ただ、友人との関係は今も良好です。
  尚、もうすぐに民法の占有権による時効取得の条件はクリア出来ると思いますが、私は農家ではなく一般の勤労者ですのでスタートが脱法的な取引のため、農業委員会のOKが出るかどうか心配しています。

Aベストアンサー

19年前の旧所有者とご友人間との契約は問題なく、同日締結されたと見なされる、ご友人と質問者様間の賃貸借契約が問題になるかどうか?でしょうね。無届けで賃借権を設定したのであれば問題でしょうけれど。

農地であることを考慮しないのであれば、真正な登記名義人の回復に該当するとは思います。
都市計画その他の条件が19年前から変わっていないのであれば、3条申請ではムリと言う事は質問者様もご承知だと思いますが、その他の手段で当該土地の所有権者に対抗する手段を検討された方が現実的ではないでしょうか?
具体的には抵当権の設定ですね。現実の利用状況に合わせると、賃借権、永小作権、質権等でしょうけれど、農業委員会の許可が必要ですから、質問者様の属性で許可が出るかどうかが判断できません。

ご友人との関係は良好、と言う事で、第三者であるご友人の推定相続人に対し、どれだけのガードを固めておくか、ということでしょうね。
先ずは推定相続人対策、次に農業委員会という優先順位で考えられては如何でしょうか?

Q預かり金について質問です。 住宅会社のminiminiで、物件を決め、部屋を借りています。 物件を決

預かり金について質問です。

住宅会社のminiminiで、物件を決め、部屋を借りています。

物件を決めたあと、預かり金として家賃2ヶ月分を渡しました。

その後、審査が通り、重要事項説明書どおり、一月分の家賃、礼金、鍵交換費、賃貸保証料、仲介手数料を支払っています。

てっきり預かり金がこのお金に変わるのかと思いましたが、あくまで預かり金なので、無事契約が済み、問題がなくなれば返ってくるものかと思っていました。

家賃の振り込みに変わるのかな、と思いなおしたのですが、2月1日の契約で、3月1日に家賃の引き落としがあり、疑心暗鬼になっています。

担当の方に預かり金について聞くと「諸経費です!」と押し切られ、質問もうまくかわされ、何か納得がいきません。

本当に預かり金は諸経費に使われたのでしょうか。
だとしたら、どういった詳細になるのでしょうか。

本当は私へ戻ってくるお金ではないのでしょうか。

過去に似たような質問があったら、申し訳ありません。
どこに質問してよいのかわからず、こちらに書き込みました。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、その預り金とは、本当に預かり金として支払ったのか明確にしましょう。

もしかしたら、敷金の事を貴方が預り金と解釈している場合なども考えられるので、
そうなると話がややこしくなってきます。

そして、本当に「預り金」として預けたのであれば、
「領収書」ではなく、「預かり書」が発行されます。
そこの所もはっきり把握&保管しておくべきです。

以前は、入居申し込み時に、その様な預り金という名目で
「賄賂」的にお金のやり取りが行われ、様々な問題があった為、
東京の様な人の多い所では、現在、「名目の如何にかかわらず預かり金を受領してはならない」
「宅建業者が預かった預り金は返還を拒んではならない」とされています。

なので、もし質問者さんが東京にお住まいなら、
「預かった預り金は返還を拒んではならない」
という部分に反する事に繋がる為、
違法行為に接触する恐れがあるという事になります。

とりあえず、地域によって習慣や状況は様々違う部分もあるので、
東京がそうだからすべてそうだとは言い切れませんが、
現在は、基本的にその様な賄賂的なお金のやり取りは禁止されている事なので
とりあえず、その「預り金」とするものが、本当に「預り金」として
やり取りされた物なのかどうかを把握し、
預り金を授受したという証拠があるなら、それを持って
役所に行き、「不動産相談窓口」に相談しましょう。

そうすれば、より適切なアドバイスが貰えるはずです。

まず、その預り金とは、本当に預かり金として支払ったのか明確にしましょう。

もしかしたら、敷金の事を貴方が預り金と解釈している場合なども考えられるので、
そうなると話がややこしくなってきます。

そして、本当に「預り金」として預けたのであれば、
「領収書」ではなく、「預かり書」が発行されます。
そこの所もはっきり把握&保管しておくべきです。

以前は、入居申し込み時に、その様な預り金という名目で
「賄賂」的にお金のやり取りが行われ、様々な問題があった為、
東京の様な人の多い所では、現...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報