地球から見た空は太陽が出ている時青いですが、水星、金星、火星からはそれぞれどのように見えるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

火星」に関するQ&A: 火星に住もう!

A 回答 (2件)

水星にはほとんど大気がないようですから、地球の様に太陽光が散乱されることもないでしょう。


ということで、青空とかそういうのではなく、月の昼間の空(?)のように黒い宇宙空間が見えるかと。

金星は厚い雲に覆われていますので、見上げた場合に見えるのは雲の底…でしょう。
地球での曇り空みたいな感じでしょうかね?
ベネラが着陸して、地面の写真を送ってきていたはずなので真っ暗ではないようですが。

火星に関しては…NASAのサイトにローバーやキュリオシティが撮影した写真が公開されていますので確認できるかと。
オカルト系雑誌だとカラー調整していて本当の色じゃない。という意見もありますが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございます!

お礼日時:2017/04/19 16:10

実際に見る事が出来ない・・



水星、金星、火星から太陽方向を見ると その場で目が潰れる・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございます!

お礼日時:2017/04/19 16:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【宗教・五行】土星・木星・火星・金星・水星は五行に対応しており、太陽と月も陰陽に対応している。 こ

【宗教・五行】土星・木星・火星・金星・水星は五行に対応しており、太陽と月も陰陽に対応している。

これって陰陽師の陰陽五行だと思うのですが、五行の各5つの土星・木星・火星・金星・水星の意味を教えてください。

あと陰陽の2つの太陽と月の意味も教えてください。

この陰陽と五行は掛け算ですか?それとも足し算で別々の意味として陰陽と五行は扱うものなのでしょうか?

5×それぞれに2通りの全???通りという多数のパターンで扱うものなのでしょうか。

Aベストアンサー

土星=堅実、勤勉、忍耐力、農業
木星=発展、成功、幸運、名誉
火星=情熱、勇気、闘争、セックス
金星=愛、美、芸術、快楽
水星=知識、情報、機知、商才
太陽=活力、栄光、威厳、快活
月=感受性、母性、神秘、ロマンス

陰陽と五行は2×五行で10通りです。

Q水星、金星、火星  気温の違い

水星はだいたい430℃~-180℃の気温差がありますよね。
これは自転がゆっくりなのと大気がないためだと思うんですが、
では金星が低温にならないのは大気があるという理由だけですか?

金星の方が自転がゆっくりで、太陽に面していない時間が長いので
夜の間はいくらかは冷えそうなイメージなんですが。マイナスになるエリアはないのでしょうか。

火星は温度差があります。25℃~-120℃だそうですが、火星には大気があり、自転は地球とだいたい同じですよね。

なぜ金星にはこのような気温差がないのでしょうか。

Aベストアンサー

水星には大気がないのだから「気温」そのものが存在しない
太陽と地表の輻射熱のみ

金星の大気は濃密(地球大気の70倍)なので熱容量が大きく夜になっても気温はほとんど下がらないので全体がほぼ一定の温度

火星の大気は密度が小さいので気温は地表からの輻射に左右される
水星に似た条件だが薄くても大気がある分水星よりはまし

Q【月の謎】なぜ月は地球から見える面と地球から見えないの地表の厚さが違うのですか?なぜ地球から見え

【月の謎】なぜ月は地球から見える面と地球から見えないの地表の厚さが違うのですか?

なぜ地球から見える面の地表は厚くて、裏面は地表が薄いのか教えてください。

Aベストアンサー

たぶんですが、「潮汐力」の影響ではないでしょうか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E6%B1%90%E5%8A%9B

Q【地球は50億年後に太陽に飲み込まれる】人類は50億年以内に火星を今の地球のように人口的に人類が住め

【地球は50億年後に太陽に飲み込まれる】人類は50億年以内に火星を今の地球のように人口的に人類が住めるような環境に作り変えないといけない。

(太)水金地火木土天

疑問:

火星は地球より太陽の内径を回っているので地球より先に太陽に火星は飲み込まれるのでは?

Aベストアンサー

> 火星は地球より太陽の内径を回っているので地球より先に太陽に火星は飲み込まれるのでは?

 ???
 ご自身で「(太)水金地火木土天」と書かれています。
 火星の公転軌道は地球のそれより外側、太陽より遠いです。
 ただし、「太陽と地球の距離」と「地球の公園起動と火星の公転軌道の平均距離」を把握しされるとよいでしょう。
 太陽が赤色巨星になって地球をギリギリ飲み込んだ場合、太陽と火星の距離が現在の太陽と地球の距離に比べてどうかを把握するためです。

 なお、太陽規模(質量的に)の恒星が赤色巨星になった場合、火星の軌道くらいまで行くのではなかったでしょうか? 40年くらい前に見聞きしたうろ覚えですが。。。(^^;

Q金星、火星の太陽定数と軌道半径の関係

太陽定数について色々調べてたのですが、その中で
「金星、火星の各々の太陽定数(S金星、S火星)は、軌道半径(r)の逆数の二乗に比例する。すなわち、
S(火星)=S0×(1/r 火星)^2

と書いてあるものを見つけました。何故このようなおもしろい法則(?)が成立しているのでしょうか?

詳しい方居られましたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

これは「球の表面積」に依存する量だからです.

半径rの球の表面積=4πr^2

太陽からは四方八方にまんべんなくエネルギーが発せられています.
距離rでは,そのエネルギーは4πr^2の表面積にまんべんなく
広がっていることになります.
すると,単位面積あたりのエネルギーは,総エネルギー÷表面積,なので,
分母にr^2が出て来ます.

数学的には「ガウスの法則」で表現されます.

と言うことで,これは火星と金星に限りません,
また,これは太陽定数に限らず,ある一点から発せられる「何か」についてなら,
たいがい適用される計算です.

例えば,惑星の重力の大きさの計算でも使えます.
地下1000kmでの重力の大きさを求めよ,なんてのも可.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報