【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

って、なんですか?

調べても良いのがありません。

憲法です。

A 回答 (3件)

公共の福祉に関する問題です。



人間が社会的存在である以上、人権には何かしらの
制約原理が必要になります。

それが公共の福祉概念ですが、これは抽象的なので
その内容について色々議論があるわけです。

1,外在、内在

まず、外在的制約説、というのがあります。
人権は、人権の外にある価値(利益)によって制約される
とする説です。
人権の外にあるので、外在的制約説といいます。

次は、内在的制約説です。
人権概念の中に、制約の根拠がある、とする説です。
人権には当初からこうした制約が内在されている
と考えます。


2,一元的、二元的

外在にしろ、内在にしろ、人権制約概念は一個しか
無い、というのが一元論です。

何言っているのが良く判らない?
二元的と比較すると判ります。

二元的は、人権を精神的自由と社会権、経済的自由
に分け、精神的自由権の制約は厳格に制限し
社会権、経済的自由については、制約を緩く制限する
ことを認めます。

こうした区別をしないで、一律の制約を認めるのが
一元論です。



3,内在、外在的二元論、というのは以上を組み合わせた説です。

内在説を採り、かつ二元論を採れば内在二元論になります。
外在説を採り、かつ二元論を採れば外在に言論になります。
    • good
    • 1

追記・・



「憲法です」・・か・・(笑)

憲法は 相当量ある・・・

どの部分?
    • good
    • 2

何に出てたの?



恐らくは 「内的事情と外的事情」を 出てたものに合わせ 変えたものだろーけど?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主債務も保証債務も商行為ではない場合

主債務も保証債務も商行為ではない場合、保証債務の持つ附従性を奪って債権者の権利を強化するために保証契約に付された特約によって連帯保証債務が生ずるとの見解に立つと、AC間の連帯の特約は、催告・検索の抗弁に対する再抗弁としてAに立証責任がある。

この文章の言ってることがよく分からないので、もっと分かりやすく説明してもらえませんか?

あと、主債務というのは借金した人のことで、保証債務というのはその借金した人が返せなかったら代わりに払う人のことですよね?

民法です。

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

>この文章の言ってることがよく分からないので、もっと分かりやすく説明してもらえませんか?

 催告・検索の抗弁とは何ですか。立証責任とは何ですか。法律要件分類説は、立証責任の分配についてどのような基準を設けていますか。これらのことをまずテキストを読んでください。文章が理解できないのは、知識不足によるものであって、分かりやすく説明する以前の問題です。分かりやすく説明するというのは、場合によっては不正確な理解を招くことになります。
 ご相談者は回答が付くと、自分なりの理解の仕方を示さずにベストアンサーにして質問を締め切りますが、きちんと理解していますか。たとえば、自働債権が時効になった場合についての質問をされていましたが、回答は間違ってますからね。あれは、条文知識があれば、解ける問題です。


>あと、主債務というのは借金した人のことで、保証債務というのはその借金した人が返せなかったら代わりに払う人のことですよね?

 ご相談者が、法律学を趣味で勉強しているのならば、そういう理解でも構いません。でも、司法試験受験生ならば、そういう不正確な覚え方はやめましょう。「AさんがBさんに甲商品を100万円で売りました。CさんがBの売買代金支払い債務について 、Aさんと連帯保証契約を書面で締結しました。」という事例があった場合、売買代金債務だって主債務と言いますよ。また、Aさんは主債務者であって主債務ではありません。

>この文章の言ってることがよく分からないので、もっと分かりやすく説明してもらえませんか?

 催告・検索の抗弁とは何ですか。立証責任とは何ですか。法律要件分類説は、立証責任の分配についてどのような基準を設けていますか。これらのことをまずテキストを読んでください。文章が理解できないのは、知識不足によるものであって、分かりやすく説明する以前の問題です。分かりやすく説明するというのは、場合によっては不正確な理解を招くことになります。
 ご相談者は回答が付くと、自分なりの理解の仕方を...続きを読む

Q責任限定

って、分かりやすく言うと、どういう意味ですか?

具体例で教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

全部の責任は取らないよってこんです。

私が今乗ってる車をあなたが欲しいと言い、相場額の30万円で売ったとします。
あなたが車を乗り始めて、すぐに動かなくなってしまった。
車が動かなくなった場所が高速道路上だったので、牽引車代と自分が帰るためのタクシー代がかかった。

この時「車代の30万円だけは返金します」っていう契約。

Q被補助人について後見開始の審判をする場合

被補助人について後見開始の審判をする場合、家庭裁判所は、【その者に係る補助開始の審判を取り消さなければならない。】

【】の部分は、いったい何を取り消すのでしょうか?

民法です。

Aベストアンサー

制限行為能力者制度は程度や内容によって4種類に分かれていますよね。
その中で被補助人が一番程度が軽く、被保佐人、被後見人の順番で重くなります。
内容に軽重、優劣がありますから、すでに補助人がついている被補助人が、それより重い後見を受けるのであれば、その前に付いていた補助人を取り消す必要があるってことです。

Q認定事実と事実認定

認定事実と事実認定

の違いを教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

例えば、甲第1号証は当事者間で作成した契約書と認定した。
これが、事実認定。
当事者間で作成した契約書だから、売買契約は成立した。
これが、認定事実。(実務では、「認定事実よれば売買契約は成立した。」と言うような判決文が多いです。)
要件事実と言うのは、その契約書には目的物件が記載されており代金の記載も明かであるから契約書として法律要件は満たされている、と言う認定を要件事実と言います。

Q客観的予備的併合

客観的予備的併合

の具体例を教えて下さいm(_ _)m

民訴です。

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

「客観的」と言う部分の解説は省略します。(主観ではないことですから)
例えば「被告は原告に対して別紙物件目録記載の建物の明渡を求める。」と言う請求の趣旨の訴訟があったとします。
審理中に契約解除に問題があり、認められない公算がある場合、予備的に「被告は原告に対し年月日から明け渡すまで月額○○万円支払え」と追加して求めることができます。
裁判所としては、別訴より、明渡訴訟と併合事件として進めています。
このことを言います。
なお、この例で、被告から「目的物は被告の所有である。」と言う場合は「反訴」です。
この場合も、併合事件としています。

Q72時間

勾留請求は被疑者が身柄拘束された時から72時間を超えることができない。

①司法警察員は48時間以内に検察官へ送致しないといけませんよね?

②検察官は24時間以内に裁判官に勾留を請求しないといけません。

例えば、①で2時間で検察官へ送致したとしたら、②では70時間使っていいということでしょうか?

Aベストアンサー

205条1項で被疑者を受け取ってから24時間以内と言っていますから、24時間でしょう。

72時間と定めているのは、送検と検察官が受け取るまでの間にタイムラグがあっても、被疑者の人権尊重のため、トータルで72時間を超えないように調整しなさいということだと思います。

また、仮に法で許されても、検察官は、警察官が2時間で済んで自分が70時間もかかるような指示をしないと思いますw

Q原因において違法な行為

原因において違法な行為

って、なんですか?

原因において自由な行為は聞いたことありますが。

Aベストアンサー

wik よりコピペ


原因において違法な行為(げんいんにおいていほうなこうい、actio illicita in causa )は、自招侵害や自招危難の場合に犯罪成立を肯定するための理論構成。

通説はこれらの場合に正当防衛や緊急避難の成立を否定することによって処理するが、この構成を採る見解は、正当防衛や緊急避難の成立を認めた上で自招行為について犯罪の成立を問う。すなわち、自己の適法行為を利用した間接正犯的な構成要件実現として理解するものである。原因において自由な行為における構成要件的アプローチの理論構成を応用したものである。

Qこの問題の解き方を教えて下さいm(_ _)m

この問題の解き方を教えて下さいm(_ _)m

どうにも理解できません。

特に、イ、ウ、エが理解不能です。

民法です。

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

イ. まず抵当権の設定登記とは自分が債権者であることを外部へ公示するための手段の一つです。
次に一般債権者差押さえとは裁判所を通して自分が債権者であることを外部に表示する制度です。
配当要求の終期とは、競売を申し立てた債権者以外で、不動産が競売になって落札されてお金が納付されたときにそのお金から配当を要求できる「配当要求資格者」が配当を要求することができる期間です。

以上を踏まえた上で、目視できない債権を主張するためには登記または裁判所のお墨付きを頂き、早い者勝ちで外部に表示した者が優先弁済を受けられる方が公平だと思いませんか?
つまり、配当要求の終期時に抵当権者であることを主張して優先弁済を受けるためには、一般債権者差押え以前に抵当権登記(自分が優越債権者であること)を設定しておく必要があります。仮にイの肢が正解ならば差押え後に現れた目視できない抵当権者を保護してしまうことになり一般債権者の差し押さえは空振りという結果を招きます。
結論、一般債権者差押えか抵当権設定登記を先に行った方が優先弁済を受けられ、配当要求の終期時が前後の優越を決める争点ではないということです。

ウ. 民法333条に動産を第三者が取得した場合には、先取特権を行使できない旨が記載されています。これは、イの回答でも申し上げましたように先取特権には外部に公示する手段が存在しないため、第三債務者の保護(二重弁済防止)を図った条文です。
他方抵当権には登記という外部に公示する手段が存在するため、第三債務者が誰に弁済をすべきなのかが分かります。いわゆる物権の絶対効です。
言い換えますと、第三者に物が渡る以前には先取特権を優先して行使すべきであると考えられ、抵当権による物上代位はあくまで最終手段であると考える見解もあるということだと思います。
結論、解釈によっては抵当権による物上代位が劣後する可能性もあるということです。

エ. こちらも公示に関する問題ですね。
抵当権設定登記による物上代位は債権者が抵当権者自身であることを伝えるとともに、債務者の二重弁済防止を図っています。
賃借人が弁済期に賃料をオーナー(賃貸人)か抵当権者に支払うことさえ分かれば抵当権設定契約か賃貸借契約のどちらが先になされたとしても影響はありません。賃料の弁済期に債権者が確定していれば問題ないのですから。
結論、どちらを先に行っても構いません。

後に公示制度のブログを作っておきますので参考にしていただけると幸いです。
完成次第連絡します。

イ. まず抵当権の設定登記とは自分が債権者であることを外部へ公示するための手段の一つです。
次に一般債権者差押さえとは裁判所を通して自分が債権者であることを外部に表示する制度です。
配当要求の終期とは、競売を申し立てた債権者以外で、不動産が競売になって落札されてお金が納付されたときにそのお金から配当を要求できる「配当要求資格者」が配当を要求することができる期間です。

以上を踏まえた上で、目視できない債権を主張するためには登記または裁判所のお墨付きを頂き、早い者勝ちで外部に表示...続きを読む

Q身分のない故意ある道具の利用

身分のない故意ある道具の利用

とは、なんですか?

刑法の間接正犯に関連することみたいです。

Aベストアンサー

身分犯はご存じですよね。

例えば、非公務員を利用して賄賂を収受する
という場合を想定します。

利用された非公務員に、これは賄賂だ、という
認識があれば、それは
身分の無い故意ある道具、ということになります。

Qこの問題の解き方を教えて下さいm(_ _)m

A所有の土地について、その妻B及びCが相続を原因として所有権移転登記をしていたが、遺産分割によりBが単独で所有するとの遺産分割協議が成立した後、子Cが不動産登記簿上、自己名義の所有
権移転登記があることを奇貨として、遺産分割前の法定相続分をDに売却した場合において、遺産分割が相続時に遡って効力を生じるから、Bは、遺産分割によって取得した持分について登記なくしてDに主張することができる。

答えは×ですが、どうにも×の意味が分かりません。教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

法律は、理論と結果から考えます。

1,結果の妥当性
 この場合BとD,どちらを保護するのが妥当かを
 考えます。
 利益較量をして考えてみてください。
 一般にはDを保護すべきとなります。


2,次は理論です。
 Dを保護するには、どういう理論にしたらよいか。
 これを理論構成といいます。

 この場合は二重譲渡と同じに考えます。
 つまり、CからB、CからD へ二重譲渡したのと同じだ、と
 理論構成します。

 そうすれば、登記を経たDが勝つ、という構成が 
 可能になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング