ある参考書に、独占資本主義について、次のように書いてありました。
独占資本主義は、二つの側面を持っている。

1 発達した独占資本は、金融機関中心の金融資本となる。

2 独占資本は、外国を植民地として支配するようになる。

何故、そうなるのでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1 資本の集積・集中を遂げ、独占段階に入った産業資本と銀行資本は、それぞれが結びつくことによってその支配力を飛躍的に高めます。

産業資本家の資本の多くは銀行資本に依存するようになり、銀行においても複数の産業部門の競争を制限させることで自らの利益を最大化し、産業の結合を促します。銀行資本も実態は産業資本に転化し、産業資本はその資本をもって銀行に参加することで、両者は融合します。この結合体を「金融資本」と呼びます。
 金融資本は多数の部門の多数の企業からなる巨大な企業グループを支配し、中小の非独占資本を支配します。
 詳しくはレーニンの『帝国主義論』に載っているようです。

2 独占資本は、より多くの生産力を持つ一方で、生産物の消費は資本家のみによって行なわれます。また、設備拡張投資や新生産技術の導入は既存の独占利益を損ねるものとして消極的になり、生産力の発展が停滞します。
 これを打開する方法として、新産業形成と外国への資本輸出の2つがあります。しかし、新産業を形成すると、過剰投資と過少消費が極端に著しくなり(生産部門の極端な肥大化)、大恐慌をもって終わります。その後は停滞が続きます。
 そのため、外国の原料資源や販路の独占を図り、慢性的過剰資本の投資先を確保するという独占資本の内的衝動が、世界を分割する植民地化、勢力圏化を促進します。しかし、このことは、つまるところ帝国主義世界再分割戦争を引き起こします(これが第一次世界大戦です)。このことが独占資本主義体制の危機を示しており、そして独占資本主義の最終段階である国家独占資本主義体制へと移行していくのです。

参考文献
常盤政治・井村喜代子・北原勇・飯田裕康『経済原論』有斐閣(北原執筆部分)
都留重人編『岩波経済学小辞典 第3版』岩波書店
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答、ありがとうございました。
じっくり考えてみます。

お礼日時:2001/07/02 22:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特徴と特性について

特徴と特性って似たような言葉なんですが、意味としては違うみたいなのです。
特徴はあるものの特有の部分ということはわかったんですが、特性がよくわからなくて・・・。
特徴と特性の違いって何なんでしょうか?

Aベストアンサー

特徴というのは、「他のものと比べて目立っている点」ですよね。
「特性」については、心理学では特別な意味を持つ専門用語でもあるのですが、
辞書にのっている一般的な用法についてお話しますね。

http://dictionary.goo.ne.jp/index.html
この辞書サイトでは、「特性」とは
 あるものに特別に備わっている性質。特有の性質。特質。
 例文「火に強い―を生かして耐火用とする」
と書いてあります。
一方「特徴」は
 他のものと比べてとりわけ目立つ点。そのもの特有の点。特色。
 例文「目元に―がある顔」
と書いてあります。


「特性」という言葉は、「特徴」という言葉に比べて
あるものの持つ具体的な性質に特に注目し、
それについて記述するときに使うことが多いと感じます。
「ワックスの水をはじく特性が、フロントガラスを見やすく保つ」
などです。しかしこの場合は「特徴」でも通じないことはない。

しかし、「特徴」とは明らかに違う点がある気がします。
すなわち、「特性」という言葉は、
その性質についての具体的な説明がある場合か、
その具体的性質へと注意を促す場合以外には、使うことができない、ということです。

本などで確認した訳ではないのですが、ネットでの用例を見て、
私は以上のように考えています。

特徴というのは、「他のものと比べて目立っている点」ですよね。
「特性」については、心理学では特別な意味を持つ専門用語でもあるのですが、
辞書にのっている一般的な用法についてお話しますね。

http://dictionary.goo.ne.jp/index.html
この辞書サイトでは、「特性」とは
 あるものに特別に備わっている性質。特有の性質。特質。
 例文「火に強い―を生かして耐火用とする」
と書いてあります。
一方「特徴」は
 他のものと比べてとりわけ目立つ点。そのもの特有の点。特色。
 例文「目元に―...続きを読む

Q現代資本主義における競争と独占について

難しい質問ですいません.現代資本主義における競争と独占についての意見,ありましたら教えて下さい.

Aベストアンサー

経営的な観点からお応えします。
なぜ自由競争が行われると、独占が起こるかということです。

1)大きな設備投資が必要な産業(重工業など)では、規模の経済、またはスケールメリットによって、大きなシェアを獲得したところが低コストとなり、また再投資の資金をライバルより多く得ることが出来るという、良循環が働くからです。重工業ではなくとも、電力・ガスのような公益会社に地域独占を認めているのも、設備投資が大きいからです。また宅配便のようなサービス産業でも、スケールメリットは働きます。ですからヤマトは独占状態です。

2)特定の顧客や高度な技術の製品に特化した場合でも、独占状態となることが多いです。それはスケールメリットに加えて、ライバルよりも顧客情報が多く入り、さらにニーズにあった製品が開発できるからです。京都にそういう企業が多いです。海外では、例のウィンテルが好例でしょう。これには特定地域への集中も入ります。企業規模が小さくても、レストランや小売りにも地域独占が見られます。

3)独占を打ち壊すもっとも中心的な戦略は、イノベーション戦略です。例えばダントツのシェア60%を持っていたキリンを、10%のシェアのアサヒが、なぜ追いついたか?それはスーパードライという、プロダクト・イノベーションを起こしたからです。つまりいままでにない味の、ドライビールを発明したからです。

自由競争下、つまり現代資本主義では、独占→イノベーション→独占→イノベーションのダイナミックな連鎖によって、経済は発展していきます。

経営的な観点からお応えします。
なぜ自由競争が行われると、独占が起こるかということです。

1)大きな設備投資が必要な産業(重工業など)では、規模の経済、またはスケールメリットによって、大きなシェアを獲得したところが低コストとなり、また再投資の資金をライバルより多く得ることが出来るという、良循環が働くからです。重工業ではなくとも、電力・ガスのような公益会社に地域独占を認めているのも、設備投資が大きいからです。また宅配便のようなサービス産業でも、スケールメリットは働きます。...続きを読む

Q用語の意味について

旋削加工は旋盤加工と同じ意味でとっていいのですか?
それと、切削加工の中の1つとして旋盤加工があると考えていいのですか?
自分では、「切削加工の特徴=旋盤加工の特徴」と意味をとってしまうのですが、やはりそんなことではないのでしょうか?

Aベストアンサー

旋盤と旋削はやることが違います。

旋盤は円柱の試料を回転させ、それに刃(バイト)を当てて削り太さを変えます。
そして旋削は刃(フライス)を回転させ、試料から斜めに当てたりして、ねじの谷の部分を作ります。

特徴としては、
旋盤は円柱の試料を回転させ垂直に刃を当て削って、細くしたりローレット加工といって滑らないようにでこぼこを作ったりできる。

旋削は試料は動かす必要がないので、チェーンソウみたいなものを使って溝を掘ったり、かんなみたいに表面を削ったり、歯車の谷を作ったりでき、旋盤よりも複雑で細かく、具体的な事ができる。試料にいろいろな角度で刃を当てることができる。

こんなとこかな。

Qなぜコンツェルンが金融資本の独占の最高の形態といえるのですか。

広辞苑の定義は下記(↓)のようでした。ここで、「カルテル・トラスト以上に集中度が高く、金融資本の独占の最高形態。」とあります。しかし、例えば、ビール会社でいえば、キリンが三菱UFJグループ、アサヒが三井住友グループに入っている状態(コンツェルン)よりも、キリンとアサヒが連合した状態(トラスト)のほうが集中度が高いと思います。この考えはどこが間違っているのでしょうか?

コンツェルン【Konzern ドイツ】
関連ある各種産業部門の各々独立した諸企業が、一つの中央部(大抵は銀行または持株会社)によって支配・統制されているもの。カルテル・トラスト以上に集中度が高く、金融資本の独占の最高の形態。わが国では解体以前の三井・三菱・安田・住友などの財閥の類。

Aベストアンサー

 最近経済学をあまり復習していないのでおおざっぱな回答しかできませんが、もしかするとお役にたてるかと思い書き込みます。

 二つの疑問が混在しているように思いますので、整理しながら回答します。

 第一に、コンツェルンは金融資本としての一体性を持っている企業集団の諸類型の中で「独占の最高形態」であると考えられていることです。従って、中核に金融機関ないしは金融中枢的機能を果たす企業(持株会社など)を含まない企業集団は、日常用語としてはともかく経済理論上はコンツェルンとはよばないのだと思います。

 第二に、ここでの「集中度」とは、個別商品において独占が成立しているかどうかだけを指しているわけではないはずです(念のため申し上げると、ここでの「独占」には高度に集中した寡占を含むと考えられます)。

 なお、広辞苑はいずれにせよ経済に関してはごく簡単にしか記述していません。こうした経済理論に関しては、少なくとも岩波書店や大月書店の「経済学事典」をあたるほうが結局はわかりやすいと思います。私の若い頃などは、先輩にこういう質問をするとヒルファディングやレーニンにじかにあたることを求められたものですが・・・。

 最近経済学をあまり復習していないのでおおざっぱな回答しかできませんが、もしかするとお役にたてるかと思い書き込みます。

 二つの疑問が混在しているように思いますので、整理しながら回答します。

 第一に、コンツェルンは金融資本としての一体性を持っている企業集団の諸類型の中で「独占の最高形態」であると考えられていることです。従って、中核に金融機関ないしは金融中枢的機能を果たす企業(持株会社など)を含まない企業集団は、日常用語としてはともかく経済理論上はコンツェルンとはよば...続きを読む

Qどういう意味でしょうか

The most characteristic feature of her work is her brush style.
このmostの使い方なのですが、
most famousとかならわかるのですが、ここでは=famousなのでしょうか...
most featureとはどういう意味でしょうか
最も特徴的?

Aベストアンサー

characteristic という形容詞の最上級として
most characteristic です。
これも「特徴的な」で、feature も「特徴」で日本語ではダブりますが、
英語としては feature を修飾する、「特有の、典型的な」
という意味の形容詞と考えればいいです。

彼女の work を最も的確に表している特徴。

Q現代資本主義の陰の支配者は、中央銀行ではないかと思うのですがどうでしょうか

現代の資本主義社会においては、お金を稼ぐ者、金銭換算できる資産を持つ者が強いというのが常識になっていると思いますが、資産や収入を得る者(法人を含む)の更に上に立ち、資本主義社会を陰から支配しているのは金融政策を司り、紙幣を発行する権利を独占する中央銀行ではないのかと思うのですがどうでしょうか。

企業や政府でさえ批判を受けるのに、中央銀行が批判されることがほとんどないのも不思議なのですが、それは大企業や資産家が中央銀行を批判し、金融政策を変えられたら困るからではないでしょうか。
また、孫正義やビル・ゲイツといった大資産家についても、日本銀行やFRBといった中央銀行であるお釈迦様の手の上で踊る猿に過ぎないように思えます。

Aベストアンサー

資本主義社会を陰から支配しているのは金融政策を司り、
紙幣を発行する権利を独占する中央銀行
ではないのかと思うのですがどうでしょうか。
   ↑
大きな影響力を持っているのは確かですが
支配している、と言えるほどなのか、疑問が
あります。




企業や政府でさえ批判を受けるのに、中央銀行が批判
されることがほとんどないのも不思議なのですが
  ↑
それは裁判官が批判されることが少ないのと
同じです。

政治家は票目当てで動きます。
つまり金融政策など何も知らない素人の意向で
動く訳です。

これは問題だ、として中央銀行は政治からは
独立した地位を与えられているのです。
裁判官も同じです。

しかし例外もあります。

レーガン政権の時のFRB議長でミスターマネーと
言われた「ボルガー」氏は、高金利政策を採って
随分と批判されました。

「この世で悪いことは三つある。
 一つは金利だ。
 後の二つは金利と金利だ」

と批判した議員もおりました。

当の氏は、票目当ての政治家の言うことなど
聞く必要はない、と断固として高金利政策を採り
続けました。

今では、氏の政策は正しかったと評価されています。




孫正義やビル・ゲイツといった大資産家についても、日本銀行や
FRBといった中央銀行であるお釈迦様の手の上
で踊る猿に過ぎないように思えます。
  ↑
そういう面はある程度ありますが、中央銀行は
組織で独裁者ではありませんし、任期もあります。
相続などはありません。

こういう点でビルゲイツなどのビリオネラーと異なります。

資本主義社会を陰から支配しているのは金融政策を司り、
紙幣を発行する権利を独占する中央銀行
ではないのかと思うのですがどうでしょうか。
   ↑
大きな影響力を持っているのは確かですが
支配している、と言えるほどなのか、疑問が
あります。




企業や政府でさえ批判を受けるのに、中央銀行が批判
されることがほとんどないのも不思議なのですが
  ↑
それは裁判官が批判されることが少ないのと
同じです。

政治家は票目当てで動きます。
つまり金融政策など何も知らない素人の意向で
動く訳です。

...続きを読む

Q文章を意味を教えてください。

経験的蓋然性でコメントするのは匿名掲示板の特徴

これを分かりやすく言うとどういうことなのでしょうか?
蓋然性の意味を調べても、全然理解できません。

Aベストアンサー

個々人の体験に裏打ちされたもので、しかも、その体験上、たいていは、そのようなことであったということ。
したがって、個々人の生活様式が特殊であったり、つまり、個々の生活環境などの違いによって、万人には、必ずしも当てはまらないということ。

蓋然性とか、蓋然的などというのは、よく、学術(科学)論文などにおいて用いられる言葉。
必然というには、ちょっと誤弊がある場合、または、7、8割りがた真実なのだろうと考えられる時、これを用いる。

Q資本主義の【最初の資本は借金】?根本的な結果では?

資本主義の最初の資本というのは、借金という手段によるもののようです。
例えば、銀行は預金の他に日本銀行から借りることで、銀行は会社に貸し出しする、という方法です。
とすれば、資本主義は借金の上にしか成り立たない、という根本的な欠点を持っているように思えます。
地球上で資本主義を採用し、中央銀行制を採用している、ほとんどの大国が借金から永久に逃れられなく
(まるで自転車操業のように)なっている現状をみたときに、
最初の資本は何だろう?と疑問に思うと、借金か?と思いました。
私は学者ではないので、全体的にこうかな?という話になってしまいますが、
実際のところ、利子の付く借金が全ての出発点だとしたら、借りての全員が全額を返し終わる事は
原理上あり得ないので、(利子分の返済も、誰かが利子のある借金をして返済しないといけないから)
借金は永遠に返しきれないばかりか、実際60年前はわずかな借入額だった国の借金は、
2011年度現在、日本とアメリカは国の借金が1000兆円近くなっています。

とすると、資本主義の根本的な欠陥は、それ自体が借金によって成り立つという性質にあるのでしょうか?

資本主義の最初の資本というのは、借金という手段によるもののようです。
例えば、銀行は預金の他に日本銀行から借りることで、銀行は会社に貸し出しする、という方法です。
とすれば、資本主義は借金の上にしか成り立たない、という根本的な欠点を持っているように思えます。
地球上で資本主義を採用し、中央銀行制を採用している、ほとんどの大国が借金から永久に逃れられなく
(まるで自転車操業のように)なっている現状をみたときに、
最初の資本は何だろう?と疑問に思うと、借金か?と思いました。
私は学...続きを読む

Aベストアンサー

常識的に考えてください。
まず資本とは事業や商売をするための元手のことですが、結局大抵の場合資本を使って購入するのは生産のために必要な設備です。
そして初期の経済では、生産のために必要な設備をどのように手に入れていたかを想像すれば分かりやすいでしょう。

いつもは作って食べるだけだった農民が、夜なべして機織機を作った。
もしくは、農民が自分が食べるより沢山の食料を作ってそれを売り、そのお金で機織機を買った。
このようなことが行われていたと想像できると思います。
そのうち、商業や軽工業の商人や職人、そして支配層である貴族や王族がお金を沢山持つようになると、そこからお金を借りたり援助してもらうことで商売をする人が出てきました(その揚がりはお金を出した人がもらう)。

このようにして資本主義は生まれたわけです。
資本主義は連綿とした経済の成長の歴史の結果の産物であり、決して無から生まれたわけではないのです。
ですので、本質的矛盾をはらんでいるわけではありません。

逆に資本主義には本質的問題があると、一部の知識人やエリートたちが作った共産主義やファシズムなどの全体主義は、人工的に作られたシステムだったので本質的問題点を内包しており長続きしませんでした。

常識的に考えてください。
まず資本とは事業や商売をするための元手のことですが、結局大抵の場合資本を使って購入するのは生産のために必要な設備です。
そして初期の経済では、生産のために必要な設備をどのように手に入れていたかを想像すれば分かりやすいでしょう。

いつもは作って食べるだけだった農民が、夜なべして機織機を作った。
もしくは、農民が自分が食べるより沢山の食料を作ってそれを売り、そのお金で機織機を買った。
このようなことが行われていたと想像できると思います。
そのうち、商業や軽...続きを読む

Q「特徴」と「特長」

 同音異義語の使い方で、お知恵を拝借したくて質問させていただきます。
 小学3年生の国語の問題文のなかに、
「たてがみが見事だという特長を持つ動物が、おすライオンだ」
 という文章がありました。
 私は「特長」という言葉は「とくに長所となる部分」という意味に解釈しており、この場合は「ほかの動物と比べて大きな差がある部分」という意味の「特徴」を使うべきではないかと思ったのですが、どちらが適当でしょうか?
 良い機会ですので、娘に「特徴」という言葉も一緒に教えておくべきかと思ったのですが、使い方の違い等について、明確に説明しきる自信がなく、少々困っています。
 言葉の使い方に詳しい方の助言をお待ちします。

Aベストアンサー

どちらにも解釈できるような問題を提供する側に問題があるような気がします。文面から見ると「特徴」がふさわしいと思いますが、「特長」が間違っていると断言できないような気もします。国語の問題は算数のようにはっきりとした答えがないことが「とくちょう」ではないでしょうか?

Q資本主義、社会主義の入門書

 政治や社会問題に興味があるのですが、そういった類のことを考える上で、資本主義というものが一体なにであるのか、ということをしっかり知る必要があると思い、関連の書籍を読もうと考えているのですが、いずれの本が入門書として適切か分からないので、教えて頂けないでしょうか?
 読書に裂ける時間の関係もあり『資本論』のような長いものでなく、長くても300~400頁のものが好ましいです。
 尚、アマゾンで調べて興味を持ったのは今井克人氏の『二十一世紀の資本主義論』です。

 併せて社会主義に関する入門書も紹介して頂ければ有難いです。

Aベストアンサー

資本主義は、商業が盛んだった古代ローマ帝国や、イスラム圏、中国では生まれず、商業を卑しんだ西ヨーロッパで生まれたという逆説があります。資本主義の謎は、経済だけでは、解けないのです。
この問題を、一番分かりやすく解説してくれるのは、小室直樹氏の本だと思います。最近の本は、予備知識も何もない、一般読者向けなので、揚げ足を取ろうと思えば、取れますが、エッセンスを短時間で理解させてくれ、本格的な本を読むための準備にもなります。
たくさん本が出ていますが、『論理の方法』、『経済学をめぐる巨匠たち』、『経済学のエッセンス』あたりがいいでしょう。どれも2時間くらいで読めます。
マルクス経済学については、森嶋通夫がいいですが、全集でしか、入手できなくなってしまいました。


人気Q&Aランキング