以下の状況の実家をリフォームする、或は建直しをする、皆さんならどちらを選択されますか。

0.現在は、老親だけが住んでいる。
1.築約170年の大屋根の付いた本葺の瓦葺きの寄せ棟の平屋建て
2.間口10間、奥行き5間
3.建物が約4度傾いている(私が生まれた時からこういう状態です。)、一部軒が下がっている。
4.台所は強い雨の日に少し雨漏りがする。
4.建築屋さんがいうには、傾きを修正し、耐震性を強化し、経費削減のために瓦を桟葺で葺き変え、間取りの変更はしないとして約3200万円かかる。躯体自体は、まだまだしっかりしているとの事でした。

新築するとなると、解体工事費は、大型重機が使用できないので新築費用とは別に約1000万円かかる上に家屋に対する固定資産税が、それなりにかかってくるとの事。(現状の家屋には約7千円が賦課されています。)

妻や子供は、住むのだったら新築の住居の方がいいと主張しています。
古い物が好きな私としては、修理して建物の躯体自体がだめになるまで残しておきたいのです。
今は、私の仕事や子供の学校の都合で実家には居住していませんが、5年以内には実家に戻るつもりでいます。

質問者からの補足コメント

  • 「瓦を桟葺で葺き変え」の意味は、「本葺瓦屋根を桟瓦葺屋根」に変更する、という事です。
    屋根屋さんとの会話で「桟瓦葺き」の事を「桟葺き」と略称していたので、誤解を生じる表現になっていしまいました。
    金属を屋根材に使うつもりは、ありません。

    解体費用1000万円は、確かに相場より高いかもしれませんが、知り合いが7年ほど前に今回の家屋と同じ規模・構造の住宅を解体際にかかった費用とほぼ同じ額ですのです。
    実家の前庭には、周囲3m高さ1mを超える石が3個、庭木もかなりの数が植わっているので、高額になるのは仕方がないと考えています。
    残念な事に、今はこういう大きな庭石は売れないので、現場で割って搬出する事になるそうです。

      補足日時:2017/05/14 20:14

A 回答 (11件中11~11件)

自分で返せる金銭で選びましょう。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q板金屋根の立平葺きと瓦棒の違いを、教えてください

いつもお世話になります

質問は、題の通り通りです

屋根の見た目が似ていて何が違うのかよくわからないです。

Aベストアンサー

 代表的な断面です。


 上が立平葺き。
 下が瓦棒葺き。 中央の四角が「瓦棒」です。



 遠目に見ると、瓦棒葺きの方がはっきり見えるでしょうね。

Q屋根瓦の漆喰工事と瓦止め工事について

築20年の木造2階建ての屋根瓦の漆喰工事と瓦止め工事が必要と業者に言われたのですが、この工事をするに当たって、普通、足場は必要なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

瓦止めの工事となると,瓦を全部(漆喰工事が必要な部分)を剥がしての工事となりますよね。
そうなると、軒先まで工事をしなくてはなりませんから,作業用の足場は必要です。

屋根工事に関しては,色々と問題が出ていますので,その業者が知り合いなら、そう心配ないのですが・・・
飛び込みで,工事が必要と言われたのでしたら,近所の工務店に、本当に必要かどうか見てもらうのがいいと思います。
現在屋根に漆喰を塗られているんでしょうか?
築20年で、瓦止め工事まで必要だとすると,雨漏りとか有っても不思議ではないですけど。

Q【DIYリフォーム】 仕切り戸の桟を取り除く

DIY経験者でこういうのをやったことがある方or大工関連の知識をお持ちの方にお尋ねします。

添付画像にある、二部屋を仕切り戸で区切っていた上下の桟(写真は床部分のみ)を取り除きたいのですが、これを除くことで考えられるリスクを教えてください。
なお、この仕切り戸は建築当初からありましたが、家屋の骨組みは鉄筋製で構造柱は別の場所にあります。
素人目で考えたリスクは、床の桟を抜いた時、桟部分の床材がないor切れ端のような状態になっていて床下の桟(根太or鉄筋)がむき出しになっているかもしれない、もしくは桟を抜くと床材が一緒にはがれてしまう、などです。
床材は画像の通りで隙間なく埋まっているので簡単には剥がれなさそうですが、万一剥がれると全体を巻き込みそうです。
桟が釘打ちのみかはわかりかねます。釘が見当たらないので、接着剤の後で隠し釘のようなもので打っているのでしょうか。

その他、取り除く際に注意しておくことがあれば合わせて教えてもらえると助かります。
そもそも素人には無理だから業者へ、という意見は無しでお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

床をはってから、両方の柱に少し切れ込みを入れて、差し込んでいます。
取り除く方法は、真ん中の位の所に2cmくらいの間隔で、のこで切れ目を入れながら、ノミでその間の木を取り除いてください。
残りが少なくなってからバールで上にこじあげると外れると思います。
このとき床に傷をつけないように、のこ歯か何かをバールの下にひいてください。

柱に釘が打ち付けられて、抜けない場合は、ペンチで釘をハサミ、曲げたり伸ばしたりしてください。釘が根本で折れます。

取り除いた後に床に隙間が空いている場合がありますので、その場合は上からアルミの板もしくはアルミのレールをビスで留めてください。
これで段差が無くなります。材料はホームセンターか、サッシやさんで調達してください。

Q基礎の躯体に穴を開けたい

一戸建てですが、半地下になっており基礎の高さが1.5m程あります。
その躯体に配管用の穴をφ60mm程開けたいと考えています。
基礎の厚さは凡そ150mm程度です。

鉄筋がどこを通っているか分かりませんし、新築なら基礎に穴を開ける場合、V型の鉄筋を穴の上下に埋設するなどするらしいのですが、中古(築15年以上)なのでどのようにすれば強度的にも問題が生じないようにできるかと思い相談をさせていただきました。

半地下なので、基礎壁の向こう側は外になります(写真)。

・開けた穴に鉄管を入れる
・室内外の穴の周りに、鉄板を四方に取り付けボルトで挟む
・20~30cm四方を鉄筋が出てくるまではつり、穴を開けた後、補強材を入れてまた埋め戻す

など…、いろいろと考えております。

工事自体はリフォーム業者と相談するつもりですが、どのような方法があるのかお聞きしたいと思っています。


ちなみに、写真は外側です。
50~60cm位の間隔でボルトが室内外を貫通しているようですが、これは鉄筋の位置と関係があるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

コンクリートの中の鉄筋を探す機械で鉄筋の位置をコンクリート表面に書きます。
コンクリートに穴をあける機械で、ケーキを型抜きするように穴をあけます。
強度に心配が有るなら,穴の空いた鋼板で内外から補強します。
60mmなら、しない可能性が大きいですけど。コンクリートの現状次第ですが,見た目は大丈夫そうですね。

そのボルトは,コンクリートを打設時の型枠を止める為のものです。鉄筋の間に入るようにしてあり,強度とは関係ありません。

Q下葺き材について

屋根の結露で野地板が腐食し、雨漏りも重なって屋根の工事をすることになりました。

業者に見積もりをとったところ、下葺き材が現在と同じアスファルトルーフィングでした。
透湿シートを採用したところで、結露発生の根本的原因と、他の対処も考えなければ
いけないことはわかりますが、下葺き材としてアスファルトルーフィングよりも透湿性が
格段によい透湿シートを採用するのも良いのかと思いまして質問させてもらいます。

業者見積もりにはアスファルトルーフィングの1平方メートル単価が470円とありましたが、
透湿シートだとどのぐらいの単価になるのでしょうか?
多少高くても、遮熱や透湿の機能性を考えれば冷暖房効率も変わってくるでしょうし、
建物の延命にもなるのであれば、それほど高い投資とは思えません。

現在は昔ながらの隙間の開いた野地板張りなのですが、今度はコンパネ張りになるそうです。
透湿シートを施工する場合、コンパネ張りでも機能性には問題ないでしょうか?
何となく隙間の開いた野地板のほうが湿気が外に出て行きそうな感じがしまして。
また、お勧めのシートはありますか?やはりタイベックが一番いいのでしょうか?
機能性と価格のCPで考えたいと思います。

それと、さらにi-Roofで棟換気もしようかとも思うのですが、
積雪地の片屋根で、勾配天井で屋根断熱の現状で、
これらで屋根結露対策が不十分な場合、他にはどのような方法が良いのでしょうか?
勾配天井をやめて天井を張り、断熱材を張って小屋裏を作り、
そこの空間の換気をした方が効果的なのでしょうか?
雪国でもあるので、熱は残して湿気だけを取り除きたいのですが、
熱には水分が含まれてるからそうもいかないのでしょうか。

リフォームまで時間がありません。なるべく早くご回答をいただけますと助かります。
よろしくお願いいたします。

屋根の結露で野地板が腐食し、雨漏りも重なって屋根の工事をすることになりました。

業者に見積もりをとったところ、下葺き材が現在と同じアスファルトルーフィングでした。
透湿シートを採用したところで、結露発生の根本的原因と、他の対処も考えなければ
いけないことはわかりますが、下葺き材としてアスファルトルーフィングよりも透湿性が
格段によい透湿シートを採用するのも良いのかと思いまして質問させてもらいます。

業者見積もりにはアスファルトルーフィングの1平方メートル単価が470円とありました...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問を読んでみましたが、少し不明点が多く、不安ですが、記載します。

1)結露について
 「屋根の結露で野地板が腐食し」は確かでしょうか?
 これが正しいなら、結露の原因を排除しないと、解決にはならないと思います。
 
 「結露」は、湿気を含んだ空気が、冷たい物に触れ、湿気を含むことが出来なくなり
 水分が表面化する現象です。(冷たい水を入れたコップの表面の水滴)

 それを防ぐ方法は、イ:空気中の湿気(水分)を減らす。ロ:冷たい物を無くす、です。

 イ:空気中の湿気(水分)を減らす。
  結露する場所が小屋裏であれば、その水分はどこから供給されるか?
  答えは室内からです。原因となるものは一杯あります。お風呂の湯気、ポット方式の
  石油ストーブ、室内の洗濯物、その他。そして、人間そのものが水分の発生源です。
  これ等の水分は、天井板を通り抜け、天井裏に至り、急激に冷やされて結露となります。
  これを防止する為には、天井裏に防湿フィルムを敷き詰め、天井裏内に湿度が侵入
  しにくくする必要があります。
  今回の場合、最も必要なのは、防湿フィルムの敷き込みだと思います。

 ロ:冷たい物を無くす
  北国(極寒地)では、天井板の上に、防湿シートを敷き詰め、その上に断熱材を
  敷設します。断熱材はグラスウールマットであったり、綿状になったグラスウール
  (ブローイング工法)であったりします。
  この意味は、単純に、室内の断熱と言う意味の他に、湿気が冷たい物に触れるのを
  防止する機能も果たします。

 ハ:小屋裏換気
  上記の手段を講じても、湿度は小屋裏に入り込みます。(量が少なくなる感じです。)
  それを出来るだけ早く、屋外に排出する必要があります。
  その手段が小屋裏換気です。換気扇を設けて強制的に排除する場合と、換気口を設けて
  換気をする場合があります。

以上が、小屋裏の結露を防止する基本的な手法です。この方法で有れば、野地板をコンパネに
しても問題は無いと思いますし、木材が結露によって腐食することも無くなります。

屋根材に用いるのは、当然ルーフィングで結構です。屋根面に防湿シートを設けても
この方法では、全く意味が有りません。

また、念のため申し添えますが、この方式では、屋根の断熱工事も余り意味が有りません。
その分、天井裏の断熱を充実したほうがいいです。

雪国とのお話なので、今回の前提は、外壁面にも断熱材が入っている、との前提に立っています。
この程度でお役に立てば良いのですが。

ご質問を読んでみましたが、少し不明点が多く、不安ですが、記載します。

1)結露について
 「屋根の結露で野地板が腐食し」は確かでしょうか?
 これが正しいなら、結露の原因を排除しないと、解決にはならないと思います。
 
 「結露」は、湿気を含んだ空気が、冷たい物に触れ、湿気を含むことが出来なくなり
 水分が表面化する現象です。(冷たい水を入れたコップの表面の水滴)

 それを防ぐ方法は、イ:空気中の湿気(水分)を減らす。ロ:冷たい物を無くす、です。

 イ:空気中の湿気(水分)を減...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報