ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

和訳お願いします!

Freud's first foray into the unconscious lives of people, in The Interpretation of Dreams (1900), was taken further in 1901 in his most popular book, The Psychopathology of Everyday Life, which explored the phenomenon of what soon became known as "the Freudian slip". Why do we sometimes forget the names of people, or make slips of the tongue or pen when speaking and writing? or play about and fiddle with things as we speak? These small things, Freud said, were not trivial.


The Interpretation of Dreams:夢の解釈
The Psychopathology of Everyday Life:日常生活の精神病理学
the Freudian slip:フロイト的言い間違い、書き間違いなど

A 回答 (1件)

フロイトが、「夢の解釈』(1900)において、人間の無意識の生に最初に入り込んだことは、1901年の彼の最も人気のある「毎日の生活の心理学」と言う本により深く取りあげられている。

それは、`フロイトのうっかりミス' としてすぐに知られるようになったことの現象を探求したものである。
なぜ私達は、時々人の名前を忘れてしまうのかや、話したり書いたりしてい時に、うっかりミスしたことを言ってしまったり、書いてしまったりするのだろうか?または、話しながら、ものごとをもてあそんだりするのだろうか?これらの小さなことは、フロイトにとっては些細なことではないのである。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング