資金が、500万で、株価500円のある銘柄を、空売りしたとします。(1万株空売り)
(レバレッジは、効かさずに、そのまま500万だけ使用します)
追証というのは、この場合株価500円からいくらになった時に発生するので
しょうか?
レバレッジを使用していないのであれば、株価が丁度、倍の1000円を超えた時でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

保証金というものは、証券会社が損をしないためのものです。

例えば、証券会社が保証金無しに500万の空売りをAさんに許したとしましょう。株価が10円上がり、10万円の損が出ました。証券会社はAさんに10万円払ってくれといいますが(追証)、Aさんは払えないといいます。これでは証券会社は困ってしまいます。
そこで、損が出てもその損を有無を言わさず回収するために保証金があるのです。追証が払えない場合には、証券会社は強制的に空売りを買い戻し、保証金から損を差し引いて清算することにより終わりになります。
これはあくまで概念ですので、追証を何度も払わなければ、証券会社によっては取引停止になる場合もあると思います。

というわけで、証券会社の口座に入れた資金500万が0になるのは、1度の取引では無理です。なぜなら資金が0になるまで取引を継続できないからです。取引は保証金30%150万以上常にないと強制的に終了してしまうのです。ですから終了させないためには追証を入れて30%150万以上を維持しなければなりません。
1度の取引で0になるためには、前日に追証が発生しないぎりぎりの株価850円であり、本日150万の評価損をしなければなりません。1日で150万の評価損するためには850円が1000円にならなければなりませんが、値幅制限より950円でS高になってしまいますの無理です。この場合、追証を払わなければ口座に50万残って終わりです。
保証金率だけではなく、最低の保証金額も決まっていますので、仮に100万だとすればもう空売りはできません。
もっとも株価100円で5万株空売った場合には、株価100円の値幅は50円ですから理論的には250万の評価損を1日で出せますから、資産500万を0にすることは可能です。

値幅は株価にもよりますが、大体20%です。これを元に10%ぐらいの余裕を見て、証券会社は保証金率を大体30%にしているのではないでしょうか?

ご質問の通り、500万の資産が0になるのは株価が1000円になって500万の損をした時ですが、以上のような理由で、実際に0にするのは難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
とても、わかりやすくたすかりました。
またよろしくおねがいします。

お礼日時:2004/08/28 15:04

>資金が、500万で、例えば、株価500円のある銘柄を、500万円分、空売りしたとします。

(1万株空売り)
>私の現金資金500万円が、ゼロ円になる為には、株価は、いくらになった時なのでしょうか?

500万円の損が出た時です。
売りの場合は1万株×500円(値上がり)=500万円ですね。

>レバレッジを使用していないのであれば、株価が丁度、倍の1000円になった時でしょうか?

しかし、実際には保証金率(30%とすれば)と言うルールがあり
損が70%の350万円になった時点(株価850円)で追証が発生します。
ここで追加の保証金を入れなければ、強制的に解消の売買をされてしまいます。

ですから資金が、500万で500万円損する事は実際には起こりませんよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
下の方も、くわしくわかりやすい回答でした。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/28 15:05

信用は言うまでもありませんが借金です。

空売りで500万ということは、500万の借金をするわけです。その借金をするために保証金率という担保が必要であり、大体30%です。500万の30%ということは150万。つまり、150万の現金を用意しなければ500万の空売りはできないということです。
ここでは500万を資金として口座に入れていますので、350万までの評価損まで大丈夫ということになります。つまり、株価が850円までは追証が発生しません。実際には金利などの諸経費も引かれますから、850円の少し手前で追証が発生します。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

少し、質問の形をかえてみます。
ご回答お願いします。

資金が、500万で、例えば、株価500円のある銘柄を、500万円分、空売りしたとします。(1万株空売り)

私の現金資金500万円が、ゼロ円になる為には、株価は、いくらになった時なのでしょうか?

レバレッジを使用していないのであれば、株価が丁度、倍の1000円になった時でしょうか?

宜しくお願いします。

補足日時:2004/08/28 10:57
    • good
    • 0

信用取引は、証券会社から元金の数倍の借金して取引できるシステムです。



現引き、現渡し、つなぎ売り~、などなど、
現物よりいろんな売買ができるようになります。

しかし、落とし穴もたくさんあります。
急がばまわれ、しっかり信用取引の知識を身につけることをお勧めします。


信用取引の良書を以下にあげておきます。
一冊まるごと読んでみてください。
きっと、あなたの投資のプラスになるはずです。

http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=978477 …
    • good
    • 0

信用取引きは証券会社の信用で取引をしていると考えて下さい。


追証とはその証券会社の定める一定の損金を超えた場合に発生します。

維持証拠金率と言う基準が定められていて、
「維持証拠金率が30%以下で追証が発生します。」と決められているとすると
500万円の場合150万円がリミットで損が350万円を越えた時点になります。(実際はその日の終値です。)
これは「売り建て」でも「買い建て」でも同じです。
    • good
    • 0

「レバレッジ(=てこ)」という意味です。


つまり、出資金に対して、何倍までの
取引ができるかという意味でリバレッジが
ない(=1)という事は500万円の
売り注文が成立した時点で余裕はなく、
1円でも値上がりしたら追証となるでしょう。
一般的には新規の注文ができるレバレッジの
他に追証を請求するポイントも別に定めている
ものでしょう。
    • good
    • 0

レバレッジとは借金のことですから、予算500万円しか使用しないのであれば、1000円を超えた時点で追加資金(追い証)が必要になります。


証券会社が追い証という形で請求してくるかどうかは別にして、おおむね正しい理解をされているのではないでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
そうすると、500万だけの使用であれば、
株価が、1000円になった時点で資金ゼロとなり
その時、買い戻しさえ行えば、借金を背負うことは
ないのでしょうか?

また、レバレッジを効かさなければ、空売りの全てに
おいて追証発生は、空売り時の株価の倍以上からと信
じて良いのでしょうか?

補足日時:2004/08/27 15:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q阿鼻叫喚している日本のサポーターが嫌いです。

阿鼻叫喚している日本のサポーターが嫌いです。
また、渋谷で暴走し、他人に迷惑をかけるサポーターがだいっ嫌いです。
個人的には日本代表を応援しています。
でも、ぎゃあぎゃあわめいているサポーターたちを見てると、
吐き気がします。
日本代表はTVでみたいですが、サポーターは見たくないです。

Aベストアンサー

>他人に迷惑をかけるサポーターがだいっ嫌いです。
そういう輩は「サポーター」とは言いません。単なる通りすがりの酔っ払いとでも
思っておけば正解です。

まぁその映像が出れば目をつぶっておけば良いと思いますよ。

Q空売り停止処置の銘柄の行方は

ある銘柄を購入していますが
空売り停止措置になっています
空売り停止措置された銘柄の先行きは一般に
どのような動きになるのでしょうか

過去の事例等をしりたいのですが
どなたか アドバイスお願いします

Aベストアンサー

”一般論”として


I.結論

信用規制が入る前の、その株式が持っていた『本来の大勢的なトレンド』に戻る。


II.株価の流れ

   Step1
    信用規制(新規売り建て禁止)が入ると、売り方の一部から踏み上げも入り、
    買い方はさらに勢いづき、より一層の株価急騰となるケースが多い。

   Step2
    急騰後は、買い方自身の利食い・警戒感・ババ抜きゲーム化が始まり、
    株価は急落する。なお、この急落の段階で売り方が買い戻してしまい、
    規制解除となるケースもある。

   Step3
    その後、足の速い投機資金は次なる獲物へと逃げてしまい、
    売買高の減少とともに、株価は徐々に下がる。

   Step4
    やがて、数ヶ月が経過、売残高の減少が進捗しない場合は、
    売り方の期日向えが近づくにしたがって、株価は動意づき、出来高が増加、
    再び株価急騰となる場合がある、がこれはごく短期の仕手戦で、
    期日向えを利用した、買い方の"いじめ"とも考えられる。
    また、この現象は、株価水準・売残高の推移によって、相違がある。

   Step5
    最後に、売り方の買戻し、売残減少、規制解除となり、
    株価は、本来のトレンドに沿った方向に復帰する。


III.過去の事例

 (1)直近の例(解除されて日が浅い)
   松屋(8237) 売り禁:2/23~8/25
    売り規制直後と期日向えで仕手戦

 (2)規制後、売り方がすぐ買い戻した例
   曙ブレーキ工業(7238) 売り禁:7/6~8/25
    売り規制後の急落で売り方の買戻し、底打ち後、本来の順調な業績アップを
    反映した上昇トレンドに復帰

 (3)突発事件で売り規制した例
   植木組(1867) 売り禁:10/27~12/2
    昨年、新潟県中越地震発生で急騰、急騰・急落となり、規制解除後は
    株価水準が少し違いますが、元の横ばいトレンドに復帰


最後に、上記はあくまで一般論です、個々の銘柄の業績・材料・癖などにより、
一概にこうなると言い切れるものではありません、ただ、『規制期間が終って見れば、
規制が入る前の、その株式が本来目指していた大きなトレンドに沿った復帰をする』
ケースが多い、とは言えそうな気が致します。お役に立てば幸いです。


では、では、がんばって下さい。

”一般論”として


I.結論

信用規制が入る前の、その株式が持っていた『本来の大勢的なトレンド』に戻る。


II.株価の流れ

   Step1
    信用規制(新規売り建て禁止)が入ると、売り方の一部から踏み上げも入り、
    買い方はさらに勢いづき、より一層の株価急騰となるケースが多い。

   Step2
    急騰後は、買い方自身の利食い・警戒感・ババ抜きゲーム化が始まり、
    株価は急落する。なお、この急落の段階で売り方が買い戻してしまい、
    規制解除とな...続きを読む

Qオボちゃん阿鼻叫喚

今後どうなると思いますか?

Aベストアンサー

暴露本を出版する
タイトルは「STAP細胞はあります」

Q株価が急落した直後に空売りするのは なぜ?

KADOKAWA(9477)を調べています。

8/28に、この会社は「当社株式の海外売出し」を発表しました。
http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr2/tdnetg3/20130828/88x92v/140120130827017751.pdf

その後、株価は急落し、
なぜか、貸株残高が増えます。

貸株注意喚起もありました。(通知日:9/4)

空売りは、株価が高い時にすべきものですよね?

KADOKAWAの株価が急落した直後に、なぜ空売りする人が増えたのでしょうか?

ご存じの方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、株価は売りと買いで均衡がとれた状態を保って価格形成しているわけですね。
そこに突然の事情である日突然売り、あるいは買いが殺到して上下に大きく動く場合が有るわけですね。
で、信用で売っていた人、買っていた人が大儲けか大損するわけですね。
その時点で、大儲けしている人は、儲けを確定してもしなくても良いわけですが、信用で買っいたのに大下げで大損した人は自動的に決済で反対売買か、あるいは追い証などが発生する前に損失確定の売りを出しをしないとと思うわけですね。
まあ、あまりの激変ですと間に合わない場合も多いようですが、それを見越して追随する人もいるわけですね。
特に急落の場合は、追随する人なんかが多く出てくる場合が有るわけですね。

Q追証の質問

・空売りの場合、追証の発生は、その日の高値が対象になるのでしょうか?それともその日の終り値が対象になるのでしょうか?

例えば、その日の空売りしているA株の高値が580円で、
終り値が530円で、追証の発生が580円以上の場合は、
追証は発生するのでしょうか?

・信用買いの場合、追証の発生は、その日の安値が対象になるのでしょうか?それともその日の終り値が対象になるのでしょうか?

例えば、その日の信用買いしているA株の安値が530円で、
終り値が580円で、追証の発生が530円以下の場合は、
追証は発生するのでしょうか?

教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

終値で追証の発生かどうか判断します。
そうでないと市場が開いているうちに追証が発生した場合、当事者は銀行とかに走り追い金を入れなければならなくなります。これができますか?

Q株価の高い時に買い、株価の低い時に売り

株価の高い時に株を買い、株価が安くなった時に売って儲けるのは、どおいった方法なんですか? 難しいですか?

Aベストアンサー

説明いたします。短期の売買での投資方法です。
【株価の高い時に株を買う】
好材料が出て、今までの高値を抜いた時に、
これから大きく上昇が見込まれる時は、
すぐに買いを入れることを言いますね。
安値を拾うのではなく、上がったら買う戦法です。
大阪の古野電気が数日前から上昇していますが、
これは1050円を抜いたので、上がり始めたと判断した仕手筋が、
買いを入れたということでしょう。
今日、1100円を抜いたので買うという投資家も出てきます。
【株価の低い時に売り】
富山化学の動きを見ているとわかりますが、悪い材料が出て800円、
700円を割ってきますと、さらに売られます。
買う人はどこまで下がるかわからないので、買うのをやめます。
空売りの人は更に下がると読んで売り玉を増やします。
つまり、安値を更新している銘柄は買い材料が見当たらず、
しばらくは低迷することになります。
スーパーのユニーの株も1800円を割ってから下げ幅が拡大し、
とうとう1400円を今日、割りました。
これは安いから買いというのでなく、安いから売るという戦法です。

【注意事項】
高値を抜いたら買あうと高値を掴むことになりますし、
安値を更新したら売ると、底値で売ってしますこともあります。
出来高、チャート、材料を見極めて研究することも大事です。

説明いたします。短期の売買での投資方法です。
【株価の高い時に株を買う】
好材料が出て、今までの高値を抜いた時に、
これから大きく上昇が見込まれる時は、
すぐに買いを入れることを言いますね。
安値を拾うのではなく、上がったら買う戦法です。
大阪の古野電気が数日前から上昇していますが、
これは1050円を抜いたので、上がり始めたと判断した仕手筋が、
買いを入れたということでしょう。
今日、1100円を抜いたので買うという投資家も出てきます。
【株価の低い時に売り】
富山化学の動きを...続きを読む

Q追証余裕額

追証余裕額について教えてください。
追証余裕額と言うのは(追証が発生するまで使えるお金)だと思いますが、追証余裕額80%ぐらいまで使えますかどうですか?  (極端な暴落以外で)

Aベストアンサー

使えますが、40%程度は残しとかないと思惑が外れたときが怖いですね。
追証金を出せる余裕があるとか前日の売買利益が入金されるとかならいいですが。または1日で確実に勝てる自信があるときはいいと思います。

Q売り気配と買い気配の株価が同じでも株価が付かない

株価ボードをみていると売り気配と買い気配の株価が同じでも株価が付かずにそのまま気配値がスライドしていくことがよくありますが、なぜですか?特にストップ高、ストップ安のときによく見られるのですが。

Aベストアンサー

その時の売り買いの板数は見られましたか?片方だけが極端に多くなっていて(多い方は殆どが値段していない成り行き注文)、売買が出来ない状態になっているのです。この場合、売り買いが釣り合うまで気配値はスライドしていくことになります。そしてストップ高(または安)まで行き、取引終了まで状況が変わらなければ、売買が成立しないか比例配分で少ない方の板数分だけ成立させます。

Q信用銘柄の返売り約定が追証の入金として認められない

信用取引で追証が発生したとの証券会社からの連絡はあった
ので、その日のうちに手持ちの信用銘柄を返売り注文し約定
が成立しました。

しかし、数日後、口座に追証の入金が確認されなかったため
信用取引を停止するとの連絡を受けました。(希望すれば再
開の審査を受けれるようなのですが)

証券会社の人の話によると、追証が発生した場合、入金は口
座に現金を振り込まねばならず、信用銘柄の返売り約定は入
金とは認められないとのことでした。

信用取引の契約書に追証が発生した場合の入金方法が書いて
あったらしいのですが、読み落としていました。

そもそも追証の発生するような株取引はするなという話にな
ると思うのですが、信用銘柄の返売り約定が追証の入金とし
て認められない理由がよく分かりません。

どなたか分かる方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 そもそも株式の取引は約定後その当日を含め4営業日目(決算時は一日追加)に受け渡しが行なわれ実際のお金がやり取りされます。
 これは現物でも信用でも変わりません。これは最も基本的なルールですので、これ位は知っておきましょう。

 追証の金は翌日までに「現金」の入金が必要です。
 ですから、追証が発生してから株を売っても間に合わないわけです。
 それを防ぐためには、自分で信用維持率を計算し、追証が確定する前に発生しそうな日の内に信用なり現物なりを売って維持率を確保すれば大丈夫です。

Q信用売り 空売りについて

つまりこういうことなのでしょうか?

仮に、私が20万円を担保として、100万円相当の株を借りたとします。
1株1万円として合計100株を保有しています。

下がりそうな雰囲気の時に売却して、現金100万円にしました。
株価が1株9000円に下がったので買い戻しました。
90万円で100万株買い戻せました
10万円もうかりました

って事でいいのでしょうか?

ようするに証券会社から「100万円」を借りているのではなく「100株数」を借りているという認識でいいのですよね?

判りやすいようにぶっとんだ質問をしますが
1株1000円に下落して、10万円で100株購入できた場合は90万円の儲け、という認識でよろしいのでしょうか?
(100株に10万円の価値しかなくても、とにかく100株を返せばOK?)

Aベストアンサー

そうですね、その認識で正しいです。


より厳密に言えば、信用売りというのは
「証券会社から株券を借りてお金を貸す」
という行為です。

信用売りしたい銘柄の株券を証券会社から借ります。
借りて売った売却代金は、証券会社に貸します。
貸したお金を返してもらうには、借りた株券を証券会社に返す必要があります。

100株を借りてきて、これを1000円で売ります。
売却代金の10万円を証券会社に貸します。
もしこの100株を900円の時に仕入れることができれば、差額の1万円儲かりますし、逆に1100円に仕入れれば1万円損をすることになります。


ですから、信用売りでは株券を借りる「貸株料」を支払うと同時に、お金を貸しているため「金利」を得ることができます。
ただ、現在は市場金利が低すぎるため、この金利がゼロとなっています。


人気Q&Aランキング