加計学園の獣医学部新設をめぐる問題で、前川喜平前文科事務次官が、政権中枢の関与により、「行政が歪められた」と言っています。

※加計問題で閉会中審査 前川前次官「歪められた行政」暴露
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news …


しかし、もともと、「行政を歪めた」のは、50年以上も獣医学部の新設を認めなかった、文部官僚の方ではないのでしょうか?

※加戸守行前愛媛県知事が前川喜平氏に反論 「ゆがめられた行政がただされた」
http://www.sankei.com/politics/news/170710/plt17 …

※加計問題、元凶は文科省
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170607/soc17060 …

質問者からの補足コメント

  • プンプン

    前川氏の「行政がゆがめられた」発言に対し、
    加戸守行前愛媛県知事は「岩盤規制に国家戦略特区が穴を開け、『ゆがめられた行政が正された』というのが正しい」と反論。
    さらには、今回の加計問題を報じるメディアへの批判も展開するなど、踏み込んだ発言の内容が賛否を広げている。

    「加戸さんの話は響くものがあった」との意見もあるのに、なぜマスコミは「当事者」前愛媛県知事の発言全容を報道しないのでしょうね。


    ※加計問題、なぜか報道されない「当事者」前愛媛県知事の発言全容
    https://news.nifty.com/article/domestic/society/ …

      補足日時:2017/07/11 22:56
  • 「奨学金」について、文字数制限で記載できなかったので、補足しておきます。

    「回答者さん」の奨学金の発想は、日大総長の「奨学金をつけて東京まで学生を送ってくれたら日大で立派に育てて愛媛にお返ししますよ」と同じ発想ですね。
    ただ「あなた作ってくれるか?」の問には、回答が無かったそうですね。

    ※日大総長「加計にろくな教育できっこない」愛媛知事「じゃあ、あなた作ってくれるか?」
    http://www.sankei.com/smp/premium/news/170719/pr …


    また、閉会中審査のなかで、青山氏が「獣医師の奨学金は、愛媛県では、9件あり、全国で3番目に多くなっています。」と説明しています。

    ※加計・閉会中審査で青山繁晴さんが質問
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid208 …

    No.42の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/07/25 21:45
  • どう思う?

    「石破4条件」が、日本獣医師会側の政界工作の「成果」だったとする報道があるが、本当でしょうか?

    ※新設認めぬ「石破4条件」は獣医師会の政界工作の「成果」だった
    http://www.sankei.com/premium/news/170717/prm170 …

    ※前川氏が「もう一つの嘘」をついていた可能性
    http://agora-web.jp/archives/2027404.html


    追及の急先鋒である玉木議員の父は獣医師で香川県獣医師会の副会長であり、弟も獣医師だそうですが、このことは、どう考えればよいのでしょうね?

    ※玉木雄一郎(wiki)
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E6%9C%A8 …

      補足日時:2017/07/26 23:25
  • うーん・・・

    農水省の「獣医師の需給に関する報告書」によると、四国では、将来の需給割合の予測が厳しいのが明らかなので、今回の件は、騒ぐのが可笑しくありませんか。

    ※獣医師の需給に関する報告書
    http://www.maff.go.jp/j/study/other/jui_jukyu/pd …

    ※獣医師の需給に関する検討会
    http://www.maff.go.jp/j/study/other/jui_jukyu/

    「「行政を歪めた」のは、誰の責任でしょうか」の補足画像4
      補足日時:2017/08/05 15:53
  • プンプン

    画像の通り、四国は、「獣医学部の空白地域」です。

    近くの大学の獣医学部へ行くにしても、大変不変です。
    「教育の機会均等」の精神からも、他県と同様な距離に、獣医学部があるべきではないでしょうか。

    ※四国4県公務員獣医師の意識調査結果(今治市)
    http://www.city.imabari.ehime.jp/top_search.html …

    「「行政を歪めた」のは、誰の責任でしょうか」の補足画像5
      補足日時:2017/08/08 20:28
  • 「私がNo.43(?)で計算した結果は否定するの?一人の獣医の割り当て農家数は全国平均で20軒ですが愛媛で14軒ですから全国平均より高いですがこれで何で足りないの?」について、補足します。

    ⇒何故、「農家数」で、比較するのですか、実際、個々に対象となるのは「頭(羽)数」です。

    それで計算すると、
    〇全国 頭数=321,595,000、産業動物獣医= 4,366、一人当たり= 73,659   
    〇愛媛県 頭数=4,116,260、産業動物獣医= 38、一人当たり= 108,323

    つまり、愛媛県の産業動物獣医は、一人当たりでは、全国平均の約1.5倍の仕事をしていることになります。

    No.70の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/08/09 03:00
  • 獣医学部の入学定員は、全国で930名であり、そのうちの4割(385名)が関東地方に集中している。
    日本国内の獣医系大学は16大学があるが、そのうち5大学が関東地方にある。

    ところが、図表の過去三年間の就職先を見ると、関東地方で就職した者(985名)のうち、小動物分野(ペット病院等)に就職した者がほとんど(721名)で、産業動物分野に就職した者は、僅か(29名)である。
    これでは、大学数が多くても、全国でみれば、産業動物分野の獣医師が不足するのは、当然だと思いませんか。

    ※獣医学部
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8D%A3%E5%8C%BB …

    「「行政を歪めた」のは、誰の責任でしょうか」の補足画像7
      補足日時:2017/08/09 22:08
  • 獣医師数が増えているとの意見がありましたが、下記の農林水産省の資料の通り、増えているのは、小動物診療(ペット動物)医師であり、産業動物獣診療医師は、減少しています。

    ※獣医師数の推移(農林水産省)
    http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/zyui/22.h …
    -

    「「行政を歪めた」のは、誰の責任でしょうか」の補足画像8
      補足日時:2017/08/14 20:35
  • 畜産農家が減っているので、産業動物獣医師の需要が減っているとのことですが、次の通り、家畜伝染病予防法等の改正により、産業動物獣医師の負担が増えており、結果的に産業動物獣医師の不足を増幅しているのではないでしょうか。

    ◇平成23年4月の家畜伝染病予防法の改正により、飼養衛生管理基準及び特定家畜伝染病防疫指針の見直し等も行われ、飼養衛生管理基準が定められた家畜の所有者は、毎年、農林水産省令で定める事項を当該家畜の所在地を管轄する都道府県知事に定期報告が義務づけられた。

    ◇平成24年以降は毎年2月1日の状況について、牛・豚等は毎年4月15日まで、鶏等は毎年6月15日までに報告が必要となった。

    ※家畜伝染病予防法の改正(農林水産省)
    http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/eisei/e_kou …

    No.90の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/08/16 09:33
  • 四国の香川県では、再雇用や臨時・嘱託職員が占める割合が高く、下記図表の通り、平成32年度までに産業動物分野では共済で11 人、公務員分野では37人を確保する必要がある。産業動物分野の民 間獣医師の新規参入がほとんどない状況のなか、将来も獣医師が十分確保されるか 不安定な状況にあるとのことです。

    ※獣医療を提供する体制の整備を図るための香川県計画(平成29年2月)
    http://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir8/dir8_1 …

    --

    「「行政を歪めた」のは、誰の責任でしょうか」の補足画像10
    No.107の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/08/20 20:17
  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (163件中11~20件)

安倍の政治姿勢の問題。

これを抜きにして加計問題の解決はありえない。
貴方には理解できない事の様ですが、それともその事を意図的に避けている様にも思えるが、日本の経済は一流で政治は三流と揶揄される原因はこんなところにあるのではないかと思われる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今度は、政治姿勢の問題ですか。まさに、お得意の問題のすり替えですね。
まずは、こちらが聞いている、下記①②の問題に、正面から答えないと、回答者さんの主張に不都合があるからとの証明になってしまいますよ。

①「何が利益なのかは今迄さんざん述べてきた」とのことですが、具体的に何が利益か、頭の悪い私には、よく分からないので、再度、具体的に説明願いたい。
・・・これの説明がないと、加計の何が問題なのか、答えようがありません。

②獣医師の待遇改善によって、加計の問題が解決できるとのご意見の様ですが、その確証は何処にあるのか、その保障は出来るのか。


その上で、
日本の経済は、一流でしょうかね。
東電や東芝、シャープ等の日本の代表的企業の経営者は、三流であることが判明しましたよ。
最近は、中国の方が元気ですしね。

日本の政治家は、与党・野党議員に限らず、多くが三流以下ですよ。
民進党は、折角、自民党が弱体化しているのに、分裂騒ぎだし、与党・野党議員に限らず、不倫やスキャンダル等で、世間を騒がせているのは、聞くに堪えません。

それにも増して、事実を公平・客観的に報道しない、マスコミが五流であることが問題です。
五流マスコミが足を引っぱっている結果が政治の三流以下なのでしょう。
そして、その五流マスコミの報道を信じて、国民が新党や、口だけ上手い議員に投票する。
過去、何回、新党ブームや口だけ上手い議員に騙されたことか、国民は学習しないのでしょうかね。
・・・国民も五流以下にならないように注意しなければなりませんね。

※経済三流、政治五流 -昭和は遠くなりにけり
http://d.hatena.ne.jp/domanisakai/20170315

※経済一流、政治は三流、マスコミは五流
https://ameblo.jp/14pines/entry-12071433505.html

お礼日時:2017/09/16 21:33

何が利益なのかは今迄さんざん述べてきた。

安倍の政治姿勢を結局貴方は肯定する立場でいつも述べている。つまり最終的結論はそこにある事は明白で、四国を政争のダシにしているのは安倍であり貴方の立場。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(1)「何が利益なのかは今迄さんざん述べてきた」とのことですが、具体的に何が利益か、頭の悪い私には、よく分からないので、再度、具体的に説明していただけないでしょうか。


(2)また、先に指摘した、根本の問題である、下記の①の待遇改善に関し、結局は、回答をいただいていないので、回答をお願いします。

「①医師の待遇改善(給与アップ等)」によって、加計の問題が解決できるとのご意見の様ですが、その確証は何処にあるのか、その保障は出来るのかについて、私の方で、疑問を投げかけていますが、これについては、回答をいただいておりません。


(3)それに、「地方創生」については、No.150にて、「一定の効果はあるのは当然だろう」と、おつしゃつているので、
その点からは、四国へ獣医学部の新設は、認めてよいとのご意見ですね。

お礼日時:2017/09/16 14:23

本当にわからない人だ。


安倍がそうしているのですよ。だからこそそこを正さないといけない。四国を政争の具にしているのは安倍その人。自分の為に利用しているだけ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「自分の為」と仰せですが、安倍氏は、何か、利益を得たの???

お礼日時:2017/09/16 06:36

公的獣医師の待遇改善をする事で四国の問題を解決する保証はあるのかと言う事だが、加計に獣医学部ができる事によって四国の公的獣医師が補足できる確証が貴方にはあるのか。


むしろ公的獣医師の待遇改善の方がより現実的ある。また、私的獣医師の活用も大切。貴方は早い段階ではこの公的獣医師の待遇改善について否定的であった。いつの頃からかあたかも自分の意見の様に両輪だと言い出している。御都合主義。
地方創生を問題にするのはどれだけの効果があるのかははっきり言ってわからないが、一定の効果はあるのは当然だろう。しかし、地方創生を問題にするのであればそれはそれで全く違う観点から考える必要も出てくる。つまり別問題。
政治姿勢の問題を抜きにしてこの問題を考える事は片手落ちどころか日本全体の政治を考える上ではまさに根本的な問題。四国だけが日本ではない。つまり四国のためなら何をやっても良い事にはならない。そこを貫く政治姿勢とはそう言う事で全てに関わる大きな問題。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「加計に獣医学部ができる事によって四国の公的獣医師が補足できる確証はあるのか」については、だから、待遇改善とあわせ、車の両輪と申し上げています。
「待遇改善について否定的だった」とのことですが、当初は、待遇改善に焦点が当たった議論がなかっただけであり、待遇改善を否定はしていません。

公的獣医師不足は、処遇が低いことのみにより発生しているのではなく、首都圏の獣医系の大学への進学者に女性の割合が増えていることにより、体力的に大型家畜を扱うことが困難な女性獣医師が産業系以外の職域に就くことの要因が大きい。
これは、首都圏に獣医学部が偏在しており、ペット病院主体の女性獣医師が増加している弊害であり、その意味でも、待遇改善とあわせて、空白地域の四国に獣医学部を新設し、 大型家畜を扱える男性獣医師を誘導することが重要です。

四国に獣医学部を新設は、薬剤師のように全国的な規制緩和で養成機関への志願者が定員割れするものではなく。 獣医師養成機関空白地域である四国ブロックに限ってだけ定員を拡大することで、獣医師教育の水準や職域偏在への影響を検証することが、国家戦略特区として、現実的な対応である。 また、卒業者の特定職域及び特定地域就業を義務付けなくても地元からの進学者が地元に就業する可能性が高いことは現在の獣医師養成機関の立地場所と獣医師の活動地域の相関を見れば期待できるが、更に、志願者の選抜時に地元(四国)採用 枠を設けるなど、地元への就業や産業系への就業を促す施策を講じることで、四国の獣医師不足が解消される。

また、「四国のためなら何をやっても良い」とは申しておりません。
むしろ、四国を政争の“愚”にしているのは、地道に準備をしてきた四国にとって大迷惑であり、政争をするなら、地方(四国)に迷惑がかからない方法でやってもらいたい。

※政争の“愚”にするな
http://www.sankei.com/west/news/170406/wst170406 …

マスコミも、地方版では「国の基準に照らすと優れた教育環境」と報じていたものを、東京が関与した途端に、政争の“愚”にするとは、地方(四国)にとって、迷惑千万な話です。

※加計獣医学部、毎日新聞が「国の基準に照らすと優れた教育環境」と報じていた
http://ksl-live.com/blog9311

お礼日時:2017/09/15 20:59

地方創生を問題するのであればそれはそれでいろいろな方法がある。

つまり別問題。
獣医師問題はペット獣医師との絡みでまた別問題がある。
加計問題とは政治の政治姿勢が大きな問題になっている、何度も言うがその事は単に四国の問題に止まらず日本全体の問題に関わってくるからだ。この事を問題に取り上げた事で安倍の政治姿勢に変化があった事は事実、これは一定の効果があった事を意味する。貴方にはわからない事だとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「地方創生・・別問題」とは、その程度の認識しかないのですね。
「それはそれでいろいろな方法がある」のであれば、どんな特効薬があるかを示してもらいたい。

◇今治市は、地道な活動の結果、「地方創生特区の第2弾」として国家戦略特区の3次指定を受けて、やっと「獣医学部の新設に係る認可の基準の特例」を認められたのです。

苦労して、地元が、長年に渡り、準備してきた構想を、「別問題」だと切り捨てるのは、冷たい人ですね。

つまり、『今治市は大学誘致を目指す「学園都市構想」を昭和50年に決定。用地は昭和58年の土地造成時から、高等教育施設を誘致する目的で、合併振興基金として40億円を積み立て、長い年月をかけて正式な手続きを踏んで用意していた』のですよ。
また、今治新都市において、大学獣医学部設置を核として、国の施策でもある新都市開発整備事業の企業誘致として関連する食品産業や製薬・動物関連企業等の誘致を図り、地域の活性化を計画しているのです。

※42年前からの悲願、文科省いくども交渉
http://www.sankei.com/west/news/170406/wst170406 …


◇都市への若年人口の集中の是正と地方創生、畜産業のグローバル市場への取り組み、自治体の受入れ体制などを考えたなら今回の誘致は否定される理由はありません。
都市圏の獣医学部卒業生の多くは都会での動物病院の開業を目指す学生が中心です。愛媛県へ誘致される獣医学部が感染症対策など畜産農家を支え、地方創生に貢献してくれる公務員獣医師の育成と産官学連携の中心的な大学の誕生であるなら、そして近い将来、畜産がブランド肉等の輸出産業となる為の重要な役割を担う大学となれば、国家戦略特区による功績でしょう。

※加計学園問題と地方創生を考える
http://www.miyako-kokusai.co.jp/801/

人材育成機関として獣医学部のニーズは高く、公務員獣医師の確保に留まらず、地域経済の振興や人口減少に歯止めをかけることにつながり、すでに、学生や教員向けのマンションを建てている人もいるそうです。

※愛媛県知事 四国の獣医師不足・経済振興を指摘
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170621/mca170 …

お礼日時:2017/09/15 20:55

問題にしているのは加計問題。

問題逸らしをする手法はまさに安倍と同じ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回の問題の根本の本質は、「四国の獣医師不足の問題」ですよ。
その根本の問題である、下記の①②の四国の事項に関し、意見を述べるのは不都合なので、「問題逸らし」をしているのは、むしろ回答者さんの方ですよ。

①医師の待遇改善(給与アップ等)」によって、加計の問題が解決できるとのご意見の様ですが、その確証は何処にあるのか、その保障は出来るのかについて、私の方で、疑問を投げかけていますが、これについては、回答をいただいておりません。

②四国へ獣医学部の新設は、地方創生、地方振興の意味合いもあると思いますが、この点についても、意見をいただいおりません。

今回の問題の根本の本質は、「四国の獣医師不足の問題」ですよ。
その根本問題に対し官僚が不作為なので、加計が乗り出したのであり、まず、非難されるべきは、官僚であり、それを無視して、加計や政権の非難に終始するのは、どこかのマスコミや野党と同じですね。

お礼日時:2017/09/15 00:26

今迄の回答を最初からもう一度読み直してみましょう。


同じ事を何回繰り返しているのか。ネットで検索するだけの自分のいい加減な主張を追求されると論点をずらしてしまう。
貴方は加計でなくとも良い。とまで言ってますが、それではいったい加計問題をどの様に解決するのか。
そもそも加計問題ではなく、四国の獣医師の問題なのではないか。その問題の違いを貴方は理解できるのか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるように「そもそも加計問題ではなく、四国の獣医師の問題」。つまり、そもそも「四国の獣医師不足が問題」であり、それを解消する為には、「加計でなくても、(例えば、愛媛大学でも)よい」と言っているのです。

それ(四国への獣医学部の新設)を否定するなら、
下記の①②の四国の事項に関し、意見を述べ、説明上でした上で、話の展開をしないと、私の様な頭の悪い者には、伝わりませんよ。

①医師の待遇改善(給与アップ等)」によって、加計の問題が解決できるとのご意見の様ですが、その確証は何処にあるのか、その保障は出来るのかについて、私の方で、疑問を投げかけていますが、これについては、回答をいただいておりません。

②四国へ獣医学部の新設は、地方創生、地方振興の意味合いもあると思いますが、この点についても、意見をいただいおりません。

お礼日時:2017/09/14 22:53

今回の問題は単に四国の獣医師の問題止まらないこと。


その事で大切な事を見逃す事になる。また、その事を問題のすり替えに使っている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「四国の獣医師の問題止まらない」と述べるなら、
まず、下記の①②の四国の獣医師の問題に関し、意見を述べ、説明上でした上で、「それに止まらないこと」の話の展開をしないと、私の様な頭の悪い者には、回答者さんが、何を言いたいか、伝わりませんよ。

①獣医師の待遇改善(給与アップ等)」によって、加計の問題が解決できるとのご意見の様ですが、その確証は何処にあるのか、その保障は出来るのかについて、私の方で、疑問を投げかけていますが、これについては、回答をいただいておりません。

②四国への獣医学部の新設は、地方創生、地方振興の意味合いもあると思いますが、この点についても、意見をいただいおりません。

お礼日時:2017/09/13 21:31

加計問題とは何か?それについて今迄述べてきた事を繰り返す事になる。

本当にわからない人ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうしても、話題を「反安倍」に持っていきたいのですね。
私は、純粋に「四国に獣医学部が必要か」の議論をしたいだけです。

それには、
①獣医師の待遇改善(給与アップ等)」によって、加計の問題が解決できるとのご意見の様ですが、その確証は何処にあるのか、その保障は出来るのかについて、私の方で、疑問を投げかけていますが、これについては、回答をいただいておりません。

②四国への獣医学部の新設は、地方創生、地方振興の意味合いもあると思いますが、この点についても、意見をいただいおりません。
の回答をいただかないと、議論は深まりません。

そうでなく、「反安倍」の、はじめに「結論ありきの議論」は、論点を歪めるので、別の場所でされてはどうでしょうか。

お礼日時:2017/09/12 21:32

質問内容とはかけ離れたお礼の文章。

つまり答えられないのでしょう。
貴方の言っていることはそんなものなのですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そもそもの今回の私の質問は、加計に関し「行政を歪めたのは、誰の責任か」ですよ。

①「獣医師の待遇改善(給与アップ等)」によって、加計の問題が解決できるとのご意見の様ですが、その確証は何処にあるのか、その保障は出来るのかについて、私の方で、疑問を投げかけていますが、これについては、回答をいただいておりません。

②また、四国への獣医学部の新設は、地方創生、地方振興の意味合いもあると思いますが、この点についても、意見をいただいおりません。

上記の状態で、加計以外の本題から乖離した問題に関し、意見を述べる余裕もありません。


③また、加計に関しては、次の効果が期待されています。

(1) 危機管理事象発生時の学術支援拠点
(2) 畜産物の安全確保・ブランド化
(3) 水産物の競争力強化・養殖技術の革新
(4) ライフサイエンス分野への貢献
(5) 卒後臨床教育・技術研修拠点
(6) 地域動物医療における2次診療拠点

我が国は島国であり、海によって北海道、本州、九州、四国にゾーニングでき、 感染症統御の視点からみれば各ゾーンにそれぞれ危機管理拠点が存在すべきで あるが、四国ゾーンにだけは拠点となり得る機関が存在しません。
四国においてこうした重大な感染症事案が発生した場合には、畜産農家のみならず、地域経済全体に多大な影響を及ぼすことが懸念され、学術的知見が集積する獣医系大学を核とした危機管理拠点の構築が求められています。

この点から、考えても、四国への獣医学部の(加計に限らず)新設は必要だと思われますが、それに反対するのが理解できません。

お礼日時:2017/09/12 10:46
←前の回答 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング