外国の雑誌等をみていると、日本の住宅よりも天井が高い気がします。
自分としては高い天井の家に住むことは憧れなんですが、
実際のところこれは良い事なんでしょうか?
天井高が人間の成長・性格等に、
影響を及ぼしたりすることはあるのでしょうか?
何か文献等ご存知であれば、それも教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 たしかに昔(昭和後期くらい?)は、天井が高いと子供はおおらかに育つ、と言われていた時期もありましたが、これは迷信です(笑)


 仮に何らかの影響があったとしても、それは個人差の範囲で収まってしまいます。なぜなら天井の高低なんて、けきょく好きずきですし、「天井が成長に影響を与えた」ことを、実験で確認することもできませんしね。
 俺は高すぎる天井は落ち着かないので嫌いです(笑)

 それに日本家屋は木材が多かったのと、地震が起きやすい土地柄であるため、天井を高くしすぎると崩れやすくなり、こういった理由で屋根が低いのです。
 すべての日本家屋を天井高くすればいいってもんじゃないのです(笑)

 家を造る際に大事なのは、自分の好みにもっとも合った高さの天井にすべきだ、ということで、自分が好む高さの天井の家に住めば、落ち着いて暮らせるでしょう。
 ですんで、深いこと考えず、自分が家を造るときには、高くしてくれるように大工さんに相談すればいいかと思います。
    • good
    • 0

 本当かどうかはわかりませんが、狭い部屋で天井を高くしすぎると心理的に落ちつかなるとか…TVで聞いたことがあります。

床面積に応じて高さを変えるほうがいいみたいです。広い部屋は天井を高く、狭い部屋は程ほどにって感じでしょうか。

 もうひとつ。昔、知人の家(マンション)の下見に付き合ったことがあるのですが、やっぱ低すぎる天井は圧迫感がありましたよ。適度な高さっていうのはよくわかりませんが、背伸びして手が着いてしまうようなところは遠慮したほうがいいのではないでしょうか。

 更にもうひとつ。冷暖房の効率は天井が高くなればなるほど悪くなります。床面積が同じでも、当然容積が増えてしまいますので。エアコンを買う時は、ビッグパワーのものを買うようにしたほうがいいかも?です。
    • good
    • 0

こんにちは。



嘘か本当か知らないけど、天井が低いと、視力が悪くなると聞いたことがあります。

なんでも日本人にメガネが多いのは家が小さく天井が低いからだとか・・・
    • good
    • 2

昔の家はわりと天井が高かったです。

なんと言っても、屋内に「おくどさん」がありましたから、天井が低いと家の中は煙だらけ。アメリカの家より高かったです。(たぶん)
天井がなかった、というべきなのか・・?(座敷には天井はありましたが、公団住宅より高かったです。豪邸じゃなかったと思うのですが)
今でも、お寺の天井は高いです。

天井が高いと、建築費が高くつく、建築制限のあるところでは、階数をへらさなくてはいけない、など、お金との兼ね合いがあると思います。
暖房費も高くつくし・・。

同じような家にすんでいてもいろんな人がいるから、他の要因にくらべたら、天井の影響は少ないと思います。
    • good
    • 0

西洋の住宅の天井が高いのは,歴史的に


採光の問題があったからだと言われています。
煉瓦や石を積む組積造ですから,水平方向に大きな
開口部はとれません(くずれてしまいます)。
したがって,窓の面積を大きくするためには,
縦長の窓にせざるを得ず,室内を明るくするために
必然的に天井高・階高を高くせざるを得なかったという
経緯があるようです。日本のような木造・軸組構法とは
ほとんど開口部にできるわけで,採光の意味でたてに
のばす必要がありません。どちらかというと水平なデザインが
嗜好され,それがフランク・ロイド・ライトのような西洋のモダニストの
巨匠に感銘・影響を与えたという経緯があります。

さて,天井が高いというのはやはり気持ちの良いものだと
思います。私もいま,賃貸住宅ですが天井高がななめに
3mくらい切れ上がっている住宅にすんでいますが,
とても豊かに感じます。

建築計画的にも,戦後nLDK+住戸面積という表示が一般化
しましたが,単に住宅の規模を面積でとらえるのではなく
「体積」で捉えようと言う試みもあります。

ちょっと,今手元に参照文献がないので,詳しく書けないのですが。
建築学会の文献か,住宅都市整備公団(現・都市公団)の研究報,
雑誌『住宅』(日本住宅協会)のどこか,に載っていたような
気がします。

但し,人間の成長・性格・心理等と空間の影響を厳密に論証した
研究というのかなり難しく,ほとんどないのではないか,と考え
ています。
    • good
    • 0

 天井高が人間の成長・性格に~~ということは十分ありますが、文献にはpetit3genさんの予想通りのことしか書いてないでしょう。



 私は自分の生家の鴨居に頭をぶつける程度の身長だったので自然と猫背になりましたが、ドアや入り口の高さ・・・ひいては
天井の高さも圧迫感のないものにあこがれ、何回かそのような設計もしましたが、、、多少の問題もあるのです。
 日本では、昔からの182cmというモジュール規格で長年支配されたため、少し規格外れのドアなど作ると割高になっていくのです。

 またビジュアルに素晴らしい吹き抜けつきの大空間の居間、これらは押さえつけられることもなくのび伸びとしてよいのですが
窓ガラス関係の掃除、照明器具の電球取り替えその他、年を取ってくると、いちいち他人の手を借りないとできないというのが
後々悩みの一つになるでしょう。

 自分が若いころ、二階分の吹き抜けの住宅を設計したことがあり施主の老夫婦には、それなりに評判はよかったのですが、、、
若奥さまに後でだいぶこぼされました。

 自分が年を取ってみて、低い天井の埋め込み灯のカバーを外すのさえ面倒で、いつも電気屋にして貰っていますが掃除関係は
本当の困ります。。。ある家で、目を離したすきに鍵をコピーされたり、不注意だと言われればそれまでですが、人手を頼りにくい
時代なので、自分でマネージできる範囲も考慮された方が良いかと思います。。。少し夢のない方に話がそれて済みません!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q引用文献と参考文献の両方に、一つの文献を書いても良い?

卒業論文を書くにあたって質問があります。
論文の最後に「参考文献」と「注」を書くのですが、そこで迷ったことがあります。
「注」の欄に引用した文献を記載して、さらに同じ文献を「参考文献」として記載してもよいのでしょうか?
つまり、ひとつの文献を、「注(引用文献)」と「参考文献」の両方に書いてもだいじょうぶでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両方書いても大丈夫でしょう。

引用した箇所に注を施して末尾に書くのは基本的なルールですが、その引用した箇所以外にも、その文献をすべて読み、その内容を自分で咀嚼した上で、論文中に内容を反映させたとしたとすれば、むしろ、参考文献として必ず挙げておくべきではないかと思います。

参考にしたのが引用した一箇所だけとか、その引用自体も論文の主旨からいえば些末なことであるならば、わざわざ参考文献として列記する必要はないと思いますが、重要な参考文献であると思うのであれば、参考文献として挙げればよいと思います。

私が卒業論文を書いたのはもう随分前のことですし、文系、理系、その他、学科の違いで引用文献の扱いも違うのではと思うので、あくまで参考ということで。

Q参考文献中の参考文献を参考にする?

レポートを書いているのですが参考文献の書き方に困っています。
ちょっとややこしくて説明になっているか不安ですが。。。

「(1)参考文献」として見つけたサイト中で
「(2)参考文献として取り扱われているサイト」の引用内容が参考になりました。

それを私の参考文献としてレポートに書くとき、どのように扱ったらいいのでしょうか?

大本の「(1)サイト」を題名・発行など、私のレポートの参考文献として書くだけでいいでしょうか?

それとも、その大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を参考文献として書くべきなのでしょうか?

大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を検索してみると、
会員制のみが見られる論文サイトのようで一般の人が見ることはできず、
結局、私が参考にできたのは、大本「(1)サイト」が参考にしたという引用部分だけです。

わかりにくてすみません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

一般的には(2)を読んでから参考文献にあげるべきだと思います。

ただ、レポートであれば(1)が(2)を参照していたということを書けばいいと思いますよ。

あとは、(2)を読んでいないのに(2)を参考文献に上げて読んだように見せかけるといったことも実際にはやられているようです(いけないことだと思いますが)。

(2)の著者にメールなどを出来る手段があれば、問い合わせるといったこともいいのではないでしょうか?

QSS400 許容引張応力値 機械文献or建築文献 どちらを採用?

 SS400の各温度における許容引張応力は0°Cから350°Cにおいて100N/mm2(JIS G3101 1995)なので通常室温にて用いる際は100N/mm2と理解しています。
一方 一般構造用鋼材 許容応力(引張)は結果的に基準強度と同等で2400キログラム毎平方センチメートル(建築基準法令行令 第90条、昭和55年建設省告示第1794号)となっております。
つまり前者は10000N/cm2、後者は24000N/cm2 どうしてこんなに違うのでしょうか?
機械計算がらみの場合は前者を、建築物がらみの場合は後者の許容引張応力の値を使うことになるんでしょうか?

Aベストアンサー

なるほど、経験者の方でしたか。しかも圧力容器ですか。
私は全く設計したことがありません。(失礼しました)

私の持っている材力のテキストの「フープ応力」の例題を見ると
「板の引張強さを、40kg/mm^2として、安全率を4とする」と
なっていました。これぞ、まさに許容応力=100N/mm^2ですね。

そこで調べてみると、「圧力容器構造規格」なるものが見つかり
ました。(参考URLの第4条、一のイ ヤッター!)

あと他に、こんなものも見つかりました。
 ↓
http://www2u.biglobe.ne.jp/~xbm95632/hp110.htm
これは、ちょっと…という内容ですが、勉強になりますよ。
(ちょっと酔いますが)

では、失礼します。

参考URL:http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-10/hor1-10-4-1h1-0.htm

Q「理科の”良い”授業の条件」について書かれた文献を探しています。ご存知の方いらっしゃいましたらご教授ください。

お世話になります。初等教員養成系の学部3年生です。
教育実習を通して、授業の善し悪しについて客観的な観点が欲しいな、と感じました。
そこで、いつかの社会科教育法の講義で、社会科の授業評価の観点について(残念なことに詳細を覚えていません。社会認識形成がなんたら・・・とか言っていた気がするのですが・・・)学んだことを思い出したのですが、その理科バージョンを探しています。

理科の”良い”授業とは、一口に言ってしまえば、理科の目標をできるだけ達成した授業ということになりますが、具体的にどのような授業であれば「科学的な見方や考え方を養う」ことができるのでしょうか。
たとえば、「取り扱う内容が一般的である」とか、「児童が応用していく余地がある」とかいったような(上述の社会科授業評価の観点がこんな感じでした)、”良い”授業の条件のようなものはないのでしょうか。そしてそういった観点についての到達度で理科の授業を評価する方法はないのでしょうか。

「理科 授業評価」で検索をかけても、大学講義の授業評価についてばかりがヒットしてしまいます。少し理科教育学の文献を調べても見たのですが、児童に対する評価法(これも間接的に授業評価につながるといえばそうなのですが)しか載っておらず、なかなかお目当ての話にたどり着けません。

キーワードだけでも教えていただければ幸いです。よろしくお願いします

お世話になります。初等教員養成系の学部3年生です。
教育実習を通して、授業の善し悪しについて客観的な観点が欲しいな、と感じました。
そこで、いつかの社会科教育法の講義で、社会科の授業評価の観点について(残念なことに詳細を覚えていません。社会認識形成がなんたら・・・とか言っていた気がするのですが・・・)学んだことを思い出したのですが、その理科バージョンを探しています。

理科の”良い”授業とは、一口に言ってしまえば、理科の目標をできるだけ達成した授業ということになりますが、具体...続きを読む

Aベストアンサー

以下のような小学校などと限定する検索で、いくつかの試みが見つかるかと思います。

ちょうど、ベネッセの書籍で、『移行措置対応のポイント 第3回 子どもが主体的に考える理科の指導』という特集がなされています。

情報誌ライブラリ(小学校向け) - Benesse教育研究開発センター
http://benesse.jp/berd/center/open/syo/index.shtml

授業評価シート - 宮城県登米市立北方小学校
http://www.cms-school.jp/kitakata/index.cfm/6,286,15,34,html

小学校 "授業評価" - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1+%22%E6%8E%88%E6%A5%AD%E8%A9%95%E4%BE%A1%22&lr=

Q動物園における動物への関わりと、成長に関する影響について

今年のディベートの論題が、動物園廃止についてです。僕は否定側で考えているのですが、理由の中で「動物園で見たり嗅いだりすることにより、動物に対する意識が高まり、将来的には動物虐待の防止にも効果が上がる」というのを出そうと思っています。
それなら「映像資料で残せばいいではないか」ということになるんですが、実際ににおいを嗅いだり、鼻息の音を聞くことにも意義があると考えます。
で証拠資料として引用したいので、このようなことを書かれた書籍や論文等がありましたら、教えていただきたく書き込みしました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

長々書いてしまってすみません。
まぁ簡単に書いたらこんな感じですかね。

もし「動物園いらない」という人がいたら・・・


・・・自分でも動物園は必要ないと言いたいです。。でも何故、動物園という施設ができたのでしょう??それはたぶん・・・自分達で「人間を管理する」ことができないからじゃないでしょうか?今日、人間の欲で森がなくなり空気が汚れてます。このままだとほとんどの動物が絶滅するかもしれません・・・でも多くの種を残したい!そんな思いを込めて動物園を作ったのかもしれませんね。
今、動物園で暮らしている動物が「動物園の暮らしは快適でいいぁ」思っているなら、とても悲しい事だと思います、だって動物たちの家は自然でしょ??
でも動物たちの家である自然が人間の欲の為に無くなりつつある。

   「自然を破壊してしまう私たち人間を管理」
することが出来るのであれば動物園は必要ないかもしれませんね。。。おしまい



なんかディベートじゃなくて自分の意見のべちゃいました(笑)
では、ディベート頑張ってくださいね!!

20歳・男からの書き込みでした。

長々書いてしまってすみません。
まぁ簡単に書いたらこんな感じですかね。

もし「動物園いらない」という人がいたら・・・


・・・自分でも動物園は必要ないと言いたいです。。でも何故、動物園という施設ができたのでしょう??それはたぶん・・・自分達で「人間を管理する」ことができないからじゃないでしょうか?今日、人間の欲で森がなくなり空気が汚れてます。このままだとほとんどの動物が絶滅するかもしれません・・・でも多くの種を残したい!そんな思いを込めて動物園を作ったのかもしれません...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報