アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

10,000円の商品を分割3回で買おうか迷っているのですが、月々の支払いがいくらになり、総額いくら支払う事になるのか分かりません。

因みに、サイトには分割3回だと、『手数料率(%)実質年率 12.2』『現金価格100円あたりの手数料(円) 2.04』と書かれています。

私は数字に疎いので、計算出来る方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

10000 x 2.04 ÷ 100 = 204


総支払額: 10204
10204 ÷ 3 =3401.3
1回目: 3402
2回目: 3401
3回目: 3401
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

ありがとうございます!大体、月3,400円になるのですね。助かりました。ご回答、ありがとうございます!(^-^)

お礼日時:2017/07/13 19:30

>私は数字に疎いので



それで「借金」すると、騙されても分かりませんよ。「算数」、せいぜい中学数学まででわかる範囲ですので、最低限自分で確認して納得してからにすべきです。

>『手数料率(%)実質年率 12.2』

この意味がよく分かりませんが、あなた自身には分かっているのでしょうね?
「手数料」と「借金残高に対する利率」とが別物として考えます。

商品価格:10,000円(消費税込みと考えます)
手数料:2.04(円) × 10,000(円)/100(円) = 204(円)
→(合計代金)10,204円

「分割3回」が、1か月後、2か月後、3ヶ月後の3回のほぼ均等支払いだとすると、月ごとの利率は「年率 12.2% → 月利率 12.2%/12 → 1.017% = 0.01017」となり、面倒な計算は省略しますが、1回あたりの支払額は 3,471円になります。
(適当に概算で、1回目、2回目に 3,500円支払って、残りを端数含めて3回目で、という計算でもよいです)

元金:10,204円
 ↓
1か月後の「借金」=10,204 × (1 + 0.01017) = 10,308円 (端数切り上げ)
1回目の支払い:3,471円
→残金:10,308 - 3,471 = 6,837円
 ↓
2か月後の「借金」=6,837 × (1 + 0.01017) = 6,907円 (端数切り上げ)
2回目の支払い:3,471円
→残金:6,907 - 3,471 = 3,436円
 ↓
3か月後の「借金」=3,436 × (1 + 0.01017) = 3,471円 (端数切り上げ)
3回目の支払い:3,471円
→残金:3,471 - 3,471 = 0円

こんな感じ。トータルの支払額は
 3,471 + 3,471 + 3,471 = 10,413円
です。

「1万円の3回払い」ならこんな簡単な計算ですみますが、100万円の30回払いとか、1000万円の30年(360回)払いだとこんな単純な計算では大変なので、エクセルなどを使って「コピペ」で表を作って計算してください。回数は多くなりますが、単純な繰り返し計算をするだけです。

毎月の返済額やトータルの支払額を知らずに借金すると大変なことになりますので、こういった「借金」の計算は自分でできることが大切ですよ。
    • good
    • 1

計算してみます。


全手数料=10,000/100 ×2.04=204[円]
この分の支払い分割を1/3とし、各月68円とします。 ※1
元本の返金分割を1/3とし、各月3,333円、最後の月に3,334円とします。 ※2
元本の返却利息は、月当たり30.5日、年365日とした場合は、
返却利息=年12.2%×月30.5日/年365日=1.0195%/月
利息金額は、借用の1っか月後に返金開始とすれば、 ※3
1月目=3,333円×1.0195%×1=34
2月目=3,333円×1.0195%×2=68
3月目=3,334円×1.0195%×3=102

月の返済額は、※1※2※3の月ごと合計になります。
実際の返金開始は借用日の2か月後になると思いますので、
その場合は、利息分(※3)が各月34円増えることになります。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご丁寧にありがとうございます。やはり、月3,400円くらいになるのですね。助かりました。ご回答、ありがとうございました(^-^)

お礼日時:2017/07/13 19:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ1m+1m=2mなのですか? そう定義したからですか?

なぜ1m+1m=2mなのですか?
そう定義したからですか?

Aベストアンサー

どうも、先の回答は、「有名・著名な原理や法則といえども証明できるものではない」という狭い意味にとらえられてしまうかもしれませんが、文意は「有名・著名なものからごく身近なものまで、すべて原理・法則というものは証明の対象ではない」というものです。

実際、エネルギと質量の交換が行われる局面ではエネルギ保存則、質量保存の法則はそれぞれ単独では成り立たず双方を考慮した修正が行われます。
万有引力の法則も、引力が大きくなると修正(誤差を許容できなくなる)が必要です。

3時間前に時速4kmで出発した弟を、お兄さんが時速16kmの自転車で追いかけるときの追いつく時刻についても、単純な引き算・割り算「ex4×3÷(16-4)」だけでなく、観測者がだれなのかといった視点も含め一般相対論による修正が厳密には必要でしょう。


付言するならば、「算数」という教科は、この世の「自然に受け入れられている身の回りの法則・原理について学ぶ(つべこべ言わずに覚える)教科」であり、「数学」はこの世の法則にとどまらず、厳密な意味での「数の体系」についても学ぶ(厳密性を追求し、証明を求める)教科です。

どうも、先の回答は、「有名・著名な原理や法則といえども証明できるものではない」という狭い意味にとらえられてしまうかもしれませんが、文意は「有名・著名なものからごく身近なものまで、すべて原理・法則というものは証明の対象ではない」というものです。

実際、エネルギと質量の交換が行われる局面ではエネルギ保存則、質量保存の法則はそれぞれ単独では成り立たず双方を考慮した修正が行われます。
万有引力の法則も、引力が大きくなると修正(誤差を許容できなくなる)が必要です。

3時間前に時速4k...続きを読む

Q√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-6 この計算のどこがおかしいですか?

今高校数学2 複素数と二次方程式 の範囲を勉強しているのですが、
√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-√6  
この式のどこが間違っているのか分かりません!教えて下さい!
ご回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

質問者は、多分、複素関数の話をしたいのではないと思います。
-----------------------------------------------
>素数という概念内では根号の中身が負になってもいいのかなと
>思っていたのですが、違うのですか?ご回答宜しくお願いします!

複素数まできちんと学んでいますね?
根号の中身は負で大丈夫です。自信をもってください。
これまでは根号の中身が負の数はNGでした。
これからは、根号の中身が負であってもOKです。
-------------------------------------------------
でも「負の数の根号」とがOKなことと
「負の数の根号」×「負の数の根号」の“計算”が
今まで通りOKなことは違うということです。

つまり、根号の中身が負のときには
√a × √b = √ab 
とは計算してはいけないということ。

数学Ⅰの教科書を見てください。
性質★ a>0 b>0 のとき √a × √b = √ab
と書いてありますよね!

√6=√(-2)(-3)=√(-2)√(-3)=√2i√3i=-√6 

の計算式では左から2つめの=が誤っていて、それ以外の=は正しいです。
--------------------------------------------------

No4の回答について

> √(ー2)(ー3)=√(ー1)√(2)√(ー1)√(3)=√(ー1)²√2√3=√2√3=√6 だから。 ☆

2つ目の=と3つ目の=が計算の性質★に違反しています。

>この部分を√(ー1)√(2)√(ー1)√(3)=i√(2)i√(3)としてはダメな理由を教えて頂けませんか?
ダメでなく、正しいです。(これは自信を持ってください!)
でも数式☆では2つめの=がNGだから、√6とは等しくありませんね!

質問者は、多分、複素関数の話をしたいのではないと思います。
-----------------------------------------------
>素数という概念内では根号の中身が負になってもいいのかなと
>思っていたのですが、違うのですか?ご回答宜しくお願いします!

複素数まできちんと学んでいますね?
根号の中身は負で大丈夫です。自信をもってください。
これまでは根号の中身が負の数はNGでした。
これからは、根号の中身が負であってもOKです。
-------------------------------------------------
でも「負の数の根号」と...続きを読む

Q1個120円のコロッケを販売したら100個売れた。 次の日に材料費を25%カットして1個70円で販売

1個120円のコロッケを販売したら100個売れた。
次の日に材料費を25%カットして1個70円で販売したら400個売れた。
120円で売った70円で売ったときの利益の差は?

Aベストアンサー

(´・ω・`)んー…説明が面倒なんでイメージを添付しました。

あとは【原価】を「X」とでもして、【利益】がいくらになるのかを求めるようにしましょう。


・・・余談・・・
実際に数字を入れてみよう♪

1個120円のコロッケの【原価】が100円とすると、
25%材料を減らしたら1個の【原価】は75円になる。
それを1個70円で売ったら…
1個あたりマイナス5円の【利益】が出ることになる。(赤字ともいう)

この時120円で100個売れば、(120円-100円)×100=2000円の利益になる。
70円で売れば、(70円-75円)×400=-2000円の利益(赤字)になる。
利益の差は、(-2000円)-(2000円)= -4000円
値下げしすぎた。二日間の努力が水の泡orz...となります。

対して120円のコロッケの【原価】が50円だったら…ウハウハですよ。

こんな計算になるんだなあ。
【利益】に対して【原価】が如何に大切なことか、これでよくわかると思います。

Qこの謎を説明してください!

この謎を説明してください!

Aベストアンサー

2行目は(x^2-4)(x^4+4x^2+16)です。
4x^2の2乗が抜けてますよー。

(x^2-4)(x^4+4x^2+16)
 =(x+2)(x-2)(x^4+8x^2+16-4x^2)
 =(x+2)(x-2){(x^2+4)^2-(2x)^2}
 =(x+2)(x-2)(x^2+4+2x)(x^2+4-2x)

Q算数の問題で、所持金の1/4を支払って、1万2000円が残るという問題があります

算数の問題で、所持金の1/4を支払ってお土産を買うと、1万2000円が残るという問題があります。

解答を見ると、

12000 ➗ (1 ー 1/4)=12000 ✖️ 4/3 = 16000

とあります。

なぜ3/4で割るとお土産を買う前の所持金がわかるのでしょうか?

割ることで、元々の所持金を導けるというのが腑に落ちません。

Aベストアンサー

あーそういうことか
割るというのは「かける」を逆にしたものなんです。
2×5=10
10÷5=2
みたいに。そういうところから割り算が生まれてます。

だからこそ、
10÷0=?
みたいのは答えが出ません。
何に0かけたら10になるかわかんないですもの。

さて、3/4をかけたら1万2千円になる場合
1万2千円を3/4で割ったら元の数になります。
そういう風に考え出されたものですから、当然そうなります。

Qx「cm」+y「cm」+z「cm」=6「cm」 xy「cm^2」+yz「cm^2」+zx「cm^2」

x「cm」+y「cm」+z「cm」=6「cm」
xy「cm^2」+yz「cm^2」+zx「cm^2」=11「cm^2」
xyz「cm^3」=6「cm^3」
のときx,y,zの長さ「cm」を求めよという問題があったとします。
このとき三次方程式の解の公式に代入してときますが、このとき次元はどうするのでしょうか?
このときは量に対する比である倍数にだけ注目すると考えれば良いのですか?

Aベストアンサー

問題ありませんよ。

例えば、、、
xyz/x[cm³/cm] という計算を行った場合、
=yz[cm²] というような形で、次数と同じになります。

結果、なんやらかんやら計算をしてx、y、zを求めたときには、その単位は次数=1ですので必ず[cm]になります。
単位をつけつつ計算しても同じ結果になります。

Qどうしてもどうしても数学ができません。 どうしてでしょうか

どうしてもどうしても数学ができません。
どうしてでしょうか

Aベストアンサー

高校から数学は格段に難しくなります。

理解したいと思う章を決めたら教科書を読むことです。
一回最初から読み始めてなんだかわからなくなったら
最初に戻ってまた最初から読み始める
これを繰り返すと次第に解るようになります。
読むときに大事なことは数式は新聞紙の裏でもよいですが
書きながら理解していくことです。

少しわかるようになってきたら例題を答えを見ないで
解くことを試みることです。
解らなかったらすぐ教科書を見ます。
最初は移す感じでもいいけれども章の最後までやったら

次からはなるべく見ないようにして解く

数回最初から最後まで解けたらすごいですね。

学習は繰り返しです。
解るまで繰り返すことです。

Q数学のイコールの揃え方 中学三年生です。数学の先生に、 ○=△=□ と ○ =△ =□ という書き方

数学のイコールの揃え方
中学三年生です。数学の先生に、
○=△=□ 

 ○
=△
=□
という書き方は正解で、
○=△
 =□
という書き方をしてはいけないと教わりました。
これは本当でしょうか?今まで聞いたことのないことなのでよくわかりません。
また、その理由も教えてください。
分かりにくくすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公的な研究機関の研究者です。
純粋数学の研究ではないのですが、数学をかなり使います。

数学的には、あなたが完全に正しいです。
数学的には、先生が完全に間違っています。
(一切の余地なくです)

「=」の記号は方程式を意味し、方程式は「両辺が等しいこと」以外の意味は一切持ちません。
「段落の使い方」や「幅」や「改行」によって、異なる意味を持たせるなどというルールは
ありません。
(「=」の記号を、世間の定義とは別に新たに定義すれば別です。)

ですが、そういう先生は、自分の間違いを認めません。
表面的でいいですから、間違いを受け入れましょう。
別の先生に言ったところで、その先生のプライドを傷つけて、目をつけられるだけです。

数学は、「正しいこと」が理解できていれば十分です。
テストの点数なんてどうでもいいじゃないですか。
数学なんですから、正しければそれでいいんです。
テストの紙に「×」って書いてあっても、正しいものは正しいです。
入試とかじゃないのならば、それでいいじゃないですか。

「大嫌いなあの先生に一泡吹かせる」
が目的ならば、追求すればいいですが、
「何が正しいのかを知りたい」
のであれば、あなたが100%正しいので、安心して、次の問題に取り組んでください。

ただ、「慣例」というものがあって、
「数学的には完全に正しいけど、記述方法として好ましくない」
というものはあります。

たとえば、文章題で、回答のはじめに
「"+"記号とは引き算を意味すると定義する」
として、「+」記号を引き算の記号「ー」のように使うことは数学的には
完全に正しいですが、好ましくありません。
ある程度、
「みんなで同じ定義や記述方法をそろえておく」
というのは、コミュニケーションの上では結構重要です。
みんなバラバラの定義を使ったら大変ですよね。

○=△
 =□
確かにこのような書き方は、
「3つの式が等しい」
ことを意味するよりも、
「○を変形したら□になりました」
とか
「○にある変数を代入したら□になりました」
みたいな印象を与えます。
そういう意味で、
「正しいけれど、慣例に従ったほうが良い」
として間違いにしたのならば、少し理解できます。
が、やはり数学的には正しいので、数学の問題である以上
「間違い」には出来ないと思います。

公的な研究機関の研究者です。
純粋数学の研究ではないのですが、数学をかなり使います。

数学的には、あなたが完全に正しいです。
数学的には、先生が完全に間違っています。
(一切の余地なくです)

「=」の記号は方程式を意味し、方程式は「両辺が等しいこと」以外の意味は一切持ちません。
「段落の使い方」や「幅」や「改行」によって、異なる意味を持たせるなどというルールは
ありません。
(「=」の記号を、世間の定義とは別に新たに定義すれば別です。)

ですが、そういう先生は、自分の間違いを認...続きを読む

Q5段階の真ん中は?

添付画像のようなレビューを見たときに思ったんですが、5段階の真ん中(平均?)って厳密には2.5ですか・・・?
ずっと3だと思っていました。

馬鹿な質問で申し訳ありませんがとても気になったので教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

1~5なのか0~5なのかの違いです。
1~5なら3、0~5なら2.5。
普通は「5段階評価」は1~5の5段階なので3ですね。
(0~5だと6段階になってしまう。)

Qプラス×マイナスがマイナスになるという証明はできますか?

プラス×マイナスがマイナスになるという証明はできますか?

Aベストアンサー

出来ますよ

5かける2
5が2つイコール10

5かける−2
5が−2つ、、、、
ゴ かける マイナス ふたつ

この時数字ではなく国語になります
5 が マイナス 2つ
この時点で

5 という数字を マイナスして 2つ

もっと細かく言うと
お前を マイナスに して ふたつ

この時点でわかる通り
言葉で強制的にマイナスに持って言ってるんです


もし 数式がと言うのなら 図書館に行くと3秒で諦めつきますよ!

数字とはなにか 数とはなにか から 始まりますからw


人気Q&Aランキング

おすすめ情報