あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

電気工事なんですが見積もりに差がありすぎで不信感がすごいです。
具体的にいえばやることから値段から全く違います。
例えば増設でいけますよ!新設しないといけません! この2通りあって、そっからまた値段が違います。

家のリフォームでこういう町の業者を利用するようになったんですが、ドンブリ勘定が多すぎじゃないですか?
一般にこういうって依頼者の自己責任というか「必要な工事はこれ!材料代がいくら!工賃込みでいくらぐらい!こっから交渉!」みたいな感じである程度の知識があることを前提とされていて、何もわからないまま頼んでボラれたり手抜きされたりは自業自得なのですか?

つまり 高い=ボッタクリ なのか 安い=手抜き なのかがわかりません。
増設でいけると言ってる業者がいるのに新設を促すのはそこで儲けたい、つまり余計なことをしてボッタくりたいのか、それとも増設でいけると言ってる業者が知識不足で本当は新設が必要なのか?となって、増設でOKという判断が数件出てるのだから本来は新設はいらなくて、客の要望(というか言わなくても安い方がいいに決まってる)を聞かない。つまり不要なこだわりを通してるのかボッタクリをする業者。よって使えない。こういう判断でいいのすか?


こういう感じで見積もりでめちゃくちゃ差が出て顧客がここまで労力をかけて数件見積もりをやって比較~というのはそこらの業者を利用する際には当たり前にしないといけないことなんでしょうか?

大手みたいにある程度のマニュアルを用意してくれて、これはいくらって出してくれるとありがたいんですけど、納得いくまで見積もりとかやってたら何ヶ月かかるかわからないです。
なんか上手い方法ってあるのでしょうか?
もう疲れました。

質問者からの補足コメント

  • レスありがとうございます。愚痴というか一事が万事ダルいんですよ。例えば何年も前の製品で新製品は出てて、それは型落ちでホームセンター等では処分価格どころかもはや扱ってないような物を定価+利益で乗せてきたり。それこそNo6さんのおっしゃってるような無知につけこんだふっかけが多すぎるんです。これって一社二社ではなかったんですよ。

    しかも買った値段がこれだから何で駄目なの?みたいな在庫管理と償却について説教してやりたくなる業者とか、もう頭が痛くなります。客に押し付けるぐらいなら都度発注しろや!ドンブリ勘定は昭和に置いてこいや!ってなりません?大手でこんなことって多分ないですよね。

    mocmocさんはそうではないと思いますが、まともな業者の見分け方ってないんですか?
    例えばどっかの組合に入ってたらマシな率があがるとか若い親方ならいいとか。

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/08/26 03:40

A 回答 (7件)

> まともな業者の見分け方ってないんですか?


あなたが真正面から まともに業者と折衝していれば見分けられたと思います。 ふつうは施工主はそこまで折衝はしないので「まぁそんなもんでいいよ」ですが、きっちりコネコネ折衝すれば”いい加減な見積もり”、”水増し見積もり”はわかりますよ。

> 納得いくまで見積もりとかやってたら何ヶ月かかるかわからないです。
私の経験では、こういうときは施工主さまの優柔不断が原因です。「よくわからんから来週まで考える」とか言っても来週になっても回答がないし、「他社にも見積もりだすから少し待って」なのに何週間もたってるのに「他社さんはどうでしたか?」と聞いても「まだ見積もってない」とか。

”具体的に仕様を提示してきちんと折衝”したら見積もりが出たら一週間とかからずに決定できますよ。
工事内容をきちっと工事屋に伝えての見積もりだったら、すべてに説明がつくはずです。つきつめていくと「この一式ってなんだよ」で「これとこれの部品とこれくらいの手間賃=儲けです」となるでしょう。あとはそれに納得するかです。

具体的工事案を出しているのに「どうしよう あーしようかな」などという施工主さまですと、業者も「この客は土壇場になってあれも追加しろ、こっちに設置しろといいだすんじゃないか」と心配になって余裕を持った「吹っ掛けた見積もり」にするでしょう。 
それに「やってみないとわからない」こともあるのである程度は「吹っ掛けた見積もり」になるのもやむをえないことがあります このときは工事後の請求は実費にしてくれるのが良心的な業者です。
    • good
    • 0

不動産管理会社の者です。



個人相手ですと、相場が明確でないので、ふっかけてくることが事実です。
法人間ですと、おおまかな人工が存在して、残るは施工の仕様(材料費等)に金額が比例するだけです。

例えば誰もが知っている大企業だと、下請けの会社を連れてきて(下請け会社の相場と適正価格は大体決まっている)、ピンハネにいくら上乗せして・・・・とお決まりの金額が存在します。

仰る通り、貴方にも判断できる知識が求められます。複数社から見積もりを取っていれば、必然と同じ仕様の見積もりが出てきます。そこで判断すれば宜しいかと。
かつては安く良心的だったからと、安心してその会社にリフォームを継続的に依頼すると、気が付かないうちに吹っかけてきます。信用してはだめなんです。

具体的に、増設と新設とは何のことでしょうか?

空調機だと仮定した場合、各部屋に室内機を1台増設し、その分、室外機が増えることはやむを得ません。家の外、つまりは庭をすっきりさせたいのであれば、室内機複数台で室外機1台のみのマルチエアコンを入れて、スッキリ仕様にすれば良し。ただし、マルチにしてしまうと、室外機が故障した際には、家中のエアコンが効かなくなるリスクを想定しなくてはなりません。

ガス釜が故障し温水が出ずに見積もりを取ったが、A社はガス釜の交換だけで見積もりを出してくる。しかし、B社は電気料金も安くなるのでという理由で、キッチンも含めたオール電化を進めてくる(当然、金額は高くなる)。こんなことは良くあります。
参考までに、東日本大震災の直後、IHクッキングヒーター&エアコンという比較的新しい組み合わせのお宅は苦労したはずです。ガス式コンロ、ガス式ストーブ、ガス式湯沸かし器(お風呂)、石油式ストーブがあれば回避出来ました。貴方様はどう解釈しますか?

更に言うと照明機器。「耐久年数が過ぎていて、故障が目に見えているので、セットでやりませんか?セットであれば、この価格でやりますよ?」という業者もいれば、「その照明機器が壊れたらやれば良いじゃないですか?必要最小限のその機器交換でこの額でやりますよ?」もいるでしょう。「電気使用量が変わりますので、全部LEDにしませんか」と勧める業者もいるでしょう。
特定機器メーカーの代理店、特約店であれば、その機器を出したいという事情が出てきます。

貴方様はどうしたいですか?
    • good
    • 0

えーと、愚痴を言いたいのでしょうか?



書き方が、電気屋はみんなデタラメ、みたいな業界全体を馬鹿にしているように取れますが・・・
当然そんなことはなく、あなたの思っているように普通は見積もりはそれなりにしっかり出しますよ。

お客さんから質問されれば答えますし、施工方法についての説明もします。
適当言って全く違う工事をして価格も増すような業者は、それとして対応しないと。
ここで愚痴言ってても解決しませんよ。

大手のマニュアルの様なものがリフォームに対して適応されるかというと、新築でなければなかなか難しいですね。
しかしこれも見積もりができていれば良いだけで、あなたの相手している業者がおかしいだけです。
(大手のマニュアルが業者価格に二倍してあって、価格がはっきりしてるなら二倍でも構わない、と言うなら、むしろいくらでも価格を一覧化してしまえますけど)

場合によっては施主さんが記憶違いをしていることもあっての行き違いもあるので、書面で確認していくのが大事です。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

他の方も言われてますが


先ず依頼事項を正確に書面で伝えました?
言葉で言ってると捉え方又は言い方ひとつで
内容が変わりますので御注意。
又、貴方が複数見積取るのが疲れたとか
仰ってますが業者さんが現地に来て見積り作成する
その手間暇考えた事あります?
他に頼まれればその手間暇分は完全なロスですよ。
    • good
    • 0

>例えば増設でいけますよ!新設しないといけません! この2通りあって…



具体的にどういう事例ですか。

電気工事で増設か新設か迷うとすれば、離れに電気を送るようなことがすぐ浮かび上がります。
離れが母屋と同じ敷地内なら増設で可、離れが道路を挟んでいるなら新設しかありません。
見積に当たっては、そのあたりの正確な図面を提示してもらうとか、現地調査をしないと確実な判断ができませんので、見積額が大きく狂ってくることはあり得ます。

要するに、正確な見積が欲しければ、何をどのようにしたいのか詳しく伝える必要があるということです。
このご質問文を見ても、抽象的な表現をされるばかりで、何を言っているのか他人に正確な意図が伝わりません。
それでは見積がアバウトになるのもやむを得ません。
    • good
    • 1

>そこらの業者を利用する際には当たり前にしないといけないことなんでしょうか?



というか、大手が出すのは間違いのない無難な内容です。
多くの場合、かなりの余裕を見ます。
現状、コンセントが5増設で良いなら、10箇所位にしておくとか。

依頼主の意向というのもあります。それは業者側では判断がつきませんし、それに対する応じ方もそれぞれのスタイルがあります。

なので、意向を明確にした上で話をするとよいかなと思います。

「現状の想定でのミニマム、将来の事は都度その時に考える」 というふうに。

実際にはアンペア数をある程度以上大きくしてオール電化とするなら、電気代が安価になる分岐点があったりしますから、それにひっかけてあらかじめ大目にコンセントなどを設置する等しておくのも悪くはありません。 しかし、電気代がいつまでもそう値上がりしない、、という保証も予測も誰にもできませんので、導入は自己責任になります。

そういうことを説明してくる業者にお願いするのが一番だと思います。
以前、電気工事の仕事をしていましたが、そう言った点で「面倒だからお任せします」的なスタンスの人にはそれなりの対応しかできません。ドンブリ勘定と思われるかもしれませんが、依頼主がそういうスタンスなら、そうなってしまうという事です。

現状は、エアコン購入の際と同じだと思ってください。
3万円のやたら電気を喰らうエアコンか、15万円する超々省エネエアコン、、どっちを選びますかと。人や考え方によって違うと思うのです。当人以外どっちがいいとは言えない。

そんな感じです。
    • good
    • 0

どういった規模の工事が分かりませんが、



まず質問者さんからの発注内容や現状に関する情報提供は上手くできていますか? この部分で情報不足による誤認があると、その後の話が大きく違ってきます。
例えば増設でやれれば簡単にできるけれど、依頼主からの与件では増設が難しそう、あるいは安全面に問題があるから新設を薦めるということかもしれません。なのでなぜそこまで判断が異なるかの原因を知る必要はありますね。

あと、おっしゃるように材料費がどのくらいで、業者の利益率がどのくらいで、最終的な利益がどれくらいなどということは部外者では判断できません。なので相見積もりを取って価格調査をする訳ですが、これも「安かろう悪かろう」という場合もありなかなか難しいところです。

私なら、価格面がある程度の許容範囲内であれば、信頼できる業者、今後も継続的に付き合うことが出来る業者を選びますね。多少値段が高くても安心料ということで納得します。
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故にマイホーム建てるのに ハウスメーカー使うのか 不思議。 ハウスメーカーは会社の人件費やら手数料

何故にマイホーム建てるのに
ハウスメーカー使うのか 不思議。

ハウスメーカーは会社の人件費やら手数料が大半で職人は少ない予算で使われ バカ高い請求を家主はされる。

1番安いのは 大工に頼んで 知人の職人を頼み
日当と材料費だけで作る事とか 一般人は知らないのでしょうか??

Aベストアンサー

>大工に頼んで 知人の職人を頼み日当と材料費だけで作る事とか 一般人は知らないのでしょうか??
知らないだろうね。
それが一番安くないことは知っているだろうけど。
大工個人で買うのとメーカーが買うのでは全く単価が違う。
安物買いの銭失いということを知らないんだね。

Q市の対応について質問です。 家の前の道路が雨が降るたびに泥が溜まりぬかるみ蚊がわき、衛生上最悪です。

市の対応について質問です。

家の前の道路が雨が降るたびに泥が溜まりぬかるみ蚊がわき、衛生上最悪です。
一年ほど前から市役所の土木課に内容を伝え、ドブを作る等の対応してほしい、と依頼をしています。

最初の頃はそのうち掃除します、と返答はきたのですが今はどうなってるのか?と進捗をメールで聞いても返答すらもらえません。
市役所が対応してくれず放置するのはつぎは国のどこかこういった生活改善の部署があるのでしょうか?
今の時代にドブや側溝もなく、うまく汚泥が流れずタイヤがスリップしたり歩いていて足を取られるような道路があることに理解ができません。

またきちんと高い税金を払い生活をしていて、その役所の対応には納得できません。
近隣の方も前々から困っていたようで、言ってくれてありがとう!とはいってくれていますが、、、何も進まず苛立ちばかりです。

どなたかいいアイディアをお願い致します

Aベストアンサー

その市への交渉は誰がしているのですか。
あなたが一市民として要望しているだけですか。
もしそうなら、それはやはり自治会・町内会を通して話さないと、なかなか市は動きません。

私の市では毎年の年度初め4月ごろに、こういった市民の要望を自治会・町内会経由で収集しています。
自治会長・町内会長は、区民の複数が要望する案件についてのみ市に報告し、市でも改善の必要ありと判断されれば予算化されます。

市道である限り、県や国の機関に訴えても門前払いされます。

Q欠陥住宅を購入したのではないか不安です。

ウイルテイクという会社が作った新築の戸建を先日購入し、住んで一週間になるのですが、家の作りが雑過ぎて買ったのを後悔しています。
施工ミスが多々あり、欠陥住宅なのではないかと不安です。
一応、検査済証はあるのですがどんな検査をしてるのでしょうか?

<施工ミスと思われる箇所>
・巾木がはがれている箇所が何箇所もある
・そもそも巾木がついていない部屋がある
・トイレを流すと配水管から水が漏れる
・換気扇をつけるとスイッチの隙間から外気らしき風が吹き込んでくる
・階段の木が割れている
・インターフォンの取り付けが甘くガタガタする

目につくだけでこれだけの不具合があるので構造面についても施工ミスや欠陥もたくさんあるのではないかと心配で不安な毎日を過ごしています。
検査で、建築基準法で定める最低基準の耐震等級1を満たしているか確認するのでしょうか?

Aベストアンサー

検査済証の発行における特定行政庁等の完了検査では、ご指摘のような部分は検査しません。


そもそも不具合があるのに引渡(支払い)に応じたの?

業者もおかしいけど…貴方もおかしいよ。


水漏れや換気扇は使ってみないと気が付かないと思いますが、他は見た目でわかるでしょう?


普通は施主検査の前に業者が自ら手直しをして、施主に見て貰うのが常識です。


構造上は、偽装が無い限り…検査済証があるので問題は無いと祈るだけでしょう。


ご心配なら、第三者機関に調査をお願いするべきだと思います。


手抜きか?施工ミスか?わかりませんが…そんな仕事しか出来ない業者に補修(手直し)して貰っても安心できないでしょう?


なら、弁護士に依頼して損害賠償請求をするべきだと思います。

手直しは信頼出来そうな別業者にして貰うべきです。

Qわざわざ柱を付けて後で切る 建売の物件を建つ前に購入しました。設計などは既にしてあり、基礎工事の段階

わざわざ柱を付けて後で切る


建売の物件を建つ前に購入しました。設計などは既にしてあり、基礎工事の段階だったと思います。購入前の設計ではコンロ側に壁があるキッチンでしたが、それを取り払ってフラットのペニンシュラキッチンに変更をお願いすると、取っ払っても大丈夫な場所なので出来ますと言われ、それでお願いすることになりました。その後変更の図面もいただいたのですが、棟上げして3日経つ今日、建築途中を見に行ったところキッチンのところに柱があり、フラットのキッチンを置く場所なのになぜ?と思いそのまま工務店に行き写メを見せて伝えると、『あ、これは大丈夫ですよ!これから切る予定なので問題ありません』と言われました。そんなことあるんですかね?素人としてはわざわざ切るなら付けなくても…単に間違って付けちゃったんじゃないの?と帰ってきてから疑問に思いました。あまりにもあっさりと返答されたので大丈夫なんだろうとその場では思ったのですが内心工務店側は、間違って付けちゃった!って思ってるんじゃないかと疑心暗鬼になっています。そんなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

そんなものです。

更地で建て売りの契約した時に、オプションとかなりの変更を聞いてもらいました。
元々安普請でない建て売りでした。
キッチンがクローズだったのを、オープンに変更する事に。
見に行ってみると元の図面の柱がありました。

図面が直っておらず、大工さんに伝えたら「良くある、大丈夫」とのこと。
柱を抜いていましたが、ほぞ穴が開いてしまったので、せっかくの新築なのにと不愉快でした。

他にもかなりありましたが、施工管理者が忙しすぎて後手後手になっている事を愚痴っていました。
建て売りなので、仕方ない所もありますが、こまめに見に行ってチェックする必要がありますね。

Q新築を建てる者です。 どんどん打ち合わせをしてるうちに ある日を境に敷地面積が15坪ほど狭くなってい

新築を建てる者です。
どんどん打ち合わせをしてるうちに
ある日を境に敷地面積が15坪ほど狭くなっていました。
登記簿面積と実測面積で少し誤差がでると言われたのですがプランの紙では家の大きさも外周の寸法も変わっていません。

打ち間違いなのか敷地面積を最初に大きく記載されていたのか…など疑問がでてきました。
15坪も減ることあるのでしょうか。

Aベストアンサー

先ず、今の素直な気持ち、感想を、担当者に話して、
説明をさせて、下さい。

敷地面積は、最も基本となるもので、根拠が必要です。

「登記簿面積と実測面積での誤差」と言うのは、存在しますが、
その為には、「実測値」が必要です。

実際に現地で、実測して、それを敷地図として、
図面化します。

その結果、誤差としての面責の差異は生じることもありますが、
「坪単位」と言う事は、あり得ません。
(但し、普通規模の敷地で・・・・)

そんな事が発生すれば、大騒ぎで、原因を徹底的に、
追跡しているはずです。

ここでは、周辺の事情も分かりませんので、
正解は出せません。

例えば、「前面道路」の幅員が不足で、敷地として、
道路幅員が確保されるように、「敷地後退」を
要求されている地域かもしれません。

そういった事も含めて、施主が不安を抱かないように、
丁寧に説明するのが、担当建築士の役割なので、
先ず、説明を求めてください。

一般常識の中であれば、「施主は王様」なので、
どんどん、気になることは質問して、説明を要求して
ください。

そうする事が、お互いの誤解を防止し、事業が上手く行く、
条件でもあります。

頑張ってください。

先ず、今の素直な気持ち、感想を、担当者に話して、
説明をさせて、下さい。

敷地面積は、最も基本となるもので、根拠が必要です。

「登記簿面積と実測面積での誤差」と言うのは、存在しますが、
その為には、「実測値」が必要です。

実際に現地で、実測して、それを敷地図として、
図面化します。

その結果、誤差としての面責の差異は生じることもありますが、
「坪単位」と言う事は、あり得ません。
(但し、普通規模の敷地で・・・・)

そんな事が発生すれば、大騒ぎで、原因を徹底的に、
追跡しているは...続きを読む

Q家を新築し太陽光を乗せました。 ところが、売電の為に自宅前の電柱にトランス(バケツの様な物)の設置が

家を新築し太陽光を乗せました。
ところが、売電の為に自宅前の電柱にトランス(バケツの様な物)の設置が必要だそうです。
電力会社が電柱が建てられている家主に了承を取り付けに行ったところ、家主が万一電柱が傾いたりした場合の補償を求めたところ、家主曰く、電力会社の回答は、「電柱は電話会社の所有物で、当社は関係ない」
「了承してもらえないのであれば、別の電柱に取り付けるので、もういいです」的な事を言ったそうです。
私が電力会社に私が負担すべき工事費を聞いたところ別の電柱に取り付けた場合で約80万円、最寄りの電柱に取り付ける場合は半額以下で済むと、何れも大変な出費となることがわかり衝撃うけています。
最寄りの電柱が設置されている家主さんは、補償の件について然るべき説明や一筆がないと了承できない、一方、電力会社は再交渉はしないと言っており困り果てています。
トランスを取り付ける電力会社と電柱を所有する電話会社が、家主さんに丁寧に説明すれば、問題は解決しそうな状況ですが、それぞれの責任が絡み誰も積極的に動いてくれそうにありません。
この状況でどの様な対応をすれば良いかのアドバイスをお願いいたします。

家を新築し太陽光を乗せました。
ところが、売電の為に自宅前の電柱にトランス(バケツの様な物)の設置が必要だそうです。
電力会社が電柱が建てられている家主に了承を取り付けに行ったところ、家主が万一電柱が傾いたりした場合の補償を求めたところ、家主曰く、電力会社の回答は、「電柱は電話会社の所有物で、当社は関係ない」
「了承してもらえないのであれば、別の電柱に取り付けるので、もういいです」的な事を言ったそうです。
私が電力会社に私が負担すべき工事費を聞いたところ別の電柱に取り付けた場合...続きを読む

Aベストアンサー

>最寄りの電柱に取り付ける場合は半額以下で済むと…

それは最初から分かっていたのですか。
屋根に太陽光を載せると決めたとき、予算に組んでいましたか。

もし、家ができあがっていざ送電となるまで知らなかったというのなら、それはあなたのミスです。
あなたのミスというか、太陽光設置業者が事前に電力会社と協議を済ませた上で、工事に取りかからないからです。

>電力会社と電柱を所有する電話会社が、家主さんに丁寧に説明すれば…

それはそのとおりですが、家主・地主さんが一筋縄ではいかない性格の人じゃないんですか。
電力会社や電話会社だって交渉するのは人間ですから、あまりにもうるさくごちゃごちゃ言う人には「もういいや」となりますよ。
あなたからも菓子折の一つでも持ってお願いに行ってみましょう。

万一電柱が傾いたりした場合の補償は、電力会社・電話会社によほどの工事ミスでもないかぎりありません。
想定を越える地震や台風などでの電柱折損は、補償の対象になりません。

Q見積書が甘かった?諦めるしかないのでしょうか?

ユニットバスの入れ替えをしようとしてK工務店はじめ3つの業者に見積もりをしてもらいました。もちろんその際には現場を見てもらっています。その結果K工務店が50万円と安かったので、他を断り、工事をお願いすることになりました。この時には口約束で書面契約はしていません。いくつかのオプション(壁面パネルの色とタオルかけ)や再利用ができるものがあったので最終的な金額を出しましょうということで実際の下請け業者さんも来てあらためて採寸等をしていきました。今日になって扉枠を変えたり、いろいろな部品が追加必要になったとして70万円ほどの見積もりを再度出してきました。私はオプション等の部品や工賃の追加等で3~4万円の追加を予想していたので、びっくり仰天。問い合わせると「最初の見積もりは仮見積もりで甘かった。当初の金額では到底できない。」ということです。最初の見積書に「仮」の文字はありません。
最初の見積もり時に店長さんがメジャーであちこち採寸して写真も撮っていったのに「甘かった」で撤回できるのでしょうか?最初の見積もり額を提示されたのでK工務店にお願いしたのにこれって後出しジャンケンのようでおかしくないですか?私は諦めて他をあたるしかないのでしょうか?断った他の工務店に再び頼みづらいです。実態は店長さんが専門外で商品知識に乏しく、まともに現場を確認できなかったのが原因のようです。

ユニットバスの入れ替えをしようとしてK工務店はじめ3つの業者に見積もりをしてもらいました。もちろんその際には現場を見てもらっています。その結果K工務店が50万円と安かったので、他を断り、工事をお願いすることになりました。この時には口約束で書面契約はしていません。いくつかのオプション(壁面パネルの色とタオルかけ)や再利用ができるものがあったので最終的な金額を出しましょうということで実際の下請け業者さんも来てあらためて採寸等をしていきました。今日になって扉枠を変えたり、いろいろな部...続きを読む

Aベストアンサー

まあ業者も諦めるしかないだろうと考えてそうではあるけれど。
業者も商売なので儲からない仕事はやらないわけで。
無理に値切っても
見えないところで手抜きやら資材のランク下げたりされちゃうかも知れないです。
一度断ったところでも商売なのでまた言っても問題ないですよ。
お恥ずかしい話ですが安いところに飛びついてしまいましたが、結局高くなりました。
だったら最初からこの値段を言ってくれた○○さんが信頼できると思ったので
恥ずかしながらまたお願いさせてもらえませんか?
なんて言えば喜んで受けてくれるんじゃないでしょうか

Q工場の隣に住宅建設が

私の勤める工場の隣の空き地に住宅が建設されることになりました
隣の空き地は小山で、弊社の工場は小山より低い位置にあり、壁を作りました(長さ30M 高さ3M)

20年前 この土地に工場を建てました   現在この場所は工場などの商業施設を建てることはできなくなっています    
その隣に10件の新築が建ちます

そこで問題が発生しました

小山だった土地を削り 住宅を建てる→ 弊社が建てた、壁が山を崩す事で倒れる危険がある&
小山を整地すると壁が高すぎる為、壁を住宅販売会社の負担で撤去してほしいとの依頼がありました

〇 撤去費用は先方持ち
〇 新しく壁を建てたいのならば弊社負担
との提案です

問題は

1:壁を撤去すると 工場と新築住宅が同じ高さの場所に建ち、騒音、粉塵が問題となりかねない
  ちなみに 弊社の工場はかなりの音が出ます。  ほとんどの同業者は工場付近に住宅ができると
  騒音などのトラブルが起きています
  

2:住宅販売会社は販売が終われば、その後の事は処理してくれなさそうな気がします。
  住人対工場のトラブルが起きても、ノータッチになると思われる

3:壁きわに 、資材を積み上げていたので 壁がなくなるとそのスペースがなくなり  
  仕事に支障が出ます
  

対処として

1:壁を撤去し、防音壁を先方負担でしてもらう 

2:壁の撤去を拒む または壁を半分の高さまで下げる事をOKする

この条件以外のむ事はできません


上記の状態の場合
壁の撤去を拒む事はできるでしょうか?   昔ながらの付き合いのある
ご近所も関係してくるので、あまり我を通したくはありません
しかし、 将来的にトラブルの元になる火種は残したくありません


こうした案件は弁護士などに相談した方がいいのでしょうか?
壁を撤去する代わりに、弁護士を通し
弁護しに書類を作成してもらい、 新築の入居者に、「隣に工場があり、騒音、粉塵が出る可能性がある、この点了承するように」という言質をとることは可能でしょうか?


お詳しい方、経験者の方  ご意見お聞かせください
よろしくお願いいたします

私の勤める工場の隣の空き地に住宅が建設されることになりました
隣の空き地は小山で、弊社の工場は小山より低い位置にあり、壁を作りました(長さ30M 高さ3M)

20年前 この土地に工場を建てました   現在この場所は工場などの商業施設を建てることはできなくなっています    
その隣に10件の新築が建ちます

そこで問題が発生しました

小山だった土地を削り 住宅を建てる→ 弊社が建てた、壁が山を崩す事で倒れる危険がある&
小山を整地すると壁が高すぎる為、壁を住宅販売会社の負担で...続きを読む

Aベストアンサー

壁=擁壁の事だと思います。
擁壁には種類があり主なものは
重力式とL型です。共に設置に際しては
隣地にはみ出さないように設計施工されていると思います。
工作物に該当するので工作物確認申請をされていると思いますので図面を確認して下さい。
L型擁壁の場合は現在抑えている隣地の土が無くなっても倒れる心配は無いはずです。
重力式でも根入れが深ければ倒れる恐れは少ないのが普通です。
従って住宅販売会社の擁壁が倒れるとの意見は少々疑問があります。
不安であれば確認申請の際に依頼した建築士に確認して下さい。
※確認申請無し検査済証無しの擁壁ならば違反工作物なので対応が変わります。

騒音粉塵は必ず問題になるでしょうから弁護士立てて事前の
相談と対処を依頼することが必要だと思います。
但し質問内容からみて用途地域が変更になっているようですので
相談の結果が質問者さんの希望に沿うかは不明です。
又、今後は建物の増改築(確認申請が必要なもの)が認められない事態が
起きると思いますので将来を見通しての対応が望まれます。

Q新築を建ててます。 現在、棟上げも終わりましたが、いざ建ててみると高さが低く周りの住宅より小さいです

新築を建ててます。

現在、棟上げも終わりましたが、いざ建ててみると高さが低く周りの住宅より小さいです。
天井裏を作れば高さがでたのでしょうか?
工務店からは、全く説明がなかったので腹がたってます。

他にも、リビングにある窓?庭にいく大きな窓も、間取りにサイズを書いてくれてないので大きさもわからず本当は4枚が良かったのに変更がきかず2枚になったりと、失敗でした。

私の知り合いの不動産屋さんの社長の紹介で、この工務店を紹介してくれました。だから、工務店側も、「本当に言いにくいのですが、この時期の変更は○○社長の知り合いでなければ断ってます」と言われたり、その社長から「なかなか間取りが決まらないみたいやな。○○君(工務店の担当者)も遅い時間までしてるから、あんまり変更言わないでよ」とも知り合いの社長からも言われました。
こっちからすると、工務店の説明がなく、私側が気づき話を聞くと希望と全く違うかった。って感じです。

これは、どうにもならないのでしょうか?旦那は毎日、グチってます。

Aベストアンサー

> 現在、棟上げも終わりましたが、いざ建ててみると高さが低く周りの住宅より小さいです。
> 天井裏を作れば高さがでたのでしょうか?

 基礎の高さと1階、2階の天上の高さでしょう。
 あとは家を建てる土地自体の高さ。
 周囲の家は道路から少し高い位置に建っていたりしませんか?


> 工務店からは、全く説明がなかったので腹がたってます。

 説明が無いのが悪いと考えるか、施主側が積極的に営業担当者や建築士などから情報を得ることをしなかったと考えるかは微妙なところです。


> 他にも、リビングにある窓?庭にいく大きな窓も、間取りにサイズを書いてくれてないので大きさもわからず本当は4枚が良かったのに変更がきかず2枚になったりと、失敗でした。

 そういったことは家を4面から見た外観図などに示されていませんでしたか?
 というか窓の位置と大きさ、どのようなタイプの窓サッシにするかは間取り設計の際に話をするのが普通と思いますが。。。
 注文住宅なのでしょうから各部の好みをしっかり指定しなかった施主側の責任というのも無いわけではない、、、と思います。

 建築にあたり工務店を介して瑕疵担保保険に加入されている場合はその相談窓口(住まいるダイヤル)に電話して相談するのも方法です。
 天上の高さ(屋根の高さ)や掃き出し窓に使用するサッシのタイプ(戸の枚数)を決める設計打ち合わせがどのようにされたのかわかりませんし、それらの仕様は瑕疵責任を問えるものではないかと思いますが、相談する価値はあるように思います。

 一昨年に自宅の建て替えを行いその際には事細かに注文をしましたが、ちょっとした仕様誤りや仕上がりなどの面でいろいろと不備・不満があり瑕疵担保保険の相談窓口と、1級建築士と弁護士による無料相談も利用しました。
 それにより具体的に不満に思っている事について、どれが交渉対象、調停対象になるかといったことがよくわかりました。

参考まで。

> 現在、棟上げも終わりましたが、いざ建ててみると高さが低く周りの住宅より小さいです。
> 天井裏を作れば高さがでたのでしょうか?

 基礎の高さと1階、2階の天上の高さでしょう。
 あとは家を建てる土地自体の高さ。
 周囲の家は道路から少し高い位置に建っていたりしませんか?


> 工務店からは、全く説明がなかったので腹がたってます。

 説明が無いのが悪いと考えるか、施主側が積極的に営業担当者や建築士などから情報を得ることをしなかったと考えるかは微妙なところです。


> 他にも、リビングに...続きを読む

Q基礎工事でトラブルなのですが・・

すいません、ベタ基礎でトラブルがあり質問させていただきます。
聞きたいのは慣習の話しです。

ある基礎屋さんに15坪のベタ基礎をお願いしました。現地でどういった工事になるか話し合いがあったのですが、その際に土地が隣より低いので土を入れなければならない、また隣より土地を高くすると土が流れ出すのでブロックを二段程度は積まないと・・と言われました。隣の土地も含めて私の土地が道路よりだいぶ低かったため。境界線も無く下は土でした。
(話し合いは大工さんと私と基礎屋さんでしました、工務店などはありません)

大体ベタ基礎はどれくらいかかるのかと聞いた所大体65万くらいだと言われました。
それでOKしましたが、工事が終わってから
土の搬入費(土代)とブロック代が別途請求がきました。

言葉の行き違いだとは思うのですが
私はてっきり全部込みで65万だと思っていたのですが普通は別払いなのでしょうか?
工務店などは通しておらず個人への単発の仕事のため慣習的なことが分かりません。
普通はベタ基礎をお願いした場合はある程度の整地(土を入れたり平にしたりなど・・)を含めた金額だと思うのですがどうでしょうか・・・。もちろん著しく土を多く要したりした場合は別途請求もいいのですが金銭的な相談は一切ありませんでした・・。

ただ20センチ程度は高さを上げてもらったのでやはり通常とは別の特別な工事だったのでしょうか・・。

ブロックは私の土地の特別な事情により設置したのですから支払うのはいいのですが、土を入れるのはある程度はベタ基礎代金に入っていると思うのですが慣習的な部分ではどうでしょうか・・・?

それともベタ基礎とは本当にベタ基礎だけの値段を提示するのが慣習的でしょうか・・・?

すいません、ベタ基礎でトラブルがあり質問させていただきます。
聞きたいのは慣習の話しです。

ある基礎屋さんに15坪のベタ基礎をお願いしました。現地でどういった工事になるか話し合いがあったのですが、その際に土地が隣より低いので土を入れなければならない、また隣より土地を高くすると土が流れ出すのでブロックを二段程度は積まないと・・と言われました。隣の土地も含めて私の土地が道路よりだいぶ低かったため。境界線も無く下は土でした。
(話し合いは大工さんと私と基礎屋さんでしました、工務...続きを読む

Aベストアンサー

現状地盤をそのまま生かしての基礎工事が普通ですので
基礎工事に含む項目として盛り土はありません。
しかし、通常は根切りがあり残土処分が発生します。
恐らく根切は通常の半分程度で済んでいるはずですし
残土処分は無くなっていると思われます。
ただ先に述べたように盛り土材料代金+搬入運搬費+
整斉手間は別途発生します。
差額請求は当然行われて然るべきものです。


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較