ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

実父の後妻と其の子供及び其の子供に相続の権利が在るのでしょうか?
実父は亡くなりまして、私は実父の財産一切の相続を放棄しました。「家裁で放棄のサインをしました」
現在其の後妻が相続しております。従がいまして、後妻と其の子は戸籍上他人の関係と認識しております。私は実母※実母と実父は私が10歳くらいの時離婚しております。其れで私は実母側の祖母に育てられました。その後母は身を粉にしまして働いて相当な財産を築きました。其の母も他界しまして、母の財産一切を私が相続しました。税理士に相談しまして「公正証書」も発行してもらいました。が、
後妻側が何か在る度「金の掛かる事」に、やらしくTELをしてきます。しょうが無く100万位の単位で渡していますが。私の家内は気が弱く、私が死んで家内と私達の子供2人が残った場合付け込んで来そうで、悩んでおります。何か良い考えは無いでしょうか?よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

あなたは、財産を放棄して



そのうえ、お金を渡す必要はありません。
あなたが亡くなって、財産を分ける必要もありません。
弁護士に相談されては。
    • good
    • 0

>実父の後妻と其の子供及び其の子供に…


>後妻と其の子は戸籍上他人の関係と認識…

話がよく分かりません。
「其の子」の父および母は誰ですか。
「其の子供及び其の子供」とは子と孫という意味ですか。

後妻と前夫の間の子および孫なら、“戸籍上他人の関係”ということはありません。
実の親子ですけど。

もしかして、「其の子」とはあなた自身のこと?

もう少し分かるような日本語に書き直してください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公平な相続でしょうか? 条件 父の遺産 不動産 1億2000万円 相続人 母、子A、子B 一次相続

公平な相続でしょうか?

条件
父の遺産 不動産 1億2000万円
相続人 母、子A、子B

一次相続
分割は法定相続割合で合意
但し、子Bは母の居宅や事業不動産であることを理由に二次相続に先送りし実際の受け取りはなし
母 9000万円
子A 3000万円

その後、母が相続対策で借入金でマンションを建て、課税評価を0円にする。

二次相続
子Bが母から遺産を相続。評価は0円

結果
子A 3000万円
子B 0円

子Bは不公平だとして、子Aに差額を請求するようなことはありますか?

Aベストアンサー

>一次相続
>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、借金は逐次返済されて
いくわけです。
そうすると、上述の(借金)は徐々に
減っていくわけです。
3000万の返済が終わったところで、
お母さんがお亡くなりになりました。
ということだと、
子A:1500万-1500万(借金)=0
子B:7500万-4500万(借金)=3000万
となり、
一次相続時の子Aの3000万と同等
で分かりやすいですかね。A^^;)

あなたの質問のウラには、
不動産事業としての『おいしさ』が
隠れているということだと思います。

母が不動産事業を遺して、借金があっても
安定した老後(収益をある)が約束されると
子Bと合意(ネゴ)できるなら、問題は起こ
らないのかもしれません。
却って、子Aが不満に思うことになる
かもしれませんが。

母が遺言を書くのは必須ですね。

いかがでしょうか?

>一次相続
>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、...続きを読む

Q若くして退職(リタイヤ)しても良い預金額は?4000万円でできる?できない?

兄がもう十分お金は貯めたので仕事を辞めると言っています。
ちょっと早すぎる気もするのですがどうでしょうかね?
通帳を見せて貰うとペイオフがあるから4銀行に分けてあると言っていました。合計すると3500万円+外貨+株でした。年齢は35才。独身(子どもも彼女もいらないそうです)。両親と同居。フリーターの為国民年金のみ。倹約家のためこの年でこの金額を貯められたようです。
長男ですので不動産(今住んでいるところ)は、将来、親の介護を見てそのまま貰うと思います。

信託銀行の発行する広告など見ると退職者が必要なお金は1億円くらい必要と言っていますが、私自身考えてみても余程裕福な老後を送る予定がなければ不要に思っています。また、大病すると危険だとも思ったのですが、先日祖母を見送ったのですがその時ICUに何日もいたのですがその時高額医療制度をしり医療費は月6万円程度が上限で青天井にはならないそうです。

兄は退職しても大丈夫な程度のお金を貯めたと考えても良いのでしょうか?
ちなみに退職後は晴耕雨読をするようです(今までと大差ありません)。

Aベストアンサー

>リタイアについても全く異なる仕事?
>趣味?がしてみたいとか
>そんな意味合いもあるようです。
園芸関係といい、結構アクティブですよね。
若い人はいいですね。

最近では農業のIT管理、制御など本格的に
なりつつあります。
川崎の南武線沿線のITメーカーを狙い、
トヨタが転職者を募る広告を打って話題に
なっています。

そういうのを聞くと、若いのにもったいない
と思いますね。

しかし一方で、私はそろそろ辞めたいと
思っていたところで、早期退職募集があり、
飛び乗ってしまった感じです。
『嫌になった』こともひとつの理由です。

急遽綿密に収支計画を作成し、シミュレー
ションしました。
その時に税金と社会保障制度を『仕様』
としてとりこみ、シミュレータまで作り
ましたが、結局は自分の方針(要求仕様)を
固めないと、何の意味もなかったです。A^^;)

最終的に決めた方針は
①少なくとも年金受給までは資産の原資を
 減らさない方針でいく。
②安定的な収益が得られる投資方法を考え、
 それに心血を注がないようにする。
③保険料が重しになる国民健康保険の対策
 を考える。
といった感じでした。A^^;)

辞めて、失業給付を受けながら、リクルート
やハローワーク通いを楽しみました。
世の中いろんな仕事があるんだなあと感心
しましたし、カウンセラーがわがままな
条件(ちょっとだけ働きたい…)を言っても
いろいろと紹介してくれました。

そのわがままへの回答として多いのは、
『講師』『指導員』といったものでした。

最終的には知り合いのIT関連会社に
就職しました。決まった仕事をしている
わけではなく、のほほんとしているだけです。

就職を決めた理由は、
・雇用保険の再就職手当がもらえる期限が
 せまっていたこと。
・社会保険に加入すると、投資の収益で
 国保の保険料を気にしなくてよいから。
といったことでした。
まあ働いているとは言えませんね。A^^;)

この業界は幅広い分野があるんですが、
30年以上変わってない所もいっぱい
あります。
マスコミや企業が騒ぎ過ぎだと思います。

はっきり言えば、AIなんて大昔から言われているのに、何も進歩がありません。
だってプログラムなんてコンピュータ自身
で作れば一番間違いないのに未だに作って
くれません。
プログラム言語とシステム仕様ぐらい
AIが自分で学んで欲しい
と20年以上思ってきました。
人間の会話、要望をインプットにして、
システムを勝手作ってくれなきゃAIなんて
認めないと私は思っています。

逆に言うと、そこが何十年も変わらない部分
だと思います。

話がとりとめなくなりました。

まとめると、
・仕事はIT業界のままだが、楽している。
・投資スタンスは超安定、長期投資。
 本日久しぶりに買いを入れました。
・原資を減らさない原則は退職後4年たつが
 守られており、プラスできている。
・就職して社会保険はやっぱり有利。
 健康保険料は気にしないで済むし、
 厚生年金の受給額増も有利。

といった感じなので、
・ハローワークにでも行って仕事を探して
 みるのもよいかもしれません。
・意外と地域社会貢献や専門家からしたら、
 ゆる~い仕事ってのもあるもんです。
・自分の仕事がちょっとしたことで喜ばれる
 のは、意外と嬉しいものですよ。
 
といったあたりも考えられては
どうでしょう?

>リタイアについても全く異なる仕事?
>趣味?がしてみたいとか
>そんな意味合いもあるようです。
園芸関係といい、結構アクティブですよね。
若い人はいいですね。

最近では農業のIT管理、制御など本格的に
なりつつあります。
川崎の南武線沿線のITメーカーを狙い、
トヨタが転職者を募る広告を打って話題に
なっています。

そういうのを聞くと、若いのにもったいない
と思いますね。

しかし一方で、私はそろそろ辞めたいと
思っていたところで、早期退職募集があり、
飛び乗ってしまった感じです。
『嫌...続きを読む

Q相続

弟夫婦が家を建てる際、父親が土地代として2100万円だしその上に弟名義の家が建っています。
土地の一部は弟の嫁の名義、建物の一部が親も名義になっています。2世帯住宅で同居です。
父親は土地代を出したはずだが、生前なぜ!一部弟の嫁の名義になっているのか?登記の時、弟が勝手の変えたようです。
先日親がなくなり相続の話で、弟の言い分は路線価で900万だら相続は900万だと言い張ります。
預金が約3000万あり、900万+3000万=3900万を3人兄弟で均等にする、1人あたり1300万だと言います。土地と現金400万をとると言ってます。
私の言い分は2100万+3000万=5100万で1人1700万円で弟に貰い過ぎている400万を補てんするように言いますが納得しないようです。どちらの言い分が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

預金3、000万円
弟が生前に貰っていた現金2,100万円
合計5,100万円
相続人3人で平等に分けると一人1,700万円

弟は既に2,100万円を貰ってるので、400万円を出す。
他の二名は現金3,000万円に、この400万円を足した3,400万円を二人で1,700万円づつ相続する。

上記が正と思います。つまりご質問者の考え方です。

「路線価で900万だら相続は900万」という弟さんの言い分は正しいように見えますが、間違い。
理由
遺産分割の話をしてるのに、故人の所有物ではない不動産の評価額を出しても無意味。

「土地の一部は弟の嫁の名義、建物の一部が親も名義になっています。2世帯住宅で同居です。
父親は土地代を出したはずだが、生前なぜ!一部弟の嫁の名義になっているのか?登記の時、弟が勝手の変えたようです。」
と述べられていて、経緯はわかりますが、要は「生前に弟が父から2,100万円先取りしてる」ということです。

ここまで話が整理できて、そのうえで「2,100万円で購入した土地と建物」の一部が相続財産になっているので、話が複雑化します。
2,100万円のうち「父の名義になってる部分」は差し引いて、弟さんなり、その奥さんなりが生前に贈与を受けていたとして計算することになります。
所有権割合によって、2,100万円を按分する方法が良いのかなと思います。
この辺りは、専門家に相談し、かつ相続人が納得できる方法を選ぶしかないようです。

預金3、000万円
弟が生前に貰っていた現金2,100万円
合計5,100万円
相続人3人で平等に分けると一人1,700万円

弟は既に2,100万円を貰ってるので、400万円を出す。
他の二名は現金3,000万円に、この400万円を足した3,400万円を二人で1,700万円づつ相続する。

上記が正と思います。つまりご質問者の考え方です。

「路線価で900万だら相続は900万」という弟さんの言い分は正しいように見えますが、間違い。
理由
遺産分割の話をしてるのに、故人の所有物ではない不...続きを読む

Q贈与税についての質問です。 現住所とは違う県に私名義の家が有り、現在妹が住んでいます。住宅ローン借り

贈与税についての質問です。
現住所とは違う県に私名義の家が有り、現在妹が住んでいます。住宅ローン借り換えを検討しているのですが、他県に住んで居るため、私名義では借り換えが無理と言うことで、妹名義で借り換えを行う事になりました。しかし贈与税が発生するかもしれない、と言われどうしたものか困っています。
借り換えの名義は妹ですが、登記はせず物件の名義は私のままで、ローンも今まで通り、私が払って行く予定ですが贈与になるのでしょうか、妹からお金を借りた形で贈与にはならないと思うのですが…。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1あなたのローンを妹さんが借りたお金で返す。
2妹さんは実際にはお金を借りるのではなく、返済はあなたがする。
3理由は「借り換えした方が利息が安いなど」です。

税務署がこの事実を知る機会があるか、ないか。実際には「ほとんどない」でしょう。
住宅ローンの借り換え時に債務者が変更する事自体を想定してないから。
税務当局に尻尾をつかまれるかどうかは別問題として、贈与税問題は発生するかどうかの検討は必要でしょう。

私は「贈与税が課税される」派です。
理由
1、Aが理由はともあれ「借金をしている」
2、BはB名義で金融機関から借入をして、Aの借金を返済する。
3、その後Bは金融機関に返済をするが、その返済はAが行う。

「1」と「2」だけ見ると、Aの借金を返済するためのお金をBがAに贈与をした、と見るのが妥当です。
しかし、そこでAとBの間に贈与契約はなく、名義貸しという行為をしてるにすぎないという話です。
この「名義貸し」という行為は国税当局が嫌う行為です。
なんらかの課税を逃れるために名義を借りる貸すという二人の行為を「なにやってんだ?」という見方をするのが仕事だからです。
ここで、この疑惑に「いやいや贈与ではなく、Bの借金はAが返済するのです。そのため連帯保証人になってます」と抗弁します。
連帯保証人になると本来の債務者と同じ立場で返済をしなくてはならないので、その意味では贈与を受けた利益はないと言えるのです。
しかし、この理屈が税務当局に通用するかどうか。

Bの債務については、Aが支払う。AがBに支払してBが金融機関に返済するのではなく、Aが直接金融機関に返済する。
AとBとの間には金銭消費貸借契約書があり、そこには「Aでの借入がAの住所地が抵触してできないので、やむをえずB名義で行うため、AがBから借入をするものであり、金融機関への返済はAが直接これを行う」とでも記載して、根本的には金銭消費貸借契約ではなく、BがAに名義を貸してる話であることを明白にする。

この金銭消費貸借契約書を見て「なるほど、BがAに金を贈与したのではないな」と国税当局が納得してくれれば、BからAへの贈与ではないとなります。

このあたりの書類に不備があると「借金して金をこさえたBが、Aにその金を贈与したのだ」と贈与税が発生してしまいます。

わたしなら「負担付き贈与」として、贈与税発生はないですが、申告してしまいます。
AはBから金銭いくらの贈与を受けたが、その金銭全額については金融機関にAが直接金融機関に返済をする条件での贈与契約なので、負担付き贈与である、として。
ローン残高が1千万円とします。
同額をBが借入してAに贈与します。
ここでAとBは「Bが金融機関から借りた1千万円については、Aが直接金融機関に返済をする」契約書を作成して、これを申告書に添付します。

税務署としては「なんだ、これ?」と思うでしょう。
「要はAが住宅ローンの借り換えをできないので、B名義で借入をした」
という説明をすることになります。
そして「なぜ、Aが住宅ローンの借り換えができないのか」という話は、ABと金融機関との話ですから、「よくわからない」とでも答えておけばよいでしょう。

住宅ローン返済中でも、仕事で他県に住所を移すなどは考えられます。
そこを「アカン」とする金融機関が、私はどうかしてると思うのですが、これはワイワイ言ってもしょうがありません。
「やむをえない」のです。


なお「私」が妹に家を無償で貸していると、家賃相当が「私」から妹への贈与になっていますという記述がありますが、誤りです。
家を貸すのに家賃を取らないのは、家賃相当額の贈与をしているという理由なのでしょうが、家の貸し借りには「使用貸借」という家賃が発生しないものがあります。
親子間、兄弟間、親族間では「使ってない家だから住んでいいよ。家賃などいらない。」「人が住んでないと家が傷むというから、是非住んでくれ」という話が多く、家賃はとらないので使用貸借といいます。

1あなたのローンを妹さんが借りたお金で返す。
2妹さんは実際にはお金を借りるのではなく、返済はあなたがする。
3理由は「借り換えした方が利息が安いなど」です。

税務署がこの事実を知る機会があるか、ないか。実際には「ほとんどない」でしょう。
住宅ローンの借り換え時に債務者が変更する事自体を想定してないから。
税務当局に尻尾をつかまれるかどうかは別問題として、贈与税問題は発生するかどうかの検討は必要でしょう。

私は「贈与税が課税される」派です。
理由
1、Aが理由はともあれ「借金をし...続きを読む

Q相続放棄について

父親に借金があります。多額の借金で、死ぬまでには完済は出来ません。
ですので、死亡時に相続放棄をする予定です。
万が一、その後母がパートや遺族年金などで残った貯金を残し他界した場合、その(おそらく僅かな)貯金に関しても、放棄しなければならないのでしょうか?それとも相続税がかからない3000万?以内であれば、子供に分け与えることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

お父さんの相続時に対象になるのはお父さんの相続財産についてだけで,同様に,お母さんの相続時に対象となるのはお母さんの相続財産についてだけです。お父さんの相続について相続放棄をしたからといって,お母さんの相続についても相続放棄をしなければならないということにはなりません。

ただちょっと気になるのは,お父さんの相続の時のことです。借金を免れるには,遺産には手をつけずに,お父さんの死後3ヶ月以内に家庭裁判所で相続放棄の申述を行う必要がありますが,お母さんを含めた全員がそうしなければならないわけです。すると放棄をした人は相続人ではなくなるのですが,たとえばお母さんが住んでいる家がお父さん所有だった場合には,そこに住む権利も失うということです。賃貸だった場合も同様です。そういった点は大丈夫なんでしょうか? またよくわからずに手続きをしてしまったことにより,それが法定単純承認になり,放棄ができなくなることがあります。気をつけてください。

Q生前贈与など詳しい方お願いします。

生前贈与など詳しい方お願いします。
今26歳と28歳の結婚1年目の夫婦です。
今は旦那の実家で同居しております。
車で15分ぐらい離れたとこに旦那の父親名義のアパートがありそこを壊して旦那名義にし一階は1ルームの貸出す部屋。2階は私達夫婦の住まいにする予定でした。
私達夫婦が5年住むと相続税の負担が少なくなるという理由で住む予定でした。
その後はそこを出て貸出し旦那の実家の前に今は駐車場として使用してる土地に一軒家を建て私達夫婦だけで住むという話でした。
しかし最近になって旦那の両親が旦那に生前贈与しようとしてたアパートを旦那の両親名義にしようと言ってるんです。
理由は旦那の両親は共働きで自分達の名義にしたら給料の税金が引かれるという理由です。
そこで思ったのですが旦那に贈与税の関係で生前贈与しようとしてたのに自分達の名義にして自分達の給料の税金が少なくなるからってのはどうなのでしょうか。
結局アパートを贈与する時に贈与税が掛かってしまって意味がないような。
旦那には妹がいるのですがそこも旦那は引っかかるみたいで。
ちなみに妹は義理両親の所有する違うアパートに住んでます。
ころころ話が変わる義理両親の心意はなんなのでしょうか。
旦那は跡取りとして田舎に帰ってこいと両親に言われわざわざ帰ってきましたので旦那は怒ってます。
妹にアパートなど相続されるのが嫌みたいでそれだったら全てを捨てて都会に戻るとの事なのですが私の家は自営業で私は父の会社を手伝ってるので都会に出るのは困ります。
何か良い方法はないでしょうか。
贈与など全然詳しくなくどなたか詳しい方お力をお貸しして下さい><
宜しくお願いします。

生前贈与など詳しい方お願いします。
今26歳と28歳の結婚1年目の夫婦です。
今は旦那の実家で同居しております。
車で15分ぐらい離れたとこに旦那の父親名義のアパートがありそこを壊して旦那名義にし一階は1ルームの貸出す部屋。2階は私達夫婦の住まいにする予定でした。
私達夫婦が5年住むと相続税の負担が少なくなるという理由で住む予定でした。
その後はそこを出て貸出し旦那の実家の前に今は駐車場として使用してる土地に一軒家を建て私達夫婦だけで住むという話でした。
しかし最近になって旦那の両...続きを読む

Aベストアンサー

1 贈与者が「あげる」「やめた」と口にするので、こちらがいい迷惑だという話です。
2 その際、あげる理由とやめた理由に税金を持ち出してるのですが、贈与者も「枝葉の知識をどこかから仕入れてきて、ああではないか、こうではないか」と混迷してるので、相手をしてるあなた方夫婦も「わけわからん」状態です。
3 不動産を所有してる方は、自己の税金対策と、相続税対策を考えます。
 どうやらご両親は専門家である税理士に相談しての話ではないように見受けられます。
4 自己の税については不動産を持ってるから給与から税金が引かれる引かれないという話は、失礼ながら「この人って税金のことには素人なんだな」と感じます。
 そのうえで、相続税贈与税という、専門家でないと節税対策が難しい事を一緒にして考えられてるので、そのお相手をさせられてる娘さん夫婦は、振り回されてしまいます。

5 相続税の仕組み、贈与税の仕組み、そして、生前に贈与をする際には相続時精算課税制度がある点、この相続時精算課税を選択する際のメリットデメリット程度は充分に知ったうえで、所有不動産上にアパートを建てる事や、その名義を誰にするかなどを具体的に決定するべきです。
 
6 相続税贈与税、相続時精算課税の選択などは、税の専門家である税理士でも「私はそれにはタッチしない」という人がいるほどです。
複雑で一歩間違えると大きな負担変化があるからです。
資産の状況、家族状況、年齢構成などを全部知らないと対応できないのです。

7 ご質問者が「贈与などに詳しくない」と言われるのはもっともで、下手に「私贈与税には詳しいんです」という人は、かえって手に負えません。それほどに今の税制は複雑になってます。

8 アドバイスできるほどの知識はございませんが、このレベルの話は無料のネット情報を得てなんとかしようと思う事が「どだい無理な話」です。

9 ご質問者の状況を大変失礼ながら述べます。
 「素人が素人に振り回されてる」

1 贈与者が「あげる」「やめた」と口にするので、こちらがいい迷惑だという話です。
2 その際、あげる理由とやめた理由に税金を持ち出してるのですが、贈与者も「枝葉の知識をどこかから仕入れてきて、ああではないか、こうではないか」と混迷してるので、相手をしてるあなた方夫婦も「わけわからん」状態です。
3 不動産を所有してる方は、自己の税金対策と、相続税対策を考えます。
 どうやらご両親は専門家である税理士に相談しての話ではないように見受けられます。
4 自己の税については不動産を持...続きを読む

Q遺産相続について教えて頂きたい

父が亡くなり半年前に母が亡くなりました。母に残された遺産について教えていただきたい。
遺産は母が住んでいた土地(弟夫婦も住んでいます)とお金(通帳に600万)
遺言書があり不動産は弟にとありましたがお金については何も書いてありませんでした。
生前から住んでいる土地は弟にと考えていましたが、弟と母には母の面倒をしっかり看て貰えなかったらハンコは上げないと申しておりました。
土地が弟の物になる事には何の不服も訴えるつもりありません。
ただ、書面が出てきてショックでしたが・・・・
そこで教えていただきたいのはお金の配分についてです。
弟は折半と申しておりますが、それが妥当なのか、土地を貰う事になっているので3:2位で良いのではと思えたり。欲深いのかなと思ったり、お知恵を拝借お願い致します。

Aベストアンサー

遺言書の写しでも持って、弁護士や司法書士に相談しましょう。
言い回しや前後の文章によっても、意味が異なりますからね。
また、自筆遺言であれば、遺言書の発見者は家庭裁判所への牽引手続きという手続きが義務として存在しますからね。

相続人が二人と考えれば、あなたは全体の半分の権利があります。土地の評価額が600万円以上であれば、あなたがその預金のすべてを主張してもよいのです。

あなたがショックを受けた事実からも分かる通り、あなた方のご両親が争いになりかねない種を蒔いて亡くなったのです。
親子・兄弟という間柄であっても、子が大人になればそれぞれに家庭や生活を持つわけであり、遺言書を残す気持ちがあるぐらいであれば、あなたへの気持ちとしても、書いておくべきだったのです。

私があなたの立場であれば、弟に折半と言われたら、本当にそんな不平等なことを言っていて大丈夫か?法的な面で争うと都合の悪いのはお前だぞ、と言いますね。

土地の評価が600万円以上であれば、土地を売ってでも金をよこせと言いますね。遺言書がありますので、遺留分でしか本来は争えませんので、土地の評価が1800万円を超えれば、強制的に家を売らせることもできるのです。
親に考えてもらえなかった子、弟に不平等にみられたこと、などから考えれば、親の意思の尊重なんて関係ないと言ってもよいでしょう。

以前私の祖父母が亡くなった際に、私の親の弟が祖父母と一緒に住んでいたたことなどから、相続手続きの中心が一緒に住んで私の親の弟(伯父)になりました。
相続どうしたいという相談があったため、少しだけの財産をほしいと言ったところ、嫁に出た人間が主張するなと言い出しましたね。たぶん、一緒に住んでいた=跡取りという気持ちが強かったのでしょう。そこで、私の親と叔母が相談のうえで法定相続分の通り欲しいと言い換えたところ、隠していた遺言書などを出してきましたね。遺言書も法的要件を満たさない書きかけであったこともあり、叔父が遺産隠し等を画策していたことなどから、裁判所での調停などに発展しましたね。叔父は住んでいるところも含めて現金化したうえでの遺産分割となりましたね。
円満ですすめようと思っている相手に対して、それを弱みのように自己主張する相手に対しては、きっちりと対応しなければ、もめ事を長年遺すことにつながります。最悪、次の世代に持ち込むようなこととなれば、あなたの子などが苦しくことになるのですからね。

法的な部分を理解し、話し合いの結果、あなたが妥協したりする分にはよいでしょう。しかし、理解せずに安易に進めて不満を残している人も多いのも事実です。家庭の問題を外に出すのが恥ずかしいということで、多くの家庭が円満に見せています。しかし、結構な割合で争っているのも現実としてあるのです。
早い解決と不満を残さないことも大事なことです。

遺言書の写しでも持って、弁護士や司法書士に相談しましょう。
言い回しや前後の文章によっても、意味が異なりますからね。
また、自筆遺言であれば、遺言書の発見者は家庭裁判所への牽引手続きという手続きが義務として存在しますからね。

相続人が二人と考えれば、あなたは全体の半分の権利があります。土地の評価額が600万円以上であれば、あなたがその預金のすべてを主張してもよいのです。

あなたがショックを受けた事実からも分かる通り、あなた方のご両親が争いになりかねない種を蒔いて亡くなったの...続きを読む

Q両親が亡くなり、子供4人いますが 長男が親の土地の名義変更したいと 判子をついて欲しいと、他の兄弟も

両親が亡くなり、子供4人いますが
長男が親の土地の名義変更したいと
判子をついて欲しいと、他の兄弟もお金をもらえますか

Aベストアンサー

土地の相場金額を調べて4等分して、長男がそれぞれにお金を払う代わりに土地を相続すればいいかと。ただ名義変更するだけなら他の兄弟は貰えません。長男が死んでも長男の配偶者と子供に財産は行くので貰えません。

ようは他の兄弟に相続放棄しろって言われてるのでは?

Q相続について質問です。 嫁の両親から生前相続の話を受けています。 両親の会社は大きくはありませんが、

相続について質問です。

嫁の両親から生前相続の話を受けています。
両親の会社は大きくはありませんが、両親二人でマンションなどの経営を行い、家賃収入を得ている形です。両親の想いとしては、嫁を代表取締役にして会社をつがしたいようです。

そこで、この間相続の話になり、あたな(自分)の仕事では嫁に会社をつがすことは出来ないと言われました。理由としては、新たなマンションを建てる計画をしていて、銀行より融資を受けるようで、併せて相続の件も伝え、相関図(相続図で旦那職業、役職、年収記載)を見せたようです。すると、その仕事だと微妙ですねと銀行員より言われた為、仕事を変えてくれと言われました。ただ、融資に関してはダメとは言われていないみたいです。長く働けないとかそんなことを言われたようです。多分、嫁についだとき返済への不安や仕事面での信用問題なのかはわかりません。

ちなみに自分の仕事はパチンコ屋で役職者です。年収は600万程度。割と大きめの会社です。

こういうことってあるのでしょうか?

ちなみに仕事にはやりがいも感じ、出来れば辞めたくありません。ただ、業界的に偏見があるのは充分理解しています。でも、しっかりと年収も稼いでいるし、銀行からそんなこと言われる程、ダメだとは思えません。

わかる方いましたら教えて下さい。

相続について質問です。

嫁の両親から生前相続の話を受けています。
両親の会社は大きくはありませんが、両親二人でマンションなどの経営を行い、家賃収入を得ている形です。両親の想いとしては、嫁を代表取締役にして会社をつがしたいようです。

そこで、この間相続の話になり、あたな(自分)の仕事では嫁に会社をつがすことは出来ないと言われました。理由としては、新たなマンションを建てる計画をしていて、銀行より融資を受けるようで、併せて相続の件も伝え、相関図(相続図で旦那職業、役職、年収記載)...続きを読む

Aベストアンサー

なぜあなたはもっと突っ込んで確認されないのでしょうか?
いくら奥様の実家の問題と言えども、実家の問題で転職まで迫られることというのは、本来よほどのことですよ。

代表取締役ということから有限会社や株式会社の組織で経営されているのですよね。
融資でまず審査されるのは、法人です。
次に審査されるのは、通常求められる連帯保証人についてですが、多くの場合、代表者が保証するものです。
もしかしたら、奥様だけでは連帯保証人として不足する可能性があり、あなたも連帯保証人にされようとしているのではないですかね?

だって、法人の代表者の夫というだけであって、その職業や収入などはあまり審査などに含まれないと思います。当然、暴力団関係者などであれば、審査に影響すると思います。
パチンコ屋ということですが、私も偏見かもしれませんが、田舎ですと暴力団の縄張り問題があり、特にパチンコ屋さんですと暴力団へお金を渡していると聞いたことがあります。あなたがやくざなどではなくても、やくざと関わり合いがあるかもしれない職種。会社勤務という点から疑われているのかもしれません。

あなたが会社の役員として、銀行からの借入金を会社で踏み倒したりしている場合には、あなたの個人名も銀行等のリストに掲げられ、影響する可能性も否定できません。

本当に単なる会社員であれば、何が心配なのかがわかりません。
本当に問題なのであれば、一時的を含め、離婚を求められてもおかしくない場合もあると思います。

しっかりと確認されることです。
特に奥様が法人の代表となり、その法人で大きな買い物を融資でするとなれば、当然その責任は奥様となり、事業に問題が出れば、奥様個人での返済が求められ、あなたがtご夫婦や家族の問題になることでしょう。
奥様や奥様のご両親は、以前から不動産経営をしていて状況が理解できていたとしても、あなたがかかわっていないものであればあなたが心配すべきことではないですかね?
奥様ご自身で起業するのであれば、奥様個人でできることから始めるのでリスクはないかもしれませんが、事業を引き継ぐともなればリスクもあるものです。いくらご両親から引き継ぐと言えども、どのようなリスクが含まれている事業を引き継ぐのかも把握すべきことだと思います。相続対策の一環で親が子の為を想っての行動であっても、親がどこまでリスクを把握しているのかも疑問が残りますね。

何もリスクを考えずにその事業が失敗ともなれば、ご夫婦やご家族の破たんにもつながります。ご夫婦で相談し、義理のご両親ともよく話し合われることです。

なぜあなたはもっと突っ込んで確認されないのでしょうか?
いくら奥様の実家の問題と言えども、実家の問題で転職まで迫られることというのは、本来よほどのことですよ。

代表取締役ということから有限会社や株式会社の組織で経営されているのですよね。
融資でまず審査されるのは、法人です。
次に審査されるのは、通常求められる連帯保証人についてですが、多くの場合、代表者が保証するものです。
もしかしたら、奥様だけでは連帯保証人として不足する可能性があり、あなたも連帯保証人にされようとしているの...続きを読む

Q所得税が確定申告で戻ってくると聞いたのですが、その真相を教えて欲しいです。 月に7万円程の給料をもら

所得税が確定申告で戻ってくると聞いたのですが、その真相を教えて欲しいです。
月に7万円程の給料をもらっています。毎月大体2300円くらい所得税として引かれています。
扶養には入っていません。
年間103万以下の給料なら払い過ぎている毎月の所得税が確定申告?年末調整?で戻ると言われました。
戻るとはどういうことですか?払っている毎月2300円程が年末に返金されるのですか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>払っている毎月2300円程が年末に
>返金されるのですか??
はい。そのとおりです。

おっしゃられているとおり、
>確定申告?年末調整?で戻る
のです。

あなたの状況としては、推測ですが、
パートかアルバイトで、勤め先で
『扶養控除等申告書』を提出していない
状況であると思われます。

その場合、一律3.063%の所得税が
源泉徴収されます。
下記の乙の欄
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2016/data/01-07.pdf

しかし、実際は年間の給与収入が
★103万以下なら、非課税になります。
給与収入103万から
給与所得控除65万
基礎控除38万
が少なくとも引かれるため、
課税所得は0となるからです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

これは前述の
『扶養控除等申告書』を年末までに提出して
年末調整をすれば、その計算がされて、
とられ過ぎの所得税が全額返されること
になります。
同様なことは確定申告でもできます。

年末前に『扶養控除等申告書』を提出
すれば、引かれている所得税2300円も
引かれなくなります。

勤務先に『扶養控除等申告書を提出したい』
と相談してみて下さい。

それが真相です。A^^;)

>払っている毎月2300円程が年末に
>返金されるのですか??
はい。そのとおりです。

おっしゃられているとおり、
>確定申告?年末調整?で戻る
のです。

あなたの状況としては、推測ですが、
パートかアルバイトで、勤め先で
『扶養控除等申告書』を提出していない
状況であると思われます。

その場合、一律3.063%の所得税が
源泉徴収されます。
下記の乙の欄
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2016/data/01-07.pdf

しかし、実際は年間の給与収入が
★103万以下なら、非課税に...続きを読む


人気Q&Aランキング