ここ1~2年仕事がPCを常時見るタイプのものへ変わりました。
以前 2.0あった視力が0.4に急に下落し、いつも頭が重く視野がせまいような
感じがして目及び頭部~肩部にかけての疲労がぬけません。

別途 アイピローで就寝前に目部を暖めたり、ブルーベリー(アントシアニン)の錠剤を飲んでいます。
また、ストレッチを毎日おこなっています。

或る日、ハリをうってもらうとまたたくまに、疲労感・凝りがなくなりました。(驚き)しかし 1回あたりのコストが高く毎日行くことはできません。

ここで質問です。
■安価+効果バツグン(夢のような話ですみません)で簡単な疲労回復方法は、ありませんか?

■ハリ治療で、これらの「疲労に対する」根本治療になるのでしょうか?


どうぞ よきアドバイスをお願いいたします。

A 回答 (3件)

下のフェルデンクライスの補足説明です。


>片目だけだと 難しく両目になってしまうのですが、、意識だけしなければよいでしょうか?

意識しなければよいです。
片方の目を動かすと、当然もう一方の目も動いてしまいます。そこで、眼の周りを塞いで見えなくしてやります。(一方の目を動かさないようにするのはほとんど不可能ですので、注意を片方だけにするようなやりかたです。)
目を閉じて、両目を右に動かすときと、右目を動かそうとして動かすときではなにかしら違う感じがすると思います。その違いがあれば充分です。(完璧にやろうとすると苦しくなるので、自分なりのやり方が正解です。)
    • good
    • 0

コンピュータの前に一日中座っている場合、眼(視線)を固定していることが考えられます。

ずっと同じ姿勢を続けて(固定して)いると身体のあちこちが疲れたり凝ったりするのと同じように、眼筋も固定しているとかなり疲労して悪くなります。
仕事のときに時々意識的に眼を動かしてあちこちを見ることをやってみてはいかがでしょうか?
同時に首も固まっている場合が多いので、ついでに頭も動かして首を緩めたら良いと思います。

フェルデンクライスメソッドから、眼の疲れをとり使い方を良くするレッスンの一部を紹介します。
(ときどきやってみてください。)

(1) 手のひらで(眼を押さないように気をつけて)目を覆います。首が緊張しないように気楽にやって下さい。
(2) 眼を閉じます。
(3) 左右どちらかの眼をえらんでその眼をゆっくり外側へ動かします。(同じ側の耳を見る感じです)
  外側の限界の2歩ぐらい手前まで来たと思ったらすばやく力を抜いて正面へ戻します。
  (力を抜けば正面へ戻ります)
  反対の眼は意識しないで片側だけです。数回繰り返します。
(4) 今度は同じ眼をゆっくり内側へ動かします。(反対の目を見る感じです)
  内側の限界の2歩ぐらい手前まで来たと思ったらすばやく力を抜いて正面へ戻します。
  反対の眼は意識しないで片側だけです。数回繰り返します。
(5) (3)~(4)を目を開けた状態で繰り返します。(眼を覆ったまま)
(6) 眼を覆っていた手を離して周りを見ます。(ちょっと休みます)
(7) (1)~(6)を今までやらなかったほうの眼で繰り返します。
(片方の目だけで先にやってから、もう片方をやって下さい。片方を5分~10分ぐらい休み休みやるとよいです。
時間があれば同じやり方で上・下に動かすのもやってみて下さい。さらに余裕があれば、四角を描くような形で眼を動かしたりするのも片方ずつ同様にやってみて下さい)

レッスンはちょっとでも疲れたり、どこかが痛くなったりしそうだったら、
そう感じた時点で早めにやめて他のことをして下さい。
やりすぎて目の筋肉痛から頭痛がおきたらばかげてますので。(呼吸も普通の状態でやって下さい。無理にゆっくりしたり、動作に合わせたり、息を詰めたり止めたりは絶対にしないで下さい)

参考URL:http://www.pureness.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速やってみます。 片目だけだと 難しく両目になってしまうのですが、、意識だけしなければよいでしょうか?

お礼日時:2001/07/06 00:16

はじめまして、こんにちは。


私は看護婦をしていますが病院へは行かれましたか?
すぐに、大きめの眼科へいくことをおすすめします。
疲労感はとれても病気からだったら困ります。
話を聞くとふあんですので、必ずいってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい わかりました。今週末いってみます。ちなみに 話のどの部分が心配なのでしょうか?

お礼日時:2001/07/06 00:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報