システムメンテナンスのお知らせ

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

空前の猫ブーム!ブームの火付け役は女性だった!?

空前の猫ブーム!ブームの火付け役は女性だった!?2016年は空前の猫ブームといわれ、多くのネット媒体や雑誌で猫の特集が組まれている。人気の理由の一つにあげられるのが、散歩が不要でトイレのしつけがしやすいなどの飼いやすさ。もちろん、猫好きの人にはそれ以上の強い思い入れがあるようだ。「教えて!goo」にも猫を愛する投稿者から、「猫好きなみなさんは、猫のどんな所が好きですか?」という質問が寄せられていた。

これに対し、「肉球が冷たいトコや、なぜか舌をしまい忘れてるトコ」(jnk_2uさん)や「猫の歩いてるときの、しなやかでキレイな腰の動きが良いですよね」(diet0423さん)、「猫は、いるだけで良いです!」(hoshiminekoさん)など多くの回答が寄せられた。読んでいるだけで、飼い主の猫なで声が聞こえてくるようだ。

読者の回答は上記であったが、専門家から見た見解はどうだろうか。心理学者の内藤誼人先生に聞いた。

■ブームの火付け役は女性?


そもそも、どうして猫ブームが起きたのだろう。

「ブームの火付け役は、おそらく女性だと思われます。アメリカにあるミルズカレッジのアライン・キッドが、犬好き猫好きの男女別の割合を調査しました。犬好きの男性は63%なのに対し、犬好きの女性は48%でした。また、猫好きの男性が29%なのに対し、猫好きの女性は41%という結果になりました。つまり、男性は犬を好む人が多く、女性は犬と猫のどちらも好みますが、男性よりも猫好きの人が多いということがわかりました」(内藤先生)

猫を好む人は男性よりも女性に多く、ここからブームに火がついた可能性があるとのこと。では、なぜ女性は猫を好むのだろうか。

「少女漫画からもわかるように、女性は大きな瞳に魅かれる傾向があります。丸い目が印象的な猫は、女性の好きな顔といえるでしょう」(内藤先生)

さらに猫人気の理由には現代女性との共通点があると内藤先生は指摘する。

■猫は現代女性の願いを体現?


皆さんお持ちの猫のイメージが、現代女性の持つセルフイメージと重なると内藤先生は言う。

「猫は自由奔放で自立したイメージを持っています。これは、現代の女性のイメージにどこか重なります。猫人気の背景には、自由に生きたいと願う女性の共感が隠れているのではないでしょうか」(内藤先生)

かつてと比べ、現代の女性は経済的にも精神的にも自立しているといわれている。ゆえに昔ながらのお見合い結婚ではなく恋愛結婚を望み、自分らしいライフスタイルを楽しみたいと願っている。だが現実にはすべてがうまくいくわけではなく、そんな時、自由奔放に我が道を行く猫に心が惹かれてしまうのかもしれない。

心理学者の見解は上記だったが、皆さんはこの空前の猫ブームをどう思うだろうか?

●専門家プロフィール:内藤 誼人
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「すごい!モテ方」(廣済堂)、「アドラー心理学あなたが愛される5つの理由」(ぱる出版)他、著書多数。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

20

BAD

NICE

みんなの反応

64

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて1!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック