『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

転職先への初出社に相応しい服装を専門家に聞いてみた

転職先への初出社に相応しい服装を専門家に聞いてみた皆さんは転職を経験したことはあるだろうか。新天地が決まり初出社を迎えた日は、期待もさることながら、不安もあることだろう。新入社員の入社とは異なり、転職先での仕事内容や社内の雰囲気などが多少なりとも分かっているからこそ、初日はどのような服装で出社すべきか、頭を悩ませる人も少なくなさそうだ。以前「教えて!goo」でご紹介した「転職先で同僚から嫌われないように心がけるとよいこと」で、「第一印象」はその後の自分の「ラベル」となり、職場での未来の評価にさえなってしまう、ということを紹介した。

思い切って転職を志し、晴れて採用された会社だというのに、見た目の問題でその後よくない「ラベル」を貼られてしまったら……悔やんでも悔やみきれない。そこで転職先の初出社の服装について、さまざまな企業で研修講師をしている、株式会社オフィス・ウィズ代表取締役の竹内和美さんに話を聞いた。

■男性は職種に限らずビジネススタイルで


どんな職種であれ、爽やかに初出社したいもの。まずは、男性の服装だ。

「ズボンの折り目とYシャツに、きれいにアイロンがけをしましょう。靴はきちんと磨き、職場に年配者がいらっしゃる場合は、茶系より黒を選んだ方が無難です。ネクタイは赤系を避けるなど、派手になりすぎないよう気をつけましょう」(竹内さん)

いくら高いスーツや靴を身につけても、シワが寄っていたり汚れていては、だらしなく思われてしまう。色についても目立ちすぎないようにし、年配者への配慮も心がけよう。工場勤務など、制服に着替える場合でも、初日はジーンズやTシャツなどのカジュアルな服装は避けるとよいと竹内さん。

■女性はベーシックなスーツとナチュラルメイクで


では、女性はどうだろう。男性と違い、それこそ制服でもない限り、アレンジが自在なだけに迷ってしまいそうだ。

「女性のオフィススタイルでよく見かける失敗例は、華美になりすぎてしまうことです。例えば、お子さんの幼稚園や小学校の入学式などで着た白やベージュのスーツを着用する場合、季節的に春~夏であれば色使いとして問題ありませんが、秋~冬は寒々しく浮いた感じに見えてしまいます。また、式典で着る襟元にフリルやリボンがあしらわれたブラウスなどをインナーに合わせるのは、職場には不向きです。黒やグレー(春~夏はベージュも可)のスーツ、もしくはジャケット&スカートが無難でしょう。ジャケットのインナーは白系のシャツで、襟ぐりは鎖骨が見える程度の浅いものがよいです」(竹内さん)

もし色物の礼服を着る場合は、季節やインナーに留意したい。さらに竹内さんによると、女性はジャケットにスカートを合わせるかパンツにするかで、足元のコーディネートも変わるという。

「足元は、パンツなら靴下でも目立ちませんが、スカートならベージュ系のストッキングを履きましょう。靴は、冬季や雨天時もブーツは避け、きれいに磨かれた5センチ程度のパンプスを履くのがよいです」(竹内さん)
竹内さんが勧める理想的なオフィススタイルは、万人にきちんとした印象を与えるコンサバ系スーツのようだ。保守的、控えめという意の“コンサバティブ”な装いに、ベージュ系ストッキングは不可欠。寒い日はやや保温力に欠け、暑い日はやや通気性に欠けるのだが、季節に合わせて厚手の物や薄手の物を準備するとよいだろう。

最後にメイクについても聞いた。

「メイクは控えめに、明るい表情に見えるよう心がけましょう。特にアイメイクは濃くなりすぎないよう注意が必要です。ネイルは職場的に問題なければつけても構いませんが、派手なネイルアートや長い爪などは控え、薄いピンク色のマニキュアなどがおすすめです」(竹内さん)

趣味や流行りのロングネイルもこの日だけは控えた方がよいだろう。

性別や職種を問わず、服装はどんな人物かを印象づける「ラベル」になる。身なりをきちんと整えたら、あとは爽やかな笑顔と気持ちよい挨拶で初出社にのぞんでほしい。

●専門家プロフィール:竹内 和美
(株)松坂屋名古屋店にて販売・秘書・広報の業務を経験。1999年「オフィス・ウィズ」を設立。ロールプレイング中心の実践型研修やキャリアカウンセリングに定評があり、企業や個人からの講師依頼も多数。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

1

BAD

NICE

みんなの反応

27

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック