出産前後の痔にはご注意!

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

マナー講師に聞いた!職場の「嫌な呼びかけ」対処法

マナー講師に聞いた!職場の「嫌な呼びかけ」対処法先日、「教えて!gooウォッチ」「『嫌な呼びかけ』1位は……!? あなたはなんて呼びかけられたら嫌?」というコラムをリリースした。ツートップは「おい」と「お前」だったのだが、ニコニコニュースユーザーの皆様からも、

「『お前』は知り合いや友達とかなら全然良いけど、会社とかで上司に『お前』って言われると何かいらつくなぁ……。名前で呼ばないと気づきませんよ?」(空猫さん)、「苗字のみだけで呼ばれるのは嫌、なんか、見下されてる気がする『さん』か『ちゃん』位付けてほしい」(栗栖川有栖さん)などの回答が寄せられた。

なかには、「嫌なら嫌でその旨相手に伝えて別の呼び方してもらえるようにコミュニケーション取ればいいだろう それとも、そうできない理由がみんなあるのかなぁ」(永久乃甘美さん)というもっともなコメントも。

■「お前」は元々敬意を表す言葉だった!


多くの人は、あまり親しくない人物から「おい」や「お前」と呼ばれると不快に感じるようだ。特にこういったことが起こりやすいのが会社だろう。

マナー講師の飯田さんによると、「基本的にビジネスマナーの敬称は『さん』です。部下であっても、男女どちらであっても『さん』付けが基本です。なぜなら、円滑なビジネスの場を作り、お互いに敬意を持つことの表れだからです」とのこと。

職場環境や会社によって、また関係性の深さなどにより、「くん」「さん」と呼ぶ場合もあるが、その際はケースバイケースで対応すると良いそうだ。ただ、「お前」「おい」はビジネス上、不適切だと続ける。

「『お前』は、もともと神仏の前を表す語として用いられ、その後は、高い敬意を持って使われていました。一説では明治時代以降、同等や目下の者に対して呼ぶ語になり、本来の神仏・貴人の前を敬っていうものとは、ニュアンスが変化しているようです」(飯田さん)

■相手を不快な気分にせず、自分の意志を伝える方法とは?


それでは、嫌な呼びかけをされたときに、相手にそれとなく伝える方法は無いのだろうか。こちらもビジネスマナーの観点で答えてもらった。

「同じ職場で働く仲間としては、敬意をもって相手の名前を呼ぶことが望ましいですね。『お前』と呼ばれた際には、依頼のクッション言葉を使って、相手に伝えてみましょう。相手に依頼を気持ちよく引き受けてもらえるように、命令表現を『お願い』して『質問』する形に変えるという表現を使うと良いでしょう。そうすれば命令されたという印象を与えないはずです。どちらにしても、名前で呼んでほしいという意志は相手へ伝えた方が良いですね」(飯田さん)

具体的には、「大変恐縮ですが、お前ではなく名前で呼んでいただきたいのですが……」や「呼んでいただけますか?」など。
相手が上司の場合はなかなか難しいと思うが、円滑なコミュニケーションを図るためにも、ぜひ勇気を出して伝えてみよう。

●専門家プロフィール:飯田 祥子(いいだ ようこ)
マナースタイリスト。ウエディングコンサルタントの経験と知識を活かし、「絆やつながりを深める真のマナー」を提案。女性の魅力をひき出すプロフェッショナルとして、研修・講演や執筆監修など幅広く活躍中。

(酒井理恵)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

44

BAD

NICE

みんなの反応

102

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック