ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

24V仕様のLEDマーカーを12V車で使用したい。
12Vの電源(100Vー>12V変換、全波整流?)に接続すると当然暗くなりますが全灯点灯します。
しかし車のバッテリー又は車の定電圧電源(14.4V)に接続すると半分しか点灯しません。また車の12V電源を100Vに変換してそこから12Vに変換すると全灯点灯します。さて全灯点灯させるにはどうしたらいいのかご教授お願い致します。

質問者からの補足コメント

  • 質問内容の補足をします。
    マーカーは車用の直流24V仕様です。
    24V時の明るさは必要ありません。
    問題は全灯点灯させることにあります。
    現時点では車内で直流12V(又は14.4V)->交流100V->直流12Vで全灯点灯しますし商用電源の室内での交流100Vー>直流12Vでも全灯点灯しています。

      補足日時:2017/11/01 18:32
  • 1灯の内部には11個のLEDが配置されています。

      補足日時:2017/11/01 18:46
  • もしかしてと思い接続を+-逆にしてみました。
    当然全灯点灯しません。
    車用なので交流は無いですよね。

      補足日時:2017/11/01 19:20
  • 配置は円周上に10個、センターに1個です。
    円周上の5個が点灯、センターにある1個及び残り5個は点灯していませんでした。暗闇の中で確認しました。
    また2セットありますが同じ状態です。製品の配線ミスでは無いと思います。(前述の別の電源では全灯ついています)
    接続を+-逆にすると全灯つきません。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/11/01 19:35

A 回答 (8件)

それですと直列数が5個と6個の可能性が高いですね。

(点灯可能なLEDの順方向は2~3V位なので可能性はさらに高いです)
そうしたら最低でも15Vは必要と言う事でしょう。
ところで何に使うのでしょうか?車につけるというならば昇圧回路を組み込むのは困難だと思います。途中に昇圧回路を付けられるならば以下のようなものも有ります。
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%8 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

GooUserラックの回答でLEDマーカーの配線がわかりました。
テスターで電圧を確認したところ最初に全灯点灯と言っていたトランスの出力は18Vありました。(表示12Vを信用していました)
だから若干暗いながらも全点灯したものと思います。
トランス6個測定してが測定値12Vの物でテストしたら半分点灯で且つ暗く点灯しました。
「元々24V車のものを12V車につけても暗くなる程度」との話を聞いていたので単純な発想から購入してしまいました。
これからばらして組み換え作業をしてみます。
LEDの順電流は20mA程度、順電圧3Vと仮定して抵抗値を決め、組み換え作業をしてみます。
有難うございました。

お礼日時:2017/11/06 17:45

補足、LEDのみの直列接続では、5個のほうが1個にかかる電圧が高くなり、明るさが異なることになります、当然その分抵抗を入れているはず。


6個でも一個当たり4Vがかかります、LEDのW数にもよるんだろうと思いますが小型のものなら最近では2Vもあれば十分です、もしそうなら5個直列、6個直列プラス各抵抗値の異なる抵抗。
これらの抵抗を12Vに適合するように数値の低い抵抗と入れ替えれば、12Vでも満光?、になります。
つまり立派な直流12V仕様に変更できます。
ただし、技術的、物理的に可能なのか?、また若干の電気に関する知識が必要になります。
    • good
    • 1

10個全部が直列接続で合計での電圧降下が24Vに設定されていれば、半分だけ・・はあり得ません。


もし、5個と6個が並列ならば、片方は6個直列の電圧降下、一方は5個直列の電圧降下、で双方がともに24Vの電圧降下。
であれば、12Vでは6個直列の電圧降下が大きすぎてLED単体にかかる電圧がLED単体の定格電圧以下のため点灯しない、この可能性は十分あります。
若干の電圧変動は安全率?、で見込まれていますが、定格の半分の電圧まではカバーされていない可能性は非常に高いです。
直列ではなく個々のLEDに抵抗を介して並列で配線すれば、十分な明るさで全部点灯しますが、費用よりも実際の作業で、たぶん無理でしょう。
交流を整流しただけでは脈流のため実効電圧は12Vでも、尖頭電圧はそれ以上あります、そのため全部点灯。バッテリの場合は純粋な直流のため定格12Vなら12Vです、それを超える尖頭電圧なんてありません。
交流変換でも、完全な12V安定化電源を通せば、やはり半分点灯になると思います。
    • good
    • 0

要は、12Vの外部電源(ACアダプタ)だと全点灯するけど、


自動車のバッテリーだと半分しか点灯しないということですね。

ちょっと理屈に合わない現象ですが、以下のACアダプタなら理屈にあいます。

そのACアダプターはどのようなものでしょうか?
スングリムックリの正方形に近く、重たいものではありませんか?

もし仮定が正しければ、12Vと称するトランス式のACアダプタは、
無負荷だと18V程度になるものがあります。
ですので、バッテリー電圧(14.4V)よりも電圧が高いから全点灯する。
と、理屈に合います。

半分で分かれるのは、No5さんが言われた、5直と6直の差で
これも理屈に合います。

上記仮定が正しいとして、
抵抗で電流制限しているタイプなら、3直3並列+2直に改造すれば、
(半田付け+パターンカット+抵抗変更/追加)
自動車(12V)バッテリーで点灯させられます。
    • good
    • 0

No.1 と No.3 の件ですが、暗く点灯と言う事ですがやっと光っている感じならばLEDの個々の特性によるものかもしれません。

ある程度光っているならばやっぱり内部配線間違いの間違いが多いかもしれません。
あと数が11個となると配線によって直列数が5個と6個なのかもしれません。それだと5個側のみ点灯というのも考えられます。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

「交流100Vー>直流12V」はテスターで測ったのでしょうか?「交流100Vー>交流12V」ではないでしょうか?


車のバッテリー又は車の定電圧電源(14.4V)に接続すると半分しか点灯しないのなら逆接続するとどうなりますか?今まで点いていたものが消えて、消えていたものが付いたら間違えなく交流用です(もしかしたらマーカー内部で配線ミスしているかもしれませんけど…)
    • good
    • 0

>半分しか点灯しません


この意味理解しかねます、何が半分なのか?。
>全波整流?
これが?、だと話しになりません。
>100Vに変換してそこから12Vに変換すると
これも同じ、整流はどうなってるの?。
>24V仕様のLEDマーカー
直流24V仕様なのか、交流24V仕様のセット(内部に整流回路内臓なのか)、この確認が先決です。
電球型のLEDがありますね、白熱電球とそのまま交換可能ですね、あれは本体内部に電圧変換と整流回路を内蔵しています。
>24V仕様のLEDマーカー
内部での電源回路の有無、仕様が不明です。
    • good
    • 0

多分交流24V仕様なのだと思います。

LED自体は直流で点灯するので2組合って逆接続されているのだと思います。なので直流を加えると半分だけ点灯するのだと思います。+-を逆に接続すると今まで点かなかった方が点灯するはずです。
本題に戻ると入力DC12V出力AC24VのDC・ACインバータが有れば解決ですが多分殆ど使用するものが無いので市販されていないのではないかと思います。入力DC12V出力AC100VのDC・ACインバータに入力100V出力24Vのトランスを付けるのが安上がりだと思います。
ちなみにLEDマーカーの消費電力または動作電流はどうなっていますか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの24V仕様のカー用品は12V車で使用可能ですか?

 知人から24V仕様のホットヒータークッションを譲ってもらったのですが、これはこのまま普通自動車にて使用出来るのでしょうか? 
 ※ヒーター定格24V-48W・カーボンヒータータイプというものです。特に電子部品が付いているという商品ではないようです。
 シガーライターソケット(ヒューズ入り)タイプでオン・オフできるスイッチが付いています。
 単純に温かさが半分になるという安易な考えで使用していいのでしょうか?
 

Aベストアンサー

こんにちは。

確かシガーライターの規格って12ボルトじゃないかと思いますが・・・?

仮に12ボルトだったとして、単純にニクロム線やカーボンなどの抵抗発熱体だけでしたら、仰るように熱が減るだけで使用できますが、熱は半分ではなく、四分の1になります。寿命などはメーカー保障外となります。

これは、24ボルトで48ワットなら、
48ワット÷24ボルト=2アンペア流れるはずの物ですから、抵抗は、
24ボルト÷2アンペア=12オームとなります。

12ボルトで12オームだと流れる電流は
12ボルト÷12オーム=1アンペアですから、
12ボルト×1アンペア=12ワットです。
48ワットの四分の1の熱しか出ません。

但し、これは適正温度になった時の数字ですので、温度が低い間はもうちょっと倍~3倍程度の電気が流れる場合もあります。
それでもシガーライターの出力電流には収まるでしょうから使って使えない事はないという事になります。

電圧が低いからといって長持するわけじゃないって事です。
適正電圧というものがあります。

まあ、貰い物という事で、保障もどうでもいいなら熱四分の一で使えると思って頂いていいでしょう。

但し、本当に調整回路がないかどうか気をつけてくださいね。スイッチ式のサーモスタットなら大丈夫でしょう。

こんにちは。

確かシガーライターの規格って12ボルトじゃないかと思いますが・・・?

仮に12ボルトだったとして、単純にニクロム線やカーボンなどの抵抗発熱体だけでしたら、仰るように熱が減るだけで使用できますが、熱は半分ではなく、四分の1になります。寿命などはメーカー保障外となります。

これは、24ボルトで48ワットなら、
48ワット÷24ボルト=2アンペア流れるはずの物ですから、抵抗は、
24ボルト÷2アンペア=12オームとなります。

12ボルトで12オームだと流れる電流は
12ボルト÷12オー...続きを読む

Q24Vのトラックで12VのLED製品をつける時に

いくつか似た質問は検索してみたのですが、どうかお願いします。
自作LEDと言うわけではなく、LEDをいくつか配置した12V用の製品を持っていまして

定格電圧範囲:DC10v~16v
定格電流:約85mA(DC14v時)

という製品を間違って購入してしまいまして、取り付けしたいのは24vのトラックなのですが他の回答で2個を直列に繋げばいいけど、電圧が不安定になると球切れしたり光らなかったりすると書いてありまして。 それならインバータ?コンバータ?か何かを着ければ良いと書いてあったのですが。。。

さてここからが質問なのですが。

自作ではなく 元々基盤とか回路があるもので12vの時にある程度対応できるように出来ている製品の場合、直列で2個配列したら結構そのままいけちゃったりしませんでしょうか?
それともやはり何かで制御させた方がいいのでしょうか?

詳しい方 経験者の方 どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

安全性等考えると (3)の方に賛成です

配線の取り回しが大変 お金をかけたくない(24v用に買い替え) であってもどちらかを選ばなくては?

昔12vのカセットデッキを貰った時使った方法で(機械電気系には頻繁に使う方法です)

DC24vのミニリレーを(omronならMY型 富士電機ならHH型透明なケースに入った小さなリレーです)電気パーツ屋さんで購入して  高くても¥700~800 円位で購入できるでしょう

配線はソケットを使うか ソケット代を省く為半田付けで

 点灯させたい回路にランプの代わりにリレーを働かして 接点側で12v回路を接続すれば

未使用時バッテリーの消耗は有りません。

手間は別で購入金額は¥1.000.-位で収まるでしょう

出来たら3A位のヒューズを12v回路に入れると更に安全です。

Q24V仕様の灯を12Vに装着すると・・・・

キャンピングカーに路肩灯(ドックライト)をつけたいのですが、田舎のカー用品店にはありません。通販でもバス用の24V25W仕様しか部品が見当たりません。この場合12Vでつなぐとどうなるのでしょうか。明るさが半分になるのか、まったく光らないのか、危険が伴う(火災等)のか、電球を12V用に変えればいい???。このような知識でいじろうとすること自体が危ないような気もしますが・・。お教えください。

Aベストアンサー

なんか、中途半端な答え方をされている人もいますが・・・

器具自体は使用できますが、電球を12vの物に変更してください。
ワット数は電線の電流値から見て、半分にしなければならないのですが、通常使われている電線は細くても0.5sq程度ですので、24wの電球でもまず大丈夫でしょう。

カー洋品店に電球を見せて、これの12vタイプをくださいといって交換すればokです。

そのままではとても暗くしか点灯しません。


人気Q&Aランキング