仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

https://gyazo.com/908d67abf596262ff99777f119b83810
最近回路作成に興味を持ち始めて初めにこの二石アンプ回路をユニバーサル基板上に作成しようと思い
このように配置したのですが
https://gyazo.com/74d117ae54dbd4c46d9a6a6b880a438f
きれいに配線することができませんでした。
回路図から基板上に作成する方法とよろしければこの回路をユニバーサル基板上に配置していただけたら嬉しいです。
また、どのように勉強をしていけばいいかも教えていただけたら嬉しいです。

A 回答 (4件)

No1です。


方眼紙に手書きするときは、ランド間隔を1cmで描いてちょうどいいぐらいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

重ね重ねありがとうござます、参考にさせていただきます・

お礼日時:2017/11/29 21:44

私も自分で設計した回路図にもとづいてユニバーサル基板に部品を実装し、配線しています。

このときいちばん注意しているのは、ジャンパー線をできるだけ使わない部品配置と配線を心がけていることです。

なおかつ、なるべく小さなユニバーサル基板にすべての部品が高密度で載るように、スペーファクターも考えます。部品を実装したときに、上から見て見栄えがよいように(部品の配置が偏らず、部品の並びがよいように)工夫もしています。たとえば、抵抗の並びは極力同じ向きになる(縦向きに実装したり横向きに実装したり、マチマチにしない)ようにしています。

40年以上も趣味でやってきていますので、コツもカンも効きます。ソフトは使ったことがありません。回答No.2にあるように、場数を踏めば出来るようになります。とりあえず部品をユニバーサル基板に載せてみて、配線がどうなるか20手先くらいまでは読みますよ。それでジャンパー線がなるべく出ないように、部品配置を修正します。部品の取り付け位置が決まってから配線ですね。
回答No.1にもあるように、方眼紙に部品配置を手書きして配線がどうなるか確かめることもあります。

静電気で電子部品を破損させないように、グランドと+Vccの配線は先にやることが多い(電子部品の入力はなるべく早い段階でグランドかまたは+Vccにつながるようにする…抵抗などを介しても可)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2017/11/29 21:43

例を添付します。

DIYLC(ダウンロードはこちらからできます。 https://github.com/bancika/diy-layout-creator/re … )というソフトで描きました。
このソフトだと部品をマウスでドラッグしても配線がラバーバンドになってついてきますので結構自由に配置と配線を後から自由に変えられます。基板のレイアウトの上達は兎に角、場数を踏むだけです。
「回路図からユニバーサル基板に配置」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わざわざ例を作ってそしてソフトを教えていただきありがとうございます!
上達するためにもいろいろな回路を作っていきます。

お礼日時:2017/11/28 12:40

まずはできるだけ回路図そっくりに配置して下さい。

どうしても交差するところはジャンパ線を使って下さい。

回路図からいきなり配線を作らず方眼紙のようなものに部品配置を手書きして間違いなく出来たら配線に取りかかりましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
なるほど、その方法でやってみます!

お礼日時:2017/11/28 12:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユニバーサル基板 配線 はんだ付け こつ

ユニバーサル基板で回路を組む課題が出ていまして、配線図から自分で書くのですが、結構線がビッチリ隙間ない感じになってしまっています。
配線図から見直すのが1番なのでしょうが、自分にはセンスと時間がありません。
線を直角に曲げなければいけないところが何ヶ所かあるのですが、うまくできるか心配です。
これってはんだ付けする前の線を直角に曲げてからはんだ付けするしかないんでしょうか。

あと、なんでもいいのではんだ付けのコツを教えて下さい。
はんだ付けは一応中学の授業でやったので人並みにはできます。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ユニバーサル基板では、部品の配置を良く考えないと、配線がクロスしてしまいますが、複雑な回路ですと回避できませんので、基板の表を通したり、被覆付きの線材などでジャンプして配線します。仕事をしていた時は、よくユニバーサル基板でワンオフの製品に組み込むための制御ユニットを製作していました。プリント基板よりは時間的に早くできるし、実験しながら作り上げることができるので、よくやっていました。まだ、動いているのかな(笑)。

で、直角に曲がる部分ですが、ストレートの線材(メッキ単線)の先端を先ず半田付けし、その跡で、直角に曲がる場所でラジオペンチで曲げることが多かったですね。これですと、片方が固定されているので、フォーミングがしやすいです。しかし、半田付けを進めてゆくと、作業的に後から曲げることが難しくなってきますので、そう言う場合は、予めフォーミングしておいた線を半田付けすることになると思います。

半田付けのツールとしては、下記のようなクリップが有用です。基板上で線材を押さえるのに使います。半田ごての熱を吸収しますので、隣接するものへの熱ダメージも保護します。
http://amazon.co.jp/dp/B001PR1KNS ← ¥388 ヒートクリップ。

"なんでもいいのではんだ付けのコツを教えて下さい。" → 私のコツですので、一般的なものとは違う可能性があります。
・半田付けは、先ず汚れていると付きが悪いので、アルコールなどで事前に油分を除去しておきましょう。
・予備半田をしておくと付きやすいです。
・コテは、熱量を伝えるため、最初は長めに当てておき、半田を流し込んだらさっと放します。半田が角を出すようなら、コテの温度が高すぎます。温度を調整しましょう。
・半田付けの仕上がりは、濡れと流れです。水に濡れているような半田に線材などが埋まっていて、半田自体は流れるように広がっていることです。決して盛り上がったりしないようにします。
・仕上がりは、艶があるように。熱くても半田が固まるまでは、動かないようにしましょう。動くと"ス"ができたり、皺がよってしまい、ひび割れの原因になったりします。
・半田付けのあと、軽く引っ張って線が抜けないことを確認します。 ← 抜けることが時折あります(笑)。

下記のページが良かったです。
http://homepage1.nifty.com/x6/elecmake/solder.html

これも参考になるでしょう。
http://www.freelab.jp/fl_kit/kit_7handa.html

ユニバーサル基板では、部品の配置を良く考えないと、配線がクロスしてしまいますが、複雑な回路ですと回避できませんので、基板の表を通したり、被覆付きの線材などでジャンプして配線します。仕事をしていた時は、よくユニバーサル基板でワンオフの製品に組み込むための制御ユニットを製作していました。プリント基板よりは時間的に早くできるし、実験しながら作り上げることができるので、よくやっていました。まだ、動いているのかな(笑)。

で、直角に曲がる部分ですが、ストレートの線材(メッキ単線)の先端...続きを読む

Q抵抗の1/2W、1/4Wの違いについて

 クルマのLED工作で抵抗を使おうと思っています。

 その時 抵抗には、〇Ω以外にも
1/2W、1/4W等の規格があるのですが、よくわかりません
調べてみたところ<電力消費>という
キーワードが分かりましたが他がサッパリ・・・・

・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?
 1/2Wの場合 〇Ωになるのでしょうか?

・また、1/2W、1/4Wは、単純に大きさ(太さ、長さ)で
判別がつくのでしょうか?

Aベストアンサー

抵抗が焼ききれずに使用できる or 性能を保証できる電力です。

例えば1kΩの抵抗に24Vの電圧を与えると、抵抗はP=V*I=(V^2)/R=0.576Wの電力を熱として消費します。
1/2W抵抗は0.5Wまでしか持たないので1W抵抗を使用することになります。
一瞬でも定格を越えるとダメなので、通常は余裕を持って考えます。

>・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
>抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?

定格を満たしているため問題ありません。

>・また、1/2W、1/4Wは、単純に大きさ(太さ、長さ)で
>判別がつくのでしょうか?

大抵の場合大きさで分かります。長さも太さも違います。
同一シリーズであれば確実にワット数の大きいほうがサイズがでかいです。
(1/2W>1/4W)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1314083328

Qユニバーサル基板の切断方法

車のLEDルームランプを自作するための部品としてサンハヤトのICB-96と言う型のユニバーサル基板を購入しましたが、
どうやって切断するのか分からず基板の加工が全くできません。
材質は紙フェノールと言うものらしいんですが結構硬いです。はさみでは割れてしまい、カッターでは歯が立ちません。

どんな工具を使えば切断できますか?
自分なりに調べるとHOZANの基板カッターやサンハヤトのハンドカッターなどが出てきたんですが予算を大幅にオーバーして買えません。

http://www.sunhayato.co.jp/products/details.php?u=82&id=07002

Aベストアンサー

私はカッターナイフと金属定規と紙ヤスリを使っています。
 (1) ユニバーサル基板をカッティングマット(http://minkara.carview.co.jp/userid/202348/blog/3135001/)の上に置く。
    カッティングマットはカッターナイフで机を傷つけないようにするものなので、下地に傷がついてもいいのなら不要です。
 (2) アルミやステンレスでできた定規(直線部分があるなら定規でなくてもいい)の直線部分をユニバーサル基板の穴列と平行になるように置く。
 (3) 定規が動かないようにしっかり押さえながら、ユニバーサル基板の穴列の中心に沿ってカッターナイフで何度も傷をつける(怪我をしないように充分気をつけてください)。カッターナイフの傷は基板の端から端まで入れてください。
 (4) 傷の深さがユニバーサル基板の厚さの1/3程度にまで達したら、一方を万力に挟むか、あるいはラジオペンチを使って基板を割る。
 (5) そのままでは切断面が凹凸になっていて汚いので、穴列がなくなって滑らかになるまで、切断面を紙やすりで研磨する。
     このとき、平坦な面に紙ヤスリを置き、基板を紙ヤスリ面に垂直に立てた状態で研磨するといいです。
 (6) 同じ紙やすりで研磨面端を軽く面取りした後、水道水で基板についた研磨粉を洗い流し、乾いたタオルで水をふき取る。

私はカッターナイフと金属定規と紙ヤスリを使っています。
 (1) ユニバーサル基板をカッティングマット(http://minkara.carview.co.jp/userid/202348/blog/3135001/)の上に置く。
    カッティングマットはカッターナイフで机を傷つけないようにするものなので、下地に傷がついてもいいのなら不要です。
 (2) アルミやステンレスでできた定規(直線部分があるなら定規でなくてもいい)の直線部分をユニバーサル基板の穴列と平行になるように置く。
 (3) 定規が動かないようにしっかり押...続きを読む

Qユニバーサル基板における配線手法の違いについて

ユニバーサル基板にアンプを組もうと思っています。
ラグ板を使ったアンプは組んだことがあるのですが、
ユニバーサル基板は初めてなので、まず配線について勉強したく質問しました。

調べたところ、おおむね配線の方法には4つあるようでした。
1.すずメッキ線を使う
2.UEWを使う
3.ハンダブリッジを使う
4.ジャンパ線を使う

3、4は使いどころが限られていそうなので残る1,2なのですが、
検索してざっと見たところ、
・配線がクロスしてしまうようなところにはUEWは便利。
という情報しか手に入らなかったで、
ならばすべてUEWで配線すればいいんじゃないかと思ったりもするのですが

http://www.headprops.com/jpn/craft14.htm#pagetop
このサイトのように、すずメッキ線とUEWを併用しているような例も見受けられます。

実際のところ、どのようにして使い分けるのが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1の方と言いたいことは同じなんですが(^^ゞ

「UEW線」と言われると、私はこういうのしか思いつかない。
http://parts.hamazo.tv/e14091.html

しかるに、質問文の実装写真では、上で掲げた所のUEW線は使ってないように見えます。
上に掲げたようなUAE線を使った実装は、例えばこんな感じになるので…
http://elm-chan.org/docs/wire/wiring.html
(こんなマイコンICの細かい配線だと、細いUEWでないと結線できないし、電流はほとんど流れないので問題ない)

それは脇に置いて(^^ゞ
私の場合…の話ですが、ユニバーサル基板の裏から見て、素子間の配線が交差しない区間は、
・まずは素子のリード線をひん曲げて、うまく素子間をハンダ付けで繋ぐ
・交差がないけど、部品間距離が長い所や複数素子にまたがる(そのラインに繋ぐ素子が多い)時には、スズメッキ線で繋いでいく
ということを基本としています。

もちろん、ビニル被覆線などで素子間を結んでいっても良いんですが、交差しない区間もすべてビニル被覆線で結んだら、被覆が邪魔でどんどんハンダ付けしにくくなり、基板の裏面がモコモコ状態になって、仮にライン毎に被覆を色分けしても、後から見たらかえってわかりにくくなるだけ…ってケースが圧倒的に多いんです(^^ゞ

裏面は、できる限り見た目シンプルにした方が、結果的に回路の確認や部品の交換/変更がしやすいです。
なので、素子間配線が交差するので、絶縁が必要な渡り配線の部分のみにビニル被覆線等を使うようにする方が良いですし、むしろ、部品配置を考える時には、できるかぎり交差=被覆配線使用部位を「最小限」にするように配置してやるように計画する方が、結果的に配線ミスや誤動作防止に役立ちますね。

No.1の方と言いたいことは同じなんですが(^^ゞ

「UEW線」と言われると、私はこういうのしか思いつかない。
http://parts.hamazo.tv/e14091.html

しかるに、質問文の実装写真では、上で掲げた所のUEW線は使ってないように見えます。
上に掲げたようなUAE線を使った実装は、例えばこんな感じになるので…
http://elm-chan.org/docs/wire/wiring.html
(こんなマイコンICの細かい配線だと、細いUEWでないと結線できないし、電流はほとんど流れないので問題ない)

それは脇に置いて(^^ゞ
私の場合…の話...続きを読む

Q銅線の許容電流が分からず困っております。

銅線の許容電流について

コイルに使用する銅線の許容電流値が分からず困っております。

直径0.8mmの銅線に10Aの電流を流すことは可能でしょうか?
銅線の被膜はポリウレタンです。
また電流は長時間連続して流れる事はなく、0.1秒間隔で流れます。

盤屋さんの技術講座
http://www9.plala.or.jp/c-hokuto/page28.html

上のサイトを見る限り、直径0.8mmの電線は断面積0.503mm^2となるので
流せるだろうと思ったのですが、
このサイトでは「碍子引き ビニル電線の許容電流」と書かれており
私が使用するポリウレタン被膜の電線にこの許容電流値を適用して良いものか悩んでいるところです。


どなたか教えては頂けませんか?

ちなみに使用する銅線は
RSコンポーネンツ社の
http://jp.rs-online.com/web/p/hookup-equipment-wire/0357772/
となっております。

Aベストアンサー

結論から言います。
焼損して使い物になりません。

こちらをご覧ください。
http://www.oyaide.com/catalog/products/p-1036.html
銅線自体の抵抗はどのメーカでもほとんど変わりませんので
上記の一覧から、0.8mmは34.3Ω/km(0.0343Ω/m)と
なります。
0.1秒間隔で10A(印加電圧を方形波とすれば平均5A)、
銅線長6mとのことですから相抵抗=6×0.0343=0.2058、
発熱容量はI^2Rから
5^2×0.2058=5.145W
となります。
5Wの発熱量とはどれほどのものかわかりますか?
抵抗で5Wのものを検索してみてください。
ホウロウびきのとてつもなくごっついものが出てくると思います。

銅線抵抗を1ケタ以上下げるべきです。

Q可変抵抗器には何故足が3本あるのでしょうか?

基本的な部分で理解できません。

Aベストアンサー

http://www.ops.dti.ne.jp/~ishijima/sei/letselec/letselec7.htm

両端の抵抗値は変わりません。両端と中心の端子の間の抵抗値が変わるようです。


+----+----+
4Ω 4Ω
両端は8Ω 中心と両端は4Ω4Ω

可変抵抗をまわして左にする
++--------+
0Ω 8Ω
両端は8Ω 中心と両端は0Ω8Ω

可変抵抗をまわして右にする
+--------++
8Ω 0Ω
両端は8Ω 中心と両端は8Ω0Ω

Qユニバーサル基板の切り方

ユニバーサル基盤を買ってきて定規を当ててカッターで切ってみましたが、ぜんぜん切れませんでした。
正しいユニバーサル基盤の切り方をネットで調べてみているのですが、なぜかぜんぜん見つかりませんでした。ユニバーサル基盤ってどのように切るのでしょうか?ちょうど画像のように切れるようにしたいです。
解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サンハヤトからはこのような基板カッターを売ってます。
http://www.sunhayato.co.jp/products/details.php?u=815&id=10067


アマチュア的ですが、このような強力なハサミで切れます。
http://www.monotaro.com/p/0769/4145/
厚さ方向に多少曲がるので、手で直す必要がありますが。
正確に切るのは難しいので、大きめに切ってヤスリで仕上げるのがいいと思います。
精度が要らないなら切りっぱなしでもOKです。

材料を切り進める時、切った後の材料が手の下のほうに逃げる構造なので
長いもの・大きいものでも切れます。
穴のない位置でも切れますが、穴に沿って切る方がラクです。
ガラスエポキシ基板はガラス繊維が入っているので多少曲がっても折れません。
紙エポキシや紙フェノール基板には、端が欠けたり割れたりするので向きません。

他に、Pカッター(プラスチックカッター)を使う手もあります。
幅 0.5mm のミゾを掘っていき、深く掘れたら折ります。
折った後はガタガタなのでヤスリで仕上げます。
ガラエポだと両面からミゾを掘るかウラ面はカッターなどでガラス繊維を
切っておかないと折った部分から繊維が飛び出ます。
引っかいてミゾを掘る方式なので、途中に穴や横断する切れ目などがあると使えません。
また、裏面から飛び出ると引っかかるので、「最後まで掘る」こともできません。

http://www.olfa.co.jp/ja/body/detail/20.html

サンハヤトからはこのような基板カッターを売ってます。
http://www.sunhayato.co.jp/products/details.php?u=815&id=10067


アマチュア的ですが、このような強力なハサミで切れます。
http://www.monotaro.com/p/0769/4145/
厚さ方向に多少曲がるので、手で直す必要がありますが。
正確に切るのは難しいので、大きめに切ってヤスリで仕上げるのがいいと思います。
精度が要らないなら切りっぱなしでもOKです。

材料を切り進める時、切った後の材料が手の下のほうに逃げる構造なので
長いもの・大き...続きを読む

Q三端子レギュレータに付けるコンデンサ

三端子レギュレータ7805を使用するのに、あるHPで「入力、出力側にそれぞれ1つずつ0.1μFのコンデンサを付ける」というのを見た事があるのですが、別の本には入力側には22μF、出力側には100μFを取り付けるとありました。
どちらが正解なのでしょう?また、2つの違いは何でしょう?
目的に応じて使い分けたりするのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらも正しく、どちらも間違っています。
本に書いてあるから、ではなく、設計によって違ってきます。
つまり、入力電圧、入力のリップル含有率、出力電流、出力に求めたいリップル含有率、出力のリアクタンス分・・・などなど
それによって計算します。
それから、リップル率によってコンデンサに流れる電流を求め、そこから発熱を求め、それに耐えられるコンデンサを選びます。
また、入力電圧と出力電圧の差、出力電流、リップル率、使用状態の周囲温度などから、レギュレータの発熱を計算し、熱抵抗を求めて、放熱板を決定します。
かなり面倒な計算なので、おおよその回答を言いますと、7805は出力が5V1Aの定格ですから、最大0.8Aまで使うとし、入力はAC6Vの全波整流として、入力も出力も100μFの電解コンデンサと0.1μFのプラスチックコンデンサを並列接続したもので、いけると思います。
ただし、0.1μFのコンデンサはレギュレータの足に直結します。
100μFのコンデンサは回路中についていればどこでも良いです。

入力はAC6Vの全波整流で、出力電流を0.8A取ると、レギュレータで約1.6Wを消費しますので、周囲温度を30℃まで使うとして、ジャンクション温度を80℃にしたければ、熱抵抗は25℃/W程度の放熱板が必要です。
これ以外の入力電圧や、出力電流の場合は再計算が必要です。

どちらも正しく、どちらも間違っています。
本に書いてあるから、ではなく、設計によって違ってきます。
つまり、入力電圧、入力のリップル含有率、出力電流、出力に求めたいリップル含有率、出力のリアクタンス分・・・などなど
それによって計算します。
それから、リップル率によってコンデンサに流れる電流を求め、そこから発熱を求め、それに耐えられるコンデンサを選びます。
また、入力電圧と出力電圧の差、出力電流、リップル率、使用状態の周囲温度などから、レギュレータの発熱を計算し、熱抵抗を...続きを読む

Q1個の押しボタンで、0N・OFFを繰り返す回路を教えて下さい

1個の押しボタンスイッチで、ランプをON・OFFさせたいのですが、どのような回路を組めばよいか教えて下さい。
但し、スイッチはモメンタリ型を使用しなければなりません。

Aベストアンサー

ON/OFFさせたい・・・押しボタンスイッチだけでON/OFFできるじゃないですか?
モーメンタリ接点の押しボタンスイッチを使うことと書いてありますので、察するに、一回押したらランプが付いて、ボタンから指を離しても点きっぱなしになるような回路が作りたいということではないかと思うのですが、いかがでしょう。

方法としては、双極のラッチングリレーを使うか、フリップフロップ回路やラッチ回路とドライバを組み合わせてやるか、だと思いますが。

回路の動き方についてもう少しく補足していただけませんか?

Q電気回路図を書けるフリーソフト。

レポートを書くときに、ワードか何かで書こうと思ってるのですが、電気回路を書かないといけないんです。
電気回路を書けるフリーソフトあれば、教えてください!!

Aベストアンサー

http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se127636.html
これを使ってレポートを書いたことがあります。
OLE対応で便利です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報