「条約(国際条約)」と「条規」の違いはどんなことなのでしょうか。
条約か条規かの境目はどこですか?いまいちピンときません。どなたかわかりやすい説明をしていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「条約」は国家間あるいは国家機関との取り決めを意味しますが「条規」は「条約」(日清修好条規など)に限らず、国内法やその外の取り決めをも含みます。

たとえば、旧憲法4条の「此ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ」という例があります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法試験の短答試験

 現行(旧)司法試験の短答試験は今から(2月)から勉強して合格するのは不可能でしょうか?
ちなみに、勉強を始めてから1年。司法試験は初めての受験です。
現在短答は来年に回し、今は論文の勉強をするか、今から短答の勉強をするか迷っています。
助言をしてくださる方、お願いします。

Aベストアンサー

N01の方が答えられていた「回数制限(3回)」というのは,新試験(法科大学院)のことと思います。
現行(旧)試験は今のことろ回数制限はないのですが,前の方が答えられていたように,回数制限の関係もあり,無駄に「旧試験」を受けると,仮に将来法科大学院に入って「新試験」を受ける際に大きな制約となってしまいます。
従って,もし,法科大学院に入り,猛勉強して卒業後すぐに受かる目標であれば,今年旧試験に挑戦するのもよいかもしれませんが,少し危険がような気がします。

Q国際為替手形及び国際約束手形に関する条約、日本は批准してますか?

1988年に、国連総会で成立した、UNCITRALによる、
「国際為替手形及び国際約束手形に関する条約」を日本は批准してますか?
法務省と外務省に電話しても、結局わからなくて困っています。

Aベストアンサー

日本は署名していません。
まだ、発効していないのではないでしょうか。
(世界大百科最新版・国際商法の項より)

Q会計士短答狙いの勉強

財務会計論の免除になったのですが、この12月から初めて(管理会計論は学習済みです)会計士試験の受験勉強をはじめました。
とりあえずだめもとでも5月の短答に絞って勉強をしようと思い、大原の1年速習コースを申し込み今必死に追いかけています。
受験科目のうち、管理会計論、監査論はどうにかなりそうな感じなのですが、
企業法の短答のみに絞った学習方法がいまいち掴めません。
勉強方法のご意見をお聞かせください。お願いします。

ちなみに短答に絞った学習は暗記は基本的に必要ないですか?
どの科目でも理論についてはある程度自分の言葉で表現でき、短答対策問題を解きまくって知識のブレを修正しつつ勘をつかむ・・と考えているのですが、大丈夫でしょうか?

通信でやっているので不安で・・・どなたかご助言くださいませ。
お願いします^^

Aベストアンサー

財務会計が免除ならいけると思います。やっぱり短答で怖いのは計算ですから。短答の勉強は基礎テキストで一通りやったら、後は肢別チェックと短答答練をひたすら回す作業です。大事なのは、短答の問題は一度目は必ず原点にもどって確認することです。面倒ですが、必ずやるべきです。監査論なら実務指針、企業法なら条文って感じで。
あと、短答で大事なのはやっぱり暗記ですよ。実際正誤の判断はつけばいいので、書ける必要は無いんですが、細かい数値やニュアンスを覚えなければいけません。特に企業法・監査論は細かいところまで覚えないといけないので大変です。でも、それも短答対策のテキストの表や細かい数値を覚えるだけです。僕は肢別と答練は5・6回転させました。短答の勉強は地味な作業の繰り返しで、会計士試験の中で最も精神的に辛くなるかもしれません。それでも、やり続ければ必ず結果はついてきます。頑張ってください!

Q国際スピード郵便とEMSと国際エクスプレスメール(名称の違い)

この3つの違いについて、友人(カナダ人)に聞かれたのですが、ネットサーチをして

1)EMS(Express Mail Service)の、日本での呼び方が国際エクスプレスメールであるらしい(?)

2)2000年から国際エクスプレスメール(EMS)の愛称として国際スピード郵便という名前がついた

ということは理解したのですが、使い分けなどあまりハッキリ書いてある資料がネット上で見つけられなかったので、ご存知の方がいらっしゃれば、教えていただけると有難いです。
(初質問なので、ちょっとどきどきしております)

Aベストアンサー

日本では以下のとおりの名称(商品名称)変更が行われています。
国際ビジネス郵便→国際エクスプレスメール→国際スピード郵便

EMSとはExpress Mail Serviceの略称で、万国郵便連合の下部組織であるEMSコーペラティブに加盟をしている国々が国際郵便商品の中で取り扱い優先順位が一番高い(速い)ものにその名称(EMS)とロゴの使用が義務づけられています。

国際郵便としての名称はEMSですが、その呼び名は国々で違い、日本では国際スピード郵便ですが、米国ではグローバル・エクスプレス・メール、シンガポールやインドなどではスピード・ポストの名称が使用されております。

ちなみに、日本国内で取扱われるEMSの6割を扱う東京国際郵便局では、国際スピード郵便を専門に取扱う部署の名称は国際エクスプレスメール課です。

Q短答免除

公認会計士試験の短答免除者が次年度の(2008年度)論文式目指すためのコースを教えてください。また、料金も同時に教えてくださったら幸いです。
 今の時期から、何を弱気なことを考えているのだと思っているでしょうが、短答特化していたので、今年論文式に受かる確立は極めて低いので、、、。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

気持ち分かります。去年の僕もそうでした。論文試験は悲惨でした。

今の私が取っているのは、大原の上級フリープラン200というコースです。料金は再受講割引やらなんやらつけましたので30万しなかったと思います。ただ今から、申し込むのであれば、もう少し単位数の多いやつのほうがいいかもしれません。
ご参考までに。

Q大正と昭和の境目

昭和は1989年1月7日まで。
平成は1989年1月8日から。
となっており、翌日改元されています。
よって、明確な境目があります。
しかし、大正と昭和の境目はどうでしょうか?
大正は1926年12月25日まで。
昭和は1926年12月25日から。
となっており、即日改元されています。
大正から昭和に改元されたのは何時何分何秒ですか?

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1322656243
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310790938
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1117536426
このサイトが分かりやすいです。
昭和天皇は大正天皇崩御の日に、即位したので同日なのです。
何時何分とかの区別はありません。
その年の12月25日生まれは昭和元年であり、大正15年です。
ダブります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/1926%E5%B9%B4
大正15年1月1日 - 12月25日、昭和元年12月25日 - 12月31日
 

Q短答合格、科目合格者の監査法人の扱いについて

質問お願いします。今年度大学4年で論文式試験を受けたものです。
今、現在各監査法人を回っており、とりあえず大手4つは全て説明会に出席しました。そこで感じたのですが、どの法人も基本的に全科目合格者を採用するというのが基本スタンスで科目合格者や短答合格者の扱いは特に説明されていませんでした。リクルーターや採用担当者にも伺ったのですが、どうも発表後に全科目合格ではないと採用が取り消しになる法人というのが多いようでした。(一部違った法人もありますが)


これ自体には去年と違っているといううわさは耳にしていたので当然だと受け止めています。ただ、去年はかなりの売り手市場で科目合格や短答合格だけでほとんど仕事をしないで給料や手当てだけをもらってあとは勉強しているという扱いだったと聞きました。この話は本当なのでしょうか?私が聞いた話では週に1回程度法人の研修を受けるだけで新卒並みの給料がもらえたなどという話を聞いたのでちょっと誇張して聞こえています。なのでこの話の真偽がまず知りたいです。


また、このような傾向は中小法人ならばまだ今年も続くと言えるのでしょうか。採用要項に短答合格者とも明記されているので短答合格者がも採用対象なのはわかるのですが、このような待遇、また受からなかった科目の予備校費用なども負担してもらえたりするのでしょうか?正直今年の合格に自身がないので法人の規模よりもこういった待遇で就職先を決めようと思っています。他にも中小や大法人を選ぶメリット、デメリットなどがあれば教えていただきたいです。よろしくお願いします。

質問お願いします。今年度大学4年で論文式試験を受けたものです。
今、現在各監査法人を回っており、とりあえず大手4つは全て説明会に出席しました。そこで感じたのですが、どの法人も基本的に全科目合格者を採用するというのが基本スタンスで科目合格者や短答合格者の扱いは特に説明されていませんでした。リクルーターや採用担当者にも伺ったのですが、どうも発表後に全科目合格ではないと採用が取り消しになる法人というのが多いようでした。(一部違った法人もありますが)


これ自体には去年と違って...続きを読む

Aベストアンサー

途中で回答を送信してしまいましたので、続きの質問にお答えします。
>また、このような傾向は中小法人ならばまだ今年も続くと言えるのでしょうか。
正直わかりません。ただし、中小法人は母集団が小さい分、需要を充足するのは早い筈です。そうすれば、全科目合格者に軒並み逃げられない限りは、最低1年は勉強優先の科目合格者の採用には消極的になると思います。

>受からなかった科目の予備校費用なども負担してもらえたりするのでしょうか?
基本的には、フルタイム監査業務をさせるのではなく勉強時間を確保しているのだから、お給料のうち当該部分で予備校等の学費を捻出しなさい、というのが基本スタイルと思います。模擬試験(TACでいう全答練)は、土日コースにしなくても有給休暇をとらせてくれると思いますが、受験料は自弁でしょう。

>他にも中小や大法人を選ぶメリット、デメリットなどがあれば教えていただきたいです。
これは語り尽くされていることですので、まずは他の質問・回答を検索するのがよいかと思います。ただ、大手VS中小という選択だけでなく、同一大手法人でも東京事務所(大都市)VS地方事務所という選択もありますので、付言しておきます。金融庁の指導のため、均質化される傾向にありますが、やはり組織風土(クライアントの規模・性格も)は異なるものです。将来的なキャリアプランを念頭に置きつつ、一定の期間を異なる環境で過ごすのもわるくないと思います。ただし、買い手有利な傾向が強い地域においては、最初から将来的な転勤希望を表明すると採用に不利になる可能性もありますので注意が必要です。

途中で回答を送信してしまいましたので、続きの質問にお答えします。
>また、このような傾向は中小法人ならばまだ今年も続くと言えるのでしょうか。
正直わかりません。ただし、中小法人は母集団が小さい分、需要を充足するのは早い筈です。そうすれば、全科目合格者に軒並み逃げられない限りは、最低1年は勉強優先の科目合格者の採用には消極的になると思います。

>受からなかった科目の予備校費用なども負担してもらえたりするのでしょうか?
基本的には、フルタイム監査業務をさせるのではなく勉強時...続きを読む

Qワシントン条約規制製品の日本持ち込みについて

中国で二胡を演奏する人を日本に招いて演奏してもらいたいと思っています。しかし、二胡はワシントン条約で規制しているニシキヘビの皮を使っているので通常は持ち込めません。
でも二胡がないと演奏になりませんので、何とかして持ち込めないかと考えています。必ず持ち帰るという条件をつけて持ち込むことはできないでしょうか?
できるとすれば、何処で、どんな手続きが必要なのか教えてください。

Aベストアンサー

興味深いのでgoogleで「二胡 ワシントン条約」を検索してみました。
中国政府が発行する書類が必要のようです。
中国はワシントン条約とは関係なのか..WTOに加盟しても問題ないんですかね。今がどうだか分かりませんが、中国側での処理しかないみたいですね。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&q=%93%F1%8C%D3+%83%8F%83V%83%93%83g%83%93%8F%F0%96%F1

Q今年の弁理士短答試験について

今週末の弁理士短答試験の結果発表はいつなのでしょうか?
調べたけど、10日後くらいの発表ということしかわかりませんでした。
お願いします。

Aベストアンサー

6/7合格発表です。
ちなみに、去年と同じなら、23日くらいに特許庁HPに問題と解答が掲載されますよ。

参考URL:http://www.deux.jpo.go.jp/cgi/search.cgi?query=%95%D9%97%9D%8Em%8E%8E%8C%B1&lang=jp&root=short

Q専用水道の定義がいまいちわからない

とある資格の勉強で水道法の項があるのですが、専用水道ってのがいまいちわかりません。
いろいろ調べた結果、なんとなくはわかったのですが、結局、専用水道ってどうのようなものですか?
実例をあげてもらうをわかりやすいのですが・・・。
定義はテキストにも書いてあるし、ネットでも調べられるのですが、実際にはどのようなものが専用水道なのか、実例で教えてください。
たとえば、一般的なビルなんかの受入槽や貯水槽は簡易専用水道に該当するのは知ってるんですが(ビル管理をしてるので)、専用水道は馴染みがないのでう~ん?って感じです。

Aベストアンサー

完全に理解しているわけではないのですが

1、一定規模以上の給水を行っているところ
 (村落など組合を作り、給水をしているところ)

2、井戸水を飲料水として使用しているところ
(その設備を使用しているところを知っています)

3、受水槽が規定以上の大きさのところ

以上で工業用水に該当しないところと、私は理解していますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報