出産前後の痔にはご注意!

どなたかお知恵を貸してください. お願いします.

オーディオのアンプを新しいものに切り替えようと計画しています.
購入予定のアンプをネットで調べたら、負荷インピーダンスが 6~16 オーム
と指定されていました.困ったことに、現用のスピーカーは 4 オームです. 

このくらいの違いは無視していいのか、それとも重大なことなのか、この違い
に戸惑っています、

従来、スピーカのインピーダンスは、4、8、16オームだったと記憶しています.
新しい 6オームと言う数字には、なにか意味があると思います.
なぜ、こんな数字がでてきたのか、どなたか教えていただけないでしょうか.
                                   
このアンプに、このスピーカーを接続した場合、出力電流は 6/4 倍に増える
わけです. 当然、出力も増大します.
ただ、其の分だけ、終段の素子を通過する電流も増えます.
結果として、素子の発熱も増加します. 極端な場合には、焼損の可能性も
無いとは言えません.

こう考えると、このアンプの購入は思いとどまったほうがよさそうです.

しかし、考えてみると、いつも最大出力を求めているわけではありません.
出力をすこし絞って、4/6 (66%) の範囲で使用すれば、上記のトラブルは避
けられます.この考えは充分に実行可能です.

ただ、其の場合の音質への影響はどうでしょう? 
負荷抵抗が下がれば、当然、負荷線の傾斜は急となります.これがなにか影
響があるのでしょうか.
それとも、内部抵抗が極く低いTRにおいては、そんなことは考える必要がな
いのかも知れません.

とにかく、戸惑いの連続です. お手数ですが、ご教示をお願いします.

どうぞ、よろしく.

A 回答 (7件)

再びNo.2.5です



米テラーク社が過去発売したチャイコフスキーの1812年はLPレコードが最初に発売されその2年後CD化されたものです。13分くらい?の曲ですがSLPレコード片面使いきるほどカッティングレベルが高く、針圧が軽いカードリッジでは針飛びしてかからないという恐ろしいレコードでした。(針飛びというよりアームごと飛ぶ感じ)
曲の終盤で大砲の音がはいりますが、ふつうはバスドラム(大太鼓)か合成音で済ますのをこの録音では本物のカノンを回数分並べて打った時の音をかぶせたものです。空砲であっても爆発音の威力は凄まじく、1キロ離れた建物のガラスがすべて破壊するほどです。
今はこんなクレイジーな録音はしないとおもいますが、デジタル録音が普及してきた最初の頃はオモシロイ録音がたくさんありました。質問者様はスペアナをお持ちのようなので、ぜひCDを手に入れてどんな成分が記録されているか調べてみてください。ここのクラシック系の録音はすべてマイク3本だけによるワンポイントステレオで音がよく、今でも一級品でおススメです。

”情熱の真空管”で検索してみてホームページを見てみてください。
真空管がメインのHPですが、その中の項目に「私のデータ・ライブラリー」というところがあり、そこにHP作成者様お使いのスピーカーのインピーダンスを実測された図がのせられています。こんなのが定格15Ω???というような図がのせてあります。部屋の影響もあるでしょうが実際こんなものなんですよ。
No.4回答者様が載せている特性図はたぶん、日本製スピーカーの物だと思うのですが、海外製スピーカーはほんと適当です。インピーダンス特性図なんか出しているところなんてありませんしね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kuroshiba999様

再々度のご教示、お礼を申し上げます.
                                                   ●"情熱の真空管"はよく承知しています.わたしの愛読のサイトです.全編を
ダウンロードして、HDDに保管しています.

HDDは、1st 500GB(System) 2nd 2TB(Data) 3rd(2TB) Backup
いくら、ダウンロードしても、ガラアキです.

もっとも、 "全段差動アンプ" などは、現在の私にとっては、かなりのハイレ
ベルです.現実の問題としては、これを組み上げるなどと言うことは、とて
も望めません.
しかし、勝手ですが、頭の体操の教科書としてこれをいただいて愛読していま
す.
                                             
●"妄想の館"については、私の最大級の賛辞をお受け取りください.
オーデイオに足を踏み入れてから、まったく妄想としかいえない言論が横行し
ているのにはあきれはてていました.
この妄論を見事に切り捨てていただいた論説は、私の精神衛生に大きく寄与い
たしました.
これを精読して、たまっていたモヤモヤが晴れました.すっきりした気持ちで
す.

●テラーク1812については、お恥ずかしいことですが、あのサイトへアクセス
すれば、必要な楽曲がダウンロードできると早とちりしていました.
アワテンボーの悪癖は、この年になっても直りません.申し訳ありません.
                                   
●ところで、正直に白状いたします. 私は、オーディオに関しては、まった
くの新米です.このごろ、足を踏み入れたに過ぎません.まったく、知らぬこ
とだらけです.またまた、愚問を連発する可能性は充分です.

よろしく、ご指導をお願いします.

お礼日時:2018/01/25 11:54

すでに正しい回答が付いているので、ちょっと違った面からのお話ですが、スピーカーやアンプのインピーダンス表記は歴史的な遺物のようなものです。



昔の真空管アンプのころは、インピーダンスマッチングしないと伝送効率が低くなる?とかいって、4Ωとか8Ωとかで繋げる端子が分かれてたり切替スイッチがあったりしました。それが合ってないからといって音がどうなるかは知りませんが、真空管アンプならまだしも半導体アンプでそのようなものがあるのは、マニア向けの(無意味な)ギミックに過ぎないものでしょう。

またそれらの値は大雑把なものなので2のn乗で記述されていましたが、日本のメーカーだけが6Ωなどと”分かっていない”表記をしています。

どちらにせよ、今のスピーカーとアンプ(一部の真空管アンプを除く)ならインピーダンスを気にする必要はない、というのが本当です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示、有難うございました.

新米の私にとっては、皆さんからのご回答は、まったく有難いものです.

熟読いたします.

お礼日時:2018/01/27 16:09

No.2です



すこし訂正と補足させてください
”一番低いところ(およそ200~300Hzくらいの間)のインピーダンスでこれより低くても高くてもインピーダンスが高くなります。”
周波数が低くなっても高くなってもがぬけました。

スピーカーは私のような電子技術者は誘導素子といいます。周波数で抵抗値が変わる回路網をインピーダンス(単位はΩ)で表します。

単純な抵抗値ではなく周波数によって時々刻々と変化するものです。

電気的にみればスピーカーはコイルなのですが、重い重いコーン紙を動かすためどうしても相互関係になってしまいます。(特にウーハー)さらにその先には空気という人間には感覚ないですがけっこう重い空気というを動かさなければ低い音は伝えることができないので電気回路との駆け引きで最適(ピーク)ができてしまうんです。これがスピーカーの最低共振周波数f0が生じます。
この周波数は電気回路がコイルを駆動する電力とコーン紙と空気をたした質量(物理的重さ)が釣り合ったため生ずるのでこれから周波数が下がっていくともうアンプ(電気)で制御することは何もできず、(たとえアンプの出力インピーダンスが0でも)周波数特性上はどどど~~~んと下がってしまいます。
先に説明しましたが、インピーダンスはスピーカーの直流抵抗に向かってどんどん下がります。
ですが、音楽にはウーハースピーカーのf0(最低共振周波数)以下はほとんどないので普通に音楽を聴くときはなにも心配ありません。

私は50半ばですが、長く真空管でオーディオを楽しみ、一番の驚きがCD発売の時でした。
初期のCDはDC(直流)~20kH再生可能と宣伝されていましていましたし、実際そんなCDも売られていました。(テラーク 1812年で検索してみて下さい)
今はCDもってませんが、計測する機器をもってるなら調べてみると面白いかもしれません。(今のオーディオ機器で再生するのは危険なCDです。デジタルパワーアンプだとスピーカーを壊すかもしれないです!!!)

新しい音楽は聴いてないですがCD出始め頃は結構こんなCDありました。オーディオ機器チェックに重宝してます(PCM発祥のあのコロムビア発売のアニメソングやCD開発元のソニーでも)。あり得ない重低音をいれたCD普通に出してたし.......


話ズレズレしました

ジジの聴いてきた電蓄談義ということで
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧な解説をいただきまして、本当に有難うございました。

ご提示の「テラーク 1812」は、興味深々です.

このアンプの購入が片付きましたら、取り掛かってみます.
口幅ったいようですが、測定器は大体そろっていますので、スペ・アナを掛けてみます.

有難うございました.

お礼日時:2018/01/23 20:08

普通に聞けます。

スピーカーのインピーダンスは、周波数によって、変化するので、何Ωというのは、あくまで目安。なので公称〇〇Ω、などというスピーカーも。
「4オームのスピーカーを6オーム指定のアン」の回答画像4
    • good
    • 1
この回答へのお礼

スピーカーのZ特性まで提示していただいて、お礼を申し上げます.

私の現用は、2ウエイです. 

本当に、有難うございました.

お礼日時:2018/01/23 20:10

6Ωってことは、3wayを想定しているのでは?


3wayだと6.3Ωというインピーダンスがあります。
あと、アンプがFETや真空管などだったりすると、6Ωが下限という可能性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました.

お礼日時:2018/01/23 16:40

ふつうの家庭で音楽を聴く分には何も問題ないですよ。


アメリカみたいにリビングが40畳もあって大音量で音楽を鳴らすなら別ですが、普通の日本の家ならだいじょうぶです。

負荷線伝々と書いてあったのでひょっとして真空管アンプですか。
それでも何も問題ありませんよ。音質への影響もありません。
大体、スピーカーのインピーダンスなんていい加減なもので、一番低いところ(およそ200~300Hzくらいの間)のインピーダンスでこれより低くても高くてもインピーダンスが高くなります。

アンプの出力インピーダンスは無帰還3極管で1~3Ω、多極管PPで帰還がかかったアンプだと0,2~1Ω、トランジスタなど半導体アンプになるとそれこそ0,01Ω以下になります。

アンプの特性測定などオシレーターから連続して最大出力を出すようなことしなければ大丈夫です。安心して音楽を楽しんで下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました.

安心して、このアンプを使うことにします.

お礼日時:2018/01/23 16:40

通常は問題ありません。


安全回路があるので発火することもないと思います。
ただし、できれば推奨環境で使うほうがいいです。
他の選択肢があるならば、そちらのほうがいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました.

お礼日時:2018/01/23 16:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Qインピーダンス6Ωのアンプと4Ωのスピーカー

KENWOOD R-K731-Bを愛用してます。インピーダンス:6Ωのデジタルアンプです。欲しいスピーカーのインピーダンスは4Ωです。一般的に、6Ω以上のスピーカーが適切みたいですが、4Ωのスピーカーだと、不具合は生じますか?そこそこ、ボリュームを上げて聴く時も、たまにあります。

Aベストアンサー

はじめまして♪

アンプから見た場合、同じ電圧出力で、4Ωの場合は6Ωの時と比べておよそ1.5倍の電流が流れます。
逆に言えば、電圧が1/1.5までに押さえて、最大出力が同じW数の範囲なら、おおむね大丈夫という考え方も有ります。

パワーIC型のデジタルンプですと、多くの場合4Ω負荷による電力供給を前提としています。
この製品の場合は、ブロック図を見る限り、デジタルICの後にMOS-FETバッファーと言う最終電力供給を行った、こった造りの様ですね。

アナログアンプの場合は、アンプの負担が多く成ってくるとアンプが熱く成ったり等である程度予測が出来ますが、発熱が少ない(その分高効率)デジタルアンプの場合は安全圏が人の感覚で解りにくいものです。

壊れる場合は一瞬です。アナログ方式の石アンプもほぼ同じ様な物。真空管なら見た目や臭いでも完全破壊の前に対処も出来易いのですけれど(苦笑)

まぁ、一般的に過負荷状態でアンプに異常が出る前に回路を保護する為の遮断回路が有ります。
今でこそビクターと一緒でパナソニックの傘下では有りますが、元々は無線機器のトリオ。
簡単に壊れてしまう様な安全策の無い製品は作っていないと思いますので、危険性を知った上で慎重に扱えば問題ないと思われますよ。

音量よりも、バスブーストで中高域より10倍ものパワーを出していたり、接続換えや再生機器の発するショックノイズなどによる過大出力に十分注意しましょう。
けっこう、デジタル関連機器やポータブル再生機器等は音として聞こえない直流域や高周波域のショックノイズ対策が不十分で、ボリューム上げたままの操作は控えた方が良いケースが多い物です。

一般的に隣室に迷惑に成らな程度の音量範囲でしたら、実用上は問題ない可能性が高いのですが、万が一の際にメーカー保障は効かないので自己責任と言う範囲となります。

ただ、目的のスピーカーが極端に能率(効率)が悪い製品ですと、通常の音量でもアンプのパワーが過大となっている可能性はあります。
一般家庭内で平均90dBの音量はかなり大きい方です。しかし瞬間100dBの状況を考えた場合、1Wで90dBのスピーカーなら安全な10Wと言うパワーで100dBの音量が得られます。
しかし、1Wで80dBのスピーカーですと、100Wで同じ音量、そうです、アンプが壊れます。

3dBの差がアンプのパワーで2倍、6dBなら4倍、9dBなら8倍、10dBでは10倍、20dBなら100倍

そういう物ですので、ボリュームの回転角度や音量感だけで考えては落とし穴もありますので、想定しているスピーカーと、実際の室内の音量をしっかり考えてください。

ちなみに、100dBの音量なら一戸建ての場合、道路でも音がしっかり聞こえる様な大音量です。
バイオリンやピアノ、ドラム等の練習が家の前を通る人に聞こえるくらいの状況ですね。

はじめまして♪

アンプから見た場合、同じ電圧出力で、4Ωの場合は6Ωの時と比べておよそ1.5倍の電流が流れます。
逆に言えば、電圧が1/1.5までに押さえて、最大出力が同じW数の範囲なら、おおむね大丈夫という考え方も有ります。

パワーIC型のデジタルンプですと、多くの場合4Ω負荷による電力供給を前提としています。
この製品の場合は、ブロック図を見る限り、デジタルICの後にMOS-FETバッファーと言う最終電力供給を行った、こった造りの様ですね。

アナログアンプの場合は、アンプの負担が多く成ってく...続きを読む

Q4Ωのアンプの出力を6Ωのスピーカに接続しても問題

ないでしょうか?
具体的には
PC内蔵型 Tripath製 TA2021B搭載 デジタルアンプ PCIカード(オリジナル版)
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v287050438?u=%3bnfj_2009
にDENONのスピーカRCD-N7
http://www.denon.jp/jp/Product/Pages/Product-Detail.aspx?Catid=8c0df413-b8d2-40c1-a09d-e42128cea96b&SubId=38c1ec23-c813-4a33-b53c-0c0b399a3a4f&ProductId=c0d8aecf-611e-4939-9bef-9d3b93030162#.UWDNpqpb_b0
を接続したいと思っています.
この場合に性能劣化はあるのでしょうか?
単なる不整合による少しの電力損失だけで済むのでしょうか?
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

>単なる不整合による少しの電力損失だけで済むのでしょうか?

その通りです。・・・電力損失ではなく最大電力出力が少し小さくなるだけですが・・・。

下図のように Speaker の Impedance 特性は周波数によって変化するものであり、fo (最低共振周波数) よりも高い周波数域の中で最も低い Impedance 値を定格 Impedance として表示するようになっています。

Amplifier は一般に 8Ω の Impedance 負荷で 10W の出力が保証されているものならば 4Ω 時に 20W、2Ω 時に 80W、1Ω 時に 160W を出そうとしますが、定格 10W の出力で設計されている素子回路が 10W 以上の出力を出そうとすれば熱破壊を起こすでしょう。

そのため Speaker の Impedance は「これ以上高い出力 Impedance が指定されている Amplifier に接続すると Amplifier が破壊される恐れがあります」という『安全保障値』に過ぎないのです。

電力損失はなく、8Ω の Impedance 負荷で 10W の出力が保証されている Amplifier に 16Ω の Speaker を繋げれば最大出力が 5W に、32Ω の Speaker を繋げれば 2.5W になるわけですが、下図のように高周波ほど Impedane が大きくなって Amplifier の出力が小さくなり、fo での Impedance 値は定格 Impedance 値の 4 倍以上大きくなる (音圧出力で 6dB SPL 以上小さくなる) のですから 4Ω負荷が 6Ω 負荷になったぐらいの差など微々たるものです。

Impedance 負荷の高い Speaker Unit を繋いで最大音圧出力が小さくなることを懸念するのは「定格出力 32Ω の Amplifier に定格 Impedance 300Ω の Headphone を繋いでも出力不足にはならないか?」といった Headphone の世界だけですね。・・・確かに Volume Controller の角度は 10dB 分ほど (多分 15 度にも満たない程度) 右に回す計算になりますが、実際の 300Ω Impedance 型 Headphone は 32Ω 型に較べて同じ 1mW の入力でも 10dB ほど能率が高かったりしますので Volume Controller を大きく右に回さなくても同じ音量を得られるものです。

4Ω で 10W の定格最大出力の Amplifier に 6Ω の負荷をかけると最大出力は 2dB 弱ほど下がりますが、50 接点ぐらいクリクリと接点の感触がある Volume Controller の 1 Click 程度の違いしかなく、+- 4dB といった Speaker の周波数特性偏差よりも小さな違いでしかありませんので耳で聴いて違いが判るようなものではありませんので御安心を。

なお御紹介の RCD-N7 は Receiver であり、同 Page にある Speaker は SC-N7 ですね。

素敵な Audio Life を(^_^)/

>単なる不整合による少しの電力損失だけで済むのでしょうか?

その通りです。・・・電力損失ではなく最大電力出力が少し小さくなるだけですが・・・。

下図のように Speaker の Impedance 特性は周波数によって変化するものであり、fo (最低共振周波数) よりも高い周波数域の中で最も低い Impedance 値を定格 Impedance として表示するようになっています。

Amplifier は一般に 8Ω の Impedance 負荷で 10W の出力が保証されているものならば 4Ω 時に 20W、2Ω 時に 80W、1Ω 時に 160W を出そうとしますが、定...続きを読む

Q定格6オームのアンプに3オームのスピーカーをつなげてしまいました。

数年前にYAMAHAのDSP-AX1200というアンプを買いました。正直、このあたりは無知で、スピーカーなんて+と-の線をつないで音が出ればいいのだと思っていまして、余っていた3オームのスピーカーをつなげています。ソニーの5.1chシステムのスピーカーだけ流用しました。アンプ+DVDプレイヤーはいらないので知り合いにあげました。

この状態で4年ほど使用しています。大音量で今まで何度も使っていますが、今のところ音がおかしいとは感じられません。

今度は今までのスピーカーを2つ直列につないで一つのスピーカーとして使用すればいいのでしょうが、それではスピーカーが足りなくなってしまいます。
今のスピーカーの音で特に不満はないので、お金をかけない為にも、このスピーカーの前に抵抗を挟むなどで対応させることはできるのでしょうか?

また、6オームのスピーカーと8オームのスピーカーを混在させて、レベルの調整で問題なく使えるのでしょうか? 6オームのスピーカーだけ音が大きすぎるというのがなく、同じ音量で聞けるようになればいいと思っています。
調整で効くなら、車用の安いスピーカー(4オーム)を二つ使って作るのもいいかなとも思います。

考えている方法は下記になります。
・今のスピーカーに抵抗を入れて対応する。
・今のスピーカーを直列にしてインピーダンスを合わせて足りないスピーカーを足す。
・上記の足りないスピーカーを4オームスピーカーの直列で対応する。

この3つになります。どうするのがいいでしょうか?ご意見をいただければ幸いです。

また、アンプ部分に故障があるかどうかを調べる方法はあるのでしょうか? 全スピーカーからきちんと音は出ますし、音質がおかしいこともありません。
今のところ壊れていないのかもしれません。

よろしくお願いいたします。

数年前にYAMAHAのDSP-AX1200というアンプを買いました。正直、このあたりは無知で、スピーカーなんて+と-の線をつないで音が出ればいいのだと思っていまして、余っていた3オームのスピーカーをつなげています。ソニーの5.1chシステムのスピーカーだけ流用しました。アンプ+DVDプレイヤーはいらないので知り合いにあげました。

この状態で4年ほど使用しています。大音量で今まで何度も使っていますが、今のところ音がおかしいとは感じられません。

今度は今までのスピーカーを2つ直列につないで一つのス...続きを読む

Aベストアンサー

>スピーカーのインピーダンスというのはオームで表されるということはテスターで測った抵抗値が基準になっているという考えでいいのでしょうか?

残念ながら、普通のテスターでは計れません
昔は、周波数を可変出来る発信器と交流用の電圧計等を使って計ってましたが、今はADコンバーターとコンピューターで簡単に出来る様です(^_^;)
そうやって計った物が、この図です

http://www.dynavector.co.jp/lecture/crossover/imphosei_hi.html

この図で、周波数が高くなるとインピーダンスが増える理由はYorkminsterさんの解答の通りです

一般に、スピーカーのカタログに書かれているインピーダンスはRの値です

もう一つfoの処にピークが有りますが、これは共振周波数と言われるもので、このスピーカーの持っている固有振動の周波数です
この周波数では、コーンの動きとボイスコイルに働く力の方向が逆になるため、ほとんど動かなくなります
その為、大きな抵抗となり、この様なピークが出来ます

Q8Ωのアンプに6Ωのスピーカー

今、SONYのTA-F50という、
古いアンプにONKYOのスピーカーをつないでいるのですが、
アンプ側のΩ数が8-16Ωで、スピーカー側が6Ωなんです。
これってまずいでしょうか?

Aベストアンサー

スピーカの定格インピーダンスなんてまるであてにならないので,アンプ側は余裕はかなり見て作ってあります.70年代末のアンプは,ある意味まだまじめに設計されて,まじめに作られていた時代といえるでしょうから,常識的なマージンを見込んで作ってあるとみていいと思います.なので,フルボリュームで連続音を出し続けるという,異常な状況ではわかりませんが,音楽を聴くような状態でアンプが壊れたりする可能性は,まあ,無視できるでしょう.
いま普通に使えているなら,気にする必要はありません.

Qアンプとスピーカーを選ぶ際の注意:インピーダンスとか

ホームシアターセットしか買ったことが無いために、アンプとスピーカーを選ぶ際の注意点が分かりません。
たとえば、電気的に注意する部分はありますか?
インピーダンスは基本的に同じでないといけないとか聞いたことがあります。
日本製のアンプの場合、6Ωが多いと思うのですが、8Ωのスピーカーはいけますか?
インピーダンスとは単純に多ければいいとか簡単な知識を教えて欲しいです。
用語集にのっているものは難しいです。

他に、これだけはみておいたほうがいいとかあればご教授ください。

Aベストアンサー

一般の御家庭で使うシステムという前提でお話します。

基本的には気にする事はありません。 単品として市販されているスピーカーのインピーダンスは、6Ωが一番多く、8Ω、4Ωと続いていきます。  安~いミニコン等だと、16Ωのスピーカーが有ったり、高級ミニコンポ(ONKYOのINTECなど)等では、4Ωのスピーカーも存在しています。

アンプ側では、接続できるスピーカーのインピーダンスとして、6~16Ωと記載されているタイプが多いと思います。  一般の御家庭で出せる音量で、指定インピーダンス範囲内であれば全く問題ないでしょう。  専用の部屋で大音量が可能であれば、6Ωよりは8Ωを、又は、駆動力のあるアンプを選択された方が良いでしょう。 高級なAVアンプであれば、低インピーダンススピーカーを用いても気になる事は無く、低域のグリット力が上がり、高音質再生が可能です。 低価格帯のアンプほど、低インピーダンススピーカーの駆動に問題があり、音量により根を上げてしまうケースがあります。  

スピーカーを単品で揃える為の注意点としては・・・  スペック云々より、同じスピーカーを使いましょう! と言う事になります。

大きさや、予算の関係で実現が難しいのですが、5chのスピーカーは、同じスピーカーを使用する事が理想です。  コレは貴方が気にされている電気的な問題ではなく、「音色」的な問題です。  音の「繋がり」に関する問題なのです。  2chのステレオ再生では、左右のスピーカーを対称に同じスピーカーを使うように、サラウンドスピーカーに対しても、同じ理屈が付いてきます。  我々は、視聴の際にそれぞれのスピーカーに音を聴く訳ではなく、それぞれのスピーカーから出た音が交じり合った結果を聴いています。  2chのステレオ再生時には、2本が同じスピーカーですから、設置に間違いが無ければ、ヴォーカルを聴いた時、スピーカーが存在しない、中央から声が聴こえてきますよね。 この状態は、後ろと前のスピーカーでも実現したいのです。 音色が違えば(前後で全く違うスピーカーを使えば)どうなるかは想像出来ますよね。 

全く同じスピーカーを配置する事が理想ですが、現実味はありません。 ですから、せめて同じシリーズで買い揃えるぐらいの努力はしましょう。 シームレスで繋がった時のサラウンド感は堪りませんよ。 \(^o^)/

一般の御家庭で使うシステムという前提でお話します。

基本的には気にする事はありません。 単品として市販されているスピーカーのインピーダンスは、6Ωが一番多く、8Ω、4Ωと続いていきます。  安~いミニコン等だと、16Ωのスピーカーが有ったり、高級ミニコンポ(ONKYOのINTECなど)等では、4Ωのスピーカーも存在しています。

アンプ側では、接続できるスピーカーのインピーダンスとして、6~16Ωと記載されているタイプが多いと思います。  一般の御家庭で出せる音量で、指定イン...続きを読む

Q16オームと8オームの違い。

スピーカーユニットの公称インピーダンスで同じ機種でも16オームと8オームを設定しているものがけっこうありますが、音色などの違いは無いということになっています。
実際はボイスコイルの巻線の長さか太さのどちらが違うのでしょうか?
マニアの方は信じられない微妙な素材の差にこだわりを示すようですが、振動系の核となる部分のその辺を気にする人はいるのでしょうか?

Aベストアンサー

一度投稿したのですが、『回答する』ボタンの反応がなく登録されませんでしたので、再投稿します。

>振動系の核となる部分のその辺を気にする人はいるのでしょうか?
→いますよ。
気にする人は、インピーダンスが高いほうが「ダンピングファクターが高くなる」「スピーカーケーブルロスが少ない」などというようです。確かにスピーカーのインピーダンスが倍になれば同じワット数で電流はルートニ分の一(0.7)倍、スピーカーケーブルの発熱量は半分に減るでしょう。
また、アンプのボリューム位置が同じであれば、スピーカーのインピーダンスが倍の場合、スピーカーに供給されるワット数が半分になるために、音圧も3dB下がります。これをレベルあわせに利用して低音域は8Ωだけれど、中高音域は16Ωのユニットを使ったシステムも過去にありましたね。
スピーカーのインピーダンスによる音の違いを気にする人は〔LC型のネットワークや中高音レベル調整用のアッテネーターを使わなくて済む〕チャンネルデバイダーで帯域分割してスピーカーユニットとアンプが直結されるマルチアンプ構成にしなくては落ち着かないようです。交換によるレベル調整は必要ですが、インピーダンスの違うユニットを簡単に交換して比較できるのは、そのような環境にある人だけの特権です。
フルレンジスピーカーならマルチアンプシステムでなくても比較的簡単にできますけどね。

ところで、同機種スピーカーユニットで8Ωと16Ωを販売しているのは、全数を調べた訳ではありませんが圧倒的にショートボイスコイルのようです。
量産品は圧倒的にロングボイスコイルですが、ダブルウーハーでもシングルウーハーでも製品シリーズ通してシステムインピーダンスを同じに揃える程度しかありません。ロングボイスコイルのインピーダンス違いが単品ユニットで売られてましたっけ?

回答の前提条件として、ボイスコイルの長さについて簡単に触れておきます。
磁気回路のボイスコイルが入る磁気ギャップを構成するプレートの厚みに対しボイスコイルの巻き幅が短い形式をショートボイスコイル、プレートの厚みを超えてボイスコイルが巻かれている形式をロングボイスコイルと称します。
どちらにしても、プレートとボイスコイルの範囲を超えて正確な運動をすることはできません。
ロングボイスコイルは、巻き線が必然的に太く長くなりますのでボイスコイル重量も大きくなります。しかし、プレートの厚みが小さくて済むためマグネットは少なくて済み、能率(ワットあたりの音量)は高くできないが低音は出しやすいし、ボイスコイルが磁気回路外に出ている部分が多いので空冷効果がありローコストで大入力に耐えられます。ロングボイスコイルは最大振幅をボイスコイルの巻き幅が決めることになります。一般用スピーカーのほとんどはこのタイプです。
逆に、ショートボイスコイルは、プレートの厚みが最大振幅を決めるので、厚いプレートに充分な磁束密度を得るために強力なマグナットが必要となります。また、ボイスコイルを巻くボビンに熱伝導率の良い素材を使って放熱を図らないと加熱状態になり許容入力が小さくなってしまいます。磁気回路の重量を支えるためのフレームなども重量級となり当然高価になります。またショートボイスコイルではボイスコイルの質量自体も、振動板やボイスコイルボビンに比べると軽量です。ボイスコイルと端子を繋ぐリード線とどちらが重いでしょうかね。

という訳で、ショートボイスコイルが前提での回答になります。
No.2のiBook-2001さんが回答しているように
『高いインピーダンスは細めの線を長く巻き込んだボイスコイル、低いインピーダンスは太めの線を短く巻き込んだボイスコイル』
で、巻き込んだ後のボイスコイルの巻き幅は同じになります。質量的にも変化はありませんので、インピーダンス以外の諸特性も同じになります。というか、同じになるように製造されます。
違いは個体差(製造ムラ)の範疇に留まり、たまに話題に上る事がありますがスピーカーエッジの接着剤量など方が問題が大きいでしょう。

ロングボイスコイルでも異なるインピーダンスでの製造が不可能ではありませんが、ボイスコイルのサイズや重量が桁違いに大きくなるためショートボイスコイルよりスピーカーの物理特性(重量や巻き幅)を合わせるのが難しくなるでしょうね。
 

一度投稿したのですが、『回答する』ボタンの反応がなく登録されませんでしたので、再投稿します。

>振動系の核となる部分のその辺を気にする人はいるのでしょうか?
→いますよ。
気にする人は、インピーダンスが高いほうが「ダンピングファクターが高くなる」「スピーカーケーブルロスが少ない」などというようです。確かにスピーカーのインピーダンスが倍になれば同じワット数で電流はルートニ分の一(0.7)倍、スピーカーケーブルの発熱量は半分に減るでしょう。
また、アンプのボリューム位置が同じであれ...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qスピーカーの+-逆だとだめですか?

スピーカーの接続をする際+と-を逆に接続した場合も音は鳴りますが、そのまま放置しておくと何か不都合が起きるんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

逆相接続(+-が逆)に接続しても、特に不都合は無いですが、
特に理由がない限りはスピーカーやアンプの指定通り接続した方がベターです。
ただし、対になっているスピーカーの片方だけを逆に接続するのはダメ。

音の納まりを自分好みにする為にウーハーなどを意図的に逆に接続する人もいますし、
最初から逆相接続で設計されているスピーカーもあります。
ご参考までに。

Qスピーカーの抵抗値が違うと音は出ないの?

スピーカーの抵抗値が違うと音は出ないのでしょうか?

また、スピーカーコーンがへこんでしまった場合、直すことはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

具体的に、何オーム対応のアンプに、何オームのスピーカーを繋ぐのかによります。一般的な家庭用オーディオアンプで、たとえば6~16オームのスピーカーに対応している場合、公称4オームのスピーカーを繋いでも、直ちに故障するわけではなく、たいてい普通に鳴りますが、メーカー保証(動作、無償修理とも)の対象外となります。

他方、ハイインピーダンス専用のアンプにローインピーダンスのスピーカーを繋いだり、ローインピーダンスのアンプにハイインピーダンスのスピーカーを直接繋ぐことは不可能です。

コーンが凹んでしまった場合、場所によりますが、完全に修復する方法はありません。センターキャップが最も凹みやすいですが、メカニカル2Wayの場合は高音が正しく再生できなくなり、交換修理が必要です。

ただのフタとしてしか機能していない場合、ヘタにいじるより、見た目は悪いですが放っておいた方が無難ではあります。針で刺して引きだすか、掃除機で吸いだすか、テープを張って引きだすか、あたりですが、キャップごと捥いでしまったり、かえって傷口を広げたりする可能性が高いためです。

いずれにせよ、完全に修理するにはユニットの交換が必要です。

具体的に、何オーム対応のアンプに、何オームのスピーカーを繋ぐのかによります。一般的な家庭用オーディオアンプで、たとえば6~16オームのスピーカーに対応している場合、公称4オームのスピーカーを繋いでも、直ちに故障するわけではなく、たいてい普通に鳴りますが、メーカー保証(動作、無償修理とも)の対象外となります。

他方、ハイインピーダンス専用のアンプにローインピーダンスのスピーカーを繋いだり、ローインピーダンスのアンプにハイインピーダンスのスピーカーを直接繋ぐことは不可能です。

...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング