バスケット買いの要点はわかりましたが、その説明のなかの「指数先物との裁定取引」「インデックス連動ファンド」これらがさっぱりわからず、質問の質問となった次第です。

前回の質問:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=102297

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

インデックス連動ファンドとは、例えば日経225型であれば投資信託会社が設定し、


日経225に採用されている銘柄をすべて買付けます。それを投資家に小売りする
(一般投資家は225種類の銘柄全部を買うのは無理なため)。
除数の計算や組入比率の計算等いろいろ複雑ですが、基本的な仕組みはこれです。
上場インデックス投信(ETF)はそのファンド資産を会社に見立てて、
市場で投資家同士が売買する事になります。

さて、指数先物と裁定取引ですが、日経225型インデックス投信と日経平均先物は
基準となる指標は同様のものを利用していますから、よく似た値動きになるはず
です。しかし、先物を購入する投資家層とインデックス投信を購入する投資層が
バラバラなので需給の関係でその価格が同一とは限りません。その差を利用して
先物が高く、投信が安いとき、先物売と投信買を出せば、ある程度の期間を経て
同じ価格になったとき、手仕舞いをすれば、利益となります。その逆パターンも
含みます。

裁定取引にもいろいろ種類はありますが、普通の株式売買にも起こります。
東京・大阪両市場に上場している株式で、東京市場で購入できる価格が1000円
のとき大阪市場で売却できる価格が1030円だったら、即座に執行して30円の利益
を得ることができます。(もちろん手数料とかも考慮しますが)
これも、立派な裁定取引(価格差を利用した取引)です。

裁定取引が働いて価格が連動するようになると言うのは、そのような機会があれば
すぐに誰もが執行して価格差がなくことを言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になる丁寧なご回答ありがとうございました。用語集なども熟読して勉強します。

お礼日時:2001/07/11 22:44

どれも簡単に説明するのが難しいので、


某社の証券用語集のリンク先を...

http://www.nomura.co.jp/terms/

ここで、以下のような用語を見てください。
「株式指数先物」
「裁定取引」
「インデックスファンド」

ここで分からなければ、また質問してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

red beanさん 
たびたびありがとうございます。とりあえず最初の質問「バスケット買い」はクローズし、ポイント発行させていただきました。お申し越しのURLをよく読んでみます。

お礼日時:2001/07/11 17:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインデックスファンドの平均的な信託報酬%とは?

イーバンクの「日経225ノーロードオープン」は、
購入時・売却時ともに手数料がかからないようなのですが、
であれば、基準価格があがったときに(短期で)売ったとしても
問題ないということでしょうか。(基本的に損しない)

事前のマイナス分はなく、単純に基準価格のあがり・さがりによって利益・損益が出ると考えてもいいのでしょうか。

また、信託報酬 年率0.84%(税抜 0.8%) というのは、インデックスファンドとして平均的な(もしくは少なめな)率のように思えますが、その理解で正しいでしょうか。

勉強のために、1万円ほど買ってみようと思うのですが、
インデックス・ファンドの見方(何をもって良いと判断するのか)など
教えていただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。自身勉強中のものですがよろしく。
現在、私も「日経225ノーロードオープン」を毎月積立で購入しています。

質問拝見しまして、ノーロードで信託財産留保額も無しのファンドでしたら、なるほどそういう売買も有り得る!!と感心しています。もっとも先輩諸氏には色々ご意見もおありだと思いますが、個人的には面白いと思います。

但し、株のデイトレなんかと違って投資信託の場合は換金申込み時の基準価額が予想できませんし、税金もかかったりして、予想利益が判り難いとは思いますが、場合よってはマイナスになる場合もありますね。

そして「日経225ノーロードオープン」の信託報酬年率0.84%ですが
同類の225インデックスファンドのなかでは恐らく高い部類だと思います。
0.5%台でノーロード、信託報酬無しの225インデックスファンドはネット証券などですぐに見つけられます^^

では何故このファンドを積立しているのかといいますと、メインバンクの銀行で取り扱っている積立の出来るファンドだったから・・それだけの理由です。
意外とそんな感じで投資信託を購入されてる方は多いかもしれませんよ。
もっともこれもいい方法ではけっしてありませんが、いずれにせよ
まずは購入されてみることを、お勧めします、なにごとも勉強ですね、お互いに^^

はじめまして。自身勉強中のものですがよろしく。
現在、私も「日経225ノーロードオープン」を毎月積立で購入しています。

質問拝見しまして、ノーロードで信託財産留保額も無しのファンドでしたら、なるほどそういう売買も有り得る!!と感心しています。もっとも先輩諸氏には色々ご意見もおありだと思いますが、個人的には面白いと思います。

但し、株のデイトレなんかと違って投資信託の場合は換金申込み時の基準価額が予想できませんし、税金もかかったりして、予想利益が判り難いとは思いますが、...続きを読む

QETF と TOPIXインデックスファンドの違い?

ETF と TOPIXインデックスファンドの違いは何でしょうか?

日本経済全体に連動した株の買い方をしようと思うのですが、どちらがどういうときに得なのでしょうか?

Aベストアンサー

ETFのメリット・デメリット
・信託報酬は安め。
・売買手数料は普通の株と同じなので、安いところや無料の所を探して使えば良い。
・売買の板も普通の株と同じなので、スプレッド(売りと買いの価格差)がある。大抵は小さいが、ザラバでは無視はできない。売り板に自分の買いをぶつけたり、買い板に自分の売りをぶつければ、その分、わずかとはいえ確実に損します。寄り付きで買うとそういうことはあまり気になりません。また、売買高が少ないマイナーなETFだとスプレッドが大きいです。
・好きなときに(何時何分でも)売買できる。

インデックスファンドのメリット・デメリット
・信託報酬は高め。
・売買手数料が高いが、最近は、ノーロードのものが増えている。ETF と比較するのならば、インデックスファンドで手数料を取るところは、論外でしょう。
・売買にスプレッドはない。
・売買のタイミングはだいたい1日単位。

したがって、売買高の多いETF(1321, 1306 など)を手数料の安い証券会社で寄り付きで買うのならば、インデックスファンドより良いと思います。

なお、インデックスと連動させる仕組みはETFとインデックスファンドでそれなりに異なるので、この連動の誤差は別途ありますが、普通はあまり意識しないです。

ETFのメリット・デメリット
・信託報酬は安め。
・売買手数料は普通の株と同じなので、安いところや無料の所を探して使えば良い。
・売買の板も普通の株と同じなので、スプレッド(売りと買いの価格差)がある。大抵は小さいが、ザラバでは無視はできない。売り板に自分の買いをぶつけたり、買い板に自分の売りをぶつければ、その分、わずかとはいえ確実に損します。寄り付きで買うとそういうことはあまり気になりません。また、売買高が少ないマイナーなETFだとスプレッドが大きいです。
・好きなときに(何時何...続きを読む

QETFとインデックスファンドの違い

ETFとインデックスファンドの違い(メリットデメリット)って何でしょうか。アクティブファンドと違って、ベンチマークにより近づけるのがインデックスファンドですよね。
であれば、目的は一緒ですよね。
だとすれば手数料の安いETFの方がいいと思うのですが。
インデックスファンドの存在意義がわかりません。

Aベストアンサー

ETFに対するインデックスファンドの利点は小額から購入できる点です。
ETFの場合、現状では12万円前後からの購入になりますが、
インデックスファンドの場合は1万円程度から購入可能です。
ドルコスト法などで毎月購入するような場合には、10万円は無理でも1万円なら可能な方も大勢いますしね。
インデックスファンドを小額ずつ積み立てて、ある程度まとまったら
ETFに乗せ替えるというような買い方をしている方もいます。

Qインデックスファンド?(初心者です)

「日経平均株価に連動する投資成果」や「TOPIX(東証株価指数)に連動する投資成果」の違いがいまいち良くわかりません。ETFとの違いもいまいち良くわかりません。ご指南よろしくおねがいします。<(_ _)>
ETFは株で上場されているんですよね?

Aベストアンサー

日経平均もTOPIXも、対象は東証一部です。

TOPIXは全銘柄、日経平均はそのなかから225銘柄が選ばれます。
225銘柄は入れ替えが行われることがあります。

また、日経平均は株価の平均ですが、TOPIXは時価総額も考慮して算出されます。
http://www.nikkei.co.jp/nkave/about/index.html
http://www.tse.or.jp/market/topix/index.html

ETFは株ではなく、上場された投資信託です。
ただ、売買方法は株と同じになるということです。
http://www.tse.or.jp/rules/etf/square.html

Q海外インデックスファンド中央三井とPRUについて

アドバイスお願いします。
 1.中央三井の海外債権・海外株式インデックスファンド・一般的な国内株式インデックスファンド(検討中)の組合せ
 フィデリティダイレクトで購入予定
 2.PRUの海外債権・海外株式インデックスファンド・一般的な国内株式インデックスファンド(検討中)の組合せ
 イーバンクで購入予定
ご相談ですが、
 a)中央三井とPRU
 b)運用先
についてコメント頂けないでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どれを買ってもそう大きな違いはないと思います。

しかしインデックスファンドとして
中央三井のインデックスファンドシリーズは素晴らしいと思います。
しかしノーロードで買えるところがないんですね。
フィデリティのキャンペーンを利用すれば販売手数料が戻って来ますが、
キャンペーン期間が過ぎたら手数料が戻って来なくなります。

イーバンクでは投信を特定口座に入れられないので
イーバンクで投信を買うのは避けた方が良いと思います。

私ならSBIイー・トレード証券(+SBIファンドバンク)で
住信-SBIインデックスオープンシリーズの購入を検討します。
なぜならばそのシリーズの国内外の債券と株式のインデックスファンドについて、
見えないコストも含めてそのシリーズのランニングコストが
十分に低くなることが予想できるからです。
https://newtrading.etrade.ne.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_fund&cat1=fund&cat2=none&dir=offering&file=sugo6/fund_sugo6.html
https://newtrading.etrade.ne.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?getFlg=on&burl=search_fund&cat1=fund&cat2=offering&dir=offering&file=fund_offering_top.html

さらにSBIイー・トレード証券では米国ETFも扱っており、
個人長期投資家にとって便利なネット証券になっていると考えられるからです。
しかし、最近、ネット証券の良い意味での競争が激しくなっているので、
これから数ヶ月で他のネット証券のサービスが大きく改善されるかもしれません。
個人的に楽天証券とマネックス証券には注目しています。

フィデリティ・ダイレクトの良いところは
積み立てを利用すれば他ではノーロードで購入できない投信をノーロードで購入できたり、
ノーロードで MSCI Emerging Markets インデックスをベンチマークとする投信
(FWFエマージング・マーケット・ファンド)を積み立てできることです。

どれを買ってもそう大きな違いはないと思います。

しかしインデックスファンドとして
中央三井のインデックスファンドシリーズは素晴らしいと思います。
しかしノーロードで買えるところがないんですね。
フィデリティのキャンペーンを利用すれば販売手数料が戻って来ますが、
キャンペーン期間が過ぎたら手数料が戻って来なくなります。

イーバンクでは投信を特定口座に入れられないので
イーバンクで投信を買うのは避けた方が良いと思います。

私ならSBIイー・トレード証券(+SBIファンドバンク)で...続きを読む

Qノーロードインデックスファンドの売り時は?

随分前に買ったノーロードのインデックスファンドをいくつか持っておりますが、かなり利益が増えてきています。そのまま株式市場の様子を伺いながら、持っていたほうが良いか、それともいったん売却して利益をある程度確実なものとした後、再度購入すべきかを迷っております。どうかよきご助言をお願いいたします。

Aベストアンサー

この大相場で株式をいくらかでも投資していた人とまったくなかった人とでは大きな違いが出てしまいました。長い期間あきらめずに投信を保有していらっしゃったのは大正解だと思います。失礼ながら運用の上手な部類に入る方だとお見受けします。

何らかの理由で投信に手をつけないと決めていらっしゃったとしたらそれが正解でした。
今後どうするかということについては100%の正解を求めるなら、株価がどうなるのかという非常に難しい問題の答えを出さなければならないので如何ともしがたいです。それははっきり言って分かりません。

以下はアドバイスになるかどうか分かりませんが私ならどう考えるかです。三つに部分に分けるのはどうでしょう。

(1)株価の行方の判断
先ほど書いたように本当のところはどうなるか分かりません。しかし、何らかの前提から出発しなければならないので一応の仮定をおきます。長年の低迷相場を経て日本経済の変化を捉えた相場なので今後も相当程度長く続くと考えるのが自然でしょう。ゆえにある程度投信を残しておくことにします。少なくとも半分以上でしょうか。

(2)今回、処分に思い至ったこと
だいぶ値上がりして少し利益を実現しようと思うなら少しでも一部を売って現金化するべきでしょう。これだけ急騰した相場です。近々多少ヒヤッとする調整局面があっても不思議ではありません。そんな株価が下がったときにも冷静でいられるようにするには欲張らず一部を現金化して、以前から買おうと思っていたちょっと値の張る物でも実際に買ってお金を使ってしまう方がよいでしょう。

(3)再投資
投信を売却して実現した現金をすべて使ってしまうのももったいないと私は思います。使った後の一定部分(ある程度のひとかたまりになる程度の額)を残しておいてもう一度投資することをお奨めします。そのタイミングは、思いのほか株価が下落して「しまった。全部売っておけばよかった。」と思ったタイミングです。そう思うまでは我慢して下値の買いを入れず、自分の意思とは逆に売りたくなったときにリザーブしておいた現金でノーロードインデックス投信に再投資するのです。

相場に先行きについて自信をもって予測してアドバイスできることはほとんどありません。正確な予測の出来る人もほとんどいないでしょう。よって投資は自分のした行動によって、如何に損が勝らないようにするかというところに妙味があるようにかねがね自分では思っています。そんな気持ちから以上のつたないアドバイスがご参考になればと考えます。

この大相場で株式をいくらかでも投資していた人とまったくなかった人とでは大きな違いが出てしまいました。長い期間あきらめずに投信を保有していらっしゃったのは大正解だと思います。失礼ながら運用の上手な部類に入る方だとお見受けします。

何らかの理由で投信に手をつけないと決めていらっしゃったとしたらそれが正解でした。
今後どうするかということについては100%の正解を求めるなら、株価がどうなるのかという非常に難しい問題の答えを出さなければならないので如何ともしがたいです。それははっき...続きを読む

Qインデックスファンドと証券会社

インデックスファンドを買おうと思っているのですが
最初はどこで買うのがいいのか悩んでいます

いろんな証券会社・銀行があつかっているインデックスファンドがありますが
信託会社・銀行によって違うのは扱っているインデックスファンドの種類が違うだけで
信託手数料は同じインデックスファンドだったらどこで買おうと同じなのでしょうか?
どこでも同じならちかくにりそな銀行・武蔵野銀行があるのでそのあたりでいいのかな

また、インデックスファンドを自動で毎月定期的に銀行引き落としで購入でき
スポットで売・買が可能・金額の変更や購入するインデックスファンドもネットで変更できる
みたいなサービスがあり、手数料も安いなんてオススメありますか?

Aベストアンサー

銀行とか証券会社とかは関係ないんです。ファンドを売ってるってだけなのも結構あるので。

手数料はファンドごとになります。信託手数料は。販売手数料は機関によって変わるが。

インデックスよりも信託手数料が安いのはETFです。これは株価指数の変動で

運営するので手数料が安い。d

Q1989年からTOPIXインデックスファンドを買っていたら

1989年からTOPIXインデックスファンドを買っていたら、要は増えていたってことですよね。本当でしょうか。
でもいろんなベンチマークの推移みたら確実に半減してるんですが。。。
ベンチマークのTOPIXってのが配当込みじゃないから、でしょうか。また株式分割が影響しているってのもよくわかりません。その辺は当然、ちゃんと調整しているかと思うのですが・・・

質問のきっかけになったのは、日曜の日経新聞記事で、同様の質問も何件かありましたが、すっきりとした回答がないので

Aベストアンサー

「配当込みTOPIX」に完璧に連動する投資信託を1989年終わりに購入しても
2006年終わりの時点で大きく損をしていることは先の計算で示されたと思います。
そういう話について聞きたければ日曜の日経新聞記事について触れる必要は無かったと思います。

あと「TOPIXインデックス投信が、TOPIX配当込みのパフォーマンスと同じ」
という前提は非現実的です。信託報酬+αの分だけインデックスファンドは
連動するインデックスに負けるという前提の方が現実的だと思います。

さらに余談ですが、Yahoo! ファイナンスなどでは株式や投資信託の値動きと
TOPIXの値動きをチャートで比較することができます。
やってみればすぐにわかることですが、
TOPIX連動インデックスファンドはTOPIXよりもリターンが高いです。
そうなる理由はTOPIXが配当込みではないからです。
TOPIX連動インデックスファンドの多くは配当込みTOPIXへの連動を目指しています。
この辺の事実を知らないと誤解してしまう場合があるので要注意。
投信のリターンを比較する場合には TOPIX にどれだけ勝っているかどうかを見るのではなく、
直接TOPIX連動のインデックスファンドにどれだけ勝っているかを見るべきです。
(さらに言えばTOPIXをベンチマークとするには相応しくないアクティブ投信の場合は
相応しい別のベンチマークを見付けて比較しなければいけない。)

何度見直してもここ17年のTOPIXの値動きはひどいですよね。
日本株式への投資は新興国株式への投資よりリスクが高く、
債券投資よりもリターンが低いように見えてしまう。
その原因になったデタラメな金融政策の片棒を日経新聞は担いでいる。
まあ日銀に批判的な論説もそれなりに載せてはいるのですがね。

「配当込みTOPIX」に完璧に連動する投資信託を1989年終わりに購入しても
2006年終わりの時点で大きく損をしていることは先の計算で示されたと思います。
そういう話について聞きたければ日曜の日経新聞記事について触れる必要は無かったと思います。

あと「TOPIXインデックス投信が、TOPIX配当込みのパフォーマンスと同じ」
という前提は非現実的です。信託報酬+αの分だけインデックスファンドは
連動するインデックスに負けるという前提の方が現実的だと思います。

さらに余談ですが、Yahoo...続きを読む

Q最適なインデックスファンドについて

国内株式のインデックスファンドを探しています。
TOPIXに連動するファンドを探してみましたが、
下記の3種を探すことが出来ました。
・インデックスファンドTSP:0.554%
・トピックスオープン:0.651%
・ニッセイTOPIXオープン:0.525%

いずれもノーロードであり、TOPIXに連動するという面でも
基準額の推移は同じだと思いますが、
インデックスファンドなどにように、各ファンドでの特色が
見られないファンドの場合には、信託報酬が最も安いファンドを
選ぶという方針で間違いないのでしょうか。

しかし、もしそうだとすると、全ての人が最も信託報酬が
安いインデックスファンドに購入が集中し、
他のインデックスファンドが存在する価値がよくわかりません。
信託報酬以外で何か選定理由が存在するのでしょうか。

Aベストアンサー

#2です。
ETFは信託報酬はかなり安いのですが、ノーロードのインデックスファンドと異なり、どうしても、株と同じ売買手数料がかかります。
そのため、#2では「ある程度まとまったお金を運用するのでなければお勧めしない」と書かせていただきました。(ちょっと説明不足すみませんでした)

自分が使っている証券会社では
「100万円までをノーロードのインデックスファンドで積み立てて、それを超えたらETFにしたら」と勧められました。

Qインデックスファンドを始める際の注意点は?

そろそろ株価も底に近いのかな?と素人ながら
勝手に思いこんでいるので、これを機に投資を
始めようと思っています。

しかし個別株はまったく分からないので、日経平均
などに連動するインデックスファンドを考えています。

インデックスファンドは個別株よりも分かりやすいで
すし、資金的にも始めやすいと考えていますが、
インデックスファンドを始める際に注意する事など
何かあるでしょうか?

Aベストアンサー

書きぶりから推測すると、安いときにまとまった資金で買って、高くなったら売るという個別株と同じことをやりたいように思います。
それなら、ETF(上場投資信託)が向いています。売買手数料は株と同じです。売買の方法も株と同じで、指値注文できるのが強みです。また、成行ならすぐに約定します。デイトレも可能です。インデックスファンドだと、1日に1回しか価格が提示されませんので、早くて当日の基準価格、翌日の基準価格で売買するのが普通です。いくらで買えていくらで売れるか、はっきりしません。
買い時は、みんなが悲観している時です。最近で言えば「日経平均がバブル後安値更新」というときです。順張りでオーソドックスに上がり始めてから買っても良いのですが、そこが天井だったりします。どうしても個人は出遅れるのです。直近では安値更新で買って、昨日売ると1ヶ月以内に75万円が85万円にはなりました。
インデックスファンドはノーロードを選んで毎月1万円で30年間とか積立方式で買いつけて老後資金にするような場合に向いていて、始めたら忘れてしまうくらいで良いです。この場合は、株価の底を狙う必要はなく、早く始めるだけです。

書きぶりから推測すると、安いときにまとまった資金で買って、高くなったら売るという個別株と同じことをやりたいように思います。
それなら、ETF(上場投資信託)が向いています。売買手数料は株と同じです。売買の方法も株と同じで、指値注文できるのが強みです。また、成行ならすぐに約定します。デイトレも可能です。インデックスファンドだと、1日に1回しか価格が提示されませんので、早くて当日の基準価格、翌日の基準価格で売買するのが普通です。いくらで買えていくらで売れるか、はっきりしません...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報