位置情報で子どもの居場所をお知らせ

古い漫画なのですが「ナニワ金融道」という漫画の中での抵当権についての疑問を質問をします。
本が手元に無いので、記憶を頼りに説明します。

主人公が社員としている帝国金融が、不動産会社「肉欲企画」が所有するビルの乗っ取りを図り、そのビルに賃借権を設定して、そののち肉欲企画を無理やり倒産させようとします。
その企みは成功して、肉欲企画の社長らは夜逃げするわけですが、あとに残ったのがノンバンクのビルに設定した抵当権でした。
肉欲企画の夜逃げを知ったノンバンクは抵当権をたてに債権回収を図ろうとするわけですが、帝国金融は賃借権をたてにビルに居座ります。実際に主人公の灰原がビルに住み着いたりして。
帝国金融の社長は「金融屋が居座ってるビルを買うやつはいまへんで!」とか言ったりして交渉します。最終的には帝国金融がビルの抵当権の摘除(だったような?)をして、そのビルを自社ビルにしてしまいました。

ですが、wikipediaには”土地賃借人が該土地上に所有する建物について抵当権を設定した場合には、原則として、抵当権の効力は当該土地の賃借権に及び、建物の競落人と賃借人との関係においては、右建物の所有権とともに土地の賃借権も競落人に移転する”とあります。それと、”この場合賃貸人の承諾が必要であり、承諾が得られないときは、競落人は、承諾に代わる許可を裁判所に求めることが出来る”ともあるんですが。

実際に漫画のようなことがあったらどうなるんでしょうか?、という質問です。

A 回答 (2件)

その漫画が描かれてから法改正がありましたから、今は無理でしょうね。



質問文にある賃借権の登記は短期賃借権でしょうけど、抵当権に劣後しますから、金融機関が抵当権を実行して競売に付され競落されると、競落人は6か月後の退去を請求することになります。応じなければ強制執行ですね。

先に賃借権(登記の有無問わず)があり、抵当権が劣後する場合には質問文後段の様な手続きになることもあると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2018/02/01 20:17

昔の民法第三百九十五条では,3年以内の賃貸借の賃借人は,抵当権の登記後に建物の引渡を受けた場合でも,抵当権者に対抗することができた。



平成15年改正民法第三百九十五条
 抵当権者に対抗することができない賃貸借により抵当権の目的である建物の使用又は収益をする者・・・は、その建物の競売における買受人の買受けの時から六箇月を経過するまでは、その建物を買受人に引き渡すことを要しない。
一 競売手続の開始前から使用又は収益をする者
(以下略)

占有屋は6か月で追い出されることになった。
ナニワ金融道は改正前の作品。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2018/02/01 20:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手形の裏書とは

ナニワ金融道などで手形のやりとりがでてきますが、金融業者から借金をする際に手形を発行し、手形の裏に保証人として裏書をさせ、手形を発行した本人は逃げてしまう。手形を発行した本人は返済の義務が完全になくなるのですか。裏書をした者は完全に返済の義務があるのですか。
又、なぜ裏書などというしくみがあるのですか。金融機関の為の制度のような気がしますが違うのですか。ド素人なものでわかりやすく解説を宜しくお願い致します。過去の質問欄も拝見したのですがいまいち理解できませんでした。

Aベストアンサー

  約束手形は、「何月何日に何圓を支拂ひます」といふ證書ですが、それを受け取つた人は、その受け取る權利を他人に譲ることができます。その權利でもつて、自分の支拂ひに代へるわけです。その時に、その權利が無効の場合は、自分が支拂ふべきものですから、手形の裏に、記名捺印して、受取人に對して、その證書を保證します。それを「裏書き」と言ひます。手形は何人もの裏書きをされながら、現金同樣の役割を果たします。最後に受け取つた人が、その手形を自分の銀行口座に入れると、銀行は、手形の期日に手形交換所で現金化してくれます。その手形の振出人に現金が不足して、不渡りになると、銀行は手形を所有者に返へします。手形所有者は、振出人もしくは、裏書人の誰にでも、額面金額の現金を要求することができます。
  手形が不渡りになつても、他人が裏書きをしても、振出人には支拂ひ義務はあります。裏書きをした人にも、支拂ひ義務があります。
  手形制度そのものが、「将來の支拂ひ約束」といふ信用を基礎にした制度ですから、その信用を利用して、お金を借りる事も出來ます。それを「手形割引」と言ひます。手形の額面のいくらかを割り引いて、現金化してくれるわけです。これにより、将來の入金の何割かを現在のお金として使ふことができるので、資金繰りには大いに役立ちます。この制度は金融機関の収入源の一つですが、必ずしも「金融機関のための制度」とは言へないでせう。

  約束手形は、「何月何日に何圓を支拂ひます」といふ證書ですが、それを受け取つた人は、その受け取る權利を他人に譲ることができます。その權利でもつて、自分の支拂ひに代へるわけです。その時に、その權利が無効の場合は、自分が支拂ふべきものですから、手形の裏に、記名捺印して、受取人に對して、その證書を保證します。それを「裏書き」と言ひます。手形は何人もの裏書きをされながら、現金同樣の役割を果たします。最後に受け取つた人が、その手形を自分の銀行口座に入れると、銀行は、手形の期日に手...続きを読む

Q「善意の第三者に対抗することができない。 」という意味

次の法律で、「善意の第三者に対抗することができない。」という文書が出てきますが、この意味が理解できませんので、お教えください。
 
消費者契約法
(消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消し)
第四条
5  第一項から第三項までの規定による消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消しは、これをもって善意の第三者に対抗することができない。

民法
(詐欺又は強迫)
第九十六条
3  前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができない。

以上

Aベストアンサー

たとえば契約や、取引が、途中で違法行為のもとにおこなわれていたとしても、最終的にその権利を取得した人がその「違法行為」の事実を知らなかった場合は、「善意の第三者」ということになり、その権利は剥奪されないということです。
本来は、違法行為があった場合は、原状復旧が原則ですが、この考え方の根拠は、そうしないと被害者をもう一人作ってしまうことになるという考え方にあるのだと思います。


人気Q&Aランキング