外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

私の家の電線は、公道の電柱から隣地の上を通過して引いてあります。
隣地が売却され、新しい所有者さんが新たに家を建てることになりました。
ついては、私の家に引いてある電線を、敷地の外に移動させてほしいと言われました。
移動させるには、恐らく電柱の位置も変えないといけないと思います。


電線の設置時、わざわざ隣地を通るように私が指定した訳ではないので、電力会社が負担するべきではないかと思います。
また、隣地の新所有者さんも、電線が通っている現状を踏まえて購入しているのだし、家を建てるのもその方の都合です。
費用を私だけが負担するのには抵抗があります。
とはいえ、利益を受けているのは確かに私なので、隣地の新所有者の方のお気持ちも分かります。


これらの費用はだれが負担するものなのでしょうか?

1.私(利益を受けているため)

2.隣地所有者(あとから建てるため)

3.電力会社(隣地を通るように電線の設置をしたため)

4.その他、あるいは1~3で割合負担


ご回答よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

正当な理由があれば敷地内電線の移動は無料です。


管轄の電力会社へ申込み、立会いの上、移動方法を決めます。


なお、下記が参考になると思います。
下記は東京電力の場合ですが、その他の電力会社でも概ね同じだと思います。
http://www.miyaki-denki.co.jp/pages/faq/faq3.html

ご質問者様の場合、隣地所有者が電力会社にお願いするべきことだと思いますが。
    • good
    • 1

移動可能電線に関しては、他人所有の敷地を通していた場合は「電力会社」の負担となりますから、その要求は隣地所有者から電力会社への撤去要求を出してもらえばいいでしょう。

    • good
    • 3

誰が言ってきたかわかりませんが


移動させて欲しいというのは
移動しますよと言っているのではないのですか?
貴方に移動しろって言っているわけではないのでしょう。

2.の隣地所有者が3.の電力会社に
家の敷地の架空の電線が支障があるので撤去しろと要求すれば
電力会社が迂回工事をやります。
費用は電力会社が負担します。
貴方は何もしなくていいです。
家を建てる工事施工者が決まったら
その施工者が邪魔なら勝手に手続きするでしょう。
工事に関する電線防護管の取り付けも電力会社に依頼に行くでしょうから
ついでに撤去の件も言うと思いますが。
    • good
    • 4

2番です。


その際の費用は全額隣地所有者となります。これを原因者負担といいます。
相当な金額となります。
工事は電力会社が施行します。
正当な理由であれは費用は電力会社が負担します。
邪魔という理由では、工事費は隣地所有者画負担となります。
つまり、「正当な理由」として「邪魔だから」というのは認められません。電力会社は電気の供給責任というものがあります。「邪魔だから」の正当な理由付けが必要です。
また、電柱はすべて電力会社というわけではありません。電話会社の場合もありす。
したがって電柱の所有者に対して隣地所有者が訴えるべきで、あなたには何の義務もありません。
あなたが電柱を建てた原因者ではありませんから。

1の考えは、電力会社が供給責任を果たしているのですから、貴方が利益を受けているということはありません。

敷地の外に移転する方法としては、電柱の中間に柱を1本入れて解決する方法もあります。この場合もあなたのすることは皆無です。このときも、電柱の所有者に対して隣地所有者が訴えるべきです。
    • good
    • 1

電柱から自宅までの電線(引き込み線)は、電力会社の範疇なので、本来ならば、3.電力会社が負担するものと思いますが、


電力会社に相談してみてください。
電線の移動: http://www.tepco.co.jp/life/custom/q_and_a/shinc …
引き込み線: http://www.tepco.co.jp/life/custom/q_and_a/setub …
    • good
    • 0

状況から言って電力会社が負担してくれると思いますが、連絡する場合は新所有者の方が電線が邪魔だと言ってもらった方が電力会社の受け取り方が違うと思います。

貴方が連絡する場合もお隣さんから邪魔だからと言われたので、、、そう言った方が良いでしょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敷地内を通っている電線を移動させてもらえますか?

10数年前に増築した2階の部屋を、今までは物置として使ってきましたが、来年あたりに住居スペース(子供部屋)にするかもしれなくなりました。
この現在物置にしている部屋の屋根の上を(端の方ですが)一部電線が通過しています。
この電線をが気になっているので(屋根から、おそらく1メートル位上にあると思います)家から離して貰う事って、可能でしょうか?
移動させたい一番の理由は、電磁波の心配なのですが、そんな理由でも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

お住まいの地域の電力会社(電話の線の場合NTT)に電話をすれば無料で工事してくれます。
理由は全く関係ありません。ただ一言「邪魔なので移動させてください」と言えばいいのです。
線は迂回などさまざまな方法で張りますから問題ありません。

そうすれば工事日などの調整をしたうえで工事をします(時間帯の希望があればその旨も言ってもかまいません)。

遠慮せず電話をしてください。

QNTT電柱移設の際の費用問題

ご存知の方教えてください。

車を出し入れするのに邪魔な電柱があります。
場所は私有地というわけではありませんが、カーポートより内側に電柱が立っているので若干ハンドルをきってよけながら出入りしなければならない場所です。
「柱一本分でいいのでどけてほしい」とNTTにお願いしたところ移設は可能だが費用が「ざっくばらんに言うと」10万くらいかかると言われました。
実費がいくらになるかさんざん聞いたのに「ざっくばらんに言うと10万」を繰り返され、どうやらNTTとの交渉によって金額が変わりそうです。

正直、邪魔なように建てたNTTになぜうちが大金を払わなきゃいけないのかわかりません。
ゴネれば払わなくていいのでしょうか?
お隣さんは酒屋の倉庫でかなり大きな柱がたっているのでそこに建てても問題はなかったはずなのに、うちの車二台ぎりぎりのところに建てる理由はなんだったのかも気になります。

そもそもNTTの電柱って誰が必要なんですか?

いろいろと意味のわからない質問内容かもしれませんが、教えてください。

Aベストアンサー

基本的にご質問者様が居住する前からあったものなのか 居住後に設置されたのかで対応が変わります。
居住前からあったのであれば、移設費用は負担する必要はありません。
生活環境の変化に伴った事での邪魔物なので移設を要望できます。
居住後であれば、当然その場所に設置するときに異議を申し出れるのですが、それを行っていませんので、移設費用が発生します。
金額に関しては、ケースバイケースで全額負担か折半かなど状況で変わります。
取りあえずいつからそこに電柱があったのか。
ご質問者様が居住する前なのか後なのかで判断が変わります。

Q電柱移設費用は全額負担? 都内

電柱移設費用は全額負担? 都内

また教えて下さい。

杉並区に新築を施工中です。
敷地の前の公道に電柱があり、車の出し入れに邪魔な為に
東電に電柱移設の相談をしました。
東電は赤字経営の為に、全額の負担をお願いしますとのことで、
建築会社の現場監督の話しでは通常では折半でする案件だと言っています。
東電の言い分としては以下ような物です。

1、東電は赤字経営の為、お金を出せない。
2、現況でも車の出入りは何とか可能。
3、現況を把握の上、土地を買われた。

自分も納得がいかない為に、費用を折半にする方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

ひとつ良い事を教えます。

一般公道は電力会社の所有物ではありません。
道路所有者は各地区の自治体です。
電力会社はその自治体から公道上に電柱を建てさせてもらうための許可を得ています。
自治体はその際に地域住民の生活の支障にならないようにとの条件を付けて電力会社に建柱の許可を出します。
その条件にはどちらが後も先も関係ありません。
道路上のどこに電柱を建ててもいいというようなものではありません。
電柱付近の状況の変化に臨機応変に対応する事もその条件に含まれています。

実はこの許可は一度受けられれば未来永劫有効なものなどではなく、一定期間のみの期間限定措置であり、継続して電柱で道路占有するために定期的に自治体への道路占有の継続申請をしています。
それと公道に面する民地内の建物建築に関しては、道路所有者である自治体に道路に接する出入り口を設置する申請をしなければなりません。
その申請の際に電柱が支障となる旨を表記する事も有効となります。

道路に面する民地内の都合で道路上に建つ電柱を移動しなければならないような場合は、上記の地域住民の生活に支障という部分に該当します。
電力会社にはそういう状況になった際の保障をする事で、自治体から公道上への建柱が許可されているのです。
しかしその費用は全て電力会社で負担しなければならない事にはなっておりません。
そのような原因を作ったところに一部負担金という形で、移設費用の一部を請求する事ができます。
その一部が総額のうちのどれだけとはどこにも明記されていませんので、全額でも1%でも電力会社の言い分には従わなければなりません。
正直電力会社にそのような話を出した際に、どれだけ強気で交渉できるかで負担金の価格はどうにでも変わります。
その部分に関してはどこの行政に助けを求めてもどうにもなりません。

>1、東電は赤字経営の為、お金を出せない。

自治体から許可を得て公道上に建柱している以上、自治体が地域住民の生活を第一に尊重していますので、電力会社は道路所有者の許可条件を守る義務があります。
ただし電柱移設にかかる経費を全額負担しなければならない事にはなりません。

2、現況でも車の出入りは何とか可能。

現況とはいつのどの状況なのかが不明。
道路に面する民地内での建設工事によっては全く該当しない。
地域住民の生活に支障となる訴えがある以上、電柱移設を拒む理由にはなりえない。

3、現況を把握の上、土地を買われた。

全く持って説得力のない言葉。
確かにその電柱を避けるように出入り口などを建設すればさけられた問題ではあるが、敷地が狭ければ必ずしもそれが最善の解決方法とはなりえない。
電力会社は自治体からの道路占有の許可条件を重要視するべし。

電柱移設に関する費用を折半できるだけの根拠にはなりませんが、言われた事に対して言い返すくらいの役には立つ内容かと思います。
ただ常識的に考えても今回の事象に関しては、電柱移設に係わるその費用の半額は申請者が負担するのが一般的かと思います。

ひとつ良い事を教えます。

一般公道は電力会社の所有物ではありません。
道路所有者は各地区の自治体です。
電力会社はその自治体から公道上に電柱を建てさせてもらうための許可を得ています。
自治体はその際に地域住民の生活の支障にならないようにとの条件を付けて電力会社に建柱の許可を出します。
その条件にはどちらが後も先も関係ありません。
道路上のどこに電柱を建ててもいいというようなものではありません。
電柱付近の状況の変化に臨機応変に対応する事もその条件に含まれています。

実はこの許可...続きを読む

Q電線や電話線が隣家の敷地上空を通過するのは違法?

当家の場合、敷地の都合上、隣家との境界から20cm程離れて隣家の敷地に入った場所に立っている電力会社所有の電柱を経由して、電線、電話線を引き込む必要があります。この場合、隣家の敷地上空(角の部分)を1m弱通過することになりますが、このような配線は違法なのでしょうか?もし、違法であるとすれば、根拠となる法律を教えて下さい。また、上空通過を隣家の方が、快諾してくれれば宜しいのでしょうか?このような状況の場合、普通はどうするのが良いのか、アドバイス願えれば幸いです。

Aベストアンサー

あなたのお家の電力メーターまでの電線や電柱は電力会社の持ち物です。最寄りの電柱から電線を引っ張ってくるのも電力会社の仕事です。
ですからご質問の問題は電柱や電線の所有者と、電柱が立っている土地、敷地上空を電線が通過する土地の所有者の間の問題です。あなたは関係ありません。
隣家と交渉も電力会社が行います。交渉が難航しそうになったら、電力会社の方から「一緒に挨拶に行きましょう」と誘ってきます。それまでは特に何もする必要はありません。
それでもどうしても心配でしたら電力会社のへ問い合わせてください。

Q敷地上空を少し横切る電線でも排除できるのでしょうか?

敷地と市道の境界線から約50cm敷地内に入ったあたりの上空を電線、電話線、CATVのケーブルが通過しています。2階の窓の高さなので景観上、目障りになるという程度の実害ですが、こんな程度の「領空侵犯」でも敷地外への張替えをしてもらえるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 わが家でもおよそ50センチぐらい庭の角の領空を侵犯していましたが、電力会社の場合はじつにあっけないほど簡単に応じてくれましたし、控線を張るところがないなどかなり困難だと思うのになんとか領空を回避してくれましたが、その時にちょっと問題になったのがCATVだか光ファイバーだかの通信線、こちらの会社の対応がイマイチで、電力会社も困ったようでした。

 結果的に領空からわずか20センチぐらいは外になったように思いますが、それでも雨滴や鳥のフンは風向きによってやはり領土内に落下してきます。しかし、素人が考えてもこれ以上回避させることも難しそうで、それ以降は黙認しています。

Q引き込み用電柱について

住宅新築に伴い、新規に電気を引くことになりました。ところが、電力会社の電柱までの距離が、結構あるため、引き込み用のポールを、立てる予定でした。(ナショナルのすっきりポール等)しかし、距離の関係からか?高さが確保できない為か?わかりませんがコンクリート製の電柱にする必要があるとの話が出てきました。この場合電柱の設置費用は、自己負担になるのでしょうか?また引き込みの条件、高さや、電力会社からの電柱までの距離等、規定等、あるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんは、北陸電力管内ということがはっきりしました。

>電力会社は倒壊の安全を考えて径の太いコンクリート製に指定しているのだと…

北陸電力がそのような指定をすることはありません。
電気工事業者によって、コンクリ柱を得意とするところと、鋼管柱を得意とするところとがあるので、その差だと思われます。
もちろん、コンクリ柱であろうが鋼管柱であろうが、架けられる電線の太さと長さに耐える強度を有するものを選択しなければならないことは、いうまでもありません。
鋼管柱は鋼管柱なりに、厚くて太いものも当地では用いられています。

>電線を張るためには、『メッセンジャー』という電線を支えるワイヤーロープが必要…

これも、北陸電力管内では標準工法ではありません。
引込用ビニル絶縁電線 (DV) を直接引っ張ります。

Q我が家への電力引込み線が隣地上空を通過

 持分で共有している私道にある電柱からの引き込み線が隣地上空を通過しています。土地への転入は当家が早く、その時は隣地は空き地で問題ありませんでした。
 今般、隣地所有者が電力会社に引き込み線を迂回させるよう申し入れた様子です。隣地所有者の要望は否定できませんね?この場合、(1)当家への引き込み位置を変更する(この場合、引き込み線が相当ながくなる)。(2)迂回用の電柱を増設する(家への引き込み位置は変えない)。の2つの方法しかありませんか?
 また、(1)電柱を増設する場合、私道上でしょうか当家の敷地内でしょうか?(2)これらの費用は誰が負担するのでしょうか?
よろしくお願いします・

Aベストアンサー

(1)と(2)をまとめて回答します。
基本的に、引き込み線の家側の支持方法はお客様の責任範囲です。

新築時から隣地を迂回する場合、あなたの敷地の一角に小柱を建てることによって隣地上空が避けられるなら、その小柱はあなた持ちです。小柱から家までの架空線もあなた持ちとなります。つまり、その小柱の上が電力会社との責任分界点になります。

電柱との位置関係で、あなたの敷地に小柱を建てても引き込めず、他人の土地や公道上に小柱を建てざるを得ないときは、その小柱は電力会社持ちです。架空線は家まで全部電力会社のものです。責任分界点は、家に架空線が取り付いたところとなります。

さて、本題のあとから移動する場合ですが、これは電力会社がどう判断するか分かりません。あくまでも原則論を貫くか、温情ですべて電力会社でやってくれるか、どちらかここではなんとも言えません。

家側の取付点を変えることによって、小柱を建てなくても引き込めるなら、このほうがよいかとも思います。おおむね 30m までは小柱なしでかまいません。

Q私有地の電線をどうにかしたい

平屋の家を2階建てに建替える事となり
今まで気にならなかった私有地上空を斜めに横切る電線が
ちょうど2階の窓の直前にくるので
電力会社と電話会社に相談しています。

先日、電力会社の人が現地確認に来て、「これはどうにもならないですね。」と言って帰りました。
その際に「以前住んでいた人には了承してもらっているはずなんですがね。」とも言ってました。
(電話会社からの回答はまだです)

有ったか無かったか判らない以前の話を出したり
何にも考えずに出来ないと言った、言動に少し怒りを憶えました。

そこで質問なんですが
・私有地上空の電線は違法ではないのでしょうか?
・地役権の設定を確認する方法を教えて下さい(設定なんか無いと思いますが)
・以前の住人の了承は今でも有効なのでしょうか?

説明足らずの部分があれば補足しますのでご指摘願います。

Aベストアンサー

No.2の者です。補足有難うございました。


頂いた情報からすると、恐らく共架柱(柱の所有は電力会社、そこにNTTとCATVが(電力会社にお金を払って)線を引かせてもらっている)のようなので、

電柱の移転等についての判断は、基本的には電力会社になるのではないか、と思われます。


恐らく、やるとすれば、元配電マンのyasu99さんおっしゃっているように「かさ上げ」で対応するか(ただ、電話線は難しいかもしれませんね)
それともルートを見直して、新たに数本電柱を立てて迂回させるか(さもなくば、左億の家へのルートを、別の電柱からとってくるようにするか)どちらかだと思います。

仰る電線の行き先が何軒ぐらいの家なのかにもよるかもしれませんが、
こういった”支障移転”の費用というのは予算ベースで恐らく電力会社も見込んでいるでしょう。
したがって、やると決めれば、予算はじいて移転なりかさ上げなり、(数年をかけることなく)一気にやるでしょうし、やらずにすむのであれば全くやらない、のどちらかだと思います。

恐らく移転となると、百万円以上単位で費用がかかるので、躊躇している、というのが電力会社の現場の本音ではないでしょうか。
(私の知るケースでは、公共機関がからむ同様のケースでも結構迷いがあり、最終的にgoがでるのに時間がかかったようです)
(しかも1~3月あたりに相談、となると、決算が近いこともあり、費用の締め付けなども発生しやすい時期なので、どうしても後ろ向きになりがちなような気がします。)
ただし、現場と意思決定する方とは視線が違うので、「電柱移転断ってコストセーブしたところで高々知れている。それよりこのことで大切なお客さんを失うほうが心配」という意思決定者の判断があれば、goは出易くなるとおもわれます。


ちょうど新年度にもなりましたし、電力会社の方に再度相談されてみてはどうでしょう?

そのときには、CW1さんからも主張をなされるのが当然ですが、
一方で、先方電力会社対応者も上記のような事情を抱えているとは思うので、双方が誠意を持って対応できるよう(また電力会社の担当の方から、きちっと内部での検討・対応状況を通知してもらうことを)心がけて、進められるのがよいのではないでしょうか?

No.2の者です。補足有難うございました。


頂いた情報からすると、恐らく共架柱(柱の所有は電力会社、そこにNTTとCATVが(電力会社にお金を払って)線を引かせてもらっている)のようなので、

電柱の移転等についての判断は、基本的には電力会社になるのではないか、と思われます。


恐らく、やるとすれば、元配電マンのyasu99さんおっしゃっているように「かさ上げ」で対応するか(ただ、電話線は難しいかもしれませんね)
それともルートを見直して、新たに数本電柱を立てて迂回させるか(さもなく...続きを読む

Q電柱設置費用が自己負担になりそうで困ってます

 現在、団地に接した農地(農転)に平屋を新築中です。我が家の場合、電線を引く際に電柱の負担は電力会社ではなく、客の負担になると現地視察の電力会社に言われました。理由は、我が家以外に家が建つ予定がないからだそうです。
 電力会社は中部○力です。電線の距離は図面上で約34mあります。スッキリポールは予算の関係で設計時に諦めた経緯があります。そのため、カラーポール(L=6.3)を自費で立てる必要があります。
 過去の回答では、引き込み線の長さが 30mを超えれば、中間を支えるポールが必要になり、そのポールを立てる場所が、公用地や他人の土地なら電力会社持ち、お客さまの土地ならお客さま持ちが原則だそうですが・・・
(1) 中部○力の場合でもこの原則(法律?)に該当するのでしょうか。?
また、我が家の宅地及び周辺の土地は、義理の父の所有で、宅地は無償貸与で農転の手続きをしております。
(2) この場合では、他人の土地に該当しないのでしょうか。?
(3) 上記(1)(2)でダメな場合、恥ずかしながら予算が厳しいもので、何とか電力会社に設置してもらえる妙案はないのでしょうか。?
 よろしくお願いします。
 

 現在、団地に接した農地(農転)に平屋を新築中です。我が家の場合、電線を引く際に電柱の負担は電力会社ではなく、客の負担になると現地視察の電力会社に言われました。理由は、我が家以外に家が建つ予定がないからだそうです。
 電力会社は中部○力です。電線の距離は図面上で約34mあります。スッキリポールは予算の関係で設計時に諦めた経緯があります。そのため、カラーポール(L=6.3)を自費で立てる必要があります。
 過去の回答では、引き込み線の長さが 30mを超えれば、中間を支えるポールが必要にな...続きを読む

Aベストアンサー

>我が家の宅地及び周辺の土地は、義理の父の所有で、宅地は無償貸与…

ということで、家と周辺の土地が一体と見なされているのでしょう。

>この場合では、他人の土地に該当しないのでしょうか…

税法風にいえば「生計を一にする家族」であり、他人の土地ではないのですね。
逆に、一つの土地に親子がそれそれ別棟の家を建てても、メーターは一つしか付かないような規定もあります (電力会社によって違うところがあるかも)。
親子は他人ではないのです。

>何とか電力会社に設置してもらえる妙案はないのでしょうか…

町内会、自治会と掛け合って防犯灯を設置してもらうことです。
運が良ければ小柱を電力会社が持ってくれますし、悪くても自治会・町内会持ちです。

まあ、周りにほかの家がないのなら、自治会・町内会も難色を示すかとは思いますが、初期費用はあなた持ちで電気料と維持費を自治会・町内会にお願いすればよいでしょう。
20Wの蛍光灯が、工賃ともで 2万円程度です。
あとは小柱を電力会社が持ってくれれば万々歳ですね。

Q新築中の2階バルコニー前の電線について

新築中の2階バルコニー前の電線について

現在、一戸建てを新築中です。先日、上棟の際に分かったのですが、2階の窓の目の前を電線が通っています。契約の時はもちろん、間取り打ち合わせ時にも一切説明はなく、私が気付いて問い合わせて、初めて住宅会社も気付いたようです。
ここで質問ですが、電線はNTTの線で、バルコニーの角から80cm位だそうです。住宅会社からNTTには連絡済で、NTTが調査するらしいのですが、移動できなかった場合、私は我慢するしかないのでしょうか。2階リビングにしており、一番良い場所の南側のバルコニーの目の前なので、非常に落胆しています。ピアノ等の大きな荷物はバルコニーから搬入すれば良いと考えていたので、搬入も気になります。
住宅会社は、説明責任はなく、購入者側の現況確認不足というような姿勢が感じられます。
住宅会社の過失はなく、購入者の確認不足と認め、我慢するしかないのでしょうか。
皆様のアドバイスをお待ちしております。

Aベストアンサー

1.>契約の時はもちろん、間取り打ち合わせ時にも一切説明はなく、私が気付いて問い合わせて、初めて住宅会社も気付いたようです。

回答
●専門技術者としての設計配慮義務違反、説明責任違反
・間取り計画打ち合わせ時、3次元キャドを使用して、2階リビングの中から外部を見た場合、外部の道路側からの外観、360度角度を変えてみた場合、日光による影、時間帯による部屋の採光状況などについて説明は無かったのでしょうか。
・通常は、設計段階(3次元CAD設計)、説明段階で3次元で説明していますね。
・物件において、環境のいいこと、駅に近い、買い物便利、最先端の設備等良いことは十重に説明していますが、残念ながらリスクは説明していませんね(良くない事柄)
・間取り段階で、外部を見たとき、何故このように、あのようになることが、電柱、電線、街路樹等が設計者に判らなかったのでしょうか。リビングであれば、やはり外がどのようになるのか。見えるのかを過去の事例、経験から重大なチェックポイントにつき、それだけの知識、感性、実績がない技術者であった可能性が高いですね。
・設計技術者(専門家)は、倫理規定に従い、プロフェショナルとして、公衆(素人)に対して説明責任(インフォームドコンセント)がありますね。従って、営業担当者にくらべ、一段の遵守義務がありますね。
・通常「あばたが当事者(建築主)であった場合は、このことをどう思いますか」「貴方がいやだと思うことはしてはなりません」これは、技術者がジレンマに陥った場合の重要な判断を決定する場合のバイブルです。
・もしこれに照らしあわして、間取りの設計をしておれば、この段階でリビングの機能を最大限に重視し、外部の景色、眺望など現状の電柱、電線、街路樹を3次元で作図すれば、簡単に障害になることがわかったわけですね。
・仮に技術者が注文主であった場合は、このような条件をトップに持ってきますね。何故ならは専門家だからです。従って、専門企業、専門技術者は、会社の行動規範、CSR、倫理規定に従い、お客様と接する、第一を考え行動します。社会との約束を大事にしますと。PRされていますね。
拡大解釈をすれば、これらの規定に違反した、遵守義務違反、モラル違反がが発生していますね。但し法令違反ではないわけです。
・法的には問題ない。モラル的、倫理的には問題がある場合は多々あります。しかしモラルをお互い、注文者(公衆・素人)、設計者(専門企業、専門企業に勤務する者)が遵守しなければ、社会は成立されませんね。法は最低条件ですね。従って、モラルや倫理が不足を補うことで社会が成立しているわけです。このモラルや倫理は専門家だけが理解し、説明できるものですね。
ゆえに、専門家としての説明不足が充分在ったとは思えませんね。まして、当初引越し荷物は上から入れることが出来るなど、「うそ」「偽証」を専門家が現地で確認無しに発言しています。素人はこれで安心しますね。明らかに、専門家としての、説明責任に違反していますね。ましてや貴方からの説明で築いたとのことが真実であれば、この段階まで何をしていたかです。説明責任の違反、設計段階での3次元キャドによる内部からの外観の説明不足・配慮義務違反に当たりますね。

2.>住宅会社は、説明責任はなく、購入者側の現況確認不足というような姿勢が感じられます。住宅会社の過失はなく、購入者の確認不足と認め、我慢するしかないのでしょうか。

回答
専門家のリスク対策
・明らかに、法的には違反が無いが、専門企業、専門技術者、社内行動規範、倫理規定、行動指針、法令順守、CSR(モラル・倫理上の規定を含む専門家としての社会との約束)に照らし合わせて「荷物取り込み時の説明責任の偽証違反、設計段階での3次元キャドによる内部からの外観の説明不足・配慮義務違反」違反、配慮不足がありますね。
このことについて、住宅会社に文書で、電線の件、荷物引き込みの件、3次元設計時の件について原因と過程(何時、誰が、どこで、なにを、どのように、5W1H)を調べ、落ち度など、日を区切り質問回答を要請することですね。(電線移設やこれらの善処に対する取り組み計画、進行状況も含む)(再発防止処置を含む)
・進行状況が悪化したときは、消費者センター(各都道府県に設置済)に説明、対応を取ってください。
・あくまで目的は、中道法によりベストよりベターの選択、合意解決ですです。(お互いの社会の成立)

1.>契約の時はもちろん、間取り打ち合わせ時にも一切説明はなく、私が気付いて問い合わせて、初めて住宅会社も気付いたようです。

回答
●専門技術者としての設計配慮義務違反、説明責任違反
・間取り計画打ち合わせ時、3次元キャドを使用して、2階リビングの中から外部を見た場合、外部の道路側からの外観、360度角度を変えてみた場合、日光による影、時間帯による部屋の採光状況などについて説明は無かったのでしょうか。
・通常は、設計段階(3次元CAD設計)、説明段階で3次元で説明していますね。
・物件に...続きを読む


人気Q&Aランキング