あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

もし親族で癌になった人がいれば若いうちに癌になる場合ってありますか?

A 回答 (6件)

癌は遺伝性があると言われます。

なぜなのか、恐れずに具体的に考えてみましょう。

①癌は、癌遺伝子が生じた1個の癌細胞が増殖して腫瘍と言うかたまりとなったものです。白血病などの血液癌は、通常腫瘍という塊ではなく、異常な血球が異常に増えるものです。

②ご存知かと思いますが、良く言われている癌を起こす=癌遺伝子を作るウイルスには子宮頸部癌のパピローマウイルスがあります。
このウイルスは、子宮頸部の細胞に感染して、細胞の核の遺伝子の中に自分の遺伝子を挿入し癌遺伝子を作り子孫を増やします。その癌遺伝子の情報により無制限に分裂を始め腫瘍(癌)を形成します。
その他、同じような作用を持つ発癌ウイルスとして、成人T細胞白血病のウイルス(HTLV-1)、胃癌やバーキットリンパ腫や上咽頭癌のEBウイルス、肝癌のC型とB型の肝炎ウイルスなどがあります。
癌ウイルスでネット検索すれば知ることが出来ます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%AB%E7%98%8D …

③そのうち、母乳による母子感染が判明しているウイルスが成人T細胞白血病のウイルス(HTLV-1)で、妊娠すれば血液検査で保菌者かどうかを調べますので、保菌者なら母乳を与えないように指導されます。母乳の中のリンパ球にひそんでいるからです。

④いずれのウイルスも通常は血液内にいますから、血液により感染するケースがほとんどです。従って出産時の感染や、セックスによる感染、輸血による感染が主です。

ウイルスと言うものは細菌と違って栄養を与えても増えません。受容体などと言う受け入れ口が合う細胞に入って、その細胞の遺伝子を借りて子孫を増やします。
そのようなウイルスのうち、細胞自体も分裂させる癌遺伝子を作ってしまうウイルスもいるということです。

近年このようなウイルスが解り、子宮頸部癌予防ワクチンも開発されていますが、
驚くことに、蓮見喜一郎と言う偉大な研究者が、昭和の古い時代に、様々な癌からウイルスを抽出して、治療用として開発した癌ワクチンがあり、それがハスミワクチンなんです。
現在も癌治療に使われ優れた効果を見ます。また、リウマチなど難病の多くに、さらに花粉症やアトピーにも効果があり処方されています。
癌ワクチンがなぜ他の疾患に効果があるのか、それはいずれもウイルスが原因となっている疾患だからです。
一例を上げれば、リウマチには胃癌用のワクチンを使いますが、いずれもEBウイルスが原因となっているから共通のワクチンを使用し効果を見ます。

知識として持っていれば損はなく、少しは安心できるかと思いますよ。

癌は若いうちにはそう簡単にはなりません。
身体も元気であり、免疫(白血球の働き)も盛んであるからです。
    • good
    • 1

親族と言うよりも親の場合はあります。

それも40代前半まででそれ以後は自己の健康管理です。親がガンを患ったなら貴方も40代までは健康管理に気お付けてくださいな。ガンは体の中ではなりません、外部からの刺激です(食べ物癌の好物は塩分と、脂肪。ストレス等)そんな事を注意して生活していればそれなりに長生きしますからね。大丈夫です。
    • good
    • 0

癌はいろいろあるので、一概に言えません。



「癌家系じゃないから」と言う人がいますが、2人に1人癌になる時代です。
事実を知らないだけだと思います。
    • good
    • 0

自分自身は 33歳でなりました。


亡くなった オバは、40歳半ばで乳がんになりました。
    • good
    • 0

親族で癌になった人がいてもいなくても、若いうちに癌になる人はいます。

    • good
    • 0

場合と言ってしまえば、あるでしょうとしかないですね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング