「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

一人親方に有給は有りますか

A 回答 (5件)

特定の日に休みたければ 仕事を受けなければ良いだけです。


しかし、その日の日当は 誰からも貰えません。
    • good
    • 2

フリーランスですからありません


法人にでもすればできるんじゃないの
    • good
    • 0

有給も、ボーナスも、退職金もありませんし、もらう年金は、半分以下。

自由だけがメリット。
    • good
    • 0

一人親方は誰かに雇われているのではありません。

仕事のみを請け負う形態です。
なので仕事を休むのは自由ですが、休みに対しての賃金の補填や補償はされません。
分かり易く言えば「自営業」、かっこよく言えば「フリーランサー」です。
    • good
    • 1

一人親方は個人事業主ですから、有給はありません。

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外注社員ですが、有給を取得するときに請負元の許可が必要です。

私は大手企業に外注(業務請負会社)で勤務しております、
しかし有給休暇を使用するときは、請負元(大手企業)の会社の社員の許可が必要になります。
これって違法ですよね??
文句を言ってやりたいのですが、怖くて言えません、どうすれば正規の方法(請負会社に申請するだけで休暇が取れる)で有給休暇をとれるでしょうか??

Aベストアンサー

確かに、業務請負会社の労働者が、依頼主の指揮命令下で業務を行なっている場合は、偽装請負とみなされ、労働局の取り締まりの対象となります。
適正な業務請負の基準について、その点ついていえば、
「請負事業主が、請負業務に従事する労働者に対して、直接業務指示をし、その労務管理の全てを行なっていること。」
が前提となりますので、有休の管理を行なうのは業務請負会社であって、請負元ではないことになります。

請負元への許可といわれているのが、通知や連絡のレベルであれば、社会人としての常識の範囲に入ると思われますが、請負元が許可や却下、調整なども含めて指示・判断しているのであれば、違法な行為に該当する可能性は十分に考えられます。

先ずは、請負会社に対して、ご自身と大手企業の契約条件を確認される事が大事です。
労働者派遣は規制が厳しいため、便宜的に業務請負とし、実態は派遣と同じとういうケースが考えられます。
また、許可を出している社員にしても、直接契約に携わっていない場合や知識が不足している場合、外部から協力を受けている労働者は全て派遣契約の社員であり、一様の管理をしなければいいけないと言った間違った認識でいるだけかもしれません。
単なる勘違い、認識違いであれば、請負会社を通じて是正してもらえば済むことだと思います。

確かに、業務請負会社の労働者が、依頼主の指揮命令下で業務を行なっている場合は、偽装請負とみなされ、労働局の取り締まりの対象となります。
適正な業務請負の基準について、その点ついていえば、
「請負事業主が、請負業務に従事する労働者に対して、直接業務指示をし、その労務管理の全てを行なっていること。」
が前提となりますので、有休の管理を行なうのは業務請負会社であって、請負元ではないことになります。

請負元への許可といわれているのが、通知や連絡のレベルであれば、社会人としての常...続きを読む

Q偽装請負と知りながら働くのは違法ですか

お世話になります。

先日主人の会社から
社員から一人親方扱いになる
と言われました。
内装業です。

会社も、法定福利費の負担を
避けるためだと認めましたし、
個人的に色々調べた結果、
これは偽装請負だと私は思っています。
ただ、主人は外国人であり
どんなに説明してもなかなか理解してくれません。

主人はまだ日本語もままならず、
次の仕事が見つかる
保証もありません。
生活もかかっているので
次が見つかるまで、
このまま偽装請負と知りながら働くしかないのか
と思っています。
(私は育児休業中です)

しかし一番心配なのは、法を犯しているのでは、ということです。
偽装請負が発覚した場合
主人も罪に問われるのでしょうか。

Aベストアンサー

>社員から一人親方扱いになる と言われました…

といっても、今までどおり決められた時刻に会社または現場へ出向き、常識の指揮監督の下に仕事をするわけですね。
1ヶ月ごとに (とは限らないけど定期的に) 「給与」をもらうのですね。

現場 1件ごと丸ごと任され、いつ頃仕事に行けばよいかの判断などは自分で、必要な材料や工具・道具類もすべて自分持ち、1現場終わったら請求書を書いてお金をもらう、というのではないのですね。

それならやはり偽装請負の疑い濃厚で、使用者側は税法や労基法違反を問われるでしょう。

>一番心配なのは、法を犯しているのでは…

外国人登録法とか外為法とかに関しては、門外漢ですのでコメントを控えます。

税法面では、夫が個人事業者としての確定申告を怠らない限り、お金をもらう側が法に触れることはありません。

【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

源泉徴収票は出ませんから、自分で収入や経費をきちんと記録しておき、1年が終わったら「収支内訳書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h25/07.pdf
を作成して「確定申告書 B」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h25/02.pdf
とともに税務署へ提出します。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>社員から一人親方扱いになる と言われました…

といっても、今までどおり決められた時刻に会社または現場へ出向き、常識の指揮監督の下に仕事をするわけですね。
1ヶ月ごとに (とは限らないけど定期的に) 「給与」をもらうのですね。

現場 1件ごと丸ごと任され、いつ頃仕事に行けばよいかの判断などは自分で、必要な材料や工具・道具類もすべて自分持ち、1現場終わったら請求書を書いてお金をもらう、というのではないのですね。

それならやはり偽装請負の疑い濃厚で、使用者側は税法や労基法違反を問われるで...続きを読む

Q個人事業(自営業)の有給休暇について

建築の設計事務所に勤めています。
事務所は現在、所長とスタッフ2人(私含め)、事務員1人の計4人です。
私が入るときには雇用契約は結んでいません。
(雇用契約書を下さいといったところ、雇用条件を書いたA4の紙を頂きました)
設計事務所では珍しくないそうなので、特にそれ以上何も言わずに雇用契約は結びませんでした。

事務所は有給休暇がないそうで、先日、平日に用事があり休んだところ、かわりに休日に1日出勤してくれと言われました。
ちなみに休みは土日祝日なのですが、休日に打合せなどで仕事なった場合には代休などはもらえません。

平日に休みたい場合は有給休暇として休みをもらうことは可能なのでしょうか。
また、現状の雇用状態は法的にクリアしているのでしょうか。

雇用契約を結んでないので、自分の立場が正式な社員ではない分、有給休暇の権利を主張できずにいます。
どなたか詳しくわかる方教えてください。

Aベストアンサー

あなたの設計事務所における身分ですが、正社員ではないとのことですが、契約社員orパート・アルバイトの位置ずけなのでしょうか。
入社時の、雇用条件には勤務条件等は書かれていませんでしたか。
就業規則等はありますか。
就業規則等があれば、年次有給休暇についても記載があるはずです。

労働基準法第39条には、年次有給休暇についての記載があり、一定の条件を満たす労働者に対しては、雇用者は年次有給休暇を付与しなければなりません。

第三十九条抜き書き
使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した○○労働日の有給休暇を与えなければならない。
○○は、雇用条件等で日数が変わります。

有給休暇について、厚生労働省の有給休暇ハンドブック(PDFファイル)が公開されていますので一度見られてください。

労働基準法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO049.html#1000000000004000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

有給休暇ハンドブック
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kinrou/dl/040324-17a.pdf

あなたの設計事務所における身分ですが、正社員ではないとのことですが、契約社員orパート・アルバイトの位置ずけなのでしょうか。
入社時の、雇用条件には勤務条件等は書かれていませんでしたか。
就業規則等はありますか。
就業規則等があれば、年次有給休暇についても記載があるはずです。

労働基準法第39条には、年次有給休暇についての記載があり、一定の条件を満たす労働者に対しては、雇用者は年次有給休暇を付与しなければなりません。

第三十九条抜き書き
使用者は、その雇入れの日から起算して六...続きを読む


人気Q&Aランキング