今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

急ぎです。
半年程前にこの子は尾腐れ病になりました。
その時はグリーンFゴールドと魚用の塩で薬浴をさせ、その間断食させました。進行が止まったようなので、念のため一ヶ月ほどは薬浴のまま、数回に分けて通常の水へと変えました。水槽は怖かったので薬浴の際丸ごと新しいのに変えました。
それからはとても元気になり、沢山泳ぎ回って餌もとても良く食べます。尻尾も少しずつ伸びてくるだろうと思っていましたが、一向に伸びず。
寧ろ何だかほんとうに少しずつなのですが、ジワジワと短くなっている気がします。
今日2週間ほど空けて実家に帰って来ると、それを改めて実感しました。

長くなりましたが本題です。
①この子は元気なのですが未だ治ってないのでしょうか?治ってないとすれば、また薬浴漬けをした方が良いのでしょうか?

②どうすれば尻尾は伸びますか?直接薬を塗った方が良いのでしょうか?

③尻尾の先が白くなっているのは伸びてきているのですか?それともストレスでしょうか。


温度調整はしています。水も濁らないよう少しずつ替えて気を付けています。薬浴漬けが終わってからと長さはそこまで変わりませんが、この長さだとやはりまたかかってしまうともう泳げなくなりそうで怖いので是非とも伸ばしたいです。
自然回復はしないのでしょうか?

お手数ですが、初心者ですのでどうか宜しくお願いします。

「急ぎです。 半年程前にこの子は尾腐れ病に」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 9月ごろの写真です。

    「急ぎです。 半年程前にこの子は尾腐れ病に」の補足画像1
      補足日時:2018/03/16 00:24

A 回答 (4件)

写真から言える事ですが、これは確実にPh値の異常からくる皮膚炎ですので一度Ph値を確認し、対応をすれば早期に発見ができました。

悪化をすると闇に葬られる事に成りかねませんし、要因となっているのが何かを突き止める事が優先です。傾きが酸、アルカリで異なりますが、末期になると区別ができなくなり、判断が出来難くなりますので水を直ぐに調べてください。

 ベタやパラダイスは水の汚れに敏感であり、水が悪くなると皮膚炎を起こし、爛れる症状がでます。アルカリの場合は爛れる状態になりますし、腐敗症を起こします。酸の場合は化膿を起こし、全体に拡がりますので重症になる確率は高くなります。

 管理をする意味で水の交換をする際に管理票を作成し、エクセル(Ph値、グラフ)、パワーポイント(写真、映像)、ワード(議事録)等でこれを残し、観察をすると早い時期に対策ができます。面倒臭いのならば簡易ですが、ワンノートに傷病記録を書き込む事でも構いません。
    • good
    • 0

半年前後の時の写真、映像があれば重症か軽症かが判断できます。



 重症の腐敗症は風雨で壊れた傘の様な状態ですが、この状態でしたか?この状態が重症のサインであり、充血をしていると治癒は遅れます。この時の対応が悪いと軽症の場合でも長引きますし、腐敗症の治癒はこれが肝になります。この状態になると尾が長くなるロングテール、尾が巻くベールテールの個体の場合は1年以上の治癒が必要になり、尾が短いショートテール、尾が拡がるメープルテールとは異なる状態になります。

 治りが悪い場合は水質が悪い状態が多く、その結果細菌の繫殖で悪化をします。健康な状態ですとベタセイフと呼ばれるベタやその仲間に対して適した調整剤で保てますが、治癒の途中では処方箋をブロックする事で逆作用になり処刑する事になります。

 私がやる方法は水を汲み置き、必要に応じてカルキ抜き剤を含めた薬剤を減らして対応をしており、ストレスを減らす事もベタやその仲間には負担を掛けません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません!遅くなりましたが写真探しましたので載せておきます!判断宜しくお願い致します。
1枚目の写真は上ヒレが水面につき多少手前に倒れた状態です。

お礼日時:2018/03/16 00:25

魚の診察ができますので回答をします。



 金魚の例で説明しますと腐敗症には重症の腐敗症、軽症の腐敗症があり、症状は似ており、対策は同じで構いません。重症は俗に言う尾腐、鰭腐、鰓腐であり、全体にボロボロになり、泳ぎができない状態になります。軽症の場合は赤く炎症して完全にボロボロにはなりませんし、泳ぎができます。

 重症の場合は完治するには半年以上要し、元に戻るにはベテランは完全にボロボロにして1年以上掛けて治癒します。これは素人には勧めれない方法であり、一歩間違えると破傷風を発症して体全体を腐敗させる事になります。

 軽症の場合はパーツが赤くなり炎症を起こしていますが、重症と比べると少し治る期間が短くなります。この場合はボロボロにしないで長期のリハリビは必要がありませんし、対応が異なります。

 対応で間違っている点は浴剤の処方箋は塩を多く含み、塩を入れる事をしなくても問題はありません。処方箋をローテで5日以上入れて効果がない場合(悪化する、進化が無い等)は数日間真水に入れて観察し、処方箋の変更して再びこれを繰り返します。

 尾鰭が元に戻るにはエルバージュが効果があり、これを処方する事で傷口をボロボロにして細菌を増殖させない様にします。軽症の場合は充血していますのでこのやり方をすると処刑する事になり、アグテン、メチレンブルー等で処方し、効果がない場合は上記の指導したやり方で対応をします。

 完治する間際には黒くなり、徐々に回復しますので覚えておいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!この子はやっぱり重症ということでいいのでしょうか?何時迄も伸びてこないということは、やっぱりこのままよりはメチレンブルー等で薬浴した方が良いんですよね?何度もすみません。

お礼日時:2018/03/11 12:03

病院に連れていくのが1番いいと思います

    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も連れて行きたいんですけど、私の住んでいる県や近くの県には魚を見てくれる所が無く、長期移動は負担が大きく怖いので…。回答ありがとうございます。

お礼日時:2018/03/11 12:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベタのヒレがおかしいです。

10日ほど前に飼い始めたベタのヒレがおかしいです。
全体的にザクザクして、処々ビリッと裂けています。
飼い始めた時にはとても綺麗なヒレをしていました。

昨日、ベタについての質問をさせて頂いたのが↓これです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7797110.html
フレアリングしない事を心配していたのですが、今日見たらヒレが昨日よりもひどい状態になってしまっていました。
餌はやはり元気に食べていて、糞もきちんとしています。
でも、飼い始めた当初ほどの元気さはない気もします。落ち着いたからそう思うのかはわかりません。


ヒレが裂けるのは、水がアルカリに傾いた時に起こりやすいとありますが、うちの水は前述の質問の通りPH5.5の酸性です。
酸性でもこのような症状になるのでしょうか?


これはやはり病気なのでしょうか?
元に戻せますか?
水草は多少入れていますが、裂けるようなものではないと思います。

治療できるなら隔離して治してあげたいとも思いますが、最近新しい水槽に移したのもあり
あまり頻繁に移動させて良いのかどうかも気になります。

同じような質問も見ていましたが、溶けるという感じはしませんし、正直同じ症状なのかの判断ができまなくて、質問させていただきました。
画像を見て、わかりましたら教えていただけないでしょうか?

10日ほど前に飼い始めたベタのヒレがおかしいです。
全体的にザクザクして、処々ビリッと裂けています。
飼い始めた時にはとても綺麗なヒレをしていました。

昨日、ベタについての質問をさせて頂いたのが↓これです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7797110.html
フレアリングしない事を心配していたのですが、今日見たらヒレが昨日よりもひどい状態になってしまっていました。
餌はやはり元気に食べていて、糞もきちんとしています。
でも、飼い始めた当初ほどの元気さはない気もします。落ち着いたからそう思う...続きを読む

Aベストアンサー

ベタの場合、アルカリ性環境の他。

1・強いストレス
2・水質(pHや硬度)の急変=水合わせなど

でも、ヒレ先がギザギザになる事が多々あります。
アルカリ性の場合は、pHが酸性方向へ傾かない限り、ギザギザは治りませんが、1と2の場合は、時間の経過と共に自然治癒します。
なお、冷凍赤虫などカルシウムを多く含む動物性飼料を与えた方が、回復力が高まります。

添付写真のベタは、ヒレ全体が見事にギザギザが入っているので、高級種「クラウンテール(5000円以上)」の血統が混ざっているのかも知れませんね。
http://www.rva.jp/zukan/labyrinth/betta_crowntail.htm

Q尾腐れ病は薬浴させても治らないんでしょうか?

ラミレジイのロングフィンが尾腐れになりかれこれ3ヶ月間薬漬けですが、徐々に尾ひれが溶けていき、薬が効いている様子がありません。
尾腐れ病に効くとされるグリーンFゴールド、エルバージュ、イソジンと薬浴してきて、5日前からパラザンDで薬浴しているのですが、これも又効果は見られず・・・。

 薬浴槽 20Lにパラザン2ml+塩100g弱
 魚数  一匹
 水温  ファンをまわして26度
     エアレーションとヒーターもつけています。
 水換え 5日おきに8割ほど

実は一週間前までもっと小さなプラケースで薬浴していたのですが、もしかしたらそれが治らない一因なのではないかと思ったり・・・
しかし3ヶ月間ずっと薬漬けの辛い環境であるにもかかわらず、この子は割と元気で、餌を落としてやるともう必死でがっついてきます。
(2~3日に一度ディスカス用の沈下性の餌を一粒だけあげています) 

食欲もあるし元気だし、それなのにヒレが少しずつ無くなりいずれは体の方へ広がってじわじわと死んでいくのかと思うと、やり切れません。
3ヶ月に渡る長期間薬浴した魚は今までいなかったので、どうにかして完治させ長生きさせてやりたいのです。
もう助からないのでしょうか・・・どなたかアドバイスをお願いします。
  

ラミレジイのロングフィンが尾腐れになりかれこれ3ヶ月間薬漬けですが、徐々に尾ひれが溶けていき、薬が効いている様子がありません。
尾腐れ病に効くとされるグリーンFゴールド、エルバージュ、イソジンと薬浴してきて、5日前からパラザンDで薬浴しているのですが、これも又効果は見られず・・・。

 薬浴槽 20Lにパラザン2ml+塩100g弱
 魚数  一匹
 水温  ファンをまわして26度
     エアレーションとヒーターもつけています。
 水換え 5日おきに8割ほど

実は一週間前までもっと小さ...続きを読む

Aベストアンサー

長時間は危険だと思いますので塗るのが一番でしょう。
その場合は要するに寄生虫であれ最近であれこれが死んでしまえばいいのですから、一番は赤チンをお勧めします。
付けた後も水中で塗った場所に張り付き効果が持続しますから。
それはないけど、イソジンでもいいかもしれません。しかしイソジンはすぐ水に溶ける、殺菌能力が強いタイミングが違うと聞いているので…。

経口投与で以外と効果が出ることもあるようです。
液体なら好きなエサの乾燥したもの(乾燥赤虫とか)を濃い液(濃度が難しいのですが…)に30分ほど浸して食べさせます。原液を染み込ませる人が結構多いですね。そんなに染み込まないし、ということだそうですが。
ほんの少しやって問題なければ濃度を上げます。とはいってもエサはほどほどにしなければなりませんが。

抗生物質や粉の薬を使う場合、エサを水で柔らかくして練りエサにしてやってみて下さい。
いずれも量の決まりがないので、難しいです。


以下は金魚なので、参考程度にしかならないと思いますが…。

こちらのミスで発見が遅れ、尾がボロボロになっていたので、まずバケツに隔離(水槽のろ過が薬で死ぬため)、水槽を2分の1水替え、ろ材を軽く洗いバクテリア活性剤を入れる、
ヒーターで26度 0.6%塩水浴、エルバージュ24h →塩水浴0.6% グリーンFゴールド+メチレンブルー で6日間(ろ過はバケツに水作エイトの活性炭を取り除いたもの、エサはやらないのでゴミ取りのみ)
これでもあまりはっきりした結果が現れなかったので体力があるうちに、
尾のあたりを中心にマーキュロクロム液(手も真っ赤になるのでハイポを用意…)を塗り込んで塩水浴0.7%+エルバージュー0.2g+グリーンFゴールドx1.2倍+メチレンブルー エルバージュ0.1gとグリーンFゴールド+とある抗生物質を少量を混ぜた小粒(金魚の小粒なので熱帯魚からするとかなり大きいと思います)のエサ6個ほどを作り、1日2回経口投与。
水が汚れるため、バケツを3つ連結して水量アップ(10リットル×3)1日10リットル水替え。
これで回復して2週間後から塩水浴で様子見、水槽へ、という感じでした。
ここまで酷かったのは一回切りで経口投与したのもこの時だけでした。

もっと経験豊富な人が見てくれると良いのですが。

あくまで、参考に。

長時間は危険だと思いますので塗るのが一番でしょう。
その場合は要するに寄生虫であれ最近であれこれが死んでしまえばいいのですから、一番は赤チンをお勧めします。
付けた後も水中で塗った場所に張り付き効果が持続しますから。
それはないけど、イソジンでもいいかもしれません。しかしイソジンはすぐ水に溶ける、殺菌能力が強いタイミングが違うと聞いているので…。

経口投与で以外と効果が出ることもあるようです。
液体なら好きなエサの乾燥したもの(乾燥赤虫とか)を濃い液(濃度が難しいのですが…)...続きを読む

Qベタについて…尾ぐされ病ですか?

ベタの尾の先の方が…
溶けている?
くっついている?
様にみえるのですが、これは尾ぐされ病なのですか?

尾ぐされ病なら「メチレンブルー」で薬浴しようと思います。

又、治るのでしょうか? 進行を止める程度でしょうか?
薬浴を行った場合どの様に治るものなのでしょうか?

色々ありますが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。folmeaと申します。

僭越ながら回答させていただきます。参考にならなかったら申し訳ないです;

ベタの尾びれが尾ぐされ病かもしれないって事ですが、写真ではよく確認できません…。
aketarouさんの質問日から3日程経過しておりますので、もし尾の先に白いもやもやの様なものが付いて来ていたら尾ぐされ病だと思います。そうでなくて、尾びれがくっついて丸まってしまった場合は、フレアリング不足だと思いますので鏡を見せて上げて下さい。
尾の先がただ白くなってしまう場合は水温が低い所為だと何処かのサイトで読んだ事があります。

尾ぐされ病の治療ですが、メチレンブルーは比較的に弱い薬だと聞いた事があります。私も現在水色のトラベタ(♂)を飼っていまして、家に迎えた当初は尾ぐされ病になった事もありました。その時に使ったのはグリーンFリキッドでした。それと併用して塩水浴をしました。
塩分濃度は0.5%~0.7%です。
症状が軽い場合(初期)は塩水浴で治ると言われて言われていますが、薬浴もさせておくと良いでしょう。(念のため)
薬浴中は餌を与えないで下さい。
私の場合は、水温は低めにして様子を見ましたが、3日程で完治しました。念のため2日間は塩分濃度を薄めた(0.3%程)の塩水浴をさせて、段々真水に戻してゆきました。
治ってくると、溶けた部分が再生してきます。白っぽくなって判断に困ると思いますが、もやもやが無くなっているはずですよ。
きちんと薬と塩の分量を守って治療してあげれば治ります!

綺麗な赤色のベタちゃん、どうか元気にしてあげてくださいね!

長文失礼しました。

こんにちは。folmeaと申します。

僭越ながら回答させていただきます。参考にならなかったら申し訳ないです;

ベタの尾びれが尾ぐされ病かもしれないって事ですが、写真ではよく確認できません…。
aketarouさんの質問日から3日程経過しておりますので、もし尾の先に白いもやもやの様なものが付いて来ていたら尾ぐされ病だと思います。そうでなくて、尾びれがくっついて丸まってしまった場合は、フレアリング不足だと思いますので鏡を見せて上げて下さい。
尾の先がただ白くなってしまう場合は水温が低い所為だと...続きを読む

Qベタが傾いたり下半身が沈んでいます

1週間前ベタを入手しました。
4L水槽に弱めのフィルター(1秒に小さな1泡)、サーモ内蔵ヒーター(26℃ヒーターのはずが20~23℃周辺を行ったり来たりしています)、市販されていた底砂、カルキを抜いた水道水にジクラウォーターを使用。水質チェックはテトラの試験紙で行っています。又、立ち上げのときに1回だけバクテリアを使いました。パイロットフィッシュは入れていません。
来て数日は元気だったのですが、昨日から元気がありません。ヒーターの陰の水面近くでまったく動かなかったり、水槽の底でじっとしていたり、下半身も沈みがちで、餌の食いつきも非常に悪くなりました。泳いでいるときに時々傾きも見られます。胸鰭は動いていないこともあります。
立ち上げ以降1回、コップ1杯強の水替えをしました。そのときは既に元気がありませんでした。まだ水が濁っているので、更に水替えをしようかと思いましたが、弱っているときに替えていいものか分からず、まだ実行していません。現状で水替えをする場合、コップ1杯程度で良いのでしょうか?
体調不良の原因は何が考えられるでしょうか。又、打開策はあるのでしょうか。小さな情報でも結構です。ご教示ください。お願いします。

1週間前ベタを入手しました。
4L水槽に弱めのフィルター(1秒に小さな1泡)、サーモ内蔵ヒーター(26℃ヒーターのはずが20~23℃周辺を行ったり来たりしています)、市販されていた底砂、カルキを抜いた水道水にジクラウォーターを使用。水質チェックはテトラの試験紙で行っています。又、立ち上げのときに1回だけバクテリアを使いました。パイロットフィッシュは入れていません。
来て数日は元気だったのですが、昨日から元気がありません。ヒーターの陰の水面近くでまったく動かなかったり、水槽の底でじっと...続きを読む

Aベストアンサー

原因は不明ですが、とりあえず水量1/3水換え+塩0.3%を行いましょう。
水とお湯で飼育水と同じ温度に調整した水に適量のカルキ抜きと0.3%となる塩(12g⇒
食塩でOK)を溶かして、ゆっくりと水換えしてあげてください。

>1週間前ベタを入手
>水質チェックはテトラの試験紙で行っています。
>立ち上げのときに1回だけバクテリアを使いました
数値はどうですか?市販のバクテリアを投入されても、必要な濾過バクテリアは繁殖して
いません。
対策は、水換えとなります。

>サーモ内蔵ヒーター(26℃ヒーターのはずが20~23℃周辺を行ったり来たりしています)
>ヒーターの陰の水面近く
ヒーターは、底床付近に設置しなければなりません。水の対流を利用しますので、ヒーター
が上のほうに設置されていたら、底の方は冷たいままですよ。

>4L水槽に弱めのフィルター(1秒に小さな1泡)
>立ち上げ以降1回、コップ1杯強の水替え
とても小さな水槽ですので水流を嫌うベタのため、フィルターのエアー量を絞られている
のですね。
これは確かに仕方の無いことだと思います。
ですので、フィルターでのバクテリアによる生物濾過は、あまり期待できませんので、底
砂利に繁殖したバクテリアを利用することとなります。(ボトルアクアの世界ですね。)

ただ、先の通り、十分な濾過バクテリアを繁殖させるためには、1ヶ月程度かかりますので
それまでは、3日~1週間毎に飼育魚の状態を見ながら水量1/3程度の水換えをしてあげて
ください。
(餌を食べなくなったり、水面で口パクしたり、アト何か元気がないなぁ、と思った時)

水質検査で亜硝酸が0.3mg以下となりましたら、初めて立上げ終了です。
その後も、水質(亜硝酸濃度、pH)を見ながら、足し水で良いのか水換えを行うかを判断
してください。

塩は、ベタの元気が戻ってきたら、以降の水換えから塩抜きにしてあげてください。
それと市販のバクテリアの投入は行わなくて良いです。

ただし、白点がある、ヒレが欠けている、体表に充血がある、目が飛び出ているなどの症状
が見られましたら病気ということですので、その際には適切な薬での治療が必要です。
(換水時に、適切な薬も入れることとなります。)

原因は不明ですが、とりあえず水量1/3水換え+塩0.3%を行いましょう。
水とお湯で飼育水と同じ温度に調整した水に適量のカルキ抜きと0.3%となる塩(12g⇒
食塩でOK)を溶かして、ゆっくりと水換えしてあげてください。

>1週間前ベタを入手
>水質チェックはテトラの試験紙で行っています。
>立ち上げのときに1回だけバクテリアを使いました
数値はどうですか?市販のバクテリアを投入されても、必要な濾過バクテリアは繁殖して
いません。
対策は、水換えとなります。

>サーモ内蔵ヒーター(26℃...続きを読む

Qベタの元気がない時は塩入れたらいいと聞いたことありますが普通の食塩で良

ベタの元気がない時は塩入れたらいいと聞いたことありますが普通の食塩で良いのでしょうか?それともあらじおが良いのでしょうか?入れる量も教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です、補足にお答えします。

>60グラムてどのくらいの量になりますでしょうか?

大さじ一杯が塩の場合約15gですから4杯。また大さじがなければ、大さじ1杯=ペットボトルキャップ2杯分ですから、キャップ8杯となります。

*大さじ1杯は、すりきり1杯です、ギュウッと押し込めず、さじに自然に取った量がすりきりです。

*塩を指でひとつまみ=約0.3gです。

>病名によって塩浴やる場合とやらない場合があるようで…

私は専門家ではなく、ベタや金魚、めだかを好きで長年飼っています。なので掛かり付けの医者やペット屋から聞いた知識となりますので、#1さんほど詳しくはありませんから、#1さんの回答も参考にして下さい。

では私なりの回答をしておきます。ベタは元々泳ぎが下手なので、じっとしている方が得意な魚の種類ですから、よく体を見てウロコやおびれ・背びれなどに異常がないか確認してみて下さい。

ちなみにベタの病気は、エルバージュと塩(精製塩)を用意してください。この2種類でベタの病気はほとんど治ります。(と教えて貰い、以来ずっと実践してます)

ベタの一番かかりやすい病気はコショウ病です。水温の変化でなりやすいです。治療は飼育水を交換してエルバージュを色の付く程度ほんの少量溶かし、1リットルに対して5gの塩を入れてください。水温は高目に設定してください。2日ほどで直ります。

*コショウ病とは
コショウを振りかけたように薄いオウド色の細かい点々が体中に付着する。ベタが一番かかりやすい病気でベタの元気が無くなったら注意してよく見ること。

エルバージュエースは1袋0.5gなので、約10分の1で良いです。

「鰭が溶けている」場合。水質が合っていないか、ベタのストレスによりヒレが溶ける場合があります。治療は水替えをしてから水1Lに対してエルバージュ約0.05g入れよく溶かしてから塩を5g入れて下さい。ヒレが溶ける進行は止まります。

後はヒレが伸びるのを待ちましょう。またこの方法はウロコが固まった時にも有効です。

他にもおびれの「ささくれ病」など病気は沢山あります。もしそのような感じでしたら、申し訳ないですが私はウチのベタでは経験してないので、回答が出来ません。(金魚やメダカでは経験ありますが)

なのでネットで検索してみるか、また良回答があるのを待ってみて下さい。もし金魚やメダカと同じ対象なら、私なりの回答も出来ます

#1です、補足にお答えします。

>60グラムてどのくらいの量になりますでしょうか?

大さじ一杯が塩の場合約15gですから4杯。また大さじがなければ、大さじ1杯=ペットボトルキャップ2杯分ですから、キャップ8杯となります。

*大さじ1杯は、すりきり1杯です、ギュウッと押し込めず、さじに自然に取った量がすりきりです。

*塩を指でひとつまみ=約0.3gです。

>病名によって塩浴やる場合とやらない場合があるようで…

私は専門家ではなく、ベタや金魚、めだかを好きで長年飼っています...続きを読む

QグリーンFゴールド投入後の対策

よろしくお願いします。

60cm水槽に、ベタ・コリドラス(2匹)・オトシン・プレコ・サカサナマズ・ネオンテトラ(7匹)・ランプアイ(7匹)・巻貝(3匹)を飼っております。

1週間程前からベタが餌をあまり食べなくなり、水底でじっとしていることが多くなったので様子を見ておりました。
すると3日前、朝起きてみると水槽の水が黄色っぽく変色しており、驚いて家族に聞くと『ベタのひれに綿の様なものが付いているので綿かぶり病だと思い、グリーンFゴールド顆粒を投入した』との事でした。

アクアリウム初心者で知識はほとんどないのですが、こういった場合の対処としては、ベタだけを他の水槽に移して薬浴させるという方法が正しいのではないかと思うのですが、やってしまったものは仕方がありません(泣
しかし、グリーンFを投入後3日経過してもベタは、水面に近いところでエラを大きく広げて苦しそうにしています。
他の魚たちには影響は見られず、元気なようです

水草も入っている水槽なので、影響がないか心配です。
それに、上部フィルター式のろ過器を使っているのですが、中にいるバクテリアに影響はないのでしょうか?

今は、水道水を中和した水を容器に入れ、ベタだけを隔離しています。

今後の対策について、お教え下さい。

お願いします。

よろしくお願いします。

60cm水槽に、ベタ・コリドラス(2匹)・オトシン・プレコ・サカサナマズ・ネオンテトラ(7匹)・ランプアイ(7匹)・巻貝(3匹)を飼っております。

1週間程前からベタが餌をあまり食べなくなり、水底でじっとしていることが多くなったので様子を見ておりました。
すると3日前、朝起きてみると水槽の水が黄色っぽく変色しており、驚いて家族に聞くと『ベタのひれに綿の様なものが付いているので綿かぶり病だと思い、グリーンFゴールド顆粒を投入した』との事でした。

アクアリ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
・メチレンブルーも水草を枯らし、濾過バクテリアも死滅させます。
メチレンブルーもグリーンFゴールド顆粒同様、隔離水槽で使用する薬で、水草水槽(本水槽)には使用してはいけません。

水槽の水草やバクテリアへの影響度は、ご家族の薬剤の投入量次第になります。
メチレンブルー投入後、3日間ほど経過されているとのお話ですが、やはり換水をオススメします。
大量換水をすれば、メチレンブルーの濃度は十分に希釈され、水草やバクテリアへの影響が減少します。
今後、水草が枯れたり、溶けてしまっても、水草の根が生きていれば、また、新芽を芽吹く可能性は十分にあります。
後は、先ほどの通り、アンモニアと亜硝酸の濃度が高まらないように飼育水を管理し、必要に応じて換水すればOK。

先ほど書き忘れましたが、濾過バクテリアは好気性のバクテリアです。
CO2添加の水草水槽ならば、一時的(3週間ほど)にCO2添加を中止し、エアポンプによる十分なエアリング(ブクブク)を行うことで、濾過バクテリアの繁殖を促すことが可能です。
CO2を使用していない水槽でも、エアリングを少し強めることをオススメします。

メチレンブルーの特徴は、魚毒性が少ない薬品なので、安全な殺菌剤として重宝な薬です。
(海外で採取され空輸される熱帯魚の輸送タンクは、メチレンブルーによる殺菌が施されています。)
メチレンブルーは、光にあたると分解が加速し、病理薬としての効果がなくなくなる特徴があります。
メチレンブルーを使用する隔離水槽に照明がある場合は、照明は使用しないで、室内の照明程度の弱光量で治療する必要があります。

No.1です。
・メチレンブルーも水草を枯らし、濾過バクテリアも死滅させます。
メチレンブルーもグリーンFゴールド顆粒同様、隔離水槽で使用する薬で、水草水槽(本水槽)には使用してはいけません。

水槽の水草やバクテリアへの影響度は、ご家族の薬剤の投入量次第になります。
メチレンブルー投入後、3日間ほど経過されているとのお話ですが、やはり換水をオススメします。
大量換水をすれば、メチレンブルーの濃度は十分に希釈され、水草やバクテリアへの影響が減少します。
今後、水草が枯れたり、...続きを読む

Qベタのひれが溶けています

ベタを飼い始めて2週間の初心者です。購入後初めての水替えをしたのですが投入直後、
ヒレから白い粘膜の様なものが溶けているように見えます。

水替えには 3日ほど前に汲み置きした水を使い、一応カルキ抜きもしました。
古い水も3分の一を残して入れました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1です。

ビンで飼育できるという卑怯な謳い文句で販売されていますが
水量が少ないほど初心者による飼育は難しいです。
ビンで飼育をするには、バケツでいいので水を作る環境を用意しておく必要があります。
もしくは30センチでいいので水槽一式を用意したほうが楽かもしれません。
ですが丸型の水槽は避けてください。

白濁りにもいろいろ原因がありますが、おそらくろ過を含めた環境に問題があります。
全て推測でしかありませんが、ベタということから酸素供給が不足している。
ベタストーンを入れているならPh値は問題ないと思われますが、
アンモニアを吸着するため、アンモニアが不足している。
1リットルということはろ過機は使われていない?
以上の理由からバクテリアが繁殖できていないのが大筋な原因だと思われます。
バクテリアの繁殖条件、水の作り方についてもよく調べてみてください。

ただし先に書いた通り、餌の量が多すぎるなど、白濁りの原因は様々です。
水の濁りが取れないうちはまめに換水してもかまいませんが、
繁殖したバクテリアを捨てることと同じですから、
水の匂いと透明度をよく観察したうえで行ってください。

1です。

ビンで飼育できるという卑怯な謳い文句で販売されていますが
水量が少ないほど初心者による飼育は難しいです。
ビンで飼育をするには、バケツでいいので水を作る環境を用意しておく必要があります。
もしくは30センチでいいので水槽一式を用意したほうが楽かもしれません。
ですが丸型の水槽は避けてください。

白濁りにもいろいろ原因がありますが、おそらくろ過を含めた環境に問題があります。
全て推測でしかありませんが、ベタということから酸素供給が不足している。
ベタストーンを入れているなら...続きを読む

Qベタ エロモナス病?画像判断お願いします

こんにちは。
2週間前くらいからベタを飼いはじめました。
少し前から、なんだかお腹が膨れているかな?と思っていたのですが
今日、エロモナス病というお腹が膨れる症状の出る病気があることを知り怖くなりました。

ただ飼いはじめたばかりで、これが通常なのか異常なのか判断がつかず、
写真を添付するので知識のある方に見ていただきたいと思いこちらに投稿しました。

濾過ヒーターなしの金魚鉢で飼っており、水替えは2,3日に一回くらい行っています。
お腹が膨れているかと思い始めたのは1週間前くらいです。
元気はあるようで、水槽の中を常に元気に泳ぎ回っています。
疑いがあるようなら、すぐにでも薬を買いに行こうと思います。

是非先輩方のお知恵をお貸しください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

>少し前から、なんだかお腹が膨れているかな?と思っていたのですが今日、エロモナス病というお腹が膨れる症状の出る病気があることを知り怖くなりました。

質問者さまのベタはエロモナスです。体が膨れあがっています。

>お腹が膨れているかと思い始めたのは1週間前くらいです。元気はあるようで、水槽の中を常に元気に泳ぎ回っています。

初期のうちは餌を食べます。徐々に体の膨らみが大きくなってきたら餌を食べなくなってきます。

>疑いがあるようなら、すぐにでも薬を買いに行こうと思います。

http://okwave.jp/qa/q8037064.html

上のエロモナスの病気と同じです。

エロモナスを治す薬は、グリーンFゴールド、グリーンFゴールドリキッド、観パラDなどです。

エロモナスは、水質悪化や水質があっていないなどが主な原因です。

今は暑いです。水が少ないと水温の変化が大きくなり、水質の変化が大きくなります。

水温を28℃か、それ以下の26℃~27℃くらいの水温になるように水温を固定されてみてください。

質問者さまの金魚鉢が何リットルくらいかわからないですが、例えばエロモナスでグリーンFゴールドを使うとします。グリーンFゴールドは、バクテリアが死滅して水草もダメになりますので、水草水槽には直接いれれないです。ただグリーンFゴールドリキッドや観パラDよりは、治る確立は多少あがります。グリーンFゴールドは、1gで水量約32~40Lで薬浴します。水槽が狭いと薬の量をものすごく注意していれないといけないです。例えば、10Lでは0.25gの薬の用量を使います。質問者さまの金魚鉢が5Lぐらいとします。使う薬の用量は0.125gです。この薬の用量を間違えると、薬の入れすぎで薬の副作用でベタが亡くなるに直結します。2日に1度1/3水換え、1/3の水の追加(カルキ抜きはわすれないでください)をされたあと、薬1/3の0.04gぐらいを追加します。餌は普通にあげて構わないです。食べなければどけてください。

グリーンFゴールドはバクテリアが死滅します。グリーンFゴールドリキッドや観パラDは、バクテリアには影響が少ない薬で、水草が入っている金魚鉢にも使えます。観パラDよりは、薬の計算がしやすいグリーンFゴールドリキッドの方が薬の計算はしやすいです。

グリーンFゴールドリキッドなら、10mlを水量約10Lで使います。水量約5Lぐらいの金魚鉢であれば、5mlの薬をいれれば良いです。厚いですので水換えが必用かなと思います。薬浴液は、使用する時に希釈し調整されながら、薬浴槽の薬剤は均一になるようによく混ぜてから使用されてください。この作業の時は、ベタを入れずにされた方が良いと思います。そして2日に1度1/3水換え、1/3の水の追加をされて、(カルキ抜きはわすれないでください)、そのあと1.6mlぐらいの薬を追加します。薬の追加の時は、徐々に薬を入れながら、なるべく均一にという感じで注意していれれば良いかなと思います。餌は普通にあげて構わないです。餌を食べなければどけてください。

エロモナスは、薬を使って治すしか方法がないです。

これで様子をみられてみて下さい。

こんばんは

>少し前から、なんだかお腹が膨れているかな?と思っていたのですが今日、エロモナス病というお腹が膨れる症状の出る病気があることを知り怖くなりました。

質問者さまのベタはエロモナスです。体が膨れあがっています。

>お腹が膨れているかと思い始めたのは1週間前くらいです。元気はあるようで、水槽の中を常に元気に泳ぎ回っています。

初期のうちは餌を食べます。徐々に体の膨らみが大きくなってきたら餌を食べなくなってきます。

>疑いがあるようなら、すぐにでも薬を買いに行こうと思...続きを読む

Qベタの色が…

購入時、綺麗な青色に一目惚れしたのですが、飼い始めて1ヶ月で体を中心に色が薄くなり、朱色(多分血液)が目立ってきました。

元の青い色に戻す方法はありますか?

また、色が抜けたのはベタの健康上の問題なのでしょうか?

Aベストアンサー

ベタは元気ですか?元気なら、大丈夫です。安心して下さい。

ベタは成長する過程で、色が変化する事があります。
その原因は、成長するに従い親の血が濃く出てくるからだと聞いたことがあります。
つまり、そのベタの親が赤い色をしていたのでしょう。
この場合、健康に問題があるわけではないし、色の変化が体に害を及ぼすわけでもありません。
だから、残念ですが、戻すことはできないかもしれません。

でも、もしもストレスとか他のことが原因になっているのなら、ゆっくりできる環境に変えてあげたりとか、水槽に青っぽいものを入れてみたりとか。青っぽいものを入れるのは、ベタが青いものを察知して保護色に変わり、入れたものと同じ青になるかもしれないからです。

もしも変わらない場合は、これもペットの成長なのだと諦め、喜んであげてくださいネ。
参考になったら嬉しいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング