旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

今卒検を受けました。
路上で、ノッキング、少し急なブレーキや、右折する時に横断歩道の前で対向車を待ってしまい、「待っている位置が違います」と言われてから前に出たりしまいました。
しかし、路上を走りきり、場内課題もやらせて頂きました。
受かってる可能性、ありますかね???
点数が足りない場合、場内課題はやらせて貰えないものですか?

A 回答 (2件)

場内課題さして貰えるなら大丈夫ですよ!路上で落ちてたら路上だけで帰らされるので!受かってるといいですね!

    • good
    • 1
この回答へのお礼

受かりましたーーー!
ありがとうございました

お礼日時:2018/03/31 16:58

一発NGじゃないので、大丈夫ですよ。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交差点での右折方法

いつもお世話になってます。
突然ですが、今日、卒検に落ちました。
交差点で無理に右折したため、ブレーキを踏まれてしまいました。
(私は大丈夫だと思ったのですが)

その交差点は交通量が多く、対向車がなかなか途切れません。
信号が黄色になったら、右折していいと言われましたが、黄色でも対向車は走ってきます。
この場合、交差点に入っていれば、赤になってしまっても右折して大丈夫でしょうか?

教習車なので、交通ルールは絶対です。
そのことを踏まえて回答していただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筆者も大型免許を取得するためにいま路上教習中です。

原則として学校のコース内では、4車線同士が交差するような大きな交差点はないとおもいますから校内は教習中の教則が絶対です。
校内の教習中、対向車が直進しようと交差点内に入ってくる場合は自車(右折車)は進路を譲らないとブレーキを踏まれるはずです。

ひるがえって、実際の路上教習ではどうかというと、多少の教則は外れても「安全(確保)が第一」です。
仰るような交差点内に入った状態(横断歩道があればそれを越えて交差点の中心点に近い位置まで《誘導線などあればそこまで》車を進めているはずですが)で対向する直進車を先に行かせていますと黄色を過ぎ赤になってしまうこともあります。
右折信号がなく混みやすい交差点ではよくあることです。
それは直進車が切れないから仕方がないことです。
赤になっても交差点内に残って(横断歩道を越えたその先で停車していなければ正当性は認められないかもしれないですが)しまっているのなら速やか(ここの解釈が微妙ですが安全を確保した上で素早くと言う感じですか・・・)に右折を終了しなければなりません。ここでの赤信号は無視という扱いにはなりません。
これを一言でいうなら臨機応変ということになります。

規則とか教則が優先なのは、自車の安全確保をしなければならない状態にある状態の一歩手前までです。教官の急ブレーキなどは他車(後続車)からしたら危険行為に等しい行為です。

これが、交差点内に進入してしまうと赤になってしまう可能性がある( 《かもしれない運転》で対向車の量を推測する)、もしくは横断歩道などがあればその先にでる(交差点の中心に近付く)のが停車中の車間距離確保などから安全を確保できにくい(素早く判断する必要があります)と思えば横断歩道の手前で止まっているのが正解です。歩道上は絶対にダメです。
ご存知だとはおもいますが、路上教習中は教官が横で「(ゆっくり・もしくは・早く)行ってしまいましょう。」とか「止まって待っていましょう」などと指示してくれますが、検定中は検定車の動きを指示する教官の指図は一切ありません。同じような状況は自分で判断しなければなりません。
これには検定中を限定としますが自分が思う安全確保が第一です。
躊躇する状態なら交通の流れに乗るという積極性が認められなくても止まって待っていることが最善です。

また別の観点からですが、あなたが大丈夫だとおもって交差点内に進入したとしても教官はそれをキケンと判断したわけです。
なにも教官は金儲けのために生徒を落とそうとは考えていないはずです。
(いろんな都市ならぬ車校伝説は耳にするでしょうが・・・)
あなたの検定中の今までの運転操作から判断してキケンと判断されたのですから、あなたは誰も(後部座席に他の検定者が同乗していたはずです)がキケンはなかったのか?という合理的な疑いを差し挟む余地のないほどに安全であったかを自信を持って言えなくてはなりません。
なにか大袈裟な話ですが、検定の審判とはそのような客観性に基づいたものです。
それが言えないとすればその操作は危険予知されるか危険に等しい運転だったということになります。

考えられる要素(策)としては、交差点へ進入する際のスピード、ハンドルやギヤ操作の素早さ、的確さ、目視により判断される対向車との距離及び間隔などですね。この感覚をしっかり復習しましょう。

総じて、交差点内に交差する側の車両が入り始め、一台だけポツンと残されるというようなことはあってはならないことです。

その場で急ブレーキを踏まれ、その後の教官の指示で車をどう操作したのか・・・止まっていたのか、それとも交差点を通過したのか、その行動が判断として正しいものと近いものではないかおもわれます。

「みきわめ」がもらえて検定に臨んでいるわけですから、運転能力的には合格ラインのはずです。

どうか気を落とさず再チャレンジ、がんばってください!

筆者も大型免許を取得するためにいま路上教習中です。

原則として学校のコース内では、4車線同士が交差するような大きな交差点はないとおもいますから校内は教習中の教則が絶対です。
校内の教習中、対向車が直進しようと交差点内に入ってくる場合は自車(右折車)は進路を譲らないとブレーキを踏まれるはずです。

ひるがえって、実際の路上教習ではどうかというと、多少の教則は外れても「安全(確保)が第一」です。
仰るような交差点内に入った状態(横断歩道があればそれを越えて交差点の中心点に近...続きを読む

Q明日は仮免試験…S字、クランクが心配で仕方ないです

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車体の真ん中くらいに来るよう左寄りで走り、S字とクランクも今まで習ってきたことをもとに(特に私はハンドルをはやく切りすぎてしまうことが多いので、少し遅めに切るようにしました)やってみました。

そうしたら、S字とクランクどちらも何回かやったのですが初めて一度も脱輪することなく、始めにあらかじめ先生にも「S字とクランクが心配」と言っていたのですが終わりころには「だいぶいいね」と言ってくださり、S字クランクを通る時のスピードなど注意を受けたものの、一発で見極め良好をもらってしまいました・・・。

正直、私の場合先生によってリラックスした気持ちでできるか緊張してしまうかが分かれてしまう、というのもあるのですが・・・^^;

修了検定は、確かとなりに教官はいないのですよね・・・?(無線で指示をうけると聞きました)
今まで練習では、厳しい先生だとしても先生がいてくださったので「脱輪しそうなら指示を出してくれる」と思っている部分があり、それで少し気楽にできた、というのがありました。
しかし明日は隣にいない状態で一人で判断して操作しなければなりません。。

今日は成功したものの、明日脱輪しないか・・・と今から落ち着きません;

クランクで柵にぶつかったら検定中止になる、というのは聞きましたが、脱輪の場合も
中止になるのでしょうか?
また脱輪した場合、そのまま進行方向に進んだほうがいいのかバックしたほうがいいのか、
バックの場合ハンドルは切るのかそのままなのか、、状況による使い分けがまだいまいちわかりません;;
クランクやS字の際、これは気をつけて運転したほうがいい、というのはありますでしょうか・・・?

今私が通っている教習所には、母の友人の知り合いの方が教官をなさっていて
そのつながりで紹介をしてもらって通っています。
実際にその教官に技能を教えてもらったこともありますが気さくな本当にいい先生で、
「一発で合格してほしいから」と私のできていないところの注意、アドバイスを丁寧にしてくださって、なぜできないのか一緒に考えてくださったり、また私が運転の指導をしてもらった他の先生にも私の運転について聞いてくださっていたり、「もうすぐ検定だけど、まだ走り慣れてないみたいだから」と心配してくださっていたようです。
それを知ってとてもうれしく思ったと同時に「一発で絶対合格したい」という気持ちが強くなり、
また今春休みで帰省しておりその中で短期でスケジュールを組んで受けているので
落ちるとこれからの計画がくずれてしまって、この休み中に卒業検定まで
いかないこと、また両親に金銭的な面であまり負担もかけることはできないことなどがあり
とにかく明日のことが心配です。。

何かアドバイスありましたら教えていただけないでしょうか・・・?

長文失礼いたしました。

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車...続きを読む

Aベストアンサー

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいでも十分曲がれます。感じとしては、ドアミラーがカーブ開始位置に来たあたりが、ナイスタイミング。スピードが遅いから、これで大丈夫!

S字カーブでも最初のカーブと次のカーブの曲がり具合はほとんど同じはずです。最初はゆるいカーブで、次が90度曲がるなんてコースはないですよ。同じタイミングでいいんです。

で、まず一つ目のコツ。前輪がカーブに対してどの位置にあるかをイメージしましょう。でも、これって教習中に指導員から教わりませんでしたか? あしたの仮免前に練習は出来ないでしょうから、夜にイメージトレーニングするしかないですねえ。

ハンドルは手を緩めると元の位置に戻ろうとします。当然車のカーブ具合もゆるくなり、そのままにすると直進します。そして次のカーブ開始がドアミラー付近まで来たら、同じようにゆっくりと曲がっていく。どうせスピードは20-25km程度過ぎません。

2.脱輪した時点で試験はおしまいの筈です。「再試験ね」と冷たく言われて・・・。

そこで第二のコツ。脱輪しそうになったら、まず止める。Rにギアを入れて、ハンドルはそのまま。ブレーキを緩めて絶対に切り返さずにバックして元の位置まで戻る。ここであわててハンドルを切ると今度は後輪が脱輪する可能性が大きくなります。

もとの位置まで戻ったらやり直してカーブを回る。

さあ、頑張って! 憧れの運転免許はすぐそこにある!

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいで...続きを読む

Q今日卒検を受けたんですが不合格でした… 原因は右折をもたもた戸惑ってしまい横断歩道に乗っかり歩行者を

今日卒検を受けたんですが不合格でした…
原因は右折をもたもた戸惑ってしまい横断歩道に乗っかり歩行者を妨害したことです。そして4人受けたんですが自分だけ落ちてしまいました…正直やる気がでない。でも親にお金を払わせてるからやらなければと言うプレッシャー…
卒検はあまり落ちる人はいないと聞いたのですが卒検で落ちた人はいますか?

Aベストアンサー

交通ルールを理解し、普通に運転出来る人はまず落ちません。

逆に言えば、交通ルールがまだ完全に理解しておらず、
危険な運転をするようだと落とされてしまいます。

私の時も、卒検時に他の人が道路脇に止めてあった自転車に軽く接触してしまい
不合格となって落ち込んでいた人がいましたが、
その様な事故や事故に近い状況を起こせば間違いなく落ちてしまいます。

運転技術は未熟で当たり前・・・なのですが、
交通ルールと危険回避が未熟だと駄目な事と言えるので、
質問者さんの場合は、その辺の知識がまだ足りていなかったと言えるのではないでしょうか?

横断歩道上に停車して歩行者の妨害をするというのはルール&法律上駄目な事ですからね。

そこは解っていたけど、運が悪くてそうなってしまった・・・という事もあるかと思いますが
そうやって起こる不運の事故というのも多くある事なので
そういう貴重な経験を体験したと前向きに捉えて、
自分にプラスになるよう考えるしかありません。

車の運転&免許は、これから先何十年も活用する物なので、
たった1度の失敗ぐらいで諦めるのは浅はか過ぎるのではないでしょうか?

交通ルールを理解し、普通に運転出来る人はまず落ちません。

逆に言えば、交通ルールがまだ完全に理解しておらず、
危険な運転をするようだと落とされてしまいます。

私の時も、卒検時に他の人が道路脇に止めてあった自転車に軽く接触してしまい
不合格となって落ち込んでいた人がいましたが、
その様な事故や事故に近い状況を起こせば間違いなく落ちてしまいます。

運転技術は未熟で当たり前・・・なのですが、
交通ルールと危険回避が未熟だと駄目な事と言えるので、
質問者さんの場合は、その辺の知識がまだ...続きを読む

Q卒業検定どうしたら、受かるのですか?

今日、3度目の卒業検定に落ちてしまいました。
いい加減、3度目なので、比較的受かりやすい日を予約しました。
日曜日は、道が空いていて、比較的受かりやすいと聞いていたのに、
その日曜日(今日)に落ちてしまいました。
補修では、いつも問題なく、「どうして、これで落ちたのかねえ?」
と指導員にいつも首を傾げられます。
だけど、検定になると、交差点前にいきなり3台も駐車していたり、
歩行者が飛び出してきたり…、と普段ないような状況が出てきて、
なんで、検定の時に限って…!?というような状況になり、
普段楽に通っている道も別の道に見えてしまいます。

間をあけずにやった方が良いと言うから、落ちてもすぐ補修、
検定を入れてやっているのに、
補修だと順調で検定だと引っ掛かってしまいます。

慎重になればなるほど、変なミスを重ねてしまったり、
どんどん悪循環になっていくようで、
もうどうして良いのかわかりません。

仮免から二段階まで順調だったのに、最後にきて、
こんなにてこずるとは思いませんでした。

お金もかかるし、もういい加減、検定員に逆切れしそうです。

3月1日までに検定が受からなければ、無効になってしまいます。
2月は日数が少ないのと、学生が多いので予約がとりずらく、
余計に精神的に追い込まれてきます。
一体、どうしたら受かるのでしょうか?
今日落ちて、かなりまいりました。

検定で手こずった方の体験談や、何かお知恵を頂けたらと思います。
どうか、よろしくお願い致します。

今日、3度目の卒業検定に落ちてしまいました。
いい加減、3度目なので、比較的受かりやすい日を予約しました。
日曜日は、道が空いていて、比較的受かりやすいと聞いていたのに、
その日曜日(今日)に落ちてしまいました。
補修では、いつも問題なく、「どうして、これで落ちたのかねえ?」
と指導員にいつも首を傾げられます。
だけど、検定になると、交差点前にいきなり3台も駐車していたり、
歩行者が飛び出してきたり…、と普段ないような状況が出てきて、
なんで、検定の時に限って…!?というよう...続きを読む

Aベストアンサー

まず、曜日ですが「土日祝祭日」は逆に「避けた」方がいいですよ。

理由は簡単「休みの日にはワケわかんないヤツがウロチョロしてるから」。。。
乱暴な言い方になってしまいますがこれが「現実」です。

「休みの日」には「子供や運転不慣れなサンデードライバー、ママチャリの買い物おばさん」これら「危険な奴等」(「動く赤信号」みたいなもんです)が多いのは事実ですから。

検定は「日中」に行われますよね?「危険な奴等」がいないのが、実は「平日の日中」なんです。
子供は学校、サンデードライバーはいない、ママチャリのおばさんも日中には買い物しない。
おまけに日中なら通勤通学の車や自転車、バイクも少ない。

逆に「平日の日中」は運転に慣れてる「仕事関係者」なんかの車が多いので、「検定車」を見たら「優遇したり避けたり」してくれます。

運転不慣れな「サンデードライバー」はこの「優遇したり避けたり」が出来ないんです。(自分だけで一杯x2ですから)
子供やおばさんは検定車に対して「お構いなし」です。

検定は「100点からの減点方式」で「一種」ならば「70点」が合格ラインです。
しかし、ちょっとした事で「10点」とか平気で「減点」されます。
まして、危険な運転があれば「20点」とかボコっと逝かれます。

恐らくなんですが、質問者さん。。。「細かいミスが」が多いんじゃないですか?
「細かい」のでも5点、10点と引かれれば合格ラインの「70点」なんて簡単に割り込みますよ。

主に多い「細かいミス」としては「安全確認の目視」ですね。
この「目視」はあらゆるトコロに「在り」ます。
発進、停車、切り返し時の後退などなど、、、

「縁石乗り上げ」とか「一時停止場所不停止」なんてのは「無い」んじゃないかな?
「指導員も首傾げる」って事は「決定的な事」は「やってない」でしょうね。

確かに「路上」ではいろいろな「事」が起こります。
「免許取得者」でも「対応に迷う事」が起こるのは事実です。

ですが、その「事」に対して「如何に対応しているのか?」が問われるんです。

「危険な事」が「起きそうである」と「判断するかどうか?」そして「その危険な事」に対して「如何対応するのか?」を検定員は「見てる」んです。

「検定の時」に限って「人が飛び出して来た」って言うなら、それは「運」でもあります。
が、しかし、そんな「状況」を「如何に予想」して「如何に判断」して「如何に対応」するか?
「出てきそうなヤツ」がいるならば「注視」して、それを「警戒」して安全な走行をすれば、検定員は「その注視」を見ています。
逆に「注視してるかどうか?」を見てるんです。

信号が「青」から「黄」になるかどうかの「タイミング」は歩行者側の信号の様子から推察出来るはずです、また、推察しなければならないのです。現実には難しいです。

ある種「演技」を「採点してもらう」って部分もあります。

適度な「緊張」を持ち「落ちついて」運転操作するしかありません。

「検定」の基準に挙げられているでしょう?
「円滑な運転操作」ってね、これって「落ち着いて」って事なんです。

長々書いてしまいましたが「落ち着いて安全確認を怠らず運転」してください。
必ず「合格」しますから。。。

まず、曜日ですが「土日祝祭日」は逆に「避けた」方がいいですよ。

理由は簡単「休みの日にはワケわかんないヤツがウロチョロしてるから」。。。
乱暴な言い方になってしまいますがこれが「現実」です。

「休みの日」には「子供や運転不慣れなサンデードライバー、ママチャリの買い物おばさん」これら「危険な奴等」(「動く赤信号」みたいなもんです)が多いのは事実ですから。

検定は「日中」に行われますよね?「危険な奴等」がいないのが、実は「平日の日中」なんです。
子供は学校、サンデードラ...続きを読む

QMT車初心者です。ノッキングが起こってしまう。

仮免をとって路上教習が始まったばかりのMT初心者です。
所内の狭い教習コースでは起こらなかったノッキングが路上にでると発進時によく起こります。

状況としては、
停車した時点から、ローギヤに入れ半クラッチで発進、
アクセルを少し踏んでクラッチペダルを上げようとすると・・・ガックンガックン。
といった感じです。

また、半クラッチ状態ですぐに2速に入れてしまえばノッキングは起こらないようですし、
2速以降(といっても街中では3速まで)ではノッキングの経験はありません。

したがって、ノッキングが怖く(嫌で)クラッチを中々あげられませんし、
アクセルを踏めばエンジンが高回転になるしでどうにもできません。

また、ローギヤからの加速チェンジのみで発症しており、
減速チェンジでは起こりません。


ノッキングを起こさないギヤチェンジの仕方(ペダル操作含め)ご指導願います。

(参考になるか分かりませんが、豊島教習所の車でコンフォートです。路上は池袋周辺です。)

Aベストアンサー

ノッキングは、エンジン回転数が、ギヤー比に対して少ないから起こります。
アクセルを僅かでいいですから踏み込んで、回転数を上げればノッキングは起こりません。
要するに、エンジン回転数が少ないと起きるのです。
トップから、セコンド、ローへ落とした場合は、高回転から低回転へ移行しますから、ノッキングどころか、エンジンブレーキがかかります。
今の運転の仕方より、わずかにアクセルを踏み込んでギヤーチェンジすれば起こりません。また、クラッチは一気につないでもいけません。半クラッチはクラッチ板を早く摩耗します。

Q自動車教習生❨MT❩です 周回中、どうしても『ミラー、合図、目視』を忘れたり 合図を出し忘れたりしま

自動車教習生❨MT❩です

周回中、どうしても『ミラー、合図、目視』を忘れたり
合図を出し忘れたりします。
クランクとかカーブとかS字とかそれらのは出来るんです。ただ基本的なミラー、合図、目視をし忘れてしまうんです。

また、目標より30m手前で合図を出すと言いますが
30mがどのくらいの距離なのかもよく分かってません。

どうしたら良いのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

今運転教習何回目ですか?
合図や安全確認は、慣れの問題です。今は運転でイッパイイッパイなので『基本的なミラー、合図、目視をし忘れてしまう』んですよ。合図や安全確認はアクセルやブレーキを踏んだりハンドルを回したりするのと同じレベルの行動です。特別にやることとして意識してはいけません。

そもそも自動車の運転の極意(っというほど深い話ではありませんが)は、『いくつもの行動を同時に考える』ということです。
要するに『ながら族』(←死語ですね)になれということであり、そのためにはマルチタスクに動ける余裕がなければならず、その種の余裕は慣れによって生まれます。

>30mがどのくらいの距離なのかもよく分かってません。

 日常生活で基準となるのは・・・小中学校(学校によっては高校も)のプールの縦が25mです。プールのスタート台に立った時の、あの風景を思い出してみてください。アレよりももう5~6歩下がったところが30mです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報